1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 15:18:08 ID:iIQAOqr2

P「お、春香」

春香「えへへ、おはようございます」

P「おう」

春香「今日は釣れてますか?」

P「まあ、ぼちぼちってところかな」

春香「そうですか」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 15:21:42 ID:iIQAOqr2

春香「あ、そうそう、聞いてくださいよプロデューサーさん」

春香「私、昨日の夜にクッキーを作ってたんですけど」

春香「えへへ、うっかり転んで生地を落としちゃったんです」

P「そりゃ大変だな」

春香「だから、今日はクッキーは無しでーす」

P「残念だ」

P「それなら、ほら」

春香「あ、アメちゃんですか」

P「今日はいっぱい持ってるからな、大目にやるよ」

春香「わーい、ありがとうございます」パクッ

春香「♪~」コロコロ



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 15:24:57 ID:iIQAOqr2

春香「ところでプロデューサーさん」

P「ん?」

春香「それ、餌は何が付いてるんですか?」

P「これか?今日はおにぎりだな」

春香「ということは、狙いは美希ですかー」

P「いやいや、別にそう言うわけじゃないさ」

P「たまたまそこにおにぎりがあったから、餌にしただけだよ」

春香「なーんだ」

P「……」

春香「……」コロコロ

P「……釣れないな」

春香「釣れませんねえ……」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 15:27:21 ID:iIQAOqr2

P「……」

春香「……」

P「……飽きた」

春香「……飽きちゃいましたか」

P「めんどくさいから、ちょっと直接見てくるわ」スクッ

春香「はーい、いってらっしゃーい」

ザブーン

春香「……」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 15:29:39 ID:iIQAOqr2

ザバー

美希「よっ、と……」

春香「あ、美希」

美希「春香」

美希「ねえねえ、ハニー見なかった?」

春香「見たよ」

美希「どこで?」

春香「さっきまでここにいたけど」

美希「ええー!ウッソー!」

春香「でも、さっきそっちに飛び込んでったよ」

美希「あちゃー、入れ違っちゃったの」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 15:32:08 ID:iIQAOqr2

美希「あ、釣竿」

春香「うん、プロデューサーさんの」

美希「じゃ、これでハニーでも釣ろうかな」

春香「うーん、釣れるかなー」

美希「大丈夫大丈夫、ミキに任せるの」

美希「ほいっと」

美希「……」

春香「……」

美希「……」

春香「……」

春香「あ、アメちゃん食べる?」スッ

美希「ありがとなの」パクッ

美希「♪~」コロコロ



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 15:36:20 ID:iIQAOqr2

美希「……」

春香「……」

美希「ね、何で今日はアメちゃんなの?」

春香「あーっと、実はね」

春香「昨日クッキーも作ってたんだけど、生地落としちゃって」

美希「あはっ、ドジだねー春香」

春香「うん、お母さんに怒られちゃった」

春香「どうしてよりによって、緩い生地の時にどんがらするの!って」

美希「あはは!」

春香「……」

美希「……」コロコロ

春香「私ももう一個食べよっと」パクッ

美希「……」コロコロ

春香「……」コロコロ



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 15:39:57 ID:iIQAOqr2

ザバー

美希「あ、真クン」

春香「やっほー、真」

真「あれ、美希に春香」

真「珍しいね、釣りなんて」

美希「ねね、そっちでハニー見なかった?」

真「ううん、見なかったよ?」

春香「結構深い所まで潜ってるのかな……」

美希「そうかも」

真「ま、そのうち帰ってくるんじゃない?」

真「それじゃ、ボクこれからダンスレッスンだから」

春香「いってらっしゃーい」

美希「なのー」

バタン



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 15:44:25 ID:iIQAOqr2

ガチャ

響「はいさーい」

春香「今日は良く人が来るねえ」

美希「おはよう、響」

響「あれ、真まだ来てないのか?」

春香「真?」

美希「真クンなら今出てったよ?」

響「ええー!」

響「ひどいぞ!事務所で待ち合わせて一緒にダンスレッスン行こうって言ってたのにー!」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 15:45:51 ID:iIQAOqr2

美希「あはっ、響捨てられちゃったのー」

響「もうっ、美希!」

春香「まあまあ、真もさっき出ていったばっかりだから、今追いかけたら追いつくんじゃない?」

響「そうだね!」

響「よーし、追いついて、ドリンク奢らせてやるぞー!」

響「じゃあね!二人とも!」

バタン

美希「あわただしいねー響は」

春香「見てて飽きないよね」

美希「……あふぅ」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 15:51:11 ID:iIQAOqr2

春香「やっぱり釣れないね、プロデューサーさん」

美希「ねー」

春香「私たちの中でも、一番難しいからねえ……」

美希「逆に、一番簡単なのは小鳥かな」

春香「小鳥さん、同人誌くっ付けておけば15分もかからないよね」

美希「まあ、急用あるときとかは便利だよね」

美希「……」

美希「春香ー、アメちゃん」

春香「しょうがないなー」ガサガサ

春香「はい、あーん」

美希「あーん」パクッ

美希「……」コロコロ



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 15:58:01 ID:iIQAOqr2

美希「もう、あんまり釣れないからミキ歌っちゃうの」

春香「あ、私も」

美希「何処かへお出かけー♪」

春香「お嬢様ー♪」

ザバー

千早「ふふ、楽しそうね二人とも」

春香「わ、びっくりしたー」

美希「聞こえてたの?」

千早「ええ、バッチリ」

春香「千早ちゃん、アメちゃんアメちゃん」サッ

美希「あは、春香おばちゃんくさいの」

千早「これ、のど飴?」パクッ

春香「分かんない、プロデューサーさんがくれたの」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 16:01:26 ID:iIQAOqr2

千早「……甘いわ」

春香「アメだもん」

千早「ふふっ、そうね」

美希「千早さん、何で上がって来たの?」

千早「あら、理由が無きゃ上がってきちゃいけないかしら」

美希「え?そ、そんなことないけど……」

千早「ふふ、冗談よ」

千早「これからレコーディングがあるから、それまでここで気持ちを落ち着けてたの」

春香「そうなんだ、レコーディング、頑張ってね」

千早「ええ」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 16:04:40 ID:iIQAOqr2

千早「あ、そうだわ」

春香「どうしたの?」

千早「この書類、机の上に置いておくから、社長が来たら渡しておいてくれないかしら」

春香「はーい」

千早「それじゃ、またね二人とも」

バタン

美希「……千早さんが冗談を言うとは思わなかったの」

春香「うん、それに、最近よく笑う様になったんだ、千早ちゃん」

美希「いいことなの」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 16:11:05 ID:iIQAOqr2

春香「そう言えばさ」

美希「なあに?」

春香「この前、響ちゃんが貴音さんを釣ってたんだけど」

美希「うん」

春香「ぜーんぜん釣れなかったんだって」

美希「うんうん」

春香「でもね?響ちゃんが良いこと思いついて水面に叫んだの」

春香「『貴音ー!ラーメン食べに行こうよー!』って」

春香「そしたらね、貴音さん直ぐに針に引っかかったんだって!」

美希「あはは!貴音らしいの!」

春香「それにね、あんまり慌てて出てきたから、貴音さん、エラ呼吸のまんま上がって来ちゃって」

春香「響ちゃん大慌てだったんだって!」

美希「貴音ってちょーっと抜けてるところあるよねー」

貴音「ふふ、お恥ずかしい限りです」

春香「うわあ!」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 16:16:06 ID:iIQAOqr2

美希「びっくりしたー」

春香「どこから来たんですか?貴音さん」

貴音「ふふ、とっぷしーくれっとです」

貴音「それより春香」

春香「なんですか?」

貴音「何でも、アメちゃんを持っているとか」

春香「どこから聞いたんですか……?」

貴音「それも秘密です」

春香「すごいなあ、貴音さんは……」ゴソゴソ

春香「はい、どうぞ」

貴音「ふふ、ありがとうございます」パクッ

貴音「♪~」

貴音「では、わたくしはこれで、あでゅー」コロコロ

バタン



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 16:19:14 ID:iIQAOqr2

美希「貴音マジ面妖なの」

春香「うーん、一回尾行してみたいなー貴音さん」

美希「……」

春香「……」

美希「……」

春香「……」

美希「あー!釣れないのー!」

春香「ねー」

春香「ってあれ?釣竿ビミョーに動いてない?」

美希「!ホントなの!」

美希「よいしょー!」

ザバー



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 16:22:10 ID:iIQAOqr2

雪歩「ふええ……やっと気づいて貰えたよぉ……」

春香「あ!雪歩」

美希「……やっと?」

雪歩「30分くらい糸引いてたのに、全然気が付いて貰えなくて……」

美希「……雪歩、引き弱すぎなの」

春香「ぜんぜん気が付かなかったよ……」

雪歩「ええ!私、結構強く引いてたつもりだったのに!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 16:27:49 ID:iIQAOqr2

美希「もっと、こう、ググッって引いていいんだよ?」

雪歩「でも、そんなに強く引っ張ると、釣竿持ってっちゃいそうで……」

春香「そんなことないよー」

雪歩「うう……やっぱり私水中向いてないのかも……」

美希「まあ、地中向きなことは確かなの」

春香「まあまあ、練習すればきっと上手くなるよ」

雪歩「うん、ありがとう春香ちゃん」

雪歩「取りあえず私、穴掘って埋まってるね……」ザクザク

春香「うん、気分転換も大事だからね」

美希「美希が今度練習付き合ってあげるねー」

雪歩「ありがとう、美希ちゃん、春香ちゃん……」ザクザク

春香「今度、私にも穴掘り教えてねー!」

美希「……もうあんな深度まで」

春香「うーん、こんなに穴掘り上手なんだから、もっと自信持って良いのになあ……」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 16:30:55 ID:iIQAOqr2

美希「はあー……でも結局ハニーは釣れず仕舞いかー」

春香「何か用事だったの?」

美希「ううん、全然、ただ会いたかっただけだよ?」

春香「なーんだ」

美希「ま、いいやミキもう帰るね」

春香「うん」

美希「春香も、もうすぐ日が暮れるから帰った方が良いよ?」

春香「うん、そうする」

美希「じゃ、楽しかったよ、バイバーイ」

ザブーン



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 16:34:59 ID:iIQAOqr2

春香「うーん、久しぶりに美希と沢山おしゃべりしたなー」チラ

春香「あ、クーラーボックス……」

春香「そう言えばプロデューサーさん、今日はボチボチ釣れたって言ってたっけ……」

春香「何釣れたんだろ……」パカ

高木「おお!春香君かね!」

春香「社長!」

高木「いやー、参ったよ、クーラーボックスとは意外に狭いものだねえ」

高木「年には答えるよ、はは……」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 16:39:08 ID:iIQAOqr2


春香「ずーっと入ってたんですか?」

高木「うむ、君と美希くんが楽しそうに話しているからどうも出てきづらくてね」

高木「君たちの会話、盗み聞きしてしまったよ、すまないね」

春香「いえ、それは全然構いませんけど……」

春香「あ、そうだ、千早ちゃんが書類……」

高木「おお、ありがとう、今日は事務所にこれを取りに来たんだよ」

春香「それじゃ、私も今日は帰りますね」

高木「うむ、気を付けて帰りたまえよ」

春香「はーい、さようなら!」

バタン



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 16:40:09 ID:iIQAOqr2

高木「ふーむ……」

高木「今日もいつも通り、765プロは平和だったねえ……」

                   おわり



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 16:41:22 ID:iIQAOqr2

はい、ありがとうございました

こんな夢を見るあたり、僕は相当疲れているんだと思います



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/11(金) 17:44:35 ID:Bpc2SHiI

おつ


元スレ
SS深夜VIP:春香「釣れますか?プロデューサーさん」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1397197088/