1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/30(火) 18:23:26 ID:vtS73XOw

男「……初耳ですね」

医師「それもそのはずです。最近、見つかったんですから」

男「……具体的な症状は?」

医師「恋心や好意を抱いてる人に対し、異常なまでの束縛、独占欲や露骨な愛情表現。更には嫉妬が暴走し、第三者の異性の関わりがあると知ると……」

男「知ると?」

医師「……血が流れることになるでしょうね」

男「っ…………せ、先生、幼馴染は……まさかそれに……」

医師「……残念ながら、患っています」

男「……な、治すには?」

医師「……症状があったように、ほぼ心理的で、尚且つ精神的なものばかり……それでいて、身体には正常そのもの。治す手立ては……ありません」

男「………そ、そんな」


こんな感じで幼馴染と男の周りで巻き起こる修羅場をオナシャス!



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/31(水) 09:31:08 ID:VzNbe4Yw


男「…………」

幼馴染「あ、男~」 シタタタ…

幼馴染「先生なんだって?」

男「う、うん。 (体には)問題ないって」

幼馴染「でしょー?」

幼馴染「だから言ったのに」

男「う、うん」

幼馴染「じゃ、帰ろ!」 グッ(腕くみ)

男「…………」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/31(水) 09:45:33 ID:VzNbe4Yw


~男の家~

男「ただいま」

幼馴染「ただいま」


シーン……


男(俺の両親、今は居ない)

男(仕事の都合で二人共カナダに行ってる。 半年の予定だ)

男(元々、両親の受けは良かった幼馴染……)

男(俺一人になってからの幼馴染は、もの凄く積極的になった)

男(活発な方だったし、特に気にも止めていなかったが……)

男(家に泊まり込む様になってから、おかしな事が始まった)


幼馴染「じゃ、夕御飯作るね!」

男「ああ……」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/31(水) 09:58:18 ID:VzNbe4Yw


男「…………」 カチャ…(携帯)

男「…………」 ピ……ピピ……

男(……今日も着信無し)

男(ありえないだろ……今日で一週間だ)

男(…………)

男(幼馴染が来てから……女からの連絡が一切無くなった……)

男(…………)

男(もちろん、偶然の可能性も捨てきれないが……)

男(しかし……もしやと思って、連れて行った病院の診断結果……)

男(…………)

幼馴染「男ー?」

男「! お、おう。 何だ? 幼馴染?」

幼馴染「お皿、出してくれる? 平たくて大きいやつ」

男「わかった」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/31(水) 10:06:36 ID:VzNbe4Yw


カチャカチャ……

幼馴染「でさ、モブ子ったら~」

男「ごちそうさま」 ガタッ

幼馴染「え? 男、もういいの?」

男「うん……何だか疲れたのかな? もう眠くって……」

幼馴染「そっか。 わかった、洗い物しておくから、流しに置いておいて?」

男「ああ……悪いな、幼馴染」

幼馴染「ううん、じゃ、お休み、男!」 ニコ

男「お休み……」

テク テク テク…

幼馴染「…………」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/31(水) 10:17:09 ID:VzNbe4Yw


男「はあ~……」 ドサッ…

男「…………」

男(正直……うぬぼれかもしれないけど、幼馴染は俺の事が好きなんだろうと思ってた)

男(これがまた、可愛いんだよな)

男(肩くらいの黒髪で、目がクリクリしてて、スタイルも悪くない)

男(胸はCカップ以上はありそうだし) ///

男(身長も俺より20cmくらい低くてちょうどいい)

男(…………)

男(ヤンデレかぁ……)

男(…………)

男(…………)

男(…………) ぐ~…zzz

―――――――――――



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 07:29:35 ID:ohO7w.WU


チュンチュン……

幼馴染「男ー! 朝だぞー!」

男「んあっ……」

男「ふあああああぁ……もう朝か」

幼馴染「ほらほら、シャキっとする!」 ウフフ

男「いてっ……背中、叩くなよ」

男「つーか、人の部屋に勝手に入るな」

幼馴染「何よー? 起きて来ない男が悪いんでしょ!」 ツン!

男「わかったわかった……悪かったよ」

幼馴染「ふむ。 わかればよろしい!」 ニコ

幼馴染「朝御飯、出来てるからね? 早く来てよ?」 トトト…

男「ほいほい……ってもう居ない」

男「朝から元気だなー」 フウ…



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 07:44:10 ID:ohO7w.WU


ハムハム……

男「朝はやっぱトーストだな」

幼馴染「作る方としてもありがたいメニューね♪」

幼馴染「あ、そうだ、男」

男「ん? 何?」

幼馴染「はいこれ。 ケータイ」 スッ

男「……!」

幼馴染「? どうしたの? 男の部屋で拾ったんだけど、渡すの忘れてたんだ」

幼馴染「ごめんね」 テへ

男「あ……ああ」

男「いや、こっちこそすまん」

男「ありがとう、幼馴染」 ニコ

幼馴染「どういたしまして!」 ///

幼馴染「じゃ、私、先に学校へ行くから!」 タタタッ

男「おー……」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 07:59:34 ID:ohO7w.WU


ガヤガヤ……

男「…………」 ピッ……ピッ……ピッ……

男(特に異常はないな)

男(あの後、ポケットに入れてたと思ってたけど……)

男(うっかり落とした可能性がある)

男(…………)

男(ったく……こんな事なら病院になんて行くんじゃなかったぜ……)

男(…………) ハアッ…

?「どうしたの? 男くん?」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 08:00:24 ID:ohO7w.WU


男「……あ、女ちゃん」

女「ため息なんてついて……高校生らしくないぞ♪」 クスッ

男「いや、大した事じゃないよ」

女「そう? ならいいんだけど……」

女「最近ケータイにかけても出てくれないし……連絡もないから」

女「嫌われたのかと思って……」

男「……ごめん」

男「ちょっと、色々あって……」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 08:12:02 ID:ohO7w.WU


男(女ちゃん……同じクラスの同級生)

男(背中まである、長い黒髪が特徴の可愛い女の子だ)

男(同性からも好かれている、印象の良い娘で もちろんヤロー共の人気も高い)

男(そんな彼女だが、何故か浮いた話は全く聞かない)

男(誰か、心に決めた人でも居るのだろうか……?)


女「男くん?」

男「ハハハ……いや、ホントに何でもないから」

女「変な男くん。 じゃ、また後でね」 ニコ

男「ああ……」

男「…………」 フウッ

??「おい……男……」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 08:23:53 ID:ohO7w.WU


男「おー、友か」

ガシッ (ヘッドロック)

友「ぬわーにが『友か』だ!」

友「朝から見せつけやがって。 このっ! このっ!」

男「ギブギブギブッ! つーか、何の話だよ!?」

友「てめ……! 自覚無しか!?」

友「くっそー! 何でこんな奴に! 女ちゃんや幼馴染ちゃんが気軽に声をかけるんだぁー!」

男「おめーは何、朝からサカってんだよ!」

友「うるせー! てめーに俺の気持ちはわからねえよ!」

男「ああ、わかんねぇよ! さっさとロック外せ!」

友「誰が外すか! フラグへし折るまでやってやるうっ!」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 08:37:49 ID:ohO7w.WU


男(こいつは友)

男(高校入学した時に知り合った)

男(くせ毛の茶髪でチャラい印象があるが、そのまんま見た目通りチャラい)

男(常に女の子の目を意識して行動している)

男(その努力を別の方向に向ければいいのに……)


男「いいかげんにしろ! 友! マジで痛いって!」

友「ちっ! 仕方ねえ……」 パッ…

男「ふー……死ぬかと思った」

友「けどよぉ……お前はホントに幸せな立場なんだぞ?」

男「……幼馴染はともかく、女ちゃんは無いって」

友「ちくしょー! ヨユーかましやがってぇー!」 ドドド…

男「…………」

男「……あいつ何しに来たんだ」 ハア…



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 16:42:08 ID:ohO7w.WU


キーン コーン カーン コーン…

男「ふう……昼休みか」

幼馴染「男!」

男「……! 幼馴染」

幼馴染「ご挨拶ね。 どうかしたの?」

男「何でも無い。 昼飯だな? 中庭にでも行くか?」

幼馴染「いいね! 早く行こ!」 ニコ

男「ほいほい」



モグモグ……

男「うん、美味い」

幼馴染「でしょ?」 ンフフ



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 17:03:25 ID:ohO7w.WU


男「弁当、いつも悪いな」

幼馴染「いーのよ別に。 ついでよ、ついで」

男「わー、そっけねー」

幼馴染「まあ? そんな健気な私に、何かプレゼントとか してくれてもいいんですけど?」

男「露骨だな」

幼馴染「ニシシ。 女の子は打算的なの!」 クスッ

男「…………」

幼馴染「……男?」

男「ん? 何でもある」

幼馴染「何よそれ……」

男「真面目に、何かお礼とかした方がいいな、と思ったんだけど……」

男「幼馴染は何か欲しい物あるか?」

幼馴染「!?」 /// ドキッ



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 17:17:04 ID:ohO7w.WU


幼馴染「い……いきなり、言われても……」 ///

男(可愛いな……幼馴染) ///

男「正直、インスタントとコンビニ弁当のループを断ち切ってくれたし」

男「やっぱり労働に対する 対価は支払わないと」

幼馴染「……そう」

男「……?」

幼馴染「ううん、そういう事なら欲しい物、考えとく!」

男「言っとくけど高校生の財布の中身で、何とかなる物にしといてくれよ?」

幼馴染「男の財政事情くらい知ってるわよ」 フフ

男「さいですか」

幼馴染「あ、それでさ、話題変わるんだけど……」

―――――――――――



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 17:52:40 ID:ohO7w.WU


キーン コーン カーン コーン…

ガヤガヤ……

友「男ー」

男「なんだ首絞めジャック」

友「連れない事言うなよ、リア充」

男「誰がリア充だ」

友「オメーだよ、オメー」

友「子供の頃からの付き合いの可愛い女の子と、ひとつ屋根の下で寝起きする……」

友「これがリア充と言わずに何と言う!!」

男「ただの同居だろーが……で? 何か用か?」

友「久しぶりにカラオケにでも行かね? と思って」

男「悪ぃ……今日は食材の買い出しに行く予定」

友「なんだよ、もう尻に敷かれてんのか?」

男「俺は座布団じゃないっての。 それじゃ、また明日な」

友「ああ、またな」 ニッ!



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 18:04:29 ID:ohO7w.WU


テク テク テク…

男「!」

幼馴染「あ! 男!」

男「……どうした?」

幼馴染「? どうもしないよ? ただの偶然」

幼馴染「私は、これから部活だし……男は今帰り?」

男「ああ……」

幼馴染「そう! 買い出し、よろしくね!」 タタタタッ…

男「…………」

男(……気にしすぎ、だろ) ハア…



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 18:34:05 ID:ohO7w.WU


テク テク テク…

ガヤガヤ…

男(えーっと、白菜、キャベツに人参、ピーマン……)

男(……ピーマンは忘れた事にしておこう)

男(後は玉ねぎに豚肉……ウインナーでも可、か……)

男(おっと……お米も忘れずに、と……)

男(……ん? あれ?)

男(女ちゃんだ……珍しいな)

女「……あれ? 男くん?」

男「やあ、女ちゃん。 珍しいね、こんな所で会うなんて」

女「うん。 でも私、ここで結構買い物してるんだけどな」

男「そうなんだ」

女「男くんは……男くんも買い出し? すごい量だね」

男「今日はたまたま。 お米を買ったし」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 18:43:11 ID:ohO7w.WU


ピピピ……ピピピ……

男「おっと……メールが」 カチャ(携帯オープン)

     Re 幼馴染

     ごめーん、卵も買っといてー

男「…………」

女「男くん、幼馴染さんから?」

男「…………」

女「男くん?」

男「! あ、いや……うん、そう。 幼馴染から」

女「男くん、仲いいもんね」 クス

男「ハハハ……」

男(…………)

男(偶然……偶然だよな……)



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 18:57:35 ID:ohO7w.WU


男「じゃ、女ちゃん、俺はこれで」

女「うん! また明日!」


ガヤガヤ……


男「…………」

男「さて、玉子買わないと」

男「…………」

―――――――――――



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 19:09:28 ID:ohO7w.WU


ガチャ……キィ……パタン

男「ただいまー」

男「…………」

男「……? 幼馴染、まだ帰ってないのかな」

シャアァァァァァ……

男「ああ……シャワー浴びてんのか」

     コン コン

男「おーい、幼馴染ー」

???『! んー?』

男「言われたもの、買ってきたぞー。 台所に置いとくから」

???『んー』

男「じゃ、メシできたら言ってくれ。 俺、部屋に居るから」

???『んー』

テク テク テク…



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 19:22:16 ID:ohO7w.WU


男「…………」

男「……?」

男(おかしいな……何か違和感を感じたけど……)

男(まあいいか)

男(…………)

男(……そうだ) ピッポッパッ

プルルルル……プルルルル……ガチャ

友『うーっす、絶賛彼女募集中の友でーすっ☆』

男「すみません、間違えました」

友『おいおい、軽いジョークのわからない奴だな』

男「お前、それ、かかってきた電話 全てにやってるのか?」

友『親愛なる、お前にだけだよ☆』

男「……本題に入るわ」

友『おう! 何だよ?』



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 19:32:57 ID:ohO7w.WU


男「病院紹介しといてもらって何だけど……」

男「ヤブって事はないよな?」

友『おいおい……そんな事言われると、いくら俺でもブロークンハートになるぜ?』

友『どうしたんだ? 何かあったんだろ? 言ってみ?』

男「ああ……実はな……」


―――――――――――


男「つーワケなんだ……」

友『……ウッソ。 マジ信じらんね』

男「俺もだよ」

友『けど、あの病院は俺もかかった事あるし』

友『ネットの評価もかなり高いぜ?』

男「そうなのか?」

友『疑うなら病院の名前でググってみ? 検索でかかると思うから』



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 19:48:09 ID:ohO7w.WU


男「そうか……でも、本当に信じられないんだ」

男「幼馴染はいつも通りで、明るく可愛いし……」

友『んだよー、惚気かー?』

男「そうじゃないって」

友『へいへい。 さいですか……でもよー男』

男「ん?」


友『お前、幼馴染ちゃんの事……マジどう思ってんの?』


男「……!」

友『だんまりは無しだぜ?』

友『異性として見てんのかどうか、だけでもいい……』

友『聞かせてくれよ』

男「…………」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 19:58:30 ID:ohO7w.WU


男「お、俺は……別に」 ///

友『……本当か?』

男「いや……そりゃ可愛いとは思ってる」 ///

友『女の子として?』

男「あ、ああ……」

友『……そうか』

男「……何だよ、友。 ずいぶん踏み込んで聞くじゃないか」

友『……そりゃそうだろ。 気になる娘がダチと同居してりゃ』

男「………………え?」

友『言わせてもらうけど、俺はマジだぜ? 本気と書いてマジ』

男「……いつからだよ」

友『入学式で見かけてからずっと』

友『ここだけの話、オメーに話しかけたのも幼馴染ちゃんの為だ!』 ドヤッ!

男「ぶっちゃけすぎだろ……」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 20:14:30 ID:ohO7w.WU


男「……けど、友。 幼馴染は……」

友『カンケーねえよ』

男「…………」

友『ヤンデレ症候群? はあ? クソ食らえだっての!』

友『好きになった娘が、どんな病気かかえようとも……』

友『ハートで何とかする!』

友『それでいいじゃねーかよ』 ハハハ…

男「…………」

男(うらやましい……)

友『とにかくだ』

友『いずれ……頃合が来たら、俺は幼馴染ちゃんに告るぜ?』

男「……!」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 20:27:11 ID:ohO7w.WU


友『……って言いながら、ビビってるけどな』

男「…………」

友『俺から言うのもおかしいけどさ、はっきりしておけよ? そのへんの気持ち』

男「…………そう……だな」

友『……他に何か用はあるか?』

男「いや……」

友『そうか。 じゃ、また明日、学校でな』

男「ああ」

ブッ……ツー……ツー……

男「…………」

男「自分の気持ち……か……」

―――――――――――



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 20:47:12 ID:ohO7w.WU


カチャカチャ…

男「ごちそうさま」

幼馴染「お粗末さまでした」

男「さて、風呂にでも行くかな」

幼馴染「どうぞー」

男「おー」


ザブン……


男「ふいー……生き返る~」

男「…………」

男(……そういや、ラノベやエロゲで ありがちな展開の)

男(ラッキースケベには、まだ遭遇しとらん……)

男(…………)

男(所詮フィクションだな……)



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 20:59:39 ID:ohO7w.WU


テク テク テク…

男「ふう……さっぱりした」

幼馴染「みたいね」 クス

男「…………」

男「……なあ、幼馴染」

幼馴染「ん?」

男「その、さ……緊張とか、しないのか?」

幼馴染「? 日本の夏?」

男「金○の夏……って、ちっがーう」

幼馴染「アハハ……ごめん」

幼馴染「……でも、それは無いかな」

男「一応俺もヤローなんだけど……」

幼馴染「お? 何々? ついに私の魅力にノックアウトされた?」

男「……もういい、寝るわ」

幼馴染「あ……」



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 21:13:00 ID:ohO7w.WU


幼馴染「…………」

幼馴染(どうしたんだろう……?)

幼馴染(あんな事聞いてくるなんて)

幼馴染(…………) ///

幼馴染(意識……されてるのかな? 私……) ///

幼馴染(……ううん) ///

幼馴染(意識してもらう為に、私はここに居る) ///

幼馴染(男が……望むのなら、え、えっちな事だって……) ///

幼馴染(~~~~~~!!) /// ジタバタ ジタバタ

幼馴染(…………) ///

幼馴染(だって……私は……) ///


幼馴染(男の事……好きだから――) ///





41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 19:03:49 ID:/48Git5k


~翌日~

友「うーっす、おはよ」

男「おう、朝から元気だな」

友「まあそれが取り柄だからな!」 ニカッ!

男(……ちょっちウゼーけど)

男「そういや今日の英語の宿題、やってきたか?」

友「あー……そういや、そんなのあったな」

男「やってないのか?」

友「いや、そんな事は無い」

男「じゃあ後で見せてくれるか?」

友「2行だけでいいのなら」

男「そういうのは、やったとは言わないだろ!」

友「俺は学校で宿題をやる主義だ!」

男「それじゃ宿題にならねーだろーが……」



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 19:29:11 ID:/48Git5k


女「男くん」

男「あ、女ちゃん」

女「良かったら……これ使う?」 スッ…

男「! ……英語のノート。 いいの?」

女「うん。 でも、宿題はちゃんとやらないとダメだよ?」

男「……はい」

友「あー……女ちゃん、俺もいい?」

女「もちろんいいよ」 クスッ

男「あなたが神か……!」

友「女ちゃん、マジ天使……!」



43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 19:38:41 ID:/48Git5k


キーン コーン カーン コーン…

男「女ちゃん、サンキュ。 助かった」 ニコ

女「どういたしまして」 クスッ

男「お礼に今度飯でも……」 ハッ!?

女「? 男くん?」

男「い、いや、何でも無い。 ともかく、ありがとう」 ハハハ…

女「……変な男くん」

男(やべえやべえ……もし幼馴染がこんな現場を見たら)

男(女ちゃんを巻き込んじまう! ……危ない所だった)

友「…………」



44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 19:46:20 ID:/48Git5k


友「男~」

男「なんだ?」

友「ちょっち言いづらいんだけど……」

友「今日の昼、幼馴染ちゃんと食うのか?」

男「? ああ……」

友「頼む! 今日だけでいい!」

友「俺も同席させてくれねーかな!?」

男「え!?」

友「たぶん、お前はいい気持ちしないだろうけど……」

友「今の幼馴染ちゃんにとって、俺が、どの程度のラインに居るのか」

友「どうしても知りてーんだよ!!」

男「えー……」

友「頼む! 男!」

―――――――――――



45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 20:02:35 ID:/48Git5k


男「……というわけで、連れてきた」

     ※注 友の目的は隠してあります。

友「ちぃーすっ! 幼馴染ちゃん!」

幼馴染「あ、うん……よろしくね、友くん」

男(予想はしてたけど……若干引いてるな、幼馴染……)

男「すまんな、幼馴染。 今日だけだから」

友(いきなり釘さしキター!)

幼馴染「ううん、たまにはいいよね、こういうのも」

     アハハ……



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 20:14:12 ID:/48Git5k


幼馴染「そうそう、昨日言い忘れてたけど」

幼馴染「男、ピーマンわざと買い忘れたでしょ?」

男「おまっ!? 今それを言うか!?」 ///

友「なになにー? 男キュンは、ピーマン食べられないんでちゅかー?」 クスクス

男「ぐっ……!」 ///

幼馴染「好き嫌いは、いけないよねー」 クスクス

男「お前だってグリーンピースとブロッコリーがダメじゃねーかよ!」

幼馴染「がっ!!」 ///

友「あ、俺もブロッコリーは苦手だよ、幼馴染ちゃん♪」 ナカマ ナカマ♪

幼馴染「……男、触れちゃいけない所にさわったわね」 ゴゴゴ…

友「およ?」



47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 20:25:12 ID:/48Git5k


男「へっ……凄んだって怖かねーぞ」

幼馴染「あらそう……?」

幼馴染「じゃあ……明日からのお弁当の中身」

幼馴染「ピーマンのおかずにピーマン御飯のピーマン尽くしにしてあげるから」 ククク…

男「すんません! ちょーしに乗ってました! マジ勘弁してください、幼馴染様!」

友「陥落はやっ!」

幼馴染「解ればよろしい」 フフン♪

友(でも、こんな一面もあるのか……幼馴染ちゃん) ///

男「……ピーマンなんて食わなくても死にゃしないのに」 ボソ…

幼馴染「ん?」

男「なんでもございません!」



48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 20:49:42 ID:/48Git5k


友「じゃあさ、逆に幼馴染ちゃんの好物って何なの?」

幼馴染「え? う~ん……ドーナツかな? 後、ケーキ!」

友「うんうん、やっぱ女の子は甘い物が好きなんだね~」

友(うし! 貴重な情報げっとぉ!) グッ!

男(焼き芋にスルメだろーが……)

友「ついでに男は?」

男「ついで言うな……唐揚げ、フライドチキンにフライドポテト」

友「揚げもんばっかだな……」

男「ほっとけ」

幼馴染(後、ラーメンだよね。 ネギたっぷりのメンマ抜き) ンフフ

友「おめーは? 友?」



49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 20:59:33 ID:/48Git5k


友「よくぞ聞いてくれました!」

友「俺の好きな食いもんは、ホットケーキ!」

男「ガキかお前……」

友「ピーマン嫌いのお前に言われたくないな」

男「ぐぬぬ……」

幼馴染「へえ~。かけるものは? メイプルシロップ? それともハチミツ?」

友「もち、ハチミツ! メイプルはちょっと甘すぎるんだよなー」

幼馴染(私はメイプル派なんだけどなー……)

     ハハハ……



50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 21:37:58 ID:/48Git5k


キーン コーン カーン コーン…

幼馴染「わっ!? もうこんな時間!?」

友「うへぇ……もう終わりかよ」

男「あっという間だったな……」

幼馴染「うん! 楽しかったね! 男! 友くん!」 ニコ

男「そうだな」 クス

友「それは光栄の至り……」

男「……似合ってねーぞ」

友「うるせー」 ///

幼馴染「あはは……」

―――――――――――



51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 21:47:14 ID:/48Git5k


男「ふう……もう放課後か……」

友「おーい、男ー」

男「なんだ?」

友「一緒に帰らね?」

男「ああ、いいぞ」


テク テク テク…


友「そーいや幼馴染ちゃんは?」

男「部活。 合気道部なんだ」

友「へー、そうなのか」

友「…………」

友「なあ、男」

男「ん?」

友「幼馴染ちゃん、俺の事どう思っていると見た?」



52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 22:42:11 ID:/48Git5k


男「…………」

男「……友達ってとこじゃね?」

友「…………」

友「……へっ」

友「お前、やさしーな……」 クスッ…

男「…………」

友「完璧に俺、アウトオブ眼中じゃねーかよ……ありゃ」

男「…………」

友「けどよ」

友「俺はあきらめねーぜ?」

男「…………」

男「……そっか」



53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 22:56:20 ID:/48Git5k


男「…………」

友「……って言われても困るわな、フツー」 フフッ

友「だけどな……」

友「ヨユーコケるのも今の内だからな?」

男「どーいう意味だよ」

友「そのまんまさ。 ウサギとカメの童話」

男「俺がウサギってか?」

友「そゆこと」

男「…………」

男「俺がウサギ、ね……」



54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 23:21:56 ID:/48Git5k


友「……っと」

友「じゃ、俺こっちだから」

男「ん? そうか……」

男「じゃあ、また明日」

友「おう! またな!」


タッ タッ タッ…


友「…………」

友「ったく、おやさしー事で……」

友「…………」

友「悪ぃけど、つけ込まさせてもらうぜ……男」

友「俺は……幼馴染ちゃんを手に入れる為に」


     ――手段を選ばねぇ――



55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 23:34:04 ID:/48Git5k


―――――――――――

男(…………)

 ――お前、幼馴染ちゃんの事……マジどう思ってんの?――

男(俺は……)

 ――恋心や好意を抱いてる人に対し、異常なまでの束縛――
 ――独占欲や露骨な愛情表現。更には嫉妬が暴走し――

男「幼馴染の事……」

 ――第三者の異性の関わりがあると知ると――

男(…………)

 ――血が流れることになるでしょうね――

男(俺は……!)

 ――はっきりしておけよ? そのへんの気持ち――

男(…………っ)

―――――――――――



56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 23:50:15 ID:/48Git5k


―――――――――――

男「ごちそうさま」

幼馴染「ごちそうさま」

カチャ カチャ…

男「…………」

男「なあ、幼馴染」

幼馴染「んー?」

男「ちょっと……話があるんだ」

幼馴染「……うん」

男「…………」

男「……えっと、な」

幼馴染「…………」



57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 23:59:16 ID:/48Git5k


男「食事とか、いつもありがとう」

幼馴染「……うん」

男「えと……その…………俺」

幼馴染「…………」


男「幼馴染の事が、好きだ」 ///


幼馴染「……!」 ///

男「…………」 ///

幼馴染「…………」 ///

幼馴染「……嬉しい、男」 ///

幼馴染「私も男の事……」 ///


     ――大好きです――





64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:09:27 ID:oWmboDYs


     チュン チュンチュン…

幼馴染「男ー? 朝だよー」 ユサユサ

男「んー……」

男「……おはよう、幼馴染」

幼馴染「えへへ……」 ///

男「……? どうした? 幼馴染?」

男「顔が赤い……あ」

幼馴染「…………」 ///

男(そ、そうだった。 俺、昨日……) ///

幼馴染「……頭、はっきりした?」 ///

男「あ、ああ」 ///

幼馴染「フフッ……朝御飯、出来てるよ!」 ///



65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:10:24 ID:oWmboDYs


     モグモグ…

男「ごちそうさま」

幼馴染「ごちそうさま」

     カチャ カチャ… ジャー…

男「……ところでさ、幼馴染」

幼馴染「うん、何?」

男「俺達が付き合っている事……しばらく内緒にしておかないか?」

幼馴染「え……」

男「やっぱり、クラスの噂になるかも、だし」

男「幼馴染もそれは嫌だろ?」

幼馴染「…………」



66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:12:17 ID:oWmboDYs




クラスの噂……いや、そんなのはこじつけだ。
本当は、友の気持ちを知りながら 幼馴染へ告白した事に、罪悪感を抱いていたから。
それだけだった……。


いつか、友が幼馴染に告白して玉砕した時――
……俺達の友情は、終わるかもしれない。


幼馴染の病気を考慮して……俺が他の女の子に接触しなければ大丈夫。
最悪の事態にならないよう 最大限気を付ける。
後は……


幼馴染に病気の事を伝えるかどうか……それだけは、まだ迷っていた。






67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:13:32 ID:oWmboDYs


男「……ダメ、かな?」

幼馴染「…………」

幼馴染「ううん……」 フルフル

幼馴染「男が、そうしたいのなら」 ニコ

男「……すまない」

幼馴染「でも」

男「!」

幼馴染「浮気したら許さないからね……」 ゴゴゴ…

男「……ああ」

幼馴染「……ホントに許さないんだから」

     ギュッ…

幼馴染「!!」 ///

男「その時は……遠慮なく殺してくれ。 構わないから」

幼馴染「男……?」 ///



68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:14:21 ID:oWmboDYs


男「そ、それから……」 ///

男「こ、これ以上の行為は、しないつもりだから」 ///

男「今の状況だと、歯止め効かなくなりそうだし……」 ///

幼馴染「!! ……お、男のえっち!」 ///

     バッ!

幼馴染「わ、私、朝練あるから!」 ///

     ダダダッ…

男「…………」 ///

男(幼馴染……) ///

男(良い匂いだったなぁ……) ///



69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:15:11 ID:oWmboDYs


     タッ タッ タッ…

幼馴染「……ふう」


男「こ、これ以上の行為は、しないつもりだから」 ///

男「今の状況だと、歯止め、効かなくなりそうだし……」 ///


幼馴染「~~~~!」 ///

幼馴染(…………ヤバイ) ///

幼馴染(歯止め……) ///

幼馴染(私も効かないかも……) ///

幼馴染(~~~~!!) ///



70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:16:14 ID:oWmboDYs


―――――――――――

     ガヤガヤ…

男「よお、おはよう」

友「おう、おっはー」

女「おはよう、男くん」 ニコ

男「ああ、女ちゃん。 おはよう」 ニコ

男「珍しいね? 友に何か用でも?」

女「今日の日直の事でね」 クス

男「なるほど」

友「はは……嫌な日直仕事も花があれば、ちったぁマシってもんさ」

男「……?」

男(友……何だか元気がない? 日直だからか?)



71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:17:01 ID:oWmboDYs


友「男……そろそろ担任が来るころだぜ? 席に付いとけよ」

男「ああ、そうだな」

女「じゃあ、友くん。また後でね」

友「おー……」

男「…………」

男(腹でも壊したのかな……)

男(ま、いいか)



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:17:54 ID:oWmboDYs


キーン コーン カーン コーン

幼馴染「男~」

男「おう、幼馴染」

男「じゃ、メシに行きますか」 ニコ

幼馴染「うん!」 ///


モグモグ…

男「…………」

幼馴染「どうしたの? 男?」

男「気のせいか……今日の弁当は、いつもより美味しいような……」

幼馴染「そりゃあ、愛情たっぷり入れたもん!」 ///

男(普段なら「いつもは手を抜いてやがったな」とか言う所だが)

男「そうか……ありがとうな、幼馴染」 ニコ

幼馴染「エへへ……」 ///



73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:18:38 ID:oWmboDYs


?「あ、男くん?」

男「! ……女ちゃん」

女「たまには外で食べようかな? と思って、出てきただけなの」

女「邪魔しちゃって ごめんなさい」 クスッ

男「あ、いや……」

     スタ スタ スタ…

幼馴染「…………」

幼馴染「今の……誰?」

男「! ……女ちゃん。 ただのクラスメイトだよ」

幼馴染「……本当?」



74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:19:19 ID:oWmboDYs


男「嘘ついてどうなるんだよ……」

幼馴染「それはそうだけど……」

幼馴染「何だか男……挙動不審だし」

幼馴染「女ちゃん?は可愛い人だったし……」

男「…………」

幼馴染「……男?」

男「悪ぃ……」

男「嫉妬する幼馴染も可愛いな、と思って」 ニコ

幼馴染「!!!」 ///

幼馴染「バ、バカ! そ、そんなんで、ごまかされないんだから……!」 ///

男「ハハハ……」



75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:20:11 ID:oWmboDYs


男「幼馴染のクラス、次の授業、何?」

幼馴染「現国」

男「よく眠れそうだな」 クス

幼馴染「寝ないよ……男は?」

男「体育。 跳び箱だったかな?」

幼馴染「ふうん。 私は苦手だな」

男「へえ? なんか意外」

幼馴染「跳び箱だけは、どうしてもダメなの……」 ハア…



76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:21:02 ID:oWmboDYs


ピッ   タタタッ ドン! シュタッ

友「あ~……かったりー」

男「メシの後の授業は、みんなそうだよ……」

友「まあ、そうだわな」

男「うし、俺の番か」

ピッ   タタタッ ドン! シュタッ


     グきッ ☆


男「おうふっ!!」

友「!? 男!」

男「……ったあ……着地の時に足首ヒネっちまった……」



77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:22:30 ID:oWmboDYs


友「先生~! 男が怪我したみたいなんで、保健室に連れて行きます」

体育教師「なに……ふむ、仕方ないな」

体育教師「よし、許可しよう」

友「ありがとうございます。 ほら、肩につかまれ、男」

男「すまん……友……いつつ……」

友「少し腫れてきたな……」


―――――――――――





78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:25:34 ID:oWmboDYs


保健医「これは、ちょっと酷いわね……」

保健医「体育の先生に、後の授業は無理だって言っておいてくれるかしら?」

友「わかりました」

友「じゃあな、男」

男「ああ……」

     ガラガラ……パタン

保健医「そこのベッドに横になって休んでいなさい」

保健医「折れてはいないと思うけど……松葉杖がいると思うから、取ってくるわ」

男「わかりました」

     ガラガラ……パタン



79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:26:16 ID:oWmboDYs


男「ふう……」

男「帰りに病院、行ったほうがいいかな……」

男「…………」

男「せっかくだし寝ておくか♪」


―――――――――――


?「……男くん。 男くん?」

男「……ん?」

男「あ、女ちゃん」

女「ふふ、おはよう」 クス

男「ふあっ……」

女「お寝坊さんね。 もう放課後だよ?」



80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:27:18 ID:oWmboDYs


男「そっか……すっかり眠り込んだみたいだ」

男「ところで女ちゃんは、どうしてここに?」

女「男くんの荷物を届けに来たの。 ほら」 ヒョイ

男「あ……俺のカバン。 わざわざごめん」

女「いいのよ。 どうせ学級日誌を職員室に届けに行くついでだったし」

男「あ、そうか。 日直だったけ……友は?」

女「いつの間にか居なくなってた。 たぶん、先に帰ったと思うわ」

男「あんにゃろ……」

女「大丈夫。 その事、ちゃんと日誌に書いておいたから」 ニコ

男「さすが女ちゃん」 クス

     ハハハ…



81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:29:23 ID:oWmboDYs


     ガラガラ!

幼馴染「男!」

男「! 幼馴染……」

幼馴染「だ、大丈夫!?」

男「大丈夫。 まだ痛むけど」

幼馴染「そ、そう……良かった」 グス…

女「えと……幼馴染さん?で、いいかしら?」

幼馴染「え? あ、はい……えと、女さん……でしたっけ?」

女「あ、男くんに聞いてたのね。 あらためまして、幼馴染さん。 女です」 ニコ

幼馴染「こちらこそ。 あらためまして、女さん……」

幼馴染「それで……どうしてここに?」

女「男くんの荷物を届けに来たの。 もう帰るところだから」 クス



82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:30:55 ID:oWmboDYs


女「じゃあね、男くん」

男「ああ、また明日」

幼馴染「…………」


     ガラガラ……パタン


男「じゃ、俺達も帰るか?」

幼馴染「……うん」

男「幼馴染、ちょっと肩を貸してくれるか?」

幼馴染「! ごめん、今手伝うから……」


―――――――――――





83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:31:40 ID:oWmboDYs


カチャ カチャ……

男「ごちそうさま」

幼馴染「……ごちそうさま」

幼馴染「…………」

男「……どうした? 幼馴染」

幼馴染「! うん……」

男「元気無いみたいだけど……」

幼馴染「…………」

男「……?」



84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:32:35 ID:oWmboDYs


幼馴染「……あのね、男」

男「うん」

幼馴染「こんな事言うと……変に思われるかもしれないけど」

幼馴染「あの人……女さん?」

幼馴染「……何か嫌な感じだった」

男「……!」

男(もう症状が悪化してる……!?)

幼馴染「あの人……私に笑いかけた時……」

幼馴染「まるで挑戦状を叩きつけてる様な目で睨んだの……」

幼馴染「ちょっと怖かった」

男「…………」



85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:33:23 ID:oWmboDYs


男「俺は、そう思わなかったけど……」

幼馴染「女の子にしかわからない世界よ」

男「そういうものか?」

幼馴染「…………」

幼馴染「信じてくれないんだ……」

男「そうは言ってないだろ」

幼馴染「もういい……私、寝る」 ガタッ…

男「あ……」

     トコ トコ トコ…

男「…………」

男「洗い物、やっておくか……」 ガタッ



86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:34:12 ID:oWmboDYs


男「ふう……」 ドサッ

男(…………)

男(幼馴染……)

男(やっぱり病気のせいで……?)

男(…………)

男(女の子の世界、か)

男(俺にわかるわけもないな……)

男(…………)

男(…………) zzz



87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 17:35:04 ID:oWmboDYs


幼馴染(…………)

幼馴染(…………)

幼馴染(やっぱり言うんじゃなかった……)

幼馴染(男……変に思ってただろうな……)

幼馴染(…………)

幼馴染(でも、ホントなんだもん)

幼馴染(…………)

幼馴染(それとも……ただ、嫉妬してるだけなのかな?)

幼馴染(…………)

幼馴染(なんか……やだな……)

幼馴染(…………) zzz



94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:03:00 ID:ozNcERR2


チュン チュン…

男「……おはよう」

幼馴染「! 男……おはよう」

幼馴染「今日は、起きれたんだね」

男「ああ、珍しく、な」 ポリポリ…

幼馴染「…………」

男「…………」

男「顔、洗ってくるわ」

幼馴染「う、うん」



95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:03:49 ID:ozNcERR2


モグモグ……

男「……ごちそうさま」

幼馴染「……ごちそうさま」

カチャ カチャ……

幼馴染「じゃ、私、先に行くから」

男「ああ……」

幼馴染「…………」

     トトト……

男「…………」

男「さて……洗い物しておかなくちゃ」



96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:04:39 ID:ozNcERR2


~学校~

男「ふう……」

友「よう、男。 元気ねーな?」

男「……だいぶマシになったけど、足が痛いからな」

友「あ……なるほど。 そういやそうだったな……」

男「つーか保健室まで、お前が連れてって……まあいいけど」

男「そう言う友も、腹痛は治ったのか?」

友「は? 何の話?」

男「昨日元気が無かったから、腹でも壊したのかと思ってよ」

友「……気のせいだろ」



97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:05:22 ID:ozNcERR2


友「つーか、何で腹痛なんだよ? お前の中で、俺はどういうキャラ付けなわけ?」

男「食い意地張ったチャラ男」

友「泣くよ? 俺、泣いちゃうよ?」


女「おはよう、男くん、友くん。 今日も仲良しね」 ニコ

男「ああ、女ちゃん。 おはよう」

友「おはよー」

女「男くん、足はどう?」

男「まだ痛いけど……だいぶマシ。 歩けるしね」

女「そう、良かった」



98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:06:03 ID:ozNcERR2


女「あ……包帯、ほどけてるね」

男「……ホントだ」

女「私が直してあげよっか?」

男「え!? いいよいいよ! 何か悪いし」

女「いいからいいから。 私こういうの得意なの」

     シュル シュル シュル…

男「へえ……手馴れてるね」

女「私のお父さん、お医者さんでね。 応急処置とかは一通り習ってるんだ」

女「はい! 出来上がり」 ニコ

男「おお……完璧。 ありがとう、女ちゃん」

女「どういたしまして」 クスッ

     テク テク テク…



99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:06:58 ID:ozNcERR2


友「俺も怪我してぇ……」

男「お前は動機が不順だ」

男「……気持ちはわかるけどな」

友「はあ……世の中、不公平だ……」


キーン コーン カーン コーン


男「そろそろ担任が来るぞ」

友「へいへい。 自分の席帰るわ」

     テク テク テク…


―――――――――――





100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:07:33 ID:ozNcERR2


     ガヤガヤ……

男「…………」

男(幼馴染……来ないな) グゥゥゥッ…

男(…………)

男(腹減った……)

     タタタッ

幼馴染「ごめん、男!」 ハア ハア…

男「お、来たか。 どうしたんだ? 幼馴染?」

幼馴染「ちょっと着替えに手間取っちゃって……」

男「着替え? 体操服からの?」

幼馴染(うっかりパンツの履く穴を間違えてて、トイレで直してた、なんて言えない……) ///

男「……幼馴染?」

幼馴染「い、いいから!」 ///



101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:08:05 ID:ozNcERR2


モグモグ…

男「うん、美味しい」

幼馴染「そう、良かった」 ニコ

幼馴染「足は痛む?」

男「痛みはあるけど、大丈夫」

幼馴染「ならいいんだけど……包帯は、ほどけてない?」

男「それも大丈夫。 女ちゃんが直して……」

男「あ」

幼馴染「…………」

男「い、いや自分でやろうとしたんだけど……」



102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:08:48 ID:ozNcERR2


幼馴染「う、うん……き、気にしてないから」

男「そ、そうか」

男「…………」

男「そういや、もうすぐ試験だな」

幼馴染「……話題、変えたかったのはわかるけど」

幼馴染「もう少し別の話、無かったの?」

男「すみません……」

幼馴染「まあ……いいけど」

幼馴染「男はしてるの? 試験勉強」

男「英語以外はそれなりに」



103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:09:31 ID:ozNcERR2


幼馴染「私も英語苦手だなぁ~」

男「日本語も難しいけどな」

幼馴染「数学の方がもっと難しいよ」

男「そう? 俺はわりと好き」

幼馴染「男は理数系、昔から得意だもんね」

男「幼馴染は音楽が得意だったな」

幼馴染「必須科目でないのが残念……」

     ハハハ……

幼馴染「今晩、何が食べたい?」

男「ピーマン以外なら何でも」

幼馴染「じゃあ、ピーマンの肉詰めにしよう」

男「いや、マジ勘弁してください!」

―――――――――――



104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:10:25 ID:ozNcERR2


日直「きりーつ、一同、れい」

     サヨウナラー

     ガヤガヤ……

友「さて、今日も一日終わったな」

男「そうだな」

友「久しぶりにゲーセン、行かね?」

男「ふむ……ま、たまには付き合うか。 いいぜ、友」

友「よし、決まりだ!」

友「駅前のいつもんトコでいいか?」

男「他に知らねーし」

     ハハハ……



105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:11:31 ID:ozNcERR2


     キュン……キュン…キュン……

男「やっぱここは落ち着くな」

友「ちょっとレトロな格ゲーがいいよな」

男「まったくだ」


―――――――――――


男「うえ!? もうこんな時間か……」

友「フフフ……諦めろ男。 もう無理だぜ? 対戦成績を五分に持っていくのは」

男「ちえっ……覚えてろ、友。 じゃあ今日は帰るわ」

友「ああ。 また明日な」

男「おう、また明日ー」


―――――――――――





106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:16:13 ID:ozNcERR2


男「うわぁ……日が暮れてる」

男「幼馴染、怒ってるだろうな……」

男「…………」

男「どうやって機嫌とろう?」 ウーム…

     ガチャ……

男「ただいまー。 ごめん、幼馴染、遅くなった……」

男「……ん?」


ラ ラ  ラ、ラ、ラ  ラ、ラ、ラ、ララ、ラ、ラ、ラ……





107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:17:59 ID:ozNcERR2


参考動画 ク○リの歌 ※注 長いです

http://www.youtube.com/watch?v=wZ4eicBwsms





108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:18:37 ID:ozNcERR2


男(なんだ、風呂か……)

男(じゃ、今の内に自分の部屋に逃げておこう) シメシメ…


―――――――――――


     ガラッ!

幼馴染「こら! 男!」

男「うひゃ!?」

男「……な、何でございましょう? 幼馴染さん?」

幼馴染「…………」

幼馴染「御飯、出来てるよ♡」 ニコ♡

男「!? ……お、おう」

幼馴染「じゃ、待ってるからね♡」 スタ スタ スタ…

男「…………」

男「……てっきり怒られると思ったのに」



109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:19:08 ID:ozNcERR2


男「」

     ピーマンの肉詰め

男「…………」

幼馴染「…………」 ニコニコ

男「幼馴染さん……」

幼馴染「なあに?」 ニコニコ

     ガバッ!(土下座)

男「お願いです! いやもう、ホント、勘弁してください!」

幼馴染「んー? 別に私、怒ってないよー?」

幼馴染「でも、残さず食べてね♡」 ニコニコ

男「いやああああああああああああっ!」



110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/07(水) 22:20:59 ID:ozNcERR2




俺はもう、恥も外聞もかなぐり捨てて謝り倒した。

……そこ、ピーマンぐらい食えよ、って言わない。

人には、ど―――――――――――しても!

受け入れられないモノが、3つや4つはあるもんだ。



30分後くらいかな? どうにか、あのおぞましい物体を下げてくれた幼馴染は

ハンバーグとサラダ、納豆と味噌汁を出してくれた。

この時のメシは本当に美味かった……。



その後は、風呂に入ってすぐに寝た……早く忘れたかったし……うう。

どうか夢の中ぐらいは、平穏でありますように……。






114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:14:32 ID:gdmYD3U.


チュン チュン…

男「……朝、か……」

男「…………」

男「昨日はリアルで悪夢を見たっけ……」

男「…………」つ(時計)

男「……ずいぶん早く目を覚ましたな?」

男「そういや早くに寝たから、こんな時間に起きたのか……」

     ガバッ

男「たまには早起きするか!」

     トテ トテ トテ…



115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:15:53 ID:gdmYD3U.


男(……幼馴染は、まだ起きてない)

男(うし! ここはひとつ、点数稼ぎに)

男(朝ごはんと弁当を作ろう!)


―――――――――――


幼馴染「…………」

幼馴染「……ん?」

幼馴染「…………」 クンクン…

幼馴染「いーにおい……」



116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:16:41 ID:gdmYD3U.


     トテ トテ トテ…

幼馴染「……男、おはよう」

男「おう、おはよう、幼馴染」 ニコ

幼馴染「…………」

男「もうすぐ出来るからな。 スクランブルエッグ」

―――――――――――

男「ほい、お待たせ」 コト…

男「トーストもあるぞ?」

幼馴染「……ありがと」

幼馴染「…………」 ハム……モグモグ

幼馴染「うん、美味しい」



117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:17:18 ID:gdmYD3U.


     コポポポ……

男「ほら、コーヒー」

幼馴染「うん」 ズズッ

幼馴染「ふう……」

男「さて、俺も食うかな」 ストン(着席)

幼馴染「…………」

幼馴染「…………男」

男「ん?」 モグモグ

幼馴染「昨日は……その、ごめん」

男「……いや、悪いのは俺の方だし、ちゃんと食事用意してくれたし」

幼馴染「…………」



118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:18:03 ID:gdmYD3U.


男「少しは点数稼ぎしたいし」

幼馴染「それが本音ですか」

男「まあ、冗談はそのくらいにして……」

男「昨日は本当に悪かったよ。 反省した」

男「許してくれるか?」

幼馴染「…………」

幼馴染「ま、そんなに怒ってたわけじゃないし」

幼馴染「いいよ、男」 クスッ

男「ハハハ……」

幼馴染「でもピーマンは、食べれる様になってね?」

男「…………善処します」

―――――――――――



119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:18:36 ID:gdmYD3U.


幼馴染「じゃ、先に行くね?」

男「ああ。 行ってらっしゃい」

幼馴染「行って来まーす!」

     パタン

男「…………」

男「さて、洗い物を片付けて、俺も行きますか!」

男「…………」

男(ヤンデレ症候群……)

男(今は……大丈夫なのかな……?)

男(…………)



120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:19:32 ID:gdmYD3U.


~学校~

男「おはよう、友」

友「おう! 来たか、男!」

男「……機嫌良さそうだな」

友「ニシシシ……昨日はお前に圧勝したからな♪」

友「気持ちよく起きれたぜ!」

男「さいですか……」

友「今日もどうだ? 男? リターンマッチするか?」

男「いや……遠慮しとくよ」

友「んだよ、連れねーな」

男「俺は寝覚めが悪かったんでね」



121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:20:28 ID:gdmYD3U.


女「おはよう、男くん、友くん」

男「ああ、おはよう、おん……!?」

友「え!? ちょっと女ちゃん、どうしたんだよ! その右腕!?」

女「エへへ……転んだ拍子に捻っちゃった」

男「そうか……災難だったね……」

友「つーか、利き腕はやべえなぁ……」

女「うん……まあでも、ただの捻挫だからすぐ治ると思うし」

男「何か困った事があれば言ってくれ。 手伝うから」

友「俺も及ばずながら、手伝うぜ?」

女「ありがとう……男くん、友くん」

女「その時は、頼りにさせてもらうわ」 ニコ



122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:21:12 ID:gdmYD3U.


キーン コーン カーン コーン

友「やっと昼だ……」

友「おめーはいいよなぁ……毎日、幼馴染ちゃんの愛妻弁当、食えるんだもの」

男「今日は俺が作ったけどな」

友「へえ? お前、料理なんてできるの?」

男「たしなむ程度には」

友「でも、食ってみたいとは思わない不思議」

男「……なんか地味に腹立つな」

友「じゃあお前、俺の作った料理、食ってみたいと思う?」

男「微塵も思わねえ」

友「……言われると腹立つな」

男「だろ」



123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:21:52 ID:gdmYD3U.


幼馴染「男~」

男「おう、幼馴染」

男「じゃ、行くか」

幼馴染「うん!」

     タッ タッ タッ…

友「…………けっ」

友「さぁーて……購買にでも行きますか」

     ピピピッ……ピピピッ……

友「…………」 ガチャ

友「……ああ、わかってる」

友「お前こそしくじんなよ?」 ピッ…

友「…………」



124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:22:37 ID:gdmYD3U.


ハム……モグモグ……

幼馴染「うん、美味しい!」

男「……正直、幼馴染には負けてるな」

幼馴染「そお? 十分、美味しいけど」

男「多分あれだ、フタを開ける楽しみが無いからだ」

幼馴染「フタを開ける楽しみ?」

男「自分が作ってると、中身が何か、わかってるからな……」

幼馴染「ああ……そういう事」

幼馴染「私は、そういうのあんまり気にしないけど……」

幼馴染「誰かにお弁当を作ってもらえるのって嬉しいし」

幼馴染「自分が作ったお弁当を『美味しい』って言って食べてもらえるのも嬉しい」 ニコ



125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:23:23 ID:gdmYD3U.


男「幼馴染らしいな」 クス

幼馴染「それって褒めてるの?」

男「もちろん」

幼馴染「…………」

幼馴染「……明日、休みだね」

男「週末だもんな」

幼馴染「よ、良かったら、さ……」

幼馴染「どこか行かない?」 ///

男「遊園地とか?」

幼馴染「うん。 そういうのでもいいし、公園を散歩、とかでもいい」 ///

幼馴染「男と付き合って初めて……二人きりで、どこかに行きたいの」 ///

男「幼馴染……」 ///



126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:24:35 ID:gdmYD3U.


男「そういう事なら、何か考えてみるかな」

幼馴染「うん!」 ///

男「でも、家でも二人っきりだけど……?」

幼馴染「……!」 ///

幼馴染「お、男のえっち!」

男「なんでそうなる……あ」

男「……悪ぃ」 ///

幼馴染「…………」 ///

幼馴染(でも……男が、それを望むなら……) ///

幼馴染(私……) ///


―――――――――――





127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:25:19 ID:gdmYD3U.


キーン コーン カーン コーン

男「さーて、今日も終わった。 帰るか……」

女「男くん、友くん」

男・友「ん?」

女「あの……突然なんだけど、ちょっと付き合ってもらえないかな?」

男「これから? ……どうしたの?」

女「実は……お母さんに買い物を頼まれたんだけど」

女「私、ついうっかり怪我してるのを忘れて、受けちゃたの……」

友「ありゃりゃ……今からでも断れねーの?」

女「それが……お母さん、携帯の電源切ってるみたいで……」

友「そっか……うーん、間が悪いなぁ……」

男「ん? 間が悪い?」



128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:26:22 ID:gdmYD3U.


友「それがよ、学年主任に放課後、呼び出されてるんだわ」

男「お前、何やらかしたんだよ?」

友「俺が幽霊の部活顧問なんだわ」

友「部室の整理するから顔出せって……バックレたら担任にある事無い事ぶちまけるってよ」

男「……それもどうかと思うけど、お前も悪いな」

友「そんなわけで、俺、参加できない。 ……ごめん、女ちゃん」

女「ううん……私の方こそ、無理を言ってるんだから……気にしないで?」

友「じゃ、行ってくるわ」

     テク テク テク…

男「…………」

女「…………」



129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:27:24 ID:gdmYD3U.


男「……えと、じゃあ行きますか?」

女「ごめんね、男くん……」

男「いいさ。 役に立てるならこっちも嬉しい」 ニコ

女「ありがとう」 ニコ

女「じゃあ、この前のスーパーに行きましょう?」

男「ああ」



―――――――――――






130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:28:44 ID:gdmYD3U.


幼馴染「お疲れ様でしたー」

     オツカレー

幼馴染「ふう……」

     テク テク テク

?「あれ? 幼馴染ちゃん?」

幼馴染「えっ?」

友「や!」

幼馴染「えっと……友くん?」

幼馴染「どうしたの? 部活、してたっけ?」

友「いやぁ……それがさぁ……」


―――――――――――





131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:29:35 ID:gdmYD3U.


幼馴染「それは友くんが悪いと思うな」

友「面目ありません……」

幼馴染「ふふ、ちゃんと部活は、やっておいた方がいいよ?」

友「ハハハ……」

友「ところで……、一緒に帰らない?」

幼馴染「えっ?」

友「だ、だめ、かな?」

幼馴染「…………」

幼馴染「……いいけど」

友「あ、ありがとう! 幼馴染ちゃん!」



132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:30:12 ID:gdmYD3U.


友「へえ、これから買い出しか」

幼馴染「うん」

幼馴染「だって男に頼むと、ピーマン買って来ないし」

友「……男、嫌いなんだし、いいんじゃない?」

幼馴染「私が好きなんだもん」

友(ちょっと同情するわ……男)

幼馴染「ところで友くんは、道、いいの?」

友「幼馴染ちゃんさえ良ければ、家まで送るよ?」

幼馴染「え、えっと……さすがに遠慮しとく」

友「ハハハ……」



133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:31:10 ID:gdmYD3U.


幼馴染「さて、スーパーに到着!」

友「俺も手伝おうか?」

幼馴染「え? ううん、いいよ、そんなに大した荷物じゃないし」

友「そっか……じゃあ、俺はここで」

友「またね、幼馴染ちゃん!」

幼馴染「うん、またね! 友くん」

     タッ タッ タッ…

幼馴染(さぁーて、今日のメニューは何にしよう?)

幼馴染(野菜炒めかな……それとも……)

幼馴染「」



幼馴染(男……それに女さん!?)






134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:32:27 ID:gdmYD3U.


幼馴染(……何……してるの?)

幼馴染(あ……女さん、腕に包帯巻いてる)

幼馴染(…………)

幼馴染(きっと……頼まれたんだわ)

幼馴染(買い物を手伝ってって……)

幼馴染(…………)

幼馴染(…………でも)

幼馴染(何か……嫌!) ダッ!

     タッ タッ タッ…

友「…………」



135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:33:30 ID:gdmYD3U.


友(…………さぁーて)

友(どうする? 男……)

友(幼馴染ちゃんをヤンデレ症候群と知ってるお前が)

友(今日の出来事を正直に話せるかな?)

友(見ものだな……クックックッ……)

友(…………)



―――――――――――






136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:34:14 ID:gdmYD3U.


男「ただいまー」

幼馴染「……お帰り、男」

幼馴染「遅かったね」

男「ああ……また友に誘われてゲーセンに行って来た」

幼馴染「…………」

幼馴染「……そう」

男「…………幼馴染?」

幼馴染「何でも無い」

幼馴染「御飯、出来てるから」

男「あ、ああ……」

男(……?)



137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:34:55 ID:gdmYD3U.


男「ごちそうさま」

幼馴染「ごちそうさま」

カチャ カチャ…

男「あ、洗い物は……」

幼馴染「いい。 私、やるから」

男「…………」

男「……どうしたんだ? 幼馴染……」

男「俺、何かしたか?」

幼馴染「…………別に」

男「…………」

男「……そうか。 じゃ、俺、風呂入ってもう休むわ。 お休み、幼馴染」

幼馴染「……お休み」



138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:35:43 ID:gdmYD3U.


男「…………」

男(……まさか)

男(今日の事、知ってる?)

男(…………)

男(……だとしたら、マズかった?)

男(…………)

男(だけど……)

男(ヤンデレ症候群を悪化させるわけにもいかないし……)

男(…………)

男(…………)

男(…………くそ、どうすりゃ良かったんだよ……!)



139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:36:24 ID:gdmYD3U.


幼馴染(…………)

幼馴染(…………)

幼馴染(……どうして)

幼馴染(こんなにショックなんだろう?)

幼馴染(…………)

幼馴染(そうだよ)

幼馴染(嘘付かれたのが……嫌だったんだ)

幼馴染(…………)

幼馴染(…………)

幼馴染(…………男) ジワッ…



140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:37:08 ID:gdmYD3U.


~翌日~ ~休日の朝~

チュン…… チュンチュン

男「……ふあ」

男「おはよう、幼馴染……」

男「……うん?」

幼馴染「…………」

男「どうしたんだ? 幼馴染……」

男「こんな早くに、すっかり着替えて?」

幼馴染「…………」

男「ああ、あれか。 二人でどっかに行こうって……」

幼馴染「男」



141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:37:46 ID:gdmYD3U.


男「ん?」

幼馴染「私……自分の家に戻る」

男「…………」

男「は?」

幼馴染「もうすぐ試験だし……勉強しないと」

男「え? は? いえ?」

幼馴染「男なら、ご飯くらいどうとでも出来るでしょ?」

幼馴染「じゃ、もう行くから……」

男「…………」

     キィ……パタン……

男「…………」

男「……え? え?」



142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/09(金) 18:38:55 ID:gdmYD3U.










 ――しばらく俺は――

 ――何が起こったのか、理解できないでいた――











145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:29:04 ID:MFlSqfYE




―――――――――――



男「…………」つ(カップ麺)

男「…………」 ペリペリペリ…

男「…………」 ズズッ……

男「…………」

男(……結局、幼馴染とまともに話せずじまい)

男(虚しく夕食をひとり、カップ麺すする事に……)

男(…………) ズズッ……

男(…………)

男(…………) ハア……



146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:29:51 ID:MFlSqfYE


     ピピピ……ピピピ……

男(幼馴染!?) バッ!

男(…………友か) ピッ

男「……もしもし」

友『いよー! 絶賛彼女募集中の』

     ブッ

男「…………」

     ピピピ……ピピピ……

男「…………」 ピッ

友『酷ぇーじゃねーかよ! 男! いきなり切るなんて!』



147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:31:22 ID:MFlSqfYE


男「……悪いけど、今、すげぇ機嫌が悪いんだ」

友『……んだよ? 幼馴染ちゃんとケンカでもしたのか?』

男「…………」

友『もしかして図星?』

男「用がないのなら切っていいか?」

友『わー! ちょい待ち!』

友『ま、まあそういう事とは露知らず……メシでも食いに行かね?』

男「唐突だな……けどパス。 今、カップ麺食ってるところだ」

友『そ、そうか……』

友『……なんつーか変な話だけど、元気出せよ、男』

男「……言われるまでもねーよ」

友『そっか……じゃあな』

     ブッ……ツー、ツー



148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:32:18 ID:MFlSqfYE


男「…………」

男「あいつ……何しに……」

男「…………」

男「まあ……普段から下らない事で、よくかけてくる奴だったな」

―――――――――――

友「…………」

友「へへ……どうやら相当、落ち込んでるみたいだな」

友「ま……お前のせいじゃ無いけど……」

友「…………」

友「悪く思うなよ、男」



149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:33:11 ID:MFlSqfYE



―――――――――――


男「ふあ……」

男「朝……か」

男「…………」

男(やべぇ……何もやる気が起きねぇ……)

男「…………」

男「……しっかりしろ、男」

男「別に死に別れたわけじゃないだろ……」

男「すぐ隣の家に居るじゃないか、幼馴染は」

男「…………」

男「……ハア」



150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:34:04 ID:MFlSqfYE


男(休日二日目……)

男(何すっかな)

男(…………)

男(試験勉強でもするか)

     ピピピ……ピピピ……

男(また友か?)

男(……ん? 女ちゃん?)

男(珍しいな……) ピッ

男「もしもし」

女『あ、男くん?』



151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:35:22 ID:MFlSqfYE


男「どうしたの? 女ちゃん。 珍しいね?」

女『えっ? これまでも何回か、かけていたんだけど……』

女『履歴……残ってない?』

男「……あ~、ごめん。 そういやそうだった……」

女『もう……酷いな、男くん』

男「で? 何か用なの?」

女『この間はありがとう。 すごく助かったわ』

男「なんでもないよ、あれくらい……」

女『でね、そのお礼……したいな、って思って』

男「えっ!? い、いや、いいよ、そんな……」

女『ああ、そんな大層なモノじゃないの。 友くんや幼馴染さんなんかも誘って』

女『私の家で、一緒にお昼でもどうかな?ってだけだから……』

男「そ、そうなんだ……」



152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:36:34 ID:MFlSqfYE


男「えと……幼馴染の都合を聞いてからでいい?」

女『ええ、もちろん!』

男「じゃ、また後でかけるから……」

女『うん、待ってるね』

     ブッ……ツー ツー

男「…………」

男(とは言うものの……)

男(幼馴染……出てくれるかな……)


―――――――――――





153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:37:23 ID:MFlSqfYE


幼馴染(…………)

幼馴染(ハア……)

幼馴染(何もやる気しない……)

幼馴染(…………)

幼馴染(男……今、何してるのかな?)

幼馴染(…………)

幼馴染(……結局)

幼馴染(男の事ばかり考えてる……)

幼馴染(…………)

幼馴染(…………)

幼馴染(男……どうして嘘ついたの……?)

幼馴染(…………)



154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:38:20 ID:MFlSqfYE


     プルルル……プルルル……

幼馴染「……あ」

幼馴染「男だ……」

幼馴染「…………」

幼馴染「…………」 ピッ

幼馴染「……もしもし」

男『……! 幼馴染!』

男『良かった……出てくれたか』

幼馴染「…………」

幼馴染(男の声……久しぶりに聞いた気がする)

幼馴染(…………っ) ジワッ…

幼馴染(嬉しい……嬉しいよ……)



155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:39:37 ID:MFlSqfYE


男『……幼馴染、元気か?』

幼馴染「……うん」

男『そっか……なんて言うか……久しぶりにお前の声聞けて、嬉しいよ』

幼馴染「男……」

幼馴染「……わ、わた」

男『それでさ、ちょっと話があるんだけど……』

幼馴染「う、うん……」

男『……まず、先に謝っておく。 ごめん、幼馴染』

幼馴染「え……」

男『俺……嘘ついてた』

幼馴染「!」



156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:40:52 ID:MFlSqfYE


男『一昨日、遅くなったのは友とゲーセンに行ったからじゃない』

男『実は……怪我をした女ちゃんの買い物を手伝ってたんだ……』

幼馴染「…………」

幼馴染「うん……知ってた」

男『……え!?』

幼馴染「あの日、偶然友くんと帰る事になってね」

男『げ……』

幼馴染「私も買い物にスーパーに寄ったんだ」

幼馴染「そしたら……」

男『…………なんか、もう、ホントに、ごめん……』

幼馴染「ふんだ。 私、嘘つかれて、すっごく傷ついたんだからね?」

男『いや、もう、ホントにすみません……』



157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:42:03 ID:MFlSqfYE


幼馴染「いいわ……正直に話して、謝ってくれたから許してあげる」

幼馴染「……でも、もう嘘つかないでよね?」

男『あ、ああ……』

幼馴染「ふふ……。 で? 用って何?」

男『それが……その、女ちゃんがその時のお礼がてらに、友や幼馴染も呼んで』

男『一緒にご飯食べないか?って……』

幼馴染「……!」

男『もちろん、幼馴染が嫌なら、俺も断るつもりだ』

男(……クラスじゃちょっと気まずくなるだろうけど)

幼馴染「…………」

幼馴染「ううん、私、行くわ」

男『え』



158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:43:13 ID:MFlSqfYE


男『いいのか?』

幼馴染「なによ~? 私がそんなに心の狭い人間だと思うの?」

男『いやいやいや! そんな事は!』

幼馴染「じゃあ決まり! ふふふ~どんなご飯か、楽しみ!」

男『そ、そうか……』

男『じゃあ、準備が出来たら、俺の家まで来てくれ』

男『女ちゃんの家に一緒に行こう』

幼馴染「うん!」

男『じゃ、また後で』

幼馴染「また後でね!」 ピッ

     ツー……ツー……



159: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:43:58 ID:MFlSqfYE


幼馴染「…………」

幼馴染「女さんか……」

幼馴染(…………)

幼馴染(女さん、男の事、好きだよね……)

幼馴染(あの時のあなたの目は……絶対、私に対する『挑戦状』だった)

幼馴染(…………)

幼馴染(いいじゃない……受けて立つわ、その戦い)

幼馴染(たぶん、この食事もその一環……)

幼馴染(どんな考えがあるのか、わからないけど)

幼馴染(あえて、その誘いに乗ってあげる……!)

幼馴染(絶対に、負けないんだから!) グッ…!

―――――――――――



160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:44:44 ID:MFlSqfYE


男「…………」

男(幼馴染……俺に嘘をつかれて、怒って)

男(……いや)

男(信頼を裏切られて、ショックだったんだな……)

男(…………)

男(…………けど)

男(ヤンデレ症候群……)


 ――治す手立ては……ありません――


男(……っ) ゾクッ…

男(…………)



161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:45:58 ID:MFlSqfYE


男(……迷うな、俺)

男(何があっても……たとえ幼馴染に殺される事になろうとも)

男(それを受け入れるって、覚悟を決めたじゃないか)

男(…………)

男(…………)

男「ふう……」

男「さて、女ちゃんに電話を入れておくか……」



―――――――――――






162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:46:57 ID:MFlSqfYE


     タッ タッ タッ

幼馴染「男、お待たせ!」

男「お、来たか。 幼馴染」

幼馴染「…………」

男「…………」

幼馴染・男(久しぶりに顔が見れた……) ///

男「じゃ、じゃあ、行こうか?」 ///

幼馴染「う、うん!」 ///

     テク テク テク

幼馴染「ところで、女さんの家って?」

男「意外と近い。 歩いて10分くらい」

男「考えてみれば俺達のよく行くスーパーで買い物してるって言ってたし……」

幼馴染「知らない内に、顔を合わせてるかもしれないね」

男「そうだな」



163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:47:59 ID:MFlSqfYE


     ピンポーン

インターホン『はい?』

男「あ、えと……男です」

インターホン『ああ、男くんね? ちょっと待ってて……』 ブッ…

幼馴染「……結構大きなお家だね」

男「……庭が広いな」

     ガチャ

女「お待たせ、男くん、幼馴染さん」 ニコ

女「どうぞ、入って?」

男・幼馴染「お邪魔します」



164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:49:04 ID:MFlSqfYE


友「よう! 男、幼馴染ちゃん!」

男「おう。 友」

幼馴染「こんにちは、友くん」

友(……男の奴。 もう幼馴染ちゃんと仲直りしたのか……)

女「さて、みんな揃った事だし、始めるね?」

男「おー……天ぷらだ」

幼馴染「豪勢ね~」

友「超美味そう~」

女「ちょっとお昼には重いかもしれないけど、揚げたてをご馳走したくて」

女「どうかな?」



165: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:50:11 ID:MFlSqfYE


男「うん、全然オッケーだよ。 好物だし」

幼馴染「私も!」

友「俺も!」

女「うふふ、良かった。 じゃ、まず何から行く?」

女「私、どんどん揚げていくから」

男「俺、エビ!」

幼馴染「私、ピーマン!」

友「お、幼馴染ちゃん? ピーマンは無さそうだけど?」

幼馴染「え~?」

女「ご、ごめんなさい、女さん。 ピーマンは無いわ……」

男「いや、女ちゃん、気にしないで。 ふつー天ぷらにピーマンは無いよ」

幼馴染「ぶー……じゃあ、獅子唐!」

友(どんだけピーマン好きなんだよ……)



166: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:50:59 ID:MFlSqfYE


女「あ、そうだ」

女「言い忘れてたけど、そこにいくつかの天つゆを用意しておいたから」

女「自分の好みに合わせて使ってね?」

男「ああ、わかった」

幼馴染「醤油ベースとゴマだし……へえ、こんなのもあるんだ」

友「おっ! このゴマだしのやつ、結構いける!」

     ワイノ ワイノ

男「ウ○ターソースはある?」

女「もちろん。 はい、どうぞ」

友「おっさんくせーな、男」

男「うるせー、好きなんだからいいだろ」



167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:51:55 ID:MFlSqfYE


幼馴染「友くんはそれ、何つけて食べてるの?」

友「シンプル イズ ベストに、塩」

男「おめーの方が、おっさんくせーじゃねーかよ」

友「うるせー、ツウって言え。 ツウって」

幼馴染「アハハ」

     ワイノ ワイノ

男「そろそろ交代しようか? 女ちゃん」

女「え? いいよ、私は後で……」

友「遠慮すんなよ、女ちゃん。 こういうのは、みんなで食べるから美味いんだぜ?」

女「でも……」

幼馴染「いいからいいから。 私も手伝うよ、男」

男「おう、すまんな、幼馴染」

女「じゃあ、お願いするね?」



168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:54:06 ID:MFlSqfYE


     ワイノ ワイノ

女「うん! 美味しい!」

女「男くん、天ぷら揚げるの上手ね!」

男「そう? 結構適当だけど」

友「どれどれ……」 パク

友「お! ホントだ、美味しく揚がってる」

幼馴染「でしょ? 以外に料理上手いの、男」

男「以外は余計だ」

女「ふふふ、好感度上がっちゃうな」

友「……俺も料理、覚えようかな」

     ワイノ ワイノ

友「ふい~……食った食った」

男「美味かったな」

幼馴染「でも揚げたてで、アツアツだったから口の中、火傷だらけ……」

女「ちょっと痛いね……美味しかったけど」 クスッ



169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:55:26 ID:MFlSqfYE


幼馴染「あ、女さん。 その、お手洗いを貸してもらえる?」

女「ええ。 そこを出て……あ、いいわ、私が案内するから」

幼馴染「え? 場所さえ教えてくれたら……」

女「いいから。 ついて来て?」

幼馴染「うん」

     テク テク テク

男「あーねみー」

友「至福の時だなー」


―――――――――――





170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:57:03 ID:MFlSqfYE


女「はい、ここよ」

幼馴染「ありがとう、女さん」

     ガチャ……キィ……パタン

幼馴染「ふう……」

     ※注 ドア越しです

女「…………」

女「…………」

女「ねえ、幼馴染さん」

幼馴染「ふいえ!? ……な、何、かな? 女さん」 ///

女「あなたは」

女「男くんと……」



女「キスした事……ある?」






171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:58:24 ID:MFlSqfYE


幼馴染「!?」

女「…………」

女「ふふふ……」

女「私は、あるんだ……」



女「男くんと、キスした事」



幼馴染「!!?」 ビクン

女「保健室でね……」

女「男くんの唇、意外と柔らかいのよ?」

女「ふふふ……」 スタ スタ スタ…

幼馴染「…………」



172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 09:59:38 ID:MFlSqfYE


―――――――――――

男「お、帰ってきたか、幼馴染」

幼馴染「……うん」

男「……?」

女「…………」

友「…………」

男「ええと、それじゃあそろそろ、片付けをしますか?」

女「あ、いいよ、男くん。 みんなは今日のゲストなんだし」

女「私がやるから」 ニコ

男「でも……」

友「そうだぜ、女ちゃん? ご馳走になってばかりじゃ気が引けるってもんさ」

女「そう?」



173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 10:00:52 ID:MFlSqfYE


女「じゃあ……友くんだけ手伝ってくれる?」

男「え? なんで?」

女「なんだか、幼馴染さんの調子が悪そうだし……彼女に付き添ってあげて?」

幼馴染「!?」

男「……そうなのか? 幼馴染?」

幼馴染「え? あ……その……」 オロオロ…

男「……確かに、調子は悪そうだな」

友「俺の事は気にすんな。 この前は俺、女ちゃんの事、手伝ってやれなかったし」

男「じゃあ悪いけど……お言葉に甘えさせてもらうよ、女ちゃん、友」

女「うん! また学校でね、男くん」

友「またなー」

     テク テク テク…



174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 10:01:47 ID:MFlSqfYE


友「…………」

女「…………」

友「上手くやったか?」

女「多分ね」

友「ククク……さぁて、どうしますかね? お優しい男くん?」

女「…………」

―――――――――――

男「大丈夫か? 幼馴染?」

幼馴染「うん……大丈夫、男」

男「なら、いいけど……」

     テク テク テク…



175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 10:03:00 ID:MFlSqfYE


幼馴染「…………」

幼馴染「ねえ、男……」

男「うん?」

幼馴染「私……男の家に戻ってもいい?」

男「…………」

男「ああ、いいぜ?」 ニコ

幼馴染「ありがとう、男」 ホッ…

男「正直……ひとり寂しく食べるカップ麺は、美味くない」

幼馴染「私も久しぶりに両親と食べたんだけど……何故か違和感を感じちゃって……」

男「…………」

幼馴染「…………」

     アハハハ……



176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 10:03:43 ID:MFlSqfYE


幼馴染「晩御飯、何にする?」

男「……今は何も思いつかないな」 ウプ…

幼馴染「軽いもの……あっさりした物がいいかな?」

男「あ~……確かにそうだな」

幼馴染「お茶漬けとか?」

男「いいね」

男「沢庵とか、漬物で食いたいかも」

幼馴染「じゃあ、それにしましょ♪」

     アハハハ……

幼馴染(…………)



177: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 10:04:40 ID:MFlSqfYE



―――――――――――


幼馴染「ごちそうさま」

男「ごちそうさま」

     カチャ カチャ…

幼馴染「あ、洗い物しておくから、お先にお風呂どうぞ」

男「ん? じゃあ、お先に」

幼馴染「うん」

     ザザーン……

男「ふうー……。 いい湯だ」

幼馴染『男~』

男「……!? え!? な、何!?」 ///



178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 10:05:42 ID:MFlSqfYE


幼馴染『……石鹸、まだある?』

男「お? ……ああ、まだあるぞ」

幼馴染『そう。 ごめん、それだけだから』

男「お、おう……」

男「…………」

男「……びっくりした」

男(まあ……ちょっと妄想するなら)

男(お背中流しますか~? なんて……) ///

男(ぬっふっふっ……) ///


―――――――――――





179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 10:06:41 ID:MFlSqfYE


男「幼馴染~。 風呂、空いたぞ」

幼馴染「あ、うん。 ありがと」

幼馴染「じゃ、入ってくるね」 ニコ

男「おー」

     トトトトト…

男「…………」

男「さて、後は寝るだけだな……」

男(…………)

男(今日は何事もなく、平穏に終わった……)

男(明日もこうだったらいいんだけど)

男(……ま、それは神知るかな)

     テク テク テク……

―――――――――――



180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 10:08:01 ID:MFlSqfYE


男「……さぁーて、そろそろ眠るとしますか」

男「…………」 ゴソゴソ……

     コン コン

幼馴染『……男』

男「ん? どうした? 幼馴染?」

     ガチャ……キィ……

幼馴染「…………」

男「…………」

男「…………?」

男「どうした? 幼馴染?」



181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 10:09:33 ID:MFlSqfYE




 ……幼馴染は、何も言わず俺の部屋に入ると、そのまま俺のベッドに入り込んだ。



男「」

幼馴染「…………」 ///

男「……お、幼馴染、さん?」 ///

幼馴染「…………」 ///



風呂上がりのパジャマ姿……幼馴染から石鹸とシャンプーの香りがただよってくる……。

俺の心臓が、動きを早めていく……。 

そして、彼女は、目を伏せながら、信じられない一言を言い放った。



幼馴染「…………」 ///

幼馴染「……男」 ///



182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/20(火) 10:10:52 ID:MFlSqfYE










幼馴染「私を……男のモノにして――」 ///











186: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:27:02 ID:jVu2WPhw



―――――――――――


顔が熱い……胸の鼓動が、収まらない……。

私…………大きな決断をした。


保健室での出来事を確かめるよりも……

女さんが、これ以上男に何かをする前に行動をしたかった。


ただ……それだけだった。






187: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:28:12 ID:jVu2WPhw




………………………………。

本当はこんな事……望んでいない。

もっと、ゆっくりと、お互いの気持ちを確かめて、感じて……

それからにしたかった……。


……怖い。 心の準備も出来ないまま……私は、ここに居る。

何をするのか、どういう事なのかは、頭でわかってるのに……

男の事、好きなのに。 怖くて怖くて……仕方なかった……。






188: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:28:58 ID:jVu2WPhw


男「…………」 ///

男(……?)

男(幼馴染……震えてる?)


……何が、幼馴染にこれをさせたのか……わからない。

けど……


男「……幼馴染」

幼馴染「!」 ビクッ!

男「いったい、どうしたんだ?」

幼馴染「…………」

男「……おさな」 ハッ!?



189: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:29:55 ID:jVu2WPhw




 ――具体的な症状は?――



 ――恋心や行為を抱いてる人に対し、異常なまでの束縛――

 ――独占欲や露骨な愛情表現――


男(…………っ)

男(……やばい)

男(もう……相当に症状が悪化してるのか?)

幼馴染「…………」

男(…………) ゾクリ…

男(どうする?)

男(どうしたら……幼馴染を止められる!?)

男(どうしたら……!)



190: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:30:48 ID:jVu2WPhw


男(…………)

男(…………仮に)

男(このまま幼馴染を受け入れたら、どうなる?)

男(…………)

男(それは、俺への依存度を高める行為に他ならない)

男(……つまり、病気を進行させ)

男(嫉妬に狂った幼馴染が……誰かを……襲う可能性を)

男(高める、という事……!)


幼馴染「…………」



191: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:31:34 ID:jVu2WPhw


男(…………)

男(…………)

男(…………なんて事だ)

男(俺は……今の今まで……幼馴染が)

男(ヤンデレ症候群じゃないって……思い込もうとしていたんだ)

男(だからこそ……)

男(一番、病気を進行させない方法を)

男(意識的に避けてきた……)

男(…………)

男(…………)

男「幼馴染……」


幼馴染「…………」



192: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:32:14 ID:jVu2WPhw


男「もう……やめよう?」

幼馴染「……!!」

男「……その、気持ちは嬉しい」

男「でも……こんなのは、不自然だ」

幼馴染「…………」

男「だから……な?」



     ダッ!!



男「あっ!!」

男「…………」

男「…………」



193: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:33:11 ID:jVu2WPhw


男「……はぁー」

男「…………」

男(……超ギンギンだ)

男(情けねぇなぁ……)

男(…………)

男「あ――もう!! くそっ!!」



―――――――――――






194: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:34:42 ID:jVu2WPhw




翌日の朝、俺は朝寝坊した。

幼馴染が起こしに来なかったからだ。






195: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:35:43 ID:jVu2WPhw




そして、幼馴染は、もう居なかった。

学校に行ったから、じゃない。 彼女の持ち物も全部無くなっていた。

それは……もうここに、俺の家に戻る気が無い、と、いう事なのだろう。



もちろん、昼に幼馴染が来る事も無くなった。

……珍しく、友が何かを察して、それをツッこむ事は無かったが

逆にそれが辛くもあった……。






196: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:37:21 ID:jVu2WPhw




幸い、と言うか、すぐ試験期間に突入したので学校は昼で終わり。

正直、助かっていた。 ……幼馴染に遭遇する確率が少なくて済むからだ。



クラスが違うから、と言っても偶然には会ってしまう。

その時の幼馴染は……俺が嘘を着いた時と同じように

……いや、それ以上に、俺に失望した、という様な表情を見せた。



でも……これで良かったのかもしれない。

幼馴染が俺と仲良くなればなる程、彼女は……誰かを傷つける可能性が高まるのだから……。

そして……試験期間は終わり、試験休みに入った。

試験結果は……当然の事ながら、あまり期待できそうになかった。






197: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:38:00 ID:jVu2WPhw


―――――――――――

男「…………」

     ゴウン ゴウン

男(はあ……)

男(……今夜、何を食うかな)

男(…………)

     ピー、ピー、ピー

男「お……洗濯、終わったか」

男「……よいしょっと」

     カタン……スッ、スッ……

男(…………)



198: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:38:54 ID:jVu2WPhw


男(……すぐそこに幼馴染の家が見えるのにな)

男(目に見えない、分厚い壁がある様に思える……)

男(…………) パンパンッ

男(今日はいい天気だな……)

男(…………) スッ スッ

男(…………) パンパンッ

―――――――――――

男「…………」つ(コンビニ弁当)

男「いただきます」

男「…………」 モグモグ

男「…………」 モグモグ

男「……ごちそうさま」



199: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:39:33 ID:jVu2WPhw


男「はあ……」 ゴロン

男「…………」

男「…………」

男(幼馴染……何してるかな……)



 ――私を……男のモノにして――



男「…………」

男「…………はあ」

男「あ、やべ。 風呂沸かしてなかった!」 ガバッ



200: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:40:17 ID:jVu2WPhw



―――――――――――


幼馴染「…………」

幼馴染(……男、何してるかな?)

幼馴染(…………)

幼馴染(ちゃんと、食べてるかな……)

幼馴染(…………)



 ――もう……やめよう?――



幼馴染(…………)

幼馴染(…………男)

幼馴染(冷静だったな……)

幼馴染(…………)



201: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:41:12 ID:jVu2WPhw


幼馴染(…………)

幼馴染(……やっぱり小さい頃から一緒だと)

幼馴染(異性として見てもらえないのかな……)

幼馴染(…………)

幼馴染(…………) グスッ…

幼馴染「うっ………ヒクッ………うっ…うっ…」 ポロッ…

幼馴染「……ううっ………ぐっ………うっくっ……」 ポロッ…

幼馴染「私……頑張ったのに…………怖くて……も……」 ポロポロ…

幼馴染「……男な、らって、……私…………私……わ、たし……」 ポロポロ…

幼馴染「迷、惑だ……った?……魅力が……無か、った?……」 ポロポロ…

幼馴染「うあああっ……あっ……あっ……うっうっ……」 ポロポロ…

―――――――――――



202: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:41:49 ID:jVu2WPhw


~翌日~ ~休日の朝~

チュン…… チュンチュン



男「ふあああああっ……」

男「…………」 ポリポリ…

男「試験休みは明日でおしまい、か……」

男「……よっと」 スクッ

男「…………」

男「朝飯食ったら……どこかプラプラしますか」

男「…………」

男「とりあえず顔洗おう……」

     スタ スタ スタ…



203: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:42:29 ID:jVu2WPhw


男「ごちそうさま、と……」

男「さて、着替えますか」

男「…………」 サッ サッ

男「…………」

男「駅前いって……本屋行って……」

男「そうだ、久しぶりにゲームショップも覗いてみよう……」

男(……なんか、独り言が多くなったな……) ハア…

     ガチャ……キィ……パタン  カチリ☆

男「…………」 (幼馴染の家を)チラ

男「…………」

     テク テク テク…



204: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:43:16 ID:jVu2WPhw


~学校~

幼馴染「ふう……」

?「いよっ! 幼馴染ちゃん!」

幼馴染「……? 友くん」

友「今、部活?」

幼馴染「……ついさっき終わった」

友「そう。 じゃあさ、昼……、一緒しない?」

幼馴染「え……」

友「嫌ならいいけど……最近、男と何かあったんだろ?」

友「男の奴……元気ねーし。 話してくれねーし。 俺で良かったら、相談に乗るぜ?」

幼馴染「…………」

幼馴染「道着、着替えるから、ちょっと待っててくれる?」

友「モチのロンだぜ!」



205: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:43:55 ID:jVu2WPhw


~大衆食堂~

     イラッシャイマセー

友「俺、ラーメンね」

幼馴染「……私、鯖の味噌煮定食」

―――――――――――

友「で? 何があったの?」

幼馴染「…………」 モグモグ

幼馴染「……ケンカ」

友「そっか……」 ズルズル…

友「どっちが悪かったの?」

幼馴染「…………」 モグモグ

幼馴染「…………」



206: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:44:47 ID:jVu2WPhw


幼馴染「……男は、どうしてる?」

友「……元気無い、としか言い様がないな」

友「俺が知る限り最上級に」

幼馴染「…………」

友「…………」

友「…………」 ズルズル…

友「……気分転換にさ、どっか行かね?」

幼馴染「え?」

友「いきなり言われても困るだろうけど……デートとかって意味合いじゃなく」

友「散歩みたいな感じで、さ」

友「どう?」

幼馴染「…………」



207: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:45:23 ID:jVu2WPhw


―――――――――――

~駅前付近~

男「…………」

男(……本屋、潰れてやがる)

男(ここが無くなったら、知ってる本屋、隣町まで行かないと もう無い……)

男(世知辛い世の中だ……) ハア…

男(…………)

男(ゲームショップも閑散としてたし……ヤベェよなぁ……)

男(…………)

男「とにかく行ってみるか」

?「あら? 男くん?」



208: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:46:02 ID:jVu2WPhw


男「へ? あ……女ちゃん」

女「偶然ね。 男くんもショッピング?」

男「まあ、そんなとこ」

女「じゃあさ、デートしない?」

男「え!?」

女「あら何? その反応?」

男「い、いや……女ちゃんって、そんなキャラだっけ?」

女「あーら。 女の子って、時には大胆になるのよ?」

男「そ、そう、なんだ……」

女「で? お返事は?」

男「…………」

男「……まあ、俺でいいのなら」



209: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:46:37 ID:jVu2WPhw


女「うふふ、ありがとう!」

女「じゃあ……男くんは、どこに行くつもりだったの?」

男「これからゲームショップに行くつもりだけど」

女「ふうん。 じゃ、まずそこで」

男「女ちゃん、ゲームやるの?」

女「全然」

男「……それじゃ、楽しくないんじゃない?」

女「でも、興味はあるから」

男「そう……構わないのなら、いいけど……」

女「行きましょ、男くん!」 ニコ!



210: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:47:19 ID:jVu2WPhw


男「さあて……新作は、と……」

女「あ、これ知ってる。 アニマルの森って言うんだよね?」

男「ああ……テレビでガンガン宣伝してるしね」

女「それだけじゃないよ? 私の友達もやってる娘、結構いるし」

男「そうなんだ」

女「男くんは?」

男「三次元デスは持ってるけど、このゲームは持ってない」

女「私みたいな初心者でも出来るかな?」

男「それは……うーん、確かに初心者向きだけど……」

男「合うか合わないかは、人それぞれだし」

女「そっか……」

女「じゃあ男くん、私がこのゲーム買ったら、やり方を教えてくれたりする?」

男「……女ちゃんの友達に聞いた方がいいんじゃない?」



211: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:47:59 ID:jVu2WPhw


女「私は、男くんに教えて欲しいな」 ニコ

男(ヤベェ……なんか知らんけど、女ちゃん、すごい積極的だ……)

女「だめ?」

男「……そ、そんな事は無いけど」

女「そっか……そんなに嫌なのね……」

男「教えます、教えますとも!」

女「じゃあ、三次元デスと一緒に買う! 男くんも買って一緒にやろうよ!」

―――――――――――

男「……で、こうやって、少しづつ住みよい村にしていくんだ」 ピコピコ

女「最終的には、借金を返せばいいの?」 ピコピコ

男「それも目的なんだけど、のんびりプレイすればいいんだよ」 ピコピコ

女「ふうん」 ピコピコ



212: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:48:50 ID:jVu2WPhw


男「過去作では、あえて木を全部切り倒して」

男「ゴーストタウンみたいにして、ヒャッハー!してた奴もいたし」

女「……それは、ちょっとどうかと思うけど」

男「そういう楽しみ方も出来るって事だよ」

女「自由度が高いのね」

男「そういう事」

男「……あ、もうこんな時間か」

女「うわ……結局ゲームで、こんなに時間使っちゃった……」

男「それは考えない方がいいよ……」

男「さて……昼はうどん食ったし、晩は何するかな?」

女「…………」



213: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:49:43 ID:jVu2WPhw


女「……ね、男くん」

男「ん?」

女「私、作ってあげようか?」

男「……え?」

女「男くんの、夕御飯」 ///

男「…………」

男「…………」

男「……それは」

男「俺の家で……って事?」

女「……うん」 ///



214: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:50:23 ID:jVu2WPhw


男「…………」

男「……俺の家、両親が」

女「え?」



……この時の俺は、どうかしてた。 いや……それは言い訳かな。



女ちゃんは、時折電話をかけてきてたし、警戒心は無かった。

そして……何よりも幼馴染ととる夕飯が無くなって、誰かと食事する事に飢えていたのだと思う。



男「……いや、何でも無い……」

女「変な男くん」

男「じゃあ……頼めるかな?」



215: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:51:12 ID:jVu2WPhw



―――――――――――


友「……ごめん、こんな遅くまで連れ回して」

幼馴染「ううん……楽しかったよ、友くん」

友「そう言ってくれるとありがたいよ、幼馴染ちゃん」

友「…………」

友「男と仲直り……」

友「早く出来るといいね」

幼馴染「……うん」

友「…………」

友「……とにかく、男と話をしないとダメだぜ? 幼馴染ちゃん」



216: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:51:52 ID:jVu2WPhw


幼馴染「……うん。 友くんの言う通りだよ」

友「へへへ……」

友「おっと、俺こっちの道だ」

友「じゃあね、幼馴染ちゃん。 また学校で」

幼馴染「うん! また、学校で!」

     タッ タッ タッ…

友「…………」

友「…………」

友「…………」 ピッ ピッ ピッ

友「…………」 プルルルルル……プルルルルル……

友「…………」 ガチャ



217: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:52:35 ID:jVu2WPhw


友「……今、そっちに行ったぜ」

友「…………」

友「そうか……そいつはいいタイミングだったな」

友「…………」

友「ああ……ちゃんと言っておいたさ」

友「男と話すように、ってな」

友「しっかりやれよ? 大きな山場だし……じゃあな」

     ブッ…

友「…………」

友「…………へっ」

友「ちいっとばかし……胸が痛むね……」



218: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:53:20 ID:jVu2WPhw




―――――――――――


幼馴染「…………」

幼馴染「……男、またコンビニ弁当と インスタントのループかな?」

幼馴染「…………」

幼馴染「やっぱり、今の時期、鍋だよね」

幼馴染「……喜んでくれるかな? 男……」

幼馴染「…………」

幼馴染(正直……何を話したらいいのか解らないけど……)

幼馴染(でも……)

幼馴染(会わないと……話さないと……)

幼馴染(だめ、だよね……)



219: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:54:01 ID:jVu2WPhw


~男の家の前~

幼馴染「…………」 ドキドキ

幼馴染「……よ、よしっ」 グッ

     ピンポーン

幼馴染「…………」 ドキドキ

     ガチャ……

男「はーい、どなたですか……」

幼馴染「あっ、男!」

男「! ……幼馴染!」



220: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/28(水) 17:56:02 ID:jVu2WPhw


私は、久しぶりの男の声と顔に高揚した。

その時の男の表情が、どんなモノかも考えずに浮かれていた――





女「男くーん? 誰だったのー?」







     ――その声を聞くまでは――










226: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:35:38 ID:hZFy1W0.


幼馴染「…………」

男「…………」



     ……女さん?



幼馴染「…………」

男「…………」



     男の家に……どうして居るの?






227: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:36:28 ID:hZFy1W0.


幼馴染「…………」

男「…………」



     いつから?



幼馴染「…………」

男「…………」



     そこは――






228: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:37:14 ID:hZFy1W0.


幼馴染「…………っ」

男「…………」



     私の居場所じゃないの?



幼馴染「…………」

男「…………」



     私の――






229: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:38:14 ID:hZFy1W0.


女「ねえ、男くん、誰なの……あ」

女「……幼馴染さん」

幼馴染「………っ!」

男「女ちゃん……!」

男「あ、あの、幼馴染! これは今日、たまた――」

     バシッ!!

男「ぐっ……!」



     私は……買ってきた鍋の材料を 男に投げつけた。

     そのショックで思わず尻餅をつく男……。



幼馴染「……」

     ダッ!!

男「…………」



230: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:39:06 ID:hZFy1W0.


     ガチャ、キィ、バタン!  …カチリ☆

幼馴染「…………」

幼馴染「……っ」 ウルッ

幼馴染「やだ……」

幼馴染「こんなの…………」 ポロッ

幼馴染「いやだよっ……!」

幼馴染「……うっ……うっ……うあっ……あああっ…………!」 ボロボロッ

幼馴染「うああああああああああああああああっ……!」 ボロボロッ

幼馴染「ひぐっ……ああああああああああああああああっ……!」 ボロボロッ

幼馴染「あんま、りだ、よっ……! ああああああああああああああああああっ……!」 ボロボロッ

幼馴染「うあっ……ひど、いっ……よっ……おと、こ……男おおおおっ……!」 ボロボロッ

幼馴染「あああああああああああああああああああああああっ……!」 ボロボロッ

―――――――――――



231: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:39:50 ID:hZFy1W0.


男「…………」

女「……あの、男、くん?」

男「…………」

女「男くん……」

男「…………」

男「……女ちゃん」

女「! う、うん」

男「せっかく、だけど……」

男「今日は帰ってくれるかな?」

女「…………」

女「……うん」



232: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:40:31 ID:hZFy1W0.




―――――――――――



男「……ハクション!」

男「うう……」 ブルッ……



玄関でほうけてた俺は、自分のクシャミで我に返った。

時計を見ると、21時を指している。



男「もうこんな時間か……鍵しておかないと……」

     ガチャ ガチャ… カチリ☆



233: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:41:27 ID:hZFy1W0.


男「…………」

男「…………」



その後は、何もやる気が起きず……そのまま自分の部屋のベットに潜り込んだ。

……なんか、頭痛ぇー……。 風邪、引いたかなぁ……。

…………。

もう……どうでもいいや……。



―――――――――――






234: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:42:18 ID:hZFy1W0.


男「ごほっ……ごほっ……」

男(…………ちょーだりー……)

男(…………)

男(……喉も痛ぇ)

男(…………)

男(…………)

男(熱……相当ある?)

男(…………)

男(…………)



235: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:42:58 ID:hZFy1W0.


男(…………)

男(何か……せめて、水分を取らないと……) ムク…

男「くっ…………」 フラッ…

男「ごほっ……ごほっ……」

男(……やべぇ……真面目に……)

男(冷蔵庫……こんなに遠かったっけ……)

男「ごほっ……ごほっ……」

     ドサッ……!

男「がっ…………ふ…………」

男(……っ)

男(…………)

男(…………)

男(……幼馴染)

男(…………)



236: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:43:37 ID:hZFy1W0.




そういや……ここの所、幼馴染の顔……見てないな。

………………。

どうして……俺、今、一人なんだろう……?

………………。

何で、こんなに静かなんだろう……?

………………。

どうして、俺は……こんなに頑張れないんだろう……?



男「…………」



237: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:44:18 ID:hZFy1W0.




今……何時かな……。

真っ暗だから、夜は明けてないみたいだけど……。

……寒い……寒いなぁ……。



…………。

幼馴染……どうしてるかな……。

………………会いたいな、幼馴染に……。

……………会いたい………。




―――――――――――



238: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:45:00 ID:hZFy1W0.




     ピピピ……ピピピ……



男「……!」

男「う……」 ヨロッ…

     ピピピ……ピピピ……

男「…………」

男(あ……携帯の着信音か……)

男(…………)

男(俺の部屋に置いてたっけ……誰からだろう……)

男(…………)



239: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:45:52 ID:hZFy1W0.


男(寒いな……)

男(…………)

男(夜が明けてる……)

     ヨロ ヨロッ…

男(熱……多少は下がったのかな……?)

男(……とにかく、何か……飲まないと……)

男(冗談じゃなく死んじまいそうだ……)

     ヨロ ヨロッ… ガチャ…

     グビッ グビッ グビッ…

男「……ふう」

男「ごほっ……ごほっ……」

男「…………」



240: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:46:54 ID:hZFy1W0.




―――――――――――



?「――くん! 男くん!!」

男「………?」

女「男くん!! よ、良かった……!」 ウルッ…

男「……女ちゃん?」

女「心配したんだから……! 男くん!」

男「…………」

男「……どうして、君が居るの?」

女「えっ? そ、その……携帯に何度かけても出ないし」

女「昨日……あんな事、あったし……」



241: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:47:49 ID:hZFy1W0.


男「…………」

男(……俺、玄関の鍵、締め忘れたっけ……?)

男「ともかく、ありがとう、女ちゃん」

男「助かったよ……」

女「! ううん……気にしないで。 それよりも病院行く?」

男「うん……行くよ。 まだ死にたくないし」

女「じゃあ、タクシーを呼ぶね?」

男「歩いていけるよ」

女「ダメよ、男くん。 高熱で倒れたんだから……」

女「とにかく、暖かい格好に着替えて出かけないと!」 バタバタ…

男「あ……女ちゃん……」

男(…………あれ? どうして?)



242: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:49:28 ID:hZFy1W0.




―――――――――――



     オダイジニー

女「良かった……ただの風邪で……」

男「(新型じゃない)インフルエンザだけどね」

女「もう……どっちにしても、危なかった事に変わりはないんだから」

女「今日は大人しく、あったかくして横になるのよ?」

男「わかってるよ」

女「でも……心配だから、今日くらいは付き添うわ」

男「え? い、いいよ。 そこまでしてくれなくても……」

女「こんな時まで遠慮しないで、男くん」 ニコ

男「…………」



243: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:50:14 ID:hZFy1W0.


―――――――――――

     カチャ カチャ

女「フー、フー……」

女「はい、あーん」

男「あ、あの……女ちゃん?」 ///

女「えへへ……いちど、やってみたかったの」 ///

女「……ダメ?」 ///

男「う……あ、あーん……モグモグ」 ///

女「どう?」

男「うん、美味しいよ、このお粥」

女「良かった……」 ///



244: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:51:09 ID:hZFy1W0.



―――――――――――


女「それじゃ、帰るね? 男くん」

男「ありがとう、女ちゃん」

男「本当に助かったよ……」

女「ううん、これくらい何でも無いよ、男くん」

男「……風邪、うつしたらごめん」

女「ああ、それは大丈夫。 私、予防接種、受けてるから」

男「そっか……安心した」

女「明日、男くんが休む事は、私から学校に伝えておくね?」

男「ああ、頼むよ」

女「じゃ、また明日。 学校終わったら様子を見に来るから……」

     ガチャ……キィ……パタン

男「…………」



245: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:51:52 ID:hZFy1W0.


男「……さて、戸締りをして、と……」

     カチリ☆

男「…………」

男(今日は大人しく、薬を飲んで寝ておこう)

男(調べるのは明日になってからだ……)

男(…………)

男(……だが)

男(もしかしたら……)

男(…………)



246: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:53:36 ID:hZFy1W0.


~翌日の学校~

     ガヤガヤ

友「……ずいぶんご機嫌だな?」

女「フフフ……まあね」

女「至福のひと時だったわ……」

友「…………」

女「そんなわけで、幼馴染は傷つているはずだから」

女「あなたにとって、絶好のチャンスよ?」

友「……言われなくてもわかってるよ」

女「上手く行くといいね。 健闘を祈ってるわ」

友「ああ」

女「それじゃあね、友くん♪」

友「…………」



247: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:54:34 ID:hZFy1W0.


キーン コーン カーン コーン

     ジャアネー カエルベー

友「…………」

友「……さて、行きますか、と」

     テク テク テク

―――――――――――

友「やあ、幼馴染ちゃん」

幼馴染「…………友くん」

友「…………」

友「……上手く、行かなかったの?」

幼馴染「…………」

友「…………」



248: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:55:37 ID:hZFy1W0.


友「な、なあ、幼馴染ちゃん」

友「面白い……つーか、笑える映画のチケットが手に入ったんだ」

友「別に俺と一緒に行かなくてもいい」

友「なんて言うか、気分転換に……どう?」

幼馴染「…………」

幼馴染「……今は、いい」

友「そ、そう……」

幼馴染「それじゃあね、友くん……」

友「……あ、ああ」

     テク テク テク…

友「…………」



249: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:56:22 ID:hZFy1W0.


友(…………)

友(しょげるなよ、俺……)

友(これから、だろ?)

友(これから……)

友(…………)

友(…………)

友(……っ)

友「くそっ!!」 ダッ!

     タッ タッ タッ…



250: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:57:16 ID:hZFy1W0.




―――――――――――



     ピンポーン

女「…………」

インターホン『はい?』

女「男くん、私、女です」

インターホン『ああ、女ちゃん。 ちょっと待ってて』 ブッ

     ガチャ

男「お待たせ」

女「ううん、元気そうで良かった」

男「どうぞ、入って」

女「お邪魔します」



251: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:58:07 ID:hZFy1W0.


男「明日は、学校に行けると思う」

女「もう一日くらい休んだら?」

男「それも考えたけど……幼馴染との誤解を早く解きたいし」

女「……そう」

女「うん、きっとそうだよね。 幼馴染さん……ちょっと様子がおかしかったものね」

男「…………」

女「そうだ、私、今日も男くんに、ご飯を作ってあげようと思っていたの」

女「またお粥とかどう?」

男「うん……頼めるかな? 助かるよ」

女「フフ、任せて!」



252: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 21:59:39 ID:hZFy1W0.


     カチャ カチャ

     グツ グツ グツ グツ…

女「これでよし、と……後はお塩を……」 カパッ

女「あれ」

女(お塩、切れてる……)

女(昨日はまだあったのに……)

女(ま、いっか)

女(買い置きの塩は、確かここに……)

     ゴソゴソ……

女(あった!)

女(まずはお塩をお粥に入れて) パッパッ

女(小瓶にお塩を足して、と……)



253: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 22:00:42 ID:hZFy1W0.


女「お待たせ、男くん」

男「ああ、ありがとう、女ちゃん」

男「うん、美味そうだ」

女「たーんと召し上がれ♪」

男「モグモグ……美味しい」

男「いいお嫁さんになるよ、女ちゃん」 ニコ

女「! えへへ……もう、やだなぁ、男くん」 ///

     アハハ……

男(…………)



254: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 22:01:27 ID:hZFy1W0.



―――――――――――


男「じゃあね、女ちゃん。 お粥ありがとう、本当に助かったよ」

女「ううん、大した事じゃないから。 気にしないで、男くん」

男「それじゃ、また明日」

女「うん、また明日、学校でね」

     キィ……パタン カチリ☆

男「…………」

男(……さて、どうするかな?)

男(…………)

男(……無駄かもしれないけど)

男(…………) ピッピッピッ

男(…………) プルルルルル……プルルルルル……

男(…………) プルルルルル……プルルルルル……

男(…………) プルルルルル……プルルルルル……



255: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/05(水) 22:02:09 ID:hZFy1W0.


男(…………) ……ピッ

男(…………)

男(幼馴染……やっぱり出てくれないか……)

男(…………)

男(…………)

男(……もうおしまいかもしれないけど)

男(会って、話がしたいな)

男(…………)



262: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:13:46 ID:/jXlJGgE




それからの数日間……幼馴染との会話は無い。

学校に行けば、会う機会もあるが――

強引に行けば、逆効果になりそうで恐ろしかった。



あれから女ちゃんは、良く話かけてくる様になった。

良く言えば、フレンドリーに。 悪く言えば、馴れ馴れしく。

そして、何も言わない友。

明らかに……元気が無かった。






263: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:14:42 ID:/jXlJGgE


~学校~

     ガヤ ガヤ

友「よ、幼馴染ちゃん」

幼馴染「……友くん」

友「…………」

友「あの、さ……」

友「話したい事が、あるんだ」

幼馴染「……うん。 何?」

友「あー……その……」

友「ここじゃ話しにくいんだ……」 ///



264: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:15:12 ID:/jXlJGgE


幼馴染「……そう」

幼馴染「じゃあ……部活の後なら、時間あるけど……」

幼馴染「それでいい?」

友「お、おう! それでいいよ!」 ///

幼馴染「じゃ……」

     スタ スタ スタ…

友「あ……」

友「…………」



―――――――――――



265: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:16:14 ID:/jXlJGgE


友「…………」

友「…………」

友「…………」

友「!」

友「幼馴染ちゃん!」

幼馴染「……お待たせ」

友「いや、全然待ってないよ? ハハッ」

幼馴染「……そう」

幼馴染「それで? 話したい事って?」

友「あ、ああ……うん」 ///

友「……その……俺!」 ///



266: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:16:59 ID:/jXlJGgE




友「幼馴染ちゃんの事が、好きだ!」 ///



幼馴染「…………」

友「……男の事、引きずってるのわかってるけど、つ、付き合いたい!」 ///

幼馴染「…………」

友「…………」 ///

幼馴染「…………」

友「…………」 ///

幼馴染「…………」

友「……幼馴染ちゃん?」

幼馴染「……あ、うん……」

友「……へ、返事は?」



267: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:17:40 ID:/jXlJGgE


幼馴染「…………」

幼馴染「……いいよ、別に付き合っても」

友「……!」

幼馴染「…………」

友「…………」

幼馴染「…………」

友「……んだよ、それ」

幼馴染「……?」

友(そんな……投げやりな態度で……虚ろな目で……言われても)

幼馴染「……友くん?」



268: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:18:25 ID:/jXlJGgE


友「ああ、いや、何でも無い」

友「じゃ……また明日」

幼馴染「……うん」

友「…………っ」

     タッ タッ タッ…

幼馴染「…………」

幼馴染(……もう……どうでもいいや)



269: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:19:21 ID:/jXlJGgE


     タッ タッ タッ…

友「はあっはあっはあっ……」

友「……っだよ、これ」

友「わかってた事じゃねえかよ……」

友「しっかりしろよ、友……」

友「とにかく……OKもらえたじゃねえか……」

友「これから幼馴染ちゃんを支えて……楽しい時間を……たく、さ、ん……」

友「……っ ……くっ…………ぐすっ……」 ポロッ

友「こ、これで……ひぐっ…………良かったんだろ…………うあっ……」 ボロボロッ…

友「憧れの……幼馴染ちゃん…………ぐすっ……お前の……彼女じゃねーかよ……」

友「うあっ……どうして…………こんなに…………嬉しくも何ともないんだよっ……!!」

友「どうしてこんなに悲しいんだよおおおおっ!!」 ボロボロッ…

友「うあっ……ああああああああああああああああっ…………」 ボロボロッ…

―――――――――――



270: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:20:09 ID:/jXlJGgE


友「…………」

友「…………」

友「……時間かけりゃ、いいじゃねーか」

友「そうすりゃ……いつか……」

友「…………」

友(……『いつか』って、いつだ?)

友(…………)

友(それまで……俺は……俺の心は)

友(耐えられるのか?)

友(…………)

友(……この、”罪悪感”に……)

友(…………)



271: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:20:55 ID:/jXlJGgE


~翌日の学校~

     ガヤ ガヤ

友「……や」

幼馴染「……友くん」

友「…………」

友「昼飯、一緒に食わね?」

幼馴染「…………」

幼馴染「……いいよ」

友「……そう」

友「じゃ、じゃあ、行こっか!」

幼馴染「……うん」



272: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:21:38 ID:/jXlJGgE


幼馴染「…………」 モグモグ

友「…………」 モグモグ

友「そういやさ、TVで見たんだけど……」

友「久々に面白い芸人が出てきてさ! 傑作だったんだ!」

友「そのギャグっていうのが……」

幼馴染「…………」 モグモグ

友「…………」

友「…………」 モグモグ

幼馴染「……ごちそうさま」

友「……ごちそうさま」

幼馴染「…………」

友「…………」



273: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:22:36 ID:/jXlJGgE


幼馴染「…………」

友「……なあ」

幼馴染「……うん?」

友「”幼馴染”って呼んでいいか?」

幼馴染「……!」

幼馴染「……うん。 いいよ、別に……」

友「……そう」

友「じゃあ……」



友「キスしてもいいか? ……幼馴染」






274: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:23:27 ID:/jXlJGgE


幼馴染「……え」

友「俺達、付き合ってるんだろ? それくらい、フツーするだろ?」

幼馴染「…………」

友「…………」

幼馴染「……いいよ」

友「……っ」

幼馴染「……友くんのしたい様にしたらいい」

幼馴染「私は……抵抗しないから」

友「…………」

幼馴染「…………」

友「……うだろ」

幼馴染「……?」

友「違うだろ!! それ!!」



275: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:24:18 ID:/jXlJGgE


幼馴染「…………」

友「嫌なんだろ!? 嫌なら嫌って言ってくれよ!!」

友「俺は……俺は……!」

友「こんなの、望んでいねーよ!!」

幼馴染「…………」

友「忘れられないんだろ!? 男の事!!」

友「今でも好きなんだろ!?」

友「はっきり言ってくれよ!!」

友「俺の事、嫌いだって!!」

幼馴染「…………」



276: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:24:47 ID:/jXlJGgE


幼馴染「…………」

幼馴染「嫌いじゃないよ、友くんの事」

友「……!」

幼馴染「…………」

幼馴染「……ただ」



幼馴染「何もかもが、どうでも良くなっただけ……」



友「!!」

幼馴染「それだけ……」

友「…………」

友「……そうかよ」

幼馴染「…………」



277: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:25:46 ID:/jXlJGgE


友(ちくしょう……)

友(ちくしょう、ちくしょう……)

友(ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう……)

友(ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう)

友(ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう)

友(ちくしょ――――――――――――――――――――――!!!)

     ダッ!!

幼馴染「…………」

―――――――――――



278: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:26:51 ID:/jXlJGgE


     ガヤガヤ

男「ああ、女ちゃん」

女「? 男くん、どうしたの?」

男「うん……実は」

男「大事な話があるんだ」

女「!!」 ///ドキッ

女「……だ、大事……って?」 ///

男「今は……ちょっと……」

男「だから、放課後……教室に残ってくれるかな?」

男「二人きりで話がしたい」

女「!!」 ///

女「う、うん! わかった……!」 ///

男「じゃ、放課後にね……」



279: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:27:38 ID:/jXlJGgE


女「…………」 ///

女(放課後……大事な話……二人きり……) ///

女(~~~~!!) ///

女(きっと……告白ね……) ///

女(嬉しい、男くん……) ///

女(エへへ……) ///


―――――――――――



280: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:30:05 ID:/jXlJGgE


キーン コーン カーン コーン

男「…………」

女「お待たせ、男くん」

男「あ、女ちゃん」

女「それで……何かな? わざわざ放課後に呼び出して、話って……」 ///

男「うん……」

女「…………」 ///ドキドキ

男「まず……風邪ひいた時はありがとう。 いろいろと助かったよ」

女「ううん、そんなの、大した事ないよ」 ///

男「それで……本題だけど」

女「う、うん」 ///



281: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:32:59 ID:/jXlJGgE




男「もう止めてくれ」



女「……え?」

男「…………」

女「や、止めてって……何を?」

男「ストーカー行為」

女「!?」

男「……最初は、ね」

男「友を疑ってた」

女「…………」

男「俺は風邪で休んだ日に、ネットで”ヤンデレ症候群”を調べてみたんだ」

男「病院の先生は、最近見つかったばかりの症例だって言ってたけど」

男「検索に全く引っかからないのは、どう考えてもおかしい」



282: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:34:17 ID:/jXlJGgE


男「そして、病院を紹介したのは友だから、あいつが怪しいと思った」

男「……でも」

女「…………」

男「病院の医師紹介名簿に」

男「君と同じ名字の医者がいた」

女「…………」

男「クリックしたら、ヤンデレ症候群を告げた医者だったよ……」

男「君のお父さんなんだろ? 以前、父親が医者だって言ってたしな」

女「…………」

男「そこで初めて、俺は女ちゃんが主犯じゃないのか?と思った」

男「友には悪いが……あいつに、こんな策を練る頭は無いだろうし」

女「…………」



283: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:35:26 ID:/jXlJGgE


女「……何を言ってるの? 男くん」

女「ストーカー? 私がそんな事してるわけ、無いじゃない」

男「……動機は」

男「俺と幼馴染を別れさせる事」

女「………っ」

男「第一段階として、幼馴染に対して俺に『不安感』を抱かせた」

男「携帯電話の履歴に女ちゃんのだけ残らないカラクリ」

女「…………」

男「まあ、単純だけど、女ちゃんは電話を『掛けなかった』だけだろ?」

男「まるで、幼馴染が履歴を消しているかの様に見せかける為に……」

男「女ちゃんは、俺に『電話を掛けてる』と言えばいいだけ」

女「…………」



284: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:36:26 ID:/jXlJGgE


男「それとも見せられるかい? 君の携帯の送信履歴」

女「……っ」

男「そして次に」

男「どうやって君の父親の医者を 丸め込んだのか解らないけど」

男「第二段階として、ヤンデレ症候群を告げ、俺に、幼馴染への『不信感』を抱かせる」

男「……まんまと騙されたよ」

男「まさか、本職の医者に真面目な顔してウソつかれるなんて」

男「思いもしなかった」

女「だ、だから……」

男「次に」



285: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:37:25 ID:/jXlJGgE


男「俺の家に盗聴器を仕掛ける」

女「……!」

男「これも風邪で休んだ日に、盗聴器バスター業者に連絡して調べてもらった」

女「…………」

男「……不思議だろうね」

男「じゃあ何故、今の今まで普通に盗聴出来たのか?」

女「…………」

男「君を油断させる為に、気がついた日、以降も」

男「俺が業者に頼んで、いつでも外せる状態で盗聴器を生かしておいたからだ」

女「…………」

男「…………」



286: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:38:11 ID:/jXlJGgE


女「ち……違う……私、じゃ……ない……」

女「お願い、信じて……! 男くん……!」

男「…………」

     パチ パチ パチ パチ パチ パチ……

男・女「!?」

友「……すげぇな、男」

友「よく見破ったもんだ」

女「!!」

男「…………」

女「あ、あなた、何を言って……!」

友「諦めろよ、女ちゃん……」

友「もう……男は騙せない」



287: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:39:25 ID:/jXlJGgE


友「ところで男、どこでおかしいって思った?」

友「こう言っちゃ何だが……俺は上手くやってるって、自分でも思ってたんだが」

男「……そうだな。 お前には完璧に騙された」

男「俺が最初に不審に思ったのは……」

男「風邪で倒れたあの日……女ちゃんに助けられた事だ」

女「…………」

男「家の戸締りは、したハズなのに……なぜ?」

男「そして、俺の服を取りに行くときに」

男「女ちゃんは、迷わず俺の着替えが入ってるタンスの引き出しを開けた」

女「…………」

男「だけど、あの時は熱で意識がもうろうとしていたから、確信が持てなかった」



288: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:40:35 ID:/jXlJGgE


男「だから俺は、トラップを仕掛けた」

友「トラップ?」

男「俺の家で女ちゃんに料理を作らせて、塩を使わせる事」

女「……!」

友「どういう意味だ?」

男「俺はわざと塩を切れさせ、反応を見たんだ」

男「普通は台所の棚とか引き出しに、買い置きの調味料を置いておくけど」

男「我が家では、冷蔵庫横の細長い箱に入ってる」

友「……なるほど。 内情を知らなきゃ見つけられそうにもねぇな」

男「女ちゃんは、俺に聞かずに見事、塩のありかを見つけていたよ」

女「そ、そんな……」



289: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:41:42 ID:/jXlJGgE


男「……それから、ずいぶん前だけど」

男「俺の家で風呂に入ってただろ? 女ちゃん」

女「!!」

友「……お前、何やってんだよ」

女「ち、違う! 私じゃない!」

女「き、きっと、幼馴染さんがシャワーを浴びてたんだよ!」

男「…………」

友「あ~あ……」

女「……!?」

男「どうして、『シャワーを浴びてる』なの?」

女「…………」

男「俺は『風呂に入ってた』と、言ったはずだけど?」

女「!!!!」



290: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:42:41 ID:/jXlJGgE


男「……それに、幼馴染は風呂に入ると、決まって歌を歌うんだ」

男「あの時感じた違和感はそれだった」

友「…………」

男「それに気がついた俺は、盗聴器を仕掛けられているかもしれないと思った」

男「あの時点で、相当俺をストーカーしていたんだな……」

女「…………」

友「諦めなよ……女ちゃん」

女「……いやよ」

友「おいおい……」



291: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:43:36 ID:/jXlJGgE


女「あの娘は、小さい頃から一緒に居るってだけの女の子じゃない……!」

女「男くんを『好き』って気持ちは、私の方がずっとずっと上なんだから!」

男「…………」

女「それなのに……」

女「それなのに……それなのにっ……それなのにっ!!」

女「あの娘は! いつもいつも、男くんの隣にいる!」

女「まるでそれが、当たり前の様に!!」

友「…………」

女「何なのよ! あの娘!! あまつさえ、私の男くんの家にまで押しかけて、誘惑して!」

女「どうして男くんは、それを受け入れてるのよ!!」

女「私でしょ!? 男くんが好きな女の子は!?」

女「私の事、いいお嫁さんになるって、言ってくれたじゃない!!」

女「私が男くんに相応しいのよ!!」

男「…………」



292: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:44:42 ID:/jXlJGgE


友「……なんつーか」

友「終わったな」

女「…………」

男「…………」

男「じゃ……俺、もう行くな」

男「多分、合鍵持っているんだろうけど」

男「今日、鍵を変える予定だから、別に返さなくてもいいよ、女ちゃん」

女「…………」

男「それから警告。 盗聴器は十分証拠品になる」

男「これ以上、ストーカー行為を続けるのなら警察に被害届を出す。 いいね?」

女「…………っ」

友「ああ、ちょい待ち、男」

男「ん?」



293: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:45:40 ID:/jXlJGgE


友「今更だけど……謝るわ」

友「悪かった、男……」

男「…………」

友「俺、さ」

友「幼馴染ちゃんのどこが好きなのかな?って」

友「改めて考えてみた」

男「…………」

友「俺――」

友「お前の事を見てる幼馴染ちゃんが、好きだったんだ」

友「クリクリした目で、ニコニコして、いつも可愛い笑顔で、お前を見ていた」

男「…………」

友「あの目を、笑顔を」

友「俺にも向けて欲しかった……」



294: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:46:30 ID:/jXlJGgE


友「ところがどうだ……」

友「幼馴染ちゃんが傷つく事も承知の上で、女ちゃんの策に乗って」

友「やっとの思いで手に入れた幼馴染ちゃんは」

友「まるで抜け殻の様だった……」

男「…………」

友「……何やってたんだろうな、俺……」

友「最初から、勝目なんて無かったんだ」

友「お前が、ヤンデレ症候群と知りつつ、幼馴染ちゃんに告白した時点で」

男「……!」

男「そうか……盗聴してた女ちゃんに聞いたのか」

友「幼馴染ちゃんが、お前に『男のモノにして』って頼んだのもな」



295: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:47:22 ID:/jXlJGgE


男「…………」

友「あの時は、女ちゃんと一緒に聞きながら、焦ったね」

友「確かに何かのアプローチをするだろうと思ってたけど」

友「あそこまでの暴挙に出るとは思わなかったから……」

男「…………」

友「そして、気づくべきだった」

友「幼馴染ちゃんのお前に対する、純粋な気持ちに、な……」

男「…………」

友「引き止めて悪かった。 これでオシマイだ、男」

男「……そうか」

友「それから、伝言」

男「? 伝言?」



296: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:48:19 ID:/jXlJGgE


友「幼馴染ちゃんには、俺から全部話してある」

男「!!」

友「……お前の家で『待ってる』ってさ」

男「そうか……ありがとう、友」

友「よせよ……フツー殴るところだぜ? ここは」

友「さあ、早く行ってやれ」

男「ああ……」

     タッ タッ タッ…

友「…………」

女「…………」



297: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:49:21 ID:/jXlJGgE


女「……っ!」 ギリッ

女「私っ……諦めない……!」

女「男くんは、私を試してるのよ……!」

女「私が、こんな事でへこたれる様なヤワな精神か、試してるのよ!」

女「男くんは、私の事が好きなんだから……!」

友「…………」

友「……なあ」

女「……何よ」

友「俺達、付き合わね?」

女「……は?」

女「何言ってるの? 気でも狂れたの? 気持ち悪いわよ……」

友「……今回の出来事で、男も、お前に対して、おんなじ事を思っただろうな」

女「……!」



298: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:50:15 ID:/jXlJGgE


友「それによ、女ちゃん」

友「お前、今回の計画が上手く行ったとして」

友「『ずうっと』本性を隠し通せると思っているのか?」

女「私は、何も隠していない!」

友「盗聴器仕掛けたのだって見抜かれたくせに……」

女「……ぐっ」

友「まだわかんねーのかよ?」

友「男は、はっきり『警告』と言ったんだ」

友「つまり」

友「お前の事を『敵』として認識してんだよ」

女「……!」



299: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:51:00 ID:/jXlJGgE


女「でも……でもっ……」

女「男くんは、私を……」

友「その辺にしとけ。 引き際を考えろ」

友「そしてお前の気持ちは、好きでも、恋愛感情でも、何でも無い」

友「自分を騙す為の、ただの『願望』だ」

女「……!!」

友「ま、俺も人の事、言えねーけど……」

女「…………」



300: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:51:52 ID:/jXlJGgE


女「……違う」

女「私が……男くんを好きな気持ちは……嘘じゃない……!」 ポロッ…

女「ぜったい…………ウソ……なんかじゃ…………ないっ……」

女「うあっ……あああああっ! ……男くんっ…………おと、こ、くんっ……!」 ポロポロ…

女「ホントにっ……すきっ……うぐっ……だったのっ……!」 ポロポロ…

女「ウソじゃ……ウ、ソなんかじゃ……ない、よう……! ひぐっ……」 ポロポロ…


友「…………」

友(それもわかっているさ……)

友(だから、うっかりバレる事を忘れ、鍵を使って、男に家に入ったんだろ?)

友(男を……心配して、な……)

友(……けど、黙っとくぜ、女ちゃん)

友(それが……女ちゃんの為だ……そして)



301: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:52:26 ID:/jXlJGgE








友(幼馴染ちゃんの為にも……な)






―――――――――――



302: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:53:08 ID:/jXlJGgE


     ガチャ…

男「……ただいま」

     トテ トテ トテ

幼馴染「男……」

幼馴染「……っ」

幼馴染「お帰り、男」 ニコ!

男「幼馴染……ただいま」 ニコ

幼馴染「えへへ……」 グスッ…

幼馴染「久しぶり、だね。 男」

男「ああ……本当にな」

男「すげー嬉しい」 ニコ



303: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:54:03 ID:/jXlJGgE


幼馴染「これが盗聴器……」

男「全部で4つ……どうやったのか、電話機の中にまであった」

幼馴染「うわ……」

男「もう電源は切ってる。 大丈夫だ」

幼馴染「…………」

幼馴染(……女さん、これからどう男と向き合って行くのかな……)

男「さて……幼馴染」

幼馴染「え?」

男「……ごめん」

幼馴染「…………」



304: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:55:11 ID:/jXlJGgE


男「結局、最初に病気の事を告げていれば……幼馴染に辛い思いをさせずに済んだのに……」

幼馴染「……ううん」

幼馴染「それは、私の事を考えての事だし……」

幼馴染「あの時……男は『殺してもいい』って言ってくれた」

男「…………」

幼馴染「言われた時は、訳がわからなかったけど……」

幼馴染「『覚悟』を決めて、私を受け入れてくれた、って事だよね?」 ///

男「…………」 ///

幼馴染「それだけで、私は嬉しい」 ///ニコ

男「幼馴染……」 ///

幼馴染「それに……」



305: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:55:55 ID:/jXlJGgE


幼馴染「謝らないといけないのは、私も、だよ」

男「……え?」

幼馴染「私……友くんから真相を聞くまで、男に私への気持ちは、もう無いって思ってたの……」

男「…………」

幼馴染「……目の前に突き出された事実だけを見て……」

幼馴染「男を信じられなくなって……絶望してた」

男「…………」

幼馴染「ごめんなさい、男」

幼馴染「何もかもが、どうでも良くなった私は……」

幼馴染「友くんの告白をOKしたり、キスとかもどうぞって言っちゃった……」

男「…………」

男「はあ!?」



306: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:56:52 ID:/jXlJGgE


幼馴染「……本当にごめん……驚いた?」

男「衝撃の事実だよ……」

幼馴染「……ごめん」

男「もういい……つーか聞きたくない」

幼馴染「ああ、でも友くん、なんかいきなり怒り出して、何もしないで走り去っていったの」

幼馴染「すぐ帰ってきたけど」

男「……あいつの行動は、イミフだな」

幼馴染「その後、土下座しながら事情を話してくれたんだ……」

男「そっか……」



307: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:58:14 ID:/jXlJGgE

308: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 21:58:54 ID:/jXlJGgE


男「…………」

     ガタッ

幼馴染「? 男?」

男「…………」

男「……ちょっと立ってくれるか?」 ///

幼馴染「! ……う、うん」 ///ガタッ

     ギュッ…

幼馴染「ん……」 ///

男「…………」 ///

男「……本当に久しぶりだな」 ///

幼馴染「うん……」 ///ギュッ…



309: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 22:00:00 ID:/jXlJGgE


男「幼馴染の匂いだ……」 ///

幼馴染「男の匂いがする……」 ///

男「俺……寂しかった……」

幼馴染「私も……」

男「幼馴染と食べる夕食、どんなに楽しかったか、身にしみた……」

幼馴染「ふふっ……時々喧嘩もするけどね」 クスッ

男「幼馴染……俺、幼馴染の事が」

男「好きだ」 ///

幼馴染「うん……私も、男の事」

幼馴染「大好き」 ///


     スッ……





310: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 22:01:24 ID:/jXlJGgE




……気持ちを確かめ合った俺と幼馴染は、その日、お互い初めての口づけを交わした。

彼女の唇は暖かく、柔らかだった。






311: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 22:02:42 ID:/jXlJGgE




友と女ちゃんは、『付き合って』いないそうだが、仲良さそうにしていた。

友は相変わらずチャラい態度で軽口を叩き、以前と変わらず俺と顔を付き合わせている。

……こいつの神経の図太さは、大いに尊敬してしまうな。

でも、さすがに幼馴染に対しては、バツが悪そうだった。



女ちゃんは、性格がだいぶ変わった。 ……いや、友に言わせれば、こっちが本性なのだとか。

平気で悪態をつき、同性の人気はダダ下がり。 

ヤローは、引く奴もいたけど別カテゴリーの人気が出ていたので差し引きゼロ、といったところか。

……けど、前より伸び伸びしている様にも思えた。






312: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 22:03:43 ID:/jXlJGgE




ある日、女ちゃんは、俺と幼馴染に謝罪に来た。 決まりが悪そうに。

付き添ってきた友と、何度も頭を下げ、謝る彼女。

そして、彼女自身の『ケジメ』をつける為に、と、密かに持っていた合鍵を返してくれた。



それ以降、女ちゃんとは話していない。 話そうとしても彼女は『聞く』だけだった。






313: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 22:04:38 ID:/jXlJGgE




そして、俺と幼馴染は相変わらずだった。

二人で夕食を摂り、二人でゲームしたり、二人でテレビ見て笑ったり

時々喧嘩したり……。 それを繰り返して、楽しく過ごしていた。






314: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 22:05:37 ID:/jXlJGgE


~数週間後~

     タッ タッ タッ

幼馴染「男! お待たせ!」

男「おう、幼馴染」

幼馴染「今日はどこに行くの?」

男「特に決めてない」

幼馴染「何よそれー。 最近手抜きじゃない?」

男「はは……すみません」

男「……でも」

幼馴染「でも?」

男「幼馴染と一緒なら、どこでも楽しいから」 ニコ

幼馴染「……っ」 ///

幼馴染「ふ、ふーんだ!」 ///

幼馴染「そんな殺し文句、聞き飽きたもーん!」 ///



315: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 22:06:38 ID:/jXlJGgE


男「機嫌直してくれよ……昼飯はおごるから」

幼馴染「……やだ。 夕飯も作ってくれなきゃ許してあげない」

男「わかったわかった……」

幼馴染「やった!」

幼馴染「男の手作り夕御飯~♪」

男(お茶漬けとかだったら怒るかな……やっぱ)

男「じゃ、そろそろ行くか。 駅前のブティックから行ってみる?」

幼馴染「それでいいよ。 うう~……今日も寒いね」

男「そうだな……つなぐ?」

幼馴染「うん!」 ///ニコ



 ――幼馴染の手は、小さくて、冷たくて、でも……とても愛しかった――



     おしまい



316: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 22:07:56 ID:/jXlJGgE


みなさんお疲れ様でした。これで終了です。

友と女が、あまり不幸になっていないじゃないか!と怒っている方も居るかと思いますが
女に友が、刺し殺されたりするのも考えたんですけど……
それだと幼馴染と男は、後味悪くなって、幸せになれそうになかったのでこうしました。

自分はスクイズのファンなので、そういうドロドロも書いてみようかな……とも思ったんですけどね。

結局、友は幼馴染にとって最後まで「どうでもいい」存在で、女も男にとって同様と言えます。
これだけ努力(間違った方向だけど)して
好意を寄せる相手に何とも思われてないのは、悲しいものです……。

最後に、遅い投下を待っててくれた人、ラストまで読んでくれた人、友に憤慨してくれた人

ありがとうございました!



317: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/07(金) 22:15:35 ID:X0BVyYCE


面白かった


元スレ
SS深夜VIP:男「ヤンデレ症候群……ですか」医師「ええ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1351589006/