過去作
女「そんなのずるいよ」

幼馴染「叶わぬ夢」



1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/08(土) 12:05:32 ID:a8VPQ1Zo

告白。

漫画やアニメ、小説、ゲーム等々の創作ではよく扱われる題材だ。

そこに登場する主人公、またはヒロインは、いい雰囲気になったとしても
なかなか告白しない。出来ない。

俺たちはいっつもじれったいのだ。
「早く告れよ!」
そう思いながら、続きを待っている。

俺もそうだった。おそらく彼女も。

俺たちにも、告白する度胸なんてないくせに。



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/08(土) 12:06:22 ID:a8VPQ1Zo


俺にはずっと好きな女の子がいる。

いわゆる幼馴染ってやつだ
生まれたときから一緒だった。
写真も残っていて、俺たちの区別はつかない。

俺はよく幼馴染のお父さん、俺はおじさんって呼んでいるんだけど、そのおじさんとそっくりだといわれる。
彼女にも、「私たち、親が逆なのかもね」とからかわれる。

彼女は、かわいかった。顔とかスタイルが特別いいわけではないけど、仕草が。

俺は彼女が好きだった。



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/08(土) 12:07:02 ID:a8VPQ1Zo


彼女は、男に好かれる性格をしていた。

誰にでも親しく話しかけるし、優しかった。
男はそんな女に惚れるんだ。

だけど、俺は彼女を盗られるなんて心配していなかった。
彼女は、俺に誰にも見せない笑顔を見せてくれていたし、俺をよくデートに誘った。

彼女は俺のことが好きなはずだ。

バレンタインに手作りのチョコをくれた。
明らかに義理じゃないようなチョコを、顔を赤らめながら。

その時に彼女が告白してくれていれば、俺は悩まなくっても済むのに。
そんな度胸、彼女にはなかった。

もちろん俺にも。



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/08(土) 12:09:01 ID:a8VPQ1Zo


彼女の趣味は変わっていた。
いつでも見ることができて、俺達には慣れ親しんだものだというのに、彼女はそれらに夢中だった。
まるで訪れる修学旅行生のように。

「これが日本のあるべき姿だよ!」
そう言って彼女は俺を神社やらお寺やらに連れて行った。

神社とお寺の違いが宗教の違いだってことくらいはわかっているけど、俺には違いはわからなかった。

俺たちはよく二人で、一緒に見学に行った。
もう飽き飽きな外観を見ながら、もう聞きあきた彼女の説明を聞いて。

そんな彼女が俺は好きだ。

「もっとしっかり聞いてよ~」彼女は毎回そう言ったが、そのセリフもその解説も何回も聞いている。
俺はそう何回も言っている



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/09(日) 15:53:39 ID:vypgt/PU


俺たちは今まで同じクラスになったことがない。

よくある幼馴染ものでは、いつも同じクラス、いつも隣の席だ。
俺たちはいつも違っていた。
もちろん隣の席は彼女じゃない。

俺たちは変化を求めていた。
漫画なんかでは、初めて違うクラスになることでお互いを意識する、なんてのがある。
よそでほかの男と仲良くしている彼女を見て。

でも俺たちには慣れっこだった。
だから俺たちは、同じクラス、隣の席になりたかった。

そうすれば、なにかが変わる。
そう信じていた。



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/09(日) 15:54:09 ID:vypgt/PU


もう高校生だ。
お互い恋人を作ってみてもいいころだ。
そう考えていた。

彼女はもてる。
割としょっちゅう告白されている。

それでも、OKしたことはなかった。

彼女がOKすることはないだろうと確信していた。

でも、俺はもてない。
告白されたことなんかないし、される予感もない。
たぶん。



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/09(日) 15:54:44 ID:vypgt/PU


俺には、小学生から今までずっと同じクラスの女友達がいる。
彼女は、紗希といった。

もしかすると、幼馴染よりも長い時間、紗希と過ごしているかもしれない。

でも、恋愛に発展することはなさそうだった。
俺が彼女のことを好きなことは知っているし、彼女にもどうやら好きな人がいるらしい。

彼女に告白しないのか?と聞いたことがある。
彼女は「ムードが大事なの。そんな雰囲気になれたなら迷わずするわ。」
そう男らしく言った。俺にもそんな勇気がほしい。

彼女も変化を求めているのだろう。
いつまでも変わらない関係がじれったいのだ。



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/09(日) 20:33:47 ID:vypgt/PU


いつものように幼馴染と下校していると、珍しく彼女が
「ゲーセンによっていこ?」そう言った。

彼女の「どこかによる」はだいたい神社だったから。

ゲーセンにつくと彼女は、迷わずガンシューティングの筐体に向かった。
彼女は、体を動かすのは苦手で、こういったゲームは不得手だった。

彼女からこういうゲームをやろうといわれたのは初めてで
「どうしたの?」とつい尋ねたほどだ。

「いつも同じことやってても、しょうがないと思ったの。」
意味ありげな目線を俺に向け、彼女は銃を持った。

プレイしながら俺は、「ゲーセンでやるゲームが変わったって、告白なんかできねぇよ。」
そう思った。



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/09(日) 20:34:24 ID:vypgt/PU


彼女は相変わらずへたくそで、いつもと一緒だった。
これでめげるかと思ったけれど、次は「ホッケーをやるぞ」といいだした。

昔ホッケーで彼女を泣かせてしまったことがある。
彼女は弱すぎるんだ。

10年ぶりくらいに彼女とプレイしたけれど、相変わらず弱かった。
ただ、彼女は泣かなかったし、満足げな顔をしていた。

きっとおれも満足げだっただろう。
彼女の揺れる胸に目が釘付けだった。
彼女の靡くスカートに目を奪われていた。

そんな俺の目線に気付いていたのかもしれない。



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/09(日) 20:35:20 ID:vypgt/PU


最後にプリクラをとった。
実は初めて撮った。

あんなものは男がとるものじゃないとずっと断ってきたのだけれど、
彼女の色香に夢中でそれどころじゃなかったんだろう。

彼女と何枚か撮った。
つないだ手を正面にかざしたり、腕を組んで、胸を押し当てられたりもした。
彼女とほおを寄せ合ったりもした。

彼女の温かさに驚いた。

機械のアナウンスが次が最後の一枚だと告げた。

彼女は俺の頬にキスをした。

俺はあっけにとられ、撮影が終わった後も惚けていた。

彼女は澄まし顔を作っていた。



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/09(日) 21:02:07 ID:vypgt/PU


帰り道、いつもとは違う雰囲気のまま、俺たちは並んで帰った。

告白するんなら今しかないと、ずっと考えていた。

きっと彼女は俺の告白を待っていたんだと思う。

でもきっと俺から伝えることはできなかっただろう。
今日1日、主導権は彼女が握っていたから。

俺から告白される気配がないと察したのか彼女は、
ダッシュした後に勢いよく振り向いて、
「ゲーセンも馬鹿にできないだろ!!」
そう笑いながら、駆けて行った。

今日はピンクだった。



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/10(月) 14:55:12 ID:Wa6.mW5Y


今度のクリスマスこそ、彼女に告白しよう。
俺はそう考えていた。

毎年俺と彼女は二人で過ごしていた。

毎年、彼女の両親は旅行に出かけていた。
とても仲が良くって俺はうらやましかった。

「今年、クリスマスどこ行こうか」
当然のように俺は彼女と過ごす気でいた。

彼女は、とても申し訳なさそうに
「今年は一緒に過ごせない。」
そう言った。

普通なら、頭が真っ白になるんだろう。俺もなりそうだった。
でも彼女はすぐに、
「両親についていくの。鎌倉に行くんだ!!大仏の写真いっぱい撮ってくるから!!」
そう言った。

俺は大仏に負けたんだ。



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/10(月) 14:56:15 ID:Wa6.mW5Y


終業式の前日、学校は大掃除の日だった。

同じグループの紗希と適当に掃除をしながら話をしていた。

「今年のクリスマスはどこ行くの?」
彼女はいつものように俺と幼馴染が一緒に過ごすと思っていたようだ。

「今年こそ告白しなよ。」
そう言った。

「今年は一緒じゃない。」
そういい彼女の顔を見ると、今まで見たことのない表情をしていた。

はっとしたようにいつもの顔に戻った彼女はすぐににやにやと
「振られちゃったんだ~かわいそ~」
そうからかった。

「家族と鎌倉に行くんだってさ。」
彼女の冗談は無視することにした。

「ふ~ん」

そういうと彼女は黙った。



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/10(月) 14:56:57 ID:Wa6.mW5Y


一日の終了を終える鐘がなり、教室中がざわめいているなかで彼女はとても小さな声で

「じゃあ今年は一緒に過ごそうよ。」

そう言った。

慌てたように彼女は
「もちろん二人っきりじゃないよ?クラスの人も誘ってカラオケとか行こうよ。」

それならいいかと俺は考えて、彼女と一緒に過ごすことにした。

クリスマスの日、彼女はとてもおしゃれで、機嫌がいいように見えた。



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/10(月) 14:58:15 ID:Wa6.mW5Y


「たっだいま~」
30日に彼女は帰ってきた。

帰ってきてすぐに俺の家に来たんだろう。少し疲れた顔をしていた。
「これ鳩サブレ。こっちが東京ひよ子。そして、これが!!大 仏 饅 頭だ!!!」

饅頭多いよ。

それから彼女はいかに鎌倉が素晴らしかったかを語り始めた。
写真とともに。

俺は彼女の写真が見たかったのだが、彼女が映った写真はほとんどなかった。
大仏やら仏閣やら、そんなのばっかり。

いつも見ているものとたいして違いはないように見えた。

「もっとまじめに聞いてよ~みてよ~」

彼女は楽しそうに言った。



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/10(月) 20:43:27 ID:Wa6.mW5Y


1月、どうやら幼馴染のクラスには転校生が来たようだった。

女子が盛り上がっていたので、男だとわかりどうでもよくなった。

一緒に帰ろうと思い、彼女のクラスを覗くと彼女は知らない男と楽しそうに会話していたんだ。

「え~三十三間堂行ったことないの!?一緒に行こうよ!!」
彼女がそう言っているのが聞こえた。

俺は彼女と顔を合わせないように急いで帰った。



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/10(月) 20:44:01 ID:Wa6.mW5Y


夜、幼馴染がやってきて、転校生のことを喋りはじめた。

俺はそんな話聞きたくもなかったけれど、表情には出さないように必死にこらえた。
嫉妬はしたくなかった。みっともないと思っていた。

彼女は初めて、同年代の同じ趣味を持つ人と出会った。
俺達には見慣れたもので、だれも興味がなかった。

だからうれしかったんだろう。同じ話題で同じように盛り上がってくれる存在が。

彼女のことを少し遠くに感じた。



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/10(月) 20:44:50 ID:Wa6.mW5Y


それから、俺たちが一緒にいる時間は減った。
それもかなり。

彼女は彼を案内することに夢中だった。

彼とまわるときっと楽しいんだろう。
新鮮な反応をしてくれるだろうし、自分の話に共感してくれる。
もしかしたら彼は彼女の知らないようなことを知っているかもしれないし。

彼女が遠かった。

クラスメイトに「別れたの?」そう聞かれることもあった。
苦笑いで答えていた。言葉での返事はできなかった。
俺だって何が起きているのかわかっていないから。

彼女と過ごす時間を俺は息苦しいと感じるようになった。
彼女の話すことの大半は、彼とどこへいってどんな話をした、そんな話ばかりだったから。

彼女を避けるようになっていた。

彼女はきっと気付いていなかった。



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/11(火) 22:31:56 ID:TrNO7tb6


彼女は俺にしっかりと、チョコを用意していた。

いつものようにハート型だった。
でもうれしくはなかった。

俺にくれたものよりも遥かにこったラッピングの、仏像っぽい何かでデコレーションされた、プレゼントがポーチから見えていた。

チョコの味は覚えていない。たぶんおいしかったはずだ。

紗希からもチョコを貰った。
いつも彼女は、一寸高そうな市販のチョコだったけれど、今年は手作りのようだった。

とても甘くておいしかった。



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/11(火) 22:33:37 ID:TrNO7tb6


自然に紗希と一緒にいることが増えた。

彼女といると、安心できた。

少しの間、幼馴染のことを忘れることができた。

一緒にいろいろな所へ行った。
映画を見ることが多かったと思う。

俺たちは映画が好きだった。

春休みに入り、彼女に告白された。



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/11(火) 22:34:27 ID:TrNO7tb6


「まだあの子のこと好きなのはわかってる。
私も、あなたに告白するつもりなんてなかった。
お似合いだったから。私の付け入る隙なんてなかったから。

でも、最近は違う。
私たちも最近いい雰囲気だと思う。

お試しでもいい。お願い、付き合って?」

俺は断ろうとした。

まだ幼馴染のことが好きだった。

次の日曜日にデートの約束をしていた。
その時に告白しようと考えていた。
何度めの決意かわからないけど、たぶん今までで一番、真剣に。

「もしかしたら、動揺してくれるかもしれないでしょ?」

俺は、弱かった。

幼馴染からの告白を、待っていたんだ。

その日、幼馴染にデートにはいけなくなったと伝えた。



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/11(火) 22:35:35 ID:TrNO7tb6


紗希とは春休みの間、何度もデートをした。

手を繋いで。

彼女の手は少し汗ばんでいた。
俺もだろうけど。

デートに行くたび、彼女は口癖のように俺に
「好きだよ」
そう告げた。

俺は、ずっと罪悪感を感じていた。

彼女といる時間はとても楽しかった。
けれど、幼馴染が、俺の頭でずっと叫んでいた・

「この浮気者!!」

そうずっと叫んでいた。

春休みの間、幼馴染とは一度も会わなかった。



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/13(木) 00:38:28 ID:ayugLv9Q


4月、俺と幼馴染は初めて同じクラスになった。

昔の俺なら跳ぶ様に喜んだだろう。
幼馴染ははしゃいでいた。

紗希も同じクラスだった。

俺と幼馴染は一緒にクラスに入った。

道中彼女は、春休みの話を俺にしていた。
とても楽しそうに。まるで俺もその場にいたかのように、彼女は話した。
俺と一度も会っていないことに気付いていないんだろうか。

教室に入ってすぐ、窓の近くで外を見ていた紗希が、俺たちに気付いた。

彼女は早足で近づいてきて、俺の手をつかむと、思いっきり引きよせ、キスをした。



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/13(木) 00:39:54 ID:ayugLv9Q


男なんて愚かなもんで、キスをされた瞬間、ここがどこだとか、今がいつだとか、

隣に誰がいるかなんてきれいさっぱり忘れていた。

「え・・・?」
すぐそば、俺の右隣から、耳になじんだ声が聞こえ我に返った。

言い訳しようと彼女のほうを向こうとしたが、紗希にそのまま引っ張られ、屋上まで連れてこられた。

「どうしてキスなんて」そう聞こうとした。
口を開いた途端、口はふさがれた。

気持ちよかった。
でも頭が痛かった。

声がこだましていた。
「なんで!!」そうどなっていた。

ゆっくりと唇を離すと彼女は何も言わず、屋上から去った。



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/13(木) 00:40:29 ID:ayugLv9Q


俺はそのまま教室に帰ることはなかった。

あとで知ったことだけど、紗希も帰っていないらしい。

幼馴染の顔を見るのが怖かった。

連れ去られる時ちらっと見えた彼女の顔が頭から離れない。
彼女の叫びが次第に大きくなってきていた。

とにかく頭が痛かった。

そのまま家に帰った。とにかく寝ようと思った。

「みっともないな、俺」
そう呟いた。たぶん。



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/13(木) 16:23:29 ID:ayugLv9Q


私は後悔していた。

彼に無理やりキスをしてしまった。

彼が私のことを好きではないことなんて、ずっと知っていたのに。

彼が、彼女と二人でいるところを窓から見てしまったから。

一緒に歩いているところを。

彼が、辛そうな顔をしているところを。

我慢できなかった。



41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/13(木) 16:24:06 ID:ayugLv9Q


ずっとお似合いだと思っていた。

いつのまにか好きになってしまったけれど、ずっと隠していようと思った。

彼は誰よりも、彼女といるときが楽しそうで、私は彼の笑顔が大好きだったから。

なのにあの女は私を裏切った。

彼といる時間が増えること、それは確かにうれしかった。でもそれ以上に怒りがあった。

お似合いだから、私は友人として彼を見つめていよう。そう考えていたのに。



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/13(木) 16:25:10 ID:ayugLv9Q


目の前で行われた、キス。

教室の中、みんなが見ているなかでの、キス。
恥ずかしいけど、うらやましい。普段ならあこがれるようなシチュエーション。

信じられなかった。

相手が私じゃないことに。

彼が、気持ちよさそうな顔をしていたことに。

彼は彼女にひかれ、去って行った。

クラスがざわめく。

「やっぱりあの二人、付き合ってたんだね。」と



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/13(木) 16:25:52 ID:ayugLv9Q


思い出していた。

彼は最近彼女ができたと言っていただろうか?

彼女とはあんなにも仲が良かっただろうか?

言われてはいないはずだ。

あんなにも親しくはなかったはずだ。

確信できなかった。
ここ3カ月の記憶があいまいだった。

笑いが込み上げたきた。

しゃべってなかったんだ。

一緒にいなかったんだ。

ただそれだけのことだったんだ。



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/14(金) 00:15:49 ID:L06J3r4g


俺は、20時頃に目が覚めた。

頭はすっきりしていた。

何をしなきゃいけないかもしっかりとわかっていた。

俺は幼馴染が好きなんだ。
彼女じゃなきゃだめだったんだ。

代わりの人なんていなくて、甘えさせてもらっていちゃいけなかったんだ。

俺は、ようやくわかったんだ。

俺が、ずっとしたかったこと。
そのタイミング。

それがいまなんだ。



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/14(金) 00:16:58 ID:L06J3r4g


彼に、メールで呼び出された。

何の話かわかっていた。
だから行きたくなかった。

でも、行かなきゃいけない。

彼とこれからも一緒にいるためには。
また、見つめ続ける日々に戻ることになったとしても。

終わらせなければいけない。

やっぱり私じゃダメだったから。

だから行った。
泣きそうな顔を必死に化粧で彩り、彼の好みの服で一番かわいいもので着飾り。

きっと、最後になるから。

「俺、あいつじゃないとだめだった。
最低だよな。こんなこと言って。」

そう言われた。



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/14(金) 00:17:56 ID:L06J3r4g


私は、後悔していた。

転校生との日々は、とても楽しかった。
生まれて初めてあんなにも話が会う人と出会えた。

彼のことを忘れていたわけではなかった。

ただの友達と一緒に過ごしているつもりだった。

彼にもそんな友達くらいいる。
だから私もいいと思ってた。

彼は常に、私のことを一番に考えてくれていた。
それを私を表現してくれていた。

私も、そうだった。
でも、転校生が来てからは・・・?



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/14(金) 00:18:30 ID:L06J3r4g


私はもう一度、示さなくてはならない。

「あなたのことが好きだよ」って

彼に伝わるように。

きっと態度じゃ伝わらない。
遠回りだ。

もっと近道がある。
言葉で伝えなきゃ。

ようやくわかった。
今がその時なんだ。

きっと今告白できなかったら、すべてが終わってしまうんだ。



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/14(金) 00:20:01 ID:L06J3r4g


紗希と別れてから、幼馴染の家に向かった。

彼女は、俺の家の前をうろちょろしていた。

声をかけると、彼女は下を向いたまま黙ってついてきた。
俺も黙っていた。

公園へ彼女を連れていき、ベンチに腰掛けた。

しかし、彼女が座らなかったので、俺も立ちあがった。

今だ、今しかない、今するんだ。
そう決心した。

「お、おれさ・・・」
声が震えてしまっていた。しっかり発音できていたかな?

「おれ、お前のこと・・・



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/14(金) 00:20:47 ID:L06J3r4g


「わたし、好きだよ!!! あなたのこと!!」
彼女が突然叫んだ。
俺も「好きだよ」って言ったのにきっと、聞こえていなかっただろう。

俺はつい笑ってしまった。
笑いながら、「大仏よりも?」そう聞いた。

「大仏よりもぉぉぉおぉぉぉ!!」
叫び続けていた。
もう叫ばなくていいのに。

彼女は真っ赤だった。

俺も好きだよ。お前のこと。

何よりも、だれよりも。



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/14(金) 00:23:00 ID:L06J3r4g

終わりです。

レスありがとうございました。
わかり辛いというのは前作でも言われたことなので、気を付けていきたいと思います。

明日にでも、新しいスレを立てると思うので、見ていただけると嬉しいです。



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/14(金) 02:47:10 ID:7CPnQ53w

これは良かった
ドロドロなのにあっさりしてた


元スレ
SS深夜VIP:男「俺たちの」幼馴染「告白!!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1394247932/