SS速報VIP:ラフ・いろはす【俺ガイル】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502102172/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:36:12.52 ID:Au1ELDWL0

『この夏新発売!○○の○○味!』



八幡(夏の夜。テレビからアイスのCMが流れる。それを小町が食い入るように見ていた)

小町「・・・」

八幡「・・・」

小町「えっ、買ってきてくれるの?」

八幡「何も言うとらんがな」

八幡(しかし、可愛い妹にねだられたら、絶対に断れないのが千葉のお兄ちゃんというもの。俺は俺の重い腰を上げた)スック


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502102172




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:36:34.81 ID:Au1ELDWL0

小町「わーい!お兄ちゃん大好き!」

八幡「だから何も言ってねぇだろが」

小町「でも、立ったって事は、そういうことでしょ?」

八幡「だからって買いに行ってやるとは限らんだろ」

小町「じゃあ違うの?」

八幡「違わないけどよ・・・」

小町「わーい!」

八幡(財布と自転車の鍵を取りに行く俺だった)



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:37:02.52 ID:Au1ELDWL0

八幡(二十分ほどかけて、目的地に辿り着いた。あのアイスはフ〇ミマ限定らしく、一番近いフ〇ミマはここなのだ)

八幡「思ったより遠いおつかいになっちまったな・・・」

八幡(店内に入ってお目当てのアイスを見つけ、掴もうとすると、隣の人と手がぶつかった)ベシッ

いろは「あ、すいませ・・・」

八幡「・・・一色」

いろは「あれ、先輩じゃないですか」

八幡「・・・何故ここにお前が」

いろは「最寄りのコンビニがここで・・・って何言わせるんですか。私の家を特定してどうするつもりですか」

八幡「知らんがな」

いろは「っていうか、先輩の家ってあっちじゃなかったです?どうしたんですかこんなところまで。私に会いに来たんですか?」

八幡「違えよ。一番近いフ〇ミマがここだったっつーだけの話だ」

いろは「あっ、もしかして今CMでやってるこれ目当てですか?私もです」

八幡「妹におつかいを頼まれてな」

いろは「いいなぁ、私も先輩みたいな(都合のいい)お兄ちゃんが欲しかったですよ」

八幡「その妙な間はなんだ」

いろは「えへへ」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:38:18.74 ID:Au1ELDWL0

八幡「全くあざといなぁお前は・・・」スッ

いろは(そう言うと、先輩はアイスを二つ手に取った)

八幡「・・・」スッ

いろは(一個戻した)

いろは「自分の分は買わないんですか?」

八幡「あぁ・・・あんまり俺の好みじゃなさそうだ」

いろは「ふぅん・・・?」スッ

いろは(アイスケースを見ると、例のアイスは残り一つ。先輩がさっき戻したものだ)

いろは「・・・ふふ」ニヤニヤ

八幡「・・・何にやにやしてやがる」

いろは「べっつにー?何でもありませんよーだ」ニヤニヤ

八幡「くっ・・・こんにゃろう」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:39:01.43 ID:Au1ELDWL0

いろは「それじゃ、これは私がいただきますね?」スッ

八幡「勝手にしろい」

いろは「・・・あーでも今、夜ですし乙女的に甘い物食べ過ぎるのはなー。先輩、半分食べてくれません?」

八幡「はぁ?」

いろは「もー。察してくださいよぅ。先輩がいつも使ってる手じゃないですか」

八幡「・・・お前な」

いろは(先輩は短くそう言うと、特別決まりが悪そうな顔をした。私は先輩のそういう顔が嫌いじゃない)

いろは「ほら、早くレジ行きましょう。アイス溶けちゃいますよ?」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:39:35.66 ID:Au1ELDWL0

アリアトヤッシター



八幡(コンビニを出、店の前で二人並ぶ)

八幡「・・・」ジーッ

いろは「? どうかしました?」

八幡「・・・いや、お前の寝間着そんな感じなんだな」

八幡(Tシャツの上にパーカー。下はハーフズボン)

八幡(Tシャツには手作り感満載のフォントで『3-2いろはす』と書かれている。恐らく中学時代のクラスTシャツを使っているのだろう)

八幡(ハーフズボンにも『一色』という刺繡が残されている。体操服なんだろうが、総武高校の物ではない。これも中学時代の物を再利用しているのだろう)

八幡(何というか、こいつらしくない、いかにもイケてない服装だった。)



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:40:06.04 ID:Au1ELDWL0

いろは「ん・・・あっ!」バッ

八幡(一色は改めて自分の服装を見返すと、顔を真っ赤にしてパーカーを閉めた)

いろは「ち、違うんですよ!ここあんまり同級生とか来なくて!今日先輩が来るって分かってたらこんな家専用の服装なんて!」

八幡「今更取り乱すのかよ・・・」

いろは「うう・・・だって、先輩と一緒に居たら安心するからぁ・・・『外』って感じしなかったんですもん・・・」

八幡「おおおう・・・そうかよ・・・」キュン

いろは「や、やっぱりこれ全部先輩が食べてください!私もう帰ります!」ズイッ

八幡「お、おい、何もそこまで・・・」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:40:58.07 ID:Au1ELDWL0

いろは「乙女的には死活問題なんです!先輩の前でこんな可愛くない格好・・・」

八幡「いや、可愛いだろ」

いろは「えっ」

八幡「あっしまっ」

いろは「せ、先輩。今なんて言いました?」

八幡「な、何も言ってねぇよ」

いろは「今の私、可愛いですか?」

八幡「あん?普通だよ普通」

いろは「普段はイケてる女子がパーソナルな所ではだらしない格好してるギャップが最高に萌えますか?」

八幡「べべべ別に」

いろは「っていうかそもそもだらしない女の子が好みですか?」

八幡「・・・!エスパーかよお前」

いろは「もう。変わった先輩ですねぇ」

八幡(そう言うと一色はパーカーを開け、俺の隣に並び直した)

八幡「・・・おい。さっきより近くないか」

いろは「え~?一つのアイスを二人で食べるんですから、これくらい近くなるのは自明の理ですよぉ」ズズイ

八幡「お、おう・・・」

八幡(そうして、二人仲良くアイスを食べましたとさ)



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:41:27.67 ID:Au1ELDWL0

八幡「たでーまー」

小町「おかえりー。遅かったね。何かあった?」

八幡「ん、まぁな・・・」

小町「それに・・・何か女の人の匂いがする」

八幡「もしかしてそれは、こいつの匂いじゃないかい?」ガサッ

小町「新発売のアイス!・・・って一つだけ?お兄ちゃんの分は買ってこなかったの?」

八幡「あぁ、残り一つだったからな」

小町「えぇ・・・お使いさせておいて一人で食べるのはなぁ・・・」

八幡「気にすんなよ」

小町「・・・あーでも今、夜だし乙女的に甘い物食べ過ぎるのはなー。お兄ちゃん、半分食べてくれない?」

八幡「・・・」

小町「もー。察してよ。お兄ちゃんがいつも使ってる手じゃん」

八幡「・・・へいへい」



    ー終わりー




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/07(月) 19:42:38.67 ID:Au1ELDWL0

何というか、ブルマは露骨。ハーフズボンの方がえっちぃと思うのだが、いかがだろうか。


元スレ
SS速報VIP:ラフ・いろはす【俺ガイル】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502102172/