SS速報VIP:五十鈴華「未来テレビですか…?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505696526/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 10:02:06.08 ID:Gkf4Vk07O

沙織「昨日のゼクシィの広告についてたから買っちゃった」


麻子「いったいいくらだったんだコレ…」

沙織「10万くらい」

優花里「高っ!?詐欺ですよ絶対!」

みほ「衝動買いにしては高いよ…」


華「それで、使ってみたんですか?」

沙織「怖くて使えなかった☆ てへぺろ☆」

麻子「うん、バカだ」


沙織「10年後みてさ、まだ独身だったら怖いし」

優花里「それは分かりますが…」



麻子「…いや、それ以上の問題がある」

みほ「うん…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505696526




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 10:08:36.62 ID:Gkf4Vk07O

麻子「独身ならまだいい。10年後でも私たちは27…していなくてもまだ笑える歳だ」

優花里「晩婚化が進んでますからねー」


麻子「問題は悪い男や女に捕まってた場合だ」

華「確かに…」

麻子「というかあんこうチームはみんな悪い男に捕まりそうなんだ」

沙織「そうかなぁ?」



麻子「…ダメな男を見捨てれなさそうな奴」

みほ「うっ」

優花里「はぃ…」

沙織「私はそんな事…ある…かも…」

華「否定できません…」

麻子「私も含めてな…」




優花里「…」

華「…」

みほ「どうしよう?」


沙織「…安価↓2さんに使ってもらおう」





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 10:11:03.12 ID:d5TKa+iDO

カエサル



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 10:30:41.52 ID:Gkf4Vk07O

沙織「そういう訳です」

カエサル「いきなりだな!?」

みほ「隊長命令です」

カエサル「その命令は直属の部下にしてくれ!」

グデーリアン「西住殿の命令は絶対ですよ」

カエサル「グデーリアンお前もか…と、おふざけはここまでにして」



麻子「なんで食堂で黄昏てた」

カエサル「いや…今週はとうとう例のシェアハウスの掃除をする予定なんだ」

華「ふむふむ」


カエサル「で、10分して無理だと悟って全員逃げ出した」

沙織「…」

麻子「わかる」

みほ「え?でも前見たときは綺麗だったような…」

カエサル「応接間だしな…自室は…うん」

グデーリアン「カエサル殿…」




みほ「…気晴らしに、未来見ちゃいます?」

カエサル「…良いかもな」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 10:38:49.63 ID:Gkf4Vk07O

カエサル「使い方はどうやって使うんだ?」

沙織「右のレバーで見たい未来の年月日の調整、左のレバーでスタートだって」

グデーリアン「真ん中のレバーは?」

沙織「見たくない未来だと、それで消せるんだって」

麻子「えっ、なら、見たい未来が出るまでリセットすれば…」

沙織「使えるのは1人1年に1回だけだよ」

華「思ったより凄いですね」

優花ーリアン「むしろ10万が安く感じて来ましたよ」

みほ「優花里さんがヒカリアンみたいになってる…」



カエサル「それじゃ、見たい未来は…安価↓2年後から」



(グィッ)



華「これは…安価↓4の映像が!?」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 10:51:51.44 ID:t+chm4O20

1年後



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 11:01:44.23 ID:nS3N6M4aO

カルパッチョと同じ大学に合格した



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 14:39:13.69 ID:ywnTZX1aO

(ブゥン)

沙織「映った!」

麻子「これは…!」




ー1年後の未来ー


カエサル『…』(ソワソワ)

おりょう『良い加減落ち着くぜよ』

エルヴィン『気持ちは分かるがな』

左衛門佐『…河嶋先輩の悲劇もあったからな』

エルヴィン『自慢のマフラーが泣くぞ』

カエサル『…そうだな』



(ピッ)

カエサル『!来た!』


おりょう『どうぜよ!?』

左衛門佐『…』

エルヴィン『…ダメか?』



カエサル『…受かってる!あった!1919番!』


『『『おおおーっ!』』』


カエサル『よしっ!』

おりょう『これで全員合格!』

左衛門佐『ああ。河嶋先輩の悲劇は回避された』

エルヴィン『カバさんチームは優秀だな』



カエサル『別れは寂しいがな…』

おりょう『なに、偉人の歴史にこそ別れは付き物ぜよ』

左衛門佐『我ら、生まれしときは違えど死ぬときは…なんだっけ』

エルヴィン『三国志は私達専門外だからな~』



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 16:04:48.00 ID:ywnTZX1aO

(プルル…)

カエサル『!』



カルパッチョ『たかちゃあああああん!』

カエサル『ひなちゃあああああん!』


カエサル・カルパッチョ『『受かってたよおおお!』』




おりょう『…相変わらずアツアツぜよ』

エルヴィン『まあ仲がいいなら悪くは無いな』

左衛門佐『あとはグデーリアンだな…』



カエサル『ところで、あと3ヶ月ぐらいしか無いんだが掃除はどうする』

おりょう『…』

エルヴィン『…』

左衛門佐『…』

カエサル『…明日にしよっか』

ー完ー



カエサル「おお、これは良かった」

沙織「来年受験だった…?」

優花里「そういえばそうでしたね」

麻子「というか桃ちゃん先輩が桃ちゃん先輩さんちゃんになってるな」

みほ「もはや名前の原型が無いよ!?」



沙織「あ、でもこれは『1番可能性がある未来を写す』だけだって」

華「と、言いますと?」



沙織「例えば華は戦車道やらなければ多分お華の道を歩んでたんだよね?」

華「そうですね」

沙織「だから、その時に使ったんならお華の何かをしてるのが映って、戦車の方は出ないみたい」

華「なるほど…」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 16:10:31.70 ID:ywnTZX1aO

カエサル「まあ、こんな良い未来なら消さないよ…掃除が終わってないみたいだけど」

優花里「頑張ってください!」

みほ「あの、私たちも手伝いますから」

カエサル「いや、隊長の手を煩わせる必要もない」


(クルッポー)


沙織「あ、鳩だ。かわいー」

華「何かくわえてますね」



カエサル「ああ、左衛門佐の伝書鳩だ」

みほ「!?」

麻子「いや、メール使えよ」


カエサル「なるほど…どうやら掃除を再開するらしい」

華「無事に帰って来てください」

カエサル「ああ。あの未来のためにも頑張らなくてはな!」





麻子「…掃除をしたら未来が変わるんじゃ」

沙織「き、きっと掃除してない部分だけ変わるんだよ」


みほ「次は誰にお願いするの?」

沙織「安価↓2さんかな」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 16:11:54.49 ID:yLs8JmWCo

柚子



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 16:23:43.16 ID:ywnTZX1aO

杏「なるほど、と言うわけで生徒会室に来たんだねー」

みほ「はい。小山先輩なら悲惨な未来になる気がしないので」

桃「なら…?」

杏「わかんないよー?悪い男に騙されてるかも」

柚子「会長!? 何を言ってるんです!?」


優花里「小山殿の未来…」

華「保育士さんでしょうか?」

麻子「先生も似合いそうだ」

沙織「3人のママさんになってそう」

優花里「どれも似合いますね~」



柚子「…なんだか怖いね」

桃「だいたい未来を見る道具なんて非現実的だろう、まったく」



みほ「そ、そうですね…」

優花里(浪人か留年か分からないですけど…)


(グィッ)


杏「で、何年語を見るの?」

柚子「安価↓2ですね」



麻子「安価↓4が映ったな」





19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 16:26:12.81 ID:/HxZj7L+o

7年後



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 16:37:54.31 ID:c0lRKIxsO

漁師の青年と結婚。
子供達とあんこう鍋食べながら夫の帰りを待っている



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 16:56:41.76 ID:ywnTZX1aO

柚子『あら、もうこんな時間ね』

沙織『あ、本当ですね』

華『小山先輩…いえ、もう違うんでしたね』


柚子『ふふ、いいのよ。あなたたちにとっては小山先輩だもの』




杏「おっ、結婚してる?」

沙織「いいな~羨ましいっ!」

桃「結婚…私とか?」

柚子「桃ちゃん、真剣な顔してふざけないで」

桃「」

優花里「不遇ですねぇ」

みほ「大洗No.1不遇だからね」




柚子『ただいま帰りました。お義母さん。あん、優は大人しくしてて…無いですね』

柚子『ふふ、そうですね。子どもは子どもらしく、元気が1番です』



柚子『え?あんこう鍋…? はい、得意です』



柚子『まあ、あの人から…ふふ、腕によりをかけて作りますね』




26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 17:26:12.79 ID:ywnTZX1aO

杏「やべー…これが成長した母性か」

桃「興奮してきた」

麻子「なんでコレを生徒会に入れたんだ?」

杏「気の迷いかな」




柚子『あら?もうおねむ?ふふ、まだダメよ。一緒にお風呂入ってから』


柚子『それじゃあおやすみなさい』





桃「なぜお風呂シーンがない」

柚子「次余計なこと言ったらグーで」

桃「はい」



柚子『あなた…早く帰ってきてね』

柚子『子どもたちもだけど、私も寂しいから…』



ー完ー


沙織「うっ…うっ…」

華「感動しました…」

優花里「これが愛なんですね…」

みほ「感動しました。戦車道やります…」

麻子「まあ、可能性が1番高い未来なだけだけどな」

杏「じゃあ、私と結婚する未来もあるのかもね」

柚子「もう~会長ったら!」///


優花里「次は安価↓2さんにお願いしましょうか!」

沙織「なんだか楽しくなってきたね!」




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 17:28:20.10 ID:7ipeWGASo





31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 17:40:04.23 ID:ywnTZX1aO

沙織「桃ちゃん先輩、未来を感じましょう」

桃「だから、私はあんな機械など信じないぞ!柚子ちゃんが私を放置して結婚する未来も信じないっ!」

みほ「最後の部分だけ切り取ればかっこいいセリフに聞こえますね」




柚子「んー…でも、私、卒業したら桃ちゃんとの付き合いも減るんじゃないかなって」

桃「えっ?」

杏「同じ大学なら分かんないけどさー…私も大学の戦車道で忙しくなるし、大洗時代みたいに3人でっ!てのは減るかも」



桃「…いやだああああ!私も同じ大学いくうううう!」


華(あっ、だからあの未来に繋がるんですね)

優花里(来年の私を見てるみたいで辛いです)


桃「ポチっとな」

沙織「レバー引いて!?」


麻子「何年後だ?」

優花里「安価↓2年後ですねー」

みほ「こ、これは…安価↓4の内容!?」






33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 17:41:46.03 ID:o/ldT3p2o

二年後



35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 17:42:17.84 ID:gMdj8IPv0

一人でヘッツァーの掃除をしている



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 17:58:46.50 ID:ywnTZX1aO

(ゴシッゴシッ)

桃『…』



桃「ヘッツァーを磨いてる!まだ戦車道を続けてるんだな!」

杏「あっ… 」(察し)

柚子「ま、まだ分かりません。もしかしたら桃ちゃんが勝手に持っていったとか…」


みほ(それはそれで酷いよね…)

麻子(持っていく途中に壊しそうだ)



桃『ふぅ…掃除も辛いものがあるな。だが、これも会長の…』

桃『戦車道の未来のためだ。頑張らなくてはな。新入りの私がすべき仕事だ』


桃「流石は私だな」

沙織「んー?おかしくない?」

華「新入り…?2年後のお話なのに…」

優花里「1浪くらいなら珍しいものじゃないのでは?」

桃「一浪か…まあ、運が悪かったんだ、きっとそうだ」

麻子「西住さんとか逸見さんが入ってきてスタメンから落ちそうだな」

桃「ゲホァ」



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 18:57:54.84 ID:ywnTZX1aO

桃『目指すはレギュラー、そして、会長や柚子…それにあんこうチームを倒すぞ!』

ナカジマ『おーい、桃ーっ。そろそろ帰るよー』

桃『ああ、わかった』



桃「あれ?」

沙織「雲行きが怪しくなってきた…」

杏「面白そうじゃん?」




桃『戦車の整備も奥深いな』

ナカジマ『でしょ?でも予想通り桃ちゃんには整備のセンスあったね』

桃『ああ』



桃「なっ、なにいいいいい!?」

杏「けど似合ってるんじゃない?」

柚子「桃ちゃん戦車は大事にしてるからね」



沙織「ストーリー的には1番面白いかも!あと恋愛要素があればなおよし!」

麻子「どの辺りに出てくる可能性があるんだ」



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 19:36:43.07 ID:ywnTZX1aO

ナカジマ『で、勉強の方はどうなの?』

桃『親みたいな事を言わないでくれ…』

ナカジマ『大学諦めて正式にウチに入んない? 西住隊長の活躍もあってウチも社会人チーム作ることになったし』

桃『えっ!?本当か!?』

ナカジマ『私達2人が広告塔になってさ、一緒にやろうよ?』

桃『むむむ…だが、社会人になると会長と試合が…』

ナカジマ『社会人と大学生の交流試合あるじゃん』

桃『あっ…』



華「ナカジマ×桃ですか…興味深い」

優花里「自動車部内で完結しがちなカップリングを広げるとは…やりますね」

桃「褒められてるのか?これ…」




桃『…すまない、もう少し考えさせてくれないか』

ナカジマ『いいよ。けど、ツチヤから聞いたけど1年からすらも心配されてるらしいじゃん』

桃『』



桃「」

みほ「あれ?ツチヤさんって2年生じゃ…」

優花里「え?1年生ですよね?」

※諸説あるようです



桃『だとしても、会長や柚子ちゃんとの約束は破れないから…グスン』

ナカジマ『いや、泣かないでよ!?』


ー完ー


沙織「…すっごい気になるんだけど」

麻子「まさか河嶋先輩がこんなに気になるストーリーになるとは」

桃「まさかってなんだまさかって!」




45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 19:49:54.20 ID:ywnTZX1aO

杏「んで、かーしまはどうすんの?」

桃「へ?」

柚子「忘れたの?真ん中のレバーを押せばこの未来はリセット出来るって」




沙織「…悩ましいかも」

優花里「悪い未来なら迷う必要は無いんですが…」

みほ「今の未来も楽しそうだよね…」


桃「ぬぐぐ…」

柚子「桃ちゃん…」



桃「ほ、保留で…」

麻子(できるのか…?)



麻子「次はどうする?」

沙織「安価↓2さんかな?」



47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 19:52:47.69 ID:gMdj8IPv0





48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:28:29.09 ID:ywnTZX1aO

優花里「来年の副隊長候補No.2の澤さん、お願いします」

梓「No.1は誰なんですか!?」

優花里「新生徒会長の五十鈴殿です」

華「さあ、どこからでもかかって来なさい!」

梓「そんな…どうやって五十鈴先輩に勝てば…」




麻子「実際問題どうするんだ?」

みほ「桃ちゃん先輩ちゃんさんが留年する可能性もあるかなぁって」

沙織「悲しい想定はいらないから!」

華「むしろ廃校がかかってたのに副隊長やらない前会長が珍しいのでは」


紗希「わたしが副隊長」

みほ「あっ、いいかも」

梓「!?」




梓「…で、未来が見えるテレビがこれですか?」

紗希「本物」

沙織「マジの一品だよ!さあグィッと!」

麻子「おっさんくさいぞ沙織」



梓「うーん、安価↓2年後がみたい!」


(グィッ)


優花里「これは、安価↓4です!」





50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:34:28.66 ID:6dVfTFMFo

二年後



52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 20:37:14.83 ID:TQ1YiZMLo

西住みほの後継者として大活躍中



56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:05:00.32 ID:ywnTZX1aO

(ドォン…パサッ)


『きっ…決まりました!今回の高校生戦車道選手権、優勝は…又しても大洗女子学園!これで3連覇達成です!』

梓『やった…やったぁーっ!』

紗希『…』b

あや『優勝だよーっ!』

『しかし、今年の大洗は決して前評判は高くなかった!【軍神】とまで評された西住みほが卒業し、良くて1回戦突破がいいところのアンツィオだろうと言われていた!』

『しかし、今! 彼女は黄金の歴史を紡いだーっ!』



梓『ううっ…良かった…勝ったんだ…!』

桂利奈『あいい…』

あゆみ『…ありがとう、隊長…!』





みほ『すごい…』

優花里『まるで西住殿を彷彿させるような戦いでしたね!』

華『ええ…見に来てよかったです』




梓「…えっ?ウソ!?」

優花里「くっ…これは副隊長候補No.1ですね…」

華「私はみほさんの判断なら誰でも大丈夫だとは思いますが…」



麻子「…【軍神】」

みほ「麻子さん!? 恥ずかしいよ!?」




59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:48:24.12 ID:dkUlwrAb0

『かの西住みほから隊長を引き継いだ澤梓!』

『そして昨年からの副隊長、丸山紗希!彼女達がまさに八面六臂の大活躍!』



梓『…』

(ぽろっ)

あゆみ『!?どうしたの梓!?』

梓『これで、終わりなんだって…私達の3年間、終わっちゃったんだって…』



優季『梓…』←別車両


紗希『…ちようちょ』

梓『紗希…そうだね』



ミカ『蝶のように華麗な少女達の戦い…だが、その裏には果てない苦労があったという事だね…』



オレンジペコ『梓さん、完敗です』

梓『ペコちゃん…』

オレンジペコ『…思えば、私たちも長い付き合いかも知れませんね』

梓『うん…3年間、ライバルでもあり、目標でもあり、友達でもあった。合同練習も、練習試合もたくさんしたよね』

オレンジペコ『はい…貴女に、いえ』


オレンジペコ『貴女達に負けたなら、悔いはありません。優勝おめでとうございます』



ー完ー

梓「…これは消せません!」

優花里「あの、丸山さんが副隊長になってません!?」

みほ「ダメかなぁ?」

優花里「話してる事わかります?」

みほ「『ちようちょ』とか『観覧車』とか」

華「なら、大丈夫ですね!」

優花里「流石は西住殿です!」

沙織「そもそも副隊長って何するの?」

麻子「粛清だろ」



梓「満足しました。次はどなたにします?」

沙織「次は、安価↓2だよ」



61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 21:49:55.42 ID:TQ1YiZMLo

ねこにゃー



65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:04:44.28 ID:MRSZqFdaO

ねこにゃー「こ、これが未来を見る機械…?」

華「ハンディタイプで10万円です!」

優花里「お買い得ですよ!」

沙織「売らないでーっ!」




ねこにゃー「そうなんだにゃー…」

麻子「まあ、あんまり悪い未来は出ていないぞ」

みほ「うん。河嶋先輩ちゃんさんが浪人してたくらいで」

ねこにゃー「えぇ…でも、ボクもちょっと未来は気になるかも」

優花里「ちなみにあんこうチームは誰も使ってません!」

ねこにゃー「なんで!?」




(グィッ)

沙織「ちなみに気に入らない未来なら真ん中のレバーで消せるみたい」

ねこにゃー(どこかで聞いたことある話だにゃー)



優花里「これはら安価↓2年後ですか!?」

みほ「安価↓4の展開…!?」



67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:15:44.39 ID:bbk9xKfM0

5年後



69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:19:59.27 ID:85zj5eJqO

アメリカのボディービル選手と結婚し、自身も渡米しボディービルを始める



71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/21(木) 23:59:42.45 ID:MRSZqFdaO

ねこにゃー『ふんっ!』

ビリー『オウ、ナイスマッスル!』

ねこにゃー『ありがとにゃー、あなた』




優花里「オウ、ナイスマッスル…」

華「2人めの既婚者ですね」

ねこにゃー「よかったぁ…ボク結婚できたんだ」

沙織「何故こっちをみたの?」



ビリー『しかし、まさか君もボディビルを始めるとはね』

ねこにゃー『ふふふ、筋肉こそ全てだにゃん』

ビリー『YES。筋肉は最高さ』

ねこにゃー『貴方に出会えたのも、筋肉のおかげにゃー…』///

ビリー『アァン!?あんかけチャーハン!?』///

ねこにゃー『照れてるにゃー…』



72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 00:25:42.73 ID:cQvEQFC5O

沙織「なんかアレだね。他人の結婚生活見ると凹まない?」

華「沙織さんだけかと」

麻子「しかもアメリカ移住とは…やるな」



ねこにゃー『さて、今日も筋トレの時間だにゃー』

ビリー『オッケー!さあ、今日も自転車で爆走だ!』

ねこにゃー『にゃー!』



みほ「これだけ筋肉あると強そうだね…」

優花里「いえ、本来ボディビルと格闘技は相性が悪いんです」

麻子「衝撃を弱めるための脂肪を燃やして行くのがボディビルだからな」

華「残念ながらこの人は地獄の断頭台は出来ないんですね…」

沙織「いや、普通に無理でしょ」




ねこにゃー『フンッ!フンッ!』

ビリー『ははは、君の上腕二頭筋は最高だよ。この荒廃した世界を救う女神だね』

ねこにゃー『は、恥ずかしいにゃー…』

ビリー『君に出会えた事に感謝の筋トレ10000回さ!』

ねこにゃー『HUNTER×HUNTER!?』



ー完ー



73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 00:40:04.22 ID:cQvEQFC5O

沙織「あれ、ちょっと短いね」

麻子「アメリカ編だからな。ガルパン最終章の3話めくらいからでないと情報が出ないな」

優花里「いつの間にか世界線が前提に…」

華「1話は西住流と五十鈴流の過去、2話は継続高校のミカさんが島田家と分かる衝撃の事実、3話に世界戦…そして優花里さんが戦車長になってあんこうチーム分裂の危機…ですね」

優花里「えっ!?」

みほ「世界戦なら優花里さんが戦車長する余裕はないと思うなぁ」

優花里「西住殿にお姉さん、カチューシャ殿ケイ殿島田殿ドヤ顔紅茶格言殿とたくさんいますからね。そうでなくても逸見殿なども選ばれるでしょうし私の戦車長としての出番は無いですね」


沙織「みんな、好き放題言いたい放題だね…あれ?ねこにゃー?」


ねこにゃー『』///


沙織「恥ずかしさで気絶してるー!?」

麻子「まあ気持ちは分かるがな…」

華「保健室に運んで次のえも…ターゲットを探しましょう」

みほ(今、獲物って…)


優花里「安価↓2さんでいきましょう!」



75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 00:40:52.00 ID:JpBT29sdo

宇津木優季



77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 00:49:50.80 ID:cQvEQFC5O

優季「あれー?どうしたんです先輩方」

紗希「…」


優花里(丸山さんのこのスピード!?)

華(流石は次期副隊長…!)

麻子「別に誰がやってもいいだろ…」



優季「ああ、それが紗希の言ってた未来をみるテレビですか?」

みほ「うん、沙織さんが衝動買いしちゃったの」

沙織「でも楽しめてるよ!」

優季「確かに気になりますもんねー!」

みほ「うん。嫌な未来なら消せるみたいだし、安心してグィッとしてね」

優季「…彼氏できてますように!安価↓2年後っ!」


(グィッ)


麻子「安価↓4の映像か」



79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 00:54:11.13 ID:0qyYIv9yo

3年後



81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 00:54:49.04 ID:OBhT4VXlO

元彼をストーキングしている



84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 18:46:55.00 ID:7k3EXSMlO

優季『…』




優花里「夜道を歩いてますね」

沙織「夜のお仕事!?やだもー」

華「でも、1人ですかね?」

みほ「危ない人にあったら大変だよ」

麻子「本当にな…」



優季『!』

(ささっ!)


優季『タカシ…タカシ…私が見守ってるからね』


「「「こっちが危なかったー!?」」」

優花里「というかタカシって…」

華「アリサさんの…」


優季「」



85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 18:56:18.75 ID:7k3EXSMlO

アリサ『あら、まだいたの』

優季『アリサさん…!タカシは渡しませんよ』

アリサ『何を言ってるのストーカー!私のよ!』



タカシ『? 何か聞こえたような…』


アリサ『!一時休戦よ』

優季『はい…!』



優花里「酷すぎて言葉が出ません」

麻子「タカシの彼女が沙織だったら大爆笑だな」

沙織「やだよ!?刺されそう!」




ータカシのマンションの横のマンションー


アリサ『…よかった、今日は浮気してないみたいね』

優季『よかったぁ…』

アリサ『あっ、今日はゴミの日ね。タカシったら、前の日にあらかじめゴミを捨てるなんていけない人!』

優季『生活感あってよく無いですか?』

アリサ『ダメよ、ちゃんとルールは守らないと』

優季『無線傍受してた人のセリフとは思えませんね』

アリサ『ウッ…あれで学んだのよ!フェアプレイ精神を!』



麻子「フェアプレイ精神より法律を学べよ…」

みほ「イエスポリスメン?」




86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 19:01:55.32 ID:7k3EXSMlO

優季『…そろそろですね』

アリサ『ああ。行こう』

優季『そうですね。タカシのゴミ漁り』

アリサ『最近警戒が強いから注意して行くわよ』

優季『はい!タカシの残滓にパンツァーフォー!』


ー完ー


みほ「消そっか」

優季「はい」



優花里「想像以上に酷いですよ。というか完全に犯罪者じゃないですか」

優季「消したから大丈夫ですーっ!」

沙織「ゆかりんは大丈夫?」

優花里「私は痕跡を残しませんから」

みほ「えっ?」

優花里「…あっ、安価↓2さんがいます!あの人にしましょう!」

麻子(逃げたな)




88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 19:06:43.86 ID:VRebeBccO

沙織



90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 19:35:44.17 ID:7k3EXSMlO

沙織「えっ!?私っ!?」

優花里「そろそろいい頃合いだと思いましたので」

麻子「しかし、どうなるんだろうな」

華「案外普通の結婚してるかも知れません」

沙織「案外ってなに!?」



みほ「それしゃあ沙織さん、どうぞ」

沙織「うぅ~怖い~…」

麻子「何故買ったし」



沙織「安価↓2年後~…」


(グィッ)


みほ「安価↓4!?」



92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 19:40:43.59 ID:XyGEc7RbO

10年



95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 19:42:50.95 ID:2UYuNB64O

ママさん通信手としてプロで活躍



97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 20:22:01.84 ID:7k3EXSMlO

みほ『沙織さん、今日はよろしくね』

沙織『了解っ!』


沙織「ハァハァ…緊張して吐きそう…」

優花里「ダメですよっ!?女子力がマイナスになっちゃいます!」

麻子「すでにマイナスな気がするがな」



沙織『ウチの子に良いところ見せてあげたいからね!あっ、旦那にも』

華『ふふ、もうすっかりお母さんですね』



柚子『ほら、ママさん限定大会始まるよー?』

紗希『…時間』

みほ『あっ、はい!』




沙織「やったあああああああ!」

麻子「マジか」

優花里「やりましたね!…あれ?」

麻子「どうした?」


優花里「あの、私たち、出てないですよね」

麻子「まだ慌てるような時間じゃない…よな?」





99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 20:48:55.65 ID:7k3EXSMlO

エリカ『ふっ…今日こそウチが勝たせて貰うわ』

沙織『エリリン…』

エリカ『エリリン言うなっ!』


みほ『今日の試合はいろんな人が見てるよっ!女子力あげて頑張ろうっ!』

『オーッ!』

みほ『戦車道で女子力上げる意味ってあるのかな…』

華『ふふ、きっと沙織さんなりの士気の上げ方ですよ』




沙織「よかったぁ…本当によかったぁ…」

優花里「世界戦ですかぁ…楽しそうですね」

華「そうですね」



みほ『沙織さん、こうさぎさんチームとこライオンさんチームで市街地に誘導します。それと…』

沙織『オッケー! みぽりんの考えならよくわかるから』


沙織『こうさぎさんチームとこライオンチームで市街地に誘導。私たちはフラッグ車を守りながら進むよ!』




優花里『流石のコンビネーションですね』

麻子『そうだな。特に沙織はみほとの付き合いが私達の中で1番長い』

優花里『ですね…麻子殿~やっぱり私たちも出ましょうよ~』






(ドォン…パス)



みほ『みなさん、おつかれさまでした』

沙織『さっすがはみぽりんだね。お見事っ!』

紗希『ドゥーチェ』

みほ『それは安斎さん』

沙織『もうちがうでしょー?』



100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 20:58:38.17 ID:7k3EXSMlO

『ママ~』

沙織『おー、麻穂~みてたか~?』

『うんー!かっこよかった~!私も戦車道やるーっ!』


華『ふふ、可愛らしいですね、麻穂ちゃん』

みほ『うん。名前にはなれないけど…』

華『麻子さんとみほさんから1文字ずつ取ったら…』

みほ『お姉ちゃんの名前にね…』

華『ですが、私と優花里さんは使われませんでしたよ…』

みほ『華さんと優花里さんは私が使っちゃいましたからね』



沙織『幸せすぎてやだもー!』


ー完ー



優花里「本当幸せそうですね…」

みほ「うん…でも、沙織さんが報われてよかったよ」

華「確かにそうですね」


麻子「地味にショックなんだが」

沙織「なんで!?」

麻子「沙織が結婚とかキャラ崩壊みたいなものだろ」

沙織「酷っ!?」



華「ふふ、麻子さんは嫉妬してるんですよ」

麻子「してない!…次は安価↓2さんを狙うぞ!」



102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 20:59:01.67 ID:EaYIC8CJ0

会長



103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 21:06:20.73 ID:7k3EXSMlO

現在まとめ
カエサル→ひなちゃんと同じ大学に
柚子→結婚&子持ち→既婚者限定戦車道であんこうチームに
桃→2浪中で社会人か悩む
梓→みほの後継者として大活躍
ねこにゃー→アメリカで結婚、ボディビルしてる
優季→ストーカー
沙織→ママさん通信士として大活躍


桃ちゃんさん先輩ちゃんさんと優季ちゃん以外結構幸せですね!



104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 21:14:03.71 ID:7k3EXSMlO

杏「あ、西住ちゃーんとあんこうチームのみんないたいた」

みほ「カイチョウ!」

杏「いやー、あの2人のみてたら私も気になっちゃって…なんで武部ちゃんそんな満足そうな顔してるの?」

麻子「自分の夢が叶ったからな」

優花里「さっき吐きそうな顔してましたけどね」


華「それでは早速いきましょう!」

みほ「カイチョウは先が読めないからね…」

沙織「なんかのお偉いさんやってそう!」



杏「そんじゃ、安価↓2年後~」


(グィッ)


優花里「安価↓4ですか!?」



106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 21:15:04.10 ID:A9g37/Fco





108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/22(金) 21:15:23.99 ID:7ihyvOIFo

川嶋杏に
桃…ではなく桃の弟と結婚しておしどり夫婦。川嶋弟が仕事から帰ってくる度に玄関に駆けていってだいしゅきホールド&キスでお迎え



112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 12:40:58.17 ID:Q2JOW3RkO

優花里『会長…いえ、角谷殿』

杏『いやいや、もう違うじゃん』

優花里『あっ、そうでしたね。河嶋殿。ご主人がお待ちでしょうし今日はもう帰っても大丈夫ですよ?』

杏『いいの?』

優花里『はい。あとは麻子殿との簡単な予定のチェックですし問題ありません』

杏『んじゃ、お言葉に甘えるねー。今度干し芋奢ったげる』

優花里『またですか…』




桃「よっしゃあ!」

みほ「びっくりしたぁ!?」

華「いつのまに…」

桃「ふふ…どうやら私×会長が成立したようだな」

沙織「えーっ!?女の子同士で!?」

杏「…河嶋と結婚はちょっとなぁ」

桃「」





杏『たーだいまっ!私の旦那さん!』



桃「あーっ!弟だ!」

みほ「弟!?」





113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 13:20:32.42 ID:Q2JOW3RkO

杏『え?待ってる間寂しかった?』

杏『ごめんねぇ…』

杏『んっ…今日はこれで許してくれる?』




桃「弟にNTRれた…!」

みほ「NTR…?」

麻子「知らなくてもいい言葉だ、西住さん」

優花里「しかし、なんかドキドキしますね」

華「今にも子作りが始まりそうです」

沙織「華ァ!?」




杏『ふふ、今日はアレ、やれなくてごめんねぇ』


杏『だいしゅきホールド、大好きなのにね』


(ピンポーン)


柚子『会長…いや、杏さん』

杏『うわあっ!?どうした柚子っ!?』


柚子『私に毒です…うう早く、帰ってきてあなたぁ…』


ー完ー


桃「ふざけるな!こんな未来私が認めない!リセットだリセット!」

杏「やめい」


みほ「カイチョウが義理の妹になるんですしいいのでは?」

桃「うむむ…」



杏「うわー…」///

柚子「積極的な会長も可愛かったですよ?」

沙織「幸せな将来の人多いなぁ」


杏「まあ、前かーしまの実家に遊びに行ったときに…仲良くなったけどさ」

華「あらぁ…羨ましいです」

杏「…あ、安価↓2さんがいるし、次はあの子にしたら!じゃねーっ!」




115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 13:22:12.32 ID:1reMIdlDO

そど子



116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 13:32:21.26 ID:Q2JOW3RkO

麻子「ソード子か」

ソード子「ソード子じゃなくてそど子…じゃない!園、みどり子!」

まほ「ソード子さん、未来を見たいと思いませか?」

そど子「何よいきなり…怪しい宗教勧誘?」

優花里「じつは…」


そど子「へー…本当なら凄いじゃない」

沙織「私も結婚できた未来が見えたよ!」

そど子「一気に信憑性が落ちたわね」

沙織「酷っ」





そど子「風紀委員として、こんな風紀を乱す機械は放置できないわ」

麻子「今日は休みだし許してくれ」

そど子「ダメよ! …だから、私が1回使って信憑性を調べるわ」

みほ(あっ、やっぱり気になるんだ)



そど子「わかりやすく、安価↓2年後をみてみるわ」

(グィッ)


みほ「安価↓4ですか!?」



118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 13:34:01.53 ID:QvupzW1Go

四年後



120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 13:39:02.15 ID:XwOjGpd/o

マコみたいなグータラな彼氏をいつも注意しつつも何だかんだ甘やかしちゃう



122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 22:30:09.88 ID:wiSIKJwlO

そど子『入るわよー!』

(ガチャ)


そど子『もう、また散らかして! 私達は来年社会人よ!』

そど子『私の彼氏なんだからもっとちゃんとしなさいっ!』




そど子「か、彼氏が出来てるなんて…不純な!」

麻子「落ち着けそど子。22になれば出来てもおかしくない」

沙織「21じゃないの!?」

華「私達と同じ歳ですよね?」


優花里「違いますよ。そど子殿は3年生です」

みほ「麻子さんが敬語を使わないから同級生だと思ってた…」

麻子「まあ私はあんまり敬語は使わないが」

そど子「あなた達…というかそど子じゃないから!」

みほ「つ、続きを見ましょう」




そど子『ほら、ちゃんと掃除して、スーツもヨレヨレじゃない』

そど子『ご飯は食べた?…またコンビニ弁当!?栄養が偏るわ。今日は私が作るから食べなさい』

そど子『ゴミはちゃんと決められた日に出すのよ…溜め込んでるじゃない!』



麻子「彼女というか…」

優花里「母親みたいですね…」

華「麻子さんとの関係にも似ています」

麻子「うっ…」



123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:42:42.05 ID:wiSIKJwlO

そど子『はぁ~…学校ではあんなに優秀なのに…』

そど子『…え?私の前だけしか見せない…?』

そど子『…もう!』///



麻子「なんと言うか、甘々を連続で見せられて胃もたれが…」

優花里「そど子殿もあんな顔するんですね~…」



そど子『ふう、ごちそうさまでした。食器は私が…えっ?一緒に洗ってくれるの?ありがとう』


そど子『…で、何が目的? …そりゃ分かるわよ。長い付き合いなんだもの』

そど子『…』///


そど子『え?…私が代わりに出席カード出せと!? …バカーっ!』


ー完ー


みほ「なんだか貴重な一面を見れた気がするね」

華「確かにそうですね」


そど子「…こんな未来はなし!」

麻子「まてそど子!結構幸せそうだぞ!」

沙織「そうだよ!消して彼氏が出来なくなるかも知れないんだよ!?」

そど子「うう…」



麻子「ある意味1番合ってるぞ。特にダメ彼氏に引きづられてない所が実にそど子だ」

そど子「そ、そうかしら…?」

沙織「うん。ダメ彼氏に影響されてダメにならない辺りがいいよ!」

そど子「そ、そこまで言うなら…」



麻子「実にちょろかったな」

沙織「けど、幸せそうだし…次は安価↓2さんにしよう!」



125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:45:06.46 ID:n6lZeoFMo

みほ



127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:56:02.80 ID:wiSIKJwlO

みほ「…ええっ!?私っ!?」

沙織「大丈夫大丈夫!私でも結婚できたんだし!」

麻子「そろそろとんでもない未来が出てきそうで怖いんだが」

華「とんでもない未来…?」

優花里「私と結婚してるとかですか!?」

麻子「…いや、うん」



麻子「もうストーカー事件は勘弁して欲しいぞ…」

沙織「ボコ関係じゃない?」

華「お姉さんのお手伝いではないでしょうか?」

優花里「プロの戦車道で活躍してますよ!」




みほ「…安価↓2年後で…」



(グィッ)


華「…安価↓4ですか!?」



129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:57:35.40 ID:JKq0ktDd0

2年



131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/23(土) 23:59:30.05 ID:ciD/HtyCo

ボコの着ぐるみを着て道行く人に喧嘩を売り、返り討ちにあって発情している



136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:10:28.56 ID:f5aYnANDO

みほ『…』




優花里「わあっ、2年後の西住殿…お綺麗ですっ!」

沙織「すっごい美人になってる…いや、今は可愛い系だけど…」

華「可愛らしさと気品を持ち合わせていますね…」

麻子「モデル顔負けだな」

みほ「うぅ~恥ずかしいよ~」///



(ガチャ)

みほ『…』



優花里「クローゼットを開けましたね」

沙織「合コン用の服を見繕ってるのかな?」

麻子「これだけの美人なら男なんていくらでも寄ってきそうだがな」


みほ『よいしょっ…と』


華「…あれ、ボコの着ぐるみですかね?」

みほ「わぁ~っ!あれは北海道限定、くまボコだぁ~!」

麻子「くまボコ!?ボコは元からクマだろ!?」




137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:26:25.41 ID:f5aYnANDO

みほ『…』



麻子「そのまま道に出たっ!?」

沙織「とんでもない展開で逆にワクワクしてきたよ」



みほ『あ、おいそこのっ!』

ダージリン『あら、ボコられクマのボコですわね…』

みほ『お前の格言にみんな迷惑してるぞっ!オイラが成敗してくれる!』

ダージリン『かかってきなさい…貴方程度にやられるような英国淑女ではありません』




優花里「何やってるんですかっ!?」

華「ダージリンさん…」



ダージリン『タワーブリッジネイキッド!』

みほ『ぐわああああああ!』




沙織「みぽりん死んじゃうよ!?」

優花里「ダージリン殿めちゃくちゃ強いです!?」



ダージリン『こんな格言を知ってる?『相手の誘いには絶対のるな』』

オレンジペコ『正義超人の重鎮、ロビンマスクの言葉ですね』




※着ぐるみ内は特殊なカーボンで守られているのでみぽりんは怪我ひとつないです



沙織「なんで着ぐるみ内にカーボン!?」

麻子「重いだろ絶対…!」




138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:34:57.71 ID:f5aYnANDO

みほ『はぁはぁ…また負けちゃったぜ…』

みほ《でも、負けると気持ちいいっ…!》


ケイ『ワオ!? ボコられクマのボコじゃない!?』

みほ『出たなアメリカかぶれ! オイラが成敗してくれる』

ケイ『…ふふ、私容赦はできないタイプよ?』


ケイ『カーフ・ブランディング!』

みほ『ぐわあああああ!』


アリサ『いったー!ケイがいったー!…って言わせてよ』

ケイ『いや、あれ手が痛くなるもの』


みほ《ああ…キモチイイ…》



みほ『…つぎはエリカさんの…ううん、勝てちゃうからダメ』

みほ『つぎはプラウダの誰かを狙おう…』


ー完ー


華・優花里・沙織・麻子「「「「今すぐ消しましょう(よ・そう)」」」」


みほ「えっ」



139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:36:42.15 ID:C0Lzd6eqo

プラウダ狙ったら脳味噌えぐられて廃人になるパターンや……



141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:47:12.23 ID:f5aYnANDO

>>139
みほ「それが良いんですよ~」



みほ「え~…ダメかな?」

華「あの、個人的な趣味ですし…いえ、やっぱりちょっと…」

優花里「私が言うのもなんですけど、コレ、アウトです」

沙織「これじゃ彼氏なんて出来ないよ!」

麻子(沙織の未来では結婚してたみたいだが…)



みほ「…私は負けをずっと許されない戦いをしていたの」

優花里「西住殿…」


みほ「黒森峰でもそうだったし、大洗でも…だから、私生活で負けてガス抜きしないと、きっと耐え切れなかったんだよ」


沙織「…言いたいことは分かるよ」

麻子「ツッコミ所が多すぎるんだ。あんこうチームは沙織しかツッコミできないんだぞ」

みほ「ゴメンね、麻子さん」

沙織「え?ボケ4のツッコミ1!?」




沙織「…で、消す?」

みほ「保留にしましょう。つぎは安価↓2さんにお願いしますし」



145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 00:50:52.77 ID:S8YZMENa0

パゾ美



147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 16:10:20.46 ID:2oMe7NGzO

パゾ美「…それで、次は私の未来を?」

麻子「ああ、頼む」

パゾ美(そど子がやけに上機嫌だったけど…)


沙織「まあ、悪くない未来だったし」

華「嫌な未来なら消すことも可能ですしね」



パゾ美「…安価↓2年後かな…」



優花里「風紀委員をまだやってたりして…」

パゾ美「いやよ!? 卒業させて! いや、できるのは決まってるけど!」


みほ「安価↓4だぁ…」



149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 16:21:52.04 ID:zO/1kIxNO

5年



151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 16:22:35.42 ID:STy/WgneO

トラックに轢かれて異世界に飛ばされ鬼の風紀委員として恐怖政治でディストピアを作り上げている



153: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 16:42:41.32 ID:2oMe7NGzO

(ザッ…ザザー…)

パゾ美「…出ないじゃない」

沙織「おっかしいなぁ…こんなの初めてだよ…」

麻子「…まさか」

優花里「どうしました、冷泉殿」



麻子「…映らないんじゃなくて、映せないんじゃ?」

パゾ美「えっ…」

みほ「そ、そんな…!?」



麻子「とにかくしばらく様子を見よう。連続使用のダメージかも…」


(パッ)

華「あっ、映りました!」

沙織「そ、それで!?」




『女帝パゾ美!貴方はイレギュラーだ!』

『風紀の為に人の人生や命を弄ぶ…貴様にイレギュラーの判定が出ている』


パゾ美『ふん、機械風情が私に意見を? 風紀とはもはや自然に守ろうとしても無理なの。だから、私が先導しているに過ぎないわ』



あんこうチーム「「「なにこれーっ!?(ですか!?)」」」



154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 16:51:13.74 ID:2oMe7NGzO

(ヴィン)

優花里「あ、説明が出てきましたね」

華「なるほど…これが異世界転生というものなのですね!」

麻子「ちが…いや、ちがわないか」

沙織「そもそも本当にあるのがファンタジーだよ」

パゾ美「こ、これ夢よね…?」



みほ「機械の世界なのかな? 青い方は武器を持ってないみたいだけど…」

優花里「私は赤いほうが気になりますね~」




『イレギュラーハンターとして、貴様を倒す!』

『お前の言うことも正しいのかもしれん…だが、俺は迷わない…』

(ジャキ)

パゾ美『やってみるがいいわ! 風紀を失い、ロボットに全てを委ねる…それこそが真の破滅なのよっ!』



みほ「腕がバスターに!」

優花里「赤いほうカッコいいですね!」




パゾ美『私が全てを統べる…それこそが真のユートピアなのよ』

『違う! 一人一人が思い悩む…それが貴方の望んだ世界のはずだっ!』

パゾ美『っ!』





155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 17:04:16.85 ID:2oMe7NGzO

パゾ美『ふっ…あれだけ言いながら、もう終わりかしら?』

『強い…!』

『なんて強さだ…!』



みほ「ああっ!負けちゃいそう!」

優花里「頑張ってください!」

沙織「2人は熱中し過ぎ!」



『ただいま到着っ!お二人さん、一旦引こう!』

パゾ美『まてっ!』


みほ「3人目!」

優花里「早く逃げてくださいっ!」

華「しかし、どうやって逃げるのでしょうか!?」


(バフッ)

パゾ美『煙幕…っこれは…』

パゾ美『私の…記憶…? せんしゃ…どう…?』


ー完ー


パゾ美「真ん中のレバーを引くと消えるのかしら?」

沙織「はい」



みほ「ええっ!?消しちゃうんですか!?」

優花里「勿体無いですよ~」

パゾ美「いやいや、あんなの見せられたら普通消すわよ!」

麻子「うん」




優花里「残念です…仕方ない事ですが」

みほ「そうだね…次は安価↓2さんにお願いしようよ」



157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 17:05:58.46 ID:uLRjjD850

クラーラ



160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 17:18:44.34 ID:2oMe7NGzO

大洗限定ではないです
リボンの騎士とかあたり出されるとお手上げですが…



沙織「なんというかいろいろショッキングだったよ」

麻子「最後のボコ→異世界転生のコンボが響いたな…」

優花里「明日はプラウダと練習試合のスケジュール決めですし、一旦解散ですね」

みほ「それじゃあみんなまた明日ね~」

華「はい、また明日」



161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 17:27:22.55 ID:2oMe7NGzO

みほ「…」

みほ「ふふふ、私がボコに…ふふ…」


沙織「…」

沙織「…よかったぁ、結婚できたんだぁ…」






優花里「…」

麻子「…で、なんで秋山さんがここに?」

優花里「いえ、結婚できなかったものどうし仲良くしようかと」

麻子「まだ決まったわけじゃない」


優花里「良いんですよ…仲良くしましょう…」

麻子「止めろ!というか明日朝早くないのか!?」


華「百合の匂いがします」

(ガチャ)


麻子「増えた!?」



164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 17:45:45.81 ID:2oMe7NGzO

翌日…


カチューシャ「…と、言うわけよ」

みほ「そうですか、明日はカチューシャさんとノンナさんは出ないんですね」

カチューシャ「そうよ!後輩たちにもしっかり経験を積ませてあげないと」

ノンナ「流石です、カチューシャ」

カチューシャ「けれど、そっちは3年生を入れても構わないわ!これが強者の余裕と言うものなのよ」

桃「なにっ!」

カチューシャ「明日はニーナが隊長を務めるわ!」




ー別室ー

クラーラ「これが未来を見るテレビですか?」

優花里「はい!是非どうぞ!」

クラーラ「…本物ならば、母国に報告しなければ」

華「?」


クラーラ「わかりました…では、安価↓2年後!」


(グィッ)


麻子「安価↓4か」






166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 17:46:27.99 ID:gH0BBWy0o





168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 17:47:12.00 ID:alY76J/C0

連邦陸軍の戦車隊の士官



169: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 18:16:46.37 ID:2oMe7NGzO

一応クラーラは2年生として扱って書きます



クラーラ『前進します!』

上官『訓練だが、実戦は何が起こるか分からないぞ。最低でも10パターンは考えろ』

クラーラ『ハイッ!』


クラーラ「これは…母国ロシアですね」

華「字幕がついていて便利です」

優花里「軍に入るとは…」

麻子「1番わかりやすい気もするがな」



上官『止まれっ! よし、今日の訓練はここまで! 各自レポートを10枚書いてこい!』

『『はっ…はいっ!』』




クラーラ《プラウダと比べると随分少ないですね…カチューシャならその3倍は書いてこい、と言いますが…》




沙織「えっ!?そうなの!?」

クラーラ「はい。たまに気分で減ったり増えたりしますが」

優花里「名門チームも大変なんですね…」

麻子「西住さんは私達に気を使って枚数を減らしていたのかもしれないな…」








170: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 18:37:50.43 ID:Dc5dwJv1O

ノンナ『クラーラ』

クラーラ『ノンナ副隊長!?お久しぶりです』

ノンナ『クラーラ、私が副隊長だったのはもう7年も前ですよ』

クラーラ『す、すいません…』



沙織「海外に行っちゃうと昔の友だちと会いにくくなるってやつだね…」

華「カメさんチームの皆さんとも交流が減ると思うと…さみしいですね」

麻子「まあ広報の人は残ってくれるかもしれないぞ」

クラーラ(まあ、あのゆるふわした人は卒業後は学園艦でお仕事する予定なんですね)

優花里(誤解が起きている気がします)



ノンナ『カチューシャも会いたがっていましたが、彼女の仕事もあって今回は私だけ来ました』

クラーラ『そうですか…残念です』



ノンナ『私もまた日本に戻りますが、しばらくは滞在しますからまた時間のある時に会いましょう』

クラーラ『ハイ、同士ノンナ』



優花里(思ってた以上に普通ですね)

沙織(まあ闇が深い2連コンボの後だし、久々にマトモな人が…)


ノンナ『それと、これがカチューシャのパンツです。貴重なものなので大切に使ってください』

クラーラ『!ありがとうございます!』


ー完ー



麻子「…ちょっと待てっ!?最後っ!」

クラーラ「…?何かおかしいことはあったでしょうか?」

華「ごく当たり前な話しかしていなかったような…」

沙織「華ァ!?」

優花里「私も同じ意見です」

麻子(まずい…!2-3だ!西住さんに助けを…)


クラーラ「それにしても、この機械は凄いですね。何方が開発を?冷泉さんですか?」

沙織「え?通販だけど。ゼクシィの」

クラーラ「通販!?」(ゼクシィとは、日本の秘密結社か何かですかっ!?)



麻子「…プラウダの闇は深い」

沙織「戦車道って怖いね」

みほ「あ、みんな。練習試合のスケジュールは決まったよ」

優花里「わかりました西住殿!」


みほ「それで、しばらく時間はあくし安価↓2さんの未来を見に行こうよ」



172: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 18:38:43.79 ID:wcscshpiO

まこ



173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 18:48:19.84 ID:Dc5dwJv1O

麻子「…いよいよ私の出番か」

沙織「大丈夫大丈夫!結婚出来てるって!」

華「そこじゃないと思いますが…」


優花里「そど子殿パターン、西住殿パターン、パゾ美殿パターン、武部殿パターン…どれになってもおかしくありません!」

麻子「いや、西住さんパターンはないだろ」

みほ「私の未来、そんなに変だったかなぁ…」

優花里「変でした」

麻子「うん」

華「流石にアレはちょっと…」



麻子「安価↓2年後…」

(グィッ)



沙織「出たっ!安価↓4の未来!」



175: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 18:49:45.72 ID:FZy+1gslO

十年



177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 18:50:30.49 ID:kawSfnL9o

専業主夫の旦那にめちゃくちゃ甘えてる



178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 18:54:03.43 ID:qk/Qo7vkO

結婚パターン多いね



180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 18:59:01.56 ID:alY76J/C0

ぶっちゃけ皆結婚でもおかしくないし



182: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:12:04.94 ID:Dc5dwJv1O

>>180
桃「は?」




麻子『…スピー』




麻子「寝てる…」

優花里「今と変わりませんね」




麻子『…ん…いい匂いだ』

麻子『…おはよう。え?もうこんにちわ?』


麻子『…私は夜型だからな。優花里との打ち合わせも夜にしてある。問題ない』




沙織「結婚してるーっ!?」

優花里「」

華「優花里さん!?」

みほ「ま、まだ大丈夫だよ…!」




麻子『美味しそうだな。今日も食べさせてくれるか?』

麻子『あむっ…』

麻子『最高の味だ。お前と結婚して一度も飽きた事はない』




沙織「ウボァー!」

華「ああっ、あまりの甘さに沙織さんが!」

麻子「」///

みほ「あまりの恥ずかしさに麻子さんが!」





183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:40:14.90 ID:Dc5dwJv1O

優花里『…と、いう感じで、主婦向けにも戦車道をアピールして行こうと思っています』

麻子『流石は優花里だな。新ルールの追加も含め、私たちも仕事がやり易くなっていい』

優花里『あはは…私には戦車しかありませんからね』

麻子『謙遜するな』

優花里『そうですかね』



麻子『…さて、話も終わったな』

優花里『よかったら晩御飯一緒に食べます?』

麻子『いや、旦那が家で待ってるからな』

優花里『アツアツですね~昔の沙織殿がいたら爆発してますよ!』

麻子『かもな。ま、あいつも今や一児の母だ。ゼクシィも卒業したし』

優花里『してない方がご主人が不安がりそうですけどね…』



優花里「私の出番結構ありますね」

みほ「あっ、復活した」

華「キャラ的に使いやすいのかと」

優花里「メタですねぇ…」




麻子『ただいま…』


麻子『ん…こんな遅くまですまないな』

麻子『…仕事で疲れた。悪いが脱がせてくれ』


麻子『ん…ついでに風呂にも入れてくれるとありがたいが…』

麻子『恥ずかしがる必要はないだろう?私たちは…夫婦なんだから』///


ー完ー


沙織「甘いっ!甘すぎるっ!」



184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:46:45.47 ID:Dc5dwJv1O

優花里「依存対象が武部殿から旦那さんに変わった感じですねぇ」

麻子「い、依存はしてないっ!」

華「私に依存するのはいかがでしょうか?」

麻子「料理がな…」

華「」



みほ「今のところ、あんこうチームはみんな幸せだね!」

優花里(えっ)

沙織(みんな…?)

華(ええぇ…)

麻子「…あ、次は安価↓2にしてもらうのはどうだ?」




186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:47:47.29 ID:zLX8/2tao

カチューシャ



188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:57:53.50 ID:Dc5dwJv1O

カチューシャ「これが例の機械ね!ゼクシィ恐るべしだわ!」

みほ「カチューシャさん、真ん中のレバーで消せるので…」

カチューシャ「なんで消す前提なの!?」


優花里「なんというか、闇が深い事案が結構あったので」

カチューシャ「ふーん、まあ大した事ないでしょ」

沙織「未来のみぽりんがボコになってても?」

カチューシャ「えっ?」



カチューシャ「…えっ?本当に?」

みほ「あ、はい。そうなんです」

カチューシャ「…ま、まあ戦略的撤退という意味で真ん中のレバーは必要ね!」



カチューシャ「安価↓2年後、みさせてもらうわ!」


(グィッ)

華「ノンナさんがまた薬を入れてる未来ですね」

カチューシャ「えっ」

華「…と、言うのは冗談で安価↓4ですね」



190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:58:38.46 ID:Z7aaWDlco

15



192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 19:59:13.88 ID:2S1Qp++Eo

世界大統領に



202: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:14:10.58 ID:Dc5dwJv1O

カチューシャ『偉大なる同士諸君!あなた方のおかげで世界は平和になったわ!』

カチューシャ『犠牲もあったわ。けれど、それでも平和になったことに違いはない』


カチューシャ『私が世界大統領として、平和を導くと誓うわ!さあ、行きましょう!』



『カチューシャ!カチューシャ!』

『カチューシャ!カチューシャ!』

ペパロニ『ドゥーチェ!ドゥーチェ!』

アンチョビ『それはそれ違うだろっ!?』




優花里「…ええっ!?」

麻子「これはパゾ美パターンか」

華「いえ、現実世界ですね」



カチューシャ『…ノンナ。全部終わったわ』

クラーラ『カチューシャ様…』

カチューシャ『クラーラ…ありがとうね。私についてきてくれて。欲しいものならなんでも用意するわ』

クラーラ『…それは』


カチューシャ『…時は戻らないわ』




203: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:26:19.82 ID:Dc5dwJv1O

『おかーさま、ノンナさんは…』

カチューシャ『…ノンナは、ちょっとひどい怪我をしちゃったのよ。ほら、子どもはもう寝る時間よ』



ダージリン『…わかったわ。イギリスと神奈川県は私達が統治すればいいのね』

カチューシャ『ええ。青森とロシアは私達が統治するわ』



ダージリン『…カチューシャ、無理はしないで』

カチューシャ『ふん、あなたに心配されるようなカチューシャじゃないわ』

ダージリン『…まさか、宇宙人が本当にいるなんてね』

カチューシャ『そうね。でも、全部粛清してやったわ!ざまあみろよ!』

ダージリン『…カチューシャ』


カチューシャ『あなたも、いつもの格言はどうしたのよ…ほら…』

ダージリン『…1人で飲む紅茶というものはこんなにつまらないものなのね』



ー完ー

カチューシャ「リセット!リセットよ!というかこの機械を粛清してやるわ!」

優花里「これ、オレンジペコさんも…」

みほ「ゴメンなさい、消して貰うしかないです」



カチューシャ「だいたい、こんなの偽物よ!ノンナが…ノンナが…私を置いて死ねわけないじゃない!」

麻子「ほら、ハンカチだ」

カチューシャ「ぐすっ…ノンナぁ…」




沙織「…15年後が怖すぎるんだけど」

華「何も起きない事を願いたいですね…」



205: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:31:50.37 ID:Dc5dwJv1O

カチューシャ「すぅ…」

ノンナ「カチューシャがご迷惑を」

みほ「いえ…ノンナさんとカチューシャさんの絆を改めて知ることができました」

ノンナ「ええ…長い付き合いですから」

みほ「私、黒森峰の時にはそんな仲のいい友達がいなかったので、羨ましいです」

ノンナ「…いえ、今のあなたにはたくさんの友がいます」

みほ「ノンナさん…」



ノンナ「そして、私とカチューシャもあなたの友です。それを忘れないでください」

みほ「…はい!」




優花里「いやぁ、いい話でしたね」

麻子「…リセットされたんだし、もうあの未来は無いよな…?」

華「分かりませんが…気にしすぎてもよくはないかと」

沙織「…だね!それじゃ次は安価↓2さん!」



207: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:32:53.08 ID:Z7aaWDlco

さき



210: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:39:19.65 ID:Dc5dwJv1O

紗希「…ちょうちょ」

梓「と、言うわけで紗希に使ってもらっていいですか?」

沙織「オッケーだよ!」


優花里「…しかし、断片断片で見ると、丸山さん凄い経歴ですね」

華「まとめると…」

大洗1年時:全国大会優勝、対大学選抜勝利
大洗2年時:全国大会優勝、副隊長就任
大洗3年時:全国大会優勝、副隊長として大活躍
10年後:既婚者であり、優花里並みの実力者に


麻子「…凄いことになってるな」

沙織「どんな歴史が見れるのかな…!」



紗希「安価↓2年後…」

(グィッ)


梓「こ、これは安価↓4!?」



212: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:40:50.96 ID:Z7aaWDlc0

4



214: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 20:41:04.52 ID:SJl+f4x8o

新興宗教の教祖として勢力を拡大、日本を支配しつつある
沢山の信者に囲まれてハーレムを築き上げ幸せに暮らしている



221: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:39:52.71 ID:Dc5dwJv1O

紗希『…』


梓「わぁ、ちょっと大人びたかも」

優花里「ふふ、可愛いですねー」


『お前たち!教祖さまの御前だぞ!』

『さあ、そのお言葉を聞けっ!』


『教祖さま!教祖さま!』

『勝利の女神!』

『私達をお助けくださいっ!』

『ドゥーチェ!ドゥーチェ!』


優花里「」

梓「」


華「怪しい宗教の教祖に…」

みほ「ええ…大変なことになってるよぉ…」

紗希「…大変」

梓「紗希も困ってますよ」



223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 22:55:35.45 ID:Dc5dwJv1O

沙織「というかなんでアンツィオの人もいるの…?」

麻子「多分ノリと勢いだろう」

沙織「なるほど」


紗希『…』


『!皆の者!教祖さまのお言葉だ!』

『『はいっ!』』



紗希『ち』


紗希『ちょうちょ』


『聞いたか!ちょうちょだ!ちょうちょを…』

紗希『保護して』

『ちょうちょを保護だ!』



『うぉおー!教祖さま!教祖さま!』

『ドゥーチェ!ドゥーチェ!』




梓「…」

紗希「…最近環境破壊でちょうちょの生態系が崩れてるから」

華「そうなんですか?」

紗希「…」コクリ


華「花の道の者である以上、重要な話ですね」

沙織「納得してる場合じゃないよ華ァ~!」



224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:07:28.91 ID:Dc5dwJv1O

理事長『紗希様、日本の戦車道会はどうすれば良いでしょうか』

紗希『し』

理事長『し?』


紗希『主婦にターゲットを定める。主婦から娘に。受け継がれる淑女の嗜みという本懐を忘れないように』

理事長『はっ、はい!』



みほ「り、理事長さん…」

優花里「戦車道の理事長まで…」



千代『娘が最近一緒にお風呂に入ってくれなくて…』

紗希『…は』

千代『は?』


紗希『反抗期かもしれない。幼い頃から戦車道に接してきた以上、彼女は一人前の淑女』

千代『ですが…』

紗希『急いては事を仕損じる』

千代『!はい!ありがとうございました!』



みほ「愛里寿ちゃんのお母さん!?」

麻子「大丈夫なのか日本」





226: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:32:01.68 ID:Dc5dwJv1O

しほ『最近娘が冷たくて…特に次女が…私に原因があるのは分かっているんですがもう4年も経つのに…』

紗希『西住流としてではなく親子として接する』

しほ『はい…ですが西住流の師範である以上』

紗希『接しなさい』

しほ『はい』




みほ「」

優花里「西住殿ーっ!?」




紗希「悩みがたくさん」

梓「別に悪い宗教じゃないのかも」

麻子「ま、まあ相手はどうあれ悩みを聞いて、解決しようとしているだけだしな」




紗希『私達は日本の為に頑張ろう』


『『『アカルイミライヲー』』』

ー完ー


華「判定員の沙織さん、どうですか?」

沙織「アウトかな」

紗希「…」ふるふる


沙織「紗希ちゃん?」




227: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:46:24.90 ID:Dc5dwJv1O

紗希「悩んでる人はたくさんいた」

紗希「その人たちの力になるなら、私はこのままがいい」


優花里「丸山さん…!」

華「ふふっ、完敗ですね」

沙織「何が!?」


優花里「大洗の副隊長、お任せします」

紗希「はい…!」


麻子「いい話だな」

沙織「完全に流されてるよ!?」


梓「次は安価↓2さんはいかがでしょうか?」



229: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:47:31.36 ID:nT/Fdtqpo

まほ



231: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 00:01:29.27 ID:V2h7DBYZO

まほ「久しぶりだな、みほ」

みほ「お姉ちゃん!? なんで大洗に!?」

まほ「今度プラウダとの練習試合があるだろう?それの日程を確認したくてな」


麻子(電話で良いんじゃないか?)

優花里(西住殿に会うための口実でしょうね)



みほ「偵察にくるの?」

まほ「悪い言い方をするならそうなるな。事実私達が負けた相手たちの試合でもあるし」

みほ「そっか…」


まほ「特にプラウダはあのカチューシャが抜けてどうなるか、それが気になってな」


沙織「あ、あのー、お姉さん。これ使ってみませんか?」

まほ「?これは…!電子レンジか!」

沙織「違いますよ!?」



まほ「なるほど…」

優花里「色々と面白いですよ」

まほ「君は使ったのか?」

優花里「私と五十鈴殿はまだです」

まほ(みほはどうだったんだろう…まだお姉ちゃんお姉ちゃんって言っててくれるだろうか…)


沙織(自分の妹がボコになってるなんて言えないよね)



まほ「…それでは、安価↓2年後だ」

(グィッ)



みほ「! 安価↓4!?」



233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 00:04:21.44 ID:LUN5xrueO

10年後



235: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 00:04:30.20 ID:B+3cBCjEo

ボコの中の人になる為の適性試験でボコボコにされてる

志望動機:みほがボコの中の人のスタントマンと付き合い始めたから、自分もボコになってみほを取り戻したい



244: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 21:47:04.52 ID:M/VaoadwO

まほ『…』



みほ「わぁ、お姉ちゃん、髪が伸びてる!」

まほ「いつかエリカみたいに伸ばしてみたいと思っていたんだ」

みほ「うん、もっと可愛くなってるよ!」///

まほ「そ、そうか…」///


麻子(このパターンは…)



まほ『…みほ、私が助けてやるからな』


(グィッ)


沙織「なんでボコの着ぐるみが必要なのかな…」




『それでは、ボコ面接を始めます』


みほ『はい!』

優花里『はい!』

エリカ『はい』



優花里「何をしているんですか私っ!?」

まほ「なるほど、ボコ面接を受けているのか…」

みほ「1番の近道だよね」


沙織「なんの近道?」






245: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:14:13.08 ID:M/VaoadwO

エリカ《隊長はなんとでもなるわ! まほーんとしてるし。問題は優花里よ…》

優花里《まほ殿はまほーんとしてるのでいいですが、問題はエリカ殿です!》

まほ『…』まほーん



エリカ《優花里はみほが関わるといつも以上の結果を残してくるわ…!》

優花里《エリカ殿はみほ殿が関わるといつも以上の力を発揮します…!》



優花里「なんか仲良くなってますね」

麻子「犬同士だからな」

優花里「ひどくないですか!?」




面接官『えー、それでは面接を始めます』

面接官『まず、志望動機をお願いします』



エリカ『私はボコの柔軟な校風に憧れ、今回志望させて頂きました』




華「校風…?」

沙織「ツッコミどこそこじゃないでしょ!?」

みほ「ううん、ボコは自由なんだよ」

まほ「ああ。みほのチームメイトならもう少し詳しいと思ったが…」

沙織「え?なんで私勝手に失望されてるの?」



247: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:24:22.68 ID:M/VaoadwO

面接官『ボコの良さをどこに感じましたか?』

優花里『決して諦めない不屈の心です』


面接官『好きな食べ物はなんですか?』

みほ『カレーです』


こうして面接は過ぎていき…


面接官『それでは最後にボコ実技に入ります。それぞれボコに着替えてください』


エリカ『いよいよね…』

優花里『ここまでおそらく3人とも互角…』

まほ『ああ。ここで決まる…いい勝負にしよう』



華「何か名勝負な雰囲気出してるアラサー3人ってキツイですね」

沙織「なんてこと言うの華!?」



面接官『最終試練として、ボコボコ作戦です』


みほ「そんな…ボコボコ作戦っ!?」

沙織「何それ」

まほ「ふぅ…ボコボコ作戦とは劇場版ボコ第三作のタイトルだ。ちなみに来年リメイクが決まった」

みほ「ほんとっ!?」



248: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:38:32.18 ID:M/VaoadwO

優花里《ボコボコ作戦…!とある島に流れ着いたボコが丸太で戦うバトル物…!》

エリカ《耐久力を試すならうってつけね…》

まほ《この勝負、受けて立つ…!》



沙織「バトル物なんだ」

まほ「ああ。最後の師匠との別れのシーンはボコベストバウトに選ばれるくらいだ」

沙織「ま、麻子…お助け…」

麻子(ムリ)




そして…


まほ『勝った…勝ったぞっ!』


まほ『みほ、見ていてくれたか…お前を泣かす悪い男は私が…』


《プルル》


面接官『はい、もしもし…みほ、仕事中は電話はやめてくれ』

面接官『…ああ。僕が悪かったよ。うん…えっ!?ボコが正式に戦車道のマスコットキャラに!?』

まほ『えっ』






249: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:50:02.25 ID:M/VaoadwO

面接官『と、なると日本選抜以外から選ばないといけないのか…すいません西住さん。本日のお話は無かった事にしてください』

まほ『』




ー完ー


まほ「な、なんて酷いんだ…リセットだ!」

みほ「えーっ!?せっかくボコが日本戦車道のマスコットになったのに…」

優花里「大丈夫です西住殿。ボコは可愛いからどの未来でもマスコットになりますよ」

みほ「…そっか!」



まほ「…そう言えば明日の練習試合の準備はいいのか?」

みほ「今回は事前に戦車の情報だけあるパターンを想定したの。どれだけ臨機応変にみんなが動けるかも合わせて」

まほ「なるほど…確かにそう言う訓練も必要かもしれないな」



優花里「最後はマトモな西住まほ殿に戻りましたね」

麻子「あの狂気の世界は恐ろしかったな」

華「次は安価↓2さんにお願いしましょう」



251: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 22:51:16.54 ID:4Vo0aR/ko

ありす



253: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:09:26.89 ID:M/VaoadwO

愛里寿「こんにちは、みほさん」

みほ「愛里寿ちゃん!? どうしてここに!?」

愛里寿「プラウダとの試合を見に来たの」

みほ「そうなんだ…」


愛里寿「それと、みほさんにも会いに来た」

みほ「えっ!?ううぅ、緊張しちゃうな…」

愛里寿「かっこいい所を期待してる」




沙織「…これ、使う?」

愛里寿「何ですか?」

沙織「未来が見える機械」

愛里寿「あの、子どもだけどそこまで子どもじゃないです」

優花里「いや、本当に見えますよ、コレ」


愛里寿「…じゃあ一回だけ。安価↓2年後…」

(グィッ)


麻子「安価↓4か…」(またボコラーの闇が深い事案を見せられるんじゃ…)





255: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:10:53.23 ID:icsTeoerO

20年後



257: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:11:16.17 ID:Geu7zC0RO

宇宙人襲来を予知し新人類ボコを産み出す



261: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:26:29.25 ID:M/VaoadwO

愛里寿『…』

優花里『愛里寿殿、研究の成果はいかがですか?』

愛里寿『現在は順調…だけど、問題点の方が多い』

優花里『やはりですか…理由は、耐えきれない。これにつきますよね』

愛里寿『うん』




優花里「地味に私の出番多いですね」

みほ「使いやすいからね」




愛里寿『戦車道専用新人類…BOKO…宇宙人が来た時に、きっと私たちを助けてくれる』

優花里『…ですが、これは正しいのでしょうか?』

愛里寿『わからない』




愛里寿「…秋山さんも、嫌いじゃないよ」

優花里「あんまりフォローになってませんよ…」



262: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:48:21.74 ID:M/VaoadwO

愛里寿『ボコには私やみほさんの軍師能力、華さんやナオミさん級の射撃能力、麻子さんやミッコさん並みの運転技術、優花里さんやオレンジペコさん級の装填技術、テレパシー機能もついている』

優花里『私を高く評価してもらえてるのは嬉しいのですが…』

愛里寿『恋愛観は沙織さんをベースにしてる』

優花里『ある種正解ですね…』



沙織「未来のゆかりんひどくない?」

優花里「仲のいい証拠ですよ…きっと」

麻子「沙織の恋愛観は『献身』『努力』『奉仕』の3本柱で成り立っているからな」

華「それでモテないのが不思議なくらいです」




愛里寿『きっと、この子たちが世界を救ってくれる』

優花里『名前は、名前はあげないんですか?』


愛里寿『…あげると、きっと戦場に出しにくくなるから』

優花里『愛里寿殿…』


ー完ー



愛里寿「満足した」

みほ「よかったぁ」

麻子「しかし、やっぱり宇宙人は来るのか」

華「怖いですね…」


愛里寿「…私も怖いし、リセットする」


(グィッ)


みほ「でもいいの?人造人間ボコが生まれるチャンスだったのに…」

愛里寿「大丈夫。たとえどれだけ失敗しても諦めない」

みほ「それがボコだから…!」





優花里「…次は安価↓2さんで行きましょうかね」



264: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:49:15.77 ID:N4+Tx4Xjo

だーじりん



265: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:57:03.16 ID:M/VaoadwO

ダージリン「こんな格言を知ってる?『過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。』」

麻子「ドイツの哲学者、ニーチェの言葉だな」

ダージリン「流石ですわ、マッスルペコ」

麻子「何をいっているんだ…」

みほ「ダージリンさんも練習試合を見に来たんですか?」

ダージリン「ええ」




ダージリン「その機械の事はまほさんから話は聞いています。ぜひぜひ使わせてもらいたいのですが…」

沙織「乗り気な人、結構珍しいですね」

ダージリン「ええ。まずは30分後、私はみんなと合流出来るかをみたいのです」

優花里「道に迷っただけじゃないですか!?」



ダージリン「ふふ、半分冗談よ」

華「半分…?」

ダージリン「道に迷ったのは本当なの」

沙織「そっちが本当でどうするんですか!?」



ダージリン「…まあ、私は安価↓2年後をみるわ」

(グィッ)


みほ「!安価↓4の未来です!」



267: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:59:35.35 ID:0sZvjrq0o

10



269: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/25(月) 23:59:58.17 ID:9H2nGTw1o

格言おばさんとしてテレビで有名に



275: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:12:57.80 ID:KNjQJXSQ0

(ダァン…パスッ)


ダージリン『こんな格言を知ってる?『我々イレギュラーハンターには引き金を引くのを躊躇ってはならない時がある』』


オレンジペコ『第17精鋭部隊元隊長…シグマの言葉ですね。さすがはダージリン様…またしても勝てなかった…』




みほ『オレンジペコさん…』

麻子『憧れの先輩だからな。プロの舞台であろうと、ほんの一瞬躊躇してしまうんだろうな』

華『今回が初めての対決ですが…』

優花里『わかります…私ももし車長としてみほ殿と会いたいしたら…』

沙織『骨も残らなそうだね』




ダージリン「あら、プロとして活躍してるのね」

優花里「流石聖グロの隊長ですね…」

華「オレンジペコさんもです」

麻子「私達の宿命のライバルなだけはあるな」



『さて、今日の勝因を隊長のダージリンさんにお伺いしましょう!』


ダージリン『一言で言うならば「運命は浮気者、不利な方が負けるとは限らないわ…と、言ったところかしら』






276: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:33:10.88 ID:KNjQJXSQ0

ダージリン「ふふ…」ドヤァ


みほ(すっごいドヤ顔してる)

沙織(そういうところが憎めないというか…)




『と、このように今年でプロに転向して5年目のダージリン選手ですが、このように格言が大好きなんですね』

『地元(神奈川)の子供たちと積極的に交流する精神は素晴らしいのですが…』



子供A『え?格言おばさん?大好きだよ!』

子供B『格言おばさん面白くてスキー!』

子供C『私も将来格言おばさんみたいに戦車道するの!!』



ダージリン「」

優花里「気の毒すぎて何も言えませんよ」

華「ま、まあチャリティ精神も高いですし、素晴らしいと思いますよ、私は…」

麻子「五十鈴さん、笑いをこらえてるのがもろわかりだ」




ダージリン『ふふふ、私にあこがれてくれるのは嬉しいのですが、ここで1つ…こんな格言を知ってる?』

ダージリン『ほかのだれかではなく、自分自身の最高を目指すべきである。私がきっかけになるのはいいけれど、自分自身の戦車道を見つけなさい』


子供たち『はーい!』


ダージリン『それじゃあ、ごきげんよう』

子供たち『ごきげんよう、格言おばさんー!!』





みほ「あの、すごくおきれいですし…」

ダージリン「いいの!私は気にしていないわ…!どんな映像を見ようと、私は一滴たりとも紅茶をこぼしたりはしないわ…」カタカタ…



オレンジペコ『負けてしまいました…』

アッサム『それも一つの経験よ、オレンジペコ…いざとなったら、旦那の胸で泣いてきなさい』

オレンジペコ『ま、まだ旦那じゃないですよ!?』

アッサム『ダージリンもあの格言の癖がなければいいのだけれど…』



ー完ー





277: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:43:10.59 ID:KNjQJXSQ0

ダージリン「」ガチャーン

華「ああっ、ダージリンさん!」

優花里「あまりのショックで紅茶が!」



ダージリン「…ううう、あんまりだわ…夢は25歳でお嫁さんだったのに…」

麻子「…ご愁傷様です」



ダージリン「…参考までに聞きたいのだけど、あなたたちはどうだったの?」

優花里「武部殿と冷泉殿が結婚してましたよ」

ダージリン「みほさんは?」

沙織「ボコになってました」

ダージリン「えっ」



ダージリン「えっ?」

みほ「いい未来でしたよ」


ダージリン「…あら、オレンジペコから連絡が来てるわね。それでは失礼するわ」

沙織「あっ、これ消します?」

ダージリン「…保留させてもらうわ」




みほ「ダージリンさん、大丈夫かな…」

華「プロで活躍していますし、悪くはないのではないでしょうか…」

沙織「さて、次のターゲットは安価↓2だね」




279: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:44:16.19 ID:cyYLFSFoo

近藤



280: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:55:04.62 ID:KNjQJXSQ0

(ファイト―!!)

(オー!!)



みほ「すごい…バレーボール部にあんなに人が!?」

優花里「なんでも、戦車道で有名になったみたいですからね」

麻子「そもそもあの4人もかなりの実力者だからな。大洗にいるのが不思議なくらい」



妙子「あ、西住隊長!」

典子「あんこうチームのみんなもバレーボール部に入部しに来たの?」

あけび「西住隊長や秋山先輩の身体能力ならレギュラーも夢じゃないですよ」


沙織「いやいや、みぽりんの運動能力は戦車道限定だよ?」

優花里「私も今は戦車道でいっぱいいっぱいですから…」


典子「残念!で、今度の試合の話?」

沙織「ううん、コレだよ」



妙子「…未来がわかる、ですか」

沙織「乙女は度胸、何でもやってみるものさ」

妙子「…」


妙子(もしかしたらオリンピックに出てるとか…!?)


妙子「キャプテン、私やってみます!」

典子「あ、うん」


妙子「安価↓2年後ーっ!!」

(グイッ)


典子「安価↓4!?」



282: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:56:11.72 ID:H0E2MzqKo

3



284: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 22:56:19.70 ID:sdyIUtbkO

四人揃って世界大会の会場にいる 着ぐるみの中の人として



287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 23:05:16.39 ID:KNjQJXSQ0

(ワーワー)


『さあ、まもなく始まります!オリンピックに向けての前哨戦。しかし、ここで大きく弾みをつけたいところでしょう!』



妙子「!世界大会だ!」

典子「本当か!やったな!」

あけび「しかも3年後…」

忍「やったね!」



妙子『キャプテン、準備はできましたか?』

典子『ああ、いつでもできてるよ』

忍『しかし、アヒルさんチーム復活とは…うれしいですね』

あけび『このチャンス、生かしましょう』



みほ「全員!?すごい!」

優花里「話の内容的にはバラバラになったんですかね」

典子「まあ、そればっかりは仕方ないのかもね」




(ヌッ)


妙子『着ぐるみの中とはいえ、高いレベルを見るチャンスです!』

典子『ああ。この経験を活かしていこう!』




妙子「着ぐるみじゃないですか!!」

麻子「着ぐるみ…うっ、頭が」







288: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 23:17:06.46 ID:KNjQJXSQ0

みほ「やっぱり戦車道は着ぐるみに行きつくんだね」

優花里「かもしれないですね…」

沙織「ゆかりんがおかしくなり始めた!?」




妙子『…!』

(バッ!!)




麻子『おお、ずいぶんと派手な動きをするな、あのマスコット』

沙織『まるで選手1人1人の動きを吸収するような動きしてるね』

華『おかわりをいただけますか』



沙織「華ァ!」

華「ふふ、大学生でになっても仲良くしていると思いましょう」




妙子《なんて高いレベル…だけど、決して届かないわけじゃない!》





(ピー!!)


『ああっと、日本、絶体絶命です!』


妙子《…バレーボールしたいなぁ…けど、我慢》



妙子《絶対に、この舞台に立つんだ…!4人全員で…!》




ー完ー


妙子「ううん、やっぱり甘い世界じゃないですね」

みほ「けれど、どんな時でも向上心を持ってできるのはすごいよ」

優花里「その通りです!…ところで、この未来どうします?」



妙子「消しても、いいんですよね…」

典子「…自分で決めなよ?」



妙子「…消しません。キャプテン」

典子「いいの?」




289: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 23:21:44.19 ID:KNjQJXSQ0

妙子「はい。それに、説明を聞く限りだと絶対にこうなるってわけじゃないみたいですし」

典子「そっか」

妙子「みんなで頑張って、もっといい未来にします!だから練習しましょう!」

典子「ああ!と、言うわけで西住隊長、練習に行ってくる!」


みほ「うん、ケガをしないように気を付けてね」






優花里「…熱血ですねぇ」

麻子「ああいう雰囲気は正直苦手だ。あの4人が嫌いなわけじゃないが」

華「麻子さんも熱いところがありますけどね」

麻子「…次の獲物は安価↓2!!」

沙織「とうとう獲物と隠すこともなくなった!?」



291: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/28(木) 23:22:47.14 ID:64mLbC/R0





294: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 20:49:01.61 ID:r25zHchsO

忍「次は私ですか?」

沙織「目指せバレー部コンプリート!」

麻子「そこのレバーで年代を調整してだな…」

忍「はい」

沙織「スルーしないで!?」


忍「でも、さっきの話を聞くと3年後以外を見ないとダメなんですか?」

みほ「ううん、あくまで3年後の未来のうちの1シーンみたい。だから被ることは滅多にないんだって」

優花里「あ、説明書を何故かもってます!?」

華「沙織さんは説明書を見ないタイプですからね」


忍「んー、安価↓2年後!」

(グィッ)

典子「安価↓4!」





296: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 20:52:28.67 ID:jdY1zZYeo

40



298: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 20:52:56.76 ID:4nXpcWZSo

豊胸用シリコンバッグをつけて今日も頑張っている



300: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 21:05:55.91 ID:r25zHchsO

『それではおかあさん、今日はありがとうございました』

忍『いいのよ、今日は旦那も遅いから』

『おばあちゃんありがとうー!』

忍『あらあら』



優花里「いいですね、孫とおばあちゃんの交流」

沙織「というかなんで40年後?」

忍「なんか10年後とかにしちゃうと結婚とか出来てなさそうで…」

典子「忍なら大丈夫大丈夫だと思うけどね」

妙子「あ、でも誰かの結婚の報告とか聞いて荒れてそう!」

忍「やめてーっ!」



忍『ふぅ…』


忍『しかし、豊胸した甲斐があったなぁ…』



優花里「…あの」

忍「言わないでください」

妙子「小さい方がバレーには良いような…」

典子「はい、学生艦10周」

妙子「!?」






301: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:09:30.81 ID:we6bxQF4O

忍『妙子もあけびも無駄におっきいんだし…』

忍『でも、孫は仲良いみたいだし、良いものかもね』


忍『さて、今日も買い物行かないとね』



妙子『あ、忍さん』

忍『あら?妙子じゃない。今日はどうしたの?』

妙子『実はうちの孫たちが「戦車道」か「バレーボール」かどっちかやりたいって言い出して』

忍『そうなの、ウチと同じね』


妙子『それでね、キャプテンにも相談して、私達4人の孫には何させるか決めてあげようってなったの』

忍『あー…確かに私とキャプテンの娘は戦車道で、あけびと妙子はバレーで別れちゃったしね』

妙子『みんなバレーか戦車道に興味を持つのも凄いよね』

忍『かもね。 あー、あの頃楽しかったなぁ』

妙子『そういえば、西住…じゃなくてみほ隊長のお孫さんはもう戦車に乗ってるみたいよ』

忍『えぇー!?まだ小学生でしょ!?』

妙子『ううん…やっぱり英才教育が必要ね』

忍『そして根性! さっそくキャプテンに相談しましょう!』

妙子『うん! …あ』

忍『?』

妙子『豊胸はさせちゃダメだよ?』

忍『』



ー完ー


忍「け、消したい…」

みほ「あの、胸の大きさが全てではないので…」

華「ええ。女性の魅力はそこだけではないです」

沙織「うんうん」


麻子「…3人が言っても説得力ないな」

優花里「本当ですよね~」




忍「…消してやるっ!」

典子「てなわけで、次は安価↓2さんはどうかな?」



303: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:12:49.28 ID:/oey8w6aO

ゴモヨ



304: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:28:03.43 ID:we6bxQF4O

モヨ子「…カモさんチームの2人が未来を見たみたいなので」

麻子「期待するとロクなことにならないぞ。ソド子はまだしも…」

優花里「パゾ美殿は楽しそうな未来でしたよ?」

モヨ子「あ、そうなの?」

みほ「はい!」


沙織「騙されちゃダメェ!」

華「でも、楽しそうなのは事実でしたよ」

麻子「!?」



モヨ子「それでは、安価↓2年後を」

(グィッ)



みほ「!安価↓4の未来です!」



306: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:31:51.67 ID:7/UrSsvco

2



308: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:32:05.87 ID:xnJyh8wCO

なんか悪魔と契約している



310: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:46:47.85 ID:we6bxQF4O

モヨ子『…』



麻子「暗い部屋で何をやっているんだ…」

優花里「嫌な予感がしますね…」



モヨ子『悪魔よ、悪魔よ…我が願いをきき、我が前に姿を表せっ…!』



華「えぇ…」

沙織「ここはガルパンの世界だよ?メガテン違う」

モヨ子「そうだったんだ…」




悪魔『…貴様の願い、聞き入れた』

モヨ子『ああ、悪魔様…!』


みほ「!?」



311: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 22:59:38.20 ID:we6bxQF4O

優花里「ほ、本当に出ましたよ!?」

麻子「」

華「そ、そんなオカルトありえません…」





悪魔『風紀委員よ、貴様は何を願う?』

モヨ子『私の願いは、風紀を守る。規律ある世界です』

悪魔『くくく、悪魔に風紀を願うか。面白い』


悪魔『…ならば、あと13の年。その後に天より粛清があるだろう』

モヨ子『本当ですか!?』




麻子「…宇宙人の侵略ってもしかして」

優花里「い、一応最後まで見ましょう…」




悪魔『その後、世界に真の均衡が生まれるのだ!』

モヨ子『ああ…悪魔様っ!』



ー完ー

モヨ子「消します」

みほ「お願いします」

優花里「久しぶりの全会一致ですね」

麻子「まあその場合はいつもロクなことになってない気がするが…」


沙織「とりあえずカモさんチームにはこれから優しくしてあげたいね…」

麻子「頑張ってくれ」

沙織「1番迷惑かけてる人間が言う言葉じゃないよ!?」

みほ「次は安価↓2さんにしよっか」





313: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:01:33.75 ID:T18j6OSDo

あけび



314: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:07:44.97 ID:we6bxQF4O

典子「あ、いたいた!あんこうチーム!」

みほ「どうしたんですか?」

あけび「実は私も見てもらいたくて」

典子「あけびは乙女度が私たちの中で1番高いからね!」


麻子(乙女度ってなんだ)

あけび「やっぱり気になりますよね。戦車道とか、バレーとか…結婚とかも」

沙織「ああ…真の仲間はアヒルさんチームにいたんだ…」

麻子「沙織と同じにされると佐々木さんが可愛そうだぞ」

沙織「麻子ォ!」



あけび「…それでは、安価↓2年後といきます」


(グィッ)


典子「オオッ!安価↓4だ!」




316: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:12:07.49 ID:/oey8w6aO

5年後



318: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:12:17.28 ID:ipIIT1nT0

サングラスが似合う強面のプロレスラーと結婚
毎日ガッデム!



323: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:24:50.32 ID:we6bxQF4O

あけび『あなた~、今日の準備できたわよ』


沙織「結婚してるっ!?はやいっ!」

麻子「やるな…」

華「どんな方なんでしょうか…」



正洋『おう、ありがとうな』

あけび『いえいえ、妻の役目ですもの』


みほ・優花里「「黒いっ!?」」

沙織「こんな黒い人、コナンでしか見たことないよ…」



正洋『今日もみんなにプロレスを楽しんでもらえるよう頑張らんとな』

あけび『ですが、ケガだけしないように気をつけてくださいね』

正洋『ああ。プロレスやからな。無茶はするが無理はさせんし、せん』





324: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:34:12.91 ID:we6bxQF4O

あけび『もう、貴方1人の体ではないんですから』

正洋『わかっとるわかっとる』

あけび『いくら若いとはいえ、無理は後々出てくるんです。キャプテンも言ってましたよ』

正洋『一理あるな。けど、敬司や真也が相手や。張り切ってまう』

あけび『…そうですね。貴方はそういう人です』


あけび『だから、惚れてしまったんです』

正洋『ああ、俺もや…』




あけび「あわわわ…」///

華「アツアツですね」

優花里「見た目は怖いし黒いけど、いい人じゃないですか!」

典子(私いつまでたってキャプテンって言われるんだろう…)



あけび『…この子の為にも、買ってくださいね』

正洋『大丈夫や。俺は負けん。2人も勝利の女神がおるんやからな』

あけび『もう、まだ女の子と限ったわけじゃないですよ?』

正洋『はは、そうやな』

あけび『もう、あなたったら』


ー完ー


あけび「いい未来でしたね」

麻子「久しぶりのハッピーエンドな気がするな」

あけび「これでまた練習に気合いが入ります! 私、戻りますねっ!」



典子「行っちゃった…次は安価↓2さんをターゲットにしたら?」



326: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:35:05.72 ID:62ibRstlO

ミカ



328: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:40:39.52 ID:we6bxQF4O

ミカ「やあ、あんこうチームのみなさん」

みほ「ミカさん」

ミカ「風に乗って大洗に来たら、楽しそうな事をしていると小さな暴君から聞いてね」



華「風に…?」

優花里「五十鈴殿、それはミカ殿独特の言い回しです。本当にタンポポみたいには来てませんよ」

華「なるほど」




ミカ「それじゃあ私も使わせてもらうかな?使い方はこのレバーで年代を調節かい?」

沙織「あ、はい」



ミカ「しかし、ここまでやっておいてなんだが…1言」

みほ「?」

ミカ「未来を知る…それに意味があるとは思えないな」

沙織「あんなにノリノリだったのに!?」

ミカ「いや、なんとなく言いたくなっただけさ」

麻子(なんだこの人)



ミカ「それでは、安価↓2年後といこうか」

(グィッ)

華「安価↓4ですか…」



330: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:41:53.72 ID:+2BbdIgtO

三年



332: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:42:13.32 ID:sXe5kD1fo

彼氏と一緒に弾き語り



337: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:52:22.53 ID:we6bxQF4O

ミカ『…やぁ、君も聴きに来たのかい?私たちの歌を』

♪~




優花里「弾き語りですか」

麻子「実質フリーター…」

ミカ「何、働くことに意義を見出せないだけさ」

みほ「それニートの考えですよ!?」



ミカ『やはり、君と一緒に日本中を弾き語りするのは楽しいよ』

ミカ『え?同じ考えだったって? 流石は私の彼氏だ』

ミカ『もっとも、勝手に戦車を借りて回っている以上、アキやミッコは怒っているかもね』



みほ「勝手に借りてるんですか!?」

ミカ「なかなか酷いね、未来の私」




338: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/01(日) 23:59:20.38 ID:we6bxQF4O

ミカ『…食料がない? 些細な問題さ』

ミカ『ここに、缶詰があるからね』

ミカ『なに?空っぽだって? そうじゃないと使えないだろう?』


麻子「ものご華「これがストリーミュージャンというものなんですね!」

優花里「やっぱりすげえよミカは…」



ミカ『さあ、今日は君がメインだ。君のリードについていくよ』




♪~


沙織『あっ、ミカさんだ。 彼氏と一緒にいる…』

麻子『…まあ、そのうち沙織にもできるぞ』


ミカ『君となら、どこまでもいけそうだよ。あと…』

ミカ『私の代わりに、アキ、ミッコに謝っておいてくれ』

ー完ー


ミカ「実に楽しそうだったね。見た甲斐があったよ」

みほ「あの、大学とか」

ミカ「大したことではないよ」

典子「憧れはするけど、したくはないなぁ」

沙織「だよね…」



ミカ「…どうやら、私たちに安価↓2さんが用事があるみたいだ」




340: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 00:01:37.87 ID:wLBgs9aRo

ペコちゃん



341: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 00:18:09.51 ID:Fj4Um94AO

オレンジペコ「気がつかれましたか…流石はミカさんですね」

ミカ「なに、蜜柑の匂いがしただけさ」

オレンジペコ「えっ…に、匂います?」

みほ「ううん、ぜんぜん」

麻子「ほんのりいい香りだ」

華「お腹すいて来ました」

典子「わかるー」

オレンジペコ「!?」



オレンジペコ「ダージリン様から聞いたのですか、未来を見ることが出来る機械があるみたいで」

優花里「オレンジペコさんはいろいろな方の未来に出てましたね」

麻子「澤さん、カチューシャ、ダージリンさんか」

オレンジペコ「ええ…何でそんなに」

優花里「最優秀助演賞ですよ!」

麻子(まあ、カチューシャの未来は…)



オレンジペコ「これを引けばいいんですね。安価↓2年後です」

(グィッ)

ダージリン「まあ、安価↓4ですか!?」

沙織「どこから出て来たのダージリンさん!?」



343: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 00:21:57.96 ID:AW5fQeyDO

6年



345: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 00:23:04.73 ID:p0EJsuFto

ダージリンに彼を寝取られる



346: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 00:32:01.94 ID:Fj4Um94AO

オレンジペコ『うっ…うっ…』


優花里「あっ…」

麻子(これダメなパターンだ!)




オレンジペコ『わたしが、わたしが悪いんです…』

ダージリン『オレンジペコ…私も、少し不注意…いえ、それは正しくはないわね』

オレンジペコ『いえ…』



オレンジペコ『彼に、冷たくしてしまったのは私のせいです…』

ダージリン『格言好きなところで、意気投合してしまったのよ…』



ダージリン「」

オレンジペコ「そ、そんな…」

沙織「真ん中のレバーでリセットだよ!」



348: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 00:46:30.78 ID:Fj4Um94AO

ダージリン『私…つい、格言仲間で意気投合してしまって…』

オレンジペコ『いいえ、尊敬するダージリン様なら、たとえ寝取られても…』

ダージリン『っ…ダメよ!ペコは彼を愛しているんでしょう!?』

オレンジペコ『…はい、愛していました』

ダージリン『だったら…』


オレンジペコ『私には、もう彼が分からないんです…もしかしたら、格言好きという点で、ダージリン様を見ていただけかも知れないんです!』




みほ「重いよぉ」

優花里「昼ドラも真っ青ですね」

華「お互いに悪意がないぶん余計に苦しいのですね…」


ダージリン『…だとしても、彼ともう一度、話し合って見たら』

オレンジペコ『いいえ、彼に伝えてください』


オレンジペコ『さようなら、と』


ー完ー


ダージリン「ごめんなさいオレンジペコ!」

オレンジペコ「まだ起きてもいないことじゃないですか」

ダージリン「あとこの前チャーチルに紅茶をこぼしたのもごめなさい!」

オレンジペコ「またこぼしたんですか!?」



ダージリン「…こんな格言を知ってる?」

オレンジペコ「後にしてください」

ダージリン「」



典子「寝取らるのキッツイなぁ」

ミカ「男とは風のようなものさ」

沙織「おお、大人の発言! 付き合った経験とか…」

ミカ「…彼氏をつくる。必要だとは思えないな」


麻子「さて、安価↓2といくか」




350: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 00:51:29.92 ID:6pezNQ3Q0

左衛門左



351: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 01:00:00.91 ID:Fj4Um94AO

左衛門佐「…」



みほ「あ、左衛門佐さんが黄昏てる」

沙織「うん、予想はしてた」


左衛門佐「…おや?西住隊長にあんこうチーム」

優花里「あの、もしかして」

左衛門佐「…」b



左衛門佐「掃除は人生において必要なのかな」

麻子「いらないな」

ミカ「必要ないね」

左衛門佐「うわっ!?しま…ミカさん!?」


麻子(しま?)

華(しまうまの話かと)

沙織(いや、違うでしょ!?)


左衛門佐「カエサルから話は聞いているよ。しかし、未来が見えるとはな…織田信長がもし本能寺の変を知っていたら…ゼクシィ恐るべしだ」




左衛門佐「それでは、安価↓2年後だ」

(グィッ)

典子「あ、安価↓4だ!」



353: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 01:03:53.23 ID:7QTZVhfGO

半年



355: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/02(月) 01:04:19.73 ID:nc1YfqXWO

戦国時代にタイムスリップ
生き残りをかけた戦いが始まる



360: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:09:18.15 ID:CnVLAcnd0

左衛門佐『はぁっ…!はぁっ…!』


優花里「…雨の中走ってますね」

沙織「なるほど…彼氏を追いかけていると!」

麻子「あるのか…?」



織田信長『まだだ!全員走れ!今川の首を取るのは今しかない!』

左衛門佐『おうっ!』



みほ「…あの、女優さんになったのかな?」

麻子「すごいな。しかも半年後だろ?」

華「先見の明があったんですね」

沙織「みんな、現実を見よう」






織田信長『左衛門佐! お主の言葉、信じるぞ!』

左衛門佐『ああ。私の友の言葉…忘れてはいないだろう?』

織田信長『ぱんつぁあふぉーだろう。突撃する精神…それが道を切り開く!』

左衛門佐『行こう!今川の首を取りに!』



361: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:35:20.44 ID:CnVLAcnd0

沙織「…大洗の闇は深い」

優花里「まあ大洗以外も闇が深い事案はたくさんありましたが」

みほ「みんな疲れてるのかな…」

麻子(1番疲れてそうな人が…)

左衛門佐「個人的にはもう少し後にタイムスリップしたかったんだがな」

典子「そういう問題なのかな…」



織田信長『俺はまだ死ねんのだよ。貴様から聞いた、ぱんつぁあを見るまではな!』

左衛門佐『ああ。そして、私達の宿命の相手の言葉もある』


左衛門佐『土壇場を乗り切るのは勇猛さじゃない。冷静な計算の上に立った捨て身の精神だ!』



ダージリン「うぅ、私の言葉を覚えてもらえるなんて…」

優花里「まだいたんですか…」





362: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:48:36.71 ID:CnVLAcnd0

左衛門佐《みんな、今は帰れないが心配するな…》

左衛門佐《私は生き残る。そして、生の真田幸村を見るまでは死ねない!!》


左衛門佐『うおおおおお!!!』


左衛門佐の戦いは続く…



ー完ー



左衛門佐「消してもいいかな?」

みほ「あ、はい」

優花里「うーん、やっぱり時代のずれが問題でしたかね?」

左衛門佐「ああ。信長あたりも嫌いじゃないが…本命は別だ」



「うきー!!」


華「え?おさる…?」


左衛門佐「む、掃除再開の合図か。それじゃあ私は戻るよ」



沙織「…歴女ってすごい」

みほ「うん」



優花里「それでは、安価↓2さんをターゲットにしましょう!」




364: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 21:50:48.75 ID:1jhgKkL1o

ローズヒップ



365: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:00:27.69 ID:CnVLAcnd0

ローズヒップ「未来が見える機械とダージリン様を回収しに来ましたわ!」

沙織「ごめんね、ダージリンさんは返品するけど機械はあげられないんだ」

ローズヒップ「そうでしたの!それでは未来を見させてもらいますわー!!」



ダージリン「ううう、ごめんなさい…オレンジペコ…」

みほ「ダージリンさん、まだ起きるって決まったわけじゃないんです。元気出していきましょう」

ダージリン「そローズヒップ「安価↓2年後ですわー!!!」




(グイッ!)

沙織「いい話だったのに!」


優花里「さすがは聖グロ1の俊足…」

華「安価↓4ですか…興味深い」



367: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:01:22.03 ID:NuNmRBsMo

2



369: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:03:10.90 ID:NSiuA8CTo

今付き合ってる彼氏かF-1レーサーとなって結婚(聖グロ最速)



371: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:15:35.23 ID:CnVLAcnd0

《カラーン…カラーン》



沙織「うっ…この音は…」

麻子「いや、結婚はさすがに速いだろ」

華「まだ1年生ですよ?」



ローズヒップ『みなさん、私の結婚式に来ていただいてありがとうですわー!』





みほ「ええっ!?」

優花里「なんというか意外です!?」

沙織「」

麻子「五十鈴さん」

華「あ、はい。…武部沙織、死亡確認!」



オレンジペコ『ローズヒップ、おめでとう』

ローズヒップ『ありがとうですわ、ペコ!』

オレンジペコ『それにしても、こんなに早く結婚するなんて…』

アッサム『全くですわ。あら、ダージリンは…』


ダージリン『ローズヒップぅうううう…体に気を付けるのよ…』

オレンジペコ『なんで母親の気持ちになってるんですか』



ローズヒップ「恥ずかしいですわー!」///

みほ「まさに聖グロ1の俊足…!」






373: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 22:58:32.58 ID:CnVLAcnd0

ローズヒップ『ええ!実は1年の、いえもっと前からの付き合いでしたが!』

オレンジペコ『ええっ!?私知りませんでしたよ!?』

アッサム『…意外と秘密主義なのね』

ローズヒップ『いえ、そうでもないですわ!』


ダージリン『…いわれてみれば、思い当たる節もあったわ。お茶会も毎回出席していたわけじゃないし』

アッサム『たまに楽しそうに電話する様子も見られましたね』

オレンジペコ『お二人とも、そこまで気が付いていたなら…』




沙織「い、今いるの?」

ローズヒップ「ええ、もちろんですわ!淑女たるもの、男性との付き合いもまた勉強ですわっ!!」

沙織「うぼあー」

麻子「ザ・ニンジャ並みに死んでるな、沙織」

華「仕方ありません」




『それでは、ご友人の代表として、新婦のご友人である、た…ダージリンさんにご挨拶をお願いします』



ダージリン『こほん。只今ご紹介いただいたダージリンと申します。新婦とは高校で戦車道で研鑽しました』

ダージリン『彼女は聖グロリアーナには当初、ふさわしくないといわれていました。言葉使いも乱暴で、何より落ち着きはゼロでした』

ダージリン『ですが、彼女には淑女として、最も大切な『まっすぐな心』を持っていました。彼女と過ごした最後の1年は、刺激と、波乱。まさに新世代の聖グロリアーナとして最高の1年を送ることができました』


ダージリン『そんな彼女に送りたい格言があります。『一番多忙な人間が、一番多くの時間を持つ』』


ダージリン『きっと夫婦二人で騒がしいながらも、たくさんの時間を過ごせるのだと思います。その時間を大事にしてくだ…さ…』



オレンジペコ《ダージリン様!?》


ダージリン『…うえええん!ローズヒップぅううう…またお茶会しましょうねぇええ…!』



アッサム『…もう、せっかくのスピーチが台無しですわ』

ルクリリ『ですが、これもローズヒップに似合ってますよ、きっと』

オレンジペコ『いたんですか、ルクリリ様』

ルクリリ『最初からいました!』


ー完ー



ローズヒップ「感動ですわ…」






374: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:02:59.41 ID:CnVLAcnd0

沙織「」


みほ「私もこんな結婚式はあこがれるかも」

優花里「友人代表のスピーチは私がさせていただきます!」

華「ふふ、その座は最難関ですよ?」

麻子「私もその役目ならしてもいいかも…沙織?」


ローズヒップ「死んでますわ!」

沙織「死んでない!」




ダージリン「うう、感動したわ…」

みほ「20歳であんなスピーチできるのもすごいですよ!」



ローズヒップ「あ、そろそろ戻らないとオレンジペコに弾にされてしまいますわ!」

華「えっ」


ローズヒップ「それでは戻りましょう、ダージリン様!」

ダージリン「また会いましょう!」



麻子「やっと帰ったか…」

沙織「次は安価↓2さんにしようよ!」



376: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:06:14.54 ID:3fWkX1YPo

エリカ



377: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:28:30.54 ID:CnVLAcnd0

エリカ「えっ、未来が見える機械?」

みほ「うん、どうかなエリカさん」

エリカ「…ほかの人らたちはどうなのよ。正直信用できないわ」



みほ「…異世界転生とか、悪魔召喚とか、世界大統領とか…タイムスリップもあったね」

エリカ「イロモノばっかりじゃない!?」


沙織「でも、逸見さんは普通そう」

華「普通の結婚をしていてハンバーグ振るってそうですね」

麻子「ボクササイズとかして健康的な生活を送ってそうだ」

エリカ「褒められてるのか馬鹿にされてるのかわからない…」



エリカ「…みほは、どうだったの?」

みほ「ボコになってたよ」

エリカ「…えっ?」



エリカ「…え?隊長もしたの?」

優花里「はい!ささ、逸見殿もどうぞ!」



エリカ「…安価↓2年後」


(グイッ)

優花里「あっ、西住殿をストーカーしてる未来です」

エリカ「えっ!?」

優花里「ウソです」

エリカ「秋山ぁ!!」



麻子「実際は安価↓4か」



379: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:31:23.37 ID:NSiuA8CTo

6



381: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:31:36.77 ID:3fWkX1YPo

みほとレズ婚して末永くく幸せに暮らす
毎日みほにせがまれてボコボコにしている



384: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:48:28.00 ID:CnVLAcnd0

みほ『エリちゃん』

エリカ『ああ、もう!エリちゃんはやめなさい! 恥ずかしいじゃない!』


優花里「ああああああ!」

エリカ「!?」

みほ「ルームシェアしてるのかな?」

エリカ「プロの寮とかじゃないかしら?」



みほ『もう~、せっかく結婚したのにエリカちゃん冷たいよぉ…』

エリカ『う、うるさいわね!…恥ずかしいのよ』///



優花里「ああああああああああああ!」

沙織「ゆかりーん!」

麻子「2人目の犠牲者が出たか…」

エリカ「え?ちょっと待って!?なんで誰もこの展開に驚かないの!?」

華「まあ、レズ婚くらいなら…」

みほ「エリちゃん…」

エリカ「その呼び方はもう無しって言ったでしょ!」



385: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/03(火) 23:56:47.49 ID:CnVLAcnd0

エリカ『全く…みほは家事もイマイチなんだし、大人しくしてなさい!』

みほ『は~い…エリちゃん』

エリカ『なによ』

みほ『赤ちゃん、欲しくない?』



みほ「わ、私に流れ弾が…」

華「ふふ、お熱いですね」

麻子「ボコられプレイか」

エリカ「いや、そもそも女同士で子どもが出来るわけが…」


エリカ『な、なに言ってるの!?女同士で子どもが出来るわけがないじゃない!』


エリカ「ほら、未来の私もそう言ってるわ!」


???『そう言えばiPS細胞とかいうので同性でも子どもが出来るそうです』

エリカ「なに今のピンク髪」



387: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 00:06:31.89 ID:pNQJHw11O

みほ『ね?どう?』

エリカ『…はぁ。良いわよ』

(ヌギッ)


エリカ『おいで、みほ。今日は一日中愛してあげる』

みほ『それだけじゃやだよ。これからずっと愛して』

エリカ『もちろんよ。あなたと私は、ずっと一緒よ』


ー完ー


優花里「逸見殿、あんまり胸無いですね」

エリカ「ぶん殴るわよ秋山…っていうか!なんなのよ!この展開!」///

華「確かにおかしいですね」

エリカ「えっ…そ、そうでしょ!?大洗にもマトモな人がいて良かった…」

華「みほさんはもう少し攻めっ気が強いですよ」

エリカ「1番おかしい人だったわ」




みほ「でも、私エリちゃんなら結婚したいなぁ…」

エリカ「み、みほまで何いってるのよ! わ、私行くわ!せいぜい明日は頑張りなさい!」


沙織「レズ婚…可能性がありそうだね」

麻子「実は沙織の旦那って五十鈴さんなんじゃ…」

沙織「えっ」

華「ふふふ」

沙織「えっ」



みほ「次は安価↓2さんかなぁ」



389: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 00:10:15.21 ID:rrCiN8dyO

エルヴィン



390: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 00:21:13.37 ID:tnl7XrRTO

エルヴィン「おや、あんこうチームのみんな」

沙織「カエサルさんや左衛門佐さんから聞いてると思うけど、未来を見られる機械なんだ」

エルヴィン「なるほど、これが例の機械か」

優花里「…ところで、掃除は」

エルヴィン「シェアハウスは完成しているから掃除は縮小されたよ」

優花里「あ、はい」


エルヴィン「グデーリアンは部屋は綺麗だったな」

優花里「綺麗にしないと捨てられちゃうので…」

エルヴィン「実家暮らしは大変だな…」



エルヴィン「さて、私もタイムスリップ狙いといこうかな…安価↓2年後だ」

(グィッ)

沙織「狙って出せるものじゃ無い気がするよ?」

優花里「おおっ!安価↓4ですか!?」



392: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 00:24:36.60 ID:H9iJ8cKTO

10



394: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 00:25:04.39 ID:Ea60TKuvO

戦闘機に乗って都市を爆撃している



395: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 00:44:50.46 ID:tnl7XrRTO

エルヴィン『ポイントまであと20秒だ。スピード、機体、共に異常無し』



優花里「おお、パイロットですか!?」

エルヴィン「なんというか、自分でも意外だよ。趣味で止まるのかと」


おりょう『いいのかエルヴィン。今回の攻撃は、クラーラ隊長も反対していたぜよ』

エルヴィン『…だが、やるしかあるまい。これが、我々に出来る最善の手だ』



優花里「…」

麻子「…」

エルヴィン「…戦いや、兵器はそういうものさ。分かってはいたよ」




エルヴィン《この攻撃は、どれだけの犠牲が出るのだろう》

エルヴィン《謎の生命体に支配された都市》



エルヴィン《…だが、やらなければならない》


エルヴィン『…攻撃!』



396: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 01:07:21.64 ID:tnl7XrRTO

クラーラ『お疲れ様です、同志エルヴィン』

エルヴィン『ああ、ありがとう隊長』

クラーラ『…今回の判断は、むしろ私が間違っていました。ロシア軍が回収した生命体。これは…』

エルヴィン『…だが、命が消えたのも事実だ。私は日本で生まれたが…ロシアもまた故郷だと思っている』

クラーラ『…ひとまずゆっくり休みましょう。おりょうもあなたを心配していました』



みほ「シリアス過ぎて口を挟めません」

優花里「そう、ですよね。戦争に使われるというものは、命を奪うものでもあります」

華「戦車道もまた、その事を忘れてはいけないという事ですね」



おりょう『…久しぶりに病んだ顔をしてるぜよ』

エルヴィン『そうかな』

おりょう『…また、戻りたいものだな』

エルヴィン『ふっ…そうはいかないさ。私達の使命はこれなんだからな』


ー完ー


エルヴィン「…消して、いいかい?」

沙織「はい」


(グィッ)



エルヴィン「ふぅ…実際、自分がこういう事をすると思うと、辛いかもね」

麻子「エルヴィン…」

エルヴィン「…今日は家に帰って寝るよ」

沙織(掃除は?なんて聞けない…)



優花里「…次は、安価↓2さんですね」





398: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/04(水) 01:15:46.91 ID:BSW938rsO

アッサム



399: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:02:52.63 ID:sPccjNwD0

アッサム「ふふ、聖グロのブレーンの登場よ」

みほ「アッサムさん…」

優花里「…きっと聖グロの人なら盛り上げてくれますよね」



アッサム「…なるほど」

華「なんというか、やるせない話でした」

アッサム「…ですが、それもまた1つの道だと思います」

麻子「…そうだな。というかいつまでもうじうじはしていられない」

沙織「麻子のテンションが高い!?」

麻子「もう夕方だからな」




アッサム「さて、それでは…安価↓2年後」


(グイッ)

ダージリン「まあ、安価↓4よ!」

沙織「ダージリンさんまだいたんですか!?」




401: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:06:30.13 ID:njHNxna1O

6



403: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:08:19.22 ID:6uC2/8ESO

ローズヒップの兄と結婚
慌ただしい夫やローズヒップに振り回されるも幸せな毎日を送っている



409: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 21:47:17.22 ID:sPccjNwD0

アッサム『あら、あなた…今日も』


ダージリン「リセットよ!リセット!」

沙織「はやいよダージリンさん!」

アッサム「ダージリン様…そういうのよくありませんよ」


ダージリン「こんな格言を知ってる?『愛していない人と旅に出てはいけない』」

アッサム「オレンジペコはもう帰りましたわよ」

ダージリン「」


麻子「…さ、続きを頼む」

アッサム「わかったわ!」



アッサム『もう、ローズヒップが心配なのはわかりますが、あの子はもう1人前…え?心配はそっちではない?』


アッサム『ええっ!?F1の観戦に!?家族全員で!?』


アッサム『…相変わらず、強引な一族ですわ』




アッサム「確かにそんな一面もありますわね、ローズヒップは」

ダージリン「」

みほ「ダージリンさんも沙織さんと同じ病気なんだんだね…」

沙織「病気扱いしないで!?」





412: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 22:00:42.60 ID:sPccjNwD0

アッサム『ふふ、でも嫌いじゃないですわ、そういうの』

アッサム『かわいい妹にも挨拶をしないといけませんしね』



みほ「いい奥さんだなぁ」

優花里(そういえば逸見殿は消してませんでしたね…アレ)


アッサム『それにしても、あの子はなんというか直感的ですわ…以前も紅茶を戦車内でこぼさないように走り込みをしていましたし…』


アッサム『…いえ?あの子は愛されていましたわ?…ま、まあ…隊長を任せるのはさすがに難しそうでしたが…』


アッサム『一番感謝していることは…あなたと出会わせてくれたこと。それだけですわ』



アッサム『ふふ、それではお洋服を見繕いましょうか』


ー完ー



華「いい奥さまですね」

アッサム「なかなかに恥ずかしいですね」

麻子「格言おばさんよりかはましだ」

ダージリン「」

沙織「麻子ォ!!」




アッサム「それでは今度こそダージリン様を回収していきますね。もう聖グロの生徒は全員見たでしょうし」

みほ「そうですね。それではまた今度遊びに行きます」




ルクリリ「…え?私スルー?」



麻子「さて、安価↓2さんだ」



414: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 22:02:14.32 ID:pI1pp/0Ro

ルクリリ



415: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 22:13:23.70 ID:sPccjNwD0

ルクリリ「ほっ…」

華「むしろ最後までスルーされたほうがおいしいのでは…?」

ルクリリ「おいしくない!というか私の影が薄いのはなぜですわ!?」



沙織「ローズヒップちゃんがキャラ濃いからね」

優花里「劇場版でもよくわからない活躍していましたしね」

ルクリリ「うぐぐ…」



みほ「けれど、ダージリンさんが一番期待しているのもルクリリさんですよ、きっと」

ルクリリ「そ、そうかしら?」

華「はい、間違いありません」


ルクリリ「…ま、当然といえば当然ですけどね」

麻子「まあ聖グロの目立つ2年はいないしな」

ルクリリ「」

沙織「麻子ォ!!!」




ルクリリ「…安価↓2年後!!」


(グイッ!)



沙織「ああっ!壊さないで!」

ルクリリ「これくらいで壊れない!」


麻子「安価↓4か」




417: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 22:19:55.22 ID:/sVCuB8/o





419: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 22:20:40.26 ID:diDEbKVGO

チームメイト達の夫(妻)に粉かけたら相手が本気になってしまい全てを巻き込んだ戦乱に



421: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 22:40:12.83 ID:sPccjNwD0

ルクリリ『あら?オレンジペコの…』


ルクリリ『そうなの…あの子も譲らないところは譲りませんからね…』


ルクリリ『よければ一緒に飲みませんか?』



麻子「またNTRか」

ルクリリ「またってなんだ!またって!」



ルクリリ『あら、ローズヒップの…』


ルクリリ『そうなの…猪突猛進も過ぎると大変ですわね』


ルクリリ『よければ一緒にお食事でも』



華「プレイガールというべきなのでしょうか?」

みほ「そ、相談に乗ってあげてるだけだよ、きっと…」






ルクリリ『あら、アッサム様の…』


ルクリリ『そうですね、あの方は少しジョーク好きすぎますね』


ルクリリ『よければ今度、私の家でワインでもいかがですか?』


優花里「…淑女とは」

沙織「なかなかにガンガン行くねー!参考になる!」

ルクリリ「やめてええええ!!」




422: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 22:59:27.85 ID:sPccjNwD0

ルクリリ『あら、ダージリン様の…え?そういう関係ではない?私には辻さんしか見えない?』

ルクリリ『あ、そう…』


ルクリリ『お幸せに…』

???『そういえばiPS細胞とか言うもので同性でも子供ができるそうです』



ルクリリ「なんだあのピンク髪」

華「きっと天使ですよ」




ローズヒップ『ルクリリ様ぁ!!私の彼と飲んだって本当ですか!?』

オレンジペコ『また、先輩にわたしの彼氏が…』

アッサム『淑女としてそういう行為は見逃せませんわね』

午後の紅茶『ルクリリ…よくも私の彼氏を!』

十六茶『ふざけるな!それはイレギュラーの考えだ!!』

アイスティー『返せ!返せ!!』


ルクリリ『えええええ!?』




優花里「ちょっと待ってください。名前、おかしくないですか?」

ルクリリ「そうかしら?」

沙織「カオスすぎてなんか面白いね」


華(…午後ティー先輩!とかやっているのでしょうか…)


ルクリリ『そ、そんなつもりはなかったーーー!!!』




ー完ー


ルクリリ「消すわ」

沙織「えー?面白そうなのに」

ルクリリ「ダメに決まってるでしょ!こんなの!」

麻子「だが、ダージリンさんはどう思うかな?」

ルクリリ「えっ…って、そんな言葉だまされるわけないでしょ!ダージリン様を回収させてもらうわ!」

華「まだいらっしゃったんですか…」


優花里「…女の世界って怖いですね」

みほ「いや、あれは特殊な例じゃない…次は安価↓2さんにお願いしようよ」



424: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 23:01:21.57 ID:BmMUSJFi0

優花里



426: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 23:16:43.06 ID:sPccjNwD0

優花里「い、いよいよ私の出番ですか…」

みほ「大丈夫大丈夫」

沙織「何とかなるよ!」

麻子「何とかならなければリセットだ」



華「と、いう事はあんこうチームの大トリは私ですね」



優花里「わ、私どうなってると思います…?」

華「先生とかじゃないでしょうか?」

沙織「ミリタリーマニアの彼氏がいそう!」

麻子「無難に家を継いでるんじゃないか?」

みほ「戦車道のプロとかかも」


優花里「ううう、みなさんがそんなに期待してくれるのはうれしいのですが…期待に添えられるか…」

みほ「大丈夫だよ!優花里さんならきっと!」

優花里「西住殿…はい!」


優花里「安価↓2年後っ!!」


(グイッ)


華「!出ました!安価↓4です!!」





427: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 23:17:02.79 ID:mn4JloSlO

7年



430: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 23:18:31.07 ID:/sVCuB8/o

みほと結婚してラブラブ生活、という夢を見る
ふと目を覚ますと縛りあげて監禁したみほの姿が



434: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 23:35:32.10 ID:sPccjNwD0

優花里『西住殿~!今日も試合がんばりましょうね!』

みほ『うん!』

エリカ『足を引っ張るんじゃないわよ、優花里』


優花里『はい!問題ありません!』




優花里「…あれ?」

麻子「ああ、きっと3人が同じチームなんじゃないか」



エリカ『それに、あんたも西住、でしょ?優花里』

みほ『あっ、そうだった!』

優花里『そうでした!』



みほ「…きっと、お姉ちゃんを結婚したんじゃないかな?」

華「なるほど」



優花里『えっと…みほ殿!』

みほ『ふふ、なーに優花里さん?』


エリカ『まったく、焼けちゃうわ』




麻子「…なあ、沙織」

沙織「どうしたの、麻子」

麻子「ここで止めないか?嫌な予感がしやがる…」





435: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 23:41:56.07 ID:sPccjNwD0

優花里『ふふ、今日もみほ殿のおかげで完勝でしたね!』

みほ『うん、ダージリンさんへの対策は大学の4年間で練りつくしたからね』

優花里『私もお供したかいがありました!』

みほ『うん、そうだね…』

優花里『みほ殿?』



みほ『…優花里さん、大好き』



優花里「…うれしいです!西住殿!」

みほ「画面の中に反応しちゃダメっ!!」

沙織「気持ちはわかるけど…」



優花里『どうしたんですか、急に』

みほ『ううん、毎日言いたいの、こういうことは』

優花里『みほ殿…それは、私もです。もし西住殿に出会えていなかったら、私はあんこうチームみんなにも会えなかったと思います』


優花里『…そして、一番愛する人に会えたんですから…』

みほ『…優花里さん』





ー未完ー



優花里「いやっほおおおおおお!!!最高だぜぇええええ!!!…え?みかん?」

麻子「オレンジペコさんかな」

華「きっと本名なんでしょうね」

みほ「まだ、続きがあるみたいですね…」








436: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 23:49:16.96 ID:sPccjNwD0

優花里『…ん、朝ですか。今日もいい天気ですね』



優花里「あれ…ダブルベッドで一緒に寝ていた西住殿の姿が…」

麻子「…もしかしたら重婚かもしれないな」

華「まあ、絶倫ですね、みほさん」

沙織「何言ってるの!?」




優花里『今日は青森で試合があるから、午前には出ないといけませんね、西住殿』


みほ『』




優花里「」

みほ「」


沙織「どうしてヤンデレは発生するんだろう」

麻子「(アニメの)プログラムのエラー、(プロデューサーの)電子頭脳の故障」

華「いわばケツですね」





優花里『もう、いきなりこんなことをしたのは申し訳ないと思いますよ?けれど西住殿にも責任があるんです』

優花里『なんで、あのハンバーグと結婚したんですか?』



沙織「ハンバーグ呼ばわり…」



優花里『…怖くて、声も出ませんか?しょうがないですね…時間もないですし…』


(スっ)


優花里『注射なんです~』



437: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/05(木) 23:57:58.69 ID:sPccjNwD0

みほ『!…!!』


優花里『ああ、なんか言いたそうですね…喉も乾いているでしょうし…これ、どうぞ』



優花里『ココア入れて決ました、よかったらどうぞ』


みほ『…』


優花里『え?また変なもの入ってないかって?素直になれるお薬しか入ってませんよ?』



みほ『か・・かえして…えりちゃんのところに…』


優花里『…ダメですよ』


優花里『それじゃあ、気持ちよくなれるお注射です』


優花里『大丈夫です。注射行為は承認されています』



優花里「あわわ…」

みほ「優花里さん…」


(ぬぎっ)


優花里『ふふ、西住殿のiPS棒で、ただいま着床させてくださいね』

優花里『ふふふ…あははは!!ひゃっほおおおおおおううう!!!最高だぜぇええええええええええええええ!!!』



ー完ー



(無言のリセット)


優花里「…あの、すいません」

沙織「私まで申し訳ない気持ちに…」

みほ「優花里さん…」

優花里「すいません、西住殿…」

みほ「ううん、いいの。きっと未来の私にも、悪いところはあったんだと思うの」

優花里「いえ!西住殿は絶対に悪くありません!」



華「…どちらにしても、リセットはされましたし、大丈夫でしょう」

優花里「五十鈴殿…ありがとうございます」



麻子「…それじゃあ、今日最後は安価↓2さんだな」



439: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 00:07:19.53 ID:ba1MEPoqO

しほ



441: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 00:18:07.24 ID:6+htesN30

しほ「みほ…」

みほ「お母さん!?なんでここに!?」

しほ「実はちよき…島田流の家元が大洗に行く、との話なので私も同行したわ」

みほ「そうなんだ…」

しほ「ついでに明日練習試合もあるようだし、そっちも見させてもらうわ」

みほ「…はい。それで、それは」

しほ「大洗名物、あんこうカレーよ」

みほ「…」


しほ「そして、それがまほの言っていた未来を見る機械ね」

沙織「は、はい!どうぞ!」



しほ「…安価↓2年後ね」

みほ「37+」

しほ「来月から仕送りを半分にします」

みほ「ごめんなさいごめんなさい許してください」


(グィッ)



みほ「!安価↓4」



443: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 00:24:46.01 ID:ba1MEPoqO

10年



446: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 00:26:14.93 ID:0QehYzlwO

二人の愛娘が生んだ孫たちにデレッデレ




449: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 21:01:22.51 ID:6+htesN30

しほ『まほ、みほ。よく帰ってきましたね』

まほ『ただいま戻りました』

みほ『ただいま、お母さん』



優花里「…」

みほ「優花里さん…つらいなら」

優花里「いえ…大丈夫です」




しほ『まほ、今日はあの子は…』

まほ『あ、はい。います。ただ、少し長時間の移動なのでお昼寝の時間になりまして』

しほ『そうですか…あの子も将来は西住流の後継者となるのです。甘やかしすぎてはいけません』

まほ『は、はい』




沙織(厳しいなぁ…)

麻子(まだ3歳か2歳くらいなのに…大変なんだな)



しほ『エリカさん、あの子はどうでしょうか?』

エリカ『は、はい!優華は少しやんちゃなところもありますが、元気です』

しほ『そうですか…ですが、戦車道とは淑女のたしなみ。しつけはしっかりとするように』

エリカ『は、はい!』

しほ『好きだからといって毎日ハンバーグばかり作らないように』

エリカ『』



華「なんて厳しい…!」

優花里「ですが、それがあってこそに西住流なのですね…!」



450: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 21:13:50.79 ID:6+htesN30

しほ『2人とも、りほと優華を私の部屋に連れてきなさい』

まほ『ですが、りほはまだ車の中で寝ていますし…』

しほ『いいから早くなさい』


みほ『優華もまだお外で遊びたいみたいだし…』

しほ『ダメです。これは家元の命令です』




エリカ『もう、なんて横暴なの! ごめんね、優華…』

みほ『おかあさん…私を認めてくれて、私の戦車道もまた西住流だって言ってくれたのに…』


まほ『…けれど、あそこまで言うのならば私たちも固辞はできない…』

エリカ『隊長…』



しほ「…」

みほ「お母さん…認めてくれるの?」

しほ「まだ、映像の途中です」

みほ「…はい」



しほ『…それではこの2人は預かります。あなたたちは少し訓練場を見てきなさい』

まほ『…はい』

みほ『うん…』


エリカ『…』




みほ『…心配だなぁ』

まほ『ああ』


エリカ『…やっぱり納得いかないわ!断固抗議よ!!もどるわよ、みほ、隊長!!』

まほ《あまりの怒りに呼び方が学生時代に戻っている…》



451: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 21:20:00.47 ID:6+htesN30

エリカ『ここがお義母さま部屋ね…!』

みほ『優華…大丈夫かな…』




しほ『ああ~かわいいわ~!優華ちゃんこっち向いてー!』

優華『んー…』


しほ『ごめんねぇ、ママたちちょっとお仕事なの…ばあばが見てあげるからね』




しほ「」


優花里「…孫はかわいいっていいますもんね」

華「そうですね…」




優華『うえぇ…』


しほ『あらぁ、おなかすいちゃったの?おかしできてるわよ~菊代さんのおいしいお菓子よ~』

りほ『おかしぃ…?』

しほ『りほちゃんもおめめ覚めちゃった?おいしいお菓子があるからいい子にしててね』


《がらっ》


しほ『…』

エリカ『あの…』


しほ『…思いっきり甘やかすのも、教育の1つよ』

エリカ『あっ、はい』



454: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 21:51:56.22 ID:6+htesN30

しほ『いい?あなたは西住流・地の師範代、みほの妻なのよ?訓練の途中で抜け出しては西住流の弟子に示しがつかないわ』

エリカ『すいません』

しほ『わかったのなら行きなさい』

エリカ『はい』



しほ『お待たせ~りほちゃん、優華ちゃん』

りほ『おかしぃ!』

優華『わぁい!これ私のー!』

しほ『だめよ、ケンカしちゃ。めっ』

りほ『めっ!』

優華『めっ?』

しほ『ああ…かわいいわぁ…』



エリカ『…』



エリカ『…恐るべし西住流』



ー完ー



しほ「…」

みほ「あの」

しほ「みほ、西住流として、活躍するつもりはあるかしら?」

みほ「ばあば」

しほ「まほとみほ。あなたたち二人は違う道であるけど、きっとどちらも正しい。最近そう思うようになったの」

みほ「おめめ」

しほ「もちろんすぐにとは言わないわ。けれど、もしあなたにそのつもりがあるなら」

みほ「いいこ」

しほ「あなたの戦車道を、みんなに伝えてほしいの」

みほ「お母さん…」



沙織(なんというか、みぽりんのお母さんだなぁ)

華「うう、いい話です…」

麻子「両親と分かり合えるのは、大切なことだからな…」

優花里「冷泉殿…冷泉殿には私たちがいますよ!」



しほ「…明日の練習試合、がんばりなさい」

みほ「うん、ありがとう…ばあば…あっ」

しほ「来月の仕送りは1000円です」

みほ「ごめんなさい許してください」



455: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 22:03:02.66 ID:6+htesN30

みぽりんルーム


みほ「…来月の仕送りが5000円になりました…」

華「仕方ないですね」

沙織「むしろよく交渉できたよ。会長向きじゃない?」

優花里「そうですよ!」


麻子「…それで、明日の試合はうさぎさんチームには積極的に指示を出さない方向で大丈夫なのか?」

みほ「うん。澤さんは調子に乗るタイプじゃないけど、空回りはしちゃいそうだし、早めに対処しておきたいの」

華「ここで1つ失敗を経験してもらうと?」

みほ「失敗でも成功でも、1つのプラスになると思う。正直言うならそこまで心配じゃないんだけど」

優花里「澤さんは大洗3大ミホニストですからね」

沙織「なにそれっ!?」


優花里「私、澤さん、会長…あ、元のほうです」

華「私はかわいい子が好きなだけでレズではありませんし」

沙織(嘘だ…)




麻子「それじゃあそろそろ帰るか」

沙織「うん、キッチン使わせてもらってありがと!」

華「え?泊まらないんですか?」

優花里「わ、私は帰ります…」

みほ「優花里さん、少しいいかな?」

優花里「! は、はい…」




456: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 22:40:38.86 ID:6+htesN30

みほ「…あのね」

優花里「はい。あの映像のことですよね…」

みほ「うん」


優花里「…すいません。気持ち悪いですよね、あんなの」

みほ「優花里さん…」


優花里「…なんだったら、私をあんこうチームから抜いてもらっても構いません。それぐらいのことを…」

みほ「…優花里さん。気にしないで」

優花里「西住殿は本当にやさしいです。けれど、我慢しないでください」



みほ「ううん、本当だよ。優花里さんはやさしい人だもん。ああなったのは、きっとほかに問題があるんだよ」

優花里「西住殿…」



麻子「…秋山さんが抜けたらだれが装填するんだ。川嶋先輩みたいなのはごめんだぞ」

華「優花里さんも人間です。あれが失敗なら、そうならないように頑張りましょう」

沙織「私たちもついてるよ!」

優花里「みなさん…」



みほ「だから、明日、がんばろうね!」

優花里「…はい!!」



麻子「…悪いのはあのハンバーグってことでいいんじゃないか」

沙織「いきなりひどいっ!?」




457: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 22:51:26.52 ID:6+htesN30

3日目…



みほ「今日は来年の全国大会の1回戦、状況は相手の戦車を優花里さんが調査してくれた、というシチュエーションで行います」

みほ「カメさんチーム、レオポンさんチーム、カモさんチームは来年度の1年生が同等の力を持つものとして仮定します」

杏「ということは私ら逃げてもいいの?」

みほ「ダメです!?」

杏「冗談冗談」




みほ「そのうえで、副隊長は丸山さんとし、ウサギさんチームには詳しい指示は行いません。車長の澤さんの判断にある程度お任せします」

梓「は、はい!」


みほ「それでは、ドキドキ作戦で行きます。がんばりましょう!」




まほ「始まったか…」

エリカ「どうなるでしょうね。まあ、大洗有利でしょうが」

アンチョビ「いや、そうとも限らないぞ。というかみほがそんな安易な手はしないと思う」

まほ「安西」

アンチョビ「おい、漢字が違うぞ!」

まほ「先生…戦車道がしたいです」

アンチョビ「好きにしろよ!?」




みほ(今回は負けも覚悟。そのうえで来年に向けて策を増やさないと…)



安価↓2
この練習試合、勝ちor負け




459: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 22:52:53.62 ID:XbEBu2Zqo

負け



461: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 23:05:24.67 ID:6+htesN30

オレンジペコ「…なんだか、あっさり負けてしまいましたね」

アッサム「M3がよくわからない動きをしていましたわ」

ローズヒップ「無駄な動きが多いように感じましたわ!!」

ルクリリ「…油断しすぎなのよ!」


ダージリン「あの、オレンジペコさん…縄をほどいてください」

オレンジペコ「ダメです」





みほ「…ふぅ」

優花里「負けてしまいましたね…」

みほ「けれど、いい収穫になったと思う。来年への問題点が見つかったし」

沙織「…うさぎさんチーム、落ち込んでないかな」

麻子「…そこを慰めるのは沙織の役目だ」





ノンナ「M3もそうですが。Ⅲ号もいまいちでしたね」

カチューシャ「そうね。ミホーシャ自身があんまり攻めに行ってないのもあったけど。まあ、悪いのはM3。あれで流れがつかめてなかったと思う」







梓「…すいません」

みほ「ううん、いいの。今回は問題点を見つけるのが1つの目的だったし」



ニーナ「お、おづがれ様でした」

みほ「ありがとうございました。またゆっくりしていってください」



みほ「会長、今回の問題点について少しお話が」

杏「え?私に?」

みほ「はい!もう会長じゃないので好き勝手出来る会長にしか頼めないんです」

杏「地味にひどいこと言ってる」





優花里「…どうしましょう?」

沙織「決まってる!これを安価↓2さんに使ってもらうわ!」




463: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 23:08:17.22 ID:golPj/ulo

会長



465: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 23:17:03.39 ID:6+htesN30

沙織「…カイチョウ!お体のほうは…」

華「いませんね…」

麻子「違う人に頼むか」



優花里「大洗でまだなのは…」


・華 ・典子 ・あゆみ ・桂利奈 ・あや
・レオポンさんチーム ももがー ・ぴよたん



優花里「この当たりですね」

麻子「大洗以外なら」


・サンダースの皆さん ・アンツィオの皆さん ・ノンナ ・小梅 ・知波単の皆さん



麻子「…意外と偏ってたんだな」

優花里「聖グロは全員出てましたしね…」



沙織「…そんなわけで、今まで使ってない人であんか↓2!」



467: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 23:20:59.61 ID:mnLlHB3MO

アリサ



468: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 23:26:40.10 ID:6+htesN30

アリサ「さて、この映像を回収して、と…」


麻子「あ、サンダースの無線傍受の人」

沙織「タカシさんとはどうなったの?」

華「何をしているんですか?」

優花里「まさかまた無線傍受ですか!?」


アリサ「違うわよ!?飛ばしてたドローンを回収してたのよ」

麻子「…盗撮か。タカシもかわいそうに」

アリサ「あんたにタカシの何がわかるのよ!!っていうか違う!!」



アリサ「卑怯なことはもうしないわ」

華「…そもそもドローンは大丈夫なんでしょうか?」

アリサ「一応許可はもらったわよ」



沙織「…それじゃあ、せっかくだしこれ、使ってみない?」

アリサ「ナニコレ?」

優花里「未来が見える機械です」


アリサ「う、嘘くさい…」

華「もし悪い未来が見えても真ん中のレバーで消せますよ?」


アリサ「…いいわ。乗ってあげる。安価↓2年後!!」


(グイッ)


優花里「安価↓4ですか…」

麻子「タカシ…」



470: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 23:32:56.30 ID:LXCbYmvRO

五年



472: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/06(金) 23:33:31.61 ID:sibr7JQrO

今日も元気に盗聴盗撮ストーキング
最近仲間が増えました



475: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 21:58:41.33 ID:/BInABqD0

アリサ『タカシ…タカシ…』


アリサ『タカシの生活音はいいね。リリンが作り出した文化の極みだよ』



華「…はい」

優花里「もう想定内なので…」

アリサ「嘘よーっ!?タカシと幸せに暮らしてるんじゃないのー!?」




アリサ『…それにしても、タカシもかわいそうに…盗聴しているストーカーが何人もいるわ…』

アリサ『2…いえ、3…万が一を考慮すると5かしら』




アリサ『念のために用意していたステルスドローンが役に立ったわ…全く、秋山さんには感謝しないと』


沙織「ゆかりん…?」

優花里「いえ、さすがにないですよ!?というか高くて買えませんし」



アリサ『けれど、こんな稚拙な盗聴器の仕掛けかた…困ったものね』

アリサ『私はストーカーじゃないけど、コレが原因で見つかって問題になるのも困るわね…』


《バサッ》

アリサ『さて、一応リストアップしてみたけど…全員に注意するのも困ったものだわ』




477: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 22:09:28.24 ID:/BInABqD0

あや『あ、アリサさん、今日のタカシさんはどうですか?』

アリサ『どうもこうもないわ。またストーカーに悩まされてるみたいなの』



華「…うさぎさんチームは大丈夫なんでしょうか?」

麻子「大洗は丸山さんにすべてがかかっているのか…」

沙織「恐ろしい事言わないでよ!」


あや『またですか…困りましたね』

アリサ『そうね…ところで今日はどうだったかしら?』

あや『はい!今日のタカシさんはケーキ屋さんに向かっていました』

アリサ『…これは悪い女に騙されている可能性があるわ。電話まで聞こえるようにするわ』

あや『えっ、でもそれって盗聴じゃ…』


アリサ『いい?きれいごとばっかりじゃ生きていけないの。これはタカシを守るための必要な犠牲なのよ』

あや『アリサさん…!すいません、甘いことを…』

アリサ『いいのよ。私たちは仲間じゃない』




優花里「い、いいセリフなのに…!」

沙織「過程のせいで最悪だよ!」


アリサ『…謝るなら追跡の甘さ。最近タカシの警戒が強いのよ』

あや『あっ…』


アリサ『…しょうがないわね。今日は私が見本を見せてあげる』

あや『は、はい!』


アリサ『さあ、行くわよ!タカシの後ろ姿にパンツァーフォー!!』


ー完ー



アリサ「消すわ」

優花里「えー…」





478: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 22:17:56.17 ID:/BInABqD0

アリサ「えー…じゃないわよ!これじゃ私ダメな女じゃない!」

沙織「まぁまぁ…」

麻子「今もだと思うが…」

アリサ「冷泉ィ!!」



アリサ「だいたい、私>>431を見る限り行き遅れに入ってるじゃない!!」

沙織「私は生き残ったので…」


アリサ「消します!リセットおおおおおお!!!」



(グイッ)

華「しかし、本当にタカシさんには縁がないんですね」

アリサ「笑顔で何言ってる五十鈴ぅ!!」

沙織「昔はタカシは華に惚れてるとか言われてたのにね」

麻子「面識もないのにな」


アリサ「あんたら…!」

優花里「もしよかったら大洗の恋愛マスター、武部殿に相談してみては?」

アリサ「え?」

沙織「ふふふ、私に任せてよ!」



麻子(まあ、恋愛経験0の恋愛マスターなんだが)

華(ですが女子力はあんこうチーム1です)

麻子(…私たちが低いだけなんじゃ)



アリサ「…そ、それなら今度相談させてもらうわ!」

沙織「うん、連絡待ってるよ」

アリサ「隊長とかには秘密にしておいてね!それじゃ!!」



沙織「…行っちゃった」

みほ「戻ったけど…何かあったの?」

優花里「ええ。戦車道が結ぶ友情ですよ」

華「お話は終わりましたか?」

みほ「うん。ちょっと会長が過労死するかもしれないけど何とかなりそうだよ。あ、カイチョウって元のほうね」

麻子(それは何とかなるのか…?)

優花里「さて、それでは次は安価↓2さんにお願いしましょう」



480: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 22:19:57.97 ID:LiONc9SHO





481: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 22:31:44.71 ID:/BInABqD0

華「あら、とうとう私ですね」



みほ「…一番描写が多いのに何をしているのかわかんないなぁ」

沙織「うん…私は五十鈴家の家本さんになってる気がする!」

麻子「それに加えて、戦車道のプロとかもしていそうだな」

みほ「うん。けど、それ以外だと…うーん…先生とかも向いてそうかも。幼稚園の先生とか…」

優花里「ダメです!」

みほ「えっ、なんで!?」

優花里「給食を全部先生が食べてしまいます!」

みほ「あっ、そっか!!」


華「…否定できません!」


優花里「と、いうわけで私はフードファイター説を提唱しますよ!」

みほ「なるほど…!」



華「…それでは、安価↓2年後にしましょうか…」


(グイッ)



みほ「!安価↓4みたい、華さん!」




483: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 22:34:39.59 ID:1kse3UeNO

八年



485: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 22:35:07.20 ID:jBqs4Y57o

あんこうチームを毒牙にかけレズハーレムを作り上げる



489: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 22:50:44.90 ID:/BInABqD0

華『沙織さん、明日はオフですよね。よければ一緒にお食事でもいかがでしょうか?』

沙織『うーん、旦那さんに確認してもいいかな?まだ1歳だしちょっとむずかしいかも…』

みほ『私は空いてるよ、華さん』

華『それはよかった。エリカさん、みほさんをお借りしますね』

エリカ『変なことしないでね』






優花里「やはり3人は特に仲良しですね」

麻子「大丈夫だ秋山さん。わたしがいるぞ」

優花里「…冷泉殿がそういうこと言うと裏がありそうですね」

麻子「ひどい」


沙織(そういいながら新作ケーキのチラシがカバンから見えてるよ麻子!)



華『まぁ…エリカさんは相変わらず面白い方ですね』

みほ『うん。けれど、一緒になれて幸せだよ』

華『ふふふ…私も、幸せですよ?』

みほ『華さんの旦那さん。いい人だもんね』

華『ええ。私にはもったいないくらいですよ』





みほ『ううん…少し飲みすぎじゃったかな…?』

華『まぁ!それでは少し休んでいきましょう』

みほ『けど、エリちゃんが…』

華『さすがに今のみほさんを1人で返すわけにはいきませんよ』



優花里「さすがは五十鈴殿ですね。優しいです」

麻子「あんこうチームの良心だからな」

沙織「えっ」




490: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 23:01:07.85 ID:/BInABqD0

華『あら、あそこの休憩できそうな場所がありますね』

ラ●ホ


優花里・麻子「「アウト!」」

みほ・沙織「「??」」


華「ま、まだ決まったわけじゃありませんし…」

優花里「あの場所がどういう場所か今知ってるじゃないですか!」

麻子「まあ待て…もしかしたらたまたま休憩に選んだだけかもしれない」

華「そうです!」


華『あああ…人妻となったみほさんのおはな…きれいですよ…』

みほ『や、やだぁ…やめてよはなさん…』

華『うふふ、胸は沙織さんよりは小さいですが…魅力的ですよ』




みほ『やっ…やああ』

華『どうですか?エリカさんではこんなに感じたことはないのでは?』

みほ『違うのっ…ちが…あうんっ』



華『あらあらこんなにびちょびちょで…』

みほ『やぁぁ…』


優花里「…あの」///

麻子「うん…」///



みほ『』


華『なかなか良かったですよ。次は沙織さんも入れて3人で楽しみましょう?』

華『優花里さんも、麻子さんも、また楽しみたいといっていましたし…』

華『私たちの戦車道。それが…これです』


ー完ー



麻子「リセット」

沙織「同意!」

優花里「私一人だけならまだしも既婚者を巻き込んじゃダメです!」






492: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 23:08:47.82 ID:/BInABqD0

華「み、みほさん…」

みほ「ごめんね、華さん」



(グイッ)

みほ「リセットで」

華「そんな!ここでしか咲けない花もあるんです!そう、百合という花が!」

沙織「名台詞を汚さないで!!」




麻子(恥ずかしかったが、私の未来はよかったほうなんだな…)


沙織「…?あれ、携帯が鳴ってる…」



沙織「はい、もしもし…はい。確かに未来テレビ、買わせてもらいましたが…えっ!?」


麻子「ど、どうした…?」

沙織「…み、未来テレビ…詐欺商品だったんだって」


「「「ええーっ!!??」」」


沙織「その人の思考を読んで、さまざまなワードを組み合わせて様々な映像を作り出すアイテムなんだって…」

優花里「思考が読めるのもすごくないですか?」

麻子「確かに」






493: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 23:11:05.84 ID:/BInABqD0

沙織「それで、回収されちゃうんだって…」

優花里「…ま、まああの未来がランダムなものなら私としてはよかったですよ!」

華「確かにそうですね!」

みほ「優花里さんはまだしも華さんは警戒度マックスになったよ」

華「そんな!?」




麻子「…と、いう事は沙織の結婚も」

沙織「…あっ」



沙織「…やだもーーーーー!!!!!」



ー完ー



494: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 23:15:41.02 ID:/BInABqD0

千代「…さて、危ないところでしたね」


ゼクシィ開発部「はい。まさか本当に信じる人がいるとは思いませんでしたので」

千代「…ですが、もうこういった開発はおやめになっては?」

ゼクシィ開発「ははは」



千代「…島田流としては、こういうものは見過ごせないのですよ」

ゼクシィ開発部「申し訳ない…」


千代「…せっかく、この機械が『偽物』だと噂を流したのですから、ね」

ゼクシィ開発部「はい…」


千代「未来を知ることは確かに面白いのかもしれませんが…それにとらわれすぎてしまう人もいます」

ゼクシィ開発部「…はい」


千代「ですので、この機械はすべて回収、です」



千代(…しかし、大洗にいったものが本物だったとは…)


千代「あの子たち、いい未来は見れたかしら…?愛里寿も…」



ー本当の 完ー



498: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 23:32:10.02 ID:/BInABqD0

おまけ ちょっとした補完

優花里「そういえば、川嶋先輩はなぜ新入り…とかレギュラー、とか言ってたんでしょうか?」

みほ「そういえばそうだね…まだ正式に入社してないのに」


ゼクシィ開発部『桃ちゃん先輩ちゃんさんはカイチョウたちとおなじ学校に入れたというイメトレもしていみたいです』

優花里「…」

みほ「…」




優花里「澤さんもどうなったのでしょうか…」


ゼクシィ開発部『この後、エリちゃんの助言やオレンジペコとの交流、そしてうさぎさんチーム全員の絆で立ち直ったみたいです』



みほ「タカシさんはどうなりましたか?」

ゼクシィ開発部「永久にストーキングされ続けます」


優花里「結局私は結婚できたんでしょうか?」


ゼクシィ開発部『できたと思いたいです。個人的にはまほ×ゆかりんと行きたかったのですが…なんか違う気がしたので』



みほ「私がエリカさんに勝てちゃうっていったのは…」

ゼクシィ開発部『ブロッケンジュニアが弱いからです』


優花里「結局異世界転生も本当なんですか?」

ゼクシィ開発部『マジです。消したので発生する確率は大幅に減りましたが…』


みほ「クラーラさんがパンツを欲しがったのは…」

ゼクシィ開発部『カチュニストだからです』


優花里「私ってなんの仕事をしていたんですか…?」

ゼクシィ開発部『戦車道協会で働いてます。審判の資格も持っているうえに、新しい切り口もあるので役人(イーグリード)より優秀です』


みほ「カチューシャさんは出産できたの?」

ゼクシィ開発部『アレぐらいが一番興奮する』


優花里「丸山さんはハーレムになってないのですか?」

ゼクシィ開発部『紗希ちゃんはみんなに平等なので結果的にハーレムに近い形です。結婚相手は信者ではなく、普通の人です』


みほ「ダージリンさんは…」

ゼクシィ開発部『結婚できない』(無慈悲)


優花里「レズ婚は」

ゼクシィ開発部『大好物です』


みほ「私の仕送り…」

ゼクシィ開発部『はい』

みほ「はいじゃないです」


と、なります お疲れ様でした!



499: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 23:37:47.43 ID:jBqs4Y57o





500: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/07(土) 23:43:13.08 ID:2EFilrHDO

乙乙
ダー様…


元スレ
SS速報VIP:五十鈴華「未来テレビですか…?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505696526/