1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:27:24.18 ID:ce47k0GG0

キャスター「あせればあせるほどに旨みというものは死んでいくものなのです」ジュー

キャスター「真に美味しいタイミングとはお肉の表面から肉汁がでる、その瞬間のことをいいます」ヒックリカエス

キャスター「あっリュウノスケ、それ丁度いい具合ですよ」

龍之介「わかったよ旦那!」パクッ


キャスター「…いかがでしたか?瑞々しく新鮮なお肉の味は」

龍之介「最高だ!超COOLだよ旦那ッ!」




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:31:43.47 ID:ce47k0GG0

キャスター「ふふ、やはりリュウノスケはいいセンスをお持ちです」

セイバー「」ジー

キャスター「おお、ジャンヌよ」

キャスター「このジル・ドレが焼いたお肉をお食べください」ペコリ

セイバー「ま、まあそこまで言うのであれば食べてあげましょう」パクパク



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:34:32.31 ID:ce47k0GG0

セイバー「なかなかいけますね」パクパク

キャスター「おお!」

龍之介「よかったね!旦那ッ!」

セイバー「」ヒョイ

セイバー「む、これはまだですね」モドス

キャスター「っ!」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:37:04.89 ID:ce47k0GG0

龍之介「だ、旦那!落ち着いて!」

キャスター「…そうですね、今日は団欒の場ですし自重しましょう」

セイバー「あ、店員さんビビンバお願いします」

キャスター&龍之介「!!!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:39:08.88 ID:ce47k0GG0

キャスター「おおぉ…御無体な」

ライダー「む?なんだ全然肉を焼いてないではないか」ドサドサ

キャスター「」

龍之介「ひでぇ…あんまりだっ……!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:43:40.90 ID:ce47k0GG0

ウェイバー「らぁあいだぁぁあああー!!」

ライダー「ぬ?どうした坊主」

ウェイバー「せっかくキャスターがきれいに焼いてたのに何をしてやがりますか!」

ウェイバー「これじゃすぐに肉が焼けてしまって美味しく食べれないだろ!」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:48:35.50 ID:ce47k0GG0

ライダー「むぅ…そうはいってもちまちま焼いていればこの騎士王が食い尽くしてしまうしなぁ」

ライダー「それに落ち着いて食べたいのであればあちらの席で食べればいいではないか」

―――

時臣「…」

切嗣「…」

綺礼「…」

雁夜「…」

アサシン「…」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:58:09.22 ID:ce47k0GG0

アサシン(…空気が重い…育てたお肉は食べられてるし)

時臣(…どんなときでも余裕をもって優雅たれ)

綺礼「」パクパク

切詞(誰よりも激しく食べているのに、この男はただの一度もご飯をたべていない)

切詞(こいつはきっと危険な奴だ…)

雁夜(蟲たちに食べさせたら店員に怒られるかな)


――――――

ウェイバー「じゃんじゃん焼いてがんがんたべよう!」

セイバー「む?まけませんよ!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:06:43.36 ID:ce47k0GG0

アーチャー「――戯れはそこまでにしておけ雑種」

アーチャー「なんだこの安いお肉は?これで我をもてなそうと言うのかこの店は」

ライダー「そうかぁ?これらのお肉はなかなかの一品だぞ?」

アーチャー「それはお前が本当のお肉というものを知らぬからだ」

アーチャー「見るがいい!そして思い知れ、これが王の肉というものだ」

店員「すみません、お持込はご遠慮ねがいますか?」

アーチャー「あ、はい」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:10:22.77 ID:ce47k0GG0

セイバー「…王のお肉は」

ライダー「んん?まあ次に持ち越しといったとこであろうな」

アーチャー「」パクパク



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:19:03.04 ID:ce47k0GG0

セイバー「…仕方がありませんね」

セイバー「しかしこの勝負負けませんよ?」


――――
ランサー「このままではお肉が…」

ランサー「我が主よ、ご決断を」

ケイネス「落ち着けランサー」

ケイネス「本編と同じミスは犯さないのが私だ」



バーサーカー「…ur…ar……ッ!!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:24:42.82 ID:ce47k0GG0

バーサーカー「~~~~~~ッ」パクパク

ライダー「むっ!狂化して理性がないくせに食べごろのお肉ばかりを!」

セイバー「クッ!!」クソコレハヤケテナイ



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:28:40.62 ID:ce47k0GG0

セイバー「ッ!こうなったら」フウオウケッカイッ

ウェイバー「なっ!セイバーのやつ煙をバーサーカーに…!」

バーサーカー「~~~~~~ッ」ゲホゲホ

セイバー「ふぅ、悪は去りましたね」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:33:19.20 ID:ce47k0GG0

バーサーカー「~~~~ッ」


ケイネス「…ランサー、技の開帳を許可する」

ケイネス「そこのセイバーは危険だ、速やかに始末しろ」

ランサー「了解した。我が主よ」チャッ



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:37:42.44 ID:ce47k0GG0

ランサー「そういうわけだ、此処から先は殺りにいかせてもらう」

セイバー「む、二膳の箸ですか」

セイバー(こいつ・・・なんと行儀の悪い…)




71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:40:26.21 ID:ce47k0GG0

――――

ランサー「…両手で箸使えたところで肉が焼ける速さは変わらずでして」

セイバー「」パクパク

ランサー「すみませんでした!!」

ケイネス「」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:44:20.16 ID:ce47k0GG0

――――――

切嗣(…そろそろ頃合か)

切嗣(舞弥)

舞弥(はい)カタカタ

切嗣「む、すまない着信だ。失礼する」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:46:10.28 ID:ce47k0GG0

切嗣「はいはい」

切嗣「あ、店員さん、会計はあの人たちがしますので失礼します」

店員「ありがとうございました」

時臣「」

ライダー「なるほど」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:49:01.39 ID:ce47k0GG0

ライダー「坊主こっちにこい」

ウェイバー「な、なんだよ」


―――集えよ!我が同胞!


時臣「なっ!」ガタッ



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 22:57:07.14 ID:ce47k0GG0

時臣(…たしか固有結界から出るときは座標を変えられる)

時臣(綺礼は)チラッ

時臣(…流石は代行者、すでに居ないか)


―――店の外―――
綺礼「アサシン、食後は中華だ」ズリズリ

アサシン「」



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 23:05:16.32 ID:ce47k0GG0

時臣(他は)

バーサーカー「~~~~ッ」ビクンビクン

雁夜「~~~~ッ」ビクンビクン

時臣「なっ…これは一体…!」

セイバー「わ、わたしは知りませんっ」

セイバー「…たばすこと言うものをこの男の飲み物に入れただけで」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 23:11:40.74 ID:ce47k0GG0

時臣(うわぁ蟲が…)キモッ


店員「あの?どうかしましたか?」

時臣(…あせるな時臣)

ケイネス「あせるな遠坂」

ケイネス「救急車を呼んでおいた…じきに来る」



114: キャスター組完全に失念してた… 2012/06/16(土) 23:19:20.21 ID:ce47k0GG0

―――救急車―――

雁夜「」ビクンビクン

救急隊員「うわぁ」

時臣「済みませんがよろしくお願いします」

救急隊員「あ、ご家族や親戚の方は?」

時臣(?!行ける!!!)

時臣「はい!私です、私が付き添いします」

救急隊員「え?はい、よろしくお願いします」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 23:23:03.89 ID:ce47k0GG0

――――――

ケイネス「…行ったか」

ケイネス「…アインツベルンのサーバントよお金を持っているか」

セイバー「」ビクッ

ケイネス「だろうな」

ケイネス「令呪をもって命ずる…自腹を切れランサー」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 23:28:23.50 ID:ce47k0GG0




灰燼―――

そう呼ぶにふさわしい惨状だった

その蹂躙ぶりは徹底的過ぎて、焼肉奉行の跡がうかがわせぬほどであった



龍之介「丹精込めて俺達が仕上げてきたお肉が…」

龍之介「酷すぎるっ!これが人間のやることかよ!」

キャスター「…リュウノスケ、貴方は他者と行く焼肉に潜む醜悪さについて、まだ理解がなかったのですね」




134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 23:30:42.22 ID:ce47k0GG0



私達の創造は常に他人による破壊との相克という試練に晒されているのですよ


でも、旦那…それでも焼肉には行くんだろ?


…何故?


…奉行になって間もない貴方がなぜそのように思うのです?




135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 23:31:28.81 ID:ce47k0GG0



だって世界には焼肉の美味しい食べ方をしらないやつが多すぎる


きっと神様が言ってんだよ、全世界50億人に焼肉を美味しく食べさせろって



…あぁリュウノスケ…まったく貴方という人は…


よろしい


ならばひときわ美味しく色鮮やかなお肉を世界に知らしめてやらねば!


また焼肉に行くんだね!?旦那!

そうと決まれば前祝です

今日の宴はとりわけ趣向をこらして味わうとしましょう

合点承知だ!食べられたやつのどれよりも美味しいお肉に仕上げるよ、俺!


終われ



141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 23:34:53.08 ID:ce47k0GG0

貴様らはそんなにも

そんなにも食べたいか!そうまでしてロースが欲しいか!

この俺がたったひとつ願ったお肉さえ食べて…

貴様らは何一つ恥じることはないのか!

許さん…断じて貴様らを許さんッ!



…こんな感じの落ちだけは準備してたのにランサーさんには落ちすら与えられなかった



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 23:32:11.40 ID:wrwxuIef0

乙wwwww

ほのぼのおもしろかった


元スレ
キャスター「焼肉というものには鮮度があります」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339849644/