関連
みく「みくは………猫?」

凛「私が………犬? プロデューサのところに行かなきゃ」

志希「猫になる薬~にゃふふ♪」



SS速報VIP:幸子「ボクが………カワイイ? 当然です!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395999449/



1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 18:37:29.86 ID:edf9x3Aw0

幸子「ボクがカワイイなんて当たり前ですよ!」

みく「みくは………猫?」の番外編です。幸子がカワイイのは真理だと思う

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395999449




4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 18:47:08.05 ID:edf9x3Aw0

幸子「目が覚めたボク………とてもカワイイです。何でこんなにカワイイんでしょうか………ん?」

時子「あらこんなところに………」

幸子「おや! 時子さん、じゃなかった。時子様! おはようございます。本日もボクのカワイさのおかげで晴天です!」

時子「藍子。こっちこっち。面白いものがいるわよ」

藍子「どうしたんですか時子さん………あらこの子?」

幸子「おはようございます。二人が一緒なんて珍しいですね」

藍子「かわいいじゃないですか。何でかわいいがこんなところにいるなんて………」

幸子「何ですか? ボクはカワイイですけど、まるでカワイイという生き物がいるみたいな言い方をして」

時子「ほんとよ。何で事務所にかわいいがいるのか………大事件ね」

幸子「え? 何を言ってるんですかお二人は?」

藍子「私、かわいいの実物見るの初めてなんですよ」

幸子「? 毎日見てますよね? それともボクのカワイさは日に日に進化してるってことですか?」

時子「私もよ。国の天然記念物に指定されてるもの。こんなところにいること自体おかしいわよ」

幸子「?? 確かに………天然記念物のカワイさですけど?」






7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 18:55:46.73 ID:edf9x3Aw0

時子「ちょっと、触っても大丈夫かしら」

藍子「大丈夫だと思いますけど」

幸子「触ってって………ボクがカワイイからと言って頭をなでないでください!」

時子「ほんとにカワイイわね。実物のカワイイがこんなにかわいいとは思わなかった」

藍子「フフ、時子さんもカワイイの前だとそんなにゆるんだ笑顔を見せてくれるんですね」

時子「ぐ………! 仕方ないでしょカワイイがこんなにかわいいんだから」

幸子「………あの、幸子ですよ? ボクはカワイイですけど幸子なんですよ」

時子「でも話によればあることをすればカワイイをもっとカワイクできるって聞いたことがあったわね。鞭で縛ったらもっとかわいくなるだったかしら」

幸子「猟奇的! ボクは違いますよ!」

藍子「鞭は違うと思いますよ。私が聞いた話だと>>9だともっとかわいくなるって聞きました」

時子「>>9ね」



9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 18:57:33.15 ID:oOkLixLn0

ねこみみ



16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 23:06:34.48 ID:edf9x3Aw0

時子「猫耳ねぇ」

藍子「カワイイの代名詞ですし。ちょうど手元に拾い物がありますし」

幸子「何で持ってるんですか? でも猫耳をつけてさらにカワイクなるなるなら、つけてあげてもいいですよ!」

時子「じゃあさっそく………」

???『やめなさい………にゃ』

幸子「ん? 今変な声が」

???『そんなことをしても誰も幸せになりません………にゃ』

時子「じゃあつけてみるわね」

???『やめるにゃああああああ!』

藍子「わぁ。いいですね! とっても似合ってますよ」

みく『待つにゃ! あ、待ちなさい………にゃ。これ以上猫耳キャラの投入はカルピスに水を継ぎ足しすぎ状態になってしまうにゃ! ただでさえ自分で『まぁまぁ猫耳どうぞ』して首絞めてるのにこれ以上の猫キャラはNG、」

幸子「まあ、ボクにかかればどんな装飾品でもカワイイものになりますからね!」

みく『ちょっと違う、何かおかしいにゃその発言!』

藍子「そうだ。カメラで写真撮って後でみんなに見せてあげよ。猫耳をつけたカワイイって」

みく『あああああああああああああああ!!!』

幸子「何か………うるさいですねぇ」

>>19次のアイドルエンカウント



19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 23:19:00.90 ID:ClE3/ilqo

ぼのの



20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 00:05:17.96 ID:Tow1agsA0

幸子「取りえず今の状況を整理しなくちゃ。どうやらボクは『カワイイ』と言う生き物に見られていて、カワイイはとてもカワイイ、いやここではかわいいの方がいいでしょうか。そしてカワイイはとてもかわいい………そのまんまボクですね! 安心しました!」

幸子「でも誰もボクだって気付いてくれませんね。もし確かにボクはカワイイですけど、ずっとボクだって認識してもらえないのも困ります! まずはプロデューサーさん会う必要がありますね! まずは聞き込みから! すみません乃々さん。プロデューサーさんがどこにいるか知りませんか?」

乃々「あうぅ…何言ってるか、わかんないんですけど」

幸子「やっぱり言葉も通じないみたいですね。さっきからずっと話しかけてるのに全く、難儀な体ですね!」

乃々「心が、折れそう………」

輝子「ど、どうした? 何か困ってる………?」

幸子「輝子さんからこっちに来るなんて珍しいですね」

乃々「困ってるって言われても………困って、ますけど」

輝子「お隣だし。た、助け合いが大事だと思うし………フヒ。あれ? これって、もしかしてカワイイ?」

乃々「えっと………はい。なぜか私の方に寄ってきてたんです………」

輝子「カワイイが、こっちに寄って来たってことは………何かをしてほしいって、ことなのかも」

幸子「してほしいんじゃなくて教えてほしいんですよ! 話は通じませんけど!」

乃々「でも………どうしたらいいかわかんないんです………」

輝子「私も、わかんないけど………カワイイは>>22が好きだって。き、聞いたことある」

乃々「>>22………」



22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 00:16:59.28 ID:AvRRnwzDo

甘い食べ物



25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 03:05:24.16 ID:BKv+Ggbi0

乃々「甘いもの………今、持ってないんですけど………」

輝子「私は………き、キノコだけ」

二人「………」

幸子「まさか………キノコは甘いものなんて言いませんよね………当然ですよね!」

二人「………」

幸子「何で黙ってるんですか!」

輝子「………あ、そうだ。キノコと言えば………」ガサガサ

乃々「な、何かあるんですか?」

輝子「き、きのこの山………キノコだからいつも持ってる…………フフ」

乃々「じゃあ、これあげて、モリクボは帰ります………」

幸子「貴方が帰るんですか?」

乃々「じゃあ………はい」

幸子「え? 食べさせるんですか? ちょっと恥ずかしい気がしますけど………私がカワイイからそうしたくなるのもしょうがないですね!」ガリ

乃々「食べた………えっと、その、あの………かわいい、です」

輝子「キノコを食べるカワイイ………確かにかわいい、な。フヒ」

乃々「食べさせて、みます?」

輝子「あ、やってみる、うん。ほら、キノコー」

幸子「まだ、食べてる途中です! うん、甘いものはいいですね!」ガリ

輝子「これは………はまるかもしれないな………私たちも、食べるか?」

乃々「じゃあ、もらいます………この前私もチョコを、フレデリカさんたちと作りましたし………チョコは好きです」

輝子「私も………バレンタインのイベントをしたし。あ、あまいものは好きだ………フヒ」

幸子「どうでもいいですけど、流石に机の下に三人はきついですね。まあ、カワイイボクは平気ですけど!」

>>27 次のアイドルエンカウント



27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 03:07:32.64 ID:IPAq3wVLo





28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 03:45:48.77 ID:BKv+Ggbi0

幸子「けぷぅ。あんなに食べされられるとは思いませんでした………でも食べきったボク! カワイイですね」

茜「あー!!!!! カワイイがいる!!!! カワイイがいますよ未央ちゃん!!!!! かわいいですねー!!!!!!」

幸子「びっくりした! その大声は茜さんですね。すぐわかりますよ」

未央「お~ほんとだ。こんなとこにカワイイがいる。すっごいかわいいね!」

幸子「未央さんまで。まあカワイイのは当然ですね! 本当のことですから!」

茜「ほんとにカワイイはかわいいですね!!!!! 何でこんなにかわいいんだろー!!!!! かわいすぎて、すごいですね!!!!!! 抱っこするともっとかわいく感じますよ!!!! すっごいかわいい!!!! かわいい!!!!! かわいいです!!!!!!!」

幸子「そんな、当たり前のことを大声で連呼しなくてもいいですよ………!」

未央「うんうん。カワイイは本当にかわいいなぁ。でも抱っこしてそんなにはしゃいでる茜ちんもかわいいと思うな♪」

茜「!!!!?? ありがとうございます!!!!! かわいいなんてそんな………!!!!!! そうだ!!!! 未央ちゃんも抱っこしてみてはどうですか!!!!!??」

未央「そう? じゃあ………軽いなぁこの子」

茜「すっごいかわいいです!!!! カワイイを抱いている未央ちゃんもとっても素敵でかわいいですよ!!!!!」

未央「えへへ、ありがと♪ そうだ! この子シンデレラ球団のマスコットキャラにしようよ!」

幸子「シンデレラ球団? なんですかそれは?」

茜「友姫さんが言ってたあれですか!!!! でもまだ私たち三人しかいませんよ!!!!!!」

未央「うーん、確かに茜ちんはセンター。私がキャッチャーでユッキがピッチャー………それ以外は決まってないけど、ユッキはマスコットキャラがほしいって言ってたし」

茜「ねこっぴーがいいって言ってましたよ!!!!!」

未央「ねっこっぴーはキャッツのマスコットだよって言ったらじゃあ自分たちのを作ろうって言ったんだ。でも、この子には何かが足りないよね」

幸子「マスコットキャラですか。カワイイボクにはぴったりですけど、足りないとは心外です! ボクはカワイイんですから!」

茜「それは>>30が足りないんだと思います!!!!!」

未央「お、>>30ねぇ。確かに>>30は必需品だね」



30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 04:26:50.96 ID:4LogXIaN0

カワイイと書かれたハッピ



40: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 01:08:57.94 ID:D86BVg7m0

茜「カワイイと書かれたハッピ!!!!!」

未央「かわいいカワイイに着せるカワイイと書かれたかわいいハッピ! いいねそれ! 今あるの!?」

茜「無いです!!!!!!」

二人「………」

幸子「行き当たりばったりでどうしようもないですね!」

未央「でもほら! こうやってハッピに見立ててタオルをカワイイに結べば、かわいいくない?」

茜「スーパーマンみたいですね!!!!」

幸子「タオルをマント代わりにして装着されたボク………まさにスターダム! なのかな?」

茜「………!!!!!! 思い出した!!!!」

未央「え? 何が?」

茜「そういえば友紀さん!!!!!! 最近晴ちゃんや時子さんたちと新しい野球チーム作ってました!!!!!」

未央「え? それほんと!? 私たちは?」

茜「いません!!!!! 友紀さんは三つのポジションでしたけど!!!!!」

未央「じゃあそのポジションに入れてもらえばいいんじゃないっ!」

茜「確かセンターとレフトとピッチャーって言ってました!!!!!!」

未央「キャッチャーは?」

茜「時子さんだったと思います!!!!!」

未央「………時子様のとこ行って交渉してくるっ!」

茜「私も行きます!!!!!!」

幸子「………このタオルどうすればいいんでしょうかね!」

>>42 次のアイドルエンカウント

ちなみに今の幸子はぷちどるみたいなものだと思ってください



42: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 08:39:19.68 ID:GtBQGRfgo

しぶりん



43: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 19:58:40.76 ID:D86BVg7m0

幸子「今思うと………結構あれですよね。危機的状況! いくらカワイイボクでも、ただ『カワイイ』とだけ認識されてるだけで、輿水幸子だって思われない………どうしよう! カワイイと認識されてもカワイイボクと認識されなければボクじゃないじゃないですか!」

凛「………」

幸子「何でさっきからこっちを見てるんですか!」

凛「どう思う?」

みく「どう思うって言われても、わかんないにゃ。なんで事務所にカワイイがいるか………」

幸子「何でそんなにボクがここいることが不思議なんですか! と言うより、カワイイって何ですか! そんな生き物いるんですか!」

凛「絶滅危惧種だよね」

みく「イリオモテヤマネコ並に珍しいにゃ」

幸子「この二人の眼、どこか既視感を覚える物事に向けているような、どことなく疲れている眼をしてる!」

凛「まあ、かわいいよね」

みく「かわいいにゃあ」

幸子「すごい疲れ切ってる………!」

凛「この子が事務所にいる原因って。あれだよね」

みく「うん。百パーセント、志希にゃんの仕業にゃ」

幸子「原因って、誰かがしたことなんですか!?」

凛「肝心の志希は?」

みく「失踪中にゃ」

幸子「えぇ………」



44: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 20:54:45.33 ID:D86BVg7m0

事務室

P「ん? どうしたの二人とも。俺に向ける疑いの眼差しは何よ?」

みく「Pちゃんは今回何にも関わってないよね?」

P「顔合わせていきなりな物言いね。さすがに問題提示してもらわなきゃわかんないわよ」

凛「この子。何でカワイイが事務所にいるわけ?」

P「え? カワイイ? どういうこと?」

幸子「ボクですよプロデューサーさん! プロデューサーさんならわかりますよね! 信じてますよ!」

P「………かわいいなオイ!!」

幸子「え? カワイイのは当然ですけど」

P「何こいつ! 超かわいい!! かわいい!!! かわいいなぁ!!!! かわいい!!!!!」

凛「プロデューサーが壊れた………」

みく「いつも通りな気もするけど」

P「かわいい! かわいいって、気付いてないの? この子どっからどう見たって幸子じゃん」

みく「ん? 幸子ちゃん?」

凛「プロデューサーわかるの? やっぱり関わってる?」

P「匂いと毛の色でわかる」

みく「毛の色と匂い………?」

幸子「プロデューサーさん………わかってくれるんですね………!」

P「何を言ってるかわかんないけど、目を見れば不安だったのは分かるわよ。よく頑張ったわね」

幸子「べ、別に不安になんてなってません! プロデューサーさんならわかってくれるって確信がありましたので!」

P「多分今この子必死で強がってると思うわ」

幸子「な! そうやっていつもボクを知ってるように言って! まったくプロデューサーさんはいつもボクのことばかり見てますからしょうがないですね! だいたい………」

――――――――――――――――――――――

志希「ってのが次の薬の予想なんだけど、どう思う?」

凛「語りオチ………!」

みく「と言うより出てきてない場面でもとばっちり受けすぎじゃない、みく」

完!



45: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/30(日) 20:58:57.69 ID:D86BVg7m0

完結です
恥ずかしい。間違い多すぎ乃ヶは笑えん何で間違えたかもわかってますけどそれまたあまりにアホな理由なので弁明の余地などありはしません。

まあとりあえず完結しました。適当に始めた話を続けてましたけどとりあえず終わりにします。今まで読んでくれた人たちに感謝します



48: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/03(木) 01:01:00.24 ID:vbMIrjWQo

おつー


元スレ
SS速報VIP:幸子「ボクが………カワイイ? 当然です!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395999449/