1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 03:56:46.78 ID:MUNnh3vR0

男「来れるじゃん。なんで玄関でインターホン押すの?」

幼馴染「え?それが普通じゃん?」

男「幼馴染っていったらもっと図々しいもんじゃん?それがインターホンまで押す始末」

男「お前幼馴染やる気あんの?」

幼馴染「え、えっと……」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 03:58:46.41 ID:MUNnh3vR0

男「しかもお前俺を起こしに来ないじゃん?」

男「それどころか先に学校行っちゃうじゃん?」

男「そういうところもっとちゃんと幼馴染やってくれない?」

幼馴染「え……じゃあ男の部屋に入ってもいいわけ?」

男「当たり前だろ!」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:00:52.45 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「じゃ……じゃあ明日から一緒に学校行くか」

男「おう」

男「あと窓から起こしに来てな」

幼馴染「えっ!?それもすんの!?」

男「当然。目覚ましかけ忘れるからよろしく頼む」

幼馴染み「えぇ……」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:04:10.02 ID:MUNnh3vR0

男「そんじゃ、帰るか」

幼馴染「うん」



男「……お前今日晩飯食いに来いよ」

幼馴染「えぇ?悪いよそんな」

男「そこで遠慮をするな!!お前は今日から幼馴染なんだから!!」

幼馴染「今までだってそうですが……じゃあ今日は晩御飯要らないってお母さんに言っとくよ」

男「それも駄目だ!!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:08:12.96 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「えぇ!?なんでよ!!」

男「幼馴染ってのはなぁ、もっと自然にご相伴にあずかるもんなんだ」

男「家にいたらうちの母親が『幼馴染ちゃんご飯食べてきなー』っつって、それでお前がナチュラルに『はーいいただきまーす』なんて言うのが理想なんだ」

幼馴染「そ、そうですか……」

男「そのためにはそこでうちにいる前提が必要だな……」

男「幼馴染、このままうちで遊んでけ」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:13:18.11 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「えぇ!?」

男「何する?ゲーム?ツイスターゲーム?」

幼馴染「ツイスターゲームって何さ」

男「説明するのはめんどくさい。つーか自分から言っといてなんだけどやっぱツイスターゲームはやめようぜ」

幼馴染「?じゃあゲームする?何があんの?」

男「そうだなぁ……女の子とするべきゲームってなんだろうなぁ……」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:15:37.13 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「あれないの?バイオ6」

男「えぇ?お前あんなん好きなの?」

幼馴染「うん。気になってたんだよねー」

男「まぁあるけど……じゃあやるか」

男「じゃあカバン置いてすぐうち来いよ」

幼馴染「わーったよ」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:20:38.86 ID:MUNnh3vR0

ピンポーン


男「チャイムを鳴らすな」

幼馴染「あらごめんなさい」



男「早速やろうぜー」

幼馴染「うん……これが男の部屋か……なんか男臭いな……」

男「そういうコメントも禁止」

幼馴染「なんでよ?」

男「お前は俺の部屋なんか来すぎてエロ本の隠し場所くらいまで知ってるくらいじゃなきゃダメなの」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:23:31.12 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「や、やっぱ……男も持ってるんだ?その……Hな本……」

男「当然。見る?」

幼馴染「み、見るわけないじゃん!!」

男「見せる気も無いよ。じゃあお前ジェイク使ってな」

幼馴染「なんで男が女キャラ使うのさ」

男「男が野郎使って何が楽しいんだ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:30:02.83 ID:MUNnh3vR0

男「お前なかなかうまいな……」

幼馴染「そう?私割りとゲームっ子だから」

男「そうだったのか……つーかこれだよ」

幼馴染「これ?」

男「こういうことすら俺が知らないってどう思うよ?」

幼馴染「……別に?普通じゃないの?」

男「普通じゃないね。幼馴染たるもの相手の血液型誕生日趣味嗜好ホクロの位置まで知っているべきなんだ」

幼馴染「男は首の後ろにホクロがあるよね」

男「お、よく知ってんな。ポイントアップ!」

幼馴染「何のポイントだよ……」

男「ところでお前よく見てんな?まさか俺のこと……」

幼馴染「あ、後ろ後ろ。死ぬよ」

男「あっ!!…………やられた」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:35:36.96 ID:MUNnh3vR0

男「……クリアしちゃったな」

幼馴染「ラストは普通にボスバトルしたかったなー」

男「なんだかな……最後がLRカチャカチャってのもな」

幼馴染「ふぅー……漫画読んでいい?」

男「幼馴染みが部屋で漫画を読んでいる光景ってのも憧れだからな。許そう」

幼馴染「サンキュー。お、ゆうやみ特攻隊の新刊がある!」

男「なかなかエグい趣味してんな」

幼馴染「私押切蓮介好きなんだー」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:40:20.46 ID:MUNnh3vR0

男母「ちょっと!!あんた女の子連れて来てんの!?」ガチャ

男「ノックをしなさい」

幼馴染「お、お邪魔してまーす……」

男母「あら珍しい、幼馴染ちゃんじゃないの?」

幼馴染「お久しぶりです、おばさん」

男母「何?あんたたち付き合ってんの?」

幼馴染「ち、違いますよっ!!///」

男「違うよ。今は」

幼馴染「い、い、今は……!?///」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:44:53.99 ID:MUNnh3vR0

男母「幼馴染ちゃん、夕ご飯食べてく?」

幼馴染「え、えーと」

男「うん。用意しといて」

男母「はいよ。じゃあお茶でも持ってくるから」

幼馴染「あ、お構い無く」



男「さっきのだよ!!あそこで何故すぐ『はいいただきます』が出んのだ!!」

幼馴染「え、だってここでご飯食べるのなんてもう何年も……」

男「これは長期戦になるな……」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:46:55.58 ID:MUNnh3vR0

男母「ご飯よー降りてらっしゃーい」

男「だそうだ。行くぞ」

幼馴染「う、うん」

男「構えるんじゃないぞ。ナチュラルに、自然体で行け」

幼馴染「そんなこと言ったって……」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:50:10.84 ID:MUNnh3vR0

男母「最近どうなの?幼馴染ちゃん。彼氏とかいないの?」

幼馴染「そ、そんなのはいませんよ……」

男母「じゃあうちの馬鹿息子もらってやってくれない?この子いい歳してそういう話のひとつも無くて」

幼馴染「は、はぁ……///」

男「お袋、お茶」

男母「はいよ」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 04:54:23.32 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「はぁー美味しかったです!ごちそうさまでした!」

男母「そういってもらえると嬉しいわ。お粗末様でした」

幼馴染「洗い物は私がしますね!」

男母「あらあらいいのよ。幼馴染ちゃんは男の相手でもしてあげて!」

幼馴染「でも……」

男母「お願いねっ」

幼馴染「じゃあ……すいません」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:00:18.01 ID:MUNnh3vR0

男「ふむ。なかなか良い感じだぞ」

幼馴染「何がよ」

男「お袋とのやりとりだよ。あそこからよその家に対する遠慮が抜けるとほぼ完璧だ」

幼馴染「な、何それ……」

男「最近テレビつまんないよな」

幼馴染「んー……まぁ面白い番組は減ったかなー」

男「お前毎週必ず見てる番組ある?」

幼馴染「priceless」

男「ちっ。どいつもこいつもキムタクかよ。ミーハーが」

幼馴染「中井貴一目当てです」

男「渋いな」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:06:36.90 ID:MUNnh3vR0

男「お、もうこんな時間か」

幼馴染「そうだねー、そろそろ帰ろうかな」

男「そうだな。じゃあ幼馴染。窓から帰れ」

幼馴染「は?」

男「うちとの出入りはすべて窓から。さっき玄関から入ったのは俺も良い忘れたからまぁいいけど帰りは靴持って窓からな」

幼馴染「え、ちょっと待ってよ……私の部屋の窓鍵閉まってるし」

男「なんと……防犯意識の高いこった。俺の部屋はお前の為にいつも開けてあるというのに」

幼馴染「えっ無意味」

男「明日から意味を成すんだよ。じゃあな」

幼馴染「おやすみー」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:11:40.23 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「良い……匂いだったなぁ……男の部屋……///」

幼馴染「……明日は……窓から……窓から……///」

幼馴染「緊張……するなぁ……///」

幼馴染「男は……もう寝たかな……」

幼馴染「私も寝よう……おやすみ……」


幼馴染「……寝られるかな」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:16:41.89 ID:MUNnh3vR0

幼馴染(男の寝顔……可愛い……///)

幼馴染「男……朝だよ……起きて……」ユサユサ

男「ダメだ」

幼馴染「ダメって……遅刻するよ?」

男「そんなにおしとやかに起こすなっ!!」

幼馴染「え?」

男「幼馴染というものは、もっと俺の迷惑を考えずにドタバタやかましく起こすものなんだっ!!」

男「それをなんだ!!小声でユサユサと!!そんなの違う!!」

幼馴染「悪かったね」ムス

男「さぁ、朝飯だ。降りるぞ」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:19:57.66 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「ご、ご飯って、私今不法侵入してるんだよ!?」

幼馴染「バレないように戻らないと!!」

男「大丈夫だ。お袋にはもう話してある」

幼馴染「へ?」

男「お袋と親父にはもう俺のこの計画のことは話してすでに了承済みだ。だから安心してうちで朝飯を食っていけ」

幼馴染「ずいぶんのノリのいい親御さんですね……」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:22:13.23 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「お、おはよーございまーす……」

男母「おはよう幼馴染ちゃん。コーヒーがいい?紅茶がいい?」

幼馴染「じ、じゃあコーヒーをお願いします……」

男母「あいよっ!男は?」

男「コーヒー」

男母「はいよっ!」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:25:09.71 ID:MUNnh3vR0

男「……お前砂糖とミルクは?」

幼馴染「私要らない」

男「……そうか」


男母「あら?あんた砂糖入れないの?」

男「俺はいつでもブラックだよ」

男母「嘘おっしゃい。いっつも砂糖三つは入れるくせに」

男「お袋ボケた?」

男母「失礼ね」

幼馴染「ずいぶんくだらない見栄を張るね……」

男「見栄じゃない」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:27:47.34 ID:MUNnh3vR0

男「じゃあ行ってきまーす」

幼馴染「い、行ってきます」

男母「はーい行ってらっしゃーい」


男「寒いな……」

幼馴染「うん……」

男「……」テクテク

幼馴染「……」テクテク



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:30:15.32 ID:MUNnh3vR0

幼馴染み「……あの……何か話さない?」

男「いいんだよ、無理して話さなくて」

幼馴染「そ、そうかな?」

男「いいか、俺たちの関係ってのは、無言が苦にならない関係だ。お互い気を遣い合わない関係だ」

男「だから無言のときは無言でいいのだ」

幼馴染「そ、そうなのか……」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:37:38.52 ID:MUNnh3vR0

男「よし、帰りのことなんだが」

幼馴染「ん、帰りも一緒に帰る?今日授業終ったらその後予定無い?」

男「うんまぁ無いが、いいか。待ち合わせはしない」

幼馴染「え?」

男「お前は俺の授業が終わった後、俺の教室にナチュラルに来るんだ」

幼馴染「え、えっと……」

男「わかったな。幼馴染みらしく一緒に帰るんだ。じゃあな」

幼馴染「ちょ、ちょっと!」


幼馴染「……行ってしまった」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:40:10.30 ID:MUNnh3vR0

━━
━━━
━━━━

幼馴染「さぁーお昼だっ!」

幼馴染「ん……?弁当袋の中に何かメモが……?」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:45:53.74 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「お、男ー、べ、弁当一緒に食べよっ!」

男「なんだ?友達と食べないのか?」

幼馴染「と、友達今日弁当忘れて学食でさー、ひ、一人で食べるのやだし」

男「しゃーねーなー」

男「じゃあ前の机空いてるからここで食え」ガタガタ

幼馴染「えっ!?教室で食べるの!!?」

男「もちろん」

男友「なんだー!男彼女いたのか!!なんで教えてくれなかったんだよ!!」

男「幼馴染だ」

男友「え?そんなのいたの?いいなぁーこんな可愛い幼馴染」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:49:20.09 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「な、なんで教室で食べるのさ」ヒソヒソ

男「俺に幼馴染がいるということをみんなに知らしめねばならんからな」

幼馴染「は、恥ずかしい……//」

男「照れるな。お前は俺と飯を食うのは当たり前。何をするにも照れがあってはいけない」モグモグ

幼馴染「……///」

男「いずれお前の教室にも行くからな」

幼馴染「えっ!」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:53:52.28 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「ふぅー……ごちそうさまでした」

男「ごちそーさんでした」

男「あ、次の政経の教科書貸してくれ」

幼馴染「忘れたの?」

男「うん。わざと」

幼馴染「……じゃあ取りに行ってくるよ」

男「俺も行くよ」

幼馴染「いいよ、ここで待ってて」

男「いいや、一緒に行くんだ」

幼馴染「う、うん……」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 05:57:47.27 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「はい、どーぞ」

男「サンキュ。じゃーな」

幼馴染「また後でー」

男「また後で、じゃない。後で偶然帰るタイミングが一緒になるんだ」

幼馴染「う、うん」



幼馴染友「今の誰?もしかして彼氏?」

幼馴染「そ、そんなんじゃないよ!!幼馴染!///」

幼馴染友「そんなのいたの?彼氏じゃないのかー」

幼馴染「う、うん……」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 06:03:55.25 ID:MUNnh3vR0

━━
━━━
━━━━

幼馴染「お、男ー授業終わった?い、一緒に帰ろう//」

男「違う。そうじゃない」

幼馴染「え?」

男「『お、今終わり?じゃあ一緒に帰ろっか』みたいな自然なノリで来るんだ」

男「そのために政経の教科書を取りに来るという口実を作ったのに……やはりダメだったか」

幼馴染「……悪かったね」

男「ほんじゃ、一緒に帰るか」

幼馴染「おー」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 06:08:53.15 ID:MUNnh3vR0

男「とまぁ昨日から今日までの一連の流れで幼馴染もだいたい掴んできたかな?」

幼馴染「わかんねーよ……」

男「まぁあと二、三日もすれば慣れるって!それじゃー今日もバイオしますか!」

幼馴染「おー……」

男「あ、でも今日はエイダ編だからお前は見てるだけな」

幼馴染「えぇー」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 06:11:26.47 ID:MUNnh3vR0

━━
━━━
━━━━

幼馴染「はぁー……疲れた……」

幼馴染(今までより男との距離がうんと近い……)

幼馴染(それは嬉しくもあるけど……)

幼馴染(……正直男が私に気があるとは思えない……)

幼馴染(…………辛い)



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 06:13:55.12 ID:MUNnh3vR0

━━
━━━
━━━━
━━━━━


男「……幼馴染もなんか飲む?」ピッガランゴロン

幼馴染「……紅茶花伝」

男「はいよ」

幼馴染「もう一ヶ月経つよ……」

男「?何が?」

幼馴染「この計画?を始めてから」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 06:16:11.83 ID:MUNnh3vR0

男「おーもうそんなに経つのか。早いな」

幼馴染「……結局男はどうしたいのさ?」

男「んー?そりゃあー完璧な幼馴染を作り上げたいのさ」

幼馴染「作り上げて……どうするの?」

男「……どうした?」

男「もしかして……負担か?」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 06:21:00.94 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「負担だよ」

男「……そうか…………」

幼馴染「男って私の気持ち考えたことある?」

幼馴染「私がどんな気持ちで男の側にいるかわかってる?」

男「…………さぁ」

幼馴染「何だその反応!!バカにしてんのか!!」

幼馴染「私はねぇ、男のことが好きなんだよ!!」

幼馴染「ずっと昔っから!!だから意識しちゃって、距離を取ってた!!」



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 06:24:45.71 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「それが最近になって『幼馴染のように接しろ』だなんて、『私ともっと仲良くなりたいのかなぁ』なんて期待しちゃったじゃない!!」

幼馴染「それなのに男は私に気があるそぶりなんてちっとも見せない……バカみたい……」

男「…………」

男「……これ以上続けるのは嫌か?」

幼馴染「嫌に決まってるでしょ……」

男「そうか……」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 06:28:53.16 ID:MUNnh3vR0

男「なら仕方が無い……バラしちゃおう」

幼馴染「……何をよ」

男「俺もお前のことが好きだ」

幼馴染「……へ?」

男「俺もお前のことが好きなんだよ」

幼馴染「……で、でも男……そんなそぶり全く見せなかったじゃない……」

男「今はまだそのときじゃなかったからな」

幼馴染「…………?」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 06:33:42.55 ID:MUNnh3vR0

男「俺はな……『幼馴染との恋愛』をしたかったんだよ」

幼馴染「……は?」

男「俺は、幼馴染とラブコメをしたかったんだ。でもお前はそれっぽくない」

幼馴染「それっぽくないって……」

男「だからそれっぽくさせてそれから頑張ってお前を振り向かせようと思ってた」

男「まさかお前が俺のことを好きだとは思ってなかったけどな……出来すぎた」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 06:39:39.00 ID:MUNnh3vR0

幼馴染「……バカじゃないの?」

男「こうやってバラしてしまった時点で計画は狂ってしまったんだが、まだなんとかなる!」

男「お前が小芝居に付き合ってくれれば!」

幼馴染「え、えっと……//」

男「これからあと少し、俺の妄想に付き合ったあとでお付き合いしてくれないか、幼馴染!」

幼馴染「え、えっと……なんだこれ……」

幼馴染「……わかった。よろしくお願いします///」

男「やったぁ!!ありがとう!!」

男「そうと決まれば早速バイオだ!今日はマーセ攻略!!」

幼馴染「お、おーっ///」


fin



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 06:58:06.07 ID:kNuJwxTe0

もうちょい見たかったぜ乙



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 07:15:15.66 ID:vHMK7IzJ0

ニヤニヤしてた


元スレ
男「お前なんで俺の部屋の窓から入ってこないの?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352833006/