1: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:41:19 ID:7D3egraA

幼「なっちゃった…」

男「いやだっ!」

幼「だって、お父さんの転勤なんだから、仕方ないじゃん!」

男「い、行かないでよ、幼ちゃん!」

幼「もう決まった事なんだから…」

男「いやだ!いやだ!」

幼「わ、わたしだって、行きたくないよっ!」

幼「男くんと、離れたくないよ!」

男・幼「うわーーーーーーーん!」



2: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:41:49 ID:7D3egraA



男「僕、幼ちゃんとお別れしたくない!」

幼「わたしも、男くんとずっと一緒がいい!」

幼「でも、すっごく遠くに引っ越すって…」

男「いつ?いつ引っ越すの?」

幼「夏休みに入ったらすぐだって…」



3: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:43:01 ID:7D3egraA

男「…二人で逃げよう!」

幼「逃げる?」

男「どこか、遠くに…」

幼「…どこに?」

男「…」

幼「…」

男「そうだ!僕のおばあちゃんの家なら!」

幼「男くんのおばあちゃん?」



4: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:43:34 ID:7D3egraA

男「おばあちゃんはすっごく優しいんだ!」

男「絶対、黙っててくれるよ!」

幼「どうやってそこまで行くの?」

男「大丈夫!電車の乗り方はわかるし」

男「行き方は覚えてるし」

男「お金も、貯金箱にある!」

男「行こう!幼ちゃん!」

幼「…うん!」



5: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:44:24 ID:7D3egraA




婆さん「ごめんね、男ちゃん…」

男「おばあちゃんの嘘つき!」

男父「母ちゃん、電話くれてありがとう」

男父「まさかこいつがこんな事するなんて思ってなくて」

男父「警察に捜索願出す所だったんだ」



6: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:45:01 ID:7D3egraA

男父「さ、帰ろう。二人とも」

男父「幼ちゃん。お父さんとお母さんが待ってるよ」

男「父ちゃん!僕は帰らないよ!」

男父「男!いい加減にしないか!」

男「いやだっ!僕、幼ちゃんとお別れしたくないよっ!」

幼「…男くん。もういいよ…」

男「幼ちゃん?」



7: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:45:43 ID:7D3egraA

幼「やっぱり無理なんだよ…」

男「いやだーーー!」

幼「わ、わたしだっていやだよ!」

男・幼「うぅ…うわーーーーーん!」

男父「…困ったな」

男父「とりあえず、幼ちゃんのお父さんに電話しよう」

男・幼「うわーーーーん!」



8: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:46:31 ID:7D3egraA



男父「母ちゃん、あの二人今日ここに泊めてもらってもいいかな?」

婆さん「私は構わないけど…大丈夫なのかい?」

男父「あぁ。今、幼ちゃんのお父さんと電話で話した」

男父「小さい二人には辛い事だから、ちょこっとだけ時間を、な」

婆さん「二人、同じ部屋で良いよね?」

男父「あぁ、その方が良いかな。いっぱい話しをさせてやりたいし」



9: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:47:38 ID:7D3egraA



男父「あー、二人とも聞いてくれ」

男・幼「…」

男父「幼ちゃん、引越しの出発は明日にするそうだよ」

男父「とりあえず、二人は今日ここに泊まる事になった」

男「…」

幼「…すみません、おじさん」



10: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:48:16 ID:7D3egraA

男父「明日の朝には迎えに来るから、ちゃんと家に帰るんだぞ?」

男「いやだ…うぅ…」

男父「男、これ以上わがままを言うな」

男父「幼ちゃんが一番辛いんだぞ?」

男父「お前がそんなにメソメソしてどうする!」

幼「…」

男「…」



11: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:49:31 ID:7D3egraA

男父「今日は二人、同じ部屋で寝なさい」

幼「え?」

男父「二人でたくさん話しをすると良い」

男父「男、ちゃんと話しをするんだぞ?」

男「…うん」


幼「ねぇ、男くん」

男「なぁに?」



12: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:50:19 ID:7D3egraA

幼「わたしね、男くんの事が大好き!」

男「ぼ、僕も幼ちゃんの事が好きだよ!大好き!」

幼「明日でお別れだけど…だけどね…」

幼「大人になったら…」

幼「わたしの事、迎えに来てくれる?」

男「迎え?」



13: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:51:04 ID:7D3egraA

幼「結婚して…お父さんとお母さんみたいに…」

幼「いつまでも一緒に居てくれる?」

男「行くよ!僕、必ず幼ちゃんを迎えに行く!」

男「今は子供だから無理だけど…」

男「絶対、幼ちゃんを迎えに行くから!」

男「その時は…僕のお嫁さんになってくれる?」

幼「…うん!わたしを男くんのお嫁さんにして下さい!」



14: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:51:51 ID:7D3egraA

幼「約束だよ?」

男「うん!」

男「必ず…迎えに行くから!」

幼「じゃあ、約束ね…」

男「え?」

チュッ

男「!」



15: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:52:42 ID:7D3egraA

幼「私のファーストキス」

男「僕もファーストキスだけど…」

幼「忘れないでね?」

男「絶対に忘れない!」

幼「…」

男「…」

幼「…ね」

男「なあに?」



16: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:53:28 ID:7D3egraA

幼「男くんの布団に入ってもいい?」

男「…うん」

モゾモゾ

幼「手、繋いでいい?」

男「うん」

ギュッ

幼「あったかいね…」

男「うん…」

幼「…男くん、大好きだよ…」

男「僕も、幼ちゃんの事、大好きだよ…」



17: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:54:09 ID:7D3egraA




幼「なーんて事があったよね?」

男「んあー、照れくさい!懐かしい話しだな、おい」

幼「えへへー、照れてる照れてる」

幼「その顔が見たかった!」

男「…あの頃は若かったな」



18: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:54:56 ID:7D3egraA

幼「今だって若いじゃない。まだ18歳なんだから」

男「まぁ、若いっちゃ若いけどさー」

幼「あの時の男の行動力は、今考えても凄いよね」

男「子供2人で電車乗り継いで、婆ちゃんの家まで…か」

男「我ながら、怖いもの知らずだったなー」

幼「小4のちびっこが出来る事じゃないわよねぇ」

男「まさか、幼が3年でこっちに戻ってくるとは」

男「夢にも思ってなかったからさー」

男「必死だったんだよ」



19: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:56:03 ID:7D3egraA

幼「えへへ。お互い子供だったよねぇ」

男「ところで、何で今さらそんな話しをする?」

幼「いやぁ。今朝、夢で見ちゃってさー」

男「夢、ねぇ」

幼「あ、所でさ、男」

男「何だよ?」

幼「私ね…」



20: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:57:11 ID:7D3egraA

幼「今度引っ越す事に…」

男「…」

男「え?マジで?」

幼「マジです」

男「だ、だって…大学はどうするの?」

男「せっかく同じ大学に通う為に、必死に勉強してるのに」

幼「…」



21: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:57:54 ID:7D3egraA

男「それに、さっきの話しじゃないけどさ」

男「…や、約束は?」

幼「仕方ない事なんだよ、男…」

男「い、嫌だっ!」

幼「男…」

男「俺、幼の事…大好きなんだ!」

男「行かないでくれよ、幼!」



22: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:58:35 ID:7D3egraA

男「もう…あんな気持ちになるのは嫌だっ!」

男「どこかに引っ越すってんなら、俺もついてくぞ!」

男「ガキだったあの頃とは違うぞ?」

男「…幼が俺の事嫌いって言うなら…諦める、けど…」

男「でも、そうじゃないなら!」

幼「…嬉しいよ、男。決まってるじゃんか」
ギュッ

男「なっ?」



23: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 19:59:37 ID:7D3egraA

幼「ごめんね、試すような事言って」

幼「でもやっと男の気持ちが聞けた…」

幼「あの時、男のおばあちゃんの家でした約束」

幼「ちゃんと守ってくれるんだよね?」

男「もちろん守る気満々だ!」

幼「私がこの町に戻ってきてからさ」

幼「また仲良く遊ぶようになったけどさ…」



24: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 20:00:19 ID:7D3egraA

幼「男の口から『付き合おう』とか」

幼「『好きだ!』とか、聞けなかったからさ」

幼「私、不安だったんだー」

幼「それこそ、あの約束の事、忘れちゃってるんじゃないか…って」

男「俺はあの時の約束を、一瞬も忘れた事は無いぞ?」

男「…まぁ、照れくさくて、口には出さなかったけどさ」



25: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 20:01:14 ID:7D3egraA

幼「…ね、男もギュってして?」

男「おう」
ギュッ

幼「約束、ね?」

幼「ずっと一緒に、居てね?」

男「ずっと一緒に、居るぞ!」

男「だから、ついていくぞ?」



26: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 20:01:54 ID:7D3egraA

男「どこに引っ越すんだ?」

男「またおじさんの転勤か?」

幼「えへへ。実は引っ越すのは私だけなんだー」

男「は?」

幼「あの家から出ようと思ってるんだ、私」

男「え?どう言う事?」

男「出ようと思ってるって…決定じゃないの?」



27: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 20:02:43 ID:7D3egraA

幼「まだ住む場所、決めてないよ」

幼「今から探すんだから」

男「え?え?マジでどう言う事?」

幼「鈍感だなぁ、男は」

男「はぁ、まあ鈍感なのは自覚してるけどさ」

幼「一緒に住もうよ、私達」

男「は?」



28: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 20:03:30 ID:7D3egraA

幼「私達の実家からあの大学までって結構遠いじゃない?」

男「…まぁそこそこ遠いな」

幼「大学まで10駅なのが、2駅くらいになったらさ」

幼「一緒に居られる時間が増えるじゃない?」

男「…」

幼「…嫌なの?」

男「いやぁ、幼はやっぱ凄いなぁと思って」



29: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 20:04:23 ID:7D3egraA

幼「そう?」

男「俺に出来ない事を平然とやってのける」

男「そこにシビレる、アコガレるゥ!」

幼「意味わかんないけど、とにかくOKって事でいいよね?」

男「おう!いいですとも!」

幼「じゃあ早速不動産屋へGO!」

男「え?今から!?」



30: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 20:05:03 ID:7D3egraA

幼「思い立ったが吉日って言うじゃん!」

幼「実はもう何件かアタリはつけてあるんだよね!」

男「今日のお出かけって、そう言う事なのな?」

幼「ソユコトー」

男「…やっぱ幼、凄いや」



31: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 20:05:48 ID:7D3egraA




男「幼、俺の番号あった?」

幼「あったよ。私のは?」

男「おう、ちゃんとあったぞ!」

幼「ふぅ…まぁ自信はあったけどさ」



32: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 20:06:35 ID:7D3egraA

男「何が起こるかわからない、それが野球だもんな?」

幼「野球関係ないでしょ」

男「いやぁ、それにしてもこれで肩の荷が一つ、おりたなー」

幼「そうだねー。とりあえず、一つだね」

男「アパート、押さえておいて良かったなー」

幼「だよねー。この大学まで徒歩5分だもんね」

男「バイトもこの近くで探そうぜ」

幼「そうだねー」



33: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 20:07:18 ID:7D3egraA

幼「んじゃ、このまま不動産屋に行って、本契約してこよう!」

男「だな。準備も出来てるし」

幼「…始まるね、いよいよ」

男「ん?」

幼「二人での生活」

男「そうだな」



34: ◆L0dG93FE2w 2012/07/17(火) 20:07:54 ID:7D3egraA

幼「ね、ウチの両親も、男の両親も認めてくれてるしさ」

幼「もういっそ入籍とかしちゃう?」

男「んー。それはなー」

幼「嫌なの?」

男「俺がちゃんと社会人になってから、改めてプロポーズしたい」

幼「!」

男「それまで待っててくれよ、幼」

幼「…うん。待ってるよ、男」

幼「約束、ね?」

チュッ


おわり


元スレ
SS深夜VIP:幼馴染「今度引っ越す事に…」男「…」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1342521679/