1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:33:50.54 ID:lxwCP0+z0

セイバー「昨日のランサーの戦いでなくしてしまったようです」

セイバー「だからインビジブルエアも使えません」チラッ

切嗣「・・・・・(どうしよう どうしよう)」オロオロ

セイバー(焦ってるwww焦ってるwww)

セイバー「剣がないとマスターを守り抜く自信がありません」

切嗣「・・・(探しに行こう)」ガタッ

セイバー「探しに行くんですか?私も同行しましょう」

切嗣「・・(無視)」スタスタ



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:38:28.21 ID:lxwCP0+z0

切嗣「・・・(ランサーと戦った場所は海辺の工場付近だった)」スタスタ

セイバー「一つ言っておきますが、インビジブルエアが発動しているので探すのは非常に困難ですよ」

切嗣「・・・・・・・」

セイバー(これでかまってもらえるはず)チラッチラッ

切嗣「・・・(ヤバい どうする?)」オロオロ



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:46:54.24 ID:lxwCP0+z0

切嗣「・・・(そうだ令呪を使ってエクスカリバーのある場所へ強制移動させればいいんだ)」

セイバー「どうしました?切嗣」

切嗣「・・・・」レイジュキュイン

セイバー「!!・・・くっ」

切嗣「・・(ん? 令呪が効かない?)」

セイバー(なんとか対魔力で持ちこたえました・・)

切嗣「・・(くそっ、もう一個使うか?ああ でも)」

切嗣「・・探すぞセイバー(しかたないセイバーと二人で探すか)」orz

セイバー「はい」ニヤニヤ



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/25(土) 23:54:17.25 ID:lxwCP0+z0

海辺の工場

セイバー「ニヤニヤ」ニヤニヤ

切嗣「・・・(セイバーの視線が気持ち悪いんだが)」スタスタ

セイバー「このあたりです切嗣、このあたりでなくしました」

セイバー(嘘ですけどwwwwwwww)ニヤニヤニヤ

セイバー(そもそもなくしたこと自体嘘なんだしww)ニヤニヤニヤニヤ

切嗣「探すぞセイバー(うぅ・・なんだセイバーの視線・・)」

セイバー「はい切嗣(焦っている切嗣かわいいよハアハア)」ニヤニヤニヤニヤ



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:00:00.52 ID:8VZB29FE0

切嗣「・・・・(なかなか見つからんな)」ガサガサ

切嗣「・・(早く見つけないと)」ガサガサ

セイバー(絶対焦ってるwww絶対焦ってるwww)ニヤニヤニヤニヤニヤニヤ

ランサー「そこで何をしているセイバー!!」

切嗣「な・・!?(しまった)」

ランサー「我が主に命じられセイバーのマスター、お前の命を奪いにきた」カチャ

セイバー「ちっ(せっかく切嗣を攻略しようとしてたのに)」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:03:45.91 ID:8VZB29FE0

ランサー「どうしたんだセイバー?」

セイバー「ほ・・宝具をなくしまして・・(はよ帰れよks)」

切嗣(馬鹿!!なんでしゃべるんだよ)

ランサー「むっそうであったか」

ランサー(武器を持たぬ敵をどうして攻撃できようか・・)

ランサー「分かった私も探そう」

切嗣(え・・?)



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:08:15.07 ID:8VZB29FE0

ランサー「しばし待たれよ、応援を呼んでくる」シュバ

セイバー「う、うむ」

切嗣「・・・(応援?)」ガサガサ

セイバー「早く探しましょう切嗣、イヤな予感がします」

切嗣「・・・(なんかもう早く帰りたい)」

ランサー「すまない待たせた」スタッ シュバ スト

切嗣「・・・・(ふぇ!?)」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:12:17.91 ID:8VZB29FE0

ライダー「よおセイバー、騎士王たるものが己の武器をなくしたって?」

キャスター「おぉジャンヌ 私めも手伝いしまする」

バーサーカー「■■■・・・(なんで俺も)」

アーチャー「べ・・別にセイバーの為に探しに来たんじゃないんだからな」

セイバー(・・・ランサーェ・・・)

ランサー「皆すまない、セイバーの宝具探しに協力してくれ」

切嗣「・・(聖杯・・戦争・・?)」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:17:13.59 ID:8VZB29FE0

ライダー「余は別に構わんが・・」ガシッ

ウェイバー「わああああ服が伸びる!!そこを掴むなライダー」バタバタ

ウェイバー「探せばいいんでしょ?探せば!!」

キャスター「言われるまでもなく わが身は性処女の為」

バーサーカー「■■■■」

アーチャー「ふんっ今日だけだからな」

切嗣「・・(まぁいいや)」

セイバー(どうしよう 今頃持ってるなんて言えない)アセッアセッ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:23:31.01 ID:8VZB29FE0

アーチャー「そこの雑種よ アサシンは何故よばんのだ?」

ランサー「だってお前が最初に消したじゃん」

アーチャー「そ・・そうか・・(妄想心音は秘密だったな)」

ライダー「アーチャーよ何か探し物に便利な道具もっておらぬか?」

アーチャー「ほらよ」ガサッ

ライダー「おお。これは取り寄せバッグ」パシッ

切嗣「・・(あのアーチャーの真明はドラ○もんか・・・)」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:29:15.87 ID:8VZB29FE0

ライダー「さっそく使わせて貰うぞ」ガサガサ

セイバー「させるか!!!」シュバ

ライダー「ぬっ!?」

セイバー「はぁ!」バキッ

ライダー「取り寄せバッグが・・・」

セイバー「はぁ・・はぁ・・みんなで探した方が楽しいじゃないですか」グシャッグシャッ

ライダー「それもそうか」

セイバー(はぁ・・はぁ・・あと一秒遅れていたらバレてた)



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:35:36.29 ID:8VZB29FE0

キャスター「人手が足りませぬなジャンヌ」

セイバー「お・・おぅ・・」

キャスター「おまかせ下さい、螺湮城教本(マニフェスト)!!」

セイバー「・・・(オ、オエーAA略)」

キャスター「これで使い魔を数多く呼びました どうですジャンヌ?」

セイバー「い・・いいんじゃないかな?」

切嗣「・・(あれがキャスターの宝具か)」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:42:54.88 ID:8VZB29FE0

ライダー「余も負けておれぬな」オオオオオオオオオオオオオオオ

切嗣「・・(な・・なんだ!?膨大な魔力がライダーに集まっている!?)」

ライダー「王の軍勢!!」ギュオオオオオオオオオオオオオオオ

ランサー「なに!?」

セイバー「な・・・」

切嗣「・・・(あれがライダーの宝具か)」

切嗣「・・(固有結界を使うなんてなんてサーヴァントだ・・)」

バーサーカー「■■■■(これからもアーサーをよろしく頼みます)」コレアゲル

切嗣「ラーメン一杯無料クーポン?」





40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:50:34.68 ID:8VZB29FE0

数時間後

ランサー「なかなか見つかりませんね」

ライダー「ああ、これだけ探してもないのなら別の場所に移動した可能性が高い」

ヘタイロイ「然り 然り 然り」

キャスター「龍之介が心配になってきました、失礼ですがこのあたりで。」バシュン

バーサーカー「■■■■■■(そろそろおじさんが心配してるかな)」バシュン

アーチャー「我はまだ探してもよいぞ」

セイバー「あ。。ありがとう(早く帰ってくれないかな)」アセアセ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 00:56:43.50 ID:8VZB29FE0

セイバー(でも人が少なくなっちゃったし、もうバラしてもいいかな?)

セイバー(否っ騎士としてそんなことができるわけない)グウウウウ

ランサー「お腹がすいたのか?セイバー」

セイバー「そのようです(汗」

ライダー「無理もない、ずっとエクスカリバーを探していたんだからな」

切嗣「セイバー」

セイバー「なんですか?切嗣」

切嗣「・・・」コレヲツカエ

セイバー「麺無料券?宝具化されていて10人までならいけますよ」

切嗣「!?」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:03:14.20 ID:8VZB29FE0

麺屋

アーチャー「いやぁ・・なかなかこの中華そばという物は珍味だな」

ランサー「このチャーシュー・・いい味を出している」

セイバー「おいしいですね」

切嗣「・・・(うまい)」

ライダー「酒が飲みたくなってきたわい・・」

アーチャー「ほらよ」ポイッ

セイバー「私もいただいていいですか?」

アーチャー「残すなよ」

ウェイバー「お前ら戦争する気ないだろ」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:09:36.11 ID:8VZB29FE0

セイバー「グビッグビッ・・・ハァー・・・」ゴクゴク

セイバー「ヒック・・・」

セイバー「まずい・・もう一杯・・」グビッ

ランサー「まだ飲むのか?セイバー」

セイバー「これが飲まずにいられるか・・グビッ」

セイバー「切嗣には無視されるし、幸運ヒックいし・・・」

ライダー「なあアーチャー・・この小娘のどこが可愛いのだ?」

アーチャー「そうか?アレに罵倒されればなかなかいいと思わんか?」

セイバー「・・・ヒック・・・ランサーには親指斬られるし・・」ゴクゴク

ランサー「ご・・ごめんなさい」

切嗣「・・(帰っていいのかな?)」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:15:17.70 ID:8VZB29FE0

セイバー「・・・ヒック・・・」

セイバー「ああ。くそぉ!!切嗣の気を引くために宝具なくしたフリして・・ヒック」

セイバー「二人きりの時間を・・ヒック、過ごそうとおもっていたのに・・グビッ」

セイバー「あの・・糞ランサーが・・・グヒッ」

ランサーライダーアーチャーウェイバー「何!?」

切嗣「・・(そういうことか・・・)」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:19:53.55 ID:8VZB29FE0

アーチャー「どういうことだセイバー」ガタッ

セイバー「うえーヒック」

アーチャー「まさかこんな下らんことの為に我を使役したのか!」

セイバー「・・・うーい」

アーチャー「いくらセイバーといえど生かしてはおけぬ・・」

セイバー「知らねえよ・・・・ペッ」ペチャ

切嗣「・・・(つば飛ばした)」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:27:22.89 ID:8VZB29FE0

アーチャー「この我の鎧に・・つばを・・・・」

アーチャー「・・・・・・」

ライダー「どうした?アーチャー」

アーチャー(セイバーのつば・・・セイバーのつば・・・)ニヤニヤ

セイバー「ウリウリ・・何顔赤くしてんだ・・」ツンツン

アーチャー(くそっなんて可愛いんだ・・)ハアハア

セイバー「・・・ヒック」

アーチャー「ライダーあとは頼む、トイレをさ・・さっきまで我慢していたからな」シュン

ライダー「てっ・・おいトイレで帰るな」

切嗣「・・・(アーチャー・・・まさか!?)」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:31:28.58 ID:8VZB29FE0

ランサー「アーチャーめナニをしに行ったのか?」ニヤニヤ

ライダー「さ・・さあな(お前分かってるだろ)」

セイバー「糞ランサーここに・・ヒック星座しろ」ビッ

ランサー「は・・はぁ・・」スタッ

切嗣「ライダー」クルッ

ライダー「なんだ?セイバーのマスター?」

切嗣「アーチャーの後を追わないか?」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:37:22.90 ID:8VZB29FE0

切嗣「あいつ絶対セイバーのこと好きじゃん?」

ライダー「お・・おう」

切嗣「でもさ性格がツンデレじゃん?」

ライダー「う・・うむ」

切嗣「絶対告白できねーじゃん・・ヒック」

ライダー(お前もかwwww)

切嗣「だから俺達がフォローしてやるんだよ」

ライダー「うむ」

切嗣「俺のセレナじゃ追い付けないからお前のチャリオットが必要なんだよ」

ライダー「しかたないか・・(割とおもしろそうだけどな)」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:42:11.00 ID:8VZB29FE0

チャリオットの中

切嗣「・・・zZzZZ」バタン

ライダー「寝てしまったか」

ライダー「ここまで来たら性服王として引き下がれんな」

ライダー「余一人でもアーチャーを助けてやるぞ」

ライダー「お、アーチャーめ海辺に戻っていたか」

アーチャー「ん?ライダーか」ザッ



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:46:51.24 ID:8VZB29FE0

海辺

アーチャー「何用だ?何もないなら早々と去れ」

ライダー「単刀直入に言う」

ライダー「アーチャー・・おぬしセイバーのことが好きだろ?」

アーチャー「!・・いや、あんな奴のどこが・・・」

ライダー「でも好きなんだろ?」ニカッ

アーチャー「・・・・」

ライダー「たまには素直になれよ」サスッ

アーチャー「・・・・」

ライダー「いつも強がってるけど、それは本当の自分を見せたくなかったからだろ?」

アーチャー「!」スクッ



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:55:23.76 ID:8VZB29FE0

ライダー「本当は怖かったんだろアーチャー、孤独になってしまうのが・・」

アーチャー「そんなこと」

ライダー「誰よりも孤高で誰よりも王らしくあらねばならぬと」

ライダー「適当な理由を付け自分を正当化し、誰よりも性格が悪い己を隠した」

アーチャー「ちが・・う・・・」

ライダー「本当にか?」

ライダー「そんなことはあるまい、余もそんな時があったのだからな」

ライダー「アーチャーよおまえは昔の余に似ている」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 01:59:51.22 ID:8VZB29FE0

ライダー「だからこそ余はおまえに言おう」

ライダー「素直になれ・・と・・」

アーチャー「ライダー?」

ライダー「いくら性格が悪かったってツンデレだって」

ライダー「あのセイバーが素直な者の心を拒むはずがないだろ?」

アーチャー「・・・しかし」

ライダー「あまったれるなァ―――!」バシン

アーチャー「ぐっ・・」ドサッ

ライダー「何が孤高だ?何が法だ?」

ライダー「全て自分を隠すためではないか!!」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 02:03:13.67 ID:8VZB29FE0

アーチャー「俺は・・俺は・・・」

ライダー「なあ英雄王・・・一度でもいい・・」

ライダー「セイバーに気持ちを伝えたらどうだ?」

アーチャー「・・俺に・・俺にできるかな?」

ライダー「ああ・・殴られてすっきりしただろ・・」

アーチャー「うあ・・ライダー・・うわああああああああああああああん」

ライダー「泣くな英雄王・・昔の余を思い出してしまう・・」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 02:08:55.13 ID:8VZB29FE0

ケイネスの魔術工房

ケイネス「このたびはランサーがご迷惑をかけて申し上げません・・・」

ランサー「すいません」

セイバー「いやっ、酔ってしまった私も悪いんだ」

ランサー「騎士として、このようなことはもうしません」

セイバー「そ・・そうか・・では達者でな」シュパ

セイバー(麺屋でランサーに説教をしてしまった気がするのだが・・・)

セイバー(まったく覚えていない)

セイバー「・・・説教?」

セイバー「マスターがいない!?探さなくては!?」シュタン



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 02:14:14.75 ID:8VZB29FE0

海辺

セイバー「切嗣!!」

切嗣「zzzzzz・・・」

セイバー「良かった無事で」

切嗣「ん・・・ふあ、セイバー?」

セイバー「目をさましましたか切嗣」

セイバー「私がランサーを説教している間何があったのですか?」

切嗣「ん・・んあ・・・・え・・と(言えるわけない 言えるわけない)」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 02:17:41.97 ID:8VZB29FE0

セイバー「思い出せないのですか・・ならいいです」

セイバー「さあアインツベン城に帰りましょう」

切嗣「・・・・(話した方がいいのかな)」

切嗣「・・(いやっその前に・・)」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 02:22:06.91 ID:8VZB29FE0

切嗣「セイバーどういうことだ」

セイバー「へ・・」

切嗣「エクスカリバーをなくしたなどと嘘をついて」

セイバー「それは・・」

切嗣「令呪を持って命ずる 契約を破棄しろセイバー」

セイバー「キ・・切嗣ううううううう」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 02:25:06.25 ID:8VZB29FE0

アーチャー「セイバー。ここにいたのか」

セイバー「アーチャー・・ですか・・」

セイバー「私はもうダメです。契約を切られ現界していられるのも残り数分・・」

アーチャー「・・聞いてくれセイバー」

アーチャー「我はお前が・・お前が好きだ」

セイバー「ふぇ?」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 02:28:48.97 ID:8VZB29FE0

セイバー「気持ちは嬉しいのですが・・生憎私はもう現界していられる魔力がほとんど」

アーチャー「聖杯戦争を勝ち抜き受肉をすれば問題ない」

セイバー「え・・?」

アーチャー「よく見ておけセイバー・・これから見せるのが一生に一度の本気だ」グゴゴゴゴ



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 02:33:29.52 ID:8VZB29FE0

アーチャー「ゲート・オブ・バビロン」

ブゥゥゥン

アーチャー「はぁああああああああああ!!」

ランサー「ぐほっうええええげええええええええ」ズバッシュパッバシュウ

ライダー「があっああああああああああうあああああああああ」ズッシュサックズバッガシュッ

キャスター「ひえええええええ」ズバンバシュ

アサシン「うあああああああああああああああああ」スザッシュグシャズゴッ

アーチャー「エヌマ・エリシュ!!」

バーサーカー「■■■■■・・・・・・・・!!!」シュンンンンンン



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 02:39:11.02 ID:8VZB29FE0

セイバー「」

アーチャー「さあセイバー聖杯だ・・・」

聖杯(アイリ)「ちょwwwwおまwwww」

アーチャー「セイバーに受肉させてやってくれ」

聖杯「あいよっ」

セイバー「なんだこの黒い泥は・・うわああ・・ああああああああああ」ゴクゴク

アーチャー「ど・・どうなってるんだ!?」

聖杯「願いはかなえたわ」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 02:45:25.66 ID:8VZB29FE0

オルタ「・・・・・」

アーチャー「セイバー・・?」

オルタ「誰に口を聞いていると思っている」

オルタ「だが中々かっこよかったぞギルガメッシュ」

アーチャー「は・・はい」

オルタ「貴様・・私を好きだと言ったな?」

アーチャー「・・そうだ我はお前が好きだ、その気持ちは揺るがない」

オルタ「そうか・・・覚悟はできているな?」

オルタ「私に罵倒される日々をな!」

アーチャー「喜んで・・」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 02:54:02.24 ID:8VZB29FE0

その後
オルタ「ギルガメッシュ・・そこのマヨネーズを持て」

ギル「は・・はい」ササッ

オルタ「ふふ・・褒美だ四つんばいになれ」スタッ

ギル「はい!」シュバ

オルタ「ウリッ、ウリリリ気持ちいいか?ギルガメッシュ」ドスッドスッ

ギル「あ・・ありがとうございます!!!!!」ハアハア

オルタ「フフフ・・」

ギル「ハハハ・・・」

オルタ「ギルガメッシュ・・」

ギル「なんだ?セイバー?」

オルタ「たまには・・私も・・罵倒してくれないか///」

ギル「まかせるがいい、我の罵倒はお前の比じゃないからな」

オルタ「楽しみにしてるぞ AUO」

          -完ー



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 03:08:12.79 ID:8VZB29FE0

書き溜めなしで
速攻で作ったからクオリティ低くてすいません



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 02:57:30.05 ID:YuG+J1yM0

新しい…惹かれるな…!



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/26(日) 03:01:14.07 ID:KWsUDV1a0

ギルさんかわいい


元スレ
セイバー「エクスカリバーをなくしました」切嗣「え?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1330180430/