SS速報VIP:穂乃果「μ’sで殺し合い!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401652562/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 04:56:03.05 ID:CybHq4RQ0

ラブライブ!でバトロワ!
元ネタが元ネタなんで普通にメンバーがしんでいくので苦手な人には閲覧、胸くそだと思う
基本的に設定はアニメ準拠です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401652562




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/02(月) 04:57:11.74 ID:CybHq4RQ0

すれ違ってもわからないくらい

君も僕も大人になった頃が想像できない

だってずっと一緒だから――

そんな風に、ずっと続くと思っていた。

この日が来るまでは




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 04:58:45.03 ID:CybHq4RQ0

Chapter1

海未「……きて……さい! 穂乃果、起きてください!」

穂乃果「……ん、あれー……、もう、着いたの?」

ことり「穂乃果ちゃん! 違うの……なんだか、おかしいの」

穂乃果「んーっと、……ここは、どこかの学校の教室?」

絵里「そうよ。私たちは合宿で真姫の別荘に向かっていたはず。……だけど、目が覚めたら」

花陽「この教室に、居た……」

真姫「一体どうなってるのよ!」

凛「バスに乗ってる途中で眠くなって寝ちゃったのは覚えてるけど」

希「実はウチも急に眠くなったのが最後の記憶なんよ」

にこ「ということはみんな眠って気づいたらここに居たってことね。……μ’sの人気を妬んで誘拐された!? やーんにこ怖い☆」

真姫「ふざけてる場合じゃないでしょ!」

にこ「なーに本気になってんのよ、こんなとこ早く出ちゃえばおしまいよ」

ガチャ

にこ「……え?」

海未「鍵が……閉まっている?」

穂乃果「そんな! じゃぁ……」

絵里「まさか……本当に誘拐されたとか」




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 04:59:10.57 ID:CybHq4RQ0

花陽「ど、ど、ど、どうしよう! け、警察に……」

凛「圏外だにゃー!」

真姫「……ねぇ、さっきから気になってたんだけど、この首輪、何?」

希「ウチもこんなの付けた覚えないよ」

ことり「もうわけがわからないよ……!」

絵里「待って……! 足音が聞こえるわ……」

コンコン、ガチャッ

???「失礼するよ!」

海未「貴方たちは……? ぐ、軍人……?」

???「僕の名前は小坂本金七! 今日からお前たちスクールアイドルμ’sの顧問だ! そしてこの軍人たちは僕の部下!」

真姫「な、何なの? 顧問? 一体何がどうなって私たちはここに居るのかちゃんと説明して!」

小坂本「まぁまぁ真姫、そう熱くならない! ちゃんと説明するから! じゃぁ、賢い可愛い絵里に質問だ! SBR法っていうのは知っているか?」

絵里「え、す……? 何ですか、それは」

小坂本「新世紀スクールアイドル改革法! それがSBR法だ! 今現在、君たちのようなスクールアイドル達は着々とその数を増やしている! そしてその陰で、スクールアイドルの力が大きくなりすぎて教育の現場である学校はかつてない混乱を来している……。風紀は乱れ……権力を持つアイドル生徒が学校を支配する……そんな時代が来てしまったんだ! そこで、この法律が秘密裏に制定された!」

にこ「聞いたことないわ……。それににこたちが何の関係があるって言うの? にこたちは逆に廃校を救ったいわば学校にとっての貢献者よ?」

小坂本「にこ、いい質問だ! このSBR法は対象者を全国のスクールアイドルからランダムに選ぶ! だから良い結果を残していようが悪い結果をもたらそうが関係ないんだな、これが! そして、プログラム対象グループに、君たちμ’sが選ばれたってわけだ!」

花陽「対象、プログラムって……?」

小坂本「花陽もいい質問をしてくれるなぁ! そう、このプログラムの対象に選ばれたμ’sのみんなには――」

小坂本「殺し合いをしてもらう!」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 05:00:14.36 ID:CybHq4RQ0

Chapter2

穂乃果「μ’sで殺し合い!?」

海未「な、何を言っているのですか?!」

真姫「そうよ! イミワカンナイわ!?」

小坂本「穂乃果も海未も真姫も! 今の説明でわからなかったか? スクールアイドルを取り締まる法律ができ、それによりμ’sの君たちに殺し合いをしてもらうということだ!」

ことり「ま、待って! どうして私たちが?!」

小坂本「……あのさぁ、ことりぃ! いい加減にしてくれないか?! 先生、物わかりの悪い奴は好きじゃないぞ! 全国のスクールアイドルからランダムで選ばれる! それで、たまたまμ’sが選ばれた! それだけだ!」

希「たまたまでって……! ウチらは殺し合いなんてするつもりはないよ!」

凛「そうにゃ! そんなことしたら警察に捕まるよ!」

小坂本「希……、それはどうかな? 凛、その警察ですら認めてる法律なんだよ! 残念だがな!」

ことり「そんなのって、無いよ……! どうして……!」

小坂本「っチ……! ことり、お前、母さんににて物わかりがほんと悪いなぁ!」

ことり「お、お母さん?! お母さんをどうして知ってるの……!? ねぇ?!」

穂乃果「ことりちゃん! 落ち着いて……!」

小坂本「あのなぁ、プログラムのことは大人なら知ってるんだ。だから事前に説明しに行くんだが……お前の母さん、理事長な、……私の娘を、大事な生徒を、そんなものには参加させないって強情でさ。ほら、軍人1! アレ持ってこい」

軍人1「ハッ」

ことり「ゃ……いや……!」

小坂本「……こーうなっちゃたんだよ」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 05:01:01.93 ID:CybHq4RQ0

ことり「いやぁあああああああ!!!! おかあさあああああん!!!!」

絵里「嘘……! 理事長……死……んでる……」

海未「ことり! ことりぃ!! 見ちゃダメですことりっ……!!」

穂乃果「どうして!? どうしてこんなこと!」

にこ「どうかしてるんじゃない!? 早く、早くここから出してよ!!」

花陽「ひ……あぁ……!」

希「何で、なんで……?!」

凛「そ、そんな、え……?」

真姫「何なのよ……これ……」

小坂本「まーまーみんな落ち着け! よし、軍人1! もう下げろ!」

ことり「いや!! お母さん! お母さん!!! いやああ!!!」

小坂本「おいことり! あんまり騒ぐとお前も母さんみたいに殺すぞぉ!?」

穂乃果「辞めて!! お願い、辞めて!!」

小坂本「おぉ、いいぞ穂乃果! リーダーっぽいな! そのままことりを押さえててくれ!」

海未「あなたは……狂ってる……!」

小坂本「まぁ日本も狂ってなきゃこんな法律作らないわな! とりあえずこのプログラムのルール説明するぞ! 制限時間は3日間! ここは、元々人が住んでた無人島だ! この島全体が殺し合いの会場だ! ルールは簡単! 殺される前に殺せ! そうして最後に生き残った一人がこのプログラムの優勝者、晴れて本物のアイドルになれる! 日本の最大手の事務所に所属できるぞ! 殺す為の支給武器も各自配るから心配するなよ!」




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 05:02:07.31 ID:CybHq4RQ0

穂乃果「μ’sはそんな馬鹿げたこと……絶対しない!」

小坂本「はははー! それはどうかな? 私たちは殺し合いなんてしませーん! 無人島だから海に飛び込んで泳いで逃げまーす、ってか! お前ら、その首についてる首輪を見ろ! これは中にGPS探知機と爆破装置がついてるんだ! それによってこの島のどこにいてもわかるようになってるからなー、もし外に逃げようとしてもその時点で首輪はドカーン! 死んでしまうぞ! それから1日終わる毎に誰も死ななかった場合も同様にドカーン、だ! 無理に外そうとしても同じだからな!」

花陽「ひぃ!!」

小坂本「それと、あとで支給するバッグにも地図が入ってるが、この島を幾つかのエリアに分けている! 毎朝定期放送で死亡者リスト、それから禁止エリアを発表する! それによって禁止エリアに指定された区域に入っても首輪が爆発するから気をつけろー!」

希「……ずいぶんと用意周到なんやね」

小坂本「ルールはわかったか? じゃぁ早速、名前順に一人ずつこの学校から出ていってもらおうか! ちなみに学校が含まれているエリアは出発後15分で禁止エリアになるからさっさと地図確認して出て行くんだぞ!」

穂乃果「ま、待って! み、みんな……」

海未「穂乃果……!」

ことり「うぅ……あぁ……」

穂乃果「……絶対みんな集まろう! きっとだよ……!」

小坂本「じゃあ1番は、絵里! 用意しろー! 早くしないと軍人さんに撃ち殺してもらうぞー!」

絵里「……! 穂乃果。みんな、待ってるわ! すぐに落ち合いましょう……!」

小坂本「はいはい早く行けー!」

こうして、最悪のゲームが始まった。

【Game Start 残り9人】



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/02(月) 16:17:00.82 ID:CybHq4RQ0

Chapter3

ー16:00 教室ー

小坂本「残るは凛とことりとにこだな! 次、凛ー、用意しろー!」

凛「あっ……、で、でも……」

にこ「……凛。行くのよ。ことりはにこに任せて」

凛「う、うん。ことりちゃん……、凛たち先に行って、待ってるから!」

ことり「うぅ、あぁ……」

小坂本「そら! これが凛の支給品だ! 頑張って生き残れよー!」ニヤ

凛「μ’sのみんなは、殺し合いなんて絶対しないにゃ……!」

**

凛「でも……どこに集まればいいの? どこで待ってればいいのかな。無人島って言ってたけど、どこに行けば……」

凛「そうだ! 地図を……鞄を開けてみるにゃ! あれ、これ、何だろ? 音楽プレイヤー、と、支給武器説明書……?」

<凛の支給武器>
・リラックス出来るBGMが入ったMP3プレイヤー?

凛「リラックス出来る、BGM……? これが、武器なの……?」

凛「う、ううん、でも包丁とかが入ってるよりましだよ! ちょっとこれを聞いて落ち着くにゃ」

凛「心を落ち着けながら地図を見て、どこに行くか決めよう……!」

BGM『心を静かに落ち着けて……息を吸って……』

凛「あー……なんだか……すごく落ち着けそうにゃ……」




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 16:17:47.84 ID:CybHq4RQ0

BGM『目を閉じて……描きましょう……メンバーを殺す自分を……人を殺すのは楽しい……殺すことは……悦び……』

凛「たの……しい……μ’sを……殺すのは……よろこ……び……」

BGM『殺しましょう……殺しましょう……殺すのは……とても楽しい……μ’sを殺しましょう……』

凛「あ……あ……あぁ……」

凛「……」

凛「そうだ! 凛いいこと思いついちゃった! 殺そう! μ’sを殺そう! とーっても楽しいはずだよ! みんなどんな顔するかにゃぁ?」

凛「あぁ……楽しみ!」

**

海未「集まるといっても、どこに行きましょうか……せめて、冷静に方角だけでも提示しておくべきでした」

海未「ですが……あんな、状況を目の前にしては……。理事長……! ことり、あなたが心配です……」

海未「地図によると東の方角に灯台があるようです。ここからでも見える目立つ場所ですし……とりあえずそちらに向かうとしましょう」

???「海未ちゃん!?」

海未「その声は!! 希ですか!?」

希「良かった……、やっと誰かに会えた……」

海未「私も、一人で心細かったので良かったです……希はどこか向かうあてが?」

希「あてはないけど、ウチはあそこに見える灯台に向かってたんよ。あそこなら島全体が見渡せそうやし」




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/02(月) 16:18:28.88 ID:CybHq4RQ0

海未「希もですか! 私もあの灯台に向かおうとしていたのです。なんとか他のメンバーも合流出来ればいいのですが」

希「呼びかける方法があればいいんやけど、何せ島やからね」

海未「えぇ……。どうして、こんなことになってしまったのでしょうか……」

**

小坂本「んじゃー次、ことり! 早く行けー!」

ことり「いや、いやだよぉ……!」

にこ「ぐ……。ね、ねぇ! ことりもこんな様子だし、にこも一緒に出発させて!?」

小坂本「だーめだ! ルールはルールなんだ! ほら早くしないと母さんのところにつれてくぞー!」

ことり「いや……いや……」

にこ「くっ……! ねぇ、ことりよく聞いて! ことりが今一番辛いのはわかる……でも、あいつ本当にこのままじゃことりのことも殺しかねないわ?!」

ことり「いやだよ……」

にこ「ちょっとの辛抱よ……! そうだ、学校を出たらすぐ南のところで待ってて! にこがすぐに追いかける! だから……だから……!」

ことり「にこ……ちゃ……わかった……」ふらっ

にこ「ことり……」

小坂本「はいいってらっしゃい!」

にこ「これで……にこ以外みんな出発しちゃった。何が、何がSBRよ……!」

【残り9人】



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/02(月) 19:44:29.66 ID:CybHq4RQ0

Chapter4

―16:30―

絵里「ふぅ……結構歩いたわね。行く当ても無く歩くのは間違いだったかしら……」

絵里「地図によると、ここは3-Aというエリアにあたるようね。島の西の端っこまで来てしまったみたい」

絵里「それにしても、殺し合いなんて……」

???「え、絵里!」

絵里「? この声……!」

真姫「絵里! よかった!」

絵里「真姫!」

真姫「一人でずいぶんと歩いたけど、初めて会えたわ」

絵里「それは私もよ。何しろ私は一番に出発したんだから、真姫より長い間一人だったわ?」

真姫「……絵里に会えてよかったわ」

絵里「私もよ。早いとこ他のメンバーを探さないとね」

真姫「……絵里、どう、思う?」

絵里「……どう、って?」

真姫「とぼけないで! 殺し合いよ! 私たち、本当に死んじゃうのかしら……」

絵里「真姫は、μ’sのみんなが、そんなことすると思う?」

真姫「それは! ……思わないわ」

絵里「そうでしょ? 死ぬかどうかは……考えないようにしているの。心のどこかではまだ、助かるんじゃないかって、そんな希望もあって」

真姫「それは私だって一緒。でも、理事長みたいに……。何しろこのSBRっていうのは政府さえも認めてる法律なんだから……」

絵里「えぇ、そこが一番の驚きよ。こんな、こんな法律が許されるなんて……」




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/02(月) 19:45:27.07 ID:CybHq4RQ0

真姫「そういえば、支給された鞄の中に……銃が入ってたの」

絵里「銃? ほ、ほんものなの?」

真姫「わからないわ。でも、殺し合いをさせる為に、各自こんなものが配られるなんて……これは、本気ってことよね」

絵里「私のバッグにはアイスピックが入ってたわ」

真姫「あ、アイスピック?」

絵里「ええ。まあ、何が入っていようが関係ないわ。今はただ、みんなと集まることだけを考えましょう」

真姫「そうね……。もうすぐ日も暮れちゃうわ、早いとこ探しましょう」

絵里「ええ。でも、ただ闇雲に探すのも、この広さじゃ辛いものがあるわ」

真姫「だったらどうすれば……」

絵里「……。もう少し、地図を眺めて考えましょう」

<真姫の支給武器>
・ブローニングハイパワー

<絵里の支給武器>
・アイスピック

**

穂乃果「ハァっ……ハァっ……!」

穂乃果「あと……少し! この山の上の高台に行けば……!」

<穂乃果の支給武器>
・メガホン

穂乃果「このメガホンで、みんなを呼び集める! 鞄の中に入っててよかった……!」

穂乃果「絶対、絶対みんなで生きて脱出する! こんなの許される訳ないよ!」

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん、みんな……! 早く、会いたいよ……!」




24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 19:46:24.22 ID:CybHq4RQ0

**

花陽「うぅ……どうしたらいいの?」

花陽「殺し合いなんてしない、でも、理事長は死んじゃった……」

花陽「……誰か助けてぇ……! こんなの、要らないよ……!」

<花陽の支給武器>
・S&W M39

花陽「凛ちゃん、みんな、どこに居るの……?」

凛「かーよちん! 見つけたにゃ!」

花陽「り、凛ちゃん!?」

凛「良かったぁ、かよちんに会えて! 凛、一番最初ならかよちんかなあって思ってたんだ!」

花陽「花陽も……凛ちゃんに会いたかったよ……! 私も、会うならきっと、凛ちゃんに一番最初に会うんじゃないかなって思ってたよ!」

凛「うれしいにゃ~! ねぇ、かよちんは武器は何を貰ったの?」

花陽「私は、これ……。多分、銃なんだけど……使い方もわからないし、使うことなんて無いよね」

凛「見せて見せて!」

花陽「え? う、うん、でも凛ちゃん、危ないよ?」

凛「うん。こうやって使うのかにゃ?」

カチャ

凛「……さっきのはね、最初に殺すなら、かよちんかなーって思ってたって意味だよ!」

花陽「……り、凛ちゃん!? こ、ろ……すって……!?」

凛「そう! 最初がかよちんなら、凛もうまくやれそうにゃー!」

花陽「凛ちゃん、待って!? 何を言ってるの?!」

凛「かよちん、かよちんは可愛いから、きっと死体も可愛いよね! あぁ、凛、かよちんを殺すこと考えただけでこんなに楽しい! 早く、早く殺したい!」

花陽「やめて凛ちゃん……! 銃を降ろして……! そんな冗談……やめて!」

凛「冗談じゃないにゃー。ね、かよちん! ゲーム……、始めよう?」

【残り9人】



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/02(月) 20:25:26.09 ID:CybHq4RQ0

Chapter5

―16:50―

海未「だいぶ歩きましたね……」

希「そうやね、ちょっと休憩する?」

海未「ええ。ここで少し鞄の中を整理しませんか?」

希「うん。地図以外はろくに確認しなかったから……」

海未「食料……パンと水だけですが、一応3日分は入っているみたいですね」

希「こ、これは?」

海未「モデルガン、でしょうか……?」

希「支給武器説明書、っていうのが入ってるみたいや。それによると、ベレッタ、M9……? 実銃、みたいやね……・」

海未「武器、ですか……。あくまで殺し合いをさせるつもりみたいですね」

希「これを持ってあの軍人さんたちと戦われへんかな?」

海未「……きっと相手は軍人なんですから、銃の扱いは素人の私たちより上。仮に9人が集まったとしても……勝ち目はないんじゃ……」

希「そうやね……。海未ちゃんは何か入ってた?」

海未「私のは……ボウガン、みたいですね」

希「……殺し合いなんて、ウチらはしないのにね……」

バァン!!!

海未「!? な、なんですか?! 今のは、じゅ、銃声……?」

希「海未ちゃん、音がした方に行ってみよ!」

海未「はい!」

<希の支給武器>
・ベレッタM9

<海未の支給武器>
・ボウガン




26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 20:26:16.24 ID:CybHq4RQ0

**

凛「にゃー! 手がしびれるにゃ! 銃って撃つの難しいんだね!」

花陽「凛ちゃっ……やめて、お願い……!!」

凛「かよちん、鬼ごっこだよ! 捕まったら殺されるよ! 早く逃げて逃げてー!」

花陽「ひぃ! 凛ちゃん、どうして……! ハァ、ハァ……!!」

凛「あーあ。捕まっちゃったよ、かよちん? だからかよちんの負け! ねぇ、どこを撃たれたい? 心臓? 頭? かよちんに選ばせてあげるにゃー!」

花陽「凛ちゃん! どうして?! どうしてこんなこと!! 殺し合いなんて、しないって言ってたのに! 凛ちゃん!」

凛「かよちん、凛ね、楽しいの。かよちんや、μ’sのみんなのこと殺すのを考えるのが楽しくて楽しくて仕方ないの! だから、殺すの」

花陽「凛ちゃん……どうしちゃったの……!」

海未「そこまでです、凛!!」

凛「……にゃ?」

希「凛ちゃん! 何やってるん!?」

海未「動かないでください、凛! 銃を、降ろしてください!」

希「花陽ちゃん、大丈夫?!」

花陽「海未ちゃん、希ちゃん! 凛ちゃんが……!」

希「……凛ちゃん、何で……?」

凛「楽しいからだよ。凛は楽しくて、こうやってかよちんを殺そうとしてたの。アイドルも、楽しくってやってた。それと一緒なの」

海未「凛、どうしてしまったのですか……?」

凛「……でもさすがに3人まとめてはきついかにゃー。じゃぁね、かよちん! 海未ちゃんも、希ちゃんも、次に会ったら殺すから、楽しみに待ってるにゃ!」

海未「あ、凛! 待ちなさい!」

花陽「……凛ちゃん、きっと、おかしくなっちゃったんだよ……。こんな状況で……!」

希「凛ちゃんを止めないと……! もしかしたら、他のメンバーも殺そうとするかもしれない!」

海未「そうですね……。こんなこと、一体、何がしたいのですか……! 人を、狂わせて、何が楽しいんですか……! 凛を追いましょう!」

希「凛ちゃんはあっちの方向に向かったみたいや!」

花陽「……凛ちゃん、きっと、私が止めるから……!」

【残り9人】



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/02(月) 20:53:46.24 ID:CybHq4RQ0

Chapter6

―17:00―

穂乃果「やっと……着いた。すごい……きれいな夕陽……」

穂乃果「……よし、やろう」スゥー

穂乃果『みんなー! 聞こえる!? 穂乃果だよ!! 私は今ここに居るから!! みんな、ここまで来て! 絶対にみんなで、生きて帰ろう! 私、待ってるから! みんながくるのを待ってる……! えっと、えっと、ここは……ここは地図で言うと、4-Bだよ! だから、みんな、早く来てねー!』

穂乃果「すごい……メガホンで島中に響き渡るような声が出ちゃった。これで、みんな来てくれるよね……」

???「ゼェ、ゼェ、……ま、まったく! あんたって本当に突っ走るんだから……!」

穂乃果「に、にこちゃん!?」

にこ「あんたの声、すごく響いてたわよ。脇目も振らずににこを通り過ぎて走ってくもんだから慌てて追いかけちゃったわ」

穂乃果「え、えぇ?! にこちゃん、途中で穂乃果を見たの!? もうー、声かけてよぉ!」

にこ「掛けたに決まってるでしょ! 穂乃果が無視してったんじゃないの、切羽詰まった顔してたし」

穂乃果「え、えへへ……、早くここに来て呼びかけなきゃって思ってたから……。でも、にこちゃんがすぐに来てくれてよかった……! みんなも、来てくれるかな……」

にこ「あったり前でしょー! あんたみたいなバカがいると……ちょっとは気が安らぐわ」

穂乃果「それって褒めてる?!」

にこ「褒めてんのよ。ねぇ……、それより、ことり、見なかったわよね?」

穂乃果「ことりちゃん……。うん、見てないよ」

にこ「ことり……穂乃果達が出て行った後もすごく怯えてたの。だから南の方向で落ち合おうって、ことりが出発するときに言ったんだけど、結局あえないまま……」

穂乃果「……にこちゃん」

にこ「……大丈夫かな」

穂乃果「にこちゃんはやっぱり優しいね。ことりちゃんも、きっと私の声を聞いたらやって来てくれる。だから、……待とう?」

にこ「に、にこが優しいのは当たり前でしょ! 褒めても何もでないんだから……、そうね。ことりも、きっと来てくれる」




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/02(月) 20:54:28.60 ID:CybHq4RQ0

穂乃果「にこちゃん。見て。夕陽が……すごくきれいなんだ」

にこ「……合宿のときを思い出すわね、あのときは、朝陽だったけど」

穂乃果「うん。……今日も、合宿、行くはずだったのにね。何で、こんなことになっちゃったんだろう……。また、みんなで、こうやってきれいな空を見上げることなんて……出来るのかな……」

にこ「なーに弱音吐いてんのよ。さっきのあんたの台詞、忘れたの? 絶対にみんなで生きて帰るんでしょ?」

穂乃果「にこちゃん……」

にこ「まーにこは先輩だからね! いつもは引っ張ってくれるあんたも、たまには甘えてみなさい!」

穂乃果「……うん! ありがとう! なんだかすっごく元気が出たよ!」

にこ「その意気よ! さ、もう少し甘えてていいから、みんなを待ちましょう……」

穂乃果「うん!」

???「穂乃果ちゃん! にこちゃん!」

穂乃果&にこ「!!」

**

穂乃果『……みんな、早く来てねー!』

絵里「穂乃果……!!」

真姫「馬鹿でかい声も……たまには役に立つじゃない!」

絵里「メガホンで皆に呼びかけるとはいい案だわ。ハラショーね」

絵里「穂乃果が言ってた4-Bは……ここね!」

絵里「ええ。そう遠くはないわ! 日が暮れる前に行きましょう」

真姫「そうね!」

【残り9人】



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/02(月) 21:56:46.48 ID:CybHq4RQ0

Chapter7

―17:30―

穂乃果「ことり、ちゃん……!」

にこ「ことり……!」

ことり「2人とも!」

にこ「やっと、会えたわ……! 心配してたんだから……!」

ことり「えへへ……にこちゃん、ありがとう。でも、ちょっと落ち着いたよ。まだことりは怖がってるけど……、大丈夫」

にこ「……? でも、あんまり無理しちゃダメだからね」

ことり「うん。ことりも泣いて怯えてるけど……そんなこと言ってられないもんね」

にこ「……」

穂乃果「……うん、でも、これで、3人集まったね!」

ことり「あと、6人、だね……」

穂乃果「うん。みんな、きっと来てくれるはずだから、ことりちゃんもここで待とう」

ことり「そうだね。ねぇ、それより、みんな支給されたのは何だったの?」

穂乃果「穂乃果はこのメガホン。これのおかげで、こうやって呼びかけて、にこちゃんとことりちゃんが集まってくれたんだ」

ことり「そっか。穂乃果ちゃんの声、すごく響いてたよ! にこちゃんのは?」

にこ「……」

穂乃果「にこちゃん?」

にこ「え? あっ、あぁ! に、にこのはこれよ! ナイフ」

穂乃果「わ、わぁ! にこちゃん危ないよこんなの持ってたら!」

にこ「別に持ちたくて持ってるんじゃないわよ!」




31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 21:57:31.86 ID:CybHq4RQ0

ことり「そっかぁ。ことりのは、コレ」

穂乃果「鎌?! みんな、物騒なものばっかだなぁ」

ことり「あくまで殺し合いを前提にしてるからね……」

穂乃果「そんなの知らないよ! μ’sは殺し合いなんてしないんだから!」

ことり「あはは……」

穂乃果「ことりちゃん。絶対、生きて一緒に帰ろうね」

ことり「うん! 生きて、帰ろう!」

にこ「……」

穂乃果「にこちゃん? どうかした?」

にこ「え? あ、いや、別に何でもないわ」

ことり「顔色、悪いよ?」

にこ「……そ、そうかしら? 気のせいじゃない?」

ことり「……もしかして、何か気づいちゃったのかな?」

にこ「なんの……、こと?」

ことり「ううん、別に? ならいいんだけど……」

にこ「……ことり」

ことり「なぁに、にこちゃん?」

にこ「……あんた……本当に、ことりよね?」

ことり「何を、言ってるの?」

穂乃果「そ、そうだよ、にこちゃん」




32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 21:58:51.04 ID:CybHq4RQ0

にこ「……べ、別に」

ことり「さっきまでとは別人みたい? そりゃぁお母さんが死んじゃって悲しいけど……くよくよしてられないもん。一緒に、生きて帰らないとね」

にこ「……」

穂乃果「……こ、ことりちゃん! 実は、穂乃果も、気になってたの」

にこ「……さっきから、ことりも怖がってる、とか、ことりが泣いて怯えてる、とか……」

穂乃果「ことりちゃんは、自分のこと、だよね……?」

にこ「あんた、一体、誰なの?」

ことり「……あーぁ。バレちゃったか。仕方ないなぁ。みんなの知ってることりなら、今怯えて寝てるの。そして、私も、……南ことり」

穂乃果「何、言ってるの……?」

ことり「ことりを守る為に……私が生まれたんだよ。私は、生きて、ことりと一緒に帰らなきゃ」

にこ「穂乃果……、逃げるわよ!」

ことり「μ’sのみんなを、殺して」

穂乃果「ことりちゃん……?!」

にこ「穂乃果! いいから逃げるわよ! これは、ことりじゃない!!」

ことり「ことりのために、私が殺る!!」

穂乃果「ことりちゃん! 何で!? 何で!!」

にこ「穂乃果!!」

ザシュッ

穂乃果「うわぁああ!! にこちゃん!! にこちゃん!! 血が!!」

にこ「っつつ……! 穂乃果、いい……!? 逃げるのよ! じゃなきゃ、にこたちが殺される……!」

穂乃果「う、うんっ……!!」

ことり「逃がさないよ?」ガシっ

穂乃果「や、やめて! 離して!」

にこ「穂乃果!! ことり、辞めなさい!! ことり、何でよ!? 目を覚ましなさいよ! なんで、あんた、μ’sが大好きなんでしょ!!」

【残り9人】



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/02(月) 22:20:50.04 ID:CybHq4RQ0

Chapter8

―とある日―

にこ「……ことり、悪かったわね」

ことり「え? 何のこと?」

にこ「そ、その……こないだのことよ! 損な役回りに慣れてるとか、言って……」

ことり「なーんだ、びっくりしちゃった。そのことなら、別に気にしてないよ?」

にこ「あれはただ……、ことりが……」

ことり「無理してるんじゃないかって言いたかったんでしょ?」

にこ「……そ、そうよ」

ことり「無理してたら今こんな風ににこちゃんと笑っておしゃべりできてないよ。ことりは、μ’sが大好きだから、どんな役でもμ’sの力になれれば、それで楽しいんだから」

にこ「……な、ならいいんだけど」

ことり「ふふ、にこちゃんって、先輩らしくて優しいんだよね」

にこ「あ、当たり前でしょ! にこだって、それくらい……気にかけるんだから……」

ことり「ふふふ、にこちゃん! だーいすき!」

にこ「や、やめなさいよ暑苦しいわね!」



34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 22:21:35.02 ID:CybHq4RQ0

**

―現在 18:00―

<ことりの支給武器>
・鎌

<にこの支給武器>
・ナイフ

ことり「μ’sが大好き、かぁ。ふふ、でも、私は、ことりが大好きで大切なの。μ’sより、ずっと……」

穂乃果「やめてよぉ! ことりちゃんを、返してよ……!」

ことり「死んでくれる? ことりの大好きな、穂乃果ちゃん」

にこ「……動かないで。動いたら、このナイフをこのまま首筋に刺すわよ」

ことり「……うわぁ。驚いた、にこちゃんがそんなことするなんて」

にこ「動かないでって言ってるでしょ! 穂乃果に変なことしたら、刺すわ」

穂乃果「にこちゃん……」

にこ「穂乃果を、離して」

ことり「……はい、これでいいかな?」

穂乃果「……うぅ……!」

にこ「次は、鎌を捨てるのよ」

ことり「……こう、かな?」

にこ「……」バシン!

ことり「……痛い!」

にこ「あんた……ことりは、ことりは、μ’sが大好きなのよ! なのに、どうして、そのμ’sを壊そうとするの?! ことりが悲しむじゃない!」

穂乃果「……そうだよ、ことりちゃんの居場所を、奪わないで……!」

にこ「……ことりはねぇ、あんたが守らなくても……にこたちが守るんだから……!!」

ことり「……!!」

ことり「……あ、あれ……にこ、ちゃ…ん? あれ、ことり、何、してたの……?」

穂乃果「ことりちゃん!? ことりちゃん、戻ったの!?」

にこ「……ことりっ!!」

ことり「なんで、……ふたりとも、泣いてるの……? なかないで……」

にこ「バカ! バカ! ことりはにこが守るんだから! もう、どこにも行っちゃ、ダメよ……!!」ダキッ

ことり「にこちゃん……」

穂乃果「ことりちゃん、良かったよぉ……」




35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 22:22:54.94 ID:CybHq4RQ0

ことり「……ほんと、良かった、にこちゃんがおばかさんで。私の演技に、騙されちゃったね」

グサ

にこ「あ……え……? ぐ、あ……あ……!」

ことり「あはは! ことりはにこが守る? 無理だよ! だってみんな死ぬんだもん! 最後の一人しか生き残れないの! だから、ことりは……私が守るんだよ」

穂乃果「うわあぁああ!! にこちゃん!! にこちゃん! ことりちゃん、何で……戻ってない……!?」

ことり「ことりはしばらく目覚めないよ? これが終わるまで……寝てもらってるから」

にこ「は、や……く……にげ、……ほの、か……」ガシっ

ことり「んもう。死に損ないだなぁ。足、離してくれる?」

穂乃果「にこちゃん! いやだよ、いやだ!」

にこ「ほのか……にこ、の……おねがい……きけ、ない……っていうの……」

穂乃果「にこちゃん!!」

にこ「ほら……わらって……なさい……よ。にっこ、にっこ……にー……って、さ……。みんな……で、生きて……帰るんで…しょ……? ほら……にこ、も、……すぐ……追いつく……から……」

ことり「離してよ!」ザクっ

にこ「あ"あ"っ!!」

穂乃果「いや、辞めて……ことりちゃん、やめてよ……!!」

にこ「早く……!!! 逃げてぇえええ!!!」

穂乃果「に、にこちゃ、、、!! ごめ、ごめんね、すぐ、助けに、助けを、呼んでくるから……!!!」ダッ

ことり「あーあ。行っちゃった。にこちゃんのせいだよ?」

にこ「はぁ……はぁ……。こ、と……り……――」

ことり「さよなら、ことりの大好きな、にこちゃん」

ザク

ことり「……ことり、私が守ってあげるからね」

【矢澤 にこ、死亡。残り8人】



39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/02(月) 23:04:40.53 ID:CybHq4RQ0

Chapter9

―18:30―

海未「凛……どこに、行ってしまったのですか……」

希「……暗くなってしまったし、もう今日は凛ちゃんを捜すのは、諦めた方がいいかも知れんね」

花陽「確かに、その方がいいかも……。ねぇ、2人とも、さっきは助けてくれてありがとう」

海未「当然のことです。でも、仲間から仲間を助ける、というのは……とても辛いものですね」

希「こうまで人を追いつめるプログラム……こんなこと……」

花陽「でも、希望は捨てちゃダメだよ。凛ちゃんだって、きっと私が止めてみせる……」

海未「そうです! しかし、すぐにでも穂乃果に合流したいところですが……こうも暗いと」

希「ここから一番近いのは灯台やね。逆方向になってしまうけど、一旦そこまで行って明るくなってからまた穂乃果ちゃんの所を目指そうか」

海未「そうですね。しかし、凛が穂乃果のところに行ったら……!」

花陽「でも、凛ちゃん、私の銃だけ奪って自分の荷物は置いていったから、地図もないとたどり着けないんじゃないかな」

希「それもそうやね。花陽ちゃんも疲れちゃったやろ? 人間、休むことが何より大事よ。今日は灯台で休む、それで明日朝早くから穂乃果ちゃんの所を目指す、それでええやろ?」

海未「はい。そうですね。それより、凛、自分の武器は……?」

花陽「……なんだろう、これ。凛ちゃんの鞄に入ってたのは音楽プレイヤーみたいだけど」ガサゴソ

海未「聞いて、みますか? 何か情報が入っているのかも。私が聞いてみましょう」

希「リラックスできるBGMって、書いてるね」

BGM『……殺すのは……愉しい……』

海未「……あぁ……」

希「ちょ、海未ちゃん!?」

花陽「イヤホンを外して……!」

海未「あ、あぁ……! なんてことですか! 今、この音楽を聞いたら、すごく頭がふわふわして、なんと言うか……催眠術にでもかかったような……人を、こ、殺すのが楽しくなる……そんな気分になりました……」

花陽「凛ちゃんは、これのせいで、あんな風になってしまったのかも……!」

希「催眠か、あるいは、洗脳に近い……そんな作用を持った周波数とかが入っているのかも知らんね」

海未「プログラム……! こうまでして私たちを殺し合いさせようと……! こんなもの!」ガシャ!

希「絶望の無人島、か……」




40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 23:05:12.55 ID:CybHq4RQ0

**

真姫「もう少しで着くわ!」

絵里「それにしても暗くなってしまったわね……。懐中電灯があったから助かったものの」

真姫「穂乃果も心細いんじゃないかしら。私たちより先に向かってる人が居たらいいけど……」

絵里「着いたわ。ここね」

真姫「誰も、居ない……? って、きゃ、キャーーー!!」

絵里「どうしたの真姫!? ひっ……! に、にこ!?」

真姫「な、なんで……にこちゃんが……!? 一体誰が?!」

絵里「にこ! にこ、しっかりして……! にこ、……死んでる、わ……!」

真姫「何でよ! 何で!? 何がどうなってるのよ!?」

絵里「落ち着て真姫! ……誰かが、にこを、殺した……」

真姫「一体だれよ?! それに、穂乃果は……? まさか、穂乃果がにこちゃんを……!?」

絵里「穂乃果じゃないわ! 誰でもない……! μ’sのみんながこんなことするわけない……!」

真姫「もういやよ! にこちゃん、何で……なんで死んでるのよ……生き返ってよ……!!」

???「あーあー! 真姫ちゃんと絵里ちゃん、にこちゃんを殺しちゃったの!?」

絵里「だ、誰?!」

真姫「この声、凛?! 違う! 私たちがにこちゃんを殺すわけないでしょ!」

凛「えー!? 違うの? にこちゃんも凛が殺したかったにゃー!」

絵里「ころ、……凛? 何を、言ってるの……?」

凛「凛、決めたんだ。μ’sのみんなを殺すって。にこちゃんは誰かがもう殺しちゃったけど……絵里ちゃんと真姫ちゃんは凛が殺してあげるね?」

真姫「ちょ、何言ってるの!?」

ガァン!!

真姫「キャァ!」

絵里「真姫!? 凛、あなた……!」

凛「次は外さないよ。2人とも、凛を楽しませてね?」




41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 23:06:04.78 ID:CybHq4RQ0

真姫「いい加減にして! 凛、あなた一体どうしちゃったの!? 目を覚まして!」

絵里「ここは逃げた方が得策よ! 今凛は、おかしくなってる……!」

真姫「でも、だからって! 凛は、凛は、私の……初めて出来た友達なのよ!!」

凛「真姫ちゃんうれしいにゃー! 凛も真姫ちゃんは、大事な大事な友達にゃ! だから、きっと真姫ちゃんを殺すのって、とっても愉しいんだろうなぁ!」

ガァン!!

絵里「いい? とにかく今は逃げて! 他のメンバーを探すの!」

真姫「! わ、わかった……!」

凛「あーん! 待ってよぉ!」

ガァン、ガァン!!

絵里「全力で逃げるわよ!!」

真姫「はぁ、はぁ……! 凛、何で……!」

ガァン!

真姫「きゃぁ!!」ドサ

絵里「真姫!!」

凛「あれぇ? どこ行ったかにゃぁ? 暗くて見えないよ」

絵里「……静かに! 凛はこっちに気づいてない……どこかに行くのを待つわ」

真姫「ハァ……ハァ……」

凛「……んー? あっちかな?」たったったっ

絵里「行ったわ……、真姫、大変! 腕から血が……!」

真姫「凛……凛……どうして? 凛……! 私が、凛を、止めなきゃ……!」

絵里「しっかりして! 真姫、止血するわよ!」

真姫「……絵里……。私たち、生きて、帰れるの?」

絵里「帰れるわよ! 帰れる、帰れるんだからっ……」

絵里「……穂乃果、みんな、どこに居るの……? 大丈夫なの……?」

【残り8人】



42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/02(月) 23:43:41.03 ID:CybHq4RQ0

Chapter10

―20:20―

希「レトルト食品に……鍋、コンロも……簡易シャワーに、ベッドもあるみたいやね」

海未「灯台とはこんな施設だったのですね……」

希「花陽ちゃんの好きなお米もあるよ。レンジでチンするタイプのやつみたいやけどね」

花陽「ふふふ。ありがとう、希ちゃん。こんな時でも、お腹はすくんだね……」

希「ウチらは、生きてる、からね……」

海未「それでは食事にしましょうか。これからのことも考えなければ……」

花陽「そうだね」

海未「花陽、疲れきった顔をしていますよ。シャワーでも浴びて……少しでも疲れを流してください」

希「食事の用意はうちらに任せて、入っておいで?」

花陽「う、うん。ありがとう、2人とも」

海未「この部屋からでも十分、周りは見渡せますね」

希「待って! あのシルエット、ことりちゃんやない……?」

海未「!! あれは間違いなくことりです! 私、呼んできます!」

希「うん!」

海未「ことり! ここです! 希も花陽も居ますよ!」

ことり「……! 海未ちゃんだ。今度は……バレないようにしなきゃ」

海未「ここです、ことりー!」

ことり「う、海未ちゃん!!」




43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 23:44:37.33 ID:CybHq4RQ0

**

絵里「つ、ついたわ……民家街よ……!」

真姫「ハァ……ハァ……」

絵里「真姫、大丈夫?」

真姫「え、えぇ。ちょっと痛むけど、平気よ」

絵里「……! あの家! 灯りが付いてるわ! 行ってみましょう!」

真姫「……凛、だったら? にこちゃんを殺した、誰かだったら……!?」

絵里「……大丈夫よ! きっと……。念のため、真姫の武器、私が持っておくわね」

真姫「えぇ。その方がいいわ……」

ガチャ

絵里「……お邪魔します。私、絵里よ。誰か、誰かいるの?」

真姫「……」

??「えり、ちゃん……? 絵里ちゃん!!」

絵里「キャ! って、ほ、穂乃果!! 無事だったのね!?」

穂乃果「絵里ちゃん、絵里ちゃん……怖かったよ……!」

真姫「私も居るわよ!」

穂乃果「真姫ちゃん……! 会いたかったよぉ……」

絵里「……穂乃果が行っていた場所に、さっき行って来たところなの」

穂乃果「……!! にこちゃ……にこちゃん……! ごめんね、穂乃果……怖くてごめんねにこちゃん……」

絵里「何があったの!? 説明してくれる?」

穂乃果「ことりちゃんが……ことりちゃんが……にこちゃんと私を襲ったの……それで、にこちゃんが私を逃がしてくれて……助けに戻るって、約束したのに……でも、怖くて……」

真姫「ことりが……?」

穂乃果「ううん、あれは、ことりちゃんじゃない……ことりちゃんなんだけど、ことりちゃんじゃない……」

絵里「穂乃果……よく聞いて。にこは、残念ながら……」

穂乃果「うぅ、、、うわぁあああん! 穂乃果が、穂乃果が見捨てたんだ! 穂乃果が見殺しに……!!」




44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/02(月) 23:45:28.38 ID:CybHq4RQ0

絵里「違うわ! にこは、あなたをかばって! あなたを逃がす為に! だから、見殺しなんかじゃない……! にこにとっては、穂乃果が無事なことがなによりよ……」

真姫「……そうよ。にしても、ことりが、ことりじゃないってどういうこと?」

穂乃果「わからない……ことりちゃんなんだけど、ことりちゃんじゃなくて……」

絵里「二重人格……というものかしら」

真姫「そんなこと、実際にあるの? だとしたら、凛も……!」

穂乃果「凛ちゃん? 凛ちゃんが……どうかしたの……?」

真姫「凛も……いきなり私たちを襲って来たの。そして、私は撃たれた」

穂乃果「そんな……!」

絵里「信じ難いけど……本当のことよ」

穂乃果「海未ちゃん、海未ちゃんは?! それに、希ちゃんや花陽ちゃんは?」

絵里「まだ出会ってないの……無事だと、いいんだけど……」

穂乃果「そんな……」

真姫「でも、こうして出会えたから良かったわ。にこちゃんは、本当に、残念だけど……泣いてる暇はないわ。にこちゃんだって、みんなが死ぬのは望んでいないはずよ」

穂乃果「……真姫ちゃん。そうだよね、穂乃果達は生きて、生きて帰るんだ……! 絶対!」

絵里「そうよ……、絶対に、ね」

真姫「そう。だから、私は、凛を必ず止める」

穂乃果「穂乃果も、ことりちゃんを、きっと止めてみせる」

絵里「ええ。だから、一刻も早く残りのメンバーと合流しないと。といってももう夜遅くなってしまったし、明日になってから探しましょう」

穂乃果「そうだね。……真姫ちゃんは腕のけがは大丈夫なの?」

真姫「平気よ。かすり傷みたいなものよ」

穂乃果「そっか……。ことりちゃん……凛ちゃん……絶対に、止めないと」

真姫「そうよ。絶対に、止めるの」

絵里「そして、生きて帰りましょう……」

穂乃果「うん……」

穂乃果(にこちゃん。ごめんね。にこちゃん、ありがとう、にこちゃんは最後まで穂乃果を逃がそうとしてくれた……やっぱり優しいにこちゃんが穂乃果は大好きだよ。にこちゃんの分も……絶対に生きて帰るよ)

【残り8人】



56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 02:18:49.43 ID:bDuSdLi60

Chapter11

―20:30―

希「海未ちゃんに、花陽ちゃん、……それから、ことりちゃんも見つかった」

希「これで、4人、やね。ふふ、花陽ちゃんも驚くやろうね。この調子で、9人、みんなで……。……凛、ちゃん……」

パサッ

希「おっと、カードが落ちちゃった。……!!」

希「こ、これは、死神のカード……? ことりちゃんが見つかったとたん……まさか、ね……」

海未「希! 戻りました、ことりが……ことりが来てくれましたよ……!」

ことり「希、ちゃんも……! 良かった……良かったよぉ……」

希「……! こ、ことりちゃん……。無事で、何より」

希(きっとこれは思い違い、ただの、偶然やんね)

花陽「みんな、お先でした。って、えぇ!? こ、ことりちゃん!!」

ことり「花陽ちゃん! 良かった、良かった……3人も出会えるなんて……」

海未「今ちょうどそこでことりが歩いているのを見つけたところなんです」

花陽「さっきより顔色はだいぶ良くなったみたいだね……。良かった、ことりちゃんも無事で」

海未「ええ。ことり、今から食事にしようとしていたところなんです。辛い気持ちも……食べて吹き飛ぶといいのですが……」

希「そうやね……。今日は、ウチが作った栄養たーっぷりのスープなんよ。まぁ、ベースはレトルトなんやけどね?」

ことり「わ、わぁ! いい匂い!」

花陽「ほんとだ! ご飯に合いそうな……ガーリックがよく効いたいい匂いがするね!」

希「ふふふ、たーんと栄養付けんとね?」




57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/04(水) 02:19:24.78 ID:bDuSdLi60

ことり「……私がよそうよ!」

希「気にしないでいいんよ、ことりちゃん。ことりちゃんも疲れてるんやから、ゆっくりして?」

ことり「そんなことないよ! 私も、皆の力になりたい。お母さんを見たときは、辛くてほんとうに頭の中がぐちゃぐちゃになっちゃったけど……今は、私だってくよくよしてられないよ。皆と、一緒に生きて帰りたいから……」

花陽「ことりちゃん…」

ことり「だから、私にさせて?」

希「ことりちゃん、ありがとう。ほな、お言葉に甘えようかな?」

海未「……」

ことり「それにしても本当にいいにおいだね! そういえば……皆、鞄の中身は見た……?」

希「あぁ、うん……、一応ね。海未ちゃんのにはボウガンが入ってて、花陽ちゃんとウチのには銃が入ってたんよ。……こんなの、使うわけないのに」

ことり「……そうだよね。でも……もし、もしもだよ。いざとなったら……銃が二つもあると、心強いね」

花陽「そうなんだけど……、でも、私のは、……凛ちゃんが持っていっちゃったの」

ことり「……凛ちゃんが?」

希「……驚かないで聞いてほしいんやけど・凛ちゃんに配られたものは、どうやら人を殺すのを愉しいと感じさせる洗脳BGMが入った音楽プレイヤーやったみたいなんよ」

花陽「それで、凛ちゃん……おかしくなっちゃって……私たちを襲ったの……そのとき、奪われちゃって」

ことり「……そっか。残りの銃は、どこにあるの?」

海未「……それならボウガンと一緒に捨てました。あんなもの、私たちには要りませんから」

花陽「……?海未ちゃ 海未「私たちは殺し合いなんてしない、だから、そんな武器だなんて必要ありません。だから、捨てたんです」

希「……?」

ことり「そ、そっか……。うん、そうだよね。そんなもの、必要ないよね。はい、皆の分、用意出来たよ」

花陽「わぁ! ことりちゃん、ありがとう」

ことり「いただきまーす! うーん、美味しい!」

花陽「花陽も、いただきます!」

海未「待って、ください」




58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/04(水) 02:21:17.65 ID:bDuSdLi60

花陽「え?」

希「う、海未ちゃん?」

海未「2人とも、待ってください。ことり、そのスープは、美味しいですか?」

ことり「海未ちゃん、どうしたの? ……うん、とっても、美味しいよ? 早く覚めないうちに食べなよ」

海未「そのスープには、ことりの嫌いなにんにくが入っているのに?」

ことり「……気付かなかったなぁ。希ちゃん、料理上手だから」

海未「ことりは匂いを嗅いだだけで涙目になるほど嫌いなんです。こんなに香りだっているのに、変だと思いませんか?」

希「……確かに、ちょっと入れすぎちゃったかな、とは思ってたんやけど……」

海未「それに、……ことりは、自分のことを私だなんて呼びません。少なくとも、私の長年知っていることりは」

ことり「……何が、言いたいのかな?」

海未「……試しに、ことり、こちらの私のスープも飲んでみてくれませんか? ……ちょっとした、毒味、ですよ」

ことり「……疑ってるの?」

海未「ええ。なので、飲まないというのなら、私たちも飲みません。希には悪いですが」

ことり「……ひどいよ、海未ちゃん……!」

花陽「う、海未ちゃん……」

海未「2人とも、絶対に私がいいというまで口をつけないでください」

希「……わかった」

ことり「希ちゃんまでわた……ことりを疑うの!?」

海未「飲まないというのですか? では、この質問に答えてください。あなたは、……誰ですか?」

ことり「……。あーあ、やっぱりバレちゃったか。海未ちゃんたちによそったスープ? 飲めるわけないよ。だって、毒が入ってるんだもん」

花陽「……!!!」

ことり「……私は、ことりの中のもう一人のことり。ことりを守る為に、私は生きて帰らないといけないの」

海未「こ、ことりの中のことり?! 何を言っているのですか!」

希「ことりちゃんの、もう一人の人格……?!」

花陽「な、なんで……!」

ガシ!!

ことり「2人とも動かないで。動いたら、海未ちゃんの首、掻き切るよ?」

海未「ッ……!!」

【残り8人】



59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 02:54:34.43 ID:bDuSdLi60

Chapter12

海未「くっ……!」

ことり「……私の武器、これだったんだぁ。最初は銃でも持ってればスキを見て奪おうと思ってたんだけどね、捨てちゃったんだ。もったいないなぁ。でも丸腰の相手ならこの鎌でも十分だよね?」

花陽「海未ちゃんを離して!」

ことり「教えて。どこに捨てたの? 生きる為には、これだけじゃだめなの」

海未「そんなに、知りたいですか……!」

ドンっ!!

ことり「きゃっ……! 動くなって……言ったでしょ!!」ザシュ!!

海未「うああっ!!」

希「う、海未ちゃん!!!」

海未「く……はぁ……はぁ……、答えは、ここです」カチャ

ことり「……海未ちゃん、私に嘘吐いてたんだ?」

海未「……途中から、あなたに違和感を感じていたものですから」

ことり「何それ、最低」

海未「なんとでも言ってください。ことり……いえ、あなたなんてことりじゃない。今すぐここから出て行ってください。さもなければ、撃ちますよ?」

ことり「……そんなこと、出来るの?」




60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 02:55:31.10 ID:bDuSdLi60

海未「えぇ。姿形はことりでも、あなたのような人、仲間でもなんでもありません。今ここにいる私の大事な仲間……花陽と希に危害を加えるようであれば、躊躇無く撃てます!」

ことり「……あーあ、残念。うまく皆殺しにするつもりだったんだけど。また、別の手を考えなきゃだね」

希「ことり……ちゃん……」

花陽「……くっ……」

海未「……」

ことり「覚えておいて。次にあったら必ず殺すよ? ことりの為に、μ’sには、きっと必ず死んでもらう……!」

海未「……ならば、あなたも覚えておくべきです。ことりは、そんなこと望んでいない、と」

ことり「……あ、そう。じゃあね、またいつか」

バタン

海未「……うぅ、あぁ……あぁああああ!!」

希「海未ちゃん……!」

海未「撃つべきだった!! 撃つべきだったのに……!! 撃つべきだった……なのに……私は……!」

花陽「……責めないで。もし、今のが私だったとしても……撃たなかったよ。ことりちゃんを止めよう。ことりちゃんを、助けてあげよう」

希「花陽ちゃんの言う通りや。……こんなこと、ことりちゃんも望んでいないって、さっき自分で言ったやろ?」

海未「……ええ、そう、でした……。……必ず、ことりを……、助けてみせます……!」

希「……そう。それでこそ海未ちゃんや。助けてくれて、ありがとう。切り付けられたところ、痛むやろ……応急手当もしないと」

花陽「……SBR、絶対に、そんなものに、μ’sは負けない」




61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/04(水) 02:56:07.46 ID:bDuSdLi60

**

―22:00―

絵里「寝具も一通り揃っていて良かったわ。眠れるはずもないでしょうけど……ゆっくり横になって体を休めるのも大切よ」

穂乃果「うん……」

真姫「……明日になったらみんなを探すんでしょ? 何暗い顔してるのよ。そんなの、似合わないわよ」

絵里「そうよ。お風呂も湧いたし、入って来なさい」

穂乃果「絵里ちゃん、真姫ちゃん、ありがとう……。みんなが居てくれて、ほんとに良かった……一人じゃきっと、もう負けそうになってたところだよ」

絵里「ふふ。私も、穂乃果と真姫に会えてよかった。この調子で、みんなも集めましょう」

真姫「もちろんよ」

穂乃果「じゃあ私お風呂入ってくるね!」

絵里「ええ、ごゆっくりどうぞ」

真姫「……ふぅ。なんだか、今の現状が嘘見たいに少し落ち着いてる自分が居るわ」

絵里「真姫も? 実は、私も。こうやって3人だけでもいい、μ’sの誰かと居れることが、心安らぐものなんだって、実感したわ」

真姫「……ふふ、絵里ったら。……ん、?」

絵里「どうしたの? 携帯……がどうかした?」

真姫「……!!!」

絵里「真姫……?」

真姫「な、何でも無いわ!」サッ 

絵里「……そ、そう?」

真姫「ええ……。少し、先に横になってるわね」

絵里「……? ええ、わかったわ……?」

真姫(ごめんね、絵里。今は話せないけど、そのうち。……必ず、生きて帰るわよ)

【残り8人】



65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 04:38:01.52 ID:bDuSdLi60

Chapter13

―2日目 7:00―

小坂本『~♪ さあ皆朝だぞー元気に殺し合ってるかぁ? 朝の定期放送の時間だぞ!』

海未「……朝、みたいですね」

希「……そうやね」

花陽「今日こそはみんなと合流出来るように、頑張りましょう……!」

小坂本『ではまずは禁止エリアの発表からだ! メモの用意はいいかー?』

海未「……! 禁止エリアに行くと首輪が爆発すると言っていましたね。これはメモしなければ……」

小坂本『1-A、1-D、……以上の5エリアが禁止エリアとなったぞー! このエリアに立ち入ると首輪が漏れなくドカーン! だからな! 気をつけるんだぞ! 次ー、死亡者リスト!』

海未「!!」

希「死亡者……! そんなの、居る訳ないよね」

花陽「うん、大丈夫だよ……!」

小坂本『えー、現時点での死亡者は、矢澤にこ! 以上だ! ペースが悪いぞー! どんどんやれよ! じゃあな!』

希「………え」

海未「に、にこが……?!」

花陽「そ、そんな……!」

希「ニコっちが……、そんな……はず……だって……μ’sが……殺し合いなんて……」

海未「……ことりか、もしくは、凛が……」

花陽「……」

希「……そんな、こんな、……こんなことって……!」

海未「……やはり、あのときにことりを撃っていれば……」

花陽「……その話は、しちゃダメだよ。にこちゃん……これ以上、にこちゃんみたいに……私たちが、止めなきゃ……!」

希「……そうやね、こんなこと、もう、終わらせよう……! ウチらで、あの2人をどうにかしないと……」

海未「……また、被害者が出るかもしれません。一刻も早く、合流しないと……そうです!」

花陽「海未ちゃん? 何か思いついたの?」

海未「穂乃果のメガホン作戦です。さすがに私たちはメガホンを持っていないので声が届きませんが……見たところこの島も今は無人島ですが元々人が住んでいた町。市役所のようなところにでも行けば島全体に放送を流せるかもしれません!」

花陽「……そうだ!」

海未「すぐにでも……出発しましょう。希、大丈夫ですか……?」

希「うん。大丈夫……。ニコっちが亡くなってしまったのは辛いけど、今は泣いてるだけじゃダメやもんね」

海未「……ええ。天国から、きっと、きっとにこも私たちを見守ってくれているはずです」

花陽「うん。にこちゃん……どうか、安らかに眠ってください……」




78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 15:56:39.20 ID:bDuSdLi60

**

穂乃果「……それで、私たち、どうしよう」

絵里「残りのメンバーと合流を目標に、探し回るしかないわね」

真姫「そうね。……この地図に載ってる、ショッピングモールを目指さない?」

絵里「ショッピングモール……、確かに、食料品とかもあるはずだろうし、大きい分身を隠すにはぴったりかも知れないわね」

穂乃果「そうと決まれば早速出発しよう!」

真姫「ええ。それと、……あまり、こういうことは言いたくないんだけれど。絶対に死なないように、銃は肌身離さず持ちましょう」

絵里「……そうね。でも、真姫、いざとなれば、……撃てる?」

真姫「大丈夫よ。……凛も、ことりも、絶対に私たちが説得すれば目を覚ますはず、でも、でも、」

穂乃果「……わかってるよ。もし、もしも、誰かが危険な目に遭いそうなときは……そのときは」

真姫「ええ」

海未『プツッー……聞こえますか? 海未です』

穂乃果「う、海未ちゃん!? この声、どこから!? 良かった……海未ちゃん、無事だった……!」

絵里「海未! さっきの小坂本の放送と同じように、島内放送で呼びかけてるんだわ!」

真姫「海未……! 良かった……!」

希『ウチもおるよ、それに』

花陽『わ、私もいます!』

穂乃果「希ちゃん、花陽ちゃん……!!!」

絵里「3人とも、合流してたのね!!」

真姫「花陽も、希も……バラバラじゃなくて……良かった……!」

海未『……私たちは、みんなで集まるため、今、この放送で呼びかけています。2-D。そこにあるショッピングモールで……私たちは待っています! 絶対に、生きて一緒に帰りましょう! それと……こんなこと、信じてくれるかわかりませんが……今の、凛と……ことりは危険です。私を、今だけでもいい……信じてください。みんな合流したら、2人を……止めましょう。それまでは、……警戒……してください……』

真姫「海未達も……ことりと凛に会ったようね、なおさら無事でよかったわ……」

絵里「それに、ショッピングモール……、私たちが目指そうとしていたところよ」

穂乃果「うん! すぐ、すぐ行くから……! 待っててね、海未ちゃん、希ちゃん、花陽ちゃん……!!」

**




66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/04(水) 04:40:21.23 ID:bDuSdLi60

**

海未「……と、こんなところでしょうか」

希「よし! これでこのショッピングモールの出入り口はここのひとつ以外は閉鎖出来たね」

花陽「放送も島中に響き渡ってたから、きっとみんなも来てくれるよ」

海未「……では、私はここで見張りも兼ねて皆を待つとします」

花陽「そんな! 一人じゃ危ないよ!」

海未「いえ、3人居た方が、昨日の私みたいに……人質に取られでもしたら却って大変です。大丈夫、私ならこのボウガンがあるので大丈夫ですよ」

希「……その役目なら、ウチがやるよ。海未ちゃんも浅かったとは言え怪我してるんやし。それに……μ’sのみんなを待つのは、μ’sに入る前から、ううん、μ’sが出来る前からずーっとウチの役目や」

海未「……希。そんな目で言われれば、ここは希にお任せするしかありませんね。でも……危険な状況になればすぐに大声で呼んでください。必ず、駆けつけます」

花陽「うん。絶対だよ……!」

希「任せて!」

**

穂乃果「見えたよ! あれだ!」

絵里「こんな島の中にも……こんな大きいショッピングモールがあるのね」

真姫「そうね。ってあれ!! 希よ!!」

絵里「!! ほんとだわ!! 希ー!! 来たわー!!」

穂乃果「希ちゃーん!!!」

希「!!! えりち、真姫ちゃん……穂乃果ちゃん……みんな……!!!」

絵里「希!! ほんとうに無事で良かった……!」ダキッ

穂乃果「希ちゃん……会いたかったよぉ……!!」ダキッ

真姫「希、希……!」ダキッ

希「も、もうー! そんなに抱きつかれたら息苦しいよー……! ウチも、……ウチも、うれしいよ……! ぐすっ……」

絵里「海未と花陽は?」

希「中で待ってるよ。さ、みんな、早くいこう!」

穂乃果「うん!」




67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/04(水) 04:40:50.68 ID:bDuSdLi60

希「あ、待って! 一応、内側からバリケードしとかないと。中から大量にショッピングカートを運んで来たんよ」

絵里「あ……そうよね」

希「……凛ちゃんと、ことりちゃんには、……会った?」

穂乃果「……うん。ことりちゃんが、にこちゃんを……」

真姫「私は……凛に撃たれたわ、かすり傷で済んだけど」

希「……そっか。ことりちゃんは、どうやら二重人格になってしまったようや。それに、凛ちゃんは……洗脳でああなってしまったんよ」

絵里「洗脳?」

希「そう。洗脳する為のBGMというか、音というか、そんなんが入ってる音楽プレイヤーが、凛ちゃんに支給されたものやったみたいなんよ。それで……あんな風になってしまったんや」

真姫「それで……!」

穂乃果「……凛ちゃんも、ことりちゃんも、穂乃果達が絶対に止めなきゃ」

真姫「……そうよ。そして、絶対に生きて皆で帰るの」

希「……不思議やね。全員揃ってないけど、でも、ちょっとずつ集まって、希望の色がだんだんと濃くなっていった……そんな気がする。ニコっちも……居てくれればな……」

絵里「……にこについては、本当に辛いわ。でも、……その分頑張らなきゃって、私たちが、頑張らなきゃって……そう思う」

穂乃果「……うん。そうだよ、頑張って、頑張って……一緒に帰ろう」

真姫「ええ」

海未「穂乃果……穂乃果!! 絵里!! 真姫!!」

花陽「みんな!!!」

穂乃果「!! 海未ちゃん、花陽ちゃん!」

海未「よかった、よかった……6人、集まりました……!」

花陽「……すごく、心強いよ!」

真姫「そうね! ところで、海未、それは……?」

海未「あ、あぁ、これは裏の事務所のようなところで見つけたんです。スタッフ同士が付けるようなインカム、のようです。電源も付きますし、これだけ広いショッピングモールの中でならきっと役に立つと思って」

絵里「いいものを見つけたわね」




68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/04(水) 04:41:40.53 ID:bDuSdLi60

穂乃果「さっそく着けよう!」

真姫「ええ。……それに、早速なんだけど、ちょっと私このショッピングモールでこれから先役に立ちそうなものを探したいの。あとは食料も鞄に入ってたパンと水だけじゃ心もとないし、手分けして探さない?」

希「ええね! じゃあ食料調達班と別れて行動しようか」

海未「名案です。あとはここに残留して見張りをする班も必要ですね」

穂乃果「そうだね!」

花陽「各班武器はしっかり持っておいた方がいいよね」

絵里「真姫は支給された武器が銃だったけど……他の皆は?」

希「いざって言うときに使えそうなのは、うちの銃と、海未ちゃんのボウガン、だけや」

海未「3つあれば十分です。では、私はここで見張り番をします」

穂乃果「じゃあ穂乃果は海未ちゃんと一緒に!」

絵里「じゃあ私と希は食料班、真姫と花陽は、役に立ちそうなものを探して来る。それでいいかしら?」

真姫「ええ」

海未「なにか異変があったら、すぐにインカムで報せてください。各自、自分がどこにいるのかはきちんと把握しておいてくださいね」

穂乃果「うん!」

こうして、私たちはやっと、6人が再会出来た。

【残り8人】



70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 05:25:22.95 ID:bDuSdLi60

Chapter14

―とある日―

凛「真姫ちゃん、かよちん遅いよー! 次は、あのお店ね!」

花陽「り、凛ちゃん、走っちゃだめだよぉー……!」

真姫「凛! 止まりなさい! 危ないでしょ! もうー、こんなに疲れるショッピング初めてよ!」

花陽「……ふふ、その割には、楽しそうだよ?」

真姫「な、何よ!?」

花陽「……ううん。でも、花陽はすっごく楽しいな。凛ちゃん、昔から時々ああして私よりびゅーんって先に行っちゃって……、たまーに大変だなって思うときもあったの。でも、真姫ちゃんと仲良くなってから、真姫ちゃんがそんな凛ちゃんを止めてくれて」

真姫「な、何急に言い出すのよ……」

凛「もうー! はーやーくー! お店閉まっちゃうよー?」

花陽「……なんて言うか、ちょうどいい3人だな、って思うの。だから、今が、すっごく楽しい」

真姫「……わ、私だって、楽しいわよ。花陽と凛と、こ、こうやって……友達になれてよかったと思ってる……ってもう! 恥ずかしいじゃない! 凛も待ってるし、行くわよ!」

**




71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 05:26:39.61 ID:bDuSdLi60

―13:00―

ショッピングモール2F

花陽「……真姫ちゃんも無事で、ほんとに良かった」

真姫「……私も、花陽が無事で本当に安心したわ」

花陽「ふふ。なんだか真姫ちゃん、素直だね」

真姫「なっ……! 何よ、悪い!?」

花陽「ううん? ふふっ。それにしても、真姫ちゃんは何かを探してるの?」

真姫「あ、いや……別にそういう訳じゃ……ただ、あると便利なものとかがあるかもしれないでしょ、それを探しに来たのよ」

花陽「? そっか。……でも、ショッピングモールと言えば、凛ちゃんと3人で買い物に行ったのを思い出すね。あのとき、とても楽しかったな……」

真姫「……そう、ね」

花陽「勝手にいろんなコーナーやお店に行く凛ちゃんにさんざん振り回されたけど……、でも、すごく楽しかった。真姫ちゃんが友達になってから、それまで楽しかった凛ちゃんとの日々が、もっと楽しくなって。……また、そんな日々が、来るのかな」

真姫「……花陽」

花陽「あ、なんかごめんね、暗い話になっちゃって……」

真姫「来るわ。絶対に。凛は、凛は……私たちが止める。洗脳だかなんだか知らないけど、私たちの声は届くはずよ」

花陽「真姫ちゃん……。うん。また、一緒にお買い物しようね」

真姫「……ええ。あ、これと……あと、これと……これも要りそうね」

花陽「? 何に使うの、それ?」

真姫「な、何か役に立つかもしれないから持ってくの!」

花陽「……ふふ、変な真姫ちゃん」




72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/04(水) 05:27:25.89 ID:bDuSdLi60

ガッシャーン!!!

真姫「い、今の何の音!?」

花陽「ガラスが、割れる音……?!」

海未『みんな!? 聞こえますか?! 何か、今、ガラスが割れるような音がしましたが……! 出入り口からは異常ありませんが……!』

絵里『地下の食料品売り場にいるんだけど、そんな音は聞こえなかったわ……?』

真姫「おそらく……私たちがいる2階からよ……!」

穂乃果『真姫ちゃん!? 大丈夫なの?!』

真姫「ええ、今のところはね……。とりあえず今は一旦引き返した方が良さそうかしら……」

希『その方がええ。海未ちゃん達がおるところに戻ろう』

花陽「……!!!!!」

真姫「え、う、嘘……!! な、なんで!? どうやってここに!?」

凛「あー! 見つけたにゃー! ひっどいよー、ショッピングモールに来て、って言ったのにどこからも入れないんだもん。だから2階から入って来ちゃった!」

真姫「まさか2階の窓から……!? どうやってよじ上ったのよ……!」

花陽「凛ちゃん……!!」




73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/04(水) 05:28:07.70 ID:bDuSdLi60

凛「凛の大好きな真姫ちゃんと花陽ちゃんが2人揃っているなんて! 凛はとってもラッキーだね! さっ、2人とも、凛を楽しませてね?」

花陽「凛ちゃん! お願い、もうこんなこと止めて!!」

真姫「花陽……!」

凛「やめれないよー。凛、こんなに楽しいの、はじめてだもん」

花陽「私たちと居たときの方が楽しかったでしょ!?」

真姫「花陽……! ここは一回、引き戻して海未達と合流して……!」

花陽「思い出してよ! 人を殺して楽しいなんて……騙されちゃだめだよ! 凛ちゃん、お願いだから……目を覚まして!」

凛「……さい、うるさいうるさいうるさい! 凛の邪魔しないで! 凛は今! 楽しいの!  殺すのが楽しいの! 殺したくて! 殺したくて! 仕方ないの!!」

バァンっ!!!

花陽「うっあ……あ"ぁ"……!! ごほっ……!」

真姫「いや!!! 花陽!! 花陽!!!」

花陽「どうして……どう、して、凛……ちゃん……」

凛「あはぁああ! 血が出てる! かよちん! かよちんから血が!! 楽しい、楽しいよぉ!!」

花陽「凛、ちゃん……やっぱ……花陽じゃ……止めれなかった……かな……」

真姫「花陽! しっかりして! 花陽!!!!」

ザシュ!!

凛「にゃ!? 誰!? 凛の邪魔しないで!!」

海未「2人とも!!! 凛!! もう許しません!!」

穂乃果「2人とも大丈夫!?」

希「花陽ちゃん!!花陽ちゃん!!!!」

絵里「花陽っ……!!」

凛「……これは分が悪いかにゃ」 ダッ

海未「あ! 待ちなさい、凛! 凛! 2階から……飛び降りて行ってしまいました……。そ、それより、花陽は……!」

真姫「なんで……何でなのよ……! 一緒にまた買い物行くんでしょ!? しっかりしなさいよ! 一緒に……一緒に楽しい日を過ごすんでしょ……!!」

花陽「……ハァ、ハァ……。ねぇ、真姫ちゃん……ありがとう……ね……。私……真姫ちゃんと……あえて、よかった……、μ’sに入って……よかった……。まき……ちゃん……凛ちゃんを……止めて……あげて……」

真姫「諦めないでよ!! しっかりして!! お願い……死なないでよっ……死なないでよ花陽!! 一緒に帰るのよ!! ねぇ!! 死なないでよっ花陽、花陽ぉっ………!!!」

花陽「……やっぱ……り……、凛ちゃんの……ストッパー、は……ま……き……ちゃん……だ…よ……」

真姫「はな、よ……? 花……陽……、花陽ーーーーーーっ!!!!!!!」

小さな、でもしっかりと咲き誇った花がその一生を終え、私たちは、大声をあげ泣いた。

【小泉 花陽、死亡。残り7人】



79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/06(金) 02:47:44.37 ID:e4tGs3Fz0

Chapter15

真姫「花陽ぉ……!! 花陽っ……」

海未「……」

希「花陽……ちゃん……」

穂乃果「……こんなの、いやだよ。絶対に……絶対に止めなきゃ」

絵里「……えぇ」

真姫「……花陽、私、必ず、凛を止めるからね」

海未「……なにが、何が殺し合いですか!! こんなことして!! 一体何が目的なんですか!! ひどすぎます、こんなこと、ひどすぎます……うぐっ……ひぐっ……!! もう、もう、私もいっそ……!!」

真姫「……海未」ダキッ

海未「……ぐすっ」

真姫「私たちμ’sはこんなものに負けない。絶対に、生きて帰るの。こんな、こんな腐ったゲームに負けない。にこちゃんや花陽の為にも、……2人の分も、生きなきゃいけないの」

海未「……」

希「……辛いことはみんなで乗り越える、そうやって今まで、ウチらやってきたんや」

穂乃果「そうだよ。……海未ちゃん、私がいる。真姫ちゃんがいる。希ちゃんがいる、絵里ちゃんだっている。まだ、諦めちゃダメだよ」

海未「そう……ですね。……諦めません。私は、もう……諦めません……!!」

絵里「ええ。辛いけど、でも、負けちゃいけないのよね……」

海未「……花陽の、冥福を祈りましょう。花陽、あなたが居てくれて、あなたがμ’sのメンバーで……良かった。ありがとうございます」

真姫「……ねぇ、みんな、……黙祷、しましょう」

スッ

穂乃果(……スケッチブック? 真姫ちゃん急にそんなもの取り出してどうしたんだろう?)




80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/06(金) 02:48:22.37 ID:e4tGs3Fz0

**

凛「……なんで、なんでなんだろう……? 胸が痛いよ」

凛「かよちんを殺せて、凛は、楽しかったんだ。楽しかった。楽しかったんだよ……」

凛「……なのに、なんで凛は、……泣いてるの? おかしいよ。楽しいことだけ、楽しいことだけ考えよう。凛は殺すのが、楽しくて、楽しくて仕方ないんだから!」

ことり「あ、凛ちゃん」

凛「あ、ことりちゃん! ことりちゃん、凛を楽しませに来てくれたの?」

ことり「……何のこと?」

凛「……ことりちゃんを殺せば、ことりちゃんはきっとほんものの天使になるんだろうなぁ。楽しそう! ねぇ、ことりちゃん、凛を楽しませてくれる?」

ことり「……なぁんだ、凛ちゃんもやる気、だったんだね」

凛「なんの話してるの?」

ことり「誰か、殺せた?」

凛「うん! さっき、かよちんを殺して来たの。胸がすっごくドキドキして、楽しかった……なのに、何でか泣いちゃった……」

ことり「きっと、うれし泣きなんじゃないかなぁ。あ、そうだ、ねぇ、凛ちゃん」

凛「そっか、そうなのかも! なぁにことりちゃん?」

ことり「もっと楽しいことしない? 私と、ゲームしよう? 2人で、μ’sを多く殺した方が勝ち! どうかな?」

凛「何それ、すっごく楽しそう! 凛、やる!」

ことり「……ふふ、お互い、頑張らなきゃね?」

凛「うん! まっけてられないにゃー! 早速いくよー!!」

ことり「私も、負けないよっ」

ことり(数を減らす鬼は多い方がいい。最後に凛ちゃんが残ってくれれば、一対一でやりやすそうだしね……)

ことり「じゃあ、また、ね?」




81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/06(金) 02:51:46.36 ID:e4tGs3Fz0

**

真姫『これからは筆談で行くわ。声を出すのは謹んで。私が全てを話す。私たちが生き残る為の、プランを』

真姫『私の圏外のはずのケータイに、電波をジャックして叔父さんからのメールが届いたの。
その内容はこうよ。
叔父さんが、私たちを救う為に動いてくれていること、そして、私たちを縛り付けているこの首輪を外す方法。
この首輪を外す為にちょっとした工具や部品が必要なの。だから、このショッピングモールで探していたの。
そして重要なのは、この首輪には盗聴器が付いてるから、私たちの会話は全て筒抜けだということ。
だからこうして筆談でみんなに伝えているの。
計画がちょっとでもバレたら、絶対にダメだから。
伝えるのが遅くなってごめんなさい。バレたらおしまいだから慎重になっていたの。
でも、希望があるってことを伝えたくて』

4人「!!!」

真姫『そして、最後に、この形の部品さえ見つかれば……私たちは首輪を外すことができる』

海未「……!」

海未『それならば、工場があります。そこでなら見つかるかもしれません』

真姫『いいわね。行ってみましょう。それから、盗聴されてるんだから、くれぐれも、自然に。計画がバレないように気をつけてね。
じきに叔父さんが助けに来てくれる、それまで、耐えましょう』

4人「!」コクン

―15:00―

穂乃果「ここだ……」

絵里「ええ、早速中を探索しましょう」

海未「きっとここでなら……」

真姫「……海未の予想通りよ! あったわ!」

真姫「これで……!」

希「うん……!」




82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/06(金) 02:52:33.73 ID:e4tGs3Fz0

ことり「……なにが見つかったの? 宝物?」

5人「!!!」

穂乃果「こ、ことりちゃん……!」

真姫「!!」

海未「ことり……!」

絵里「……逃げましょう、みんな!」

真姫「……その方がいいわね」

ことり「逃がさないよ?」

真姫「走って!! あっちよ!!」

穂乃果「ダメ! こっちの扉、閉まってる! あっちは……!」

絵里「こっちもダメ、行き止まりよ……!!」

希「そんな!」

海未「最初に入って来た入り口の方に戻るしか、出口はなさそうですね……」

真姫「でもそれじゃぁことりと鉢合わせしてしまうわ! ことりは私たちを追ってここまで来てるはずよ!」

ことり「もう追いついたよ?」

希「!!!」

海未「このまま突っ切って出口に向かいましょう!! 銃で威嚇します!!」

ばんっ、ばんっ!!!

ことり「きゃっ……!!!」

絵里「今よっ!!!」ダッ

海未「……」




83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/06(金) 02:53:17.69 ID:e4tGs3Fz0

真姫「ちょ、ちょっと海未……!? どうして立ち止まってるの……!?」

海未「……真姫、みんな、……少し、私に、……時間をください」

穂乃果「う、海未ちゃん!? 何を……!」

絵里「海未!? ダメよ! 一人じゃ危険よ!」

希「そうや! 海未ちゃん!」

海未「……言ったでしょう。ことりは、私が、止めます。だから、少しだけ時間を」

穂乃果「ダメだよ!! 海未ちゃん!! ことりちゃんはもう……!!」

ギィ……がしゃん!!

穂乃果「う、海未ちゃん!? 扉を閉めちゃった!!!」

海未「穂乃果、私は必ず、皆のもとに戻ります!! もし、もしも万が一……ダメだと思ったら私は逃げます、だから先に行ってください!! この先に灯台があります! 希が知っているでしょう! そこで、必ず落ち合います!!」

穂乃果「開けて!! 海未ちゃん!! 何を言ってるの!? ことりちゃんは危険なんだよ!? 殺される!! お願いだから海未ちゃん……!!」

海未「……私が約束を破ったことがありますか?! 信じてください!! 私を……そして、ことりも!!! だから早く、早く行きなさい!!」

穂乃果「海未ちゃん!!! 海未ちゃん!!?! 開けて!!」ガンガン!!

希「扉を閉めて……ことりちゃんとふたりきりに……!」

真姫「海未!? 海未!!!!」

絵里「くっ……! 向こうからつい立してるみたい……!! 開かないわ……!」

穂乃果「そんなっ……海未ちゃん……海未ちゃん……!!」

真姫「……信じましょう、海未を。ことりを、ことりを必ず止めてくれるって……! ここは海未を信じて、灯台に向かうわよ!!」

穂乃果「……海未ちゃん、ことりちゃん。ごめんね、私、一度でもことりちゃんを諦めちゃったっ……。だから、信じる。信じて、待ってるから……!!」

希「……神様、お願い。海未ちゃんを守って……」

【残り7人】



84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/06(金) 03:42:03.30 ID:e4tGs3Fz0

Chapter16

海未「……さて」

ことり「わざわざ殺しやすい状況を作ってくれてありがとう海未ちゃん!」

海未「私は殺されません」

ことり「それはどうかな?」

海未「何せ私には銃がありますから」

ことり「……どうせ殺せないでしょ? だって、私はことりだもんね?」

海未「あなたはことりではありません。ですが……殺す必要もありません。なぜなら私が、本当のことりを連れ戻すからです」

ことり「わぁ、頼もしいな。……そんなこと出来ると思ってるの?」

海未「ええ」

ことり「自信ありげだね。でも残念、海未ちゃんはここで私に殺されて死ぬの」ダッ

海未「……少し、昔話をしましょう」

ことり「逃げるの? ちょこざいなぁ」

海未「中学生の時です。意地悪な男子にいじめられて……泣いたのを覚えていますか?」

ことり「……そんな記憶、私にはないよ」

海未「あのとき、ことりは私や穂乃果にはそんなこと一言も言わずに、一人で我慢して、陰で泣いていました」

ことり「だからぁ……」イライラ

海未「それを知った時、私はすごく自分に腹が立ちました。何で気付かなかったんだ、と」

ことり「話はそれだけ?! じゃあ死んでね!!」

海未「だから、私は決めたんです。ことりのことを、これから先、守ろうと」

ことり「……チッ!!!」ブン!!

海未「っと……! ですが、あのとき、私は理事長の姿を見てうち震えることりを、ただ呆然と見ることしか出来なかった……! 守ると決めながら、ことりに何も出来なかった……!」

ことり「そうだよ! だから私が生まれたの!! ことりを守る為に!!」

海未「二度と同じ過ちは繰り返さない! だから、私は、あなたを止めるんです!! ことりを守る為に!! ことりは、ことりはメンバーを殺して生き残るだなんてこと、望んでいない!! あなたがやっているのは、ことりをも傷つけているんですよ!!」

ことり「う、る……さい……!!」ザシュ!!

海未「くあっ……!!」ドサっ




85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/06(金) 03:44:13.47 ID:e4tGs3Fz0

ことり「うるさい……! めて……もうこんなの止めて……!!! あああ!! うるさいっ! こんな……こんな、絶望の中で!! なに、を……守る……って、いうの、よっ……!! あああああ!!! ことりは黙ってて!! 私がこいつを殺す!!」

海未「……ことり!? そのまま戻って来てください!! ことり!! 一緒に、一緒に帰るんです!! ことりぃ!!」

ことり「うるさい!!!」ザクっ

海未「…!!! な、何を!? 自分の体を傷つけるなんて……!!」

ことり「……海未ちゃんがうるさいからことりが起きそうになったじゃない。ことりを守るのは私だよ。μ’sを殺して、私は生きて帰るの! ことりと!! 一緒に生きて帰るの!!」

海未「ことりが一緒に帰るのはあなたなんかじゃない!! 私たちとです!!」

ことり「黙れって言ってるんだよ!!!!」ザクっ!!!

海未「がぁあああっ……!!!」

ことり「黙れ! 黙れ! 黙れ!!!」ザク、ザク、ザク!!!

海未「ぐ、あ……あぁ……あぁああ!!」フラ…

カチャ!

ことり「……! な、何が守るよ……!! その銃で私たちのことを殺すんでしょ?! 撃てるの? 撃てないんでしょ?!」

海未「……はぁ、……はぁ……」

ことり「!!」

ぽいっ

ことり「銃を捨てた……!?」ビクっ

海未「……はぁ、はぁ……」

ことり「あ、あは! 死ね! このまま死ね!」

海未「……こと、り……」ダキッ

ことり「!!!」

海未「あの、ときも……こうして……抱きしめて……あげ、れば……よか、った……」

ことり「は……はなして……!」

海未「わだしがっ……つ、いで……いまずっ、で……ひぐぅっ……ハァっ、ハァッ……言って……うぐぅあっ……あげれば……よか……ぅあっ……」

ことり「……いやっ……いや……!!」

海未「……すみ、ま……せ……こと、り……守れ……な……くて…………」

ことり「離してぇえええええ!!」

海未「……――――」ドサっ

ことり「い、痛っ……あ、頭がぁっ……!!!」

ことり「ハァ……ハァ……!! あ、あと……5人、殺せば……ハァ、ハァっ……ことり、私が……私が……やる……!!」フラ

ことり「灯台……灯台に……行く……! 銃も、……手に入れたんだ! ……あと……5人……私は……!」

【園田 海未、死亡。残り6人】



86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/06(金) 04:54:35.02 ID:e4tGs3Fz0

Chapter17

―灯台 18:00―

穂乃果「海未ちゃん、戻って、来ない」

穂乃果「海未ちゃん!!!! 穂乃果、戻る!! 海未ちゃんのところに……!!」

絵里「……ダメよ」

希「……」

穂乃果「何で!? 海未ちゃん、すぐ行くから……」

絵里「ダメって言ってるでしょ!!」

穂乃果「絵里ちゃん……! 何で……!」

絵里「穂乃果も……もう……わかってるんでしょ……? 海未は、もう……おそらく……」

穂乃果「そんなことないっ!! だって……約束したんだよ……ことりちゃんと一緒に戻ってくるって……約束したんだよ……。ことりちゃんを、止めるって……」

3人「……」

穂乃果「なんとか言ってよ!!」

絵里「……こんなに時間が経ってるのに、一向に、現れないのよっ……もう、わかるでしょっ……!!」

穂乃果「……!! だめ、だめなんだよ……もう、諦めたら……だめなのっ……」

絵里「私だって……諦めたくないわよ!! でも、でも……!」

希「……穂乃果ちゃん、えりち……」

穂乃果「……信じたくない……信じたくないよぉ……!!」

絵里「……いい? こんなこと言いたくないけど、死んでしまったら、終わりなのよ……! 海未が私たちを逃して! 私たちに託した希望も! 無駄になってしまうのよ!!」

希「海未ちゃんは、はじめからウチらを逃す為に、……」

穂乃果「ひぐっ……ぐすっ……!」

真姫「……そろそろ、頃合いよ。私たちが灯台にいるってことも、ことりにはバレてる。だから移動しましょう。約束の時間が……もうじき来るわ」

絵里「……えぇ」

真姫(凛……今どこに居るの? 私たちは生きて帰れるのよ? ねぇ……凛、あなたを必ず止める。花陽とも、約束したんだから……!)



87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/06(金) 04:55:03.16 ID:e4tGs3Fz0

**

―海辺のコテージ―

希「……ここで、待とうか?」

真姫「そうね。ここからなら合図も見えるはずよ」

穂乃果「……絵里ちゃん、さっきは、ごめんね。絵里ちゃんだって辛いのに……」

絵里「……ううん。穂乃果が一番辛いのはわかってるから。もちろん、わたしだって辛い。だから……ねぇ、」

真姫「……あ、あれは!! 凛?!」

希「……また!! こっちは気付かれてないみたいやから、隠れていよう」

絵里「そうね!」

真姫「……絵里、これ、あなたに預けておくわ」

絵里「これは……! ま、まさか真姫、あなた?!」

真姫「……一応、ね? ……私、約束したから。凛を必ず止めるって」

絵里「ダメよ!! お願い!! 行かないで!!」

真姫「……ごめんね、絵里」

絵里「ダメ! 嫌なの! もう、これ以上、私の前から誰も居なくなってほしくないの!! だから、だから、どこにも行かないで……!!」

真姫「……大丈夫。もし、もしもの時は……その時は、別の方法で凛を止めるから」

絵里「真姫……! なら、なら私も一緒に行くわ! 海未だって……! どうして自分だけ犠牲にしようとするのよ!!」

真姫「……犠牲になるつもりなんて無いわ。花陽も言ってたでしょ? 凛を止めるのは、私の役目だ、って」

絵里「……真姫、必ず、戻って来て」

穂乃果「うん、絶対だよ!!」

希「信じてる……!」




88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/06(金) 04:57:37.69 ID:e4tGs3Fz0

**

凛「ん? あー! 真姫ちゃん発見!」

真姫「……相変わらずのようね」

凛「今、ことりちゃんとゲームしてるにゃ! どっちがみんなを多く殺せるかっていう!」

真姫「悪趣味なゲーム。そんなの止めなさい」

凛「……なんで? 真姫ちゃんは、人を殺したいと思わないの?」

真姫「思わない」

凛「……変なの。こーんなに楽しいのに!」

真姫「じゃぁ、どうしてあなた、涙を流しているの?」

凛「これはうれし泣きなんだって! ことりちゃんが言ってた。でも、ずっと止まらないの」

真姫「違う!! そんなことして!! 楽しいはず無いじゃない!」

凛「……違わないよ!! 楽しいの! 楽しいんだよ! だから、真姫ちゃんだって殺すの!!」

真姫「凛!! 目を覚まして!!」

凛「うるさいにゃぁ!!」

バンっ!!

真姫「……っ!」

凛「うるさいうるさい!! 楽しい!! 殺すのは…楽しいんだよぉっ……!!!」

真姫「いい加減にしなさい!! どうして!! どうしてよ!? 洗脳された!? そんなの知らないわよ! そんなものの声には騙されるくせに、なんで! どうしてみんなの声は届かなかったの?! なんで花陽の声は届かなかったの!! なんで、なんで私の声は届かないの!?!?!?!」

凛「や、やめてよ……!!! やめて!!!」

真姫「思い出してよ!! 楽しかった毎日を……!! また、あの頃に……戻れるんだから!! 目を、目を覚ましなさい凛ーーーー!!!!!!!」

凛「あああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」

バンっバンッバンッ!!!!!

真姫「キャァっ!!! ……」

真姫「……? ……凛……?」

凛「ま、きちゃ……、凛、な、なんで……こんな、こと……」ガクガク

真姫「凛!? 目を、目を覚ましたのね?!」

凛「真姫ちゃん……かよちんを……凛が……凛がぁっ……!!」

真姫「あなたは何も悪くない!! 悪いのは……SBRよ!! 政府よ!! この国よ!!!! 凛は……何も、悪くない……っ!!!」ダキッ

凛「ひぐっ……あぁ……ごめ、なさ……ごめんなさ……!!」




89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/06(金) 04:58:28.96 ID:e4tGs3Fz0

真姫「……誰も、凛を責めないわ。凛は、洗脳されてたのよ……。だから、凛、一緒に戻りましょう。みんな、凛を、責めない。だから!」

凛「……みんな、……」

真姫「……そうよ。生きて、一緒に、帰りましょう。また、楽しい日々を過ごすの!」

凛「……うん!」

真姫「……ふふふ、ぐすっ……」

凛「……真姫ちゃん、ありがとうにゃ。凛を止めてくれて……本当に、ありがとう……。大好き……だよ……、みんな、大好きっ……」

真姫「……何言ってるのよ、凛のストッパーは、私、でしょ? さ! 向こうのコテージにみんないるの! 行くわよ!」

凛「……ねぇ、真姫ちゃん!」

真姫「なに?」

凛「見て? これ、真姫ちゃんが凛にくれたペンダント。可愛すぎるから似合わないって言って着けてないフリしてたけど、ほんとはとってもとってもうれしくて、毎日こっそり着けてたんだにゃ」

真姫「……凛?」

凛「真姫ちゃん、あの時はありがとうって言えなかったけど、ありがとう」

凛「いっぱいいっぱいありがとう……! こんな凛を……! 許してくれて……ありがとう……!! それから……」

凛「……ごめんね」

バンっ

真姫「……え?」

ドサっ

真姫「……な、んで……?」

凛「……ごめん、ね……。へへへ、やっぱ……り……凛が、自分を……ゆる、せない、……よ……」

真姫「いや、いやよ……」

凛「ま、きちゃ……ん……、凛、まき、ちゃ……が、友達で……よか……った……」

真姫「いやよ凛!!!! いやぁああああああ!!!!!!!!!!!!!! なんでよ!? なんで!!! なんで、目を、覚ましたのに、なんで、なんでこんなことに……!!!! なんでよぉおおおおおおお!!!!!!!!」

凛「あ……り……がと……にゃ……――――」

【星空 凛、死亡。残り5人】



97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/07(土) 02:27:53.21 ID:4xMTsnTL0

Chapter18

絵里「真姫! 銃声が聞こえたけど……り、凛!」

穂乃果「真姫ちゃんっ! ……!!!」

希「!!」

真姫「……凛、目を、覚ましたの。でも、でも、自分が……許せない、って……!!」

穂乃果「くっ……! なんで、なんで……!!」

真姫「……私は、復讐する。凛を……花陽を……にこちゃんを、海未ちゃんを、ことりちゃんを苦しめて!! 絶対に、絶対に許さない……!!」

真姫「……その為には、くよくよしてられない。みんな……、敵は、必ず!!」

穂乃果「……うん。そうだよ、私たちは、生きることを諦めちゃいけない!」

絵里「ええ……!」

希「……! 見て!? あれ、何やろう……海の方から、のろし……?」

真姫「!! 合図だわ……叔父さんが助けに来た……!」

絵里「……! そんな、でも、まだことりが……!」

真姫「……絵里、まずは、私たちだけでも確実に生還しないと。だから、この忌々しい首輪を……!! 穂乃果、こっちに来て! ええと、これを、こうして……こうすればいいのね……!」

カチャカチャ

穂乃果「!!! と、とれたよ!!」

真姫「急ぐわよ!」 

カチャカチャ……

真姫「……とれ、た……!! とれたわ……!!」

絵里「これで……!」

希「……生きて、一緒に帰れる……!!」




98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/07(土) 02:28:27.53 ID:4xMTsnTL0

穂乃果「……ずっと気になってたんだけど、真姫ちゃんの叔父さん、何者なの……?」

真姫「詳しくは、知らないけど……でも、海外によく行ったり来たりしてるのは知ってたの……まさか、こんなことが出来るなんて……」

希「……感謝しないとね」

真姫「ええ……! 叔父さんからのメールによると、のろしで合図を送ったら首輪を外して、そのまま分校に戻れという指示だったんだけど」

絵里「……最初の、あの……場所ね!」

ドッガーーーン!!!!!

真姫「な、何の音!? あ、あれは、分校の方から……!」

絵里「す、すごい煙よ!!」

希「爆発音みたいやね……、一体何が起きてるん!?」

??『……プツーーー、……ザザーっ……真姫! 生きてるか!? 叔父さんだ! 助けに来たぞ!』

真姫「この声! 叔父さんだわ!!」

真姫叔父『真姫の友達も、みんな助けに来たぞ! 今分校に乗り込んだ所だ! 早くここにくるんだ! 逃げる準備はできている! ……だが、予想以上に敵も手強い。まだまだ残っているやつらがいる! 俺の仲間たちが今必死に戦って時間は稼いでくれている! ……が、出来るだけ早く来るんだ……!!』

絵里「……なんてことなの……!」

穂乃果「……早いところ、行かないと!!」

真姫「ええ!」

希「急ごう!!」

**

―分校―

ドンガラガシャーン!! ぱらららら……! ドーンっ!!

真姫「な、何なのよこれ!!」




99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/07(土) 02:29:02.19 ID:4xMTsnTL0

絵里「まるで、戦争みたい……!」

希「至る所で爆発音や銃声が聞こえるよ……!」

穂乃果「す、すごい……」

真姫叔父「真姫!! 真姫!!! 良かった無事で……!」

真姫「お、叔父さん!! 助けに来てくれて、ありがとう……! でも、一体これは何なの?!」

真姫叔父「……真姫、隠していて済まなかった。実は俺は、反政府のテロリストなんだ」

絵里「テ、テロリスト!?」

真姫叔父「ああ、そうだ。俺たちテロリストは、政府をぶっつぶす為に戦っているんだ。こんなふざけた法律が認められるなんて、こんなの狂ってる!」

穂乃果「ほ、穂乃果には想像出来ない世界だよ……!」

真姫叔父「ここはもうすぐ制圧出来そうだ……! 逃亡用の船がある。そこに急ぐぞ!」

真姫叔父「……だが、真姫も、君たちも……今ここで俺たちと逃げるというのは、どういうことかわかるか?」

希「……ウチらも、反政府のテロリスト扱いに……なる……?」

真姫叔父「……そうだ。家族にも、もう会えないだろう。その覚悟は、あるか?」

真姫「今更そんなこと聞かないで。私も……私もこの国の政府をつぶしてやる!」

穂乃果「穂乃果は、……みんなが一緒にいてくれれば、それでいい!!」

希「ウチも、同じや」

絵里「……ふふ、私もよ」

真姫叔父「……そうか。君たち、強い瞳をしているな……。よし、行くぞ! 道中は俺の仲間が君たちを守ってくれる」

テロリスト達「よろしくな!」

4人「ええ!」




100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/07(土) 02:29:45.43 ID:4xMTsnTL0

テロ1「……もしもの時の為に、俺たちは自爆装置を持っている。だから、万が一敵に追いつかれたらその時は、俺たちをおいて先に行くんだ! いいな!」

真姫叔父「……すまない、こんな役目を負わせてしまって」

テロ2「何言ってるんですか! 西木野さんが……俺たちを、絶望の縁から救ってくれたんだ……!」

絵里「一体どうしてそこまで……?」

テロ3「俺たちは、親族や愛する人たちを失った……。君たちと同じように、SBR法のせいで……!」

真姫「そんな……!」

テロ4「だから、君たちを守って死ねるなら、それは、俺たちにとって……本望だ!!」

希「……!」

テロ5「り、リーダー……!! た、大変だ!! 兵隊達は一人以外は全滅させた……!! だが、奴は……奴だけは……とんでもない化け物だ……!! 」

パン!!

テロ5「ぐはっ……!!」ドサ

真姫「キャ!!」

希「あ、あれは……! 小坂本……!」

小坂本「……何事かと思ったらお前達かー! ったく、何でかなぁ!」

真姫叔父「こ、小坂本さん!?! どうして貴方が!!」

小坂本「……西木野じゃないか! どうしてってなぁ、僕も、この国も、狂っちまったんだよ……。狂ってないと、生きてられないんだよ!」

真姫叔父「どうして貴方が! 俺に、俺にテロリストの道を教えてくれたのは……貴方だったのに!!」

絵里「こ、小坂本も……テロリスト!?」

小坂本「……あぁ、僕も、SBRに娘を奪われて、復讐を誓いテロリストになった。だが、今度は、あいつらは僕の愛する妻をも奪おうとした……人質に、取られたんだ」

穂乃果「そ、そんなのひどいよ! あんまりだよ!!」




101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/07(土) 02:30:59.89 ID:4xMTsnTL0

小坂本「穂乃果は優しいなぁ。……でも、この国は、狂ってるんだ。僕も、狂ってしまった。一番憎んでいた政府の、犬になってしまったんだよ」

小坂本「犬は、犬らしく……最後まで遠吠えを続けるとするぞ!!」

カチャ!

テロ6「……!! ここは俺たちに任せてください!! リーダー、その子達と護衛係をつれて早く逃げてください!」

真姫叔父「……くっ……!! 政府め……!! すまない、すまない!! 行くぞみんな!!」

テロ1~3「おお!!」

絵里「この国は……どこまで狂っているのよ……!!」

穂乃果「……許せない……!!」

真姫「……ええ、絶対に……!!」

希「そうや……!!」

**

真姫叔父「とにかく走るんだ!!」

小坂本「逃がさないぞ……!!」

真姫「も、もう追いついてきたわ!! でもすごい傷よ……!?」

絵里「あの傷で動いてるなんて……なんて化け物なの……!」

小坂本「ははっ、そりゃ……褒め……言葉、だなぁ……絵里!」

パンッ

テロ1「ぐあっ!!」ドサっ

絵里「テロリストさん!!!」

テロ1「……」がくっ




102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/07(土) 02:31:47.66 ID:4xMTsnTL0

テロ2「くそ!! テロ1がやられたぞ!! もっと、もっと走れぇええええ!!!」

ぱらららららららら!!

小坂本「ぐあああ!!!!!!!! やって……くれるじゃないか……!!!」フラッ…

パン!パン!!!

絵里「キャァ!!!」 ドサっ

希「エリち!!」

テロ2「!! だ、だめだ! 止まっちゃダメだ!!」

希「で、でもエリちが!!」ダッ

テロ2「チっ!! おい、お前達、先に行け! 俺は彼女を連れ戻してすぐ追いつく!!」

穂乃果「え、絵里ちゃん!? 希ちゃん!!!」

テロ3「止まるな!! 行くぞ!!」グイッ

穂乃果「や、やめて離して、絵里ちゃんが……!!!」

真姫「え、絵里!!!!! 希ぃ!!!!」

真姫叔父「ダメだ真姫!!」グイッ

真姫「離して!! 離してよ!! 仲間なのよ!!?」

真姫叔父「テロ1だって俺たちの仲間なんだ……! お前達を救う為に、俺の仲間もたくさん犠牲になった……!! その犠牲を無駄にしないでくれ!!!」

真姫「ぐっ……絵里、希……!!!」

穂乃果「ふたりともぉっ……!!!」

【残り5人】



104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/07(土) 03:19:02.82 ID:4xMTsnTL0

Chapter19

―とある日ー

希「むむっ、こ、これは……今日のウチは、あんまり運が良くないみたいや……!」

絵里「……希のタロットはよく当たるからね。それにしても、あのラッキーガールの希が運勢が悪いなんて……ふふふっ、隕石でも落ちてこないといいんだけど」

にこ「って隕石が落ちて来たらにこたちとんでもないとばっちりじゃないのよ! そんな不運お断りよ!?」

希「えー、ウチら一心同体やん? 不運なことはみんなも分かち合うんよー?」

絵里「さ、さすがに隕石はお断りしたわね……」

にこ「……あ、危ない!」

車ブーン!バシャっ

希「ん? っひゃーっ!!」

にこ「ぷ、ぷくくっ……! み、見事に、ずぶぬれじゃないのよ……あははは!!」

絵里「車がはねた水たまりの水でずぶ濡れになるなんて……ハラショーだわ……ふふふ、あははは……!!」

希「も、もー! 笑わんといてよーっ!」

穂乃果「みんなー! おはよう! って、うわぁ!? 希ちゃん!?」

海未「おはようございます。って、の、希! どうしたのですかずぶ濡れで!」

ことり「わ、わぁー、大変!」

凛「おっはよー!! 何なにー!? 水遊び!? 希ちゃんだけずるーい! 凛も一緒に遊ぶにゃー!」

真姫「ちょ、ちょっと凛待ちなさいそれはダメーー!」

花陽「り、凛ちゃんー!!」

バッシャーン!!

みんな「きゃあー!」




105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/07(土) 03:21:11.51 ID:4xMTsnTL0

にこ「ちょ、ちょっと!!! みんなずぶ濡れになっちゃったじゃない!?」

絵里「は、ハラショー……」

海未「り、凛!! あなたは全く……」

穂乃果「ぷぷぷ! 海未ちゃんもびしょぬれだー!」

ことり「それは穂乃果ちゃんもことりたちも一緒だよ……」

花陽「……ふふふ、でも、ちょっと、楽しいかも」

凛「でしょぉー!?」

真姫「楽しくない!!」

希「ふふふ、あははは」

絵里「んもう、全く……ふふふ」

希(……みんなが居れば、こうやって笑って居れれば、ウチは、不運だなんてことは……ない……。みんなが、ウチの、希望や……)

**

テロ2「おい! 待て! 戻るんだ!! くそ、奴を倒して2人とも連れてくしかない……!!」

小坂本「ふぅー……ふぅー……!!」

ぱらららら!! バン! バン!!

テロ2「ぐあああああ!!!」ドサっ

小坂本「ぐぅ……あぁっ……」ドサっ

絵里「……ハァ、ハァ……なんで……行かないのよ、バカね……」

希「エリちをおいて行ける訳ない!!」

小坂本「まだ……まだ……まだだ……!」フラッフラッ……




106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/07(土) 03:21:59.16 ID:4xMTsnTL0

絵里「……行くのよ。じゃなきゃ、このまま2人とも殺される」

希「一緒に逃げるんよ!!」

絵里「足を撃たれたわ。私は……もう足手まとい」

希「ならウチがおぶっていく! だから、だから……!」

絵里「ふふっ。そんなの無理よ。私をおぶって逃げるなんて、いくら小坂本がひん死だからって、追いつかれて殺されてしまうわ」

希「そんなことないよ……! ダメ! エリちが一緒に居ないと、ダメなんよ!! 明るい未来なんて……エリちが居なかったら……!!」

絵里「……またカードが、そう告げてる? こんな時まで、希らしいわね」

希「違う!! ウチの、ウチの気持ちや!! エリち!! ウチはエリちを失いたくないんよ……! もう誰も、μ’sの誰も失いたくないんよ!!!」

絵里「……ねぇ、希。希のカード、私に、くれない? ほら、いつもポケットに入れてるんでしょ?」

スッ

絵里「……太陽、か。これは、どういう意味なのかしら?」




107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/07(土) 03:22:55.38 ID:4xMTsnTL0

希「友、情……。望みが、叶う……」

絵里「ふふふ。なんて縁起のいいカードなのかしら。これは私が貰っておくわね?」

希「エリち……いやや……一緒に逃げるんよ! エリちはウチの、大切な大切な友達や! 一緒に逃げてよ! ウチの望みを……かなえてよっ……!」

絵里「……ダーメ。これは、私が引いたカードなんだから。私の望みが、叶わなきゃね。ほら、もう……カードなんていらないでしょ? だって、そんなもの無くたって、あなたには、もう……未来を導いてくれる存在が居るから。あなたの望みを、叶えてくれる存在が居るから」

希「エリち……!」

絵里「……穂乃果と、真姫。……それから、ことり。あとのメンバーは、任せたわよ?」

小坂本「ふぅ……ふぅー……!!」

バン!バン!

絵里「!! 希!! 早く行って!!! 生きて! 生きるの!! あなたが、みんなが、この先生きてくれることが私の望み! だから早く、早く行くのよ!!!!」

希「いや……いやだよ……!!!」

絵里「……テロリストさんが言ってた自爆装置は、これね……」フラ

絵里「……最後のお願いよ、希。振り向いたら許さない。立ち止まったら許さない。私の望みを、叶えないと、絶対に許さないんだから! 走って!!!! 希ーーーー!!!!」

希「……! エリち、エリち、……ウチ、エリちにあえて良かった、エリちが居てくれて、良かった……!!! ありがとうはまだ言わない!! いつかまた、いつかまた会えるって……信じてる……!!」

ダッ

絵里「行った、わね。……ほんと、真姫の言う通り、面倒な人、……ふふ、でも、そんな希のこと、私は、大好きよ。小坂本、死なば、もろとも……!!」

小坂本「ふぅ……ふぅー……。……!!!」

ドカーーーーーーーン!!!

希「っ!!! うわあああああああああん!!! エリち…エリちぃいいいいい!!!!!!!!!!」

希(……生きる、それが、あなたの望みなら……ウチは、それを、ずっとずっと、叶える……!! エリち、先に、お休み―――)

【絢瀬 絵里、死亡。残り4人】



119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/08(日) 02:06:07.64 ID:GKdMLzZf0

Chapter20

真姫「希よ! 希が来たわ!」

穂乃果「希ちゃん! 無事で良かった……! 絵里、ちゃんは……」

希「……エリちは、ウチを逃がす為に、みんなを逃がす為に……小坂本を道連れに自爆して、……」

真姫「そん、な……!」

希「でも、ウチはもうくよくよしてられない。エリちの、最後の望みを叶えるんはウチらや。一緒に、生きて……エリちの、ううん、死んで行ったみんなの想いを、願いを、ウチらは叶えよう」

穂乃果「……そうだね」

真姫「そうよね。そう……でも、その前に一つ、私たちは終わらせないといけないでしょ?」

穂乃果「……うん」

希「噂をすれば、やね……」

ことり「ハァー……ハァー……!! みつ、け、た……!」

真姫「……叔父さん、少しだけ、私たちに時間をちょうだい。私たち、ラストステージを終わらせないといけない」

真姫叔父「……そんな目で言われたら、頷くしかないな」

真姫「……ありがとう」

穂乃果「……みんな、いこう……!」

希「うん!」

**

ことり「何で、首輪が……!?」

真姫「私たちは、生きて帰ることができるのよ。お願い、ことり、戻って来て」




120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 02:06:55.15 ID:GKdMLzZf0

ことり「うるさい!! もう、そんなこと関係ないよ……!」

ことり「ことりはあなたたちが居るから苦しむんだ! だから、あなたたちを殺して……ことりを救う!! 殺すんだぁあ!!!」

穂乃果「違う! ことりちゃんは、ことりちゃんは、あなたが苦しめてるんだよ!?」

希「そうや! ことりちゃんの大事なメンバーの命を奪って、苦しめてるのはあなたなんよ!!」

真姫「ことりを救うのは私たちよ!! ことり、お願い、戻って来て……!!」

ことり「うるさいうるさい黙れーー!!!!」

希「ことりちゃん、どうしたらウチらの声はことりちゃんに届くん!?」

ことり「もう届かない!! ことりなら、深い、深い眠りについてもらったから!!」

穂乃果「……お願い、ことりちゃん、穂乃果達と一緒にいこう……! 戻って来て!!」

ことり「うるさいって言ってるでしょ!! 死ね!!!!!」

カチャ!!

穂乃果「……っ! 撃たれるっ……!」

穂乃果「……?」

コトリ「くっ……体が動かない……! なぜ?! ことりは意識の奥底に追いやったはずなのに……!」

穂乃果「ことりちゃん! ことりちゃんなんだね?!」

ことり「……穂乃果ちゃん、希ちゃん、真姫ちゃん、ことりを、ことりをもう、止めて……!」

コトリ「なぜなの!? ことりが泣いて怯えてるから、私が、私がことりを守る為に殺していったのに! なんで!!! こいつらがいるせいで、ことりの胸が痛むんでしょ?! 邪魔をしないで!!」

ことり「……穂乃果ちゃん! お願い!! もうことりは長くは持たない……そのうち、穂乃果ちゃんたちを本気で殺してしまう……! だから、だから……!」

穂乃果「こ、ことり、ちゃん……!」

希「……ことりちゃん」

真姫「……もう、ことりを救う方法は、これしかないのかも知れないわね」

穂乃果「ことりちゃん。だったら、穂乃果がやる。穂乃果が、全部、終わらせる!」




121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 02:07:42.50 ID:GKdMLzZf0

カチャ

コトリ「ぐ!! 邪魔をしないでって言ってるでしょことり!!」

ことり「……早く!お願い、穂乃果ちゃん。真姫ちゃん、希ちゃん! ことり、これ以上みんなが苦しむ顔を見たくないの……」

穂乃果「……ことり、ちゃ、……」ガタガタ

真姫「……なーに震えてるのよ」スッ

希「……ウチもおる、真姫ちゃんだって。穂乃果ちゃんだけに辛い役目は負わせられない」スッ

穂乃果「ふたりとも……!」

ことり「……みんな、ことりを……助けて……。お願い、撃って!!!」

にこ『まーた暗い顔して! にっこにっこにーって言ったでしょ? これが、ことりを守る為の方法なら、何も恐れる必要はない。なにも戸惑う必要は無いわ。このスーパーアイドルにこにーだってついてるのよ?』

花陽『……私もいるよ! 力になれる為に、精一杯頑張ります!』

海未『もちろん、私もです。さあ、ことりを、救いましょう。穂乃果、真姫、希。貴女たちなら、できます』

凛『凛も、お手伝いさせて。……さぁ、いこう!』

絵里『ええ。ほら、穂乃果、いつものあれは?』

穂乃果「みんな……みんなの声が聞こえるよ……!」

希「ウチもやっ……!」

真姫「もう、何も、怖くないわ……!」

コトリ「……ぐううああああああ!! 邪魔をするなことりぃいいいいい!!!!」

穂乃果「……行くよ、μ’sミューッジク、……」

スタート――


パンッ

ドサっ

ことり「……あり、が、とう……」

銃声が鳴り響いたとき、確かに、ことりは笑った。
それはこの絶望の中で、初めてことりが見せた笑顔。
それは、メンバーと他愛無い日常を過ごした時の中で見せる……ことりの一番の笑顔だった。

【南 ことり、死亡。残り3人――ゲーム終了】




122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/08(日) 02:36:33.51 ID:GKdMLzZf0

Epilogue

―数年後―

……あのとき、短かったけど、とても長く感じられた絶望の日々は、終わった。

私たち3人は生き残り、真姫ちゃんの叔父さんに連れられ、叔父さんが属するテロリストグループの一員となった。

そこでは戦争で孤児となった子供たちや、私たちのようにSBRによって大切な人を奪われ復讐を誓う人たちがたくさんいる。

復讐は何も産まないのかも知れない。

それでも、私たちは、こうやって生きて行かなければいけない。

散って行った大切なメンバーの為に、生きていかなければいけない。

その後のSBRと言えば、一度は中止されたみたいだけど、またすぐに新たな法案が可決された。

その名も、BR2法。

詳しくは私たちもわからない、けれど、きっとまた、許し難い内容なんだと思う。

そんな政府軍は、今でも私たち反政府軍を壊滅させようと攻め込んでくる。

そして、今日も、すっかり慣れた火薬の匂いが鼻をかすめ、戦いが始まろうとしていた。

穂乃果「……敵が攻め込んでくるよ」

真姫「穂乃果は本当に鼻が利くわね。で、今度はだいたいどのくらいの数なの?」

穂乃果「そんなに大した数じゃないかな」

希「じゃぁ、一試合してこよか!」

子供「……お姉ちゃん達、行っちゃうの……?」

穂乃果「……大丈夫だよ。お姉ちゃん達は、大切な人たちと約束したから。この先、生きて、生きて、生きていくんだ、って」

希「そう。それに、あんまり早くに向こうに行っちゃうと、エリちに怒られてしまうからね」

真姫「……まー、凛にはさんざん迷惑かけられたんだから、もうしばらくはおとなしくして待っててもらわないとね?」




123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 02:37:17.57 ID:GKdMLzZf0

穂乃果「じゃぁ、いこうか! ぎゃふんと言わせたら、必ず戻って来るからね?」

子供「……うん、待ってる!」

**

真姫「……仕掛けておいたトラップでまずまず数は減らせたんじゃない?」

希「まぁ、それでも油断は禁物よ?」

穂乃果「それにしても、なんだか小柄な人たちばっかじゃない……?」

真姫「言われてみれば、確かに……。今まで攻め込んで来た屈強な男達とは違うわね……。女性の軍隊かしら……?」

希「……わざわざそんなもの送り込んで来るやろか? なーんか引っかかるね」

真姫「ねえ! み、見て……!! あの子達の首!!!」

希「首輪……あれ、は……!」

穂乃果「そんな、一体どうなってるの……?! スコープで覗いてみるよ!」





穂乃果「!!!!!!!!!!」





希「ほ、穂乃果ちゃん、どうしたん?」

真姫「穂乃果?!」

穂乃果「な、ん……で……? なんで、……なんで……」

希「穂乃果ちゃん! 何が見えたんや!?」



穂乃果「なんで雪穂がこんなところにいるのっ……!?!?!?」



(おわり)



124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/08(日) 02:46:17.44 ID:GKdMLzZf0

ということで最後までおつきあいいただきましてありがとう。
途中の反応すごく励みになりました!ありがとう。
バトロワの極限の中での人間ドラマが大好きで書いてみたかったんだけど、なかなか思うようには書けないな
続編も機会があれば書こうと思うんでその時はぜひおつきあいください!
前投下した希の不人気投票のやつもよかったらw



127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 02:57:19.92 ID:r54djRh50

おつおっつ



128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 03:27:01.09 ID:oC0+b99Ho


まとまってて読みやすかった


元スレ
SS速報VIP:穂乃果「μ’sで殺し合い!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401652562/