1: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:09:17.03 ID:7e4gpyPP0

.


ダル「由季たんが、ラボに遊びに来てくれたお!」

由季「初めまして、阿万音由季です♪」

まゆり「とっとぅる~♪まゆしぃです♪」

岡部「フゥハーハハッ!!我が名は、狂気のマァァァァド・サイエンティィスト…」

紅莉栖「貴女は、そのHENTAIに騙されてる!」

.



2: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:10:12.71 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「助手ゥゥ!!貴様、この鳳凰院凶真の崇高な名乗りを邪魔…」

ダル「ちょ、牧瀬氏!?いきなり、何言い出すん!?」

紅莉栖「黙れ、このHENTAI!」

由季「???」

まゆり「紅莉栖ちゃん…」

.



3: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:13:43.16 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「だから、ダルも俺の名乗りを…」

紅莉栖「さあ、さっさと白状しなさい!薬?催眠術?」

ダル「牧瀬氏、ボクを何だと思ってるんだお?」

紅莉栖「HENTAI。もしくは、犯罪者予備軍から、ランクアップした犯罪者」

まゆり「…それって、ランクアップなのかなぁ?」

.



4: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:16:14.72 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「だから、俺の邪魔を…」

由季「あの…フォトショで自分の画像を加工した件なら、もう謝って貰いましたけど…」

紅莉栖「え…!」

ダル「そうだお。牧瀬氏に言われて、ボク、きちんと由季たんに謝罪しますた」

まゆり「ダルくん、偉いよ…」

.



6: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:19:01.73 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「どいつもこいつも、俺の話しを…」

紅莉栖「ごめん、橋田…。私、てっきり貴方が非合法的な手段で、彼女を毒牙に掛けたとばっかり…」

ダル「…それ、謝罪なん?」

まゆり「ともかく、みんな仲直りできて良かったのです♪」

.



8: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:20:35.21 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「ちぃぃぃぃぃぃとも、よくないわーーーーッ!!!!」

紅莉栖「わッ!?…岡部、いたの?」

岡部「最初から、いたわッ!!このクリスティーナ!!」

紅莉栖「だから、ティーナ言うなッ!!この、バカ岡部!!」

由季「クリス…ティーナ?」

.



10: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:21:33.67 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「この、クリスティーナ!!ティーナ!!ティーナ!!ティーナ!!」

紅莉栖「バカ岡部!!バカ岡部!!バカ岡部!!バカ岡部!!」

まゆり「二人とも、止めようよぅ…」

ダル「小学生かお」

由季「クリスティーナ…って」

.



12: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:22:40.02 ID:7e4gpyPP0

.



由季「恋人同士の愛称ですか?」

岡部「ブッホォォォォォォォォォッ!!??」

紅莉栖「な、なんぞッ!?」


.



13: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:23:58.67 ID:7e4gpyPP0

.


由季「御二人とも仲が良さそうで、羨ましいです♪」

岡部「ちッ、ちっがーーーううッ!!ク、クリスティーナは、けっして愛称などではないぞッ!?」

紅莉栖「…じゃ、どういうつもりで、ティーナティーナ言ってたのよ?」

岡部「へ?」

.



15: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:25:34.62 ID:7e4gpyPP0

.


紅莉栖「アンタ、私が嫌だって言ってるのに、いっつもそれ連呼して…」

岡部「い、いや、それはだな…!」

紅莉栖「き、きちんと紅莉栖って呼びなさいよッ!!」

岡部「!!??」

ダル「いや、なんで苗字すっ飛ばして、いきなり名前呼び捨てなん?」

.



17: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:26:39.75 ID:7e4gpyPP0

.


紅莉栖「…それとも、何?アンタにとって、私は名前をきちんと呼ぶ価値もないの…?(じわ…)」

岡部「い、いや、そんな事はない!!」

紅莉栖「……(ぐすん、ぐすん)」

ダル「あーあ、オカリンが牧瀬氏を泣かせちゃったお」

まゆり「まゆしぃは、オカリンにガッカリなのです…」

.



19: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:28:35.51 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「い、いやだから、牧瀬とか、苗字で呼ぶと他人行儀すぎるし…」

紅莉栖「……」

岡部「か、かと言って、紅莉栖と名前で呼ぶのも、馴れ馴れし過ぎる感じがするしッ!!」

ダル「ただの照れ隠しですね、分かります」

岡部「ちっ、違うぞ、マイフェイバリット・ライトアーム!?」

紅莉栖「……」

.



20: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:30:56.06 ID:7e4gpyPP0

.


紅莉栖「……ア、アメリカで、あんな事したくせに」

岡部「へ?」

紅莉栖「わ、私にあんな事したクセに、いまさら他人行儀とか言うな、バカァァァッ!!!!」

岡部「な、何を言い出すんだ、助手ゥゥゥゥ!?」

ダル&まゆり&由季「「「wktk」」」

.



21: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:32:17.88 ID:7e4gpyPP0

.


紅莉栖「いっつも、はぐらかした態度ばっかり……酷いよ…(ぐすん)」

岡部「紅莉栖…」

ダル「ナチュラルに、呼び捨てになってる件について」

紅莉栖「一年も、メール一つ寄越さないで、放って置いて…(ぐすん、ぐすん)」

まゆり「オ~カ~リ~ン~…」

.



22: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:34:16.01 ID:7e4gpyPP0

.



紅莉栖「どうせ…どうせ、私なんか…」

岡部「紅莉栖…」

紅莉栖「嫌味な論破厨で、重度の@ちゃんねらーで、最低最悪のメシマズ女なんだーーッ!!」

岡部「い、いや、そこまで自覚があるなら一つでも直したらどうなんだッ!?(汗)」


.



24: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:36:42.89 ID:7e4gpyPP0

.


紅莉栖「……(ぐすん、ぐすん)」

岡部「……」

まゆり「ともかく、オカリンは紅莉栖ちゃんに、きちんと説明すべきなのです!」

岡部「い、いや、それはだな…」

紅莉栖「……(じぃぃぃぃぃぃ~)」

.



25: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:39:17.04 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「ま、待っていたのだ……紅莉栖からのメールを…」

紅莉栖「……は?」

まゆり「……」

ダル「なん?お見合い状態だったのかお?」

紅莉栖「み、見合い言うな!?橋田のHENTAI!!」

ダル「理不尽な罵倒を浴びた件について」

.



26: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:40:44.67 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「あ、あんな事があって、こちらからメールするのも、せっついている様だし…」

紅莉栖「……」

岡部「く、紅莉栖の気持ちが…その、定まるまで…ま、待とうと思ったのだ…」

紅莉栖「お、岡部…」

まゆり「う~ん…オカリンの優しさを称えるべきか…」

ダル「男としての、鈍感さを責めるべきか…」

由季「悩むところですね…」

.



28: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:44:00.48 ID:7e4gpyPP0

.


紅莉栖「よ、良かった……私…岡部に…き、嫌われたのかと…」

岡部「き、嫌ってなどいないッ!」

紅莉栖「だって…だって…岡部の周りには、可愛い女の子が一杯いるし…!」

岡部「な、何をバカな…」

紅莉栖「まゆり…フェイリスさん…鈴羽さん…桐生さん…漆原さん…」

岡部「待て、ルカ子は男だッ」

.



30: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:47:03.27 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「と、ともかく、俺はお前を嫌っていないし、放置もしていない!」

紅莉栖「お、岡部ぇぇ…(じわ)」

由季「あの…やっぱり熱々カップルなんじゃ…?」

岡部&紅莉栖「「!!??」」

.



31: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:48:46.38 ID:7e4gpyPP0

岡部「ち、違うッ!?俺は、紅莉栖を誰よりも大切な存在などと、想ってはいないッ!!」

紅莉栖「わ、私だって、この中二病患者が、運命の人だなんて想っていないわッ!!」

ダル&まゆり&由季「「「……」」」

.



32: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:54:09.33 ID:7e4gpyPP0

.


紅莉栖「お、岡部からメールが来なくて、毎夜、枕を涙で濡らしていた…なんて事はないんだからなッ!!」

岡部「お、俺だって、この一年間、紅莉栖のメールが来ないからって、毎日、眠れぬ夜を過ごしてはいないッ!!」

まゆり「それでオカリン、毎日眠そうだったのかー」

ダル「語るに落ちた件について」

.



33: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 00:58:29.72 ID:7e4gpyPP0

.


紅莉栖「そ、そして、恋煩いが嵩じて、薄情な岡部が憎くなって、毎夜丑の刻参りに出かけたりしてないんだからッ!!」

岡部「な、何ィッ!?貴様、そんなエイシエント・カースを俺に掛けていたのか!?」

まゆり「それでオカリンが、時折胸を押さえてたワケが分かったよ…」

ダル「ヤンデレ乙」

.



34: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 01:06:36.73 ID:7e4gpyPP0

 ・ 一月前/ニューヨーク


カツーン…カツーン…カツーン


紅莉栖「お~か~べ~…何で…メール一つ…寄越さない~……(怒)」

トム「ヘイ、マム!キャンドルを頭に括り付けて、白いキモノで、髪を振り乱して、釘を打ってる彼女は何者だい?」

ナンシー「シッ!マイサン、目を合わせちゃいけません!」

.



35: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 01:12:08.09 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「き、貴様ッ!!科学者がそんなオカルト、信じて実践して、いいと思ってるのか!?(裏声)」

紅莉栖「女の子は、みんな占いとかが大好きなのよ♪ てへぺろ☆」

岡部「呪詛と占いを同レベルで語るなッ!?」

.



36: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 01:19:43.41 ID:7e4gpyPP0

.


まゆり「でもでも、紅莉栖ちゃんの想いは、海を越えてオカリンに伝わったと思うのです♪」

岡部「まゆり…」

まゆり「不整脈という形で」

岡部「最悪だよッ!」

.



38: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 01:30:37.66 ID:7e4gpyPP0

.


紅莉栖「岡部…道成寺って、素敵だと思わない?」

岡部「思わん!あんなヤンデレストーカーに、蒸し焼きチキンにされる話しなど、俺は認めん!」

ダル「逃げたりしたら、焼き殺すという脅しですね、分かります」

.



40: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 01:34:51.14 ID:7e4gpyPP0

.


まゆり「紅莉栖ちゃんは、アメリカに行っても日本の伝統文化を大切にしてるんだねえ」

ダル「牧瀬氏、△」

岡部「ことごとく呪殺系だがなッ!」

.



41: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 01:43:15.70 ID:7e4gpyPP0

.


紅莉栖「だって…だって…またパパの時みたいに……岡部も…私の事…」

岡部「く、紅莉栖…」

岡部(そうか…紅莉栖は、父親との事があって、連絡を絶たれる事に、強い恐怖感を感じていたのだな)

岡部(以前、紅莉栖から相談されたにも関わらず、俺はそんな事にも気づいてやれなくて…)

.



43: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 01:49:18.78 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「紅莉栖…すまなかった。俺の考えが、浅慮すぎた…」

紅莉栖「ふっ、ふえっ!?」

まゆり「おー!オカリンが、紅莉栖ちゃんをギュッって抱きしめたよ!」

ダル「出たお!オカリンのリア充モード!」

.



44: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 01:53:40.93 ID:7e4gpyPP0

岡部「俺の様な唐変木は、豆腐の角に頭をぶつけて死ぬべきなのかもな…」

紅莉栖「あ、あんた…もうちょっと、ロマンチックな謝罪はできないの?」

岡部(丑の刻参りする様な奴に、ロマンチックとか言われたくないのだが…)

.



48: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 02:08:56.76 ID:7e4gpyPP0

.


紅莉栖「でも良かった…。これで電話レンジ(仮)、完全犯罪バージョンを開発しないで済んだ…」

岡部「焼き殺す気、満々ではないかッ!?」

由季「鳴かぬ蛍が身を焦がす…というヤツですね。分かります」

岡部「焦がすどころか、炭化するわけだがッ!?」

.



49: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 02:33:54.49 ID:7e4gpyPP0

.


ダル「メール一本送らなかった為に、メール一本で焼き殺されるわけですね。わかります」

岡部「わかられてたまるか…」

.



52: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 03:05:58.06 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「と、ともかく、俺が紅莉栖に一年間も連絡しなかった事や、焼き殺すという話しは脇に置いてだな…」

ダル「オカリンが、全力で死亡フラグをへし折りにきた件について」

まゆり「ドサクサに紛れて、自分の所業もウヤムヤにしようとしているのです」

由季「足元がガクガク震えて、生まれたての小鹿みたい」

紅莉栖「……(溜息)」

.



53: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 03:13:25.35 ID:7e4gpyPP0

.


岡部「紅莉栖…!」

紅莉栖「は、はい!?」

岡部「一年も待たせて、すまなかった…。約束通り、一緒にお前の父親に会いに行こう…」

紅莉栖「……」

岡部「……」

.



54: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 03:14:50.45 ID:7e4gpyPP0

.



紅莉栖「や、約束って何の事だか、分からないけど、パ、パパに挨拶って…ケ、ケコーンの話し!?」

岡部「!!??」


.



55: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 03:18:18.51 ID:7e4gpyPP0

.



岡部(そ、そうか!!この世界線では、俺は父親との仲直りの為に、一緒に会いに行く約束などしていないではないかッ!!)

紅莉栖「お、岡部ぇぇ…(ぽろぽろ)」

岡部「……(ダラダラダラ)」


.



57: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 03:25:31.09 ID:7e4gpyPP0

.


まゆり「まゆしぃは、オカリンを見直したのです…」

岡部「ま、まゆり!?」

まゆり「でも、ちょっと寂しい気もするかな…。オカリンが、急に人生を先にすすんでいっちゃって…」

岡部「い、いやその…」

まゆり「紅莉栖ちゃん、おめでとうなのです♪オカリンと紅莉栖ちゃんなら、絶対に幸せになれるのです♪」

紅莉栖「うん、ありがとう…まゆり…」

.



58: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 03:27:51.51 ID:7e4gpyPP0

.


ドン!!

岡部「ダ、ダル?」

ダル「オカリン…ボクからも、一言だけ言わせて欲しいお」

岡部「な、何だ?」

.



60: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 03:35:12.94 ID:7e4gpyPP0

.


ダル「まゆ氏の為にも…オカリンは、絶対に幸せにならなきゃダメだお!(キリッ)」

岡部「最高の笑顔で、誤解を助長しないでくれッ!?」

由季「凄いね、キミ…。人生の一大事を、そんなにスパっと決めちゃって…」

岡部「いや、いや、いや」

由季「そういう姿勢…ちょっと憧れちゃうな…」

岡部「そこで、ラボメンNo.008誕生フラグを建てるか!?」

.



62: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 03:46:42.13 ID:7e4gpyPP0

.



紅莉栖「お、岡部…!!」

岡部「な、何だ、助手よ…?」


.



63: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 03:47:16.04 ID:7e4gpyPP0

.



紅莉栖「ふ、ふつつかものですが……ど、どうぞ…よ、よろしく…お願いします…///」

岡部「……(絶句)」


.



65: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 03:56:31.00 ID:7e4gpyPP0

.


ダル「うはwwwみなぎってきたおwwwフェイリスたんや、桐生氏たちにもメール送るお!!」

まゆり「二次会でもいいから、まゆしぃに、ドレスを縫わせて欲しいのです♪」

由季「それ、私もお手伝いしたいな」

紅莉栖「へへ…パパ、びっくりしちゃうかな…。急に、私が結婚だなんて…(ぐすん)」

岡部「……(白目)」

.



67: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 04:01:59.31 ID:7e4gpyPP0

.


ダル「ちょっと、オカリンに牧瀬氏!婚約報告の画像送りたいから、写真撮らせてよ!」

まゆり「ほらほら、二人とも腕とか組まなきゃだよ♪」

由季「うわあ…。凄く、お似合いだね」

紅莉栖「も、もう…!からかわないでよぅ…」

岡部「……(白目)」

.



68: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 04:07:41.72 ID:7e4gpyPP0

.


紅莉栖「岡部…」

岡部「……フッ」

紅莉栖「…岡部?」

岡部「これが、シュタインズゲートの選択か…」

ギュッ…!

紅莉栖「…ふあっ!?


パシャッ!!


お終い
.



70: okazaki ◆DM7wSl47wU 2013/05/23(木) 04:09:08.98 ID:7e4gpyPP0

深夜までのご清聴、ありがとうございました。
これにて終了です。



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 04:11:50.65 ID:dhOXrHlm0




元スレ
ダル「由季たんが、ラボに遊びに来てくれたお!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1369235357/