1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 19:10:15.99 ID:fgntxQJg0

セイバー「き~み~と~一緒がぁ一番!好きよってもっと~ギュゥっとね♪」

士郎「」チラッ

セイバー「あぁあっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁ!!!!!!!!」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 19:15:21.96 ID:fgntxQJg0

セイバー「し、士郎…いらしたのですか…」

士郎「え?あぁ、えっと大丈夫!大丈夫だから!ね!?」

セイバー「何が?大丈夫なのですか?どういう意味なのです!?」

士郎「何も聞いてないし!何も見てないよ!」

セイバー「もういいです!!」タッタッタッタッタッタ


士郎「え!?ちょっと待ってよ!なんで!?なんで!?すーぱー☆あふぇくしょんなのぉぉぉ!?」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 19:20:41.68 ID:fgntxQJg0

遠坂邸

凛「うぉうぉ!うぉうぉ!うぉうぉ!いぇい!いえぃ!うぉうぉ!うぉうぉ!うぉうぉ!いぇい!いえぃ!」

アーチャー「今日は随分機嫌がいいんだな、凛」

凛(ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!)

凛「はっ、あ、アーチャー!?…み、見てたの?」

アーチャー「見てたも何も外まで丸聞こえだったぞ?」

凛「う…、うぅ…もうお嫁に行けない!!」タッタッタッタッタ

アーチャー「おい!凛!何処へいくつもりだ!?待て!」

凛「うるさい!付いて来ないで!!」タッタッタッタッタ



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 19:26:35.23 ID:fgntxQJg0

間桐邸

慎二「あぁ~腹が減ったなぁ…おい!桜~」

シーン ゴトゴト

慎二「あれ?さくら~飯つくれよぉ~」

ガタガタ

慎二「ん?部屋で何してんだ?あいつ」チラッ


桜「き~みと~いっしょがっ…間違えた!もう一回もう一回…、き~みっと~あれ?おかしいなぁ…こうかな?」

慎二(え?何してんの?ダンス?これは邪魔しないほうがいいのか?)



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 19:33:55.91 ID:fgntxQJg0

桜「はぁ…難しいなぁ…、でも!諦めちゃだめ!よし!」

慎二「」グゥ~

慎二(は!?しまった!?)

桜「え?兄さんなんでここに?」

慎二「おなかが空いて…て、ていうかお前!何してんだ!」

桜「え?これは…これはその…」

慎二「なんだよ?気になるじゃないか!教えろ!」

桜「えっと…えっとごめんなさい!」タッタッタッタッタ

慎二「ちょっと!おい!桜!飯!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 19:39:20.38 ID:fgntxQJg0

ジル「きぃぃみぃぃと~一緒が~一番!」

竜之介「なに!?なにそれ!?超クールじゃん!ねぇ!俺にも教えてよ!」

ジル「く…竜之介殿…、見られてしまいましたか…」

竜之介「いいじゃん!いいじゃん!それより、俺にもそのクールなダンスを」

ジル「申し訳ございませぬ!!私はもうここにいることはできません!!」タッタッタッタッタ

竜之介「ちょっと!旦那ぁ!俺にも教えてくれよぉ!!」






世界観ごちゃ混ぜなんで気に入らなければごめんなさい



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 19:47:00.84 ID:fgntxQJg0

アインツベルン城

アイリ「き~みっと」 イリヤ「はいっ♪」

アイリ「一緒が一番!」 イリヤ「いぇい!」

切嗣「アイリ…イリヤ…」

アイリ「切嗣!?」 イリヤ「ぱぱ…」

切嗣「すまん…あまりにも楽しそうだったもので…その、」

アイリ「行きましょう!イリヤ!」  切嗣「おい!待ってくれ!何処へ行くつもりだ!?」

アイリ「何処へって? 切嗣には関係ない!」タッタッタッタ

切嗣(僕はどうすればいいんだ…舞弥…)



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 19:52:20.43 ID:fgntxQJg0

切嗣「とういうわけなんだが…あの曲はいったい…」

舞弥「さ、さぁ…。多分、文化祭か何かの練習なのでは?」

切嗣「…、それだとアイリの行動の説明がつかない…」

舞弥「そうねですね…、あ、練習のお手伝いとか」

舞弥の携帯<き~みっと!一緒がぁ一番~♪好きよって

舞弥「!?」

切嗣「…、舞弥…きみも…」

舞弥「す、すみません 切嗣!」タッタッタッタッタ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 19:57:35.22 ID:fgntxQJg0

ソラウ「きぃみとぉぉぉ!いっしょがぁぁ!!いちばんんん」

ケイネス「ソラウ!一体どうしたと言うのだ!」ガチャッ

ソラウ「しまった!つい感極まって…」

ケイネス「ソラウ…、やはり君に令呪を…」

ソラウ「っるさい!この車輪男!」タッタッタッタッタ

ケイネス「あぁ…、ソラウ」シクシク

ランサー「ケイネス殿」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 20:02:32.63 ID:fgntxQJg0

教会

言峰「これはこれは…皆さん揃って何のご用件かな?」

士郎「セイバーが家出して…帰ってこないんです!」

切嗣「僕の妻と娘も!」

アーチャー「凛だって!突然飛び出して!」

言峰「まぁまぁ、落ち着いて」

ケイネス「落ち着いていられるか!私のソラウが!そらうがぁぁぁぁぁぁ!」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 20:10:09.81 ID:fgntxQJg0

一方、そのころ…とある河川敷

藤村「みんな~!ちゃんと練習してくてれた!?」

全員<ハーイ

藤村「それじゃぁ!合同練習はじめま~す!!」

全員<ウォォォォォォォォ!!



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 20:23:15.00 ID:fgntxQJg0

セイバー「き~みと~いっしょが~♪」

凛「はぁ…ちょっとセイバー、踊りはいいんだけど音外しすぎよ」

セイバー「すみません。凛、こうですか?きぃぃみとぉぉぉぉ」

凛「ふざけないで!真面目にやって!」

セイバー「私は真面目です!あんまり…こういうことはしたことがなくて…」

凛「とりあえず!踊りは出来てるんだから!がんばりなさい」

セイバー「はい!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 20:27:15.58 ID:fgntxQJg0

ジル(うぅ…、男は私だけのようですね…ん?あれは)

藤村「ちょっと!動きが全然じゃない!ちゃんと練習してきたの?」

ウェイバー「ちゃんと練習してきたよ!」

イリヤ「練習してきてそれとか…ぷぷ」

ウェイバー「おい!笑うなぁぁ!」






ジル「」ニッコリ



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 20:37:54.60 ID:fgntxQJg0

教会

言峰「またせたな…、原因がわかったよ」ポンッ

士郎「なにこれ?チラシ?」

切嗣「冬木市祭?」

慎二「ダンスカーニバル?」

ケイネス「どういうことなのだ?説明しろ!」

言峰「どうやら彼女らはこのダンスカーニバルの大人数枠にに出場するようだ」

士郎「なんでまた…」

言峰「優勝賞金は1000万円!市町村の行事では群を抜いた数字だ」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 20:43:09.04 ID:fgntxQJg0

ギル「金に目が眩んでしまったようだな!はっはっはっはっは!」

言峰「いたのか、ギルガメッシュ」

ギル「あの雑種共はお前達に黙って賞金を山分けしようとしているのだ!」

竜之介「旦那が…俺をだます…?」

士郎「違う!セイバーはそんなのことしない!」

慎二「桜…、きっと家出の資金にするつもりだ…」

ケイネス「あぁ…ソラウ…」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 20:52:12.15 ID:fgntxQJg0

切嗣「僕に内緒で…」

士郎「だから違うって!きっとサプライズで!」

ギル「サプライズ?笑わせるな雑種。では、必ず賞金を獲得できるという自信が彼女たちにあるというのだな?」

士郎「それは…」

慎二「ちくしょう!僕達はどうすればいいんだ?黙って知らないふりでもしろっていうのか?」

アーチャー「俺達が賞金を奪えばいい」

全員「!?」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 20:58:55.99 ID:fgntxQJg0

士郎「おい!アーチャー!」

アーチャー「なぁに…もともとは凛たちも賞金が目当てなのだろう?
        だったら俺達が賞金を手に入れて…後は分けてやるのなり好きすればいいだろう?」

慎二「確かにそれだと主導権は僕達が握ることができる…」

切嗣「なるほど…、彼女たちに反省の意があったとするなら獲得した賞金を渡してやってもいいわけか」

士郎「う~ん…」

言峰「そ、それでは君達…そろそろかえって」

ケイネス「きみ、もちろん協力はしてくるな?」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:07:26.06 ID:fgntxQJg0

言峰「ま、まて!私には教会の…」

切嗣「練習するには持って来いの場所だ」

言峰「おい勝手に話をすすめるな!」

ギル「よいではないか言峰。貴様もたまには雑種共の馴れ合いに付き合え」ハッハッハッハ

言峰「くっ、ギルガメッシュ…余計なことを」

ライダー「はっはっはっは!!なにやら面白そうだ!」

全員「!?」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:12:40.77 ID:fgntxQJg0

言峰「ライダー?」

ライダー「いやな、内の坊主がどうも…隠れてなにやら躍りを練習していたようので気になっておったのだ」

士郎「やっぱり…みんな他の人には内緒にするのか…」

ライダー「全く…賞金が欲しいのであれば余が獲ってきてやるものを…」

言峰「私は!参加せんからな!そのような戯言!」

時臣「まぁ、そうな綺礼」

言峰「マ、マスター!?」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:17:36.52 ID:fgntxQJg0

時臣「君はもう私の弟子はないだろ?」

言峰「いえ、まだ私は未熟な弟子であります…」

時臣「なら、君も参加したまえ。私も参加する」

切嗣「遠坂、どういうつもりだ?」

時臣「私の妻もどうやら参加するみたいでね…私だって遠坂の立派な頭首であり
    凛と葵の夫だ。私が必ず賞金を手にする」

言峰「マスターの…命令であるならしかたあるまい…」


雁夜「ちょっと待て!!!」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:20:52.52 ID:fgntxQJg0

雁夜「最近!桜ちゃんが変な踊りに夢中で!あと葵さんも!」

シーン

雁夜「おい!待てよ!俺だってあの二人のために!」

慎二「誰だよ…、あの犯罪者予備軍を呼んだのは…」

時臣「困ったものだ…実に醜い…」

切嗣「悪いが君は関係のない話だ帰ってくれ」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:26:00.78 ID:fgntxQJg0

ライダー「良いではないか!そやつも参加させてやろう?な?」

士郎「そうだよ!この人は悪い人じゃない!」

雁夜「ありがとう!俺!桜ちゃんと葵さんのためにがんばるよ!」

時臣「…」

ギル「はっはっはっはっは!駒が揃ったようだな!我を存分に楽しませろよ!」ハハハハハハハ

ライダー「なにを言う?お前も参加するのだぞ?」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:33:13.41 ID:fgntxQJg0

ギル「バカをいうな!我が貴様らのために手を貸すなど」

ライダー「我らのためではないぞ?」

ギル「なに?」

ライダー「世の万物は全て貴様のものなのであろう?なら、我らがそれを奪い合おうとしているのを
       ただ黙って見物するというのか?まさか…英雄王が聞いて呆れる」

ギル「ほざくな雑種!いいだろう、貴様ら雑種共があの賞金を手に入れれるとは思えない…。我が
    手に入れる!我についてこい!雑書共!」

切嗣(英霊はどいつもこいつも何でこんな…)



男どもの課題曲決まってないけど
案があれば!候補にいれたいです!



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:45:28.88 ID:fgntxQJg0

そして…男共の練習が始まる…

ランサー「ケイネス殿!何ですか!その足の動きは!」

ケイネス「す、すまない…ランサー、もう一度はじめから頼む」(いや…単純にまだ完治してないだけで…)


アーチャー「士郎!ステップが甘いな!もっとこう…」

切嗣「君も人に言えるほど出来ていないがな…」

アーチャー「ほう、俺より上手いというのか?」ジリジリ

士郎「ちょっと!二人とも!!喧嘩は!!」


ライダー「ほう!これはすごい!お主!見事だ!」

ギル「ふん、踊りなど!お安い御用だ!なんだ?ライダー。その動きは…」

ライダー「はて?こうではないのか?」

ギル「違う!!ちゃんと我が教えた通りにしろ!!」


言峰(教会がぶっ壊れる…)



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:52:27.30 ID:fgntxQJg0

河川敷

セイバー「」ぐぅぅぅぅぅ

藤村「ふぅ…さすがに疲れちゃったわね~。みんな!休憩しましょ!」

全員<ハーイ

葵「みなさん!おにぎりもって来ましたよ。さぁ!たべてください!」

セイバー「おぉぉ!葵殿!早速!いただきます!」



ウェイバー「はぁ…。辛い…、僕やっぱりみんなの足を引っ張ってるのかな?」

ジル「そんなことないですぞ!それに目的を履き違えてはいけませんよ!」

ウェイバー「え?」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:58:47.38 ID:fgntxQJg0

ジル「藤村殿が初めに言っていたじゃありませんか!
    私たちがカーニバルに参加するのは賞金が目当てというわけではない。
     私達の周りの大切な人への日ごろの感謝を踊りで伝える!っていう
     目的ではないですか!賞金なんて二の次です!」

ウェイバー「確かにそんなこと言ってたなぁ」

ジル「良いですか?ウェイバー殿は誰の足も引っ張っておりません!」

アイリ「そうよ?ウェイバーくんは一生懸命がんばってる!それでいいじゃない!」

ウェイバー「アイリスフィールさん…はい!僕もっとがんばります!ライダーに僕の全力をみてもらいたいし!」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:05:28.66 ID:fgntxQJg0

そして、練習の日々は続く…

士郎(セイバー…俺はセイバーを信じてる!けど…)

ケイネス(なんとしてでも…賞金を手に入れて…ソラウに振り向いてもらわなければ)

慎二(桜…家出なんて…絶対に許さないからな!!)

切嗣「思っていたより皆真剣ですね」

時臣「ふふ、青春ってこんな感じなのか?」

雁夜「魔術の道に進んだお前にはわからないか?このみんなで何か一つのために団結する楽しさを!」

時臣「なぁ、衛宮。君はどう思う?」

切嗣「いいんじゃないか?僕は嫌いじゃない」

時臣「そうか、さて練習に戻ろう」




雁夜「おい!無視するな!いいこと言ったぞ!俺!」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:12:12.88 ID:fgntxQJg0

セイバー(この曲に乗せて…士郎に感謝の気持ちを…)

桜(兄さん…少しは優しくなってくれるかな?)

凛(アーチャーに日ごろの感謝を伝えるチャンスなんて滅多にないわ!頑張らなくっちゃ!)

ジル(竜之介殿!待っていてください!このジル・ド・レイ、最高のクールをお見せします!!)

ソラウ(らんさぁぁぁ!らんさぁぁ!!!!!!!!!らんさぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!)

アイリ「いいわね~みんな良い顔してる♪」

藤村「そもそも、このカーニバルにはプロも参加するわけだし…
    賞金なんてねぇ…ふふ、無理無理」

葵「ふふ、そうね~でも、楽しいです!」

藤村「よぉし!がんばるぞぉぉぉ!!!」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:19:29.14 ID:fgntxQJg0

衛宮邸

セイバー「あ、あの…士郎…」モジモシ

士郎「どうしたの?セイバー」

セイバー「これ、チケットです…明日、私が参加するんで!よければ…そのぉ…」モジモジ

士郎(え?どういうことだろう…やっぱり、ドッキリ?)

士郎「あ、ありがとう!セイバー!絶対見に行くよ!」ニコッ

セイバー「本当ですか!うれしいです!」


士郎(まずいな…なんかすごい嫌な予感が…)



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:23:37.17 ID:fgntxQJg0

決戦前夜 教会

士郎「というわけなんだけど…」

切嗣「僕もだ…」

言峰「これは…一体…ギルガメッシュ!我々に黙って賞金を山分けというのは!」

ギルガメッシュ「知らん!我は知らん!」プイッ

時臣「いまさら辞退するわけにも…」

ライダー「とにかく、明日になれば全ての真相がわかる!それに…今日はもう遅い
       皆、明日に備えてこの辺にしておくとしよう」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:31:25.73 ID:fgntxQJg0

ちなみにランサーは4次です



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:35:18.47 ID:fgntxQJg0

当日

司会「えぇ、それでは次のグループは藤村大河さん率いる…タイガー・ファンタズムのみなさんです!!」

http://www.youtube.com/watch?v=GI-AeHFJ_hE&feature=related



全員「きみ~と!一緒が~一番!好きよってもっとぎゅぅっとね♪」


セイバー(見てますか!?士郎?)

凛(アーチャーどこかな?)



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:42:02.94 ID:fgntxQJg0

士郎「この歌詞…」

切嗣「きっと初めから賞金なんて興味なかったんだな」

時臣「単純に私達に見て欲しかった…っか」

ケイネス「あぁ…!ソラウ!私はここだぞ!」

ソラウ(げ!あんたじゃなくて!ランサーに歌ってるのよ!)

竜之介「旦那ぁぁ!超クールだぜ!!!最高だよ!!」

ジル(おぉ…竜之介殿!)

ライダー「坊主!なかなかやるじゃないか!素晴らしい動きだ!」

ウェイバー(ライダー!僕の感謝の気持ち伝わってるかな!?)



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:46:47.27 ID:iuahe6240

どうでもいいけど旦那は竜之介って呼び捨てじゃなかった?



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:50:54.97 ID:fgntxQJg0

アーチャー「この歌詞…凛はこれを伝えたかったのか…ふふ泣かせるじゃないか」

ギル「はっはっはっは!セイバー!我もお前と一緒が一番だぁぁ!!」

雁夜「葵さん!桜ちゃん!秘密の場所って!?行きたい!つれてって!!!」

言峰(馬鹿か?こいつら…)










>>112
あ…たしかにそうだった



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:57:05.64 ID:fgntxQJg0

司会「以上、タイガー・ファンタズムのみなさんでした~」パチパチ


セイバー「士郎!どうでしたか!日ごろの感謝の気持ち伝わりましたか!?」

士郎「うんうん!最高だったよ!ありがとうセイバー!」ニコッ

セイバー「士郎///よかった//」

アーチャー「素晴らしかったぞ、凛。」

凛「アーチャー///」

切嗣「アイリ、イリヤ…そして舞弥。本当によかった」ウルウル

アイリ「切嗣ったら…もう!しっかりしてよ!ふふ」

舞弥「よろこんでいただけて嬉しいです。」

イリヤ「パパ!どこがよかった!?どこが可愛かった!?」

切嗣「そうだね、また後でゆっくり話そう」ニコッ

司会「それでは、続きましてギルガメッシュ率いる…AUOの皆さんです!」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:00:18.45 ID:fgntxQJg0

セイバー「士郎!コレは一体!」

士郎「えぇと…話はあとで…」

アイリ「ちょっと!なんで切嗣も出るの?説明して!」

切嗣「困った…これは困った」

ギル「雑種共!!我らの華麗なる踊りで!賞金をいただくぞ!」

アイリ「へ~、そういうこと…」ジーッ

凛「あんた…サイテー」

アーチャー「まて!これは…違うんだ!凛!」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:05:17.21 ID:fgntxQJg0

時臣(ギルガメッシュ…また余計なことを…)

葵「踊りが終わったらお話があります」ニコッ

時臣「あ、あぁ…」アセアセ

桜「兄さん…」

慎二「な、なんだよ?桜…怖いよ…」

桜「兄さん…」

慎二「ひえぇぇ!!」

司会「あのぉ…そろそろよろしいでしょうか?」

ギル「構わん!いくぞ!雑種共!」

司会「それでは改めまして!AUOの皆さんで曲はFellowsです!」


おしまい



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:14:44.39 ID:fgntxQJg0

Fellowsいいね!
本編では真面目に聞いてなかったけど
今聞き返したら
最高じゃねぇか!!



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:15:16.78 ID:rqVRXxE/0

面白かった乙



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:15:50.86 ID:OK+ijwqC0

乙でし、キャスターと葛木センセ出なかったな。



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:18:29.42 ID:fgntxQJg0

>>128
もともとラブラブすぎて…
内容が思いつかなかった


元スレ
セイバー「き~み~と~一緒がぁ一番♪」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338027015/