1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 20:54:18 ID:ts3chj42

幼『いやっ。男!助けてっ!』

男『おい!お前ら、やめろっ!幼から手を離せっ!』

チンピラ『ハハハ、離す訳ないだろぉ?』

ヤンキー1『さー、女子高生のストリップの始まりだぁ』

幼『いやっ!いやああああああ!』ビリビリッ

男『やめろぉぉぉぉ!』

チンピラ『うるせぇな、黙ってろよ』ドガッ

男『うぐっ』

幼『おとこぉぉぉ』



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 20:56:25 ID:ts3chj42

チンピラ『おい、女、これ以上逆らったら、この男マジで殺すぞ?』

ヤンキー2『どーするぅ?オマエが決めなよぉ』ヒャヒャヒャ

ヤンキー3『まぁ、どっち選んでもお前は俺たちのオモチャ確定だけどなぁ』ヒヒヒ

幼『わ、わかりました…だから男には手を出さないで…』グスッ

チンピラ『自分の立場、わかったみてーだなー』ヒヒッ

幼『ごめんね、男…私初めては男にって…思ってたのに…』グスッ

ヤンキー1『おいおい、こいつやっぱり処女だぜ?』

ヤンキー2『へっへっへ。じっくり可愛がってやるぜぇ』

ヤンキー3『すぐに気持ち良くなるからよぉ』

男『ちくしょうっ!ちくしょうっ!幼っ!』



幼「って訳でさ」

男「どういう訳?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 20:58:33 ID:ts3chj42

幼「レ○プって気持ちいいと思う?」

男「…」

幼「ねえ、どう思う?」

男「どう思う?って言われましても」

幼「私は気持ちよくないと思うんだよねぇ」

幼「される側はもちろん、する側もあんまり気持ちよくないと思うんだけど、どうかなぁ?」

男「…」

幼「男が所持していた、この貴重な資料によると」

幼「好きな男の子の前で、ワルモノ集団にレ○プされる女の子」

幼「好きな人に見られてるのに!無理やり犯されてるのに!」

幼「心では否定しても、体はだんだん感じてきちゃって、最終的には…」

男「…」

幼「自分の意志でワルモノ達に付いていってしまう女の子」

幼「ボコボコにされた男の子は、ただ黙って見ているしかないのでした」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:00:27 ID:ts3chj42

幼「ねえ」

幼「こんな事って現実にあり得るのかな?」

男「…」

幼「男、黙ってないで何か言ってよ」

男「…もう勘弁してください」ドゲザー

幼「いやいや、土下座とかされても困るよ」ハァ

幼「私は男の『意見』を聞きたいんだよ」

幼「この本のヒロインの女の子、情けない男の子の幼馴染なんだよね」

幼「高校生までずっと一途に想ってた男の子の前でレ○プされてさ」

幼「快楽の虜になって、ワルモノ達について行っちゃう」

幼「こんな事ってあるのかなぁ」

幼「セ○クスって相思相愛だからこそ気持ちよくなると思わない?」

男(躊躇なくセ○クスって言った…)



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:01:31 ID:ts3chj42

男「すみません、僕童貞なので気持ちいいかどうかわかりません」

幼「ふーん。男、童貞なんだ?まぁ知ってたけど」

幼「で、どう思う?レ○プって気持ちいと思う?」

男「いや、だから、俺童貞だからそんなのわかんないってばよ…」

幼「どう思うか聞いてるんだよ?童貞とか関係ないんじゃない?」

男(これは答えないと、話しが進まないな…)

男「…えと、じゃあ、その…」

男「気持ちはいいんじゃないかな?…と思います」

男(二次元では…だけど)



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:02:32 ID:ts3chj42

幼「へぇーそうなんだ。じゃあ私もレ○プされたら気持ち良くなっちゃうのかな?」

幼「それで好きな人の事とか全部忘れて犯罪者について行っちゃうのかな?」

男「!幼、好きな人いるの?」アセアセ

幼「そりゃあね。花も恥じらう17歳ですからね」

幼「好きな人くらい居るよ」フフン

幼「それはまぁ今はどうでもいいよ!それでね…」

男(どうでもよくないんだけど…)

幼「快楽が思考を奪っちゃうって事あるのかなー」

幼「こういうのエヌティーアールって言うんでしょ?」

男(NTRの事か…)



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:03:44 ID:ts3chj42

男「…あの、幼さん」

幼「なに?」

男「もう、ホント勘弁して下さい」ドゲザー

幼「何を勘弁するのかな?」

男「その本はその…友から借りた物で…」

男「決して俺の趣味ではないんです」

幼「へぇー、友君てこういう趣味なんだー」

幼「でもそれにしては似たような話しの本が多すぎない?」

幼「これ全部、友君の本なの?」

男「…」

幼「どうなの?」ジーッ

男「…」

幼「…」ジーーーーーーーーッ



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:05:15 ID:ts3chj42

男「あー!あー!もう、そうですー!」

男「俺が自分で買いましたー!」

男「そういうNTR物が好きなんですー!」

男「たまらなく興奮するんですー!」

男「でも二次元と三次元は別の話しですー!」

男「漫画と現実をゴッチャにするのはー!」

男「いけない事だと思いますー!」

男「あと、もう一つ!」

男「いくら生まれてから17年、ずっとお隣同士の仲でもー」

男「他人の部屋を荒らすのは!」

男「やっちゃいけない事だと思いますー!!」フンス



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:07:21 ID:ts3chj42

幼「…そりゃまぁ確かにね、うん」

幼「勝手に開けちゃって悪かったと思ってるよー」

幼「でもまさかさぁ…」ハァ

幼「押入れの中からこんなものが出てくるとは思わなかったもん」

幼「しかもちょっとした好奇心から、何冊かパラパラめくってみたら」

幼「全部胸くそ悪くなる話しばかりでさー」

幼「男ってそういう趣味なのかなー?」

男「…人の性癖聞いて楽しい?」

幼「いいから答えてよ!」

幼「じゃないとおばさんと妹ちゃんにバラすよ!」

男(母子姦な上にNTR物とか、母ちゃんにバラされたら…)ゾワッ

男(妹NTR物もたくさんある。妹に知られたら…)ブルブル



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:08:50 ID:ts3chj42

男「…まぁ、二次元じゃあそういうの好きだよ」

男「背徳感っていうか、そういうのに堪らなく興奮するよ」

幼「ふーん。そうなんだ。じゃあさー」

幼「私がクラスのDQN君にレ○プされちゃってたとしたら」

男「DQN…あの野郎!」ガタッ

幼「いや、たとえ話だよ」

男「お、おう。たとえ話な。うん。そうかそうか」ホッ



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:10:08 ID:ts3chj42

幼「…話し戻すけど、私がDQN君にレ○プされてたとしたら」

幼「そんな私に男は萌えるの?」

男「え?」

幼「男は誰か他の人にヤラれて感じちゃう女の人に興奮するの?」

男「待て待て!」

男「さっきも言ったけど、二次元と三次元はまったく別だ!」

男「俺はレ○プ物を読むけど、現実でそんな事したいとは思わないぞ!」

男「犯罪!ダメ!絶対!」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:11:26 ID:ts3chj42

幼「そうなんだー。そっかそっか」ホッ

男「なんでホッとしてるんだよ?」

幼「やっぱり私はさ、初めてはもちろん、その後もさ」

幼「本当に好きな人としか、したくないよ」

幼「男がそういうの好きって言ったらどうしようかと思ったよ」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:13:11 ID:ts3chj42

幼「幼友ちゃんがそういう…調教?とかされた女子が好きな男子も居るって言ってたから」

男(幼友の奴…中途半端に余計な事吹き込みやがって…)

幼「男は違うんだよね?ちゃんとフィクションとノンフィクションを区別してるよね?」

男「当たり前だ!」

幼「じゃあ私の事どう思ってるの?」

男「じゃあって、なんだ!突然!?」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:14:38 ID:ts3chj42

幼「私、男の事がずっと好きだったんだー」

男「え?マジでか!?」

幼「マジだよ、大マジ」テレテレ

男「おぉう」テレッ

幼「まぁ、男は鈍感だから気付いてないってわかってたよ」

男「ぅん」(反論できん…)

幼「でも好きなの!」

幼「男は?私の事、どう思ってる?」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:16:18 ID:ts3chj42

男「おぉ…」カアッ

幼「…」

男「…」

幼「…何か言ってよ」カアッ

男「実は俺も幼の事、ずっと前から好きだった」カアッ

幼「マジで!?」

男「おう…マジだよ、大マジだ」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:17:41 ID:ts3chj42

幼「じゃあ、私達両想いって事で良いんだよね?」

男「そういう事になるな」

幼「私達、恋人同士って事で良いのかな?」

男「幼さえよければ、俺と付き合ってください」ペコッ

幼「やったー!言って良かったー!」ピョンピョン

男「幼、落ち着け!ちょ、ベッドの上で飛び跳ねるな!」

幼「もう、男の隣りは私の物だからね!絶対だからねっ!」ピョンピョン

男「わかったから!ずっと俺の隣りに居て下さい!」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:19:03 ID:ts3chj42

幼「…」

男「…」










幼「…相思相愛でも、初めては痛いものなんだね…」

男「下手ですまん…」ショボン

幼「いいよ、初めて同士なんだし、仕方ないよ」

男「俺だけ気持ちよくなっちゃって…すまん」ショボボン

幼「いいってば!かわりにいっぱいキスして?」

男「…おう」チュッ



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:20:53 ID:ts3chj42

男「…で?」

幼「ん?何?」

男「何で幼はずっと胸に秘めてた想いを急に俺に伝える気になったの?」

幼「鈍感な男は気付いてなかったと思うけどさー」

男「うん?」

幼「実は男の事良いなって言ってる女子、結構いるんだよー」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:21:42 ID:ts3chj42

男「は?マジで!?いやいや、それはないだろー」ハハハ

幼「マジ!大マジだよ!」

幼「だからちょっと焦っちゃっててさー」

幼「なりふり構ってられなかったんだー」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:23:40 ID:ts3chj42

幼(この前、女さんと話してる時)

幼(『男君って付き合ってる人いるのかな?』って)

幼(そしたら近くにいた委員長とツンデレちゃんも話しに加わってきて)

幼「『幼ちゃんは男君と付き合ってないの?』って聞かれて)

幼(そんな事ないよって言ったら)

幼(3人ともガッツポーズするから驚いちゃったよ)



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:25:35 ID:ts3chj42

幼「最近周囲の女子から色々言われてない??」

男「んー。別にそんな事ないけどなぁ…」

幼「本当に?良く思い出してみて?」

男「むー。そんな事言ってもなぁ…」

男「まぁ強いて言うなら…」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:30:50 ID:ts3chj42

男「最近、女さんがよく声掛けてくるようになったかな?」

幼(やっぱりっ)

男「『一緒に帰ろうー』とか」

男「『休日、遊びに行かない?』ってメールきたりするなー」

男「何かいつもタイミング合わなくて、遊びに行けてないけどなー」ハハハ

幼(フフフ…まぁ私が裏で手を回しているからね)

幼(…幼友とか友君にお願いして)



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:32:39 ID:ts3chj42

幼「他にもあるんじゃない?」

男「んー。委員長から仕事の手伝いをお願いされて、一緒に残ったりして」

男「遅くなった時は家まで送っていったりするなー」

幼(しまった!見逃してたか!)

幼(2人きりになるチャンスを自分で作ってたのね…)

幼(委員長、なかなかやる!)



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:33:50 ID:ts3chj42

男「あ!あと昨日、ツンデレさんからお弁当貰ったなー」

男「『間違って弟の分も持ってきちゃったから、アンタにあげる』とかって言って」

幼(絶対間違って持ってきたんじゃないよ…)

男「あいつ案外ドジっ娘だよなー」

男「美味しかったって行ったら、『フンッ』とか言われちゃったけどなー」ハハハ

幼(男用にわざわざ持ってきたものだよ…しかも絶対手作りだよ…)

男「あとは…」

幼(まだ何か心当たりあるの!?)



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:36:06 ID:ts3chj42

男「上級生だけど、生徒会長さんと最近よく会うなー」

男「『服装がだらしない!』とか『顔が緩んでる!ビシッとしろ!』とか言われちゃうなー」

男「『私が直々に指導してやる!放課後生徒会室に来い!』って何回か言われたなー」

幼(あの生徒会長、他の男子にそんな事言わないよ…)

男「あの人、美人じゃん?だから厳しい事言われるとその…」

男「キツいと思うから、一回も行った事ないけどなー」ハハハ

幼(生徒会長…不憫っ)



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:37:13 ID:ts3chj42

男「あと最近妹友ちゃんから、やたらメールが来るなー」

男「妹が忙しいからって、俺なんかとメールやり取りしても面白くもないだろうになー」ハハハ

幼(まさか年下まで…男が鈍感で本当に良かった…)

幼(ていうかそんなにフラグ立ってたんだ…危なかったっ)アセアセ



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:38:46 ID:ts3chj42

幼「も、もうダメだからね!男は私の彼氏なんだから!」

男「わかってるよ。俺は昔も今もこれからも、幼一筋だよ」ギュッ

幼「男…」ポッ

男「…」

男「…あー、でも」

幼「えっ?何?」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:40:05 ID:ts3chj42

男「今、話した女の子達が全員俺に気があったりして」

幼(!?)

男「俺が鈍感で気付いてなくて」

男「そんな俺に業を煮やした女の子達がさ」

男「全員で結託して、俺を逆レ○プして、幼から寝取る!」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:41:17 ID:ts3chj42

幼「」

男「なーんていう漫画が有ったら最高だなー」ハハハ

幼「」プルプル

男「なあ、幼」














男「逆レ○プって、気持ちいいと思う?」

幼「男のアホー!」ゲシッ



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/04(月) 21:43:19 ID:ts3chj42

終わりです

読んでくれた人、ありがとう

初SS、緊張したっス

次はもうちょっと長いの書いてみたいっス



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/05(火) 01:37:47 ID:3cabMl06




元スレ
SS深夜VIP:幼馴染「レ○プって気持ちいいと思う?」男「…」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1338810858/