SS速報VIP:凛「プロデューサーって彼女居ないよね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397109840/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/10(木) 15:04:00.78 ID:HG4quOup0


凛「プロデューサーって彼女居ないよね」

モバP「うん? なんだ、いきなり」

凛「居ないでしょ、彼女」

モバP「どうして断定的なんだ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397109840




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/10(木) 15:04:44.60 ID:HG4quOup0


凛「だって、仕事に忙殺されて彼女作る暇も無いでしょ、プロデューサー」

モバP「この仕事につく前に、もう彼女が居たかもしれないだろう」

凛「たとえ居ても、休みも全然無いから会うこともできないじゃない。だから振られてるよ」

モバP「仕事に理解があるかもしれないだろう」

凛「じゃあ居るの、彼女?」

モバP「いや居ないよ」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/10(木) 15:05:23.43 ID:HG4quOup0


凛「やっぱ居ないじゃん」

モバP「ああ。残念ながらな」

凛「どうして意地張ったの?」

モバP「男の子だからな」

凛「そういう意地って、女の子にはあまり受けないからね」

モバP「そっか……」




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/10(木) 15:06:31.08 ID:HG4quOup0


凛「なら、彼女が居ないプロデューサーに質問してもいいかな」

モバP「なんだ」

凛「もしこの事務所で付き合うなら、誰を選ぶ?」

モバP「凛、もしかして暇なのか?」

凛「まあね。だから少しだけ付き合ってよ」

モバP「まあ、いいか。そうだな。それは難しい質問だな」

凛「もちろん選べるのは一人だけだからね」

モバP「うーん……」

凛「そんなに悩まなくても、ぱっと思い浮かんだ人でいいんだけど」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/10(木) 15:08:35.51 ID:HG4quOup0


モバP「いや、選べないというか、選んだらいけないというか」

凛「別にプロデューサーが選んだ人を贔屓してるなんて思わないよ。仕事には平等でしょ、プロデューサー」

モバP「もちろん。理解があって助かるよ」

凛「プロデューサーとは長いからね」

モバP「というか、凛がこういった質問をしてくるなんて、以外だな」

凛「私だって年頃の女の子なんだよ。こういう話だって興味あるよ」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/10(木) 15:09:34.22 ID:HG4quOup0


モバP「そうかそうか」

凛「話を逸らさないでよ」

モバP「そんなつもりはないが……」

凛「範囲が広すぎるから答え難いんだね。なら絞ろうか。ニュージェネレーションの中なら誰を選ぶ?」

モバP「いや余計に選べないな」

凛「どうして? 三択だから簡単だよ」

モバP「そうじゃなくて。まず未成年と付き合うなんてありえないだろう。親御さんに絞められた挙句、刑務所行きだよ」





7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/10(木) 15:10:27.64 ID:HG4quOup0


凛「度胸が無いよね、プロデューサー」

モバP「常識が無いよりは良い」

凛「じゃあ私達が二十歳だと仮定したらどう?」

モバP「同じだよ。そもそも事務所のアイドルとは付き合えないんだ。だからそういうことはあまり考えたくないな。空しくなるだけだからさ」

凛「どうして付き合えないの。プロデューサーだから?」

モバP「その通りだよ。まあ、まずそんな事態になることは無いんだけど」





8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/10(木) 15:11:18.44 ID:HG4quOup0


凛「でも、本人同士が好き合ってるならいいんじゃないの?」

モバP「仮にそんなことが在ったとしても。俺と付き合うその人は、もうアイドルとしてはやっていけないだろう」

凛「でも、好きな人と付き合えるなら、アイドルとしてやっていけなくてもいいかもしれないよ」

モバP「本人同士は良いかもしれない。けど、俺がプロデュースしている別のアイドルにも疑いの目が向けられてくる。そうなれば俺はプロデューサー失格だ」

凛「じゃあ、アイドルを辞めて、それから付き合うのは?」

モバP「同じだよ。誰か好きな人が出来て、その人と堂々と付き合いたいって理由でアイドルを辞めるなら、それは良いんだ」

凛「ふーん。いいんだ、辞めても」

モバP「よくは無いんだがな……。けど相手がプロデューサーともなれば、話は変わってくる。
   あの事務所は所属アイドルに手を出すのかと、そういう目で見られてしまう。そうなれば本人同士は良くとも、やはり事務所の信頼が損なわれてしまうんだ」




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/10(木) 15:11:59.58 ID:HG4quOup0


凛「なら、トップアイドルになって、引退してからならどう?」

モバP「それは年齢にも寄るだろうが……若いうちの引退となれば問題になるかもな。でも、歳をとってからなら、あるいは……。
   まあ、それでも所属アイドルに手を出す事務所、という結果は変わらないよ。アイドルと言えるかどうかは、ともかくな」

凛「ふーん。プロデューサーは、どうしてもアイドルと付き合いたくないんだね」

モバP「そうじゃなくて、付き合えないんだよ。いろんな人を裏切ることになってしまう」

凛「そうだよね。プロデューサーは仕事大好き人間だから、そう言うよね」

モバP「そんな言い方をしなくても」

凛「だってそうでしょ。違うの?」




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/10(木) 15:12:51.07 ID:HG4quOup0


モバP「違わないが、俺だってな……」

凛「何?」

モバP「……なんでもない」

凛「結論としては、プロデューサーはこの事務所のアイドルとは絶対付き合わない。ってことでいいよね?」

モバP「なあ、凛。そういう話だっけ? これ」

凛「そういう話にしたのはプロデューサーだよ? 私もこんなこと知ることになるとは思わなかったよ」




11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/10(木) 15:13:18.50 ID:HG4quOup0


モバP「そ、そうか? じゃあ話を戻そうか。要はどんな人と付き合いたいかって話だったよな」

凛「もういいよ、その話は。それより私、すこし外出てくるから。コンビニで買い物してくるけど、何か欲しいものある?」

モバP「いや、特には。ありがとう」

凛「そう。あと、プロデューサー」

モバP「なんだ」

凛「今の話、事務所の皆にしてあげなよ」




12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/10(木) 15:14:25.94 ID:HG4quOup0


モバP「俺はアイドルとは付き合いませんって振れ回るのか? それはなんというか、自意識過剰じゃないか」

凛「アイドルとプロデューサーといっても、女と男だよ? 勘違いするかもしれないじゃない」

モバP「そ、そうか?」

凛「それも仕事だって思えば出来るんじゃないの、プロデューサーは。私はしたほうがいいと思うよ」

モバP「わかった。凛がいうなら、そうなんだろうな。恥ずかしいが、きちんと言っておこうか」

凛「うん。それじゃあバイバイ、プロデューサー」

モバP「ああ、気をつけてな」




HAPPY END



元スレ
SS速報VIP:凛「プロデューサーって彼女居ないよね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397109840/