前作
海老原菜帆「もっと、近づきたい」

及川雫「ぎゅーっ」



SS速報VIP:海老原菜帆「私と、大切な人たち」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502454692/



1: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:31:33.01 ID:oCK21z5i0

アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作SSになります

海老原菜帆ちゃんお誕生日おめでとう!!!
一週間以上の遅刻だけど許してください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502454692




2: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:32:17.56 ID:oCK21z5i0

8月3日、とあるスタジオにて

カメラマン「という感じで、撮りたかった写真は全部撮れたんじゃないかと思います」

スタジオの所長「うむ、これだけあれば十二分だろう。君の方はどうだい?」

菜帆「はい~、いつも通り素敵に撮っていただけましたから、これで大丈夫です~」

所長「よし!じゃあ本日の撮影はこれで終了だ!お疲れ様!」

カメラマン「お疲れ様でした」

菜帆「お疲れ様でした~、今日はありがとうございました~」

所長「こちらこそ。それでだ、ちょっと待っててもらってもいいかい?」

菜帆「はい~、大丈夫ですよ~」

所長「助かるよ、すぐ戻る」スタスタスタ



3: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:33:04.77 ID:oCK21z5i0

所長「待たせたな」

菜帆「いえ~」

所長「で、用件だが他でもない、我らがスタジオから君に誕生日プレゼントだ」

菜帆「わあ~、ありがとうございます~!」

所長「中身は羊羹だ、美味しさは保証つきだぞ?なにせスタッフ全員で候補を片っ端から味見して決めたものだからな」

菜帆「そ、そうだったんですか~?」

所長「大体のやつが個人的に渡そうとしてたみたいだからな。流石にそれでは持って帰れないだろうということで、総員の力を一つに結集することにしたんだ」

菜帆「そこまでしてもらえたなんて~、嬉しいですね~」

所長「どのスタッフにも気軽に接してくれているからな、今やほぼ全員が君のファンだ」

菜帆「うふふ~、皆さんと仲良くなれてるみたいで、とっても嬉しいです~」

所長「そのおかげもあって、君の撮影のときはいつも本当に穏やかに進行するんだ。現場を預かる身としてはこんなに有り難いことはない、スタジオの代表としてお礼を言わせてもらおう」

菜帆「どういたしまして~。私の方こそ、皆さんにいつも良くしていただいて、ありがとうございます~」



4: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:33:46.56 ID:oCK21z5i0

所長「改めて、誕生日おめでとう!そして、今後とも弊スタジオをよろしく頼むよ」

菜帆「はい、是非~!またお写真撮らせてください~」

所長「喜んで歓迎するよ!プロデューサー殿にもよろしく伝えておいてくれ」

菜帆「わかりました~!」

所長「では私は作業に戻らねばな。今日はありがとう、お疲れ様」

菜帆「お疲れ様でした~、失礼します~」



5: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:34:31.70 ID:oCK21z5i0

1時間後、事務所廊下

菜帆「ふう~、今日も暑いですね~」スタスタ

ルーキートレーナー(青木慶)「あっいた、菜帆ちゃーん!」

菜帆「慶ちゃん~、お疲れ様です~」

ルキトレ「菜帆ちゃんもお疲れ様!それと、はいこれ!お誕生日おめでとう!」

菜帆「わあ、ありがとうございます~。開けてもいいですか~?」

ルキトレ「どうぞ!」



6: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:35:51.33 ID:oCK21z5i0

菜帆「これは……水筒ですか~?」

ルキトレ「そう!よかったら、レッスンの時とかに使ってね!」

菜帆「落ち着いた緑色で、でもかわいいですね~」

ルキトレ「菜帆ちゃんにぴったりかなと思って!」

菜帆「うふふ、ありがとうございます~。大事に使わせてもらいますね~」

ルキトレ「どういたしまして!こちらこそ、いつも相談に乗ってもらって、ありがとうっ」

菜帆「お礼なんていいんですよ~、私は慶ちゃんとおしゃべりするのが楽しいだけですから~。また今度お茶しましょう~?」

ルキトレ「うん!っと、それじゃあわたしはお仕事に戻らなきゃ、またレッスンでねっ!」

菜帆「いってらっしゃ~い」ヒラヒラ



7: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:36:36.18 ID:oCK21z5i0

数分後、事務所の休憩スペース

菜帆「ただいま~」

及川雫「あっ、菜帆ちゃんー、おかえりなさいー!」

三村かな子「お仕事お疲れ様!待ってたよ~」

菜帆「雫ちゃんに、かな子ちゃん~」

松本沙理奈「もうちょっとで待ちくたびれちゃうとこだったわよ!」

兵藤レナ「まあまあ、待つのも楽しみのうちじゃない♪」

菜帆「お待たせしちゃったみたいで、すみません~」

楊菲菲「ナホー!お疲れ様ダヨー!」

菜帆「菲菲ちゃんまで~、皆さんおそろいですね~」

沙理奈「そうよ、みんなアナタを待ってたんだから!」

レナ「じゃあいくわよ、せーの!」

みんな「「「「「お誕生日おめでとう!!」」」」」」パンパパン



8: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:37:30.40 ID:oCK21z5i0

菜帆「わあっ、クラッカーまで~!うふふ、ありがとうございます~♪」

かな子「はい、バースデーケーキをどうぞ♪」

雫「私とかな子ちゃんで作ったんですよー!」

菜帆「とっても美味しそうですね~!」

かな子「さあ、召し上がれ♪」

菜帆「いただきます~。んん、美味しい~♪幸せな甘さですね~」

かな子「えへへ、気に入ってもらえてよかったです♪」

菜帆「生クリームがとっても美味しいです~、シンプルなのに上品な甘さで、溶けちゃいそう~♪」

かな子「雫ちゃんからもらったのを使ったんだけど、お砂糖を入れすぎなくても美味しくなるんですよ~」

菜帆「そうなんですか~?」

雫「はい~!牛さんたちが元気に暮らしてますから、いい牛乳を出してくれるんです~!当然、生クリームもとってもいいのが作れますよー」

菜帆「及川牧場って、いいところなんですね~」

雫「ありがとうございます~!」

菜帆「さすがに1ホールを一人ではちょっと多いので、お二人もどうぞ~」

かな子「じゃあ、遠慮なくいただきます!ううん、やっぱり美味しい♪」

雫「では私もー。はあ~、甘~い♪」



9: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:38:29.60 ID:oCK21z5i0

レナ「一息ついたかしら?それじゃ私たちからは、コレね」

沙理奈「開けてみて開けてみて!」

菜帆「わかりました~……これ、香水ですか~?」

沙理奈「そうよ!後の二人は都合でここにはいないけど、セクシーボンテージのみんなで選んだヤツ!それつけたらきっと、ううん絶対もっと魅力的になれるわ!」

菜帆「とっても嬉しいです~♪今度お仕事の時につけてみようかな、うふふ~」




沙理奈「ホントいうとお酒も買ってあげたかったんだけどねえ」

レナ「というか、私が菜帆ちゃんは未成年よって言わなかったら本当に買うところだったわよね?」

沙理奈「しょうがないじゃない!菜帆ってばすでにお酒も似合いそうな雰囲気醸し出してるんだもの!」

菜帆「私も、いつかは飲めるようになってみたいです~」

レナ「きっと飲めるようになるわ、なんなら私たちが手取り足取り教えてあげる♪」

沙理奈「イイわねそれ!菜帆が20歳になったらアタシ達と飲みに行きましょう!ね、いいでしょ?」

菜帆「ぜひお願いします~」

沙理奈「よし、決まりね!」



10: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:39:03.61 ID:oCK21z5i0

菜帆「沙理奈さんたちも、ケーキどうですか~?」

沙理奈「ありがたく頂くわ!……と言いたいところだけど、残念ながらこれからレッスンなのよねえ」

菜帆「あら~、それは残念です~」

レナ「そんなわけだから、私達はもう行くわ。慌ただしくなっちゃってごめんなさいね」

菜帆「いえいえ~、素敵なプレゼントありがとうございました~」

沙理奈「どういたしまして!それじゃ、またね!」

菜帆「レッスンがんばってください~」



11: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:39:38.06 ID:oCK21z5i0

菲菲「次はふぇいふぇいの番だネ!ドウゾ!」

菜帆「ありがとう~、いい香りがしますね~」

菲菲「中身は胡麻団子だヨ!ふぇいふぇいお手製!」

菜帆「わあ~、これフェイフェイちゃんが作ったんですか~!すごいです~」

菲菲「大事な友達のためだからネ、頑張ったヨ!すぐには傷まないから、あとで召し上がれ!」

菜帆「そうさせてもらいますね~。折角だから、フェイフェイちゃんもケーキを食べていきませんか~?」

菲菲「いいの?」

菜帆「どうぞ~」

菲菲「それじゃあ、イタダキマス!」



12: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:40:16.39 ID:oCK21z5i0

菲菲「ウ~ン、とっても美味しかったヨ!」

かな子「まだ残ってますけど、これ以上食べちゃうと後が怖いですよね……」

菜帆「それじゃあ、今日のところはここまでで~。みんな、本当にありがとうございました~」

雫「どういたしましてー!」

菜帆「また、こうやってみんなでお茶会しましょうね~」

かな子「はい!またお菓子持ってきますねっ」



13: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:41:03.57 ID:oCK21z5i0

菜帆「私一人だけになっちゃいましたし、もう一切れ食べちゃおうかしら~……あら?」

ドタドタドタ

日野茜「菜帆ちゃーーん!!」

菜帆「茜ちゃん、おはようございます~」

茜「おはようございます!!やっと見つけましたよー!さあ、これを受け取ってください!!誕生日プレゼントです!!!」

菜帆「わあ~、茜ちゃんまで~!ありがとうございます~♪これは……?」

茜「お茶です!!!!!」

菜帆「お茶ですか~?」

茜「以前、菜帆ちゃんは茶道部だとお聞きしたもので!!!同じお茶好きとして、全力で選んでみました!!!」

菜帆「茜ちゃんもお茶好きでしたものね~」




14: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:41:33.96 ID:oCK21z5i0

茜「そうなんです!!で、そちらは……えー、名前を失念してしまいましたが、中国で飲まれているお茶だそうです!!その葉っぱです!!!」

菜帆「中国のお茶ですか~、美味しそうですし、何よりタイミングがとってもいいです~」

茜「ナイスタイミングですね!!!……そうなんですか?」

菜帆「うふふ、実はですね~」

藍子「あっいました、茜ちゃーん!」


茜「藍子ちゃん!そうでした置いていってしまったんでした!!すみません!!」

藍子「もう、茜ちゃんったらすれ違ったかな子ちゃんたちに話を聞いたとたんに走り出しちゃうんだから……」

菜帆「大変でしたね~、お疲れ様、藍子ちゃん」

藍子「ありがとうございます。こんにちは、菜帆ちゃん」

菜帆「こんにちは~。で、なんのお話でしたっけ~?」

茜「うーん、少なくとも私が菜帆ちゃんに誕生日プレゼントのお茶っ葉を渡したところまでは話が進んでました!!」

藍子「菜帆ちゃん、今日がお誕生日なんですか?おめでとうございます♪」

菜帆「ありがとう~」



15: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:42:07.63 ID:oCK21z5i0

藍子「とは言っても、今の私にプレゼントできるものは……そうだっ、茜ちゃん、お茶の葉っぱを渡したって言ってましたよね?」

茜「はい!!!」

藍子「じゃあ、それを私が淹れてくるっていうのはどうでしょうか?」

茜「ナイスアイディアです藍子ちゃん!!!!藍子ちゃんが淹れてくれるならますます美味しいお茶になること間違いありません!!!」

藍子「菜帆ちゃん、いいですか?」

菜帆「お願いします~」

藍子「お願いされました♪えーっと、お茶請けは……」

菜帆「それなら、ここにちょうどいいのがありますよ~」

茜「おおっ!!これは一体!?」

菜帆「フェイフェイちゃん手作りの胡麻団子ですよ~。みんなで食べましょう?」

茜「いいんですか!!ありがとうございます!!!!!」

藍子「ありがとうございます。では、3人分用意してきますね」



16: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:42:45.18 ID:oCK21z5i0

藍子「ふう、ご馳走様♪」

菜帆「とっても美味しかったですね~」

茜「はい!!!!ところで、あと二つ残っていますが、食べないんですか?」

菜帆「これは、後のお楽しみにとっておきます~、うふふ♪」

茜「なるほど!!」

藍子「それじゃあ茜ちゃん、私たちはそろそろ行きましょうか」

茜「そうですね!!菜帆ちゃん、改めてお誕生日おめでとうございます!!それと、ご馳走様でした!!!」

藍子「素敵なお茶会になりましたねっ♪」

菜帆「はい~♪二人のおかげです~。またやりましょうね~、今度は外のお店とかで♪」

茜「いいですね!!!是非やりましょう!!!!」

藍子「はい♪では菜帆ちゃん、またねっ」

茜「それでは!!!」

菜帆「お疲れ様です~」ヒラヒラ



17: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:43:53.04 ID:oCK21z5i0

菜帆「さすがにちょっと私の周りが散らかってきちゃってますね~。せめて包装紙だけでも整理しましょうか~」

千枝「あっ、あのっ、菜帆さん!」

菜帆「あら千枝ちゃん、こんにちは~」

千枝「こんにちは。えっと、菜帆さん、お誕生日おめでとうございます!これ、どうぞ!」

菜帆「ありがとう~、中身はなんでしょう~?」

千枝「開けてみてもらっても、いいですか?」

菜帆「もちろんですよ~……ハンカチですか、ありがとう千枝ちゃん~」

千枝「そのハンカチの、右下のところを見てくださいっ」

菜帆「わあ、かわいらしいちっちゃな悪魔のワンポイントがついてます~。これ、もしかして~」



18: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:44:46.31 ID:oCK21z5i0

千枝「はい!千枝が縫いましたっ。菜帆さんに似合うようにって考えて……気に入って、もらえますか?」

菜帆「はい~、と~ってもかわいいと思いますよ~。大事に使わせてもらいます~」

千枝「よかった……!あのっ、菜帆さんは普段はとっても優しくて、いい人でっ……でも、時々悪い子になって、それでみんなを夢中にさせてて、とってもすごいと思いますっ」

菜帆「そんな風に思ってくれてたんですね~」

千枝「ですからっ、その、千枝の目標にしたいんです!いいですか……?」

菜帆「私でよけでば、大歓迎ですよ~」

千枝「やったあっ!それじゃあ、千枝はレッスンに戻りますね。今度、いろいろ教えてくださいっ!」

菜帆「いいですよ~、レッスン頑張ってね~。……私も、千枝ちゃんのお手本として頑張らなくちゃ、ですね~♪」



19: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:45:17.68 ID:oCK21z5i0

棟方愛海「いたいた、菜帆さーん!」

菜帆「あら~、愛海ちゃん~」

愛海「菜帆さんお誕生日おめでとう!というわけで、これどうぞ!」

菜帆「ありがとう~、ネックレスですか~?」

愛海「そそ!せっかくだしつけてあげるよ!」

菜帆「お願いします~」

愛海(ここまでは順調!後は計画通りネックレス付けたら手を滑らせてお山を蹂躙するのみ……うひひ♪)

愛海「おーっと手が滑っ」
柳清良「愛海ちゃん?」ゴゴゴゴ



20: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:45:51.28 ID:oCK21z5i0

愛海「き、清良さん!?何故ここに……」

清良「菜帆ちゃんにご用があっただけですけど……それより、今何をしようとしてたんですか?」ニッコリ

愛海「や、やだなーネックレスつけてあげてただけですよーなんにもしてませんよー」

清良「そうですか、ならいいでしょう」

愛海(あともうちょっとだったのに!!)

清良「何か?」

愛海「ナンデモゴザイマセン」

菜帆「うふふ~♪愛海ちゃん、素敵なネックレスをどうもありがとう~」

愛海「どっ、どういたしまして!?それじゃあたしはこれで!またね!」



21: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:46:38.19 ID:oCK21z5i0

清良「はあ、まったくあの子は……」

菜帆「お疲れ様です~」

清良「ありがとう、菜帆ちゃん。それと、お誕生日おめでとうございます」

菜帆「ありがとうございます~」

清良「こちらをどうぞ。お野菜中心のレシピ本ですよ」

菜帆「レシピ本ですか~?」

清良「ええ。手作りのお弁当で健康に気を使ってるって聞きましたから。それ、昔務めていた病院でも参考にされていたものなんです」

菜帆「そうなんですか~、お墨付きなんですね~」

清良「ぜひ参考にしてみてくださいね♪」

菜帆「はい~、ありがとうございます~」



22: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:47:19.32 ID:oCK21z5i0

数十分後
P「菜帆~?あ、いたいた」

菜帆「Pさん~、お疲れ様です~」

P「はいお疲れさん。なんだかやたらと箱に囲まれてるね?」

菜帆「色んな方からプレゼントをもらっちゃいまして~、うふふ♪」

P「菜帆は色んな人と仲いいからなあ」

菜帆「どうやってもってかえりましょう~」

P「後で大きめの紙袋渡すよ、余ってたはずだし」

菜帆「そうしてもらえると、助かります~」



23: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:47:46.07 ID:oCK21z5i0

P「それと、俺からも。菜帆、誕生日おめでとう」

菜帆「ありがとうございます~、開けてみてもいいですか~?」

P「勿論、どうぞ」

菜帆「わあ~、帛紗ですか~!」

P「前に学校の茶道部でお茶点ててもらっただろ?その時にそんな布を使ってたの思い足してな。気に入ってもらえると嬉しい」

菜帆「とっても嬉しいです~!早速次の部活に持っていきますね~♪ありがとうございます~」



24: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:48:26.33 ID:oCK21z5i0

P「しかしまあ何度見てもすごい量のプレゼントだな」

菜帆「こんなにたくさんの人に祝ってもらえるなんて~……Pさん、私今とっても幸せです~♪」

P「よかったなあ、菜帆」

菜帆「こんなに幸せなのも、Pさんと出会えてスカウトしてもらったからなんですよね~、感謝してます~」

P「スカウトしたっていうかそっちからスカウトされにきてたような気もするけどな」

菜帆「それでも、私が私のままここまでこれたのは、やっぱりPさんのおかげですから~。私のプロデューサーでいてくれてありがとうございます、Pさん」

P「こちらこそ、俺についてきてくれてありがとう、菜帆。菜帆が色んな人と仲良くなってくれるおかげで、いままでどれだけ助けられたかわからないよ」

菜帆「うふふ、これからも一緒に頑張っていきましょうね~♪」

P「ああ、今年はもっと菜帆のファンを増やしていこうな!」

菜帆「はい~、みんなを虜にしてみせますよ~♪」



25: ◆wg.SkFcIaE 2017/08/11(金) 21:49:41.63 ID:oCK21z5i0

以上です!最後までお読みいただきありがとうございました。

大遅刻ですが是非皆さんも菜帆ちゃんの誕生日を祝ってあげてください

ちなみに上でちらっと言及されてる茶道部での話はこちらになります、併せてどうぞ!
「海老原菜帆「もっと、近づきたい」」 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485282250/


元スレ
SS速報VIP:海老原菜帆「私と、大切な人たち」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502454692/