1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:01:31.76 ID:ImGuxbgU0

凛「ただいまー」

母「あら、お帰りなさい!ちょうど良かったわ。もうすぐお得意さんと打ち合わせがあるからハナコを散歩に連れてってあげてくれない?」

凛「うん、別にいいよ」

母「大体夕方頃には終わると思うから」

凛「わかった。おいで、ハナコー」

ワン!ワン!

凛「ふふっ、ただいま。お散歩行こっか」

ワン!


みたいな感じでゆっくりやります



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:06:26.63 ID:ImGuxbgU0

凛「ハナコとお散歩するの久しぶりだね」

ワン!……!!ワン!ワン!
トコトコトコ…

凛「どうしたの、ハナコ?…あっ」

P「…ん?おう、凛!…それにハナコ!」

ワン!ワン!

P「ははっ、くすぐったいぞハナコ、おぉよしよーし」ナデナデ

ワン!ワン!



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:09:01.32 ID:ImGuxbgU0

凛「…プロデューサーはお仕事?」

P「ふぅ…ん?いや、実は加蓮が風邪引いちまったらしくてな…これからお見舞いに行く所なんだ。あともうすぐみくの誕生日だからプレゼントも買いに行かないとな」

凛「ふぅん…」

P「お前らこそどうしたんだ?」

凛「…見てわかるでしょ?ハナコのお散歩。それより早く行ってあげないと病院閉まっちゃうかもよ?」

P「おっと、そうだったな」

凛「加蓮にお大事にって伝えておいてね」

P「あぁ、わかったよ。お前らも暗くならないうちに帰るんだぞ。またな、ハナコ!」

ワン!



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:11:37.78 ID:ImGuxbgU0

凛「やっぱりみんなプロデューサーの事好きなのかなぁ…」

クゥン?

凛「(…プロデューサーはいつも私達のためにものすごく頑張ってくれてる…)」

凛「(でも頑張り過ぎて自分の事はいつも疎かにして…)」

凛「(最近は私達の人気も安定し始めてマシになってきたけど、それまではいつも倒れそうになるまで頑張ってたし…)」

凛「(正直プロデューサーは優しすぎるんだよね…)」

凛「(ま、私はそういう所に惹かれちゃったんだけど…)」

凛「(そのせいでみんなもきっと…)」ハァ…

クゥン…?



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:14:14.28 ID:ImGuxbgU0

凛「…ハナコはプロデューサーの事好き?」

ワン!

凛「いいなぁ…素直に気持ちを伝えられて。私にはまだ難しいや…」

クゥン…ワンワン!

凛「…ハナコ?」

ワン! チョロチョロ…

凛「(マーキング…?そういえばハナコがマーキングするのって久しぶりかも…)」

チョロチョロ…

凛「………!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:18:15.64 ID:ImGuxbgU0

翌日、事務所

みく「Pちゃん!みくは今発情期なのにゃ!今ならみくを好きにし放題なのにゃ!」

凛「………」

加蓮「プロデューサー、昨日はお見舞いありがとね。私これからもっと頑張るから…//」

凛「………」

幸子「まったく!ボクがかわいすぎるあまり仕事にも集中できないなんてプロデューサーは本当に仕方ありませんね!」

凛「………」

ヤイノヤイノガヤガヤ…

凛「(マズイ…)」

凛「(まさかこの事務所内でここまで熾烈なアプローチ合戦が行われていたなんて…)」

凛「(このままじゃ誰かにプロデューサーを取られるのも時間の問題…)」

凛「(こうなったら多少強引にでもやるしかない…!)」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:22:13.98 ID:ImGuxbgU0

P「今日家に来たい?」

凛「うん。今度のライブの衣装の事でゆっくり打ち合わせしたい事があるから」

P「そういう事なら別に構わんが…」

P「今日はちょっと遅くなるから先に入っててくれ。これ鍵な。場所はわかるか?」

凛「うん、大丈夫」

P「俺もできるだけ早く帰るようにするから」

凛「無理しなくてもいいよ」

P 「おう、また後でな」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:26:08.32 ID:ImGuxbgU0

P「…ふぅ…じゃあ衣装は大体こんな所か」

凛「うん。こんな時間までありがとう」

P「あぁ…ってもうこんな時間か!家まで送っていくよ」

凛「あ、お母さん達には泊まっていくって言ってあるから平気だよ?」

P「泊まるってどこに?」

凛「ここ」

P「は?…いやしかしだな、アイドルが…それ以前に年頃の女子高生が一人暮らしの男の部屋に泊まるってのは」

凛「プロデューサーの事は信頼してるから。…それにプロデューサーになら変な事されても平気だよ?」

P「!……そういう冗談はよくないぞ?」

凛「冗談じゃないよ。…私はプロデューサーの事、異性として好きだよ」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:29:51.93 ID:ImGuxbgU0

P「…すまん」

凛「…私がアイドルだから?」

P「…あぁ」

凛「プロデューサーはどうなの?アイドルとかプロデューサーとかじゃなくて私の事どう思ってるの?」

凛「…私の事は女として見られない?」

P「…そんな事はないよ。凛は女の子としてとても魅力的だし、俺はそんなお前の一番のファンだ」

P「でも俺はプロデューサーだからな。他のファンの人達の気持ちを裏切るような事はできない」

凛「……うん」

P「それに俺の仕事はお前をトップアイドルにする事だからな」

P「お前の未来にとってリスクになるような真似はできない」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:34:35.60 ID:ImGuxbgU0

凛「…じゃあさ…いつか私がトップアイドルになって…そして普通の女の子に戻る時がきたら…」

凛「その時は私の王子様になってくれる…?」

P「……」

凛「……」

P「…え?」

凛「何、今の間」

P「あ…いや、すまん!何と言うか…王子様とか意外と凛も乙女な所があるんだなって思って…」

凛「えっ…//」カァァッ

ゲシッガシッ

P「いてっ、やめろ!ちょっ、蹴りは…脛だけはやめろ!」

凛「人が頑張って告白したのに水を差すなんて最低…」ジトー

P「いや悪い悪い、咄嗟の事だったからつい…」

P「まぁ何と言うかあれだ。…約束するよ」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:38:54.84 ID:ImGuxbgU0

凛「…本当?」

P「あぁ、武士に二言はないぞ」

凛「ふふっ、何それ。別に武士じゃないじゃん」

凛「ま、それなら私のファーストキスもはじめてもその時まで取っておくね」

凛「プロデューサー、目つぶって」

P「?…こうか…?」

チュッ

P「なっ…」

凛「プロデューサーが私の物だって証拠…一応おでこだからノーカンね…//」

P「お、おぅ…//」

凛「…私がトップアイドルになれるまで…二人で一緒に頑張ってくれる?」

P「もちろんだ」

凛「ありがとう…これからもずっと私と一緒にいてね。」ギュッ

おわり



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:41:26.10 ID:ImGuxbgU0

ここからおまけです
子供は帰ってくれ

P「じゃあ先に風呂入ってくれ。俺はお前の後に入るから」

凛「一緒に入る?」

P「いや、それはマズいだろ…」

凛「どうして?もちろんキスもエッチもしないよ?普通にお風呂に入るだけ」

凛「せっかくの私の告白に茶々入れたんだからそれくらいは別に良いよね?」

P「えっと…いやしかし…普通に風呂に入るくらいなら…いいのか…?」

凛「いいと思うよ?じゃあ決まりだね。私先に入ってる」スタスタ
P「お、おぅ…」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:44:35.77 ID:ImGuxbgU0

P「は、入るぞ…」ガラガラ

凛「うん…」

P「……」チラッ

P「(…まじかよ…あいつタオルも何も巻いてないのかよ…まああまり見ないようにすればいいか…)」

P「(とりあえずシャワー浴びるか…)」スッ

凛「待って」

P「お、おう?」

凛「…プロデューサーにお願いがあるの…」

P「…お願い?」

凛「私…プロデューサーにマーキングしたい…!」

P「マーキング…?それってまたさっきのキスみたいな…?」

凛「うん…私プロデューサーにおしっこかけたいんだ…」

P「よし落ち着け」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:48:45.41 ID:ImGuxbgU0

凛「落ち着いてるよ。まるで自分が自分じゃないみたい」

P「いやそれ落ち着いてるって言うのか!?」

凛「私!」

P「!」

凛「…私不安だから。…プロデューサーが私の事真剣に考えてくれてるのもわかってる…」

凛「きっと私がトップアイドルになるまで待っててくれるって信じてる…」

凛「でもプロデューサーの周りには可愛い女の子達がいっぱいいて…時々取られたりしないか不安になったりすると思うから…だからキスよりももっと…」

P「…わかった!」

凛「あ…」

P「俺にお前の物であるという証拠を…お前のおしっこをかけてくれ!」ドンッ

凛「プロデューサー…!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:54:11.41 ID:ImGuxbgU0

P「それじゃあ俺はどうしたらいい?」

凛「えっと…じゃあ私がプロデューサーの足にかけるからそこに立ってて」

P「わかった…これでいいか?」

凛「うん…それじゃあいくね…」グッ

P「……(おお…なんか本当に犬みたいなポーズだ…)」

P「(上から見下ろす形になってしまうからちゃんとは見えないがそれでも凛のアソコの綺麗さはわかる…)」

P「(冷静に考えたらすごい事してるよな…マズイだんだん興奮してきた)」

P「(くっ…深呼吸だ!鎮まりたまえ我が息子よ…!)」ヒッヒッフー



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 16:57:53.94 ID:ImGuxbgU0

凛「んっ…」

P「…はっ!?大丈夫か、凛…?」

凛「…うん、大丈夫…こんな体勢初めてだから…あっ、もう出そう…あっ…」チョロ…チョロ…

凛「んっ……//」シャアアア…

P「(おお…)」シャアアア…

P「(…温かい…これが凛のおしっこ…ていうか自分以外のなんて初めて見た…!)」シャアアア…

P「(…きれいだ…凛の真っすぐな純粋さを表すような透明さだ…)」シャアアア…

P「(…凛に、まだ年頃の女の子にこんな犬みたいな真似をさせているなんて…!)」チョロチョロ…

凛「はぁっ…」チョロ…チョロ…

P「…終わった…か…?」

凛「………」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:01:45.40 ID:ImGuxbgU0

P「…えっと…凛?」

凛「………」

P「…どうした、凛?やっぱり辛いのか?」

凛「あっ、違う!すごく嬉しいよ?でも何か…足だけじゃ物足りなかったかも…」

P「えっ」

凛「…今度する時は…プロデューサーの顔にかけてみても良い…?」

P「…今度って…またこれやるのか…?」

凛「あっ…ごめん…プロデューサーが嫌だったならもうしないから…」

P「い、いやそんな事はない!」ギュッ

凛「あっ…」カァッ…

P「凛のおしっこはとても温かくて…何て言うか気持ちがちゃんと伝わってきて俺も嬉しかったぞ…」

凛「ありがと…」ギュッ



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:06:17.69 ID:ImGuxbgU0

チャポン…

凛「…さっきプロデューサーは私の一番のファンだって言ってたよね?」

P「あぁ…俺はそんなお前のプロデューサーでいられる事を誇りに思ってるよ」

凛「ありがとう……じゃあ、やっぱり自分がファンのアイドルの裸が見られて嬉しかったりする?」

P「えっ!?…と…はい…」

凛「ふふっ…私も」ギュッ

P「(何だこの可愛い生き物は)」ドキドキ

凛「そうだ。プロデューサーの背中洗ってあげるね」

P「あ、あぁ…頼む」ザパァ



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:10:22.96 ID:ImGuxbgU0

凛「………」キュッキュッ

P「………」

凛「………」キュッキュッ

P「(……タオルとか使わないのかよ!)」

P「(まさか手で洗うとは思わなかった…手の平の感触がダイレクト過ぎてくすぐったい…)」

凛「プロデューサーの背中大きいね…」キュッキュッ

P「…ん、そうか…?割と普通の人と変わらないと思うけどな…」

凛「ううん、そんな事ない。すごいたくましいよ。毎日みんなのために頑張ってるからかな…」

P「………」

凛「…次は腕も洗うね。こっち向いて」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:14:33.79 ID:ImGuxbgU0

P「ん、おう…(腕…?)」クルッ

凛「……」シュッシュッ

P「……?(ボディソープを自分の陰毛に塗り付けて…?)」

凛「……」ワシャワシャ

P「(それを泡立てて…?)」

凛「……」ズイッ

P「(俺の腕にまたがって…?)」

凛「んっ……はぁっ……」ヌチュ…ヌル…

P「(えっ何これ)」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:19:07.62 ID:ImGuxbgU0

P「えっ何これ」

凛「んっ……えっと…ネットとかでちょっと…はあっ…」ヌルッ…ヌチュ…

P「あ、あぁ…そうか…」

P「(いやそういう事じゃないんだけど何だこれは…!?凛のぬるぬるのアソコとザラザラした陰毛が泡と共に腕に吸い付いて…)」

P「(しかもそれが前後する度に凛の甘い吐息がこの狭い浴室に響く…)」

P「(これが俗に言う毛タワシ…何だっけ、こういうの何プレイって言うんだっけ…)」

P「(ていうか凛にこんなソープ嬢みたいな真似させても…いやもう何も考えられない…)」

凛「はあっ……んっ……次左腕もするね…」

P「あ、はい…」ドキドキ



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:23:28.05 ID:ImGuxbgU0

凛「じゃあそろそろ洗い流すね」シャアアア

P「はい…」

凛「シャワー熱くない?」

P「あ…大丈夫です…」

凛「ふふっ、何か美容院で髪洗ってるみたい」キュッキュッ

凛「これくらいでいいかな……あっ…」

P「ん…どうした?」

凛「…プロデューサーのそれ…そんなに大きくなるんだ…//」

P「おおぅ!?」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:28:23.12 ID:ImGuxbgU0

P「…ま、まぁこういう状況だからな…」

凛「…それって辛くないの?」

P「あぁ…別にこれくらいどうって事はないよ…」

凛「本当に?」

P「本当だよ…」

凛「……」ジーッ

P「うっ…」

凛「…プロデューサーさっき二人で一緒に頑張るって言ったよね?」

P「あ、あぁ…」

凛「じゃあお願いだから辛い事とか全部一人で溜め込まないで!私はプロデューサー一人に辛い思いさせてまでトップアイドルになりたくない!」

凛「私はもうプロデューサーがいなきゃダメだから…これからは辛い事も嬉しい事も全部一緒に背負わせてよ…」

P「………」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:33:06.86 ID:ImGuxbgU0

P「…心配させて悪かった、これからは全部言うよ。ありがとな」ナデナデ

凛「うん…」ポッ

P「…確かにちょっと辛いけど…でも後で一人でするなりすればすぐに治まるから大丈夫だよ」

凛「そうなんだ…じゃあそれ…お口でしてあげよっか?」

P「なっ!?…いや、口でってお前それはもう…」

凛「でもエッチする訳じゃないし…」

P「……」

凛「……」

P「…わかった。じゃあ頼むよ。でも無理はするなよ?」

凛「…うん」ドキドキ



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:36:59.18 ID:ImGuxbgU0

凛「…近くで見るとすごいね…触っても大丈夫…?」ドキドキ

P「あぁ…」

凛「……」ツンツン

P「おおっ…」

凛「あ…痛くなかった…?」

P「あぁ…痛いとかそういう事はないから安心してくれ…」

凛「わかった…」パクッ

P「(!?…なっ…これが口の中の感触…!くわえられただけなのに何だこの気持ち良さは…!?)」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:40:19.03 ID:ImGuxbgU0

凛「…ほおひははひい?」

P「(俺のモノをくわえたまま上目遣いで喋ろうとする凛が可愛いすぎてやばい)」

凛「ふろふうはあ…?」

P「はっ…?あ、えっと…じゃあそれを唇で扱く感じで前後に動かしてくれるか?舌とかは全然当たっても構わないぞ?」

凛「…ふぁふぁっは」チュポ…チュポ…

P「(やばいな…さっきより深くくわえててより口の中の感触がリアルだ…何と言うか凛を俺の物にしている感が半端じゃない…)」

凛「……んふっ……はぁっ」ジュポ…ジュポ…

P「(だんだん唾液が増えてきてさらに気持ちいい…)」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:44:20.80 ID:ImGuxbgU0

P「…良かったらもうちょっと速く動かしてみてくれないか?」

凛「んはっ……」コクッ

凛「あむっ…はっ…んっ」ジュポジュポジュポ

凛「ちゅぱっ…んっ…はぁっ…はあっ」ジュポジュポジュポ…

P「(うっ…スピードアップして気持ち良さが一気に加速した…!ていうか何て速さだ…正直エロすぎる…!)」

P「(…普段はクールで整った凛の顔立ちが…すごいいやらしい表情になってるな…)」

P「(…んっ…やばい!もう…出る!?)凛、出るぞ…くっ…あっ!」ドピュドピュッ

凛「んんっ!?…ぷはっ…あ…けほっ……んむっ…」ゴクッ

P「おい、凛!無理すんな!」

凛「ん~っ!……っ」フルフル…ゴクン



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:48:48.01 ID:ImGuxbgU0

凛「…はぁっ…はぁ…大丈夫…はぁ…」

P「えっと…全部飲んだのか…?」

凛「うん…なんか苦い…」

P「まぁ本来飲む物でもないしな…」

凛「…飲んじゃダメな物だったの…?」

P「いや…一応健康には良いらしいが…」

凛「ふぅん…プロデューサーは気持ち良かった…?」

P「あぁ…ありがとな」ナデナデ

凛「んっ…どういたしまして」ニコッ

P「………」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:53:35.33 ID:ImGuxbgU0

P「凛、俺もお前にしてもいいか?」

凛「えっ…」

P「俺もさっきのお前と同じ気持ちだと思う…俺もお前に気持ち良くなってほしいんだ。ダメか?」

凛「…ううん、ダメじゃないよ。嬉しい…私も気持ち良くして?」

P「ありがとう…じゃあ、そこに仰向けになってくれるか?」

凛「…こう?」

P「あぁ、そんな感じ…」

P「………」ジーッ

凛「……プロデューサー…?」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 17:58:02.57 ID:ImGuxbgU0

P「ん?あ、いやすまん…さっき腕洗ってもらった時も思ったけど改めて見ると綺麗な体だなと…」

凛「…そんな事ないよ…胸も大きくないし…」

P「いや、そんな事あるぞ。その小振りなCカップの胸も、すらっとした手足も、まるで小川のせせらぎのような陰毛も、割れ目から覗く薄いピンクの秘部も、全てがパーフェクトだ!」

凛「」

P「…すまん、忘れてくれ。…とにかく俺はお前の裸だから嬉しいんだ。あんまり変な事は気にするなよ?」

凛「ありがと…」

P「それじゃあ触るぞ?」

凛「うん…(何で胸のサイズ知ってるんだろ…?)」



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 18:02:34.43 ID:ImGuxbgU0

P「(とは言えどうしたものか…よくAVなんかで見るやつだと穴に指を突っ込んだりしてるが…凛はまだ処女だ、それは危険すぎる…)」

P「(…そういえばたまに割れ目に沿って指で擦ったりもしていたような…それで試してみるか…)」クチュ…

凛「…んっ」ビクッ

P「…大丈夫か?」

凛「…うん。ちょっとびっくりしただけ…」

P「えっと…気持ち良くて?」

凛「~~っ!」カァァッ ゲシッガシッ

P「いたっ、だから蹴るなって、ちょっ、すまん!」

P「はぁっ……でもな凛、俺はお前を傷付けるような事だけはしたくはないんだ。だから痛い時はそう言ってほしいし、恥ずかしいかもしれんが気持ちいい時はそう言ってほしい」

凛「……うん…わかった」

P「じゃあ続けるな」クチュクチュ…



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 18:05:58.59 ID:ImGuxbgU0

凛「ん……はあぁっ……ぁん……はぁ……」

P「(…だんだん声に甘い物が混じってきたな)」クチュクチュ…

P「(…無修正モノのAVで見た事はあったけど、いざ本物を見てみるとエロいな…それに凛のはかなり綺麗だし…)」クチュクチュ…

P「(…ここばかり弄ってるのもなんだし胸も一緒に触ってみるべきか…)」フニフニ…

凛「あくっ…んあっ…っ…はあぁん……もっと…強くても…ひあっ…」

P「…わかった」ムニムニ…

凛「んああっ!…はあっ…あぁ…あぁっ…」

P「(…胸は小振りだけどちゃんと柔らかい…それとは対称的に乳首はどんどん固くなってる…)」ムニムニ…

P「(…そういえばクリトリスを重点的に責めた方がいいんだったか…となれば…)」クチュクチュ…

P「凛、両手で自分の胸を弄ってもらってもいいか?」クチュクチュ…

凛「んはっ…っ……こ、こうっ…?…ひあっ…はあぁん!」

P「そうだ、その調子だぞ!」クチュクチュ…

P「(…そして俺は右手を割れ目に沿って動かしつつ左手でクリトリスを…)」ギュッ

凛「っっ!?あああっ!はっ…はあぁんっ…はぁっ…はっ…はっ…」ピクッ



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 18:09:38.83 ID:ImGuxbgU0

P「(えっ、何だ、今の声!?)…どうした?大丈夫か?」

凛「はっ…はっ…あ……大丈夫っ…やめ、ないで…はあっ…」

P「お、おう…わかった…」

P「(とりあえずクリトリスは弄っても問題なさそうだな…そろそろこのまま一気に責めるか…」クチュクチュクチュ…

凛「んっ…んあっ…っ…はっ…はあぁん…あぁ…」

P「(…もうかなり濡れてるな…指先もベトベトだ…)」クチュクチュクチュ…

P「(…凛がこんな…まるでAVみたいによがって喘ぎまくっているなんて…)」クチュクチュクチュ…

P「(…きっとさっき俺があんな事言ったから声を我慢しないで気持ちいい事を教えてくれてるんだよな…ありがとう、凛…!)」クチュクチュクチュ



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 18:13:11.74 ID:ImGuxbgU0

凛「んはっ…はああっ!んっ…んぐっ…あぁっ…あひっ…」

凛「…はあっ…あ…くるっ…んっ…何、かっ…くっ…あああっ!」

P「よし、凛!いつでもイっていいぞ!」クチュクチュクチュ…

凛「あぁっ…いっ…イぐっ…はあんっ!…んあっ…ひいっ」

P「……っ!」ギュウウウッ

凛「ひっ…いああああああああああああああ!!!!!!」ビクンビクンビクン!

P「(すごい…!イった…!こんなに痙攣するものなのか…まるで電気が走ったみたいだ…)」

凛「っ!!!!んはっ……はっ…はっ…はっ……っ…はっ…」ピクッ…ピクッ…ピクッ…



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 18:18:44.38 ID:ImGuxbgU0

P「(すごい…まだ痙攣してる…それに凛もまだ体をよじらせて…)」

凛「…はっ……はっ……あ…出る……ぷろ…りゅーさ…」ピクッ…ピクッ…

P「ど、どうした?凛?」

凛「…お…おしっこっ…出る…」ピクッ

P「!…あ、わかった!…凛、一旦俯せにするぞ」ゴロッ

凛「…あふっ…はっ…」

P「(次はちゃんと顔に浴びる事ができる姿勢…69の体勢で凛の体の下に入り込めばいける…!)」グイッ

P「よし、凛!大丈夫だ!いつでも出していいぞ!」クパァ…

凛「…んっ……あ…」チョロ…チョロ…

シャアアア…チョロチョロ…

P「んんっ…」

P「(…やっぱりさっきと比べると勢いが…でもちゃんと受けきれてる!)」

P「(…ちょっとしょっぱい…こんな味だったのか…こんなの初めて舐めた…っていうかこれもしかしなくても聖水プレイというやつでは…?)」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 18:22:32.38 ID:ImGuxbgU0

凛「…プロデューサー…?ちゃんとかかった…?」ハァ…ハァ…

P「ああ。ちゃんと最後の一滴まで受け止めたぞ」

凛「良かった…これでプロデューサーは私の物だね…」ニコッ

P「こんな事しなくても俺はずっとお前と一緒だけどな」ギュッ

凛「ありがと…でもちょっともったいなかったな…」

P「ん?何がだ?」

凛「せっかくプロデューサーの顔にかけたのに私からは見られなかったんだもん…」

P「じゃあ今度やる時はちゃんと見えるようにやらないとな」

凛「うん……それよりプロデューサー…また大きくなってる…」

P「ん!?いや、そりゃあんな凛の姿を見せられたらな…」

凛「……//」カァァッ



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 18:26:35.74 ID:ImGuxbgU0

P「でももう疲れただろ。お前は無理しなくていいよ」ポンポン

凛「うん。…あ、プロデューサー…もし我慢できなかったら…」

P「ん?」

凛「…私のお尻の穴でしてみる?」

P「い!?いや、それは危ないぞ!性病になる危険もあるしデリケートな部分だし、それに正直俺も詳しくは知らない世界だからな…」

凛「そうなんだ…じゃあちゃんと調べて大丈夫そうなら良い…?」

P「…おう」

凛「ありがとう、私の事ちゃんと考えてくれて」

凛「これからも一緒に頑張ろうね…」



この後ちゃんと調べてみたら大丈夫そうだったのでお尻の穴でしました

おまけおわり



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 18:29:14.89 ID:ImGuxbgU0

読んでくれた方保守してくれた方ありがとうございました
つたないSSですみませんでした
しぶりんかわいいよしぶりん



141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 18:29:21.22 ID:MW7YjfFI0

乙乙


元スレ
凛「プロデューサーにマーキングしたい」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361602891/