2: ◆PChhdNeYjM 2017/09/13(水) 22:34:41.09 ID:+DA1dLdhO


妹「な……どうして?」

妹「なんでそんな……いきなり」

兄「いきなりじゃないさ、大分前から思ってたことだ」

兄「もう、お前には飽きた」

兄「そういうことだから、お前はおふくろの所に帰れ」


妹「ちょっと待って」


兄「……何だ?」

妹「嘘だったの?」

兄「何の話だ?」


妹「そんなの決まってるでしょ……今までのアンタの言動の話!」


妹「あの時……アンタ言ったじゃん!」


―――


兄『なあ……妹』

兄『昨日、お前……キスしてって言ってくれたよな?』

妹『……!』

兄『ごめん……受け入れられなくて』

兄『戸惑ってたんだ……それで、本当にいいのかって』

兄『でも……覚悟、決まったよ』

妹『覚悟……?』

兄『ああ……この先、何があっても……俺がずっと、傍にいる』

兄『そういう、覚悟だ』


―――


妹「まさか、自分で言ったことを忘れたなんて言わないでしょうね?」

兄「なっ……///」

兄「それはお前が俺に媚薬を飲ませたからじゃねーか!」

妹「アンタが先に飲ませたんじゃん!」

兄「うっ……それを言われると……」




3: ◆PChhdNeYjM 2017/09/13(水) 22:35:28.66 ID:+DA1dLdhO


妹「それに、あの時も……」


―――


兄(妹の手……小さいな)

兄(昔から、俺の方が一回り、手が大きいんだ)

兄(でも、それは大きさが変わっていないわけじゃない)

兄(時が経つにつれて、どちらも大人になって……手の大きさも、気が付かない速さで段々大きくなっていくんだ)

兄(だから……きっと、いつまでもこうして仲良く一緒にいるなんて、叶わないのかもしれない)

兄(でもな……たとえ、いつか別れることになったとしても)

兄(俺はずっと……お前を守ってやるからな)


―――


兄「モノローグじゃねーか!何でお前が知ってんだ!?」

妹「アンタが小声でブツブツ言ってたのよ!……ッテイウセッテイニカワッタノヨ」

妹「それに、あの時だって!」


―――


兄『妹……本当に、いいんだな?』

妹『……何度も言わせんなっつーの』

妹『いいって言った……////』

兄『……妹』

兄『愛してる……心から』


―――


妹「自らの下半身を覆うものを全て取り除き、やがて熱の注ぎ込まれた――」

兄「待って!ここ全年齢板だから!ホントやめて!」




4: ◆PChhdNeYjM 2017/09/13(水) 22:36:03.59 ID:+DA1dLdhO


妹「酷いよお兄……私の身体を奪っておいて、責任を取らないなんて……!」 

兄「うるせえ!」

妹「っ……」

兄「いいから……もう出ていけ」

兄「そんで、もうここには来るな」

妹「……そう」



パシンッ



兄「いっ……!」

妹「わかった……アンタは最低男だったってことが、よーくわかった!!」



ドタドタドタ……バタンッ



兄「行ったか」

兄「クソ、思いっきり引っぱたきやがって……」



兄「ごめんな、妹」




5: ◆PChhdNeYjM 2017/09/13(水) 22:37:01.59 ID:+DA1dLdhO


―――


妹(信じらんない……信じらんない!)

妹(あんなことまでしといて、今更……!)

妹「……ひどいよ」

妹「忘れられるわけ……ない……」

妹「うぅ……」


―――

兄のアパートから実家までは電車で30分程という設定です




妹「……ただいま」

母「あら、おかえり」

母「……兄は?」

妹「知らない」

母「知らないわけないでしょ、あなた……」

妹「知らないっ!あんな奴!!」


バタンッ


母「ご飯も食べないで自分の部屋に……」

母「……ふーん」


母「よかった」




6: ◆PChhdNeYjM 2017/09/13(水) 22:37:35.91 ID:+DA1dLdhO


―――


母<ようやく終わったのね)

           (何のことだ>兄

母<気にすることないわ)

母<異常が正常に戻るだけ)

       (さっぱりわからない>兄

母<早く新しい恋を見つけなさい)

母<これは命令よ)

  (だから、何のこと言ってんのか>兄

   (わかんねえって言ってんだよ>兄




7: ◆PChhdNeYjM 2017/09/13(水) 22:38:31.56 ID:+DA1dLdhO


―――


妹「どうして……」

妹「どうしてなのよっ!」

妹(兄妹で結ばれることが……そんなに許されないことなの?)

妹(いや……違うか)

妹「あいつの事だ、きっと本当に飽きたんだわ」

妹「いっそ殺してやろうかしら、あの屑」

妹「バカ、マヌケ、アホ」

妹「お調子者、半端者、優男」

妹「……ばかみたい」


ピロリン


妹「え?」

妹「お兄……」



          (何してる?>兄

妹<フッたばかりの女にメールする?普通)

            (ごめん>兄

妹<絶対許さない)

         (悪かったって>兄

妹<許さないっての)

          (ところでさ>兄

(今、すぐ傍の公園にいるんだけど>兄

          (来れるか?>兄



妹「……え?」

妹「来れるって……今?」

妹「夜の10時……私、明日講義1限なのに」

妹「でも……だけど」



妹<わかった、行く)

           (待ってる>兄




8: ◆PChhdNeYjM 2017/09/13(水) 22:39:16.74 ID:+DA1dLdhO


―――


妹「ハァ……ハァ……」

兄「おっ、来たか」

兄「別に急がなくても良かったんだけどな」

妹「バカ……こんなに寒いのに」


妹「で?フッた女に今更何の用?」

兄「はは、手厳しいな」

妹「あったりまえでしょ?」


兄「……あのさ、妹」



兄「俺と、駆け落ちしないか?」



妹「……は?」




9: ◆PChhdNeYjM 2017/09/13(水) 22:40:03.24 ID:+DA1dLdhO


兄「北海道にな、大学の友達の知り合いがいるんだけど、いい感じの仕事を紹介してくれるらしい」

兄「最初は厳しいかもしれないが、俺がここ最近バイトで貯めた金もあるし、多分どうにかなる」

兄「どうだ?そんなに悪い話でもないだろ」


妹「いや……いやいやいや、駆け落ちって……え?」



妹「あの……駆け落ちだよね?」



兄「俺の知る限りでは、1つの意味しかないな」


妹「なんで……だってお兄、私のこと嫌いになったんじゃないの?」

兄「……それは」


妹「なんなのよ!ハッキリして!」


妹「お兄は昔からいつもそう!」

妹「どうでもいい時ばかり調子のいいこと言って、肝心な時はいつもお茶を濁して」

妹「いい加減にしてよ……」

妹「これ以上、私を惑わせないで……」


兄「妹……」

兄「ああ、そうだな」



兄「全部話すよ」




10: ◆PChhdNeYjM 2017/09/13(水) 22:42:07.78 ID:+DA1dLdhO


兄「と言っても、大して長い話でもないんだけどな」


妹「……え?」


兄「ほら、俺とお前って、高校まではそれなりに普通だっただろ」

妹「普通の基準がわからないんだけど」

兄「だから、あれだよ」

兄「多少仲は良くても、お互いを……その……男女として意識したことは無かっただろ?」

妹「それは……そうだった……ような?」


兄「だけど、俺が大学受かって一人暮らし始めてから、お前が俺の部屋に通うようになって」

兄「お前が大学受かった時、俺の部屋から通うって言い始めてから、おふくろが俺達の関係を疑い始めたんだ」


兄「ドンピシャだよ、俺達がそういう風になったのもその時からだ」


妹「つまり……お母さんには、最初から疑われてたわけね」

妹「でも、それとこれと何の関係があるのよ」


兄「大ありだよ」


兄「このまま俺達が一緒にいれば、いずれおふくろに決定的な証拠を握られるだろうな」

妹「証拠?」

兄「……これだ」



妹(写真……これ……)



妹「私達……こんな所、撮られてたなんて」

兄「ああ、まさかおふくろがいたとは思わなかった、俺も驚いたよ」

兄「兄妹で、しかも口同士のキスなんて……普通じゃないだろ」

妹「これがお母さんから送られたから……お兄は……」


兄「俺だって、お前のことを忘れて生きていくなんて嫌なんだよ」


兄「新しい恋を見つけるなんて、まっぴらゴメンなんだよ」

兄「だから頼む……2人で、遠い所へ行こう」




11: ◆PChhdNeYjM 2017/09/13(水) 22:48:35.57 ID:+DA1dLdhO


妹(お兄の気持ちはすごく嬉しい)

妹(……けど、行ったこともない場所で、しかも二人で暮らすなんて……無理だよ)

妹(本当は行きたい……駆け落ちしてでも、お兄と一緒に暮らしたい……でも……)

妹(今後の二人の事を……お兄の将来の事を考えたら……)


妹「ごめんなさい……お兄の気持ちには答えられない」





妹(将来のことはすごく不安だよ)

妹(知らない土地で、そう簡単にやっていけるとは思えない)

妹(それでも、お兄と別れて生きていくなんて……絶対嫌!)

妹(愛の力があれば……なんて都合のいいこと、ないってわかってるけど)

妹(それでも私は……お兄と一緒に生きたいの)


妹「……はい」




>>12



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/13(水) 22:51:25.18 ID:FdzJSKuV0

2



13: ◆PChhdNeYjM 2017/09/13(水) 23:36:33.81 ID:+DA1dLdhO


兄(はいって……言ったのか)

兄(正直、断られると思ってた)

兄(あんなひどい事を言ったばかりだし、受け入れられるなんて思ってなかった)

兄(それでも……妹は選んだ)

兄(俺を選んでくれた)

兄(なら、俺のすることは1つだろ)



ピロリン



兄「……なんだ?」




母<結局、そっちを選んだのね)




兄「なん……だと……」


妹「お兄……どうしたの?」

兄「見られてた……つけられてたんだ」

兄「くそっ、子はいつまでも親に敵わねえってか」


妹「……私の答えは一つだよ、お兄」

妹「たとえ世界を敵に回しても……私はアンタのことが好き」

妹「……えへへ、ちょっとクサいかな」

妹「でも、それくらい好きなの」

妹「愛してる、お兄」ギュッ


兄「妹……」

兄「ああ、俺も愛してる」



兄(連れていくさ、どこまでも)

兄(誰一人として味方がいなくなったとしても)

兄(俺一人になったとしても、必ずこいつは守って見せる)

兄(俺は、こいつの兄貴なんだからさ)



兄「行こう、妹」

妹「うん……!」




14: ◆PChhdNeYjM 2017/09/13(水) 23:42:25.18 ID:+DA1dLdhO

短いけど今日はここまで
次回の更新では兄妹が駆け落ちした後日談を書こうと思っています

最近リアルが忙しくてほとんど書けてないです、大体3ヵ月ぶり?ですかね
今年一杯忙しい日々が続くことが確定していますが、完結まで長い目でお付き合いしてくださると幸いです



元スレ
SS速報VIP:兄「終わりにしよう」妹「え?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505309615/