1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 13:47:19.05 ID:ksfgNHAN0

凛「そこに座るの。正座で」

ルーキー「え?は、はい」

凛「いや、市場の鮪っぽく滑り込まなくていいから」

ルーキー「え、え? 何か違いましたか?」

凛「魚から離れようよ。とにかく座るの」



2: 代行ありがとう 2012/10/14(日) 13:48:38.11 ID:nich0Arm0

 
ルーキー「あの、なんでお説教みたいな感じなんですか?」

凛「まあ、自覚はないかもね」

ルーキー「何かしましたか…?」

凛「思い出して。今日の朝のこと」

ルーキー「朝、朝ですか」

凛「そう。私が出勤してきた時」

ルーキー「凛ちゃんが出勤してきた時…」
 



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 13:52:23.44 ID:nich0Arm0



凛「プロデューサー、おはよ…う?」


ルーキー「プロデューサーさんの、凄く硬くなってますね…」

ルーキー「大丈夫ですよ、私がすぐに柔らかくしてあげます!」

ルーキー「えへへ、姉たちよりは小さいですけど…」




6: ルキトレさんは19歳でう 2012/10/14(日) 13:54:25.18 ID:nich0Arm0


ルーキー「ん、結構大きいかも…」

ルーキー「も、問題ありません! プロデューサーさんはじっとしてて下さい!」

ルーキー「だって、このままじゃアイドルの皆にして貰う事になっちゃいますよ?」

ルーキー「それも良いかなって…もう! プロデューサーさん!」




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 13:57:58.79 ID:nich0Arm0

 
ルーキー「気持ちいいですか、プロデューサーさん?」

ルーキー「あ、言わなくても分かりますね…」

ルーキー「いっぱいびくびくしてます。それに息も荒いし…」

ルーキー「プロデューサーさんのために、特別に練習したんですから」

ルーキー「もっと良くなってください…」




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:00:10.64 ID:nich0Arm0

 
凛(二人とも…そんな関係だったんだ)

凛(扉の向こうで二人が…そっか)

凛(しばらく時間、潰してこよう)

凛(…レッスンまで時間あるし)



14: >>12ありがとう 2012/10/14(日) 14:02:41.62 ID:nich0Arm0


凛「はあ…」トボトボ

凛(プロデューサーとルーキートレーナーさんが…)

凛(考えてみれば、当然かな)

凛(レッスン担当とプロデュース担当)

凛(プロデューサーはよく私のレッスンに付き合ってくれるし)

凛(それに、二人ともいい人だから)

凛(歳も近いし、お似合いのカップルだよ…)



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:05:31.20 ID:nich0Arm0


凛(そういえば、この前お菓子作ってきてた)

凛(かな子とかに習ったんだろうな…)

凛(プロデューサー、とても喜んでたから。ルーキートレーナーさんも嬉しそうだった)

凛(それもそうだよね。運動できるし、器量も良いし、可愛いし)

凛「それに比べて私は…」

凛「ふー…」

凛(そろそろ戻ろう。レッスンに遅れるのは嫌だからね)



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:09:27.65 ID:nich0Arm0

凛(ただいまっと…え!?)

凛「うゎ…」


ルーキー「プロデューサーさん、私はいいですから…!」

ルーキー「そんなことしたら、またプロデューサーさんのが硬くなっちゃいますよ!?」

ルーキー「わ、私は! 硬くなってなんか!」

ルーキー「うう…違うんです…これはぁ…」

ルーキー「ひゃあ!? そこは…っ!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:12:14.94 ID:nich0Arm0


ルーキー「はう…もうダメかも…!」

ルーキー「や、だぁ…強くしたら、あ──っ」

ルーキー「ふ、あぅぅぅっ」ビクビク

ルーキー「はー、はー、はぁ…」

ルーキー「…プロデューサーさんのばかぁ」


凛「……」ワナワナ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:14:38.57 ID:nich0Arm0


ルーキー「ん…プロデューサーさんの、また硬くなっちゃいましたね」

ルーキー「…してほしいですか?」

ルーキー「えへ、仕方ないですね…」

ルーキー「じゃあもう一回…」


凛(また?もうすぐレッスンの時間なのに…)



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:16:55.85 ID:nich0Arm0


ルーキー「プロデューサーさんの、何回見ても大きいです」

ルーキー「え? 他の人のは、全然知りませんけど…」

ルーキー「はい、プロデューサーさんが初めてです」

ルーキー「そそそれは、まあ…ビデオで見た事ぐらいは…」

ルーキー「こ、この話はもうお終い!」

ルーキー「早く終わらせますからね!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:19:35.48 ID:nich0Arm0


ルーキー「ん…おっきいの来そうですか?」

ルーキー「いいですよ、いっぱい出しちゃって下さい…」

ルーキー「プロデューサーさんの、いっぱい…!」

ルーキー「あっ…?」

ルーキー「ご、ごめんなさい! 勢い余ってこぼしてしまって!」

ルーキー「拭いてくれるんですか?ありがとうございます…」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:22:01.99 ID:nich0Arm0


ルーキー「うう、これからレッスンなのに…白くてべとべとします」

ルーキー「もー。もとはといえば、これはプロデューサーさんのなんですからね」

ルーキー「っと、いけない。もうすぐレッスンの時間です!」

ルーキー「ほら、プロデューサーさんも急いで服着て下さい!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:25:17.20 ID:nich0Arm0


ルーキー「ん、プロデューサーさん、携帯鳴ってますよ? はい」

ルーキー「ええ!? 杏ちゃんが途中で帰った!?」

ルーキー「じゃあ、先に凛ちゃんのレッスン始めちゃいますよ!」

ルーキー「…プロデューサーさんも、来て下さいね?」


凛(あ、こっち来た…先に行ってないと!)



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:27:56.55 ID:nich0Arm0


凛「…というわけだけど」

ルーキー「は、はい」

凛「…はいじゃないよ」

ルーキー「はひっ!」

凛「はひでもない。あのね、ルーキートレーナーさん」

凛「私は、人の恋愛に口を出すつもりはないよ?」

凛「でも節度ってあるよね。ここ事務所だよ」

ルーキー「え…はい」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:31:36.63 ID:nich0Arm0


凛「たまたま私だったから良かったけど、他のアイドルだったらどうするの?」

凛「雪美ちゃんや千枝ちゃんが見たら。もうとんでもないよ」

凛「私より歳の若い子なんて一杯居るんだよ。蘭子ちゃんとかイヴちゃんとか」

凛「そんな子達があの時の二人を見たら、どう思う?」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:34:44.33 ID:nich0Arm0


ルーキー「え、プロデューサーさんは喜ぶと思いますよ?」

ルーキー「っていうか、皆なら率先して自分からしたいって思ってるんじゃないですか?」

凛「それは駄目! 無いよ!」

ルーキー「でも…凛ちゃんもしてあげたいですよね?」

凛「…それは」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:37:53.17 ID:nich0Arm0


凛「いや、それとこれとは話が別」

ルーキー「あれ?」

凛「こういうのは、きちんとするべきだよ。見せられる方の身にもなろう」

ルーキー「うーん…確かに、そうかもしれません」

凛「だよね? 分かったらいいんだ」

ルーキー「分かりました! じゃあ、この役目、凛ちゃんにお渡しします!」

凛「…ぇ?」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:40:44.99 ID:nich0Arm0


ルーキー「これからは私の代わりにプロデューサーさんのこと、宜しくお願いいたします!」

凛「え、ちょ、ちょっと待って」

ルーキー「今日からは凛ちゃんがプロデューサーさんのを…」

凛「す、ストップストップ」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:43:55.33 ID:nich0Arm0


凛「そ、そんな簡単に…ルーキートレーナーさんは良いの?」

ルーキー「私ですか? もちろんです。凛ちゃんは、私よりしっかりしてますし」

ルーキー「こんなにプロデューサーさんのことを想ってるんだから」

凛「そんなこと…」

凛「…そんなのじゃ」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:47:59.70 ID:nich0Arm0


ルーキー「それに、プロデューサーさん、凛ちゃんにもしてもらいたいなって言ってましたから!」

凛「え!?」

ルーキー「こういうのはやっぱり、普段の関係の差かな、って」

凛「そんなことない。ルーキートレーナーさんは頑張ってたよ」

凛「綺麗だし、お菓子だって作ってあげてた」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:52:15.64 ID:nich0Arm0


ルーキー「あはは、ありがとうございます」

ルーキー「だけど。プロデューサーさんが凛ちゃんにも、って」

凛「…プロデューサーが言ってるなら…仕方ないか」

ルーキー「うんうん、仕方ないですよ」

凛「そうだよね。うん、仕方ない」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 14:58:29.76 ID:nich0Arm0


凛「でも大丈夫かな? 私、そんな経験全く無いんだけど」

ルーキー「私も最初は緊張しました…」

ルーキー「けど、ちゃんとプロデューサーさんがきちんと色々言ってくれますよ」

凛「そっか…なら大丈夫だよね。私、頑張るよ」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:01:59.92 ID:nich0Arm0


ルーキー「うんうん。頑張って下さいね」

ルーキー「プロデューサーの肩揉みと柔軟体操!」

凛「うん、頑張る。頑張るよ、プロデューサーの肩揉みと柔軟体操」

凛「肩揉みと柔軟体操…肩揉みと…え?」

凛「……え?」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:05:20.85 ID:nich0Arm0


ルーキー「どうかしましたか?」

凛「えっと、肩揉みと柔軟体操っていうのは…」

ルーキー「あ、凛ちゃんたちがいつもやってるメニューで良いですよ!」

凛「あ、いや……はい?」

ルーキー「プロデューサーの肩揉みはやりがいがありますよ? 頑張ってくださいね!」

凛「ちょっと待った。待った」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:09:40.89 ID:nich0Arm0

 
凛「じゃあ、朝やってたのは…」

ルーキー「ストレッチと柔軟体操ですけど…」

凛「いや、ルーキートレーナーさんもなんかされてたけど」

ルーキー「あはは、プロデューサーさんがお返ししてくれたんですよ」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:12:43.21 ID:nich0Arm0

ルーキー「肩揉みとかって疲れますから。私にも必要だって聞いてくれなくって」

ルーキー「でもそれじゃ意味が無いですよね!」

凛「あ、うん」

凛「ええと」

凛「つまり…」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:17:01.33 ID:nich0Arm0


ルーキー「プロデューサーさんの(肩の筋肉)、凄く硬くなってますね…」

ルーキー「大丈夫ですよ、私がすぐに(肩の筋肉を)柔らかくしてあげます!」

ルーキー「えへへ、姉たちよりは(揉む力が)小さいですけど…」

ルーキー「ん、(肩幅が)結構大きいかも…」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:20:58.88 ID:nich0Arm0


ルーキー「も、問題ありません! プロデューサーさんはじっとしてて下さい!」

ルーキー「だって、このままじゃアイドルの皆に(肩揉みとか柔軟を)して貰う事になっちゃいますよ?」

ルーキー「それも良いかなって…もう! プロデューサーさん!」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:26:01.53 ID:nich0Arm0


ルーキー「(ストレッチは)気持ちいいですか、プロデューサーさん?」

ルーキー「あ、言わなくても分かりますね…」

ルーキー「(痛気持ちよくて思わず体が)いっぱいびくびくしてます。それに(痛気持ちよくて)息も荒いし…」

ルーキー「プロデューサーさんのために、(肩凝りに効くマッサージを)特別に練習したんですから」

ルーキー「もっと良くなってください…」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:28:55.63 ID:nich0Arm0


ルーキー「プロデューサーさん、私は(マッサージは)いいですから…!」

ルーキー「そんなことしたら、またプロデューサーさんの(肩の筋肉)が硬くなっちゃいますよ!?」

ルーキー「わ、私は! (肩の筋肉は)硬くなってなんか!」

ルーキー「うう…違うんです…これはぁ…」

ルーキー「ひゃあ!? そこ(肩甲骨)は…っ!」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:31:59.46 ID:nich0Arm0


ルーキー「はう…(肩揉み上手すぎて)もうダメかも…!」

ルーキー「や、だぁ…強くしたら、あ──っ」

ルーキー「ふ、あぅぅぅっ」ビクビク

ルーキー「はー、はー、はぁ…」

ルーキー「…プロデューサーさんのばかぁ」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:34:13.19 ID:nich0Arm0


ルーキー「ん…プロデューサーさんの(肩の筋肉)、また硬くなっちゃいましたね」

ルーキー「…(肩揉み)してほしいですか?」

ルーキー「えへ、仕方ないですね…」

ルーキー「じゃあもう一回…」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:37:18.93 ID:nich0Arm0


ルーキー「プロデューサーさんの(胸板)、何回見ても大きいです」

ルーキー「え? 他の人の(胸板)は、全然知りませんけど…」

ルーキー「はい、プロデューサーさんが初めてです」

ルーキー「そそそれは、まあ…(格闘技の)ビデオで見た事ぐらいは…」

ルーキー「こ、この話はもうお終い!」

ルーキー「早く終わらせますからね!」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:44:00.62 ID:nich0Arm0


ルーキー「ん…(苦しさの)おっきいの来そうですか?」

ルーキー「いいですよ、いっぱい(ストレスを)出しちゃって下さい…」

ルーキー「プロデューサーさんの、(ストレス)いっぱい…!」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:46:52.97 ID:nich0Arm0


ルーキー「あっ…?」

ルーキー「ご、ごめんなさい! 勢い余って(隣に置いてたヨーグルトを)こぼしてしまって!」

ルーキー「拭いてくれるんですか?ありがとうございます…」

ルーキー「うう、これからレッスンなのに…(ヨーグルトが)白くてべとべとします」

ルーキー「もー。もとはといえば、これはプロデューサーさんの(食べかけ)なんですからね」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:51:39.55 ID:nich0Arm0


凛「…ってこと?」

ルーキー「ヨーグルトがこう、がたーんとですね…」

凛「それならそうと言ってよ…」

ルーキー「え、それ以外に何があるんですか?」

凛「え…あ……何でもない」

ルーキー「?」

凛「も、もういいよ。プロデューサーに肩揉みしてくる…」

ルーキー「あ、私はレッスン場で待ってますからー!」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 15:55:13.42 ID:nich0Arm0


凛「…プロデューサー」

凛「あれ、杏は結局帰ったの?」

凛「ふーん…まあ、丁度良いかな」

凛「じゃ、そこのソファに横になって」

凛「いいから。マッサージしてあげる」

凛「して欲しかったんでしょ? ほらほら」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 16:01:16.39 ID:nich0Arm0

奈緒「Pさんおはよう!」

加蓮「おはよー…ってぇ!?」


凛「ふふ、こんなに硬くなってるよ?」

凛「さっきので満足できなかったんだ?」

凛「良いよ。私に全部任せてよ…」

凛「気持ち良くしてあげる」


奈緒「」

加蓮「」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 16:06:32.37 ID:nich0Arm0


おしまいです

支援してくれてありがとうございます

次も見かけたらよろしくお願いします


元スレ
凛「ルーキートレーナーさん正座。いや魚座ですじゃなくて」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350190039/