湾内泡浮「お兄ちゃん!」上条「え?」【前編】

湾内泡浮「お兄ちゃん!」上条「え?」【後編】

湾内泡浮「お兄様!」上条「え?」 2



SS速報VIP:湾内泡浮「お兄ちゃん!」上条「え?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1293424210/



2: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 13:38:39.52 ID:c9QfGN.o

寮監「今日からこの寮に住み込みで働く事になった上条当麻君だ」

上条「上条当麻、高校生ですよろしくお願いします」

御坂「な!」

白井「る、類人猿がこの寮に!危険ですの!」




5: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 13:42:51.44 ID:c9QfGN.o

湾内「上条・・・」

泡浮「当麻・・・」

湾内「どこかで聞き覚えがあるんですけど」ヒソヒソ

泡浮「ええ私も・・・」





7: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 13:48:22.45 ID:c9QfGN.o

寮監「えー上条君はまだ知らない事ばかりだろうからみんなも手伝ってあげてくれ」

学生達「はーい」

寮監「それじゃあ解散」

学生A「上条さん、好きなタイプは?」

学生B「好きな食べ物は?」

学生C「彼女は?」

上条「ええっと・・・」





9: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 13:54:25.01 ID:c9QfGN.o

寮監「いっぺんにそんなに聞かれたら答えられないだろう!それにお前たちは用事があるんじゃなかったのか?」

学生ABC「じゃあ寮監行ってきまーす。上条さん後で会いましょうね」

上条「行っててらっしゃーい」

寮監「全く・・・じゃあ私は部屋に戻っているから」

上条「はい、わかりました」





11: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 14:02:03.92 ID:c9QfGN.o

上条「あ、そうだ女の子達にも挨拶しておこうかな・・・」

・・・・・・・

湾内「万彬ちゃん、上条さんの事ですけど・・・」

泡浮「どこかで見た気がするのですけど・・・」

湾内「えっと・・・あっ!封筒です、封筒!」

泡浮「封筒?」

湾内「えっとこの辺に・・・これじゃなくて・・・これも違う・・・」

泡浮「あ、これですか?」

湾内「そう、それです!ちょっとあけてみてください!」



12: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 14:07:17.56 ID:c9QfGN.o

泡浮「えっと・・・万彬ちゃんと絹保ちゃんにはお母さんが違うお兄ちゃんがいます・・・」

湾内「学園都市のある高校に通っていて・・・」

泡浮「近いうちに二人の寮で会うはずだから」

湾内「いろいろ話をしてみたらどうかな?・・・」

湾内泡浮「わ、私たちのお兄ちゃん?!」




13: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 14:11:16.79 ID:c9QfGN.o

湾内「私たちこんなに大事な事を忘れていたなんて!」

泡浮「で、でも急にお兄ちゃんだなんて言われてもどうしたら・・・」

湾内「万彬ちゃんと私が姉妹だったことを知ったのも最近だったのに」

泡浮「今度はお兄ちゃんですか・・・」



14: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 14:17:16.56 ID:c9QfGN.o

湾内「お兄ちゃん優しそうな人でしたね」

泡浮「女の子にももてそうな」

湾内「・・・お兄ちゃんと話してみましょうか?」

泡浮「そうしましょう」

湾内「じゃあ会いに行きましょう」

泡浮「ええ」



15: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 14:36:13.52 ID:c9QfGN.o

泡浮「でもお兄ちゃんってどこいいるんでしょう?」

湾内「寮監に聞いてみればわかるかも知れません」

コンコン

湾内泡浮「どうぞ」

上条「お邪魔します」



16: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 14:50:48.72 ID:c9QfGN.o

湾内泡浮「あ、あ・・・」

上条「あ・・・なんかマズかったかな?じゃあ出直して・・・」

湾内泡浮「お兄ちゃん!」

上条「え?」

湾内「私たちの!」

泡浮「お兄ちゃんですよね!」

上条「え・・・なんのことかな?」



19: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 15:13:49.36 ID:c9QfGN.o

上条「上条さんこんなお嬢様学校の、しかも愛らしい女の子が妹なんてありえないって」

湾内「私男性に愛らしいだなんてそんな・・・照れちゃいます///」もじもじ

泡浮「えっ、えっと!そうじゃなくてそうなんです!私達も最近知ったことなんです」

上条「いやいや、ドッキリでしょ?カメラはどこかな?」

湾内「カメラなんてありません!私たちの話を聞いてください」

上条「あ、うんごめん」




20: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 15:23:47.07 ID:c9QfGN.o

湾内「まず私たちの自己紹介からしますね。私は湾内絹保っていいます」

泡浮「私は泡浮万彬です」

上条「じゃあ絹保ちゃんと万彬ちゃんでいいかな?」

湾内「はい」

泡浮「まずはこれを見てください」





22: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 15:40:47.22 ID:c9QfGN.o

上条「ちょっと待った。仮に兄弟とするけど二人とも苗字違うの?」

湾内「はいお母さんが違います」

泡浮「お父さんは一緒ですよ」

上条「そうなんだ」

泡浮「じゃあこの手紙を読んでみてください」

上条「ああ」



23: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 15:55:37.68 ID:c9QfGN.o

上条「なになに?・・・なーんか読み慣れた字だな」

湾内「お父さんが書いたものです」

泡浮「やっぱり血が繋がってるんですね」

上条「読みました」

湾内「どうですか?」

泡浮「分かってもらえました?」

上条「いやもう何がなんだか」

湾内「しょうがないですよ」

泡浮「そのうち慣れますよお兄ちゃん」

上条「お兄ちゃんと呼ばれるのもなんかなあ」





25: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 16:04:26.56 ID:c9QfGN.o

湾内「大丈夫です慣れますよ」

泡浮「私たちだけのときはこうしましょう?」

上条「分かった。じゃあそろそろお仕事に戻るよ。またね」

湾内「がんばってくださいね」

泡浮「暇になったらいつでも来てくださいね」

ガチャ







28: 上条さん的にお兄様よりお兄ちゃんと呼ばれたいと思ったの 2010/12/27(月) 16:13:39.22 ID:c9QfGN.o

上条「父さんに電話してみるか・・・」brrrrr

刀夜「当麻か、どうしたんだ?」

上条「どうもこうも俺の妹だっていう子に会ったよ」

刀夜「そうか、仲良くしてるか?」

上条「いやまだそこまでは」

刀夜「そうか・・・で、どうしたんだ?」



29: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 16:24:19.25 ID:c9QfGN.o

上条「父さん、三股してたの?」

刀夜「当麻には話してなかったな・・・」

上条「どういう・・・?」

刀夜「父さんにはそのつもりはなかったんだが」

刀夜「当麻の不幸をどうにかしたいと思っていろんなものを集めていたんだが」

上条「うん」

刀夜「そういうのを集めている最中に思ったんだよ」

上条「?」

刀夜「当麻に兄弟がいたら不幸が緩和されるんじゃないかと思ってたんだが」

上条「うん」





30: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 16:32:16.85 ID:c9QfGN.o

刀夜「そんなこんなでいろいろ集めてる内に万彬と絹保のお母さんにあって、それで」

当麻「それで?」

刀夜「父さんが集めたものが暴走して・・・」

当麻「まさか・・・」

刀夜「父さんのごにょごにょが二人の中に・・・」

当麻「そ、そんなことが・・・」

刀夜「まさか見ず知らずの女性に・・・父さんどうしたものかと思ったんだけど」

刀夜「二人はなんでかはよくわからないんだけど産みたいってなって」

刀夜「ということなんだ」

上条「なんだかなあ」




33: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 16:40:22.86 ID:c9QfGN.o

上条「母さん・・・怒った?」

刀夜「ああ・・・今でもよく覚えてるよ」

上条「わかった・・・じゃあ切るよ」

刀夜「そうそう、当麻」

上条「何?」

刀夜「女の子達と仲良くなるにはな?」

上条「うん」

刀夜「一緒にお風呂入るといいぞ?」

上条「なななな何言ってんだー!じゃあ!」ブツッ

上条「全く!」

上条「お仕事しよう・・・」





34: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 16:50:54.08 ID:c9QfGN.o

上条「・・・あれ?お仕事ってなにすればいいんだ?」

上条「寮監さん、俺のお仕事って何をすればいいんですか?」

寮監「ああ、言い忘れてた。すまない。基本はまず寮の掃除、夕食作り、それから」

上条「それからなんですか?」

寮監「寮生の話し相手にでもなってあげてくれ」

上条「俺なんかで大丈夫ですかね?」

寮監「大丈夫だ問題ない」

上条「やれるだけがんばります」

・・・・・・・・・



36: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 17:01:55.57 ID:c9QfGN.o

上条「どうしたらいいんだぁ・・・。ん?あそこ水で濡れて・・・」

婚后「・・・まぁ私にかかれば?あれぐらいなんでもありませんわ!」

湾内泡浮「さすがです」

婚后湾内泡浮「キャ!」ズルッ

上条「あぶねぇ!」




37: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 17:06:54.30 ID:c9QfGN.o

上条「!!!」ギュッ

婚后湾内泡浮「っ!!!」

上条「あ、危なかった・・・三人とも大丈夫か?」イケメンAA

婚后「あ・・・上条様が・・・ええあなたのおかげで・・・大丈夫ですか?」

湾内泡浮(かっこいい・・・///)

上条「ああ・・・三人が無事でよかった」

婚后湾内泡浮「!!!」ズキューン

上条(は!つい助けるためとはいえ女の子を抱きしめてしまった!)



38: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 17:16:18.51 ID:c9QfGN.o

上条「えっと・・・三人とも大丈夫かな?」

婚后「ええ・・・(もうちょっとあのままでも)」

湾内「///」

泡浮「///」

上条「ん?二人とも顔赤いけど大丈夫か?」

湾内「あっ、えっ

泡浮「そ、その」

上条「もしかして熱とか・・・ちょっと見てみようか」

湾内「あ///(お兄ちゃんの顔がこんなに・・・)」

上条「んー熱はないなあ。万彬ちゃんは?」

泡浮「ふにゃあ///」

上条「ん?」

湾内泡浮「」フシュー




39: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 17:19:24.49 ID:c9QfGN.o

上条「だ、大丈夫か?ちょっと保健室に連れて行くから婚后さん・・・だったかな?またあとで!」

婚后「え、ええ・・・」

上条「よっこらしょっと」

湾内「は、はふぅ、私お兄ちゃんに」

泡浮「抱っこされちゃってます」

上条「さ、さすがに二人同時はきついなあ」





40: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 17:23:56.74 ID:c9QfGN.o

上条「保健室保健室・・・あった。ここか・・・失礼しまーす」

上条「あれ?誰もいないな。じゃあベッド借りようか。にしても3人は一緒に寝れそうなベッドだ」

上条「はい、万彬ちゃん、絹保ちゃんベッドだよ」

湾内「ありがとうございました」

泡浮「重たく・・・なかったですか?」

上条「ちょっとだけね」




41: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 17:28:17.27 ID:c9QfGN.o

上条「二人とも熱は大丈夫か?」

湾内「大丈夫です。ちょっと・・・」

泡浮「どきどきしちゃっただけです」

上条「そっか。じゃあ二人はゆっくり休んでて」

湾内「あの、一緒にサボりませんか?」

泡浮「私たちと一緒のベッドで兄弟仲良く」

上条「いやいや、それはマズいと・・・」

湾内「お兄ちゃんと一緒に寝るのはダメなことでしょうか?」

泡浮「これもまた神様のお導きだと思います」

上条「・・・そうかもな。じゃあそうしよっか」






43: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/27(月) 17:33:57.78 ID:c9QfGN.o

絹保万彬「当麻お兄ちゃん・・・」

当麻「万彬・・・絹保・・・」

絹保「当麻お兄ちゃん大好きです」ギュッ

万彬「私も当麻お兄ちゃんがお兄ちゃんでよかったです」ギュッ

当麻「俺も二人が妹でよかった」ギュッ

絹保「おやすみなさい、万彬ちゃん、当麻お兄ちゃん」

当麻「おやすみ。絹保」ナデナデ

万彬「おやすみなさい、絹保ちゃん、当麻お兄ちゃん」

当麻「おやすみ、万彬」ナデナデ

・・・・・・





54: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/28(火) 10:06:11.28 ID:COTQygAO

 今さらだけど
「お兄ちゃん」より
「お兄さま」の方がいいn…いや、どちらも捨てがたいな。超乙



55: 試しにお兄様で書いてみます 2010/12/28(火) 10:24:39.56 ID:BAZrSvwo

カァーカァーカァー

当麻「あー久しぶりによく寝た」

絹保「お兄様・・・」

当麻「可愛いな絹保は」

絹保「んん・・・」ぎゅっ

当麻「落ち着け・・・上条当麻・・・相手は妹だ・・・」



56: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/28(火) 10:44:00.70 ID:BAZrSvwo

万彬「お兄様行っちゃだめです」ギュウ

当麻「俺はどこにも行かないよ?」

万彬「・・・すーすー」

当麻「寝言か・・・」

当麻「腕が痺れるけどなんか嬉しいな。もうちょっとだけこのままでもいいよな」






59: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/28(火) 12:06:17.30 ID:BAZrSvwo

当麻「絹保?万彬?そろそろ起きてくれないか?上条さん腕が」

絹保「んっ・・・お兄様・・・?」うとうと

当麻「絹保、そろそろ起きようか?」

絹保「はい・・・お兄様・・・きゃ!」

当麻「ど、どうした?」

絹保「わ、私お兄様と密着して?!」

当麻「絹保が寝ぼけて抱きついてきたんだよ」

絹保「は、はしたないことをしてしまいました///」

当麻「いいって、兄弟なんだから普通のことじゃないか?」

絹保「・・・兄弟って素敵ですね///」

当麻「ん?なんか言ったか?」

絹保「い、いえ!なんでもないです!」



60: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/28(火) 12:37:06.76 ID:BAZrSvwo

当麻「ほら、万彬?起きて」ゆさゆさ

万彬「んっ・・・?」

当麻「万彬?そろそろ起きるぞ?」

万彬「お兄様・・・私変な夢を見てしまいました」

当麻「俺がいなくなっちゃう夢?」

万彬「どうして分かったのですか?」

当麻「万彬が寝言で「行っちゃだめ」って。俺に抱きついて放してくれなかったよ」

万彬「私はしたないです///」

当麻「やっぱり姉妹だな」

万彬「どういう意味ですか?」

当麻「絹保も万彬も同じことをしてたんだよ」

絹保「///」こくり

当麻「可愛い妹だからいつでも歓迎するよ?」

万彬「は、はい///」

当麻「じゃあ戻ろうか」




61: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/28(火) 12:41:00.56 ID:BAZrSvwo

万彬「手・・・」

当麻「ん?」

万彬「手をつないでも・・・いいですか?」

当麻「ああもちろん」にぎ

万彬「あ、ありがとうございます」ぽっ

絹保「私も握ってくださいませんか?」

当麻「いいよ」にぎ

絹保「お兄様と・・・嬉しいです」

当麻「俺も二人とこうしていられて嬉しいよ」

お出かけしてくるのでまた夕方に






64: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/28(火) 17:44:06.39 ID:MAje7Uso

絹保「そういえばお兄様」

当麻「なんだ?」

絹保「お兄様の携帯電話の番号まだ知らないので教えてください」

当麻「そういえばまだ教えてなかったな。俺まだ操作に慣れてないからやってもらえるかな?」つ

絹保万彬「はい!」

絹保「えっとアドレス帳」

ポチポチ

絹保「これ・・・」

万彬「女の人ばっかり・・・」

当麻「どうした、二人とも?」



65: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/28(火) 18:00:05.74 ID:MAje7Uso

絹保「いえ、なんでもありません」

万彬「今登録しますので」

当麻「うんわかった」

絹保「出来ましたよ」

当麻「絹保も万彬もありがとな」

万彬「いえ。あの、お兄様、もう一つよろしいでしょうか?」

当麻「なんだ?」

万彬「お兄様とその・・・写真、撮ってもいいですか?

当麻「写真?」



66: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/28(火) 18:10:05.48 ID:MAje7Uso

万彬「まだお兄様との写真がありませんから」

当麻「そうだな。構わないよ」

万彬「絹保ちゃんも一緒に」

絹保「はい」

万彬「それではいきますよ、せーの・・・」

かしゃっ

万彬「お兄様との思いでまた一つ」

絹保「また一緒に撮ってくださいね?」

当麻「ああいいぜ」






67: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/28(火) 18:43:48.84 ID:MAje7Uso

学生A「いたいた、上条さん」

学生B「あ、湾内さんも泡浮さんも」

学生C「お二人とも嬉しそうな顔をしてますけど何かありました?」

湾内泡浮「いいえ、なんでもありませんわ。ふふふ」

学生ABC「???」





68: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/28(火) 19:44:31.45 ID:MAje7Uso

当麻「じゃあ俺は夕食作りのお手伝いに行かないと」

絹保「お兄様はお料理もお作りに?」

当麻「たいしたものは出来ないよ」

絹保「いつか時間がある時に私たちにお兄様のお料理を頂かせてくださいね?」

当麻「そんなにおいしくないかも知れないぜ?」

万彬「いつかと言わず今すぐにでもお兄様の手料理を頂きたいですわ」

当麻「今日はあれだけど今度の日曜日に俺の寮でよかったらどうかな?」

絹保「本当ですか?それでは楽しみにしてますわ」

万彬「約束ですわ」

当麻「ああ、じゃあまた後で」

絹保万彬「行ってらっしゃいませ」





70: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/29(水) 12:19:22.37 ID:tkbSKQco

夕食

「いただきます」

当麻「お隣いいかな?」

万彬「あ、どうぞお座りになってください」

当麻「それじゃ失礼して」

絹保「お疲れ様ですわ」

当麻「そんなたいしたことしてないよ」

婚后「私たちのお食事をお作りになってくださったのでしょう?たいしたことではありませんか?」

当麻「そ、そうかな?」

絹保「おにい・・・上条さんはどのお料理をお作りに?」

当麻「シチューを作ったよ」




72: 万彬(まあや)だよ 2010/12/29(水) 12:31:15.79 ID:tkbSKQco

絹保「それではいただきますね」

当麻「口に合うといいんだけど」

絹保「・・・いつもと違いますわ」

婚后「なんていうか」

万彬「家庭の味というものでしょうか?」

当麻「それはつまり・・・?」

絹保「とてもおいしい、ですわ」

万彬「ええとっても」

婚后「ま、毎日食べてあげてもよろしくてよ!」

当麻「そ、そうか?それなら良かった」





73: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/29(水) 12:54:44.01 ID:tkbSKQco

御坂「今日のシチューいつもと違うわよね?なんというか愛のあるお説教を受けた時の気分に」

白井「何を言っているかさっぱりですわ」

・・・・・・・・

「ごちそうさまでした」

当麻「じゃあ俺は皿洗いがあるからこれで」


絹保「お兄様のお料理おいしかったですわね?」ひそひそ

万彬「お兄様のお料理のフルコースをぜひいただきたいですわ」ひそひそ

婚后「湾内さん、泡浮さん、何をお話に?」

絹保万彬「いえ、なんでもありませんの!」

婚后「お二人とも今日はなんだか変ですわね?」





79: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/30(木) 12:30:38.72 ID:T27AJXUo

当麻「ふぅ・・・お仕事とはいえプール掃除ってきついなあ」

当麻「ちょっと喉が渇いたな」

「お飲みになられますか?」

当麻「え?」

絹保「ご苦労様です」

万彬「少しお休みになられては?」

当麻「二人ともどうしてここに?」



80: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/30(木) 12:52:48.45 ID:T27AJXUo

絹保「私たち水泳部員ですから」

万彬「それを口実にお兄様にお会いできたらと思いまして」

当麻「そっか」

絹保「お兄様、私スポーツドリンクを持ってきていますのでよろしかったらお飲みになります?」

当麻「ああ、ありがとう。それじゃあお飲みに・・・じゃなくてもらおうかな」

絹保「どうぞお兄様」



81: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/30(木) 12:56:50.22 ID:T27AJXUo

当麻「ごくごく・・・」

絹保「私の飲みかけですけど」

当麻「ぶはぁ!」

万彬「お兄様いかがなさいましたの?」

当麻「い、いやなんでもない!」

絹保「もしかしてお口に合いませんでした?」

当麻「そうじゃないよ!そうじゃなくてさ」

絹保「そうではなくて?」



82: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/30(木) 13:08:34.09 ID:T27AJXUo

当麻「絹保が自分の飲みかけだって言っただろ?」

絹保「ええたしかに言いました」

当麻「ということはさ、間接的に俺と絹保がキスした訳じゃない?」

絹保「お、お兄様と接吻///」

当麻「だからびっくりしちゃって吹いちゃったんだよ」

絹保「お兄様は・・・私と接吻をするのはお嫌ですか(わ、私変な事を!)」

当麻「え!あ、いや、そういうわけじゃないんだけど・・・あーこの話はなしで」

絹保「ごめんなさい。お兄様を困らせてしまって」もじもじ

当麻「いや、絹保は何も悪くない!悪いのは俺だから」







83: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/30(木) 13:15:23.58 ID:T27AJXUo

絹保「いえ、悪いのは私です」

当麻「いいや、俺が悪い!」

万彬(私も今度スポーツドリンクを・・・わ、私ったら何を!)

当麻「万彬どうかした?」

万彬「あ、いえ、なんでもありませんわ!」

当麻「それならいいんだ」

絹保「わ、私そろそろいかないと!」

当麻「ん、もう行くのか?」

絹保「お兄様とお話できて楽しかったですわ(これ以上お兄様と一緒にいたらどうにかなってしまいますわ!)」

万彬「わ、私もこれで!」

当麻「ああ、飲み物ありがとうな」




85: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/30(木) 23:32:56.42 ID:.G7/jAEo

当麻「あーしんどかった。絹保と万彬のおかげかな」

「お疲れ様」

当麻「この声は・・・ビリビリか?」

御坂「ビリビリじゃなくて御坂美琴って名前があるって言ってんでしょーが」

当麻「んで何の用でしょうか?」

御坂「ちょっとアンタに聞きたいことがあるのよね」

当麻「上条さんに聞きたいこととは何でせうか?」

御坂「湾内さんと泡浮さんの事よ」



86: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/30(木) 23:45:06.83 ID:.G7/jAEo

当麻(もしや御坂・・・)

御坂「男が苦手な湾内さんが男に積極的に話しかけているの見たことないわ」

当麻「え、そうなの?」

御坂「それに初対面のアンタに急に仲良くなるなんて変でしょうが」

当麻「それで俺を疑ってるのか・・・」

御坂「アンタあの二人に変なことしたり妙な事を言ったりしてないでしょうね?」

当麻「俺がそんなことをすると思ってるのか?」

御坂「・・・ないわよね。でも後者はありえると思うのよね」

当麻「たとえばどんな?」




87: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/30(木) 23:49:44.38 ID:.G7/jAEo

御坂「たとえば・・・「君みたいな可愛い子が俺のお嫁さんになってくれたらなー」とか」

当麻「上条さんは間違ってもそんなことを言ったりしませんよ?」

御坂「嘘つきなさい!一日一回言ってるような男でしょうがアンタは!」

当麻「上条さんそんな軽い男じゃありません!」

御坂「嘘!」

当麻「嘘じゃない!」

御坂「嘘!」

当麻「嘘!」

御坂「ほら、嘘じゃない!」

当麻「今のは無しだろ!」

「あら?」



88: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 00:02:33.91 ID:fNwKLxko

絹保「まだお残りになっていたのですか?」

当麻「これからあがる所だったんだけどビリビリが話しかけてきてさ」

絹保「上条さんは御坂様とお知り合いなのですか?」

当麻「知り合いっちゃ知り合いだな」

万彬「お二人の声が響いてましたけどなにかありましたのですか?」

御坂「二人とも正直に言っていいの。こいつに変なこと言われなかった?」

絹保「変なこと・・・ですか?」

万彬「特に言われていませんわ」

御坂「本当に言われてないの?」

絹保「ええ」

御坂「そう、それならいいわ。呼び止めて悪かったわね。二人ともこいつには気をつけなさいよ。それじゃ」

当麻「じゃあな」



89: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 00:13:02.60 ID:fNwKLxko

絹保「・・・お兄様?」

当麻「なんだ?」

絹保「先ほど御坂様が言っていた変なこととはどのような事なのですか?」

当麻「あー、あれは気にしないでいいよ」

万彬「気にするなと言われるほうが気になりますわ」

当麻「んーまあいいか」

当麻「御坂が言うには俺と二人が急に仲良くなったのは俺が二人に「君みたいな可愛い子が俺のお嫁さんになってくれたらなー」みたいな事を思ったらしいんだ」

万彬「そうでしたの」

当麻「全く迷惑な話だよなー。二人がそんなの言われたからってOKするとは思えないな」

絹保「そうとは限りませんわ」

万彬「ええ」

当麻「そうなの?」



90: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 00:18:47.00 ID:fNwKLxko

当麻「絹保は男が苦手って聞いたぞ?」

絹保「粗暴な殿方は、ですわ。それに・・・」

当麻「それに?」

絹保「お兄様にそのような言葉をかけられたら断れませんわ」もじもじ

当麻「普通断るんじゃないのか?」

万彬「お兄様は乙女心という物が分かっていませんわ」

当麻「万彬は分かるのか?」

万彬「ええ」

当麻「つまりどういう事なんだ?」



91: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 00:24:04.73 ID:fNwKLxko

万彬「それは」

当麻「それは?」

万彬「内緒ですわ」

当麻「教えてくれないのか?」

万彬「お兄様が私たちの事をもっと知ってくださいましたら教えて差し上げますわ」

当麻「ちぇっ」

万彬「ふふふ」

当麻「あ、そうだ二人ともこれから俺の寮にこないか?」

絹保「よろしいのですか?」

当麻「ああ。それにこの間俺の料理を食べさせてあげるって約束したしな」

万彬「それではお言葉に甘えて」

当麻「じゃあ部屋少し待っててくれ」

絹保「はい、お兄様!」

万彬「お兄様の事をたくさん知りたいですわ」

当麻「おおげさだなー」




95: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 11:30:25.07 ID:i5BZL6oo

コンコン

絹保万彬「はーい」

当麻「ごめん、待ったかな?」

絹保「いいえ、お兄様。今準備が出来た所ですわ」

当麻「じゃあ行こうか」

万彬「お兄様、一つお願いがあるのですがよろしいですか?」

当麻「なんだ?」

万彬「腕を組ませていただけませんか?」

当麻「誰かに見られたらマズくないか?」

万彬「むしろ見られたいような気分ですわ」ポッ

当麻「絹保はどう思う?」

絹保「私もお兄様としたいですわ」ポッ

当麻「寮から離れるまではダメだぞ?」




96: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 11:44:39.10 ID:i5BZL6oo

万彬「それでも構いませんわ」

絹保「お兄様と腕組み出来るなら我慢しますわ」

当麻「じゃあ行こうか」

・・・・・・・

当麻「・・・」

万彬「・・・」ぺたぺた

絹保「・・・」ぺたぺた

当麻「二人ともそんなにくっついたら歩きづらい・・・」

絹保「お兄様と離れるのが怖いですわ」

万彬「お願いですからこのままでいてくださいませんか?」

当麻「寮から離れたし腕組むか?」

万彬「よろしいのですか?それでは失礼しますね」

絹保「お兄様暖かい・・・」





97: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 12:12:23.86 ID:i5BZL6oo

絹保「お兄様ぁ」

万彬「この腕放しませんわ」

当麻(土御門の気持ちが分かってきた気がする)

絹保「お兄様、あの建物ですか?」

当麻「ああ、そうだよ」

万彬「これからお兄様のお部屋に足を踏み入れるのですね。心臓の鼓動が止まりませんわ」

当麻「そんなたいした部屋じゃないけどな」







98: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 12:26:10.29 ID:i5BZL6oo

絹保「・・・」ペタペタ

万彬「・・・」ペタペタ

当麻「ここが俺の部屋なんだけどそろそろ離れてくれないと誰かに見られ」

「カミやんお帰りだにゃー」

当麻「間の悪いところに」

土御門「カミやん親友に対してひどい言い方だにゃー・・・ん?」

当麻「どうした?」





99: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 12:31:48.49 ID:i5BZL6oo

土御門「カミやん今度はどこの女の子を拾ってきたんだにゃー?」

当麻「拾ってねーよ」

土御門「この制服は常盤台の・・・。カミやんとうとうお嬢様にも手を出しちゃったぜよ」

当麻「出してない!」

土御門「しかもさっきお兄様って呼ばせてたのも聞かせてもらったにゃー」

当麻「いつからいたんだよ?」

土御門「カミやんのことはなんでも知ってるんだにゃー」

当麻「気持ち悪いこと言うな!」



100: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 12:35:57.43 ID:i5BZL6oo

土御門「ところでカミやん」

当麻「なんだよ?」

土御門「カミやんも兄弟で愛し合う事のよさが分かってきたみたいだにゃー」

当麻「はいいいい?」

土御門「お兄様って呼ばせてるって事はそういうことだぜい」

当麻「ち、違う!断じて!俺はそんなことしない!」

土御門「まーそういうことにしておくにゃー。それじゃあにゃー。お嬢様達もまたにゃー」





101: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 12:43:38.19 ID:i5BZL6oo

絹保「今の方はお兄様のご友人ですか?」

当麻「そうだよ」

万彬「先ほどの兄弟で愛し合う事というのはどのような事でしょうか?」

当麻「二人にはまだ早い!」

万彬「そうなのですか?」

当麻「ダメ、ゼッタイ!」

万彬「は、はい!」

当麻「じゃあ、入ろうか」ガチャ

絹保「ここがお兄様のお部屋ですのね?」

万彬「ぁぁ、お兄様の香り」

当麻「自分の部屋なのに緊張してきた」





105: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 21:56:52.38 ID:F/rNwAMo

万彬「お兄様のお部屋お綺麗ですね」

当麻「家を出る前に片付けたからな。お茶入れてくるからベッドにでも座って待っててくれ」

絹保「はい、お兄様」

万彬「これが毎日お兄様がお休みになられているベッドですのね」

絹保「すー・・・とってもいい匂いですわ」

万彬「わ、私にも・・・すー、はぁぁ、お兄様ぁ」

当麻「今呼んだ?」

万彬「なんでもありませんの!」

当麻「気のせいか、ごめんな」

万彬「いえ、お気になさらないでください」





106: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 22:06:36.83 ID:F/rNwAMo

絹保「あら?」

万彬「どうなさいました?」

絹保「お兄様のベッドになにか・・・」もぞもぞ

万彬「?」

絹保「・・・」

万彬「何かありました?」

絹保「万彬さん、これ・・・」つ女子の下着

万彬「お兄様の・・・ではありませんね」

当麻「はい、お茶もって来ました・・・みなさんどうかいたしました?」

絹保「お兄様、この下着は・・・?」

当麻(げっ、あれインデックスのか?!全部持っていったんじゃなかったのか!)

万彬「これは一体どういう・・・?」

当麻「あー、それはですね・・・」







107: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 22:20:07.03 ID:F/rNwAMo

当麻(なんて言い訳すれば・・・風で飛んできたってことにするか?それとも正直に・・・)

万彬「もしかしてお兄様の彼女の方の物でしょうか?」

当麻「え、あの、えっと・・・そう!彼女が忘れていっちゃったんだよ」

絹保「でもなぜお兄様のお部屋で下着をお脱ぎになられたのでしょう?」

当麻(絹保ちゃん、万彬ちゃん、お願いだからもうやめて!)

当麻「き、絹保ちゃん?それお洗濯してお返ししたいのですが?」

絹保「あ、はい、お兄様」つ

当麻「これからはもっと気をつけないと」

万彬「何かおっしゃいました?」

当麻「いえ!一言も!」





108: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 22:53:06.94 ID:F/rNwAMo

絹保「お兄様?」

当麻「ん?」

絹保「お兄様にぜひして頂きたい事があるのですがよろしいでしょうか?」

当麻「してほしい事?」

絹保「お兄様、膝枕をしていただけないでしょうか?」じーっ

万彬「寮ではなかなか機会がありませんから・・・」

当麻「それぐらいいつでも歓迎するよ!」

当麻(ああああああ可愛い!絹保の上目遣いも万彬の照れてる顔も可愛い!)

当麻「じゃあ・・・よっと。おいで、絹保、万彬」

絹保「我侭を聞いて下さってありがとうございます」

万彬「お兄様・・・」ごろん

絹保「私、夢のようですわ」





109: 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします 2010/12/31(金) 23:13:11.74 ID:F/rNwAMo

当麻「絹保の髪ってふわふわしてるんだな」なでなで

絹保「髪の毛を褒めてくださったのはお兄様がはじめてですわ。嬉しいです」

当麻「本当か?こんなに綺麗なのになあ」なでー

絹保「お兄様の手、温かくて大好きですわ」うっとり

万彬「お兄様、私にも・・・」

当麻「ごめんな万彬」さらさら

万彬「お兄様のお膝もお手も柔らかくて温かくて眠ってしまいそうですわ」

当麻「万彬の髪の毛は長くてサラサラして艶々なんだな」

万彬「顔から火を噴いてしまいそうですわ///」

当麻「こんなことぐらいでいいならいつでもしてあげるからな」

・・・・・・・






110: 以下、2011年まであと2185秒。。。 2010/12/31(金) 23:23:36.24 ID:F/rNwAMo

土御門「おーおー、カミやんなかなかやるぜよー」

舞夏「兄貴ー、様子はどうだー?」

土御門「よくやってるにゃー。舞夏も見るといいんだにゃー」

舞夏「おー、マタタビをもらったネコみたいだなー。90点ぐらいだなー」

土御門「残りの10点は何だにゃー?」

舞夏「ただ甘甘なだけじゃ物足りないのだよー。もう少しドロドロした感じがほしいなー」

土御門「そうだにゃー、もう少しそういうのがほしいぜよ」

舞夏「で、なんで私たちは見張っているんだー?」

土御門「あの二人とカミやんが仲良くやっているかを調査するのが仕事なんだにゃー」

舞夏「そうなのかー」

・・・・・・・



111: 以下、2011年まであと1762秒。。。 2010/12/31(金) 23:30:39.56 ID:F/rNwAMo

当麻「」なでなで

ぐー

絹保万彬「・・・///」

当麻「ははっ、そろそろご飯作ろうかな」

絹保「お手伝いいたしますわ」

万彬「私もお手伝いしますわ」

当麻「お腹がすいているのに働かせたら倒れちゃうから待っててな」



112: 以下、2011年まであと779秒。。。 2010/12/31(金) 23:47:02.05 ID:F/rNwAMo

当麻「よし、出来た!」

当麻「はい、お待たせしましたよ~」

玉子焼き 味噌汁 ご飯

絹保「すべてお兄様の手料理・・・」

万彬「いただいてもよろしいでしょうか?」

当麻「それじゃ、いただきます」

「いただきます」

絹保「それでは玉子焼きを・・・ぱく」

当麻「どう、かな?」

絹保「甘くて美味しいですわ。お兄様の愛を頂いているみたいですわ」

当麻「そんなに褒めたって何も出ないぞ?」

万彬「お世辞などではありません。このお味噌汁も、こんなに美味しいのですから毎日頂きたいですわ」

当麻「それは男の台詞な気がするなあ」






113: 以下、2011年まであと163秒。。。 2010/12/31(金) 23:57:18.94 ID:F/rNwAMo

当麻「ご飯粒一つ残さず綺麗に食べたな」

絹保「お兄様のお料理が美味しかったものですから。ねえ、万彬さん?」

万彬「ええ、その通りですわ。残すだなんて罰が当たりますわ」

当麻「そ、そうか。それじゃあ皿洗いしようかな」

絹保「今度は私にもお手伝いさせてくださいね?」

万彬「仲良くお皿洗いというのもよろしいでしょう?」

当麻「それじゃ、一緒にやろうか





114: あけましておめでとうございます 2011/01/01(クリスマス) 00:06:50.68 ID:2OHOY/ko

絹保「お兄様、私の能力は水流操作というのですけれど」

当麻「水流操作?」

絹保「はい、見ててくださいね?」バシャー

当麻「おー」

絹保「お皿綺麗になりましたわ」

万彬「私も」バシャー

当麻「万彬もやるなあ。二人ともいいお嫁さんになれるんじゃないか?」

絹保万彬「!!!」ドッパーン

当麻「あばばっ!」

絹保「お、お兄様?!ごめんなさい、取り乱してしまって!」

万彬「お洋服濡らしてしまってごめんなさい!」

当麻「二人も取り乱すことがあるんだな。発見っと」





115: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/01(正月) 00:14:39.71 ID:2OHOY/ko

当麻「よし、終わり。二人ともお疲れ様」

万彬「協力したから早く終わりましたね」

絹保「お皿洗いとは楽しいものなのですね」

当麻「二人の花嫁修業にちょうど良かったな」

絹保万彬「も、もうお兄様!///」






118: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/01(正月) 15:57:09.86 ID:nva9AkQo

当麻「二人はこの後用事はあるのか?」

絹保「ありませんわお兄様」

万彬「私もありません」

当麻「もしよかったらさ、俺と一緒にお買い物しないか?」

絹保「それって・・・」

万彬「デートというものでしょうか?」

当麻「デート・・・でいいのかな?」

絹保「お兄様とデートできるなら喜んでイカせていただきますわ」

万彬「エスコートよろしくお願いいたしますわ」

当麻「まさか上条さんの初デートが妹とは。でもこれはこれでなかなか」

絹保「お兄様?」

当麻「なんでもない!ちょっと考え事を」

絹保「変なお兄様」





119: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/01(正月) 16:09:01.43 ID:nva9AkQo

当麻「んじゃ行こうか」

絹保「腕、組ませてくださいね?」

万彬「デートですから」

当麻「二人とも甘えん坊さんだなあ」

絹保「お兄様がいけないのですわ」

当麻「なんで?」

万彬「お兄様がこんなにお優しいから甘えたくなってしまうのです」

当麻「俺そんなに優しいか?」

絹保「十二分にお優しいと思いますわ」

万彬「私が出会った方の中で最もお優しい部類に入るかと」

当麻「それって自信持っていい?」

万彬「お兄様は自覚を持たれた方がよろしいかと思いますわね」

絹保「全く自覚というものがないのですわね」



120: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/01(正月) 16:20:20.10 ID:nva9AkQo

当麻「二人は何かほしいものあるか?服とか?」

絹保「ほしいものですか?特にほしいものは・・・」

当麻「万彬は?」

万彬「私も特には。あえて言うならお兄様の愛がほしいですわ」

当麻「俺の愛?」

万彬「///」こくり





122: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/01(正月) 23:03:53.78 ID:R4Uc2vso

当麻「愛ってなんだろうなー」

絹保「きっとこうしていられる事だと思いますわ」

当麻「こういうのでいいのか?」

万彬「こういうのがいいのですよお兄様」

当麻「そんなもんなのか」



123: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/01(正月) 23:19:50.83 ID:R4Uc2vso

当麻(あそこにクレープ屋があるな。ちょっと寄っていくか)

当麻「なぁ、あそこにクレープ屋があるから食べないか?」

万彬「いいですわね」

絹保「いただきます」





124: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/01(正月) 23:34:09.13 ID:R4Uc2vso

当麻「すみませーん、クレープ3つ下さい」

店員「種類はどれにいたしましょう?」

当麻「えっと俺はこれで。二人はどうする?」

絹保万彬「お兄様と同じものがいいですわ」

店員「かしこまりましたー。3つで\1050です」

当麻「お願いします」

店員「\1050丁度ですねー。ありがとうございましたー」

当麻「じゃああそこに座って食べようか」

絹保「落ち着いた所ですわね」

万彬「ええ」

当麻「前にビリビリと来たっけな」





125: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/01(正月) 23:40:48.85 ID:R4Uc2vso

絹保「お兄様御坂様とデートをなされたのですか?」

万彬「初耳ですわ」

当麻「一緒にクレープ食べただけだからデートとはいえないな」

絹保「まぁお兄様ったら!」

万彬「お兄様は手の施しようがないぐらい鈍いのですね」

当麻「まぁ、今は二人とのデートだからビリビリの話は置いておこう」

絹保「うまくかわされましたね」





126: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/01(正月) 23:52:36.96 ID:R4Uc2vso

当麻「んじゃあ頂いて。んー、おいしいな」

絹保「初めて食べましたがおいしいですわ」ぱくぱく

万彬「甘いものを食べると幸せになりますわ」

当麻「そうだな」

・・・・・

御坂「あそこにいるのアイツじゃない。しかも湾内さんと泡浮さんと一緒にクレープ食べてるじゃない?!」

御坂「しかも前に一緒に食べたところと同じ場所で・・・」

御坂「ちょっと、ちょっとだけ話を聞くだけ。そう話を聞くだけ」






127: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/01(正月) 23:58:16.40 ID:R4Uc2vso

絹保「甘くておいしいですわね」

万彬「甘いものを食べると幸せになるってよく言いますわね」

御坂「ちょっと、アンタ!」

当麻「あ、二人ともクリームついてるぞ」

二人の口元に指を這わせてクリームを舐める

絹保「ひゃぁ?!お兄様!」

万彬「い、今?!」

御坂「ちょ、何やってんの!」

当麻「うわっ、ビリビリ!」






128: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/02(日) 00:05:41.11 ID:1aCxe0ko

御坂「あ、アンタ今湾内さんと泡浮さんに?!それに今アンタの事お兄様って・・・一体どういう関係なの?」

絹保「御坂様・・・これは・・・」チラッ

万彬「・・・」チラッ

当麻「絹保、万彬、ビリビリには・・・話していいと思う」

絹保「お兄様・・・」

万彬「よろしいのですか?」

当麻「ああ。それにビリビリならいいと思う」

絹保「そうですわね。御坂様なら」

万彬「お兄様がお話になってください」

御坂「ちょ、ちょっとどういう・・・?」






129: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/02(日) 00:12:26.60 ID:1aCxe0ko

当麻「ビリビリ、俺と二人は兄弟なんだ」

絹保の髪の毛を掻き分け万彬を抱き寄せる

絹保「お兄様、御坂様が見てらっしゃいますのに///」

万彬「恥ずかしくて顔を上げられませんわ」

当麻の腋に顔をうずめる

御坂「アンタたちが兄弟?・・・兄弟ぃぃぃぃ?!」

当麻「まぁ、そうなるよな普通」



130: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/02(日) 00:20:14.62 ID:1aCxe0ko

御坂「ほ、本当なの?」

当麻「ああ、父さんにも聞いたよ」

御坂「でも苗字が違うじゃない」

当麻「まぁ、簡単に説明すると父さんが集めてたモノが暴走して父さんのほにゃららと絹保と万彬のお母さんのごにょごにょがピーしちゃったというわけだ」

御坂「無茶苦茶ね・・・」

当麻「全くだ」

御坂「アンタと二人が一緒にいたとき上条さんって言ってなかった?」

当麻「寮のみんなには黙っておこうと思ったんだ。二人に変な噂が流れないようにと思ってさ」

御坂「そうだったんだ」



131: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/02(日) 00:25:40.10 ID:1aCxe0ko

御坂「湾内さんと泡浮さんが懐く訳よね」

当麻「へ?

御坂「アンタみたいな兄がいたらってコト」

当麻「?」

御坂「鈍いから気づくわけないか。あ、それと一つ言っておくわね」

当麻「ん?」

御坂「アンタ達のコトを変に噂をする人なんて寮にいないと思うわよ?」

当麻「なんでそう言えるんだ?」

御坂「だってここは学園都市なんだから」

当麻「それが?」



132: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/02(日) 00:31:28.74 ID:1aCxe0ko

御坂「だーかーら!学園都市なんてなんでもアリなんだから、苗字の一つや二つ違うぐらいで誰もキニしないわよ」

当麻「なるほどな」

御坂「じゃあ私はそろそろ帰るわ。兄弟水入らずで仲良くしなさい」

当麻「ああ、ありがとう」

御坂「いいわよ礼なんて。でも一つ言っておきたいことがあるわ」

当麻「なんだ、言いたいことって?」

御坂「もうちょっと信用しなさいよ私たちを」

当麻「・・・ありがとうビリビリ」

御坂「だから礼はいいわよ。じゃ」





133: ちょっと告白するの早かったかも 2011/01/02(日) 00:41:57.54 ID:1aCxe0ko

当麻「バレちゃったな?」

絹保「でも不思議と気分がいい気がしますわ」

当麻「堂々と兄弟をやれってことかな?」

万彬「仰る通りかもしれませんわね。みなさんの前で他人のように装うのは大変でしたわ」

当麻「そうだな。それじゃクレープも食べ終わった事だしそろそろお買い物するか」

絹保「はいお兄様」

万彬「楽しみですわ」






139: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/02(日) 21:56:25.73 ID:tNVsiB6o

当麻「すぐ近くにセブンスミストがあるから行かないか?」

絹保「パジャマが古くなってきたので新調しようと思っていた所ですので良い機会ですわ」

万彬「そうですわね。お兄様、見ていただけませんか?」

当麻「俺なんかで参考になるのか?」

万彬「お兄様が可愛らしいと思ったものが着たいのです」

当麻「二人ならなんでも似合うと思うけどな」

絹保「そんなことはありませんわ」

万彬「本当にお兄様はお上手なのですから」




140: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/02(日) 22:51:56.74 ID:tNVsiB6o

店員「いらっしゃいませ」

当麻(絹保と万彬のパジャマ姿・・・やべえ抱きしめてえ。ひざの上に乗っけて抱きしめたくなってきた)

絹保(お兄様?」

万彬「いかがなさいました?」

当麻「え?ううん!絹保と万彬のパジャマ姿を想像したら可愛くて仕方ないとかそういうんじゃないぞ」

絹保「お、お兄様///」

万彬「恥ずかしいですから仰らないでくださいね?///」



141: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/02(日) 23:05:43.66 ID:tNVsiB6o

当麻「やってしまった・・・軽蔑・・・してますよね?」

絹保「軽蔑だなんて。1ミリたりとも思っていませんわ」

万彬「お兄様が私達の事をそのように思ってくださっているなんて。嬉しいです///」

当麻「なんて優しい子達なんだ」

絹保「さあお兄様、パジャマ選びしましょう?」

当麻「ああ」





142: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/02(日) 23:17:16.87 ID:tNVsiB6o

絹保「お兄様、このピンクのは似合いますか?」

当麻「絹保にピッタリだと思うぞ」

絹保「それでは試着してみますね」

当麻「きっと似合うぜ」

絹保「それでは・・・」

絹保がスカートに手をかけて脱ぎかける

当麻「ストップストップ!カーテンカーテン!」

絹保「え?・・・きゃぁ!お兄様のお目を汚してしまって申し訳ございません!」

当麻「いやそんなに誤る事じゃないって!ほら、着替えちゃいな」

絹保「そ、そうですね///」




143: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/02(日) 23:22:22.65 ID:tNVsiB6o

絹保「・・・お兄様?着替え終わったので見てくださいます?」

当麻「ああいいぞ」

絹保「お兄様・・・いかがでしょう?」

当麻「・・・すごくいい。ピンクと花柄が絹保の可愛さを引き立ててるよ」

絹保「本当ですか?それなら私、これがいいですわ」

当麻「他のは着てみないのか?」

絹保「お兄様が似合うと言ってくださったのですからこれが一番だと思いますわ」

当麻「そっか。じゃあ次は万彬の方か」



144: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/02(日) 23:49:21.46 ID:tNVsiB6o

当麻「万彬、いいのあったか?」

万彬「今試着している所ですわ。お兄様、着替え終わったのでよろしいですか?」

当麻「大丈夫だ」

万彬「いかが・・・でしょうか?」

恥ずかしくてやや内股になる

当麻「万彬は大人っぽいから柄無しがよく似合うな」

万彬「そ、そうですか?じゃあ私これで・・・」

絹保「お兄様?それってつまり私が子供っぽいということでしょうか?」

当麻「違うんだ絹保!そうじゃなくて絹保は華やか方が似合うって事だから!」じー

絹保「・・・」じー

当麻「・・・」じー

絹保「・・・そんなに見つめられたら恥ずかしいです///」ぽっ

当麻「ご、ごめん///」



145: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/02(日) 23:56:36.86 ID:tNVsiB6o

当麻「それじゃお会計を」

店員「お会計の方\5000になりまーす」

当麻(インデックスがいたらお支払いできなかっただろうな。よかったよかった)

店員「丁度お預かりしたしました。ありがとうございましたー」

当麻「じゃ、寮にかえろっか?」

絹保「もうそんな時間ですか。帰りたくありません・・・」

万彬「もっとお兄様とご一緒したいです・・・」

当麻「寮の時間は守らないと。それに今日しか一緒にいられないわけじゃないんだから。な?」





146: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/03(月) 00:01:31.61 ID:xjeso8.o

絹保「・・・はい、お兄様」

万彬「お兄様を困らせてしまうなんて。・・・妹失格ですわ」

当麻「そんなに落ち込むなよ。二人が悲しそうにしてるのが俺は一番悲しいんだ」

当麻「だから二人とも笑顔でいてほしいな」

絹保万彬「お兄様大好きです!」ギュッ

当麻「こ、こら、公衆の面前で抱きつかないの!」





150: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/03(月) 22:38:52.88 ID:HRuRWdQo

当麻「もうそろそろ寮に着くな。二人ともそろそろ離れようか」

絹保「・・・嫌ですわ」

万彬「私も、離しませんわ」

当麻「お二人さんまさか反抗期ですか?」

絹保「そうではありませんわ。隠し事はしないことに決めましたの」

当麻「いいのか?」

万彬「隠すような事は一切ありませんから」







152: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/03(月) 22:52:12.23 ID:HRuRWdQo

絹保「ですから、このままにしていただけませんか?」

当麻「本当に、いいのか?」

万彬「ええ、ですからこのままお願いします」

当麻「分かった。二人が本気なら俺もその気持ちに応えてあげないとな」

絹保「お兄様、ありがとうございます」

当麻「気にするなよ。俺は二人の兄なんだからさ」



153: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/03(月) 23:02:16.91 ID:HRuRWdQo

絹保「お兄様、私、胸がドキドキします・・・」

万彬「じ、実は私も・・・」

当麻「大丈夫だよ、俺が付いてるから」

絹保「お兄様」

万彬「ありがとうございます」



155: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/03(月) 23:15:18.10 ID:HRuRWdQo

・・・・・・・

寮監「話は以上だ」

寮監「私からの話は以上だが湾内と泡浮と上条君から話があるそうだ」

湾内「実は私たちみなさんに黙っていた事があるのです」

泡浮「実は・・・」

湾内「私と泡浮さんと上条さんは・・・兄弟なんです」

・・・・・・・

みんな「ええええええええええええええええ」






156: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/03(月) 23:24:44.43 ID:HRuRWdQo

当麻「やっぱり驚くよなあ」

婚后「湾内さんも泡浮さんも上条さんも何故お話にならなかったのです?」

絹保「それは・・・」

当麻「俺も絹保も万彬もみんなに話すのをためらったんだ」

万彬「お話ししたら変な噂とかされるのが怖かったのです・・・」



157: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/03(月) 23:33:38.70 ID:HRuRWdQo

白井「あの湾内さんと泡浮さんが姉妹でしかもお二人のお兄様があの殿方とは・・・」

御坂「いーんじゃない?」

白井「お姉さま驚かれませんわね?」

御坂「だって知ってたし」

白井「お姉さまご存知でしたの?」

御坂「まあね」



158: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/03(月) 23:40:07.51 ID:HRuRWdQo

絹保万彬「お兄様・・・」

当麻「大丈夫だよ、みんなを信じるんだ」

絹保万彬「はい、お兄様」


「そういえば似てるといえば似てますわね」

「お食事中とかよく一緒にいたりとか」

婚后「お二人とも私の事を器の小さい女だと思われていたなんてショックですわ、全く!」

婚后「あなたたちの悩みぐらい私が解決して差し上げますわよ?」





163: 上条さんは財政破綻しました 2011/01/04(火) 20:26:42.94 ID:fVN0lzMo


絹保「みなさん、ありがとうございます」

万彬「緊張しました・・・」

当麻「がんばったな二人とも。えらかったぞ」ぎゅう

絹保「お兄様・・・うっ、うっ」

万彬「ぐすっ、ぐすっ」

当麻「え、どうした・・・?」

絹保「ふええええええん」

万彬「おっ、おっ、お兄様あああああ」







164: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/04(火) 20:58:15.30 ID:fVN0lzMo

当麻「泣いてちゃわかんないぞ。どうしたんだ?」

絹保「ひっく、ひっく」

万彬「うっ、うっ」

当麻「どうした?」

絹保「あ、安心したら、ひっく、涙が出てきて・・・」

万彬「な、泣くつ、つもりは、ひっく、あ、ありませんでした。で、でも」

当麻「いいよ、言わなくても。好きなだけ泣けばいい」

絹保万彬「お兄様ぁ!」ドン

当麻「お、押し倒すなぁ!」










165: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/04(火) 21:52:04.35 ID:fVN0lzMo

「まぁ」

白井「あの大人しそうなお二人が押し倒しましたわよ、お姉様?」

御坂「兄弟なら・・・兄弟なら仕方ないわね」

白井「悔しいのですわね・・・」



166: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/04(火) 22:31:19.41 ID:fVN0lzMo

当麻「重いからどいてください・・・」

絹保「お兄様!お兄様!」

当麻「分かった分かった。分かったから後で!万彬も」

万彬「・・・お兄様がお望みなら従いますわ」

当麻「二人ともいい子」なでなで









167: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/04(火) 22:47:08.87 ID:fVN0lzMo

寮監「ふむ。そういうことなら上条君、湾内と泡浮の部屋で一緒に住まないか?」

当麻「思春期の男と年頃の女の子二人と同棲するということですよね?それは教育上よろしくないと」

絹保「よろしいのですか?本当によろしいのですか?」

万彬「はい、是非よろしくおねがいします」

当麻「それは危険だと思います。一夜の間違いというかそういう間違いが起こるかもしれないわけで」

寮監「君は本当に男か?男なら間違いの一つや二つするものだとは思わないか?」

当麻「なんかひどい・・・」

寮監「そういうわけで今日から上条君は湾内と泡浮の部屋に移動になったから用があったら二人の部屋に行くように」

「はい」

寮監「そういえばベッドはどうする?」

当麻「ベッドが何か?」

寮監「3つにすると部屋が狭くなるがいいか?」

当麻「いや自分は床で寝ますから」



168: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/04(火) 22:50:26.15 ID:fVN0lzMo

寮監「ベッドにしないなら湾内か泡浮と一緒に寝るという選択肢があるがどうする?」

当麻「だから床で」

寮監「3つのベッドにするか一緒に寝るという選択肢だけだ。どうする?」

当麻「絹保、万彬、どっちがいい?」

絹保「後者でお願いします///」

万彬「私もそちらのほうが///」

当麻「じゃあ前者でお願いします」





170: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/04(火) 22:55:29.11 ID:fVN0lzMo

絹保「お兄様、前者が良いですわ///」

万彬「ぜひそちらにしてくださいませんか?///」

当麻「めっ!ダメったらダメ!」

寮監「分かった。冗談はこれぐらいにしてこれから搬入しておく」

当麻「ふぅ、よかった」

絹保万彬「・・・」

当麻「あの・・・」

絹保「・・・」

万彬「・・・」

当麻「お願いだから失望した目でみないで」



171: あはっぴぃにゅうにゃぁ2011! 2011/01/04(火) 22:59:30.64 ID:fVN0lzMo

寮監「話は以上。解散」

「はーい」

「湾内さん、上条さんの電話番号教えてくださいません?」

「泡浮さん、上条さんはお優しいのですか?」

「上条さんの好きな女性は?」

絹保「いやあのそれは」

万彬「あ、あ、お兄様ああああ」

当麻「なんですかこの有様は」





177: とんでもない失態をしてしまった 2011/01/05(水) 23:41:08.69 ID:5td9niQo

当麻「引越し完了っと」

絹保「いらっしゃいませ、お兄様」

万彬「一緒に暮らせてとても嬉しく思いますわ」

当麻「前よりちょっと狭くなるけどごめんな」

絹保「そう思われるなら私達の部屋のベッドをお使いになればよろしかったのに」

万彬「お兄様には少し裏切られた気分ですわ」

当麻「二人とも怒ってらっしゃいます?」

絹保「怒ってなどいません」

万彬「ただ少しがっがりしたといいましょうか、残念ではありますわね」

当麻「それ怒ってるって言うんじゃ・・・」





178: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/05(水) 23:48:52.16 ID:5td9niQo

絹保「お兄様、なぜですか?なぜ一緒にお休みになっていただけないのですか?」

万彬「私たちお兄様に何かいたしましたか?もし私たちに原因があるのなら仰ってください」

当麻「まあ待て、落ち着けって」

当麻「なんで一緒に寝ないかって言ったら二人が中学生だからだよ」

絹保「私たちが中学生だと何が問題なのです?兄弟ではありませんか?」

当麻「兄弟だからだよ」





179: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/05(水) 23:57:37.20 ID:5td9niQo

当麻「兄弟だからっていつまでも一緒に寝るなんてよくないだろ?」

絹保「・・・私たちまだお兄様と一緒にお休みさせていただいたのは一度しかありませんわ」

当麻「うっ、確かにそうだけど」

万彬「どうしても嫌ですか?」

当麻「嫌とかそういうのじゃなくてさ」

絹保「お兄様、私の目を見てください」

当麻「いやあの・・・」

絹保「お兄様」

当麻「・・・」

絹保「どうしても、できませんか?」



180: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/06(木) 00:03:02.29 ID:syf0bCoo

当麻「・・・」

絹保「・・・」

当麻「その、どうしてもって訳じゃ・・・ないというか」

万彬「どのようにしたら、ご一緒させていただけるのですか?」

当麻「・・・俺の忍耐次第、かな?」

絹保「それはどのような基準ですか?」

当麻「雑念で頭がいっぱいにならなければ、一緒に寝れるかも」

万彬「それなら私たちがその雑念というものを取り除いて差し上げればよろしいのですね?」

当麻「え、いやその、まあそうだけど・・・無理だろ」




181: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/06(木) 00:08:51.62 ID:syf0bCoo

絹保「無理という言葉は聞きませんわ」

万彬「お兄様を思う私達に出来ない事などありませんわ」

当麻(二人が原因だ、なんて言えないよなあ)

絹保「お兄様、私たち精一杯努力いたしますから」

万彬「よろしいでしょうか?」

当麻「う、うん」

絹保「万彬さん、がんばりましょう!」

万彬「ええ!」

当麻(やる気がすごいなあ)






183: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/06(木) 19:07:48.30 ID:s6EcteQo

当麻「そろそろお風呂掃除と夕食作りの時間だな」

絹保「お部屋には戻られますか?」

当麻「たぶん戻らないから待たなくていいぞ」

万彬「わかりました」

当麻「じゃあ行ってくるよ」

絹保万彬「行ってらっしゃいませ」





184: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/06(木) 19:23:02.71 ID:s6EcteQo

当麻「・・・掃除大変だ」

当麻「こんなにでかいなんて聞いてなかったぞ」

当麻「しかも全く汚れてるようには見えないし」

当麻「愚痴を行っても仕方ないな。お給料のためだ、頑張ろう」

・・・・・・・・・・



185: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/06(木) 19:34:26.59 ID:s6EcteQo

万彬「絹保さん?」

絹保「なんです、万彬さん?」

万彬「私先ほどからお兄様のベッドに入りたくて仕方がありませんわ」

絹保「万彬さんもですか?実は私も・・・///」

万彬「絹保さんも・・・」

万彬「入ってしまいましょうか?」

絹保「・・・そうしましょう///」

万彬「お兄様、失礼いたします///」

絹保「お兄様ごめんなさい///」




186: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/06(木) 19:51:43.32 ID:s6EcteQo

当麻「くしゅん!あー風邪引いたかな?」

当麻「あと少しだ、頑張ろう」

当麻「上条当麻、根性をだせ、おりゃああああああ」

当麻「はあはあ、終わった・・・」

当麻「次は夕食作りだ・・・待ってろよ~」

・・・・・・・・・・



187: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/06(木) 20:08:15.68 ID:s6EcteQo

絹保「んっ、・・・お兄様・・・」

万彬「すー、すー・・・お慕いしてます・・・すー」


万彬「んっ・・・ふぁぁ。・・・お兄様?」

万彬「夢・・・でしたのね。今何時でしょうか・・・」

万彬「もうそろそろお夕食の時間ですわ。絹保さん、起きてください」

絹保「んん、お兄様・・・」

万彬「絹保さん、お夕食の時間になりそうですから起きてください」

絹保「万彬さん・・・?」

万彬「少し眠り過ぎてしまったようですわ」

絹保「私たちお兄様のベッドで・・・///」

万彬「お兄様とご一緒させていただいたような気分で・・・気持ちよかったですわ///」

絹保「名残惜しいですが、行きましょうか」

万彬「そういたしましょう」




190: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/07(金) 22:14:51.53 ID:/4dbWuAo

「いただきます」

当麻「はぁ・・・」

絹保「お兄様、お疲れですか?」

当麻「ああ、ちょっと張り切りすぎて」

万彬「お体大丈夫ですか?」

当麻「二人の顔を見たら元気が出たよ」

絹保「お兄様・・・」

万彬「お兄様」

当麻「ん?」



191: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/07(金) 22:44:06.93 ID:/4dbWuAo

万彬「あーん、してください」

当麻「・・・あーん?」

万彬「はい、あーんです」

当麻「妹にあーんされるの?」

万彬「させていただけませんか?」

当麻「個人的にかなり恥ずかしい部類に入るのですが」

絹保「お兄様、私にもあーんさせてください!」

当麻(なんか断りにくくなったぞ)




192: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/07(金) 22:58:12.49 ID:/4dbWuAo

絹保「よろしいでしょう?お兄様?」

万彬「あーんさせてくださいお兄様!」

当麻「あ、うん!」

絹保「ありがとうございます、お兄様!」

万彬「お兄様はやはり心の広い方ですのね」

当麻「そんなに大げさなもんじゃないんだがな」



193: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/07(金) 23:04:30.06 ID:/4dbWuAo

絹保「さあお兄様」

絹保万彬「あーん」

当麻「本当にするの?みんな見てるっぽいんだけど?」

絹保「もう公認ではありませんか」

万彬「周りは気にせずあーんなさってください」

当麻「・・・あーん」



194: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/07(金) 23:16:31.60 ID:/4dbWuAo

万彬「はいお兄様、あーん」

当麻「んぐんぐ・・・」

当麻(視線が痛い・・・みんなこっち見ないでえええ)

万彬「お兄様、美味しいですか?」

当麻「うん、万彬が食べさせてくれたから美味しいぞ」

万彬「まあお兄様ったら」

絹保「お兄様、次は私ですわ。はい、あーん」

当麻「あーん・・・もぐもぐ」

絹保「いかがですか?」

当麻「お、美味しい!」

絹保「本当ですか?それはよかったですわ」





195: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/07(金) 23:21:46.08 ID:/4dbWuAo

当麻(うわあビリビリすんげえ睨んでる・・・あれ?でも白井は怒ってないな。むしろ好意的というか温かい目をしてるな。なんでだ?)

絹保「お兄様、今度は私にもあーんしてください」

当麻「今なんと?」

絹保「ですから、私にもあーんをしていただけたらと」

当麻「お返しみたいな?」

絹保「ええ、お願いします///」

当麻「ま、まあいいか」

万彬「絹保さんの次は私にもお願いしますね」

当麻「うん分かってます」






196: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/07(金) 23:26:13.08 ID:/4dbWuAo

当麻「あーん・・・」

絹保「あーん・・・」

当麻「絹保、どうだ?」

絹保「とても美味しいですわ///」

当麻「じゃあ次は万彬だな。ほい、あーん」

万彬「あーん・・・」

当麻「どうだ?」

万彬「とっても美味しいですわ」

当麻「じゃ、じゃあもういいかな?」







197: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/07(金) 23:35:30.85 ID:/4dbWuAo

絹保「はい、満足ですわ」

万彬「ありがとうございました」

当麻「ふぅ、上条さんの危機は去った」

絹保「お兄様、またお願いしますね」

当麻「・・・え?」

万彬「私味を占めてしまいましたわ///」

当麻「マジですか」




203: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 20:59:06.40 ID:nhv/uQYo

絹保万彬「ふぁ~」

当麻「二人とも眠いのか?」

絹保「はい、少し・・・」

万彬「お部屋が暖かいので・・・」

当麻「じゃあ歯磨きして寝るか」

絹保「お兄様」

当麻「まさか・・・」

万彬「はい、そのまさかですわ」









204: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 21:17:20.33 ID:nhv/uQYo

当麻「万彬お前もか」

絹保「お兄様、歯みがきを」

万彬「していただけませんか?」

当麻「やらないとダメ?」

絹保「はい」

当麻「他の人に頼んだら?」

絹保万彬「お兄様にしていただきたいですわ」

当麻「ゼッタイに?」

絹保「絶対です」

当麻「どうしても?」

万彬「どうしてもです」



206: 訂正 2011/01/08(土) 21:41:54.64 ID:nhv/uQYo

当麻「・・・」

絹保「・・・」

万彬「・・・」

当麻「仕方ないな、じゃあ一人ずつ俺の太ももに座ってくれ」

当麻(実はやってみたかったり)

万彬「絹保さん、どうしましょう?」

絹保「万彬さんに譲りますわ、お先にどうぞ」

万彬「絹保さんこそお先に」

絹保「いいえ、万彬さんどうぞお先に」

万彬「それではお兄様、よろしくお願いします」

当麻「うぉ!」

万彬「お兄様?」

当麻「気にするな、なんでもない!」

当麻(万彬の体が柔らかくてびっくりしたなんていえないぞ!)



207: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 21:58:39.34 ID:nhv/uQYo

当麻「じゃあ歯ブラシを・・・」

万彬「どうぞ」

当麻「よ、用意がいいな・・・」

万彬「ずっと持っていましたので」

当麻「ははは、準備がよろしいな」

万彬「お兄様」

当麻「じゃあ口開けて」

万彬「あー・・・」

当麻「・・・」シャカシャカ

万彬「んっ」

当麻「・・・」シャカシャカ



208: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 22:10:23.29 ID:nhv/uQYo

当麻「どうだ?痛いか?」

万彬「・・・」ふるふる

当麻「じゃあもうちょっと続けるな」

万彬「・・・」こくり

当麻「万彬の歯って綺麗だなあ」

万彬「///」ぎゅっ

当麻「ど、どうした!急に抱きついてきて?」

万彬「・・・」ふるふる

当麻「じゃあもう少し・・・よし、これでいいな。漱いでおいで」

万彬「」ぺこり



209: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 22:14:09.36 ID:nhv/uQYo

当麻「じゃあ絹保おいで」

絹保「はいお兄様」ぽふっ

当麻(絹保も絹保でやわらけええええ)

当麻「ふぅー、ふぅー・・・よし、歯ブラシプリーズ」

絹保「どうぞ、お兄様」

当麻「歯ブラシが温まってるぞ・・・」

絹保「ずっと握り締めていましたので」

当麻「そうなのか・・・」






210: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 22:19:34.83 ID:nhv/uQYo

当麻「じゃあ口開けてー」

絹保「あー・・・」

当麻「よーし」シャカシャカ

絹保「んん・・・」

当麻(お願いだからそういう色っぽい声出さないでー!上条さん落ち着かないんですが!)







211: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 22:23:00.44 ID:nhv/uQYo

当麻「・・・」しゃかしゃか

絹保「んふぅ・・・」

当麻(俺歯みがきうまいのかな?歯みがき屋さんやったらうまくいったりして)

絹保「・・・」うっつら

当麻(もう限界かな?)

当麻「もうちょっとしたら終わるからな」シャカシャカ

絹保「・・・」



212: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 22:26:18.96 ID:nhv/uQYo

当麻「・・・」シャカシャカ

絹保「・・・」

当麻「よし、こんな感じかな。絹保、終わったぞ?」

絹保「・・・」

当麻「絹保?」

絹保「」ぎゅう

当麻「・・・絹保?」

絹保「・・・すー、すー」ぽたぽた

当麻「あらー寝ちゃったか」

当麻(歯磨き粉垂らしてる所撮るか)カシャ






213: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 22:34:03.33 ID:nhv/uQYo

絹保「んぅー」ぎゅっ

当麻「どわっ!」

万彬「お兄様?いかがなさいました?」

当麻「なんでもないぞ!」

万彬「?」

当麻(絹保さん、なんか当たってる!あたってますよ!)





214: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 22:43:06.13 ID:nhv/uQYo

当麻「絹保ー起きてー」ゆさゆさ

絹保「ん・・・?」ぼけー

当麻「起きた?」

絹保「お兄様・・・」

当麻「歯みがき終わったから漱いでおいで」

絹保「あ・・・私眠ってしまったのですか?」

当麻「ああ、ぐっすり」

絹保「寝顔・・・見られました?///」

当麻「可愛かったぞ?」

絹保「口すすいで来ますわ///」

当麻「いてら~」





215: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 22:56:55.45 ID:nhv/uQYo

絹保「口を漱いで参りましたのでそろそろお休みにしましょうか」

当麻「そうだな、じゃあ俺が明かりを消すからベッドに入って」

絹保万彬「はい、お兄様」もぞもぞ

当麻「そこは俺のベッド・・・」

絹保「今日はお兄様と一緒に寝ると約束したではありませんか」

当麻「・・・そういえば」

万彬「明かりを消して寝ましょう?」

かちっ

当麻「・・・天国と地獄だな」

絹保「何か仰いました?」

当麻「何でもないです。じゃあ・・・」もそもそ





216: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 23:12:11.53 ID:nhv/uQYo

当麻「・・・」

絹保「お兄様」

当麻(耳元で囁かれたらドキドキするでしょーが!)

万彬「寒いときはこうするのが一番ですわ」ぎゅっ

絹保「それなら私も」ぎゅっ

当麻(だから二人とも抱きつかないでええ!しかも二人の柔らかいものが当たったりしてるんですけど!)

絹保「お兄様、おやすみなさい」

当麻「あ、ああおやすみ」

万彬「おやすみなさい、お兄様」

当麻「お、おやすみ、万彬・・・」









217: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/08(土) 23:14:45.81 ID:nhv/uQYo

当麻「・・・」

絹保「・・・んふぅ」

当麻「」びくっ

万彬「んっ、・・・ふぅ」

当麻(両耳に息が掛かってて寝られたもんじゃないぞ!)

当麻(不幸じゃないが不幸だー!)





225: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/09(日) 22:56:18.62 ID:6BPFi2EPo

当麻「一睡も出来ずに朝になっちまった・・・」ゲッソリ

当麻「まぁ仕方ないがここまで凶悪とは思わなかったな。さて、起こすか」

当麻「おーい絹保?万彬?朝だぞ」

絹保「ぅうん、お兄様、おはようございます・・・」

万彬「お兄様おはようございます。お早いですね」

当麻「早いって言うか寝れなかったんだよなあ」

万彬「何かあったのですか?」

当麻「あったようなないような・・・」

万彬「よくわかりませんがお兄様顔色がよくありませんわ」

当麻「気にするな、寝れば直るから。それより二人とも着替えて朝食に行こうぜ」

絹保「そうですわね、着替えましょうか」

万彬「お兄様もお着替えくださいね」




226: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/09(日) 23:02:39.42 ID:6BPFi2EPo

絹保が上条の目を気にせずパジャマを脱ぎ始めた

当麻「ま、待て!ちょっと待った!」

絹保「お兄様?いかがなさいました?」

当麻「脱ぐのちょっとだけ待ってくれ!廊下に出てから着替えてくれ!」

絹保「?」

バタン

当麻「き、着替えていいぞ。二人とも着替え終わったら教えてくれ」

絹保「わかりましたわ」



227: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/09(日) 23:15:38.84 ID:6BPFi2EPo

絹保「お兄様いかがなさったのでしょう?」

万彬「さあ・・・」

絹保「お兄様?」

当麻「着替え終わったのか?」

絹保「いえ、そうではなくて。今日身につけるブラジャーの事なのですが」

当麻「はい?」

絹保「何色がよいでしょうか?」

当麻「・・・白」

絹保「白ですか?じゃあそれにします」

万彬「お兄様、私のも選んでいただけませんか?」

当麻「万彬は・・・水色・・・かな?」

万彬「水色は・・・ありましたわ。それではこれにしますね」

当麻(下着選びか・・・小萌先生にでも聞いてみようか)






228: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/09(日) 23:21:56.14 ID:6BPFi2EPo

絹保「お兄様、着替え終わりましたのでお入りください」

当麻「じゃあ着替えるか」

上条が上から脱ぎ始め素っ裸になる

絹保(まぁ///)

万彬(お兄様素敵ですわ///)

当麻「よっと」

次に下の方を脱ぎトランクス一丁になる

絹保「お兄様///」

万彬「見てはいけないような見たいような妙な気分ですわ///」

当麻「な!二人ともいたのか!」




229: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/09(日) 23:24:48.48 ID:6BPFi2EPo

当麻「二人とも顔を隠すか廊下で待ってなさい!」

絹保「は、はい」

万彬「廊下で待っていますね」

バタン

絹保「・・・はぅ///」

万彬「お兄様///」





230: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/09(日) 23:27:26.46 ID:6BPFi2EPo

当麻「危なかったな。二人がいるのを忘れてたら汚い物を見せるところだったぞ」

当麻「今日は学校があるから朝食食べたらそのまま学校だな。・・・よし」

バタ

当麻「じゃあ行こうか」





231: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/09(日) 23:32:40.16 ID:6BPFi2EPo

「上条さんおはようございま・・・す」

当麻「あ、みんなおはよう。・・・どうしたんだ?」

「///」

当麻「ど、どうした?」

絹保「あ・・・///」

当麻「どうしたんだ、絹保まで?」

万彬「お兄様、Yシャツのほうが・・・///」

当麻「Yシャツ?Yシャツがどうかした・・・」

当麻「げ・・・」



232: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/09(日) 23:38:03.83 ID:6BPFi2EPo

上条は素肌の上にYシャツを半開きにして着ていたので女子の視線を集めてしまった

「上条さんってセクシーな方ですわね」

御坂「あ、アイツなんて格好してるのよ!全くもう・・・///」

婚后「私ほどではありませんがまあエレガントですわね///」

当麻「この格好は非常にまずいからちょっとシャツ着てくる」



233: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/09(日) 23:44:57.83 ID:6BPFi2EPo

当麻「みんないろいろごめん・・・」

絹保「謝らないでください。その・・・格好良かったですわ///」

万彬「普段はとてもお優しいお兄様の違う一面が見る事が出来て私は嬉しいですわ」

当麻「妹に言われて嬉しいんだか困るんだか・・・なんだかなあ」





234: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/09(日) 23:54:35.22 ID:6BPFi2EPo

食事

絹保「お兄様、学校からはいつ頃お帰りですか?」

当麻「んー3時ぐらいだな。なんでだ?」

絹保「もしよろしかったらプールの所に来てください」

当麻「ああ、いいけど」

絹保「それは良かったですわ。お待ちしていますね」

万彬(緊張してきましたわ・・・)



235: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/09(日) 23:59:11.65 ID:6BPFi2EPo

「ごちそうさまでした」

当麻「じゃあ行ってくるから」

絹保「はい。お気をつけて」

万彬「お兄様・・・」

当麻「どうしたんだ?」

万彬「お兄様、その、抱きしめてくださいませんか?」

当麻「ああ」ぎゅっ

万彬「ありがとうございます///」

当麻「じゃあ行ってくる」

万彬「行ってらっしゃいませ」





240: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/10(月) 22:57:48.33 ID:ndm/IqAyo

土御門「カミやんおはようだにゃー」

当麻「おっす」

土御門「で、どうなんだにゃー?心配はしてないんだが聞いてみるんだにゃー」

当麻「何が?」

土御門「隠さなくてもいいんだにゃー。妹さんとは仲良くやっているかにゃー?」

当麻「まあまあだと思う。心配してくれてありがとな」

土御門「まあまあか、カミやんのまあまあは彼女たちにとってのとってもに相当すると思うにゃー」

当麻「そうなのか?」

土御門「これだからカミやんは困るんだにゃー」







241: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/10(月) 23:08:46.21 ID:ndm/IqAyo

土御門「で、妹さんとはどんなことをしてるんだにゃー?」

当麻「どんなことって・・・こないだデートしたな。絹保と万彬にパジャマ買ってあげたりクレープを食べたり」

土御門「出会ってすぐに妹とデートとはカミやんにしか出来ないにゃー。で他には何をしたんだにゃー?」

当麻「んー昨日の夜に絹保と万彬の歯みがきをしたな」

土御門「歯みがきプレイかにゃー?なかなかレベルが高いにゃー」

当麻「プレイって言うな!そんなやらしい気持ちでやったんじゃねえよ」

土御門「わかってるんだにゃー」




242: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/10(月) 23:20:04.39 ID:ndm/IqAyo

土御門「じゃあ一緒に寝ちゃってたりしてるかにゃー?」

当麻「ああ寝てきたけど・・・」

土御門「完璧だにゃー。全国のお兄ちゃんランキングトップ3には入れそうだにゃー」

当麻「それって褒めてるのか?」

土御門「もちろん褒めてるにゃー」

当麻「土御門が言うと怪しく聞こえるんだが」

土御門「カミやんならもう理解してると思ったがにゃー」

当麻「何を?」

土御門「なんでもないんだにゃー」




243: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/10(月) 23:49:28.95 ID:ndm/IqAyo

青ピ「カミやんもそっちの世界に行ってしまったんやなあ・・・」

当麻「青ピいたのか」

青ピ「二人が堂々と妹とのあんなことやこんなことの話をするから入れなかったんよ」

当麻「あんなことやこんなことの話はしてねえ!と思う・・・」

放課後

当麻「じゃあ俺は妹と約束があるから」

土御門「妹との約束は必ず守るのは正しい選択だにゃー」

青ピ「カミやんまたなー」

当麻「ああ、また明日」





250: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 18:45:22.25 ID:nCtsfP1zo

絹保「・・・」ぷかぷか

万彬「・・・」ぷかぷか

絹保「そろそろでしょうか?」

万彬「そうだと思いますが・・・待つのも大変ですわね」

絹保「お兄様早くいらしてほしいですわ」



252: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 18:51:17.98 ID:nCtsfP1zo

絹保「・・・」ぷかぷか

万彬「・・・」ぷかぷか

当麻「絹保、万彬、おまたせ」

絹保「お兄様、お待ちしてましたわ」

万彬「今上がりますね」

絹保「んっ・・・」ぱしゃ

万彬「ふぅ・・・」ぱしゃ

当麻「二人とも水着・・・ぅぅぉ」





254: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 19:04:09.38 ID:nCtsfP1zo

当麻(やっぱ二人とも胸大きいよなあ。婚后さんにしてもやっぱり最近の中学生は将来有望だよなあうん)

絹保「お兄様・・・あの」

万彬「そのようにじっと見つめられると恥ずかしいですわ・・・」

当麻「あ、わ、悪い、悪気はなかったんだ」

絹保「攻めているつもりはありませんわ。むしろ・・・」

万彬「お兄様に見ていただけるのは名誉といいましょうか、光栄に思いますわ」

当麻「んな大げさな・・・」

絹保「変なところがなければよいのですが・・・」

当麻「体がか?んなもんある訳ないだろ。二人に限ってさ」

絹保「本当ですか?・・・嬉しいです///」

万彬「身に余る光栄ですわ///」



255: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 19:12:14.37 ID:nCtsfP1zo

当麻「そ、そうだ二人とも体拭かないと風邪引くぞ?」

絹保「そうですわね、お兄様、そこにあるタオル取ってくださいますか?」

万彬「お兄様、私のもお願いします」

当麻「ああ、これか。はい」

絹保「ありがとうございます」

万彬「ありがとうございます」

当麻「体拭いてあげようか?」

当麻(馬鹿!俺の馬鹿!)

絹保「・・・よろしいのですか?」

万彬「お兄様から言ってくださるなんて初めてですわ。ぜひお願いします」




256: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 19:16:30.82 ID:nCtsfP1zo

当麻「じゃあ絹保から」

絹保「近づきすぎますと身に着けているものが濡れてしまいますわ」

当麻「いいよ、どうせ後で脱ぐし」ぎゅぅ

絹保「お兄様ぁ」ぷにゅ

当麻(今ぷにゅって言ったぞ。何がかは言わなくても分かるんだが)

当麻「どうだ?気持ちいいか?」

絹保「はいとても」

当麻「じゃあ次は前な」

絹保「はい」






258: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 19:19:25.54 ID:nCtsfP1zo

当麻「」ふきふき

絹保「///」むにむに

当麻(これってある意味合法セクハラじゃね?)

当麻「」ふきふきふきふきふき

絹保「・・・お兄様」

当麻「はい!」

絹保「・・・先ほどから同じ場所ばかりお拭きになられてますわ///」

当麻「す、すまん!」




261: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 19:36:46.82 ID:nCtsfP1zo

当麻「次は太もも!」むにょむにょ

絹保「お兄様、くすぐったいですわ!」

当麻「はっ、つい夢中になってしまった。・・・はい、次万彬」

絹保「ありがとうございました///」

万彬「よろしくお願いしますね」

当麻「最近の子は育ちがいいなホント」

万彬「胸ばかり見ないで体をお拭きになってくださいね?///」

当麻「わわわ分かってますよー」ふきふき





262: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 19:46:17.93 ID:nCtsfP1zo

当麻「」ふきふきもにょもにょ

万彬「お兄様、くすぐったいです///」

当麻「ま、間違えました!」

当麻「」ふきふき

万彬「///」

当麻(ヤバい土御門化してきたな)



263: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 19:51:38.61 ID:nCtsfP1zo

当麻(はあ、はあ、ラストは最後の関門太ももだ・・・よーし)

当麻「ごくり・・・」

当麻「」ふきふきさわさわ

万彬「ぅぅ///」

当麻「ごめん、もう終わるから!はいおしまい!」

万彬「ありがとうございました///」

当麻「いえ失礼しました」




264: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 20:03:35.65 ID:nCtsfP1zo

当麻「ふぁー」うとうと

当麻「えっと、用があって呼んだろ?なんだ?」

絹保「お兄様、よろしかったら私の膝の上でお休みになられますか?」

当麻「いやいや、妹の膝枕っていいのか?っていうか二人とも生足状態だし生太ももは気持ちよさそう・・・じゃなくて用事あるんじゃないのか?」

絹保「お兄様に膝枕をさせる用事が出来ましたわ。お兄様、こちらにどうぞ」

当麻「じゃあお言葉に甘えて」

万彬「それでは私はお兄様のお足を揉ませていただきますわね」



265: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 20:13:25.55 ID:nCtsfP1zo

絹保「お兄様、いかがでしょうか?」

当麻「うん・・・メチャクチャ気持ちいい。生足が癖になりそう」さわさわ

絹保「そのような触り方なさらないでください///」

万彬「お兄様、いかがですか?」

当麻「あぁ、丁度いい力加減だ」

万彬「よかったですわ」



266: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 20:17:52.84 ID:nCtsfP1zo

当麻(土御門・・・妹っていいもんだなあ)

絹保「・・・すぅ」

当麻「・・・すぅ?」

絹保「すぅー、すぅー・・・」

当麻「はは、寝ちゃったな」

万彬「しばらくこのままにしましょうか?」

当麻「いや、このままじゃ風邪引いちゃうから起こさないと」

万彬「そうですわね」



267: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 20:22:04.24 ID:nCtsfP1zo

当麻「んっ!」伸びー

当麻「ふぅ・・・」もみ

絹保「ん・・・」

万彬「お兄様、今絹保さんの胸を揉まれませんでした?」

当麻「揉んでません揉んでません!事故が事故です!」

万彬「は、はい、それなら・・・」

当麻「絹保、起きろー風邪引くぞ」

絹保「すぅー、すぅー」

当麻「仕方がない。俺が抱っこして部屋まで連れてくよ」

万彬「それではお荷物は私が」

当麻「ああ頼むよ」





268: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 20:26:32.74 ID:nCtsfP1zo

当麻「よっこいしょっと」

絹保「んー・・・」

当麻「あー柔らかい。イタズラしたくなるなあ」

万彬「お兄様?」

当麻「なんでもないです」

万彬「?」

当麻「あ、そういえば絹保水着着たままだから更衣室で着替えさせてくれるか?俺男だし」

万彬「もう誰もいらっしゃられないと思いますが」

当麻「いやいやそういう意味じゃなくって!」





269: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/12(水) 20:31:01.58 ID:nCtsfP1zo

当麻「兄が妹を着替えをさせるのは社会的にマズイだろ!その点万彬なら女の子同士だし大丈夫だろ?というかお願いします!」

万彬「よくわかりませんがわかりました」

当麻「着替え終わったらまた運ぶからさ」

・・・・・

当麻「じゃあ頼むよ」

万彬「わかりました」




270: 訂正 当麻「兄が妹を着替えさせる 2011/01/12(水) 20:36:04.13 ID:nCtsfP1zo

万彬「お兄様、終わりました」

当麻「絹保は起きた?」

万彬「いえ、お着替え中もよく眠られてました」

当麻「じゃあ入っていいか?」

万彬「どうぞ」

がちゃ

当麻「寝てるしお姫様抱っこで運ぶのが簡単だな。よっ」ひょい

万彬「・・・絹保さん羨ましいですわ」

当麻「ん?」

万彬「あ、なんでもないですわ」

当麻「そう?ならいいけど」







276: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/13(木) 18:18:01.30 ID:NUGLCwKJo

当麻「部屋に着いたわけだが」

絹保「Zzz」

当麻「全然起きる気配がないな」

万彬「お兄様の腕を気に入られたのでしょうね」

当麻「分かるのか?」

万彬「推測です。でも気持ちいいと思いますわ」

当麻「そうかなあ」



277: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/13(木) 18:30:40.27 ID:NUGLCwKJo

当麻「少しベッドで休むか」

万彬「お兄様、よろしかったらお隣に座ってもよろしいですか?」

当麻「ああいいぞ」

万彬「ありがとうございます。それでは失礼します」

当麻「絹保は膝の上に乗せるか」






278: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/13(木) 18:38:44.85 ID:NUGLCwKJo

当麻「こうやって頭を撫でたり出来るのは兄貴の特権だよなあ」

万彬「お兄様、私の事もお忘れにならないでくださいね?」

当麻「忘れてなんかいないぞ?」

万彬「本当ですか?」

当麻「当たり前だろ。俺の大事な妹なんだから」なでなで

万彬「ふふ///」



279: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/13(木) 18:47:47.48 ID:NUGLCwKJo

当麻「」ぎゅううう

絹保「すう、すう」

当麻(腕の位置がちょうどいい所に)

万彬「お兄様」

当麻「な、なんだ?」

当麻(もしやバレたか?)

万彬「お兄様のお背中にもたれてもよろしいでしょうか?」

当麻「ああいいぞ」

当麻(よかったバレてない)

万彬「お兄様とこうしていられて幸せですわ」

当麻(今度は万彬の胸がああああ。たまんねえええ)





280: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/13(木) 18:59:04.74 ID:NUGLCwKJo

当麻(でも上条さん的にはこっちの太ももが好きなのですが)

当麻(ああ太ももって素晴らしい。いや絹保の太ももが素晴らしいんだろうな)

絹保「お兄様」

当麻「」びくっ

絹保「・・・すぅー」

当麻(あーびっくりした)

当麻(でもこうやって膝に乗っけてると気持ちがいいなあ)

絹保「ぅん・・・」

当麻「お?」

絹保「・・・おにいさま?」



281: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/13(木) 19:02:24.47 ID:NUGLCwKJo

当麻「おはよう、よく眠れたか?」

絹保「ここは、どこでしょう?」

当麻「部屋だよ」

絹保「私先ほどまで・・・」

当麻「絹保が寝ちゃったから部屋まで運んできたよ」

絹保「起こしてくださればよろしかったのに」

当麻「あんなに気持ちよさそうに寝てたら起こせないよ」

絹保「寝顔見られてしまいましたのね///」

当麻「もう何回か見てるけどな」



282: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2011/01/13(木) 19:13:24.92 ID:NUGLCwKJo

絹保「お兄様、私は何故お兄様のお膝の上にいるのですか?」

当麻「絹保を膝の上に乗っけたかったのと抱っこしたかったから」

絹保「私が寝ている間抱いて下さったのですか?・・・起こしてほしかったですわ///」

当麻「なんでだ?」

絹保「寝ていたらお兄様が優しくして下さったのが記憶に残らないではありませんか」

当麻「それって重要なのか?」

絹保「はい、とても重要なことですわ」

当麻「んーよくわかんねえな」





289: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/15(土) 19:48:37.69 ID:2TsCcLQNo

絹保「突然ですがお兄様、質問があるのですがよろしいでしょうか?」

当麻「なんでも聞いていいぞ」

絹保「お兄様の彼女はどのような方なのですか?」

当麻「え?」

万彬「お兄様、私も知りたいですわ」

当麻「ぃゃ・・・」

絹保「お兄様、教えてください!」

万彬「なんでも答えるとおっしゃってくださいましたしぜひお聞かせください!」

当麻「ぁぁ、んー、ぇぇ・・・」






290: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/15(土) 20:12:55.59 ID:2TsCcLQNo

絹保「」じー

万彬「」じー

当麻(正直に話すかそれとも・・・うーん)

当麻(本当の事を言ったらインデックスの事がバレるし・・・)

当麻(かといってなあ。彼女がいないんだから誰かになってもらうか?でもそれは相手の女の子を傷つけちまうしなあ・・・)

当麻(どうすりゃいいんだ?)

絹保「お兄様、難しい顔をされていますがいかがなさいました?」

万彬「もしお話したくないのであれば・・・」

当麻「いや、話す!というか話させろ!」





291: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/15(土) 20:23:30.82 ID:2TsCcLQNo

当麻「悪い!二人に嘘をついてた!上条さんに彼女はいません!」

絹保「え?」

万彬「なぜそのような事を?」

当麻「とっさに言っちまったんだ。その・・・後ろめたさがあったからさ」

万彬「そうでしたか」

絹保「お兄様は正直な方ですわね」







292: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/15(土) 20:38:54.41 ID:2TsCcLQNo

絹保「よかったですわ、お兄様に彼女がいらっしゃらなくて」

当麻「え?」

万彬「はい、といったら誤解があるかも知れませんが私もいらっしゃらなくて嬉しいですわ」

当麻「なんでか聞いていいか?」

絹保「お兄様が彼女の方に取られてしまうのではないかと」

絹保「まだ出会って少ししか経っていないのにお兄様のお傍にいられないなんて寂しいですわ」

絹保「だから彼女がいないと知った時は嬉しかったですわ」



293: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/15(土) 20:44:37.99 ID:2TsCcLQNo

当麻「絹保・・・」

絹保「ですからもう忘れてくださいね、お兄様」

万彬「その代わり・・・私達の事をその、可愛がってくださると・・・。あ、お兄様が私達を大事にしてくださっていないと言ってる訳ではありませんわ。ただ・・・」

当麻「二人ともぉ!」ばっ

絹保「きゃ!」

万彬「お、お兄様?!」







294: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/15(土) 20:48:57.23 ID:2TsCcLQNo

・・・・・・・・

御坂「暇ねぇ・・・」

御坂「なにか面白いことでも・・・」

「二人ともぉ!」

「きゃ!」「お、お兄様?!」

御坂「・・・何かしら?」

御坂「ちょっとだけ。ちょっと覗くだけ・・・」

御坂「そぉー・・・」





295: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/15(土) 20:56:07.21 ID:2TsCcLQNo

絹保「お兄様、あの、・・・///」

万彬「あ、あ、・・・いかが・・なさいました?///」

御坂「み、見ちゃった・・・ど、どうしよう?」

当麻「二人の事、ずっと愛しているからな」

絹保「・・・はい///」

万彬「大事にしてください///」

御坂「・・・なんで私がドキドキしてんのよ!」






296: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/15(土) 21:00:34.22 ID:2TsCcLQNo

白井「お姉様?いかがなさい・・・」

御坂「!?」

白井「あら、そのお部屋は・・・」

御坂「あ、え、な、なん!なんでもないわよ、ほら行くわよ!」ぐっ

白井「な、何を動揺なされてますの?・・・でも積極的なお姉様も中々・・・ぐへへへ」

御坂「気持ち悪い事言うんじゃないわよ!」



297: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/15(土) 21:03:08.55 ID:2TsCcLQNo

当麻「今ビリビリの声がしなかったか?」

絹保「御坂様の?私には聞こえませんでしたが・・・?」

万彬「はい、私も」

当麻「そうか・・・ならいいけど」



298: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/15(土) 21:06:16.84 ID:2TsCcLQNo

当麻「まさか妹を押し倒すとは思わなかったな」

絹保「私も驚いてしまいましたわ///」

万彬「でも嫌ではなかったですわ///」

当麻「い、いやそこは嫌がるところだろう・・・」





305: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/17(月) 21:06:44.37 ID:vIndTteCo

絹保「お兄様?」

当麻「んー?」

絹保「お兄様は彼女がいらっしゃらないとおっしゃいましたけど」

当麻「それがどうかしたか?」

絹保「それではお兄様のお部屋にあった下着はどなたの物になるのですか?」

当麻「そ、それは・・・」

万彬「まさかとは思いますがお兄様下着を盗んだりなど」

当麻「してません!あれはインデックスのだ!」

当麻「あ・・・」

絹保「インデックスって人の名前ですか?」

万彬「外国の方ですか?」



306: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/17(月) 21:16:49.24 ID:vIndTteCo

当麻「どこから話せばいいのか・・・」

絹保「それではインデックスという方のお話をお聞かせください」

当麻「んー、外国のシスターさんみたいでよく食べる人だな」

絹保「シスターということはその方は女性なのですか?」

当麻「ああそうだけど?」

絹保「そうですか・・・」

万彬「その方とは、どのようなご関係なのですか?」

当麻「どのようなご関係・・・」



307: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/17(月) 21:28:48.35 ID:vIndTteCo

当麻「俺の部屋に居候してるんだ」

絹保「居候・・・ど、同棲ですか?」

万彬「お兄様、ちなみにインデックスという方のお年を伺ってもよろしいですか?」

当麻「多分二人と同じくらいじゃないか?」

絹保「わ、私たちと近い年の女の子と同棲していらっしゃるのですか?」

当麻「ど、同棲って・・・」

万彬「お兄様・・・」

当麻「いや、これには深い事情が・・・」






308: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/17(月) 21:42:39.60 ID:vIndTteCo

絹保「事情ですか?」

当麻「その話をする前にもう一つ話さないといけないな」

万彬「どのようなことですか?」

当麻「えー、上条さんは実は記憶喪失なんです」

絹保「記憶喪失・・・」

万彬「どうしてお話ししてくださらなかったのですか?」

当麻「それは・・・会って間もないし話す機会もなかっただろ?」

万彬「それはその通りですが・・・」

当麻「それに二人に心配かけたくなかったから」

絹保「お兄様・・・」



309: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/17(月) 22:13:55.09 ID:vIndTteCo

当麻「大丈夫だ、これからは話せる事はなんでも話すからさ」なでなで

絹保万彬「はい」

当麻「話を簡単に説明するとインデックスの記憶がないんだけどなんか覚えてるような感じがしたんだ」

絹保「そうでしたの・・・」

当麻「で、一緒に暮らしてるんだ。今は上条さんの財政が崩壊してしまったから今は外国にいるんだ」

絹保「そうですか・・・」

万彬「お兄様はその方と結婚されようとは思わないのですか?」

当麻「結婚?!いやいや、それはないだろ」

万彬「信じてよろしいのですか?」

当麻「あ、ああ」



310: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/17(月) 22:20:37.17 ID:vIndTteCo

絹保「良かったですわね、お互いに」

万彬「ええ」

当麻「???」





312: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 18:35:58.02 ID:MACVhBVpo

当麻「うー、なんか肩凝ってきた」

絹保「きっとお疲れになっているのでしょう。少しお休みになられては?」

当麻「そうさせてもらうか。じゃあ少しベッドで横になるか」

絹保「そうされてください」


万彬「お兄様お方が凝っているとおっしゃいましたね」

絹保「きっとおつらいのでしょう」

万彬「私たちにできる事はないでしょうか?」

絹保「私たちにですか?」

万彬「きっと何かあると思うのですが・・・」









313: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 19:35:53.31 ID:MACVhBVpo

絹保「定番ですが肩を揉むのはいかがでしょうか?」

万彬「定番ですが一番良い方法ですわね。お兄様に少しでも楽になっていただきたいですし」

絹保「それでは早速」

万彬「そうしましょう」


絹保「お兄様?少しよろしいでしょうか?」

万彬「お兄様にマッサージをさせていただけませんか?」

当麻「マッサージ?二人がか?」

絹保「させていただけないでしょうか?」

万彬「お兄様に少しでも楽になっていただきたいのです」

当麻「そうだな、それじゃお願いしようかな」






315: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 20:25:51.96 ID:MACVhBVpo

絹保「それではお兄様、お洋服をお脱ぎになってください」

当麻「え、脱ぐの?脱がなきゃダメ?」

絹保「はい、ダメですわ」

当麻「ダメかー」

絹保「お兄様、シャツもお脱ぎになってくださいね」

当麻「こっちも?」

絹保「はい。そのほうがやりやすいですから」

当麻「そんなもんかな」

絹保「ぁ///」ぱっ

万彬「きゃっ///」ぱっ

当麻「おーい、顔隠してるつもりだろうけどしっかり見えてるぞ」





316: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 20:32:10.87 ID:MACVhBVpo

絹保「で、では次は下の方も・・・」

当麻「おい!それは必要じゃないだろ!」

絹保「そ、それはその・・・」

万彬「お兄様の下半身も揉ませていただきますので脱いでいただけると」

当麻「かなりやらしく聞こえるんだがまあいいけどさ、下着も脱ぐのか?」

万彬「し、下着ですか?下着は・・・お兄様にお任せいたします」

当麻「じゃあズボンまでな」





317: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 20:36:58.70 ID:MACVhBVpo

当麻「これでいいか?」

絹保「けっこうですわ。それではうつ伏せになっていただきますね」

当麻「ん・・・」

絹保「それでは万彬さん、始めましょうか」

万彬「いっぱい揉みましょう」

当麻「気のせいか?変な風に聞こえるんだが・・・」



318: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 20:45:11.48 ID:MACVhBVpo

絹保「お兄様、お肩におしぼりを乗せますね」

当麻「あぁ、おしぼりっていいなぁ(-ω-)」

万彬「では、失礼しますね」すっ

絹保「痛かったらおっしゃってくださって結構ですわ」すっ

当麻「うい」

当麻(なんか背中に当たってるような当たってないような。まあいいか)



319: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 20:52:45.27 ID:MACVhBVpo

絹保「痛くありませんか?」もみもみ

当麻「んー大丈夫」

絹保「どうでしょうか?気持ち良いですか?」

当麻「ああ、気持ちいいぞ」

万彬「では私も」もみもみ

当麻「あーいいぞー」




320: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 21:00:15.66 ID:MACVhBVpo

絹保「お兄様のお体って」

万彬「素敵ですわね」すりすり

当麻「こらーくすぐったい!」

絹保「お兄様、少しはよくなりましたか?」もみもみ

当麻「二人ともセンスあると思うぞ。将来マッサージ師にでもなったらどうだ?」

絹保「本当ですか?それなら私お兄様専属のマッサージ師になりたいですわ」

万彬「お兄様さえよろしければこれからもさせてください」

当麻「じゃあ頼もうかなー」

絹保万彬「はい!喜んで!」




321: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 21:06:12.35 ID:MACVhBVpo

絹保「お兄様、次は仰向けになってください」

当麻「え?終わりじゃないの?」

絹保「まだ終わりではありませんよ。さ、仰向けになってください」

当麻「ああ・・・」ごろん

絹保「・・・」じーっ

当麻「・・・」じーっ

絹保「・・・」

絹保「・・・ぅぅ///」

当麻「?」





322: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 21:12:03.84 ID:MACVhBVpo

万彬「・・・むっ」ぎゅ

当麻「いてっ!」

万彬「あ、も、申し訳ございません!」

当麻「いいって。それより続き、お願いできるかな?」

万彬「はい、お兄様!」

絹保「それでは・・・」ぺた

当麻「そんなにくっついたらやりにくくない?」

絹保「は、はい!」ぱっ




323: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 21:17:39.01 ID:MACVhBVpo

万彬「お兄様、太ももはいかがですか?」

当麻「すごくいいよ」

万彬「それはよかっ・・・きゃっ!」ずるっ

万彬「んー!」ぽふっ

当麻「だあああああ!」

絹保「ひゃあ!どうなさいましたの?大声を出されて?」

当麻「ま、万彬、早くそこから退きなさい!危険危険!」

万彬「は、はうう・・・」






324: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 21:31:12.33 ID:MACVhBVpo

当麻「ま、万彬・・・?大丈夫か?」

万彬「は、はい、大丈夫です///」

当麻「顔が真っ赤だぞ?」ずいっ

万彬「だだだだ大丈夫です!あ、安心してください!」

当麻「そ、そうか」

万彬「あ、あふう///」





325: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 21:38:49.96 ID:MACVhBVpo

万彬「・・・ふぅ///」もみもみ

絹保「お兄様、万彬さんどうなさったのです?」

当麻「い、いやなんでもない・・・」

当麻「つ、続き!続きお願い!」

絹保「あ、はい!」もみもみ

当麻「妹に揉まれるっていいもんだな」

絹保「そういってくださるとやりがいがあります」

当麻「あー気持ちいい」



326: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/19(水) 21:51:30.36 ID:MACVhBVpo

当麻「ん・・・」

絹保「お兄様?」

当麻「すー」

万彬「お眠りになられましたね」

絹保「よほどお疲れなのでしょうね」

万彬「お兄様の寝顔、撮らせていただきましょうか?」

絹保「そうしましょうか」

かしゃかしゃ

絹保万彬「ふふ///」





333: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 21:29:56.13 ID:00grrIGXo

当麻「うん・・・うん・・・」

絹保「お布団かけて差し上げないとお兄様風邪を引かれてしまいますわね」

万彬「あくまでついでなのですが、あくまでついでですよ?一緒にベッドに入らせていただいても大丈夫でしょうか?」

絹保「お兄様はお心が広い方ですから大丈夫かと思いますが・・・」

万彬「・・・入ってしまいましょうか」

絹保「さきほどから入りたくて仕方がないのです。入りましょう」



335: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 21:40:20.27 ID:00grrIGXo

絹保「そー・・・」

万彬「お兄様?失礼いたしますねー・・・」

当麻「うん・・・」

絹保「お兄様、お手をお借りします」

絹保「こうお兄様のお手を頬に当てるとぬくもりを感じますわね」

万彬「温かい・・・」



336: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 22:05:55.11 ID:00grrIGXo

当麻「ぅうん」ごろ

絹保「万彬さん、お背中とお腹、どちらの方にされますか?」

万彬「それではお腹の方で・・・」

絹保「では私はお背中に・・・」



337: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 22:13:08.66 ID:00grrIGXo

当麻「ううう・・・」

当麻「うわあああああああああ」ばっ

絹保万彬「!!」びくっ

当麻「はぁ、はぁ、夢、か・・・ん?」

当麻「あれ俺どうしたんだっけ?」








338: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 22:28:19.28 ID:00grrIGXo

絹保「お兄様のお体をお揉みしていたらいつの間にか寝ていらしたのです」

当麻「あ、そうだったっけか」

当麻「ところで服どこだ、服。ちょっと寒いんですが」

絹保「あ、はい、どうぞ」

当麻「ありがとさん」





339: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 22:38:49.72 ID:00grrIGXo

当麻「ところでさ」

絹保万彬「はい?」

当麻「なんで二人は俺とくっついてたんでせうか?」

絹保「そ、それは・・・」

万彬「え、ええと・・・」



340: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 22:47:45.49 ID:00grrIGXo

絹保「そのぉ・・・」

万彬「なんと申し上げたらよいか・・・」

当麻「ん?」

絹保「お兄様と、その、」

万彬「一緒に、眠りたかったのです///」

当麻「そっかそっか」

絹保「申し訳ありませんお兄様」

当麻「いや怒ってないよ。むしろいつも素直に言ってくれるのが感心するというかなんというか」



341: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 22:54:32.07 ID:00grrIGXo

万彬「先ほどお兄様は大きなお声を出されましたが何か怖い夢でも見られたのですか?」

当麻「ああ、うん、まあそんな所だ」

万彬「ちなみにどのような夢を?」

当麻「あー、それは・・・」

絹保「お兄様、ぜひお聞かせください!」

当麻「・・・聞く?」

絹保「はい!」

当麻「えー・・・」



342: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 23:05:48.32 ID:00grrIGXo

当麻「朝起きて絹保と万彬に見送られて学校に行くんだけどさ」

当麻「で、俺が弁当を忘れて戻ろうと後ろを振り向くと絹保と万彬が忘れてたのに気づいて持ってきてくれたんだよ」

当麻「で、今度は変な道に迷い込むんだよ。そしたらさ」

絹保「どうなさいましたの?」

当麻「絹保と万彬に出会ったんだよ」

万彬「まぁ」

当麻「でさ、いるはずのない所にいるから変だとは思ったんだけど気になって話しかけたんだよ」

当麻「・・・何があったと思う?」

万彬「何がありましたの?」

当麻「暗がりから絹保と万彬が一人づつ出てくるんだよ。ひとーり、ふたーり」

絹保「」ごくり

当麻「驚いて後ろを振り向かずに逃げたんだ。そしたら一方通行の場所にきちゃってさ。それで後ろを振り向いたら・・・」



343: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 23:12:12.83 ID:00grrIGXo

当麻「絹保と万彬がいっぱいこっちにくるんだ。20人はいたな」

絹保「」ぶるぶる

万彬「」がくがく

当麻「まだまだ増えて俺は囲まれてパニックになってそれで」

当麻「・・・という訳で・・・二人とも?」




344: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 23:20:43.89 ID:00grrIGXo

当麻「だ、大丈夫か?」

絹保「は、はひ!」

万彬「だいじょぶです!」

当麻「じゃねえよどっから見ても」

当麻「ほら、落ち着くまで背中さすってやるからさ」

絹保「ありがとうございます・・・」

万彬「はぁ・・・」

当麻「二人が怖がるとは思わなかったぞ」



345: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 23:24:44.36 ID:00grrIGXo

当麻「どうだ、落ち着いたか?」

絹保「もう少し、もう少しだけお願いします」

当麻「万彬はどうだ?」

万彬「私ももう少しだけ・・・」

当麻「そうかじゃあもうちょっとな」すりすり

プチッ

当麻「あ」



346: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 23:35:34.55 ID:00grrIGXo

絹保「きゃぁ///」

万彬「み、見ないでください///」

当麻「わ、わざとじゃないぞ!わざとじゃない!」

当麻「つつつ、付け直そう!手伝うぞ?

絹保「で、では背中をちょっと上げてくださいますか?」

当麻「こうか・・・///」

絹保「ホックの所をお持ちになって引っ掛けてください」

当麻「わ、分かった・・・」

当麻「・・・」



347: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 23:39:12.63 ID:00grrIGXo

当麻「あれ・・・」カチャカチャ

ぽよん

当麻「ぉぉ///」

絹保「お兄様、あのぉ//」

当麻「そいやー!これでいいか?」

絹保「はい、大丈夫です」

万彬「お兄様、私のも同じタイプですので」

当麻「お、おう」









349: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/21(金) 23:45:21.84 ID:00grrIGXo

当麻「あー?なんでー?」ゆさゆさ

万彬「お兄様、あの、あまり擦らないでくださぃね?///」

当麻「すんません・・・」

万彬「もう一度当てなおしますから持っててください」

当麻「はいはい!」

当麻「ちらー・・・ぉぉぉ」

万彬「・・・お兄様?」

当麻「あばばばばば」

万彬「大丈夫ですから付けてください」

当麻「・・・できた」

万彬「ありがとうございます、お兄様」

当麻(見ちゃった・・・///)

絹保「お兄様、鼻から血が・・・」

当麻「ティ、ティッシュとって下さい・・・」

絹保「どうぞ」

当麻(おそろしい・・・)





353: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/22(土) 23:13:30.85 ID:eS1uMbQ4o

当麻「止まったかな?」

絹保「もう少し休まれていた方がよろしいのでは?」

当麻「いや大丈夫みたいだからいいよ」

絹保「それならよいですが・・・」

当麻「じゃあちょっとシャワー浴びてくるわ」

絹保「分かりました」








354: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/22(土) 23:20:06.01 ID:eS1uMbQ4o

当麻「俺の寮の風呂より絶対でかいな。うらやましい」

当麻「あー、お風呂に温水が溜まってるっていいなあ」

当麻「大体、浴槽を寝床に使うなんて間違ってるんだよな」

当麻「さてと、シャワーシャワー」






355: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/22(土) 23:30:11.54 ID:eS1uMbQ4o

絹保「お兄様、お風呂に入られましたね」

万彬「それがなにか?」

絹保「以前白井さんが一緒にお風呂に入ると仲良くなれると言っていたような気がしまして」

万彬「そういえばそんなこともあったような気がしますが・・・」

絹保「お兄様とご一緒させていただいたらもっと仲を深められるような気がするのです」

万彬「裸のお付き合いという言葉もありますわね」

絹保「それですわ!ですからお兄様とご一緒させていただきましょう!」





356: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/22(土) 23:33:56.71 ID:eS1uMbQ4o

万彬「断られたりって・・・しないでしょうか?」

絹保「主旨をご理解いただければきっと大丈夫だと思うのです」

万彬「そうですわね、お兄様ですもの。信じましょう」

絹保「善は急げといいますから早速入りましょう」

万彬「ええ」





359: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/22(土) 23:40:11.38 ID:eS1uMbQ4o

当麻「なんかこのシャワー俺のと違う気がするんだが・・・まぁ、いっか」

当麻「ん、換気扇点け忘れたか?湯気が濃くなってきたぞ」

絹保「お兄様、失礼いたします」

万彬「ご一緒しましょう?」

当麻「いやああああ」ドッパーン

万彬「お兄様!もし転倒されてお怪我でもされたらどうなさるのです!」

絹保「そうですわ、お兄様!」

当麻「え、そっち?」





360: sageの習慣がついてるだけだから特に意味はないです 2011/01/22(土) 23:45:17.36 ID:eS1uMbQ4o

当麻「話は後だ!二人ともタオル巻いてきなさい!」

絹保「タオルを巻いてくればご一緒させていただいてもよろしいのですね?」

万彬「少々お待ちください」

当麻「そういう意味じゃないのですが・・・」



361: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/22(土) 23:50:05.59 ID:eS1uMbQ4o

絹保「お待たせいたしました」

万彬「お兄様、裸のお付き合いなのになぜタオルを巻くのですか?」

当麻「裸のお付き合い?!」

絹保「私たちもっとお兄様との仲を深めたいのです。ご協力をお願いしますね」

万彬「さ、お兄様、早速」

当麻「そ、その前に二人ともまず目を瞑れ!」

絹保「こうでしょうか?」

万彬「なにをなさるのですか?」

当麻「俺もタオルをとってくる!」

絹保「それは必要なことなのですか?」

当麻「超必要です!」

絹保「それなら・・・」



362: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/22(土) 23:57:35.67 ID:eS1uMbQ4o

当麻「ふぅ、びびった・・・」

当麻「換気扇点いてたら二人の裸を見ちゃってたんだよなあ・・・」

当麻「違う!俺は見たくなんかないぞ!」

当麻「クールになれ。クールになるんだ。よーし」

当麻「お待たせ・・・」





363: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 00:06:57.70 ID:Ycd+nyZdo

絹保「お兄様」ぎゅっ

万彬「お背中流しますね」ぎゅっ

当麻「二人とも当たってるんですけど!」

絹保「?何がですか?」

万彬「そんなことより早く流させてください」

当麻「気づいてくれー」




364: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 00:14:30.24 ID:Ycd+nyZdo

万彬「それではお兄様、始めさせていただきますね」

絹保「失礼しますね」

当麻「うい」

絹保「お兄様、お肌を洗うときは手で洗うのがよいのですよ」にゅるにゅる

当麻「く、くすぐったい!」じたばた

万彬「お兄様、暴れないでください。洗いずらくなりますわ」

当麻「いやでもくすぐったいのはどうしようもないのですが」




365: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 00:18:11.14 ID:Ycd+nyZdo

絹保「お兄様ってお背中広いのですね」

当麻「そうか?あまり気にしたことないんだけどな」

万彬「絹保さんがお背中を洗っている間に髪を洗いますわね」

当麻「じゃあ、頼む」

万彬「では、ちょっとお膝の上に失礼します」

当麻「あんだって?」

万彬「」ぴょこ

当麻「近すぎだろ!」



366: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 00:23:33.36 ID:Ycd+nyZdo

万彬「沁みますから目を瞑ってくださいね?」

当麻「いやでも目を開けたい気もして」

万彬「え?」

当麻「いやなんでもないです」

万彬「変なお兄様」





367: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 00:27:39.08 ID:Ycd+nyZdo

万彬「では洗いますね」ぶにゅっ

当麻「ううう!」

当麻(上条さん窒息しちゃううううう)

万彬「お兄様いかがですか?痛い所はありませんか?」

当麻「うー!大丈夫だけど大丈夫じゃない!窒息しそう!」





375: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 12:33:07.86 ID:woYSYrH0o

万彬「苦しいですか?では・・・」ぬるっ

当麻「わわわ!」ずるっ

絹保「きゃー!」

当麻「痛っ!」ぷにゅん

当麻「・・・くない」

当麻(この感触はあれだな。二人のおかげで痛くなかったから感謝しないとな)

当麻「二人とも怪我ないか?」

絹保「はい、お兄様のお手がありましたので痛くありませんわ」

万彬「私はお兄様の上ですから全く。お兄様こそご無事ですか?」

当麻「俺も大丈夫だ。二人の胸・・・じゃなくて二人がクッションになったからさ」

絹保「お兄様にお怪我がなくて幸いですわ」

万彬「こういうのもいいものですね」

当麻「いや早く退いてくれないといろいろなものが見えそうになってるんだが」

当麻(主に胸と胸と胸が)



376: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 12:42:02.38 ID:woYSYrH0o

万彬「では失礼して」

当麻「風呂でこけたのは久しぶり・・・うぉっ!」ずるっ

絹保「お、お兄様?また滑られましたけど大丈夫ですか?」

当麻「ま、また胸に助けられた・・・」

当麻「今度はもう少し気をつけないとな」

絹保「いえ、お兄様でしたらいくらでも」

当麻「いくらでもはダメだろ。そのうち怪我するぞ?」

絹保「そう意味ではありません・・・」



377: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 12:50:46.49 ID:woYSYrH0o

万彬「あ、そういえば背中は洗いましたが前の方は洗いませんでしたね」

当麻「あ?」

絹保「そうでしたね、では前の方失礼しますね」

当麻「前はいい!後は自分で洗います!」

絹保「お兄様、私に不手際がありましたか?」

当麻「いや不手際がどうとかじゃなくて二人に見せちゃいけない?があってですね?」

当麻「お願いです、ここだけは!ご勘弁ください」OTL

絹保「お兄様、頭をお上げになってください!そこまでされては」

当麻「分かってくれたのか?よかった」

絹保「」

万彬「」

当麻「そんなに見られちゃいやん!目を隠してくれ」







378: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 12:54:05.32 ID:woYSYrH0o

絹保「わかりましたわ」

万彬「こうですか?」

当麻「いいっていうまでそのままだぞ」

当麻「・・・」

絹保万彬「」ちら

当麻「よく見えたか?」

絹保「いえ、よく見えません・・・はっ!」ぱっ

万彬「失礼いたしました!」ぱっ

当麻「もう!」







379: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 12:56:23.30 ID:woYSYrH0o

当麻「もういいぞ」

絹保「せっかく洗って差し上げようと思っていましたのに・・・」

万彬「残念でしたわね・・・」

当麻「本気だったのか・・・」

絹保「お兄様、私たちはいつでも本気ですわ」

万彬「手を抜くなどありえません」

当麻「どう考えても違うベクトルに向かってる気がする」




380: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 13:14:58.47 ID:woYSYrH0o

当麻「・・・」

絹保「お兄様、次は私達の背中を流していただけませんか?」

当麻「はぁ!?」

絹保「お兄様はインデックスさんという方の背中を流していらっしゃるのでしょう?」

当麻「なぜそのような結論に達したか理解できないんだが・・・」

絹保「お兄様はインデックスさんと仲がよろしいのでしょう?」

当麻「まあ悪くはないけどさ」

絹保「仲の良い方は裸のお付き合いという物をされているのでしょう?」

当麻「誰からそんな事吹き込まれた!」

絹保「インデックスさんと出来て私とは出来ないのですか?」

当麻「だからしてないって。上条さんがそんな男に見えますか?」

絹保「お兄様、嘘は感心いたしませんわ」

万彬「嘘をおっしゃるならもう少し上手におっしゃってくださいね?」

当麻「そんなあ!」



381: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 13:37:18.19 ID:woYSYrH0o

当麻「お願いだから信じてくれよ。上条さん本当に本当にしてないんです!」

絹保「お兄様は、私と一緒に入浴するのが嫌なのですか?」

当麻「嫌っていう話じゃなくてさ」

絹保「私お兄様ともっと親密になりたくて、ぐすっ」

万彬「お兄様は嘘を吐かれてまで、うっ、うぅっ」

当麻「ああああ泣かないでくれよ・・・」あわわ

当麻「入る!入るよ!入ります!三段活用!」

絹保「本当ですの?」

万彬「嘘ではないのですね?」

当麻「嘘泣きかい」




384: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 14:01:54.55 ID:woYSYrH0o

当麻「全く!じゃあどっちから洗う?」

絹保「お兄様にお任せします」

当麻「じゃあ・・・絹保から洗おうかな」

絹保「ありがとうございます」

絹保「ではタオルを取りますね」

当麻「待てえええ!全部取るな!半分!前は絶対隠せ!」

絹保「はぁ、分かりました」

当麻「心臓が飛び出る所だったぞ」





385: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 23:04:27.60 ID:+QubfqBGo

当麻「絹保、洗う前に確認したいんだが」

絹保「なんでしょう?」

当麻「まさかとは思うが手で洗うのか?」

絹保「それ以外にないと思いますが」

当麻「ドキがムネムネしてきた。二つの意味で」

絹保「それをおっしゃるならムネがドキドキですわ、お兄様」

当麻「ああ、そうだった」





386: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 23:22:27.27 ID:+QubfqBGo

当麻「そ、それじゃ、あ、あら、洗うぞ」

絹保「はいお兄様」

当麻「すごいスベスベだな」

絹保「うふふっ」

当麻「どうした?」

絹保「いーえ!なんでもありませんわ」

当麻「ぺろぺろ」

絹保「お兄様!変な所を舐めないでください!」



387: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 23:28:36.80 ID:+QubfqBGo

当麻「・・・俺今なにかした?」

絹保「肌をその・・・舐められました///」

当麻「具体的にどの辺り?」

絹保「腋、ですわ」

当麻「ひいいいいお許しください!」

絹保「私もいやではありませんでしたから、なんとも思っていませんわ」

当麻「上条さんおかしくなっちゃったみたいだな」



388: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 23:35:05.65 ID:+QubfqBGo

当麻「・・・」ぼー

絹保「お兄様?」

当麻「」スリスリ

絹保「またですかお兄様!」

当麻「つい無意識のうちにやってしまった」



390: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 23:42:22.18 ID:+QubfqBGo

当麻「ごほんごほん」

当麻「絹保の腕って綺麗だよなあ」

絹保「お兄様はそうやってたくさんの女性におっしゃっているのでしょう?」

当麻「言ってねえよ。本当に綺麗なんだって」

絹保「そう思うことにさせていただきますわ」

当麻「本当だってのに」



391: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/23(日) 23:55:51.26 ID:+QubfqBGo

当麻「じゃあ次前な」

絹保「では全部取りますね」

当麻「胸の所以外は」

絹保「胸も洗わないといけませんわ」

当麻「それだけはご勘弁願います!上条さんそこまで出来ません!お年頃の女の子のお胸を触るなんて!」

絹保「私お兄様の事を信頼していますから触られても平気ですのに」

当麻「どうしようかな・・・」




392: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/24(月) 00:00:39.08 ID:6fNobyfmo

絹保「お兄様、こういう時はジャンケンではないでしょうか?」

当麻「ああ、それがいいな」

絹保「では私が勝ちましたら洗う。お兄様が負けましたら自分で洗います」

当麻「ようし」

絹保「ジャンケン」

絹保当麻「ぽん」

絹保「あいこで」

当麻「しょ!」

絹保「・・・」

当麻「・・・」



393: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/24(月) 00:11:22.96 ID:6fNobyfmo

絹保「あ・・・」

当麻「なんだと・・・」

絹保「私の勝ち、ですわね」にこにこ

当麻「なんでだろう。こんなに負けても悔しくないジャンケンは初めてだ」

絹保「ではお兄様」

当麻「はいはーいいっぱい洗っちゃいますよー」

当麻「それでは・・・」




394: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/24(月) 00:16:53.41 ID:6fNobyfmo

当麻「無我の境地!」さわさわ

絹保「・・・にゃあ///」

当麻「ちゃんと洗えてたか?」

絹保「いえその、お触りされていただけだったような・・・」

当麻「も、もう一回やらせてくれ」

当麻「高速手洗い!」

絹保「////////」

当麻「はっ、はっ、や、やりきった・・・」

絹保「お兄様、次は下半身」

当麻「まだ敵がいたか」










395: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/24(月) 00:23:39.22 ID:6fNobyfmo

当麻「ま、まあ都合よく異常に湯気が出てるから問題ないな。じゃあ洗っちゃうぞ」

当麻「・・・いい。実に素敵な太ももだ」

絹保「お兄様、私くすぐったい気分ですわ」

当麻「もうちょっと我慢な」

当麻「ふくらはぎももみもみしたいなー」

絹保「恥ずかしい///」

万彬「・・・」

当麻(ま、万彬が怒ってる・・・おふざけはやめたほうがよさそうだ)

当麻「もういいかな」じゃー

絹保「ありがとうございました。私たちこれで少し仲良しになれましたね」

当麻「もう十分仲良しだと思うのですが」






396: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/24(月) 00:30:36.08 ID:6fNobyfmo

当麻「万彬おいでー」

万彬「・・・」

当麻「どうした暗い顔して?」

万彬「お兄様、私絹保さんとお兄様が楽しそうにしているのを見て少し嫉妬してしまいました・・・」

当麻「万彬もそういう事があるのか?」

万彬「私だって、女ですから。羨ましいなって思うことぐらいあります」

当麻「上条さんそういうのはよく分からないけど気にすんな。これからするんだから」

万彬「はい!」

当麻「ふふふふふ、いっぱい触っちゃう・・・じゃなくて洗っちゃうぞ」





406: 締めは全く考えてませんです 2011/01/24(月) 18:27:59.36 ID:UdwdvmBmo

当麻「お湯かけるぞー」

万彬「どうぞ」

じゃー

当麻「万彬ってさ、水も滴るいい女って言葉がぴったりだな」

万彬「素直に受け取ってよろしいのですか?」

当麻「妹に言う言葉なのか疑問はあるけど素直に受け取ってくれよ」

万彬「一生の宝物にしますね」

当麻「ぺろり」

万彬「お兄様、今なにかなさいました?」

当麻「ううん、なんもしてません」

万彬「首筋を舐められた気がしたのですが気のせいだったのでしょうか・・・?」




407: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/24(月) 18:39:40.55 ID:UdwdvmBmo

当麻「じゃあ立ってくれるか?」

万彬「はい」

絹保「お兄様、私のときよりも熱心ですわね」

当麻「うっ・・・」



408: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/24(月) 18:50:34.72 ID:UdwdvmBmo

当麻「舐めたくなるような綺麗な体だよなー」

万彬「お兄様やはり舐められたのではないですか!」

当麻「あ、バレた?」

万彬「お兄様は変な所をお舐めになる癖があるのですね」

当麻「癖じゃねえよ。最近は舐めたくなる女の子がいないんだよなあ」

万彬「ということはお兄様が舐めたくなる女という事でしょうか?」

当麻「もちろん」イケメンAA

万彬「///」



409: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/24(月) 19:10:48.28 ID:UdwdvmBmo

当麻「お、俺は一体何を・・・」

当麻「そうだった、万彬の体を洗うんだった」

万彬「お兄様まだでしょうか?」

当麻「っておおおい!上条さんの視界にセクシーボディがあああ」びゅううう

万彬「お兄様また鼻血が・・・」

当麻「し、死ぬ・・・」




410: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/24(月) 19:26:09.99 ID:UdwdvmBmo

当麻「ふっかーつ!」

万彬「お兄様大丈夫ですか?」

当麻「大丈夫だ、問題ない。洗おうな」

当麻「万彬のスタイルいいなー」なでなで

当麻「万彬のお尻も綺麗だなー」さわさわ

万彬「お兄様・・///」

当麻「」もみもみ

万彬「




421: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/25(火) 21:04:38.83 ID:HGmwW8zio

当麻「ふっふっふ、イタズラしちゃうz」

ポカッ

当麻「いてて、自分で自分を殴るのってこんなに痛かったか?」

当麻「じゃあ前洗うぞ。嫌だったら嫌って言うんだぞ?」

万彬「嫌だなんて言いません」

当麻「じゃあ・・・」




422: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/25(火) 21:23:17.13 ID:HGmwW8zio

絹保「お兄様、寒いのでお兄様のお背中で温まってもよろしいですか?」

当麻「寒いんだったら風呂に入ればいいのに」

絹保「一人で入っても寂しいですわ」

当麻「まあ減るもんじゃないし好きなだけくっついてていいぞ」

絹保「お兄様はなんでも許してくださいますね」ぎゅぎゅ

絹保「お兄様のお背中さえあればどこでも眠れそうです」

当麻「タオルが落っこちてるんですけど!」

絹保「はーい?」

当麻「タオル!胸!巻きなさい!」

絹保「あ、失礼しました」

当麻「



423: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/25(火) 21:33:45.07 ID:HGmwW8zio

当麻「まさかとは思うけど他の子の時もそういう風にしてたりするのか?」

絹保「いいえ」

当麻「じゃあ俺の時だけ?」

絹保「お兄様とお風呂に入ったのは今日が初めてですわ」

当麻「まあそうだけど」

万彬「お兄様、寒くなってきたのですが」

当麻「万彬が風邪引いちゃうしこの話はまあいいや。よくないんだけど」



424: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/25(火) 21:52:37.24 ID:HGmwW8zio

当麻「洗う前に絹保、洗濯バサミとってくれるか?」

絹保「どうぞ。でも何にお使いになるのですか?」

当麻「万彬の体を揉み揉み、じゃなくて洗ってたら鼻血が出るだろうから装備しておかないといけないからな」

当麻「よし、じゃあ腕を上にあげてくれるか?」

万彬「はいお兄様」

当麻「挟んでよかった洗濯バサミだな」

当麻「じゃあ次おなか回りに」

万彬「お兄様?さきほどから私の体に不自然に濃い湯気が・・・」

当麻「多分局部モザイクだと思う」

万彬「モザイクですか?」

当麻「よくあることだから気にするな」



425: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/25(火) 22:07:32.20 ID:HGmwW8zio

当麻「どうだ?気持ちいいか?痛くないか?」

万彬「とても気持ちよいです」

当麻「後ろ向きだとちょっと洗いにくいから前向いてくれるか?」

万彬「はい、では」

当麻(ん?こっち向いたら・・・見えちゃう!)

当麻「ちょっと待っ」

万彬「何ですの?」

当麻「たなくて大丈夫だった」

万彬「?」

当麻(湯気さんありがとう!)



426: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/25(火) 22:20:06.35 ID:HGmwW8zio

当麻「いやでも下半身に湯気というのはむしろそそるというかなんというか」

万彬「何を仰っていますの?」

当麻「なんでもありません!」

当麻「万彬の綺麗な体を拝みつつ洗っちゃうぞ、っと」

万彬「そのように見られては恥ずかしいではありませんか」ぱっ

当麻「こら、隠したら見れないじゃなくて洗えないぞ」

万彬「ですが・・・///」

当麻「見せてくれよ」

万彬「はい・・・///」

当麻「変な言い方だった。これは訂正がいるな」



427: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/25(火) 22:46:44.46 ID:HGmwW8zio

当麻「キレイキレイ~」

万彬「お兄様の触り方変ではありませんか?その・・・」

当麻「うん・・・自覚が少しありますの事よ」

万彬「私嫌ではありませんよ?お兄様なら・・・」

万彬「私ったらお兄様に変な事を」ポッ

当麻「可愛いなあ、写真とらせろお



428: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/25(火) 22:54:02.56 ID:HGmwW8zio

当麻「ヤマザキ春のもも祭り~」

万彬「お兄様くすぐったいです///」

当麻「ラストは股間の水攻めー」

万彬「お兄様!」

当麻「わ、悪い!悪ノリしてしまった・・・」

万彬「い、いえ!その、実は楽しかったです///」

当麻「じゃあ流してお風呂はiいろうか」じゃー

万彬「楽しみです」



429: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/25(火) 23:09:10.00 ID:HGmwW8zio

ちゃぽん

当麻「あーお風呂あったかーい」

万彬「お兄様お幸せそうですね」

当麻「上条さんの家の風呂は壊れたからこうして入られて感動してるんです」

万彬「お兄様ご苦労なされているのですね」

絹保「お兄様、私に出来る事はありませんか?」

当麻「そうだなー。じゃあギューしようか。ぎゅううう」

絹保万彬「おにいさまぁ///」ポロリ

当麻「うっ、堕ちそう・・・」




430: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/25(火) 23:19:09.77 ID:HGmwW8zio

当麻「ちゃ、ちゃんと直そうな・・・」

絹保「お兄様お得意なのですか?手馴れたようにお見受けします」

当麻「上条さんも不思議で仕方ありません」

万彬「それにしても簡単に脱げてしまうのはなぜでしょうか?」

当麻「なんでだろうねー」



431: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/25(火) 23:37:14.11 ID:HGmwW8zio

絹保「お兄様?」

当麻「なーに?」

絹保「お兄様抱っこしてくださいません?」

万彬「私も、お兄様にしていただきたいですわ」

当麻「いいよー」



432: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/25(火) 23:42:59.53 ID:HGmwW8zio

絹保「ここは私たちだけの特等席ですね」

万彬「独り占めしたいですわ」

当麻「風呂だったら重くないしな」

絹保「どうでもよいのですがお兄様?」

当麻「うん・・・」

絹保「また胸をお掴みになってますわ」

万彬「私のもつかまれてますよ?」

当麻「なんか柔らかいなあとは思ってました」




438: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/26(水) 21:46:59.03 ID:VjdEGtOVo

当麻「さてと、上条さんが色情当魔なんてあだ名をつけられる前に上がるとしますよっと」

絹保「まだ上がるのには早いですわ」

万彬「もう少ししたら私も出ますからお待ちくださいませんか?」

当麻「少しだけだぞ?」

絹保「ええ」

万彬「入る時も出る時も一緒ですわ」



439: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/26(水) 21:52:04.86 ID:VjdEGtOVo

絹保「お兄様~」

当麻「なんだ?」

絹保「ただ呼んでみただけですわ」

当麻「なんだよー」

万彬「お兄様」

当麻「何?」

万彬「ただ呼んでみただけです」

当麻「またか」





441: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/26(水) 22:40:10.38 ID:VjdEGtOVo

絹保「お兄様、また一緒に入ってくださいますか?」

当麻「え、また入るのか?」

絹保「まさかこれきりにされるおつもりでしたの?」

当麻「違うのか?」

万彬「私大きくなってもお兄様と一緒に入りたいです」

絹保「私も同じですわ」

当麻「中学生の妹と一緒に入るってのは良くないと上条さんは思うのです」




442: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/26(水) 23:19:55.69 ID:VjdEGtOVo

絹保「・・・」

万彬「・・・」

当麻「何か喋ってください・・・。無言で訴えるなんて上条さんの心が痛むのですが」

絹保万彬(もう一押しですわ)

当麻「痛い、胸が痛い、なんか上条さんの胸がチクチクするのですが」

当麻「分かったから!もう分かった!だから止めてー」

絹保「私達の思い届きましたか?」

当麻「思いっていうより呪いに近かったぞ」

万彬「呪いだなんてひどいですわ!」

当麻「だって本当に痛かったんだぞ?チクチクチクチク」






443: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/26(水) 23:27:24.22 ID:VjdEGtOVo

絹保「お兄様、温まりましたからそろそろ出ましょうか」

当麻「そうしようか」

万彬「また入りましょうね」

当麻「なんかそういうことになっちゃったな」

絹保「お兄様、一緒に入浴した記念に写真を撮りませんか?」

当麻「この格好でか?」

絹保「記念ですもの」

当麻「じゃあ・・・」

絹保「では取ってきますね」





444: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/26(水) 23:29:35.63 ID:VjdEGtOVo

絹保「では撮りましょうね」

当麻「どうせだから絹保一人と万彬一人と俺と絹保と俺と万彬と三人一緒のパターンも撮るか」

絹保「お兄様もその気になられたようですね」

当麻「まあな」

万彬「では・・・」

・・・・・・・



445: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/26(水) 23:34:03.54 ID:VjdEGtOVo

当麻「あ、そうだ」

絹保「どうされましたの?」

当麻「絹保、仰向けになってくれ」

絹保「いいですが・・・」

当麻「で、腕を頭の辺りに置いてくれ」

絹保「こうでしょうか・・・」

当麻「なかなかセクシーだ・・・」

当麻「じゃあ撮るぞ・・・よし。じゃあ万彬も同じポーズで頼む」

万彬「分かりました」

当麻「これはいいものだ」

カシャカシャ




447: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/26(水) 23:38:45.15 ID:VjdEGtOVo

当麻「高画質で相当撮ったのにまだまだ撮れるのか・・・」

絹保「大容量メモリですから」

当麻「やっぱすげえな」

絹保「あまり気にした事がないものですから良く分かりませんが・・・」

当麻「まあ話はそれぐらいにしてそろそろ体拭こうか」

絹保「お兄様」

万彬「お願いが」

当麻「体拭けってか?うすうす感づいてましたよ」





451: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 18:30:53.91 ID:wbe4gNeko

当麻「二人とも自分で拭こうぜ。そういうのが出来る年だろ?」

絹保「前にも拭いてくださいませんでしたか?」

当麻「あの時はあの時だ。それに二人は今までちゃんと一人でやってただろ?」

絹保「自分でするのとお兄様にしていただくのとでは全く違うのです」

万彬「お兄様にしていただくと安心できるのです。ゆりかごのような感じでしょうか?ゆりかごを知っているわけではありませんが」

当麻「簡単には食い下がらないな。どうやって説得するか・・・」



452: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 18:38:15.49 ID:wbe4gNeko

当麻「・・・」

当麻「よし!」

当麻「全く思い浮かばかない!」

当麻「だから俺らしく伝えよう」

当麻「なあ絹保、万彬?」

絹保「してくださるのですか?」

当麻「ううん。さっきも言ったけどダメだ」

万彬「そうですか・・・」しょぼーん

絹保「期待していましたのに・・・」しょぼーん

当麻「うう、許してくれ妹たち・・・」




453: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 18:49:05.46 ID:wbe4gNeko

当麻「俺は着替え終わったけど・・・」

絹保「・・・」

万彬「・・・」

当麻「あそこまで落ち込む事はないだろ・・・」

当麻「なんて声かければ・・・」

当麻「ううん・・・」

当麻「元気になってくれるか分からねえけど言ってみるか」



454: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 18:51:10.83 ID:wbe4gNeko

当麻「あのー、二人とも?」

絹保万彬「なんですか?」

当麻「えぇっと、上条さんは身の回りの事とか一人で出来る子が好きだな」

絹保万彬「!」

当麻(こんなので元気になるわけ・・・)



455: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 18:56:11.09 ID:wbe4gNeko

万彬「お兄様、私一人で出来ますわ!」

絹保「お兄様の妹ですもの!一人で出来ないなんて恥ですわ!」

当麻「ああ、うん頑張ってー」

当麻「なんかさっきより元気になってる気がするけど良かった良かっ」

当麻「よくねえ!」

当麻「おい、ちょっと俺が出るまで・・・」

絹保「はい?」

当麻「・・うぐっ」

バタリ

絹保「お兄様!」

万彬「お兄様、しっかりなさってください!」






456: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 18:58:51.83 ID:wbe4gNeko

絹保「お兄様どうなされたのでしょう?」

万彬「分かりません・・・のぼせられたのかもしれませんね」

絹保「このまま動かさない方が良いかもしれません」

万彬「私たちも早く着替えましょう」

絹保「そうですね」




457: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 19:01:26.09 ID:wbe4gNeko

当麻「ぅぅ・・・」

絹保「お兄様、気がつかれましたか?」

当麻「俺どうしたんだ・・・?」

万彬「突然倒れられたのです。のぼせてしまったのかもしれません」

当麻「いやなんか違う・・・こう、もっと違うやつ」





458: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 19:04:15.94 ID:wbe4gNeko

絹保「お兄様、悪い所はありませんか?」

当麻「特になさそうだけど」

絹保「はぁ、良かったです」

当麻「心配させてごめんな絹保」なでなで

万彬「お兄様、私も心配したのですよ?」

当麻「悪い悪い。万彬もな」なでなで




459: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 19:10:26.18 ID:wbe4gNeko

当麻「さてと、じゃあ寝ようか」

絹保「お兄様、一緒のベッドで・・・」

万彬「良いでしょうか・・・?」

当麻「上条さん一人で寝たいんですけど・・・」

絹保「・・・」ショボーン

万彬「・・・」ショボーン

当麻「・・・上条さんのせいですか?」

当麻「じゃあ消すぞ」

パチッ

当麻「ふぅー、一人で寝るベッドってのは格別ですね」




460: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 19:14:22.98 ID:wbe4gNeko

当麻「早く寝れそうだ・・・」

ジロジロジロ

当麻「うぅっ、視線を感じる・・・」ゴロ

ジーーー

当麻「な、なんなんですかぁ」チラッ

絹保「<●><●>」

当麻「ひぃぃぃ」ゴロ

万彬「<●><●>」

当麻「コワイヨコワイヨォォォ」






461: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 19:16:25.53 ID:wbe4gNeko

絹保「オニイサマガイッショニネテクダサラナイ」

万彬「イッショニネテクダサラナイ」

当麻「タスケテタスケテ」

当麻「助けてーーーー」





462: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 19:19:11.42 ID:wbe4gNeko

当麻「!」

当麻「・・・夢か。夢でよかったあ」

絹保「お兄様、大丈夫ですか?」

当麻「大丈夫だ!」

絹保「お兄様、汗をかかれてますよ?」

当麻「そうだな!拭かないとな!」

万彬「お兄様、大丈夫ですか?」

当麻「大丈夫だ、健康健康!」



463: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 19:20:52.45 ID:wbe4gNeko

当麻「二人ともちゃんと一人で着替えたか?」

絹保「はいお兄様」

万彬「一人で着替えましたよ」

当麻「えらいえらい。じゃあ寝よう」







464: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 19:23:32.52 ID:wbe4gNeko

絹保「お兄様、一緒に寝ても良いですか?」

当麻(夢と同じ!)

当麻「上条さん今日は一人で寝たいからダメです」

絹保「どうしても、ですか?」

当麻「どうしても!天変地異がおこっても!」

絹保「そうですか・・・」ショボーン

万彬「楽しみにしてましたのに」ショボーン





465: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 19:41:28.46 ID:wbe4gNeko

当麻「明かり、消すぞ」

カチッ

当麻「・・・」

当麻「怖くなってきた・・・。違う違う!あれはただの夢だ。そうだ、ただの夢だ。ただ展開が似てるだけ・・・」

当麻「早く寝れば・・・」

当麻「・・・」



466: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 19:44:22.25 ID:wbe4gNeko

ジロジロジロジロ

当麻「やっぱきたあああ」

当麻「怖いよ怖いよ」

当麻「で、でも気のせいってこともあるし、確認だけ」

当麻「・・・」

絹保「お兄様・・・」

当麻「夢じゃなかったああ」

当麻「じゃ、じゃあ万彬も・・・」

万彬「・・・」

当麻「あうあう・・・」





467: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/27(木) 19:50:05.29 ID:wbe4gNeko

当麻「」がちがちがち

絹保「お兄様・・・」

当麻「涙目・・・か?」

万彬「・・・」

当麻「万彬も・・・」

当麻「・・・ちょっとだけ添い寝に行ってやるか」





472: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 22:03:53.54 ID:UOpYgAqAo

当麻「ちょっとだけ添い寝に来たぞ。二人分添い寝するからほんとに少しだけだぞ」

万彬「まぁ嬉しい!」

当麻「絹保、少しだけ待ってくれよ」

絹保「もし私が寝てしまっても来て下さいますか?」

当麻「ちゃんと行くって」

絹保「寝ないようにしないと・・・」

当麻「張り切ってんなあ」







473: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 22:13:04.34 ID:UOpYgAqAo

当麻「んじゃお邪魔するぞ」

万彬「早くいらしてくださいお兄様」

当麻「あわてないあわてない」

万彬「だってお兄様と一つベッドの下で二人きりになれるんですもの。少しでもお兄様と一緒にいたいと思いませんか?」

当麻「・・・ベッドの上じゃないのか?」

万彬「・・・細かい事はよいではありませんか」

当麻「まあいいんだけどな」

当麻「万彬の布団ポカポカしてるな」

当麻「クンカクンカ」

当麻「それに万彬のいい匂いがする」

万彬「そ、そうですか?///」





474: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 22:38:16.96 ID:UOpYgAqAo

万彬「お兄様、もっとこっちに」

当麻「これぐらいか?」

万彬「もっと、です」

当麻「もっとって近すぎねえか?」

万彬「良いではありませんか。だって、お兄様と私の仲ですもの///」

当麻「万彬さんすごく際どいのですが・・・」



475: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 22:48:02.37 ID:UOpYgAqAo

万彬「お兄様が来てくださらないなら私から」

当麻「ちかっ!」

万彬「お兄様、ハグしていただけませんか?」

当麻「万彬とか?」

万彬「はい、私と」

当麻「ハグか・・・」

万彬「ハグです」

当麻「ハグねえ・・・」

当麻「ハグぐらいなら、いいのか?」

万彬「ではしましょう!」

当麻「するって決めてない・・・」




477: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 22:56:35.21 ID:UOpYgAqAo

万彬「お兄様、お体に乗りますね」

当麻「ちょっとしたら終わりだぞ」

万彬「ちょっとでもしてくださるのなら嬉しいです」

当麻[寝ながらだとやりにくいから体の上に乗っていいぞ」

万彬「お兄様、首浮かしてください。腕が」

当麻「あ、悪い」

万彬「もうよいですよ。お兄様も」

当麻「こうか」



478: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 23:01:40.90 ID:UOpYgAqAo

当麻「・・・」

万彬「・・・」

当麻「顔、近いと思うのでもう少し下に・・・」

万彬「そ、そうですよね!」



479: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 23:09:54.71 ID:UOpYgAqAo

当麻「・・・」

万彬「お兄様大好き」ひそっ

当麻「何か言ったか?小声でよく聞こえなかったぞ」

万彬「秘密、です」

当麻「女の子ってのは秘密が好きなのか?」





480: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 23:14:28.03 ID:UOpYgAqAo

当麻「そろそろ絹保の所に行かないとな」

万彬「少しだけ、でしたものね」

当麻「じゃあおやすみ」

万彬「おやすみなさい」

当麻「絹保絹保っと」

万彬「・・・」



481: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 23:23:55.87 ID:UOpYgAqAo

当麻「絹保、起きてるか?」

絹保「はい・・・」

当麻「もしかしなくても、眠いんだな」

絹保「お兄様約束を守ってくださったのですね」

当麻「当たり前だろ?妹との約束を守らないなんて男じゃねえ」



482: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 23:27:04.97 ID:UOpYgAqAo

絹保「お兄様、万彬さんとその、ハグをされていたのですよね・・・」ひそひそ

当麻「まあ、な」

絹保「私ともしていただけますか?」

当麻「万彬として絹保にしないなんてことはないけど・・・」

絹保「うふっ、失礼します」

当麻「聞いてよー」




483: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 23:35:59.25 ID:UOpYgAqAo

絹保「お兄様とハグが出来るなんて私!涙が出てきました・・・」

ペロッ

当麻「・・・ん、絹保の涙はしょっぱい。でもうまい」

絹保「お、おいしい・・・?」

当麻「あぁ、ミネラルたっぷりで健康によさそうだ」

絹保「お兄様って・・・変わった方です・・・」

当麻「そうか?」

絹保「はい。でも優しくて・・・私の事を心配してくださって・・・一緒にいると温かい気持ちになれて・・・それで・・・」

当麻「それで?」

絹保「大好き・・・」ひそ

当麻「よく聞こえなかったんだがもう一度言ってくれるか?」

絹保「こういうのはそう何度も話す事ではありません・・・」



484: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 23:38:26.07 ID:UOpYgAqAo

絹保「お兄様・・・もう、ダメです」

当麻「何が、ダメなんだ?」

絹保「もう・・・眠くて」

当麻「じゃあもう寝て良いよ」

絹保「おやすみなさい、お兄様」

当麻「おやすみ」

絹保「・・・」

当麻「絹保が寝ちゃったら上条さんこのまま寝るんですか?困ったなあ・・・」



485: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/28(金) 23:47:43.50 ID:UOpYgAqAo

当麻「はぁぁ、なんか眠くなってきた・・・」

当麻「このまま寝るか・・・」

当麻「絹保あったけえ・・・」

絹保「・・・」

当麻「・・・」





489: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/29(土) 22:53:59.25 ID:EtYr6/lvo

当麻「絹保ー!万彬ー!待てよー」

絹保「お兄様、こっちですよー」

万彬「捕まりませんよー」

当麻「逃がさないからな!待てえ」







490: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/29(土) 23:02:56.74 ID:EtYr6/lvo

当麻「絹保待てええ」

絹保「いやです!」キャッキャ

当麻「そらっ!捕まえ・・・うわっ」コケー

絹保「大丈夫ですか?」

当麻「あぁ」

絹保「それならよかったです」

当麻「捕まえた!」がし

絹保「・・・ふふふふ!」

当麻「はははは!」





492: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/29(土) 23:17:52.95 ID:EtYr6/lvo

当麻「花畑で寝転がるのはいいな」

絹保「お兄様と万彬さん以外誰もいませんね」

万彬「一面お花畑で素敵です」

当麻「二人も一緒に寝転がったらどうだ?」

絹保「お兄様のお顔を見ていればよく分かります」

万彬「とても気持ちよさそうです」



493: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/29(土) 23:27:52.82 ID:EtYr6/lvo

当麻「お花畑といえば」

絹保「何をなさっているのです?」

万彬「あ、分かりました」

当麻「ここをこうやって・・・よし出来た」

絹保「花飾りですね。可愛いです」

当麻「頭にのっけてみるか?」

絹保「似合いますか?」

当麻「すげえ可愛いな。お嬢様は伊達じゃないな」

絹保「///」



494: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/29(土) 23:30:17.60 ID:EtYr6/lvo

当麻「じゃあ万彬の分も作らないとな」

当麻「・・・よし出来た」

万彬「お兄様手際がよいですね」

当麻「上条さんも作った事がないんだけどな」



495: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/29(土) 23:36:08.40 ID:EtYr6/lvo

当麻「じゃかぶせるぞ」

万彬「似合うとよいのですが・・・」

当麻「心配いらねえよ。絶対似合うって」

万彬「どう、ですか?」

当麻「ほら、言ったとおりだろ。可愛いじゃねえか」




496: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/29(土) 23:40:12.64 ID:EtYr6/lvo

当麻「二人の姿を見てたら我慢できねえ!」

当麻「絹保と万彬に言いたいことがある」

絹保「どんなことでしょう?」

万彬「突然真剣なお顔をされていかがなさいました?」

当麻「二人とも俺の奥さんになってくれ!」



498: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/29(土) 23:49:49.87 ID:EtYr6/lvo

絹保「お、奥さんですか?お兄様の奥さんなら///」

万彬「その・・お受けいたします///」

当麻「いいのか?」

絹保「断る理由がありませんもの」

万彬「お兄様の事お慕い申しております」

当麻「好きだーーー」






湾内泡浮「お兄ちゃん!」上条「え?」【後編】に続く





元スレ
SS速報VIP:湾内泡浮「お兄ちゃん!」上条「え?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1293424210/