SS速報VIP:ことり「あなたの残した春の詩」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506297555/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 08:59:15.33 ID:pRvOLlpx0



ことりは、海未ちゃんの詞が好きでした

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506297555




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 08:59:49.77 ID:pRvOLlpx0

海未ちゃんは衣装を作る前に、必ず歌詞を渡してくれる


紙に書き記された文字から海未ちゃんの心や考えを読み取っていく


その浮かべた想いから、どんな衣装にするか考える


その時間が、好きでした




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:00:30.43 ID:pRvOLlpx0

いつしか、歌詞と一緒にお菓子を差し入れてくれたこともありました


どうしてかと聞いてみたれば「もうすぐハロウィンですから」との返事


今日だけ、魔法使い


いつも自分を律する海未ちゃんの、一欠片の願い


その手助けになりたくて、ことりは精一杯針を振るいました



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:01:02.97 ID:pRvOLlpx0

ある日、ことりは言いました


律儀に歌詞を仕上げなくても、イメージだけ伝えてくれれば衣装は作れる


いつも忙しいのだから、無理しなくてもいい


何気ない気遣いのつもりで、ことりは言葉を口にしました



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:01:35.19 ID:pRvOLlpx0

海未ちゃんはいつもの柔らかな笑顔を崩さずにことりに言いました



「ことりには、わたしの気持ちを知ってもらいたいのです」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:02:13.82 ID:pRvOLlpx0

気持ちを知ってもらいたい


ともすれば愛の告白のような言葉に、ことりは何日も悩みました


確かに海未ちゃんから受け取った詞から、精一杯気持ちや考えをくみ取ろうとしていました


でも、「知ってもらいたい」…まるでそのことを見透かしたような物言いにことりは頭が、ぐちゃぐちゃになりました



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:02:46.06 ID:pRvOLlpx0

月日が流れた春の日、ことりは答え合わせを求めました


過去を懐かしみ、慈しむようなその表情


ことりの言葉を聞き終えると、海未ちゃんは静かに語り始めました



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:03:28.30 ID:pRvOLlpx0

「歌詞を書き始めて最初の頃は、何とか詞として形作ろうと、必死でした」


「でも、ある時気付いたんです…歌詞は手紙のように書けばいいんだって」


「受け取って下さる人が、感じてくれる人が居て初めて意味を成す、私からの手紙なんだって」


「そして…」


「私の気持ちを受け取ってくれる最初の人は…あなたです、ことり」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:04:08.37 ID:pRvOLlpx0


言葉が口をついて出てこないことりを余所に、海未ちゃんが自らの鞄から何かを取り出す


文字の書かれた、一枚の紙切れ


「ですからもう一度、私の気持ちを受け取ってもらえますか?」


紙片の片側を軽く持つと、海未ちゃんが手を離す


凛とした表情でこちらを見据え、海未ちゃんは次の句を続ける


「これが、私からことりに渡す最後の詞です」


その声は少し、震えていました




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:04:36.01 ID:pRvOLlpx0

自室に入り、受け取った紙を鞄から取り出す


この曲がμ`sの、珠玉の一曲


そこに連なる言葉に、胸が締め付けられる


奥ゆかしい海未ちゃんの叫びが、込められている



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:05:54.43 ID:pRvOLlpx0

淡い蓮華色のレースを重ね、衣装を紡ぐ


一枚一枚の布を、花びらを撫でるように混ぜ合わせる


「みんなと出会えたこと、嬉しくて」


ふと、布に落ちる熱い滴


とめどなく流れ、シミを作るその涙に


ことりは針が錆びぬよう、袖で拭うことしか出来ませんでした。




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:06:31.26 ID:pRvOLlpx0

おわり



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:36:17.13 ID:MW5njA4f0

朝から凄く良いものを読ませてもらった



元スレ
SS速報VIP:ことり「あなたの残した春の詩」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506297555/