1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 15:09:23 ID:5aMK0rLw

美希「……」

P「なあ、どうしたらいいと思う?」

美希「……」スッスッ

P「やっぱさ、いきなりギュッってしたら引かれるかな?」

美希「……」

P「それともさ、ライブ終わりとかに流れでいったら意外とばれないかな?」

美希「……」スッスッ

P「結局タイミングなのかなー」

P「なあ、そこんところどう思う?」

美希「……」

P「なあー!美希ー!」

美希「あー!ウルッセーの!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 15:14:35 ID:5aMK0rLw

P「うるさいってなんだよ!こっちは真剣なんだよ!」

美希「うるさいっていうか、うざいの、ホント」

P「取りあえずスマホ置けよ!さっきからスッススッスいじくりやがって!」

美希「だってプロデューサーさんの話にキョーミ無いんだもん」

美希「急に喫茶店に呼び出して、春香がどうのって」

美希「ミキじゃなくてもフツー怒るって思うな」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 15:18:37 ID:5aMK0rLw

P「そう言うなよー、ケーキおごるからさ、な?」

美希「……じゃ、イチゴショート」

P「よしきた!」

美希「……はあー」

美希「で、何?春香に抱き付きたいの?」

P「違う、抱きしめたいんだ」

美希「うん?」

P「春香に抱き付きたいんじゃないの、春香を抱きしめたいの、俺は」

美希「……」チッ



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 15:23:42 ID:5aMK0rLw

P「舌打ちはやめろ!」

美希「あー、うん、はいはい」

美希「……それで?」

P「だからさ、それで俺が急に春香を抱きしめてもさ、大丈夫なもんかなって」

美希「あー、良いと思うよ?別に」

P「おい、投げやりはやめろよ」

美希「別に抱きしめればいいの、少なくともお縄は無いと思うよ?」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 15:29:08 ID:5aMK0rLw

P「はあー……」

P「美希、お前いつからそんな凡人になったんだ?」

美希「あん?」

P「お縄とかさ、そんなことを聞いてるんじゃないわけ、俺は」

P「俺が急に春香を抱きしめたら、『春香が』どう思うかってことを相談してるんだって」

P「お前そんなんじゃこの先芸能界生きてけねーぞ?」

美希「……それじゃ、ミキ、帰るね」ガタッ

P「え、ちょ、待てよ!」ガシッ



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 15:35:15 ID:5aMK0rLw

美希「離すの!ミキもう帰る!」

P「待てって!悪かったって!煽って悪かったって!」

美希「煽ったって自覚あるじゃん!完全にミキのこと舐めてるの!」

P「冗談だから!ホントに!ゴメンね!?」

美希「離すのー!」

P「美希!」

ギュ

美希「きゃあ!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 15:39:15 ID:5aMK0rLw

P「……美希」

美希「……え?え?」

P「本当にすまなかった、ちょっと行き過ぎてたな」

美希「……プロデューサーさん?急すぎない?」

P「もう二度としないから、許してくれ……」

美希「……」

P「美希……」ギュ

美希「……うん、取りあえず離して?」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 15:45:12 ID:5aMK0rLw

P「……みたいな感じでどうかな?」パッ

美希「え?」

P「いや、だからさ」

P「こんな感じで春香を抱きしめようかなって思うんだけど」

美希「……はい?」

P「なあなあ、今の感じだと割と自然な流れだったよな?」ストッ

美希「……」

P「でもやっぱり、これだとまだ抱き付いてるんだよな……」

美希「……」

P「どうした?いつまで立ってんだよ」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 15:49:37 ID:5aMK0rLw

美希「……」ストッ

P「で?どうなんだよ、今の感じは?」

美希「……」スッスッ

P「おいおい、またスマホか?」

美希「……」

P「さっきも言っただろ、俺は真剣なんだよ」

美希「……」

P「おい、美希……」

美希「話しかけないでなの」スッスッ

P「え?」

美希「ミキ、今調べ物してるから」

P「何を」

美希「『青少年健全育成法 判例』」

P「おい!」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 15:57:16 ID:5aMK0rLw

美希「なんなの!」

P「それは無いだろ!たかがハグじゃねーか!」

美希「言ってることメチャクチャだよ!?」

P「違……だからさっきから言ってるだろ!」

P「『ハグ』と『抱き付く』と『抱きしめる』は別もんなんだよ!」

P「ハグはセーフなの!」

美希「勝手に決めないでほしいの!ミキ的にはさっきのはがっつりアウトなの!」

P「何でだよ!別に減るもんじゃ……!」

ウエイトレス「あの、すみません……」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 16:03:05 ID:5aMK0rLw

P「え?何ですか?」

ウエイトレス「あの、すみませんが他のお客様のご迷惑になりますので……」

P「あっ、すみません……」

ウエイトレス「……こちら、イチゴショートになります」

P「あ、ありがとうございます……」

ウエイトレス「それでは、ごゆっくりどうぞ……」

美希「ほーら見るの、怒られちゃった」

P「美希だって一緒に騒いでたくせに……」

美希「知らないもん」

P「はー……」

P「あ、そういえばさ」

美希「何?」

P「美希さ、もしかして太った?」

美希「はあ!?」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 16:09:41 ID:5aMK0rLw

美希「いきなりひどいって思うな!」

P「いや、でもこの前抱き付いたときよりも若干腰回りが……」

美希「そ、そんなことないもん!」

P「それにしたって食べ過ぎじゃないのか?」

美希「せ、成長期だもん!問題無いの!」

P「なあ、そのイチゴショート、食べるのか?」

美希「うるさいの!」

美希「今は春香の話でしょ!ミキはカンケー無いの!」

P「よし、じゃあ本題を検討してくれるんだな?」

美希「……あっ」

P「ふふん」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 16:17:10 ID:5aMK0rLw

美希「むうー……」

P「さっ、それで実際、さっきみたいに春香を抱きしめても大丈夫だと思うか?」

美希「まあ、春香は間違いなくドン引きだと思うな」

P「あー、やっぱりか……」

美希「ていうかぶっちゃけ、美希も内心引いてる時あるよ?」

P「マジかよ」

美希「だって下心丸見えだし」

美希「春香って、多分そういうの一番嫌いなんじゃないかな」

P「うーん、そっかー……」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 16:21:36 ID:5aMK0rLw

美希「ホントに春香のことが好きなら、うかつにやるべきじゃないの」

P「じゃあやっぱり我慢しようかな……」

P「……」

P「……」

P「……」

P「あー!でもなー!」

美希「プロデューサーさんのそういうトコ、時々ホントにイライラするの」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 16:47:08 ID:5aMK0rLw

P「だって……」

美希「あー!もう!」バアン

P「」ビクッ

美希「プロデューサーさん、さっきから一体なんなの!?」

P「えっ」

美希「春香が好き好きって、口ばっかりで肝心なことは何にもしない」

P「あ、み、美希……」

美希「そのくせミキには軽々しく抱き付いて、しかも太ったとかヘーキで言って」

美希「一体何がしたいの?ミキ、ハッキリ言って怒ってるよ?」

美希「オトナなら、もう少し考えてから行動するべきなの」

美希「春香のことだって、もうちょっと自分で考えをまとめてからミキに相談したほうが良いよ?」

美希「いい年した構ってちゃんなんてサイアクなの」

P「……」

美希「何か言う事は?」

P「ごめんなさい……」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 16:54:44 ID:5aMK0rLw

美希「……」

P「……」

美希「……」

P「……」

P「あ、あのさ、美希……」

美希「何?」

P「ごめんな?本当に」

美希「……いいよ、別に」

P「俺、舞い上がってたよ」

P「お詫びと言ったらなんだけど、何かできることないか?」

P「何でもするからさ」

美希「……あふう」

美希「それじゃあ一つだけ」

P「な、何だ!?」

美希「喫茶店中の痛い視線、何とかしてほしいって思うな」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 17:17:48 ID:5aMK0rLw

マスター「あの、お客様……」

P「す、すみません!違うんです!」

マスター「大変申し訳ないのですが、これ以上騒がれるならご退店を……」

美希「分かってますなの!分かってますなの!」

P「もう騒ぎませんから!許してください!」

マスター「……よろしくお願いしますね」

美希「ごめんなさいでしたなの!」

P「……ふう……」

美希「危なかったね……」

P「なんかもう、ホントゴメンな……」

美希「いいよ、乗り掛かった舟だもん……」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/08(火) 18:08:23 ID:5aMK0rLw

美希「……三度目の正直なの」

P「はい」

美希「次ふざけたり、うじうじしたりしたら、ミキ本当に帰るからね?」

P「分かった」

美希「で、プロデューサーさんは、春香をどうしたいの?」

P「抱きしめたい、それで、付き合いたい」

美希「ふーん……」

美希「ね、さっきも言ったんだけど、それならもう告白しちゃえばいいんじゃない?」

P「あ、ああ、その通りだ」

美希「何が引っかかってるの?イミわかんないよ」

P「そうだな、その話をしなきゃいけないよな……」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/09(水) 16:07:09 ID:YEibBE3Q

P「やっぱさ、俺と春香じゃ、こう、年の差がさ……」

P「それに社会上の立場もあるだろ?美希だってさっき言ってたし」

P「だからうかつには、な」

美希「……それだけ?」

P「え?」

美希「それだけじゃないよね?」

P「そ、そんなことは……」

美希「……」

P「……」

美希「怖いんでしょ」

P「!!」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/09(水) 16:16:10 ID:YEibBE3Q

美希「結局プロデューサーさんは怖がってるだけなの」

美希「年の差だってそう、シャカイがどうのっていうのもそう」

美希「何より、春香に嫌われるのが怖いだけなんだよね?」

P「……」

美希「ちょっと仲の良いコとはヘーキでスキンシップとるくせに、本気で好きなコとのコミュニケーションは怖がってるの」

美希「ミキ、そういうのって良くないって思うな」

美希「まるで中学生なの」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/09(水) 16:34:49 ID:YEibBE3Q

P「あう……」

美希「多分、プロデューサーさんってまともな恋愛したことないんだね」

P「……」

美希「そのまま大人になっちゃって、初めて本気で恋したのが未成年なんだもんね」

美希「だから戸惑ってる、よーく分かるの」

美希「でもね?それは全然悪いことじゃないよ?」

美希「人生長いこと生きてれば、予想できないことなんていっぱいあるもん」

美希「少なくとも、ミキはステキだって思うな、プロデューサーさんが春香を好きになっただなんて」

美希「だから、怖がっちゃダメだよ」

P「美希……」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/09(水) 16:40:12 ID:YEibBE3Q

美希「抱きしめたいほど好きなら、抱きしめちゃえばいいの」

美希「春香、良いコだもん、本気の気持ちは受け取ってくれるよ」

美希「受け入れるだけが愛じゃないよ?自分から伝えるのだって立派な愛なんだよ?」

P「……」

美希「……」

P「……なあ、美希……」

美希「なあに?」

P「お前、年いくつだっけ……?」

美希「15だけど?」

P「……そうか」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/09(水) 16:44:48 ID:YEibBE3Q

P「そうだよな……」

P「よし!俺!今から春香にあってくる!」

美希「うん!行ってらっしゃいなの」

美希「あ、春香、今事務所にいるってさ」

P「ホントか!」

美希「うん、ていうか、さっきミキが連絡しておいたから」

美希「健全育成法にも判例にもミキ、キョーミ無いし」

P「美希!お前ってやつは……!」

P「ありがとう!行ってくるよ!」ダッ

カランコローン

美希「……」

美希「まったく、世話が焼けるの……」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/09(水) 16:51:01 ID:YEibBE3Q

事務所

P「春香!いるか?」ガチャ

春香「プロデューサーさん」

P「は、春香」

春香「さっき美希に、プロデューサーさんから話があるってメールされたんですけど……」

P「ああ、実はそうなんだ……」

P「は、は、春香……」

春香「はい……」

P「好きだ!」

春香「え?」

ギュッ



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/09(水) 16:55:37 ID:YEibBE3Q

春香「え?あ、あの……」

P「ずっと本気で好きだったんだ!」

春香「え?だって、プロデューサーさんは美希のことが……」

P「違う!俺は春香が好きなんだよ!」

春香「う、ウソ……」

P「嘘じゃない!」

春香「え、えーっと……」

P「春香ぁ!」ギュ

春香「!!」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/09(水) 16:59:49 ID:YEibBE3Q

P「……」

春香「……」

P「……」

春香「……」

P「……」

春香「……」

P「……」ギュ

春香「んっ……」

P「……」

春香「……」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/09(水) 17:09:37 ID:YEibBE3Q

美希「あーあ、二人ともうまくいってるかな……」

美希「……マスター、おにぎりひとつなの」

マスター「いえ、うちは喫茶店なんですけど……」

美希「えー、じゃあイチゴババロアでいいよ?」

マスター「は、はあ……」

カランコローン

マスター「あ、いらっしゃいませ!」

警官「……で、どちらの方が?」

マスター「あのテーブルの子です」

マスター「さっきから健全育成法がどうの、未成年がどうのって……」

警官「そうですか、分かりました」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/09(水) 17:14:30 ID:YEibBE3Q

警官「キミ、ちょっといいかな?」

美希「?」

警官「キミ、さっきまでここにいた男の人と、何話してたのかな?」

美希「キミじゃないよ?ミキだよ?」

警官「は?」

美希「え?」

警官「キミは、おじさんをバカにしているのかな?」

美希「全然?」

警官「……ちょっと署まで来てくれるかな?」ガシッ

美希「え?え?」

警官「はい、行くよー」

美希「ちょ、離し……」ズルズル

警官「はい、暴れないでねー」

美希「な、なんなのなのー!」

            完



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/09(水) 17:16:47 ID:YEibBE3Q

はい、ありがとうございました

何が書きたかったのか僕にもよく分かりません

次からはもう少し考えて書きます、ごめんなさい



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/04/09(水) 17:24:57 ID:W3y9vA2A

乙乙
ミキがあまりにも貧乏くじ引きすぎだって思うな


元スレ
SS深夜VIP:P「春香を抱きしめたいんだ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1396937363/