1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:00:24.347 ID:RBrCwDFE0.net

ガヴリール「お前らそのために下界に来てたのか?」

サターニャ「ええそうよ!」

ヴィーネ「千年に一度、魔界の王を決める戦いが人間界で行われるの」

サターニャ「人間界に来た百人の悪魔が最後のひとりになるまで戦うルールなのよ!」

ガヴリール「へー、大変だな。がんばれよ」

サターニャ「がんばれよじゃないわよ!大悪魔になるためにあんたも協力しなさい!!」



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:03:30.973 ID:RBrCwDFE0.net

ガヴリール「は?なんで私が」

ラフィエル「お話は聞かせていただきました」シュッ

サターニャ「うわあああ!?」

ラフィエル「この赤い本がサターニャさんの本なのですね」パラパラ

サターニャ「う…そうだけど…、まさかあんた読めるの??」

ラフィエル「はい!読めます!」パタン

サターニャ「えっ……うそ、まじ……?」

ガヴリール「なんで微妙そうな顔してんだよ」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:06:18.548 ID:RBrCwDFE0.net

サターニャ「だって本が読めるってことは、私のパートナーってことじゃないの……」

ガヴリール「良かったな見つかって、喜べよ」

サターニャ「素直に喜べない……けど、仕方ないわね!ラフィエル!あんたは私を大悪魔にすべく手伝ってもらうわよ!」

ラフィエル「まあ嘘なんですが」

サターニャ「はぁ!?紛らわしい嘘ついてんじゃないわよ!!………でも、そ、そう、あんたじゃないのね」

ラフィエル「なーんで少し嬉しそうなんですか?」ニコニコ



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:07:40.597 ID:RBrCwDFE0.net

ガヴリール「ヴィーネの本は?」

ヴィーネ「これよ」スッ

ガヴリール「んじゃ貸してみ、試しに見てやるよ」

ヴィーネ「えっ………う、うん…」

ガヴリール「?」

パラパラ

ガヴリール「うーん、ごめん、私じゃ読めないみたいだな」

ヴィーネ「………そう、残念ね」ホッ

ガヴリール「(嬉しそうな顔してるぞ?)」



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:08:45.191 ID:RBrCwDFE0.net

ガヴリール「(パートナーには本が読めるらしいけど、どういう感覚なんだろうな……)」スッ

ガヴリール「(……………)」パラパラ

ガヴリール「うわっ……」

サターニャ「どしたのよガヴリール嫌そうな声出して」

ガヴリール「この本読めるんだが…」

ラフィエル「えっ」

ヴィーネ「それって」

サターニャ「私の本!?」

ガヴリール「うそだああああああ!!!!!最悪だあああ!!!!!!………あーわり、読めなかったわ、残念残念」

サターニャ「今更誤魔化してんじゃないわよ!!!!」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:10:42.931 ID:RBrCwDFE0.net

ガヴリール「何でよりによってお前の本が読めるんだよ!ヴィーネの本が読めたら……普段の恩返しに手伝う気にもなるのにな」

サターニャ「私だって嫌よ!!なんでよりによってライバルのあんたなのよガヴリール!!」

ガヴリール「最初に言っとくけど、私はお前の大悪魔になる手伝いなんか絶対しないからな」

サターニャ「何でよ!!本が読めるのはあんただけなんだから手伝いなさいよ!」

ガヴリール「何でお前のために労力使わなきゃなんないんだよ、勝手にやってろ」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:13:06.484 ID:RBrCwDFE0.net

翌日

プルルルル
ガヴリール「はいもしもし」

サターニャ『ガヴリール!さっそくライバルの悪魔を探しに行くわよ!数を減らさないと大悪魔への道も遠のいてしまうわ!』

ガヴリール「うるせーアホ」ピッ

プルルルル
ガヴリール「なんだ?」

サターニャ『勝手に切ってんじゃないわよ!!!』

ガヴリール「」ピッ

ピンポーン
ガヴリール「ん?」



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:15:20.106 ID:RBrCwDFE0.net

ガチャ
ヴィーネ「…………」

ガヴリール「ヴィーネ、どうしたんだ?」

ヴィーネ「あんたの部屋を掃除して、ご飯作りに………と、あと…少し頼みたいことがあって…」

ガヴリール「うん?」

ヴィーネ「私のこの本を燃やしてほしいの」

ガヴリール「は?」



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:17:35.964 ID:RBrCwDFE0.net

ガヴリール「でもこの本は……」

ヴィーネ「そう、本が燃えたら魔界に帰る。それが王を決める戦いのルールよ。自分じゃ燃やすことはできないからガヴにやって欲しいの」

ガヴリール「いや駄目だろ、燃やしたらヴィーネは魔界に帰っちゃう……」

ヴィーネ「いいのよ、人間界にいたって……私達は戦いあわなきゃいけないだけだもの」

ガヴリール「そしたら、私の世話は誰がするんだよ!?」

ヴィーネ「………あんたねぇ」

ガヴリール「じょ、冗談だよ。とにかく私は燃やさないからな!いいじゃん戦わなくたって。今まで通り普通に暮らせばさ」



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:19:12.405 ID:RBrCwDFE0.net



プルルルル
ガヴリール「サターニャうるせえ」

ラフィエル『ガヴちゃん?』

ガヴリール「あっラフィだったか、ごめん」

ラフィエル『うふふ、サターニャさんと仲が良いんですね♪』

ガヴリール「んなわけねーだろ!で、何の用だ?お前が連絡よこすなんて珍しいな」

ラフィエル『ええ、ガヴちゃんに相談したいことがありまして…』



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:22:15.641 ID:RBrCwDFE0.net



ガヴリール「ええ!?ヴィーネの本が読めたのか!?」

ラフィエル『はい、ですが……思わず読めないと嘘をついてしまったんです』

ガヴリール「何で………」ハッ

―「いいのよ、人間界にいたって……私達は戦いあわなきゃいけないだけだもの」

ラフィエル『ヴィーネさんの顔を見ていたら、読めるとは言えませんでした。私が読めないと言った時、彼女は喜んだんです』

ガヴリール「そうか……あいつ、魔界の戦いに私たちを巻き込みたくないんだろうな…、どこまでも悪魔らしくない奴だ」



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:24:44.058 ID:RBrCwDFE0.net

ガヴリール「そういや今日ヴィーネがうちに来た。本を燃やしてほしいって。もちろん断ったけど……」

ラフィエル『そうなんですね。でも、ヴィーネさんのことを考えると、燃やしてあげるのが彼女のためではないかとも思うんです』

ガヴリール「けど、魔界に帰ったら………もう二度と会えなくなるんだぞ…」

ラフィエル『ガヴちゃん、寂しいんですね』

ガヴリール「な……、う、と、当然だろ。あいつには、その、世話になってるしな…」

ラフィエル『とりあえずもう1度考えてみてください』

ガヴリール「うん……」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:29:20.201 ID:RBrCwDFE0.net

翌日

ガヴリール「ヴィーネ、帰ろー」

ヴィーネ「う、うん」

テクテク

ヴィーネ「!」ピーン「この気配は…」

ガヴリール「どうした?」

ヴィーネ「ガヴ、一旦こっちの道に…」グイ

悪魔「みつけたわ」ザッ

ヴィーネ「悪魔……」

ガヴリール「?悪魔……!?後ろの奴、本を持って……ってことは、こいつも王候補の!?」



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:30:48.871 ID:RBrCwDFE0.net

悪魔の本の持ち主「ガロン!」

悪魔「はあっ!」ズバアッ

ガヴリール「うわあ!?おい、やめろ!私達は本を持ってないし、戦う気はない!」

悪魔「本、あるみたいだけど?」

ガヴリール「えっ…!」

ヴィーネ「これが私の本よ、燃やしていいから、この子には手を出さないで…!」

ガヴリール「何してんだヴィーネ!?そんなの駄目だ!逃げるぞ」スッ

ガヴリール「(神足通!)」シュタッ



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:33:14.599 ID:RBrCwDFE0.net

ガヴリール「はあはあ……よし、逃げられたか…?」キョロキョロ

ヴィーネ「何してんのよ、ガヴ……」

ガヴリール「それはこっちの台詞だ!何してんだよ!本を出すなんて…!!」

ヴィーネ「せっかく燃やしてもらえる機会だったのよ!?あんたもわかったでしょ、悪魔は引かれ合う…王候補同士がぶつかりやすいようになってるの!私がガヴのそばにいるだけで…ガヴにも、危険が及ぶの……私……もう無理よ…」

ガヴリール「ヴィーネ………」

ガヴリール「………(くそ、なんなんだよ、この魔界の戦いってのは…)」グッ



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:35:50.654 ID:RBrCwDFE0.net

テクテク

ガヴリール「っ!誰だ!?」

サターニャ「………」

ガヴリール「サターニャか…」

サターニャ「悪魔の気配がするから来てみれば……ヴィネットあんた!戦いから逃げるっていうの?」

ヴィーネ「…………」

ガヴリール「ヴィーネはお前と違って優しいんだよ!だから戦いたくないって言ってんだろ……!!」

サターニャ「そんなの知ってるわ。でもこの戦いからは逃れられないのよ!」

ヴィーネ「わかってる…」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:38:44.822 ID:RBrCwDFE0.net

サターニャ「ガヴリールの瞬間移動で逃げたところで、また気配を追われるんだから、倒すしかないのよ、魔界に帰りたくないんだったらね」

テクテク

ガヴリール「どこに行くんだ?」

サターニャ「さっきの悪魔のところよ、私が倒してくるわ!あんなやつ私ひとりで十分よ」

ガヴリール「………」

ヴィーネ「ガヴ、行かなくていいの?サターニャの本を読めるのはガヴだけよ」

ガヴリール「何でだよ、あいつはひとりで十分らしいぞ。ほっとけよ……」



32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:42:23.604 ID:RBrCwDFE0.net

翌日

ガヴリール「サターニャが休み……?」

ヴィーネ「電話にも出ないわ………、ま、まさか……」

ガヴリール「……ちょっとサターニャの家行ってくる」シュタッ

ヴィーネ「あっガヴ…!!」


サターニャ宅

ピンポーン
ガヴリール「おい、サターニャ!開けろ!」バンバン

ガヴリール「(まさかあいつ、一人で戦いに行って……本を燃やされたんじゃ……)」



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:45:03.674 ID:RBrCwDFE0.net

ガチャ
ガヴリール「ってあれ、鍵開いて……」

サターニャ「……………」

ガヴリール「!?おい、サターニャ大丈夫か!?(なんだこれ、すごい大怪我じゃ……)」

サターニャ「…………、その声は、ガヴリールね?」

ガヴリール「お前、昨日………」

サターニャ「ふふ……そうよ……、私はあの悪魔と、一人で戦って………そして勝ったのよ…!本も家に置いとけば……燃やされ、ないし、これぞ、悪魔的戦略(デビルズタクティクス)………」

ガヴリール「勝ったってお前、その大怪我で何言って……」

サターニャ「ガヴリール……あんたの力なんか……借りなくても、私は、大悪魔になってみせる………」

ガヴリール「サターニャ……」



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:48:36.192 ID:RBrCwDFE0.net

ヴィーネ「ガヴ!」

ラフィエル「ガヴちゃん!」

ガヴリール「ヴィーネ、ラフィ…」

ヴィーネ「はあはあ、もう勝手に行っちゃうんだから……」

ラフィエル「それで、サターニャさんは……」

ガヴリール「心配するな、大丈夫だよ。怪我は酷いけど…」

サターニャ「…………」

ヴィーネ「そんな……、ごめんサターニャ……私のために、こんな……」

サターニャ「あんたのため……?何言ってるの、これは私が大悪魔になるためにやったのよ……」

ガヴリール「………お前」



36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:50:59.039 ID:RBrCwDFE0.net

ヴィーネ「……ねえ、ガヴ…」スッ

ガヴリール「…………(サターニャの本?)」

ヴィーネ「持ってあげて」

ガヴリール「…………」スッ

サターニャ「返しなさいよ…!!」

ガヴリール「わかった、この本は私が持つ、だからもう無茶な真似すんなよ、わかったか?」

サターニャ「ガヴリール……」



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:53:20.562 ID:RBrCwDFE0.net

翌日

サターニャ「昨日は世話になったわね、ヴィネット!」

ヴィーネ「元気になってよかったわ」

ガヴリール「回復はっや!!」

サターニャ「ふふん、驚いた?ガヴリール!悪魔は体が丈夫なのよ!」

ガヴリール「丈夫ってレベルじゃねーだろ……」



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:55:23.415 ID:RBrCwDFE0.net

サターニャ「また悪魔がこの街に来ても安心しなさい!私が倒してやるんだから!」

ガヴリール「ちっ、めんどくせえけど付き合ってやるか……」

サターニャ「私を大悪魔にすべくきりきり働くことねガヴリール!」

ガヴリール「今すぐ燃やしてぇ」

サターニャ「やめなさいよ!!!」

ガヴリール「忘れんなよ、お前のためじゃなくてヴィーネのためだからな」

サターニャ「ふん、それはついでよ」

ヴィーネ「2人とも……ごめんね」

ラフィエル「……………」



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:58:47.380 ID:RBrCwDFE0.net

放課後

ガヴリール「帰るかー」

ヴィーネ「そうね」

サターニャ「私も一緒に帰ってあげるわ!」

ガヴリール「なんで上から目線なんだよ」

サターニャ「仕方ないでしょ、一緒に行動してるほうが便利なんだから…あーあ、ツイてないわ」

ガヴリール「ほんとツイてねーよ」

ヴィーネ「えええええええっ!!!!!!!」

ガヴリール「!?なんだ急に」

ヴィーネ「わ、私の本が、ないの!」

ガヴサタ「「ええええ?!?!」」



40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:01:59.604 ID:lHZDZXsZ0.net

ガヴリール「いつなくなったんだよ!」

ヴィーネ「わからないわ…今朝は持ってきたはずだし……」

サターニャ「ってことは学校の中にあるの?」

ガヴリール「持ち出されてたらそうとも限らない」

ヴィーネ「ど、どうしよう…」

ガヴリール「とにかく探そう!」

サターニャ「ふん、本を盗むなんて悪魔の風上にも置けないわね」

ガヴリール「(きっとこの戦いの事情を知る奴に違いない……)」

ヴィーネ「ラフィにも伝えようと思ったんだけどいないわ…もう帰っちゃったのかも…」

ガヴリール「どちらにせよラフィにも連絡は入れとこう」ピポパ



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:04:46.820 ID:lHZDZXsZ0.net

校庭

ガヴリール「敷地内はあらかた探したよな……」

サターニャ「まずいわね、いつ消えてもおかしくないわよあんた」

ヴィーネ「やめてよ!!」

ガヴリール「待て、燃やすのが目的ならもうとっくに消えてると思う、何か別の目的があって盗ったんじゃないか?」

サターニャ「燃やす以外に目的なんてあるのかしら?」



43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:07:31.395 ID:lHZDZXsZ0.net

サターニャ「あっ…!」ピクン

ガヴリール「どした、悪魔か!?」

ヴィーネ「そう、みたい…」ビンビン

サターニャ「もしかしたら、ヴィネットの本を盗った奴かもしれないわ!!」

悪魔「2つの反応があるなんて、一気に2冊燃やせそうね!」ババッ

サターニャ「出たわね!」ザッ

ガヴリール「お前らか?悪魔の本を盗った奴らは!」

悪魔「本を?」

悪魔の本の持ち主「盗った?」

サターニャ「めちゃくちゃ心当たりなさそうな顔してるわ!!」

ガヴリール「よくわからんが戦えばわかるか!」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:10:07.673 ID:lHZDZXsZ0.net

サターニャ「ガヴリール!大悪魔命令よ!呪文を唱えない!」

ガヴリール「…………あっ」

サターニャ「ん?」

ガヴリール「やべ教室に置いてきたわあれ」

サターニャ「お前本の持ち主クビ…」



46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:13:08.360 ID:lHZDZXsZ0.net

ガヴリール「すぐ取ってくるから…」

ラフィエル「その必要はありませんよ」シュタッ

ガヴリール「ラフィエル!?」

ヴィーネ「どこから!?」

サターニャ「って……!?」

ヴィーネ「ラフィが、私の魔本を……しかも、光ってる……?」

ラフィエル「すみませんヴィーネさん、あなたの本は私が勝手に持ち出しました。そして……実は私が、あなたの本の持ち主です」

ヴィーネ「そんな……だってラフィ言ったじゃない、読めなかったって!!」

ラフィエル「あれは嘘です」

ヴィーネ「そんなっ!?」



47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:17:22.124 ID:lHZDZXsZ0.net

ラフィエル「嘘をついていた方があなたのためと思っていました……でも、あなたはずっと辛そうでした」

ヴィーネ「………!」

ラフィエル「あなたの日常を守るために、ガヴちゃんとサターニャさんが戦わなくてはいけないことが、あなたにとってとても辛い」

ヴィーネ「そう、ね……私、ガヴやサターニャに戦わせておいて、戦いたくないなんて言って、そのくせみんなといたいって、みんなと遊びたいって、思っちゃってる……本当、ワガママだね…」

ラフィエル「だから、私はあなたの本を手に取りました」

ヴィーネ「!?まさか」

ガヴリール「おいラフィ!」

ラフィエル「ゼルク!」ピカア



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:21:51.614 ID:lHZDZXsZ0.net

ヴィーネ「違うの、駄目なのラフィ!その術は……………ッ、」ドクン

ガヴリール「な、なんだ?ヴィーネの様子が………」

ヴィーネ「…………ッ!!!」バリィ

ラフィエル「こ、これは……?」

サターニャ「なっ……き、聞いたことあるわ、これは…二重人格の術!」

悪魔「!?」

悪魔の本の持ち主「!?」

ヴィーネ「…………」ギロリ



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:27:50.559 ID:lHZDZXsZ0.net

ガヴリール「……あれほんとにヴィーネなのか…??」

ヴィーネ「……ッ!!!」ドシュッドシュッドシュッ

悪魔「ぎゃあああああ!!!!!!」

ヴィーネ「……」タッ

ガヴリール「あっおい!どこ行くんだ!」

ドシュッドシュッドシュッ
キャーーーーーーッ
ウワアーーーーーッ

ガヴリール「何が起こってんだよ…あいつ、他人も見境なく……」

ラフィエル「こ、こんなことになるなんて……」

サターニャ「しょうがないでしょ、知らなかったんだから!ヴィネットがあんな術持ってるなんて!それより今はあいつを止めるのよ!」

ガヴリール「でもどうやって」

サターニャ「本を持ってきなさい、今あいつを止められるのは私だけよ!」



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:31:30.891 ID:lHZDZXsZ0.net

シュタッ

ガヴリール「持ってきた」

サターニャ「ふん、その瞬間移動はなかなか便利じゃない」

ラフィエル「すみませんガヴちゃん、まさかこんなことになるなんて…」

ガヴリール「あんなの誰にも予想できないだろ!それよりありがとなラフィ。ヴィーネのために色々考えてたんだろ?」コオオオ



53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:37:48.790 ID:lHZDZXsZ0.net

ガヴリール「お前の呪文くそ恥ずかしいんだよ…………悪魔的行為(デビルズアクション)!!!」ピカア

サターニャ「ヴィネット!目を覚ましなさい!」ビュオッ

ガアン

ヴィーネ「……………」ギギギ

サターニャ「ふん、大悪魔の私に勝てると思うの?」ギギギ

ガアン

サターニャ「私は戦いたいから戦うのよ!あんたがそれを気にする必要なんか全くない!私は…私達はあんたと一緒にいたいのよ!だから、さっさといつものあんたに戻りなさいこの優しすぎる悪魔ー!!!」ドッッ

ヴィーネ「………、サター、ニャ…」

サターニャ「ふん、やっといつもの目に戻ったわね」



55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:41:29.683 ID:lHZDZXsZ0.net

ガヴリール「ヴィーネ!」

ラフィエル「ヴィーネさん!」

ヴィーネ「みんな……ごめん、私…」

ラフィエル「いいえ、謝るのはこちらです…」

ヴィーネ「ううん!元はといえば私が…」

ガヴリール「ヴィーネ」

ヴィーネ「ガヴ…」

ガヴリール「お前、服全部破けてるぞ」

ヴィーネ「え……きゃあーーーっなによこれ!?!?」

サターニャ「自分で破ったんじゃない」

ラフィエル「と、とりあえず校舎に戻りましょうか…」



57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:45:10.301 ID:lHZDZXsZ0.net

学校

ヴィーネ「ただいま…」コソッ

ガヴリール「おー、それで体の調子はどうだ?」

ヴィーネ「特になんともないと思う…」

ラフィエル「あまり外傷などはなさそうでした」

ヴィーネ「それで、その……みんなに、お願いがあるの」

ガヴリール「?」

ヴィーネ「やっぱり私の本を燃やしてほしい」

サターニャ「はあ!?」

ガヴリール「…………」

ヴィーネ「ラフィとも話して……決めたの」



58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:48:14.011 ID:lHZDZXsZ0.net

サターニャ「何言ってんのよ!!あんたは気にしなくていいって…」

ヴィーネ「私もみんなと一緒にいたい、ありがとねサターニャ。でもみんなが好きだからこそ、決めなきゃって思ったの」

サターニャ「そんな…ちょっと、ガヴリール!あんたもなんか言いなさいよ!」

ガヴリール「……そうか」

サターニャ「って何納得してんのよ!!」

ヴィーネ「ありがとう、ガヴ」ギュウ

ガヴリール「お前の目見てたら何も言えなくなっちゃったよ…」ギュウ

ラフィエル「それでは本に火を…」スッ

サターニャ「ああっ…!!」



59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:53:13.654 ID:lHZDZXsZ0.net

ガヴリール「元気でな、ヴィーネ」

サターニャ「何なのよこれ!私は嫌よ!認めないわこんなの!」

ヴィーネ「サターニャ、最後に1ついい?」

サターニャ「えっ」

ヴィーネ「この戦いに勝って、サターニャに王様になって欲しいな」

サターニャ「はあ!?当然じゃないそんなの!生まれながらの大悪魔よ私は!!」

ヴィーネ「ありがとう、サターニャが大悪魔になったら、きっと素敵な魔界になると思うの」

サターニャ「わかったわ、待ってなさい!世界を漆黒の闇に染め上げる恐ろしい王になってやるわ!」

ヴィーネ「うん、待ってるから!」



62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:57:49.194 ID:lHZDZXsZ0.net

ヴィーネ「みんな、ありがとう」スゥ

本「」メラメラ



ラフィエル「行っちゃいましたね…」

ガヴリール「……うん」

サターニャ「……………………」



63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 01:00:16.665 ID:lHZDZXsZ0.net

サターニャ「ガヴリール……」

ガヴリール「なんだ?」

サターニャ「私、王様にならなきゃいけなくなったわ………」

ガヴリール「そうか」

サターニャ「だから………王様になるまでだけでいいから………力を貸しなさい」

ガヴリール「…………、しゃーねーな、お前が王様になるまでだけだからな」



おわり



66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 01:02:02.183 ID:e1yXG9i2a.net

面白かった
ありがとう


元スレ
ガヴリール「魔界の王を決める戦い?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1490450424/