3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 01:12:51.83 ID:SGzwMDC60

士郎「おっぱい分が足りない…」

桜「………は?」

士郎「やわらかく手に余る大きなおっぱいが必要なんだ」

桜「せ、先輩、何を言って…」

士郎「桜」ガッ

桜「ひゃいっ!?」

士郎「お前のおっぱい分を分けてくれ」

桜「え、えぇと…」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 01:17:06.33 ID:SGzwMDC60

桜「ちょ、ちょっとだけならいいですよ…?」

士郎「本当かッ!?」

桜「で、でも、せめて先輩の部屋で…」

もみゅっ

桜「ひぁっ!」

士郎「こ、この柔らかさ…!」

もみゅ、くにゅっ

士郎「これこそがおっぱいだ…!」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 01:28:39.47 ID:SGzwMDC60

もみゅっ、もみゅっ

士郎「な、なぁ桜…。生で揉んでもいいかな…?」

桜「えっ…?そ、それは…」

士郎「頼むよ…。こんな事、桜にしか頼めないんだ」

桜「あぅぅ……」

桜「わ、わかりました…」

桜「でも、服は脱ぎませんから、先輩の手だけ中に…」

士郎「ひゃっほう!」

するっ、もみゅう!

桜「ひゃ…!」

もみっ、もみもみっ!

桜「ん…。先輩、乱暴にしないで…?」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 01:35:39.10 ID:SGzwMDC60

もみっ、くにっ

桜「ん……ふぁ……」

士郎「はぁ、はぁ…。桜のおっぱい、桜のおっぱい…」

むにゅっ、むにゅっ

桜(んっ……濡れてきちゃう……)

士郎「…………ふぅ」

桜「はぇ…?」

士郎「ありがとう桜。おかげで俺、まだまだ闘えそうだ」

桜「は、はい…よかったです…」

桜(うう…。私はこれからだったのに…)

士郎「よーし!やるぞー!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 01:41:17.76 ID:SGzwMDC60

翌週

士郎「おっぱい分が足りない」

ライダー「は?」

士郎「溢れる乳肉をこの両手で受け止めたい」

ライダー「士郎?何を言っているのです?」

士郎「ライダー、君のおっぱい分を分けて欲しいんだ」

ライダー「言ってる意味がわかりません」

士郎「ライダーのおっぱい揉みたい」

ライダー「………なるほど」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 01:44:46.40 ID:SGzwMDC60

ライダー「けれど、それはいけません」

士郎「何故だッ!?」

ライダー「士郎は桜の想い人。そんな貴方に色気を見せる事など…」

士郎「大丈夫だ。桜は正妻、ライダーは側室だから」

ライダー「………」

士郎「浮気じゃないぞ?」

ライダー「……それなら、いいでしょう」

士郎「流石ライダー。話が解る」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 01:49:05.63 ID:SGzwMDC60

ぬぎぬぎ…たゆんっ

ライダー「士郎、おっぱいだけでいいのですか?」

士郎「うん。今はおっぱい分だけでいいんだ」

ライダー「そうですか…」

士郎「?何で残念がるんだ?」

ライダー「………いえ、何でもありません」

むぎゅ、ゆさっ

ライダー「さあ、士郎。心行くまで堪能してください」

士郎「うひょおっ!」

むぎゅ、むぎゅ

ライダー「んっ…。そんないきなり…」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 01:53:47.96 ID:SGzwMDC60

むにゅうっ、むにゅっ

ライダー「ん……んっ…」

士郎「ライダーのおっぱい凄いよ!流石騎乗位の英霊だ!」

ライダー「べ、別に騎乗位で揺らす為に大きい訳では…」

むぎゅう~、ぶるんっ!

ライダー「ふにゃっ!」

士郎「張りも申し分ないな。これなら夢のおっぱいビンタもできるんじゃないか?」

ライダー「だ、誰の夢ですかっ!?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 01:59:24.68 ID:SGzwMDC60

士郎「これだけ大きいと、両方の乳首をいっぺんに口に含めるかもな」

ライダー「ぇ…?」

むぎゅうっ

ライダー「んくっ…」

ちゅばっ、ちゅ、ちゅちゅっ

ライダー「ん…ぁんっ…」

ライダー「し、士郎…。そんな事をされたら、私」

ちゅうぅぅぅ

士郎「~~♪」

ライダー「んんんっ!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:03:42.02 ID:SGzwMDC60

ちゅぽっ

ライダー「あぁんっ!」

士郎「ふぅ…。ナイスおっぱいだったぞ。ライダー」

ライダー「ん…士郎、あの…」

士郎「これでまた頑張れるよ。ありがとな、ライダー」

ライダー「あっ、士郎?」

士郎「それじゃ」

ライダー「………」

がしっ

士郎「ん?」

ライダー「士郎、次は熱くなってしまった私の身体を癒す番ではありませんか?」ゴゴゴゴ

士郎「………はい、そうですね」

ライダー「ふふ。では、布団を敷きましょうか、士郎」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:05:47.68 ID:SGzwMDC60

翌週

士郎「おっぱい分が…」

桜「またですか?」

士郎「うん」

桜「はぁ…。じゃ、先輩の部屋に行きましょうか」

士郎「桜は話が早いなぁ」

桜「………」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:09:09.67 ID:SGzwMDC60

桜「あの、先輩…」

カチャ、カチャ

桜「何で手錠なんてするんですか?」

士郎「桜におっぱい分補給を邪魔させない為」

桜「そ、そんな事しませんよ!」

士郎「いいから、いいから。こっちの方が俺が嬉しいんだ」

桜「う…。そ、それなら、仕方ないです…」

士郎「桜は従順で可愛いなぁ」

桜「えへへ…」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:13:46.97 ID:SGzwMDC60

むにゅ…

桜「ん…」

むにゅ、ぺろ

桜「あ、ん…」ビクンッ

れろ、ちゅうぅ…!

桜「んんっ…!せ、先輩?」

士郎「うん?」

桜「何でさっきから黙ったままなんですか…?」

士郎「桜のおっぱいに集中してるんだ」

桜「…なるほど」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:17:51.33 ID:SGzwMDC60

むにゅにゅ、むにゅうっ

桜「んっ!あっ…!」

士郎「……ぁ」

桜「んっ、先輩?」

士郎「ちんこ立ってきた…」

桜「え?あ…」

桜「えへへ」

士郎「桜、下も脱がしていいかな?」

桜「は、はい!」

桜「先輩の気の済むようにしてくださいっ!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:23:01.44 ID:SGzwMDC60

翌週

士郎「おっぱい分…」

ライダー「またですか」

桜「仕方ないですね」

士郎「何でもう裸なんだ?」

ライダー「これからお風呂へ入ろうとしていましたから」

桜「でも、そろそろ先輩がまたおっぱい分とか言い出す気がしたので、迎えにきました」

士郎「良妻すぎる」

桜「えへへっ」

ライダー「どうせですから、士郎も一緒にお風呂に入りましょう」

士郎「おっぱいサンドか」

桜「おっぱいサンドです」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:27:01.25 ID:SGzwMDC60

桜「わ、私が前でいいんですか?」

士郎「もちろんだ」

桜「し、失礼します!」

むにゅっ

桜「あ、あの、苦しくないですか?」

士郎「気持ちいいくらいだけど?」

ライダー「では、私が後ろに参りましょう」

むぎゅっ


士郎「おお…」

ライダー「ふふふ」

桜「今、ボディーソープ付けますね」

士郎「たまらん」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:33:10.60 ID:SGzwMDC60

桜「んっしょ、んっしょ」

むぎゅっむぎゅっ

ライダー「ん…」

むにゅっむにゅっ

士郎「ここがアバロンか…」

桜「そ、それじゃあ先輩。下も洗いますから、立ってもらっていいですか?」

士郎「ああ、頼むよ」

すくっ………しゃきんっ

桜「ふあぁ………!」

ライダー「ふむ。うらやましいですね、桜」

桜「えへへ。後でライダーにも洗わせてあげてくださいね?先輩」

士郎「うん」

桜「そ、それじゃあ、挟みますね…!」

むにゅうっ!



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:37:32.40 ID:SGzwMDC60

桜「んっ、んっ」

むにゅっ!むにゅっ!

ライダー「手持ち無沙汰ですし、私は士郎の腕を洗いましょう」

士郎「ああ、頼むよ」

むぎゅっ

ライダー「ふふ。士郎の腕、私のおっぱいで隠れちゃいましたよ?」

桜「んっ!ライダー、凄いっ」

ライダー「桜にもできますよ。後でもう片方ので試してみなさい」

桜「うんっ!」

士郎「はははっ。腕が二本あってよかったって、つくづく思うよ」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:43:18.65 ID:SGzwMDC60

桜「んっ、えいっ」

むぎゅっ!むにゅっ!

ライダー「ふっ、んんっ」
むにゅぅ、むにゅっ

士郎「ん……」

士郎「桜。そろそろ出そうだ」

桜「いいですよ?全部おっぱいの中に出してください」

士郎「桜………うぅっ」

ドピュ、ドピュ、ドピュ

桜「ん…あっつい…」

ライダー「士郎。私の時もお願いしますよ?」

士郎「あぁ…。任せてくれ」

桜「先輩の精液、ライダーのおっぱいにも混ぜてあげようか?」

ライダー「是非」

士郎「続きをする時は洗い流して欲しいな…」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:47:07.17 ID:SGzwMDC60

ライダー「さて、次は私の番ですね」

士郎「うん」

しゃきーん

士郎「いつでもいいぞ!」
ライダー「ふふふ。やり甲斐がありそうです」

むにゅうっ

桜「先輩のもう片方の腕、私のおっぱいにすっぽりです!」

士郎「相性ぴったりだな」

桜「えへへっ!」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:51:52.19 ID:SGzwMDC60

ライダー「んっ…それっ…」

むにゅる、むにゅり

ライダー「ふふふ。これはどうですか?」

むにゅむにゅっ!

士郎「うっ…くぁ…」

きゅっ

桜「ひあぁっ!」

桜「せ、先輩…、私のおっぱい、掴まないで…?」

士郎「す、すまん…」

ライダー「ふふっ。すぐには終わらせませんよ?」

むぎゅっ!むぎゅぎゅ!

士郎「なっ…すごっ…」

むにぃっ!

桜「ひにゃあっ!」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:56:03.49 ID:SGzwMDC60

ライダー「そろそろ終わりにしましょう」

ぐにゅっ!むにゅにゅっ!

士郎「うああっ!」

ドピュ、ドピュ

むにいぃぃっ!

桜「ひあぁぁっ!だ、だめぇっ!」ビクンッビクンッ

ライダー「ふふふっ…。いっぱい出しましたね、士郎」

士郎「あう…」

桜「ひにゃあ…先輩…」

ライダー「………おや?いつの間にか二人ともダウンしていますね」

ライダー「本当に、仲睦まじい…」

桜「えへへへ…」

おわり



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 02:57:48.13 ID:SGzwMDC60

自分なりに綺麗に落とした積もりだし、書きたい事は全部書いたから寝るよー



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 04:05:06.68 ID:ThK3/KH60

おつ


元スレ
士郎「桜とライダーと、三人でお風呂入りたいな」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1323619369/