1: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:35:29 ID:hGfqEKgo

幼「嫌だよ、男!死んじゃヤダ!」

男「…」

幼「ねぇ、返事してよ、男!」

男「…」

幼「目を開けてよ、男!」



2: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:35:53 ID:hGfqEKgo

看護師「あの…ちょっとすみません」

幼「な、何ですか?」

看護師「病室ではお静かに願います」

幼「で、でも!男が!男が目を覚まさないんですよ?」

男「…」

看護師「て言うか、あの…お見舞いは明日にしてもらえますか?」

看護師「もう面会時間過ぎてますし…」



3: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:36:40 ID:hGfqEKgo

幼「そ、そんな…」

幼「イヤです!私、男が目覚めるまで、ここに居ます!」

看護師「あの、男さんは大丈夫ですから…」

幼「で、でも!」

看護師「麻酔で寝てるので、今は起きませんから…」

看護師「それに…」

幼「もう、ちょう…なんでしょう?」

幼「さっき、廊下で看護師さん達が話してるの、聞きました!」



4: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:37:20 ID:hGfqEKgo

看護師「は、はい、盲腸ですよ」

幼「…それは」

幼「もう、ちょうやばいって事なんでしょう?」

看護師「はいぃ?」

幼「男!起きてよ、男!私、男の返事をまだ返事を聞いてないよっ!」
ユサユサ

看護師「あ!あの!そんなに乱暴に揺らすと、手術痕が!」

幼「うわーーーん!男ー!」



5: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:37:52 ID:hGfqEKgo

看護師「け、警備員さーん!ちょっと来てくださーい!」



警備員「あのーお嬢さん?ちょーっとこっちに来てもらえるかな?」

ガシッ
幼「イヤ!離してっ!男っ!」

幼「イヤーーー!」


看護師「あの子、男君と同い年くらいに見えたけど…」

看護師「盲腸も知らないのかしら…?」

看護師「まさかね?」



6: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:38:21 ID:hGfqEKgo




男「あ、幼。久しぶり1週間ぶりくらい?」

幼「…」

男「すぐ見舞いに来るかなーと思ったけど」

幼「…」

幼(入院した日に騒ぎすぎて)

幼(1週間、出禁食らってたなんて、言えない…)



7: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:38:55 ID:hGfqEKgo

男「ん?何で何も言わないんだ?」

幼「うぅ…」

男「ん?泣いてるの?」

男「もしかして俺が死ぬかと思ったとか?まさかな」

幼「思ったよ!バカッ!」

男「何で泣きながら怒鳴るんだよ、幼」

男「え?だって盲腸だよ?」



8: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:39:15 ID:hGfqEKgo

幼「そ、そうだよね。盲腸だよね…」

幼「急性虫垂炎の事だよね」

男「あ、あぁ、そうだな」

幼「最近は手術しなくても良い場合もあるんだってね」

男「あぁ、炎症が軽度なら、抗生物質で何とかなる場合もあるんだってな」

幼「…なら、何で男は緊急手術だったの?」

男「…えー言わなきゃ駄目?」



9: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:39:37 ID:hGfqEKgo

幼「言って!」

男「絶対怒らない?」

幼「怒られるような事なの?」

男「うーん。幼は怒りそう」

幼「怒らない!絶対怒らないから、言ってみて!」

男「既に怒ってるじゃん…」



10: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:40:08 ID:hGfqEKgo

幼「怒ってない!」

男「ほら、大きい声出さないでよ」

男「病院ではお静かに?」

幼「怒ってないのに、怒ってるとか言うからでしょ!」

幼「ほら、早く言って!」

男「落ち着いてよ、幼。手術痕がまだ痛いんだ」

幼「あ、ご、ごめん…」



11: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:40:35 ID:hGfqEKgo

男「それじゃあ、正直に話すけどさ…」

幼「うん」

男「落ち着いて聞いてよ?」

幼「わかった」

男「実は倒れる4日前くらいからさー」

男「結構お腹痛かったんだけど」

男「幼とのおでかけが楽しみすぎてさー」

男「ちょっと我慢してたんだよね」

幼「…」



12: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:41:17 ID:hGfqEKgo

男「それで一週間前…」



幼「ねぇ、男!最初はあれに乗ろうよ!」

男「お、おう。観覧車か…」

男「俺、高い所苦手なんだけどなー」

幼「知ってるよっ!」

男「知ってて、あれを選ぶかー」

幼「選ぶよっ!」



13: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:41:55 ID:hGfqEKgo

男「普通、最後に乗るもんじゃね?」

幼「私は普通なんて言葉に縛られないよ!」

男「最初からクライマックスだな…」

幼「期末テストで勝負しようって言ったの、男じゃん!」

幼「私が勝ったんだから、今日は男に拒否権ないよ?」

男「わかってるよー」

幼「さぁ、テンション上げて行こうっ!」

男「お、おぅ…」



14: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:42:35 ID:hGfqEKgo

幼「なーんか、若干テンション低くない?」

男「そ、そんな事、ないぞ?」

幼「なーんか、顔色悪くない?」

男「まぁ、今から強制で高い所に上るんだからな」

男「顔色も悪くなるってもんよ」

幼「でも乗るけどね?」

男「ですよねー」

幼「さぁ!行こう!あの大空の彼方へ!」

男「別に空は飛ばないからね?」

男「一定の高さまでゆっくり上がって、ゆっくり下がるだけだからね?」



15: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:43:15 ID:hGfqEKgo



係員「さぁ、どうぞ。可愛らしいカップルさん」

幼「いやぁ、カップルだなんて、照れてしまいますな?」

男「お、おぅ…」

係員「か、彼氏さん、大丈夫ですか?顔が青いですよ?」

男「おぉふ。高い所、若干苦手なんですけど…」

男「男の子なんで、頑張ります!」

幼「頑張らせます!」

係員「そ、そうですか、それじゃ、ごゆっくり?」



16: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:44:09 ID:hGfqEKgo



幼「観覧車なんて、いつ以来だろうね?」

男「多分、幼稚園の時に乗った時以来じゃないかな…」

男「あの時、幼がてっぺん近くで大はしゃぎしたから」

男「ゴンドラが揺れて、大変だったじゃん」

幼「そんな事あったっけ?」



17: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:44:39 ID:hGfqEKgo

男「俺が高所恐怖症になったのは、多分その時だからな…」

幼「へー」

男「軽いリアクションありがとうございます」

幼「上がってきた!ね、上がってきたよ!」

男「そりゃあ、上がるだろうさ」

幼「わぁ…高いね!男!」

男「高いなぁ…」



18: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:45:20 ID:hGfqEKgo

幼「そろそろてっぺんだよ、男!」

男「…おぅ。目も回る高さだな…」

幼「それを言うなら、目もくらむ高さ、でしょ?」

男「そうか、目もくらむ高さ…か」

幼「…」

男「…」



19: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:46:03 ID:hGfqEKgo

幼「…ね、男」

男「…ん?な、何だ?」

幼「私、男に伝えたい事があるんだ…」

男「…ン」

幼「…」

幼「わ、私ね…小さな頃から男の事が…」

男「…」



20: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:46:39 ID:hGfqEKgo

幼「す、好き…なの」

男「…」

幼「お、男は私の事、どう思ってる?」

男「…」

幼「…ね、ねぇ男、聞いてる?」

男「…」

幼「ちょっと、男、寝てるの?」
ユサユサ



21: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:47:16 ID:hGfqEKgo

幼「男?どうしたの?」

男「…ィ…」

幼「え?何?」

男「…」
グッタリ

幼「男!男っ!」

幼「下ろしてー!誰か!助けて!男が死んじゃう!」
ガタガタ



22: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:47:54 ID:hGfqEKgo



係員「さ、さっきの可愛らしいカップルさんが乗ったゴンドラが…」

ユサユサガンガン

係員「めっちゃ揺れてる叩いてる!!!!」

幼「開けてー!早く下ろしてー!」

係員「そしてめっちゃ叫んでる!?」



23: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:48:32 ID:hGfqEKgo



係員「ど、どうしたんですか?」

幼「早く下ろしてって言ったのに!」

係員「そう言われても、スピードを変えるとか無理なんで…」

幼「早く下ろしてくれないから、お、男が!死んじゃった!」

男「…シ…ィ」

幼「え?男?大丈夫?今、何て言ったの?」

男「…シンデ…ナイ…」



24: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:49:13 ID:hGfqEKgo

幼「しっかりして!腹の底から声出して!」

男「…ハラ…イタイ…」
ガクッ

幼「男が…し、死んだ!?」

係員「い、いや、確かに気を失ったみたいですけど」

係員「死んではいないと思います!」

幼「早く199番を!」

係員「お、落ち着いて下さい!それ、ギリシャの消防の番号ですから!」

幼「この際、消防でも何でも良いよ!早く呼んで!」

係員「すぐ119番通報して、救急車呼びますから!」

幼「男!しっかりして!」



25: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:49:49 ID:hGfqEKgo




男「まぁ、そしたらさ」

男「盲腸だったんだけど」

男「こじらせて、腹膜炎になっちゃってたって訳なのさ」

幼「ふくまくえん?」

男「おう。すげー痛いんだぜ?」

男「今ももう、超ヤバいくらい痛いぜ?」

幼「…」



26: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:50:35 ID:hGfqEKgo

男「手術して一週間にもなるのにさー」

男「身体起こすのが嫌になるくらい痛いんぜ」

幼「私のせい…だよね?」

男「え?」

幼「私が、遊園地なんかに誘ったから…」

男「いや、腹が痛いのを我慢してた俺が悪いだろ」

幼「わ、私が…私が男を、こんな風に…」

男「こんな風って…大丈夫、2週間もすれば退院だから」



27: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:51:31 ID:hGfqEKgo

幼「私が男を不幸に…しちゃった」

男「ちょっと、聞いてる、幼?」

幼「ご、ごめんね、男。もう私、男に近付かないから…」
ガタッ

タタッ

男「は?幼、待って!」
ガタタッ

男「ふがっ!痛ってぇぇえ!」

男「こんちくしょうがあぁぁぁ」

タタタッ



28: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:52:13 ID:hGfqEKgo

男「幼!ちょっと、待って!待って下さい!」

幼「…」

ダダダッ
男「がぁぁ!待てって言ってんでしょうがぁぁあ!」
ガシッ

幼「!」

男「話しを…最後まで…ちゃんと…聞け、幼…」

幼「男、顔色が…」

男「いいから聞いてくれ!」

幼「う、うん」



29: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:52:53 ID:hGfqEKgo

男「俺の病気は別に不治の病って訳じゃくて」

男「たまたまそうなっただけだからさ」

男「幼が遊園地に誘ってくれた事とは関係ねぇからさ」

男「お前が…幼が居なくなったら、それこそ俺は不幸になっちまうよ」

男「俺の前から居なくなるとか、そんな事言わないでくれよ」

幼「わ、わかった…」

男「俺も、幼の事が、昔から好きだったんだぜ…」

幼「え?」



30: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:53:31 ID:hGfqEKgo

男「い、今のが…」

男「か、観覧車で言えなかった、俺の…返事…」

幼「ほ、本当に?」

男「ホ…ン…ト…」
ガクッ

幼「男?大丈夫?ねぇ?」

男「…」



31: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:54:07 ID:hGfqEKgo

幼「だ、誰か!誰か助けて下さい!」

看護師「ど、どうしたんですか?」

幼「い、急いで911番に通報してください!」

幼「お、男を病院に連れていかなくちゃ!」

看護師「ちょ、ちょっと落ち着いて下さい!」

看護師「911番はアメリカの緊急通報番号ですから!」

看護師「それにここが病院ですから!」



32: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:54:46 ID:hGfqEKgo




幼「うぅ…」

男「退院、延びちまったなー」

男「すげー無理して走っちゃったから」

幼「ご、ごめんね、男」

男「いや、まあ、アレだよ」

幼「なに?」



33: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:55:52 ID:hGfqEKgo

男「再手術にはなっちゃったし、退院も延びたけど」

男「俺の気持ち、伝えられて良かったよ」

幼「あ、あの…」

男「昔からの癖だけどさ」

幼「え?癖?」

男「学校の成績は良いのに」

男「たまにとんでもない勘違いして暴走する癖の事だよ」



34: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:56:33 ID:hGfqEKgo

男「これからはあんまり暴走するなよ?」

幼「ぼ、暴走なんてしてないし!」

男「ほら、病室ではお静かに?」

幼「…」

男「俺は大丈夫だから」

幼「あ、うん…」



35: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:57:31 ID:hGfqEKgo

男「退院したらさ」

幼「うん…」

男「また遊園地行こうな?」

幼「う、うん!」

男「観覧車は最後な?」

幼「えー?」



36: ◆L0dG93FE2w 2012/07/25(水) 21:58:02 ID:hGfqEKgo

男「いっぱい遊んで、楽しんで、笑ってさ」

幼「うん?」

男「最後に、また改めて俺の気持ちを伝えるから」

男「…それでいいかな?」

幼「…うんっ!」

幼「男っ!大好きっ!」

男「ま、待て!幼!今抱きつかれたら、また…」

ガバッ!

男「ギャーーーーーー!」



おわり



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/25(水) 22:26:30 ID:CCd0JMWY

乙でござる



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/26(木) 00:30:08 ID:r.zfPedU

おつおつ


元スレ
SS深夜VIP:幼馴染「どうしてこんな事に…」男「…」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1343219729/