P「これを>>5するぞ!」

※モバグリ以外でお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397401691




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/14(月) 00:10:02.47 ID:tmMt26rN0

貴音



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/14(月) 00:10:31.52 ID:tmMt26rN0

オナニーのおかず



8: まともってなんだっけ ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 00:25:33.32 ID:KRvalLv20

P「貴音のパンツをオナニーのオカズにするぞ!!」


ーレッスンスタジオー

P「…よし、今日のレッスンはここまで、皆かなり上達したな」

響「へへん!ま、自分達完璧だからな!このくらいなんくるないさー!」

貴音「えぇ、ですが明日からは今以上の成果を出さなければなりません、もっと気を引き締めて…」

美希「貴音は少し考え過ぎだと思うな、もう少しゆるーく行かないと疲れちゃうの」

響「美希はゆる過ぎだぞ、練習くらいちゃんとやろうよ…」

P「はっはっは、まぁプロジェクトフェアリーの人気もうなぎのぼりだし、この調子で行けば問題ないさ」

P「んじゃ、明日も頑張ろうな!」

一同「はい!」



9: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 00:29:31.00 ID:KRvalLv20

P「さて、後片付けしないと…ん?」

P「これは…貴音のバッグか?あいつ忘れ物してるじゃねーか…」

P「気を引き締めるとか言ったそばからこれじゃ、先が思いやられるなぁ」

P「皆帰っちゃったし…とりあえず事務所に持って帰るか」



10: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 00:35:45.87 ID:ts91xfBK0

ー事務所ー

P「うぅ…残業つらいよぉ、家に帰りたい…」カタカタ

P「でも最近家に帰っても寝るだけの生活が続いてるし…そろそろ倒れるかもしれん…」カタカタ

Pのp「」ギンギン

P「息子も遊びたいと言わんばかりに主張してるし…んー…」

P「誰も居ないから抜いちゃおっかな…オナ禁は体に毒って言うし…いいよね?」

P「よーし、とりあえずこの書類だけ仕上げてしまおうか」カタカタ



11: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 00:42:12.76 ID:HjiYs/Mr0

カタカタカタ…ッターン!


P「よし終わったぞ!久々のオナニーだひゃっほい!!」

P「事務所でやるっていう緊張感がいいよな、いつもより捗るってもんだ」

P「さーてさてオカズを探さないと…あ、スマホの充電切れてる…」

P「うーん、せっかくだからオカズが欲しいなぁ、臭いもあるからPCの前でやる訳にもいかないし…」

P「……」

P「…そういえば、貴音のバッグの中…着替えとか入って無いかな…」



12: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 00:50:02.27 ID:KYSJaypQ0

P「い、いや…でも流石にそれは…担当アイドルをオカズにするだなんてなぁ…」

ギンギン

P「う…お、収まらねぇ…だがプロデューサーとしてそれは…」

ギンギン

P「…み、見るだけだったら別にいいよね?見るだけだし、減るもんじゃないし…」

P「それにバッグの中に着替えが入って無いかもし…ただ確認するだけ…」

P「…そうそう、これは私物チェックだ、イケナイ物が入ってないかどうか検査するだけだ、何もいやらしい事など…」ジー


パンツ「ゴキゲンヨウ」


P「と、とてもイケナイ物が入ってやがった…」



13: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 00:56:36.51 ID:r3+6cQ6E0

P「つーかこれ、着替え入れかよ…なんつーもの忘れてやがるんだ…」

P「しかし…貴音には似合わない普通のスポーツパンツだったな」

P「貴音だったらもっと大胆な赤いパンツとか履いてそうなイメージ…って何考えてんだ俺、仮にも担当アイドルだぞ…」

P「それにレッスンの後だろ、スポーツパンツじゃなきゃおかしい……」

P「……レッスンの後のパンツ…」



16: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 01:05:42.26 ID:os8vb9Pf0

P「結構激しいダンスをした後のムレムレなパンツ…か…」

P「ぐっ…最高なオカズを見つけてしまった…し、しかし貴音だぞ…アイドルをオカズにするのは…」

ギンギン

P「む、息子よ…我慢してくれ…流石にそれはまずいんだ…」

P「て、手が震える…久々の褒美に手が震えてる…しかしここは耐えなければ…」

P「早くバッグのジッパーを締めなければ…うぐぅ、バッグに手を近づけるだけで震えが激しくなるっ…!」

P「耐えろ…耐えるんだ俺!!社長の裸!社長の裸をイメージしろ!!」

P「…よし、萎えてきた、今ならいけるぞ!」

P「バッグに手を…届いた!よし!そのままジッパーを全開に!」

P「次は…よし、パンツをゲットだ、ジッパーをしめるぞ…」

P「…クリア、最後にトイレへ直行!とっとと抜いて帰るぞ!!」


ートイレー

P「何やってんだ俺ええええ!!!何でパンツ握りしめてんだああああ!!!」ガンガン



17: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 01:16:20.94 ID:e7SMnWde0

P「くそっ…本能的にオカズを求めている…やはりオナ禁は毒だったようだ…」

P「早く元に戻さないと…うっ…あ、足が動かない…」

P「手もパンツを握りしめたまま離そうとしてくれない…しかしプロデューサーとしての威厳が…というより犯罪だし…」

P「……」

P「…べ、別にバレないよな?少しくらい匂いを嗅ぐだけなら…別にいいよね?減るもんじゃないし、バレなきゃ犯罪にはならないし…」

P「…違う、これは判断ではない、健康診断だ」

P「そうそう、これは健康診断だ、アイドルの健康を匂いで判断するんだ、健康診断健康診断…」

P「…何が健康診断だバッキャロー…くそ、性欲が湧きすぎて正思考がおかしくなってきた…」

P「くっ…貴音の匂いか…貴音のレッスンの後のパンツの匂いか…」

ギンギン

P「……貴音すまん、もう我慢できない…」




19: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 01:32:10.45 ID:z1O5XoAI0

P「……」スンスン

P(うっ…何だこの匂い…よくわからない女の子の良い匂いと…汗の匂いと色々混ざって…)

P(しかもこれ貴音が直に履いていたパンツで…このパンツを履きながら…激しく動いた後のパンツ…)

P(激しく動く貴音…いつもクールで大人っぽく、ミステリアスな貴音が、激しく…)


クールの欠片もなく、本能のままに叫び、喘ぎ、激しく腰を振り…

目に涙を浮かべながらも、快楽を求め続ける…


P「うっ!…やべ、変な妄想してたらすっげぇ出ちゃった…」



20: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 01:37:35.14 ID:bg/nuuKR0

P「ふぅ…やべぇなコレ、癖になりそうだ…」

P「このパンツ持って帰りてぇ…家でゆっくりしたい…」

ギンギン

P「…というかまだ収まらないな…もう一発抜くか…」


ー数分後ー

P「ヤバイ…抜いても抜いても抜き足り無い…」

P「貴音のパンツが良い匂い過ぎて…萎えるモノも萎えてくれん…」

P「しかしそろそろやめとかないと命に関わるぞ…」

P「……」

P「……ぶっかけ…」

P「貴音のパンツにぶっかければ流石に萎えるかも…」



21: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 01:59:38.15 ID:9/7cNpER0

P「…あ、後で洗えば何とかなるだろ…よし…貴音のパンツに…貴音にぶっかけてやる…」

P「た、貴音が悪いんだからな…貴音がこんなにもエロいから…」

P「ふ、ふふふ…貴音…貴音…」


散々暴れて汗まみれになって、頬を染めながら余韻にふける貴音はまだ物足りないようで…

『私に…あなた様を下さい…』

快楽を求め続ける貴音の顔に思いっきり…

ーーー
ーー


P(なんて事をしてしまったんだああああああああ)ガンガン

P(性欲を抑えきれずに未成年の担当アイドルの下着でオナニーしたなんてクソ野郎じゃねえかあああ)ガンガン

P(ゴメン貴音…本当にゴメン…もう二度としないよ…うぅ…罪悪感が…)

P「…とりあえずパンツ洗って元に戻しておかないと…ハァ…明日どんな顔を会わせればいいんだ…」



22: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 02:10:56.41 ID:1FiXoxE90

ー翌日ー


P(ハァ…昨日の事が頭から離れなくて憂鬱だ…)

P(忘れたい…貴音を変な目で見た事を忘れたい…)

貴音「おはようございます」

P「ぎゃぁ!?…た、貴音…か、おはよう…」

貴音「ど、どうかしたのですか?急に大きな声を出して…」

P「い、いや別に…何でもないよ…気にしないでくれ」

貴音「そう…なのですか?ならば良いのですが…」

P「…そ、そうだ、昨日コレ忘れてったぞ、多分お前のバッグだろ?」

貴音「なんと…確かに私のばっぐです」

貴音「失くしたと思っていまのですが…あなた様が預かってくれていたのですね、まことにありがとうございます」

P「べ、別に気にしてないよ、次から気をつけるんだぞ」

貴音「はい…申し訳ありませんでした…」


P「…ハァ、心臓に悪い…これから貴音にどうやって接すればいいんだ…」

P「くそっ…オナニーが嫌いになりそうだ…トホホ…」



23: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 02:21:37.79 ID:2rPGbXu70

貴音「……」

貴音「……ふふふ、あなた様は本当にいけずなお方…」

貴音「私の下着で自慰をするだなんて…言って下されば私が直々にお手合わせをさせて頂くというのに…」

貴音「…まぁ、私が居ればこのぱんつを使ってはくれません故、仕方がありませんね」

貴音「すんすん…ふふ、あなた様の匂い…とても面妖な香りがします…癖になってしまいそうです」


貴音「…そろそろれっすんに行かねばなりませんね…ふふふ…あなた様、今夜も楽しみにして下さい…」


打ち切り



24: ◆2DziEbwxa6 2014/04/14(月) 02:23:13.50 ID:2rPGbXu70

お終い、エッチな話は苦手ヨ
地の文の勉強もっとしてくるヨ



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 02:51:12.02 ID:8Etsr3K6o

おつおつ



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/14(月) 07:26:31.78 ID:5xUiNDZ10

貴音と結婚しよう


元スレ
SS速報VIP:P「>>3のパンツだ!」【8枚目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397401691/