湾内泡浮「お兄ちゃん!」上条「え?」【前編】

湾内泡浮「お兄ちゃん!」上条「え?」【後編】

湾内泡浮「お兄様!」上条「え?」 2



SS速報VIP:湾内泡浮「お兄ちゃん!」上条「え?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1293424210/



499: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/29(土) 23:54:19.55 ID:EtYr6/lvo

・・・・

当麻「・・・なんつー夢を見てるんだ上条さん」

絹保「」

当麻「かわゆいなあ」

当麻「ほっぺたツンツンしてやるか」

ツンツン

絹保「ぅん・・・」

当麻「たまんねえなあ」












500: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/29(土) 23:58:43.84 ID:EtYr6/lvo

当麻「土御門に朝メールしてやるか」

か、み、じょ、う、さ、ん、は、妹、と、ウ、ハ、ウ、ハ、な、目、覚、め、で、す

当麻「送信っと」

当麻「なんか自然ににやけてくるなあ」





502: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/30(日) 00:03:24.18 ID:kAVuMRGXo

・・・・・

♪♪

小萌「上条ちゃんからメールとは珍しいですねー。なんでしょうかー?」

小萌「上条さんは妹とウハウハな目覚め・・・」

小萌「上条ちゃーーーーん!」

小萌「わ、私の上条ちゃんが土御門ちゃんみたいになっちゃったですよー!」





505: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/30(日) 18:23:37.63 ID:gWRBBUtao

ピピピッ

当麻「お、きたきた・・・あれ、先生からだ。なんだ?」

「上条ちゃん、妹さんと仲良しなんですねー。ウハウハっていうのがとっても気になりますが・・・。ところで送信先を間違えてたりしてないですよねー?」

当麻「やっちゃった。よりによって先生に送っちまうなんて。どんな顔してあえばいいんだ・・・」





506: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/30(日) 18:39:51.75 ID:gWRBBUtao

当麻「絹保、起きろー。万彬ー起きてー」

当麻「布団撤去だー」

万彬「あぁん、寒いです・・・」

当麻「おはよー万彬」

万彬「おはようございます・・・」

当麻「絹保ー、コアラじゃないんだから早く降りろー」

万彬「お兄様、なぜ絹保さんとそのような体制に?」

当麻「昨日絹保の所に行った後そのまま寝ちゃったからこんな事になってんだ」

万彬「お兄様は絹保さんと抱き合って寝たのですね・・・」

当麻「ああ・・・」

万彬「・・・」

当麻「なんて冷たい空気なんだ・・・」








507: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/30(日) 18:50:55.67 ID:gWRBBUtao

絹保「お兄様・・・おはようございます・・・はぁぁ」

当麻「起きたか?起きたら早く降りてくれると助かるんだが」

絹保「お兄様・・・私お兄様の奥さん・・・」

当麻「絹保!それは夢だ夢!起きろー」

絹保「はい・・・」

絹保「・・・ですよね///」

絹保「お兄様、もしかして私と同じ夢を見られたのではありませんか?私と万彬さんがお兄様にプロポーズされ」

当麻「はあああああやく顔洗うぞおおおお」

絹保「お兄様の奥さ」

当麻「よおおおおおおおし一緒に洗おうなあ」

絹保「お兄様?」

万彬「プロポーズ?」

当麻「もういいのおおお」







508: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/30(日) 18:58:07.33 ID:gWRBBUtao

当麻「さあ顔洗った洗った」

ばしゃばしゃ

当麻「ほいタオル」

絹保「ありがとうございます」

万彬「すっきりしました」

当麻「二人とも寝癖がすごいな」

絹保「あ、本当です」

万彬「直しませんといけませんね」

さっさっさ

当麻(女の子の日常を見るっていうのはなかなか貴重だよな)




509: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/30(日) 20:26:53.33 ID:+KTWE/keo

万彬「お兄様、綺麗になっているか見てくださいます?」

当麻「ちょっと跳ねちゃってるな」

万彬「どこですか?」

当麻「俺が直してあげるよ。ブラシ貸してくれ」

万彬「ありがとうございます///」

当麻「んじゃ直すからなあ」さっさっ

万彬「お兄様、お尻に何か当たって」

当麻「万彬には何にも触れていない触れていない触れていない」

万彬「そ、そうですね」

当麻「万彬の髪の毛って綺麗に手入れされてるなあ」




510: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/30(日) 20:34:52.91 ID:+KTWE/keo

万彬「私の髪の毛を触ってくださった殿方はお兄様が初めてですわ」

当麻「へーそうなのか」

万彬「お兄様に私の初めてを差し上げたいです///」

当麻「誤解を生む表現はやめよう!」





511: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/30(日) 20:46:44.83 ID:+KTWE/keo

当麻「うん、完璧」

万彬「とても気持ちよかったですわ。・・・これからずっとお兄様にしていただきましょうか?」

当麻「上条さんの気まぐれでな」

万彬「・・・はーい」





512: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/30(日) 20:55:28.33 ID:+KTWE/keo

当麻「んー絹保は特にないかな」

絹保「絶対あります!」

当麻「いや結構綺麗だよ」

絹保「ありますわ!」ぶんぶん」

当麻「今出来たな。まあいいけどさ。ブラシは?」

絹保「はいお兄様」

当麻「じゃあ」





513: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/30(日) 21:02:14.89 ID:+KTWE/keo

絹保「お兄様お優しい・・・」

当麻「直ったぞ」

絹保「ありがとうございます」

当麻「やっぱ絹保みたいな金髪美少女っていいよな」

絹保「そ、そうですか?///」

当麻「ああいいよ金髪」

絹保(嬉しい///)

万彬「どうせ私は金髪ではありませんもの・・・」どよーん

当麻「万彬ごめんよおおお。許してよおおお」





516: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 22:29:37.68 ID:0Odo74Jno

絹保「♪」ぱくぱく

万彬「」ぱく・・・ぱく・・・

当麻「・・・」





517: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 22:35:27.93 ID:0Odo74Jno

当麻「万彬、ちゃんと食べなきゃダメだぞ」

万彬「お気遣いはありがたいですが食欲が・・・」

当麻「まだ朝の事を・・・」

万彬「・・・」





518: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 22:38:44.49 ID:0Odo74Jno

婚后「湾内さんと婚后さん一体どうなさいましたの?」

当麻「あー、いやなんと言い訳したら・・・」

絹保「うふふ///」ボタボタ

当麻「おい絹保、そこは口じゃないぞ。ほらこれで拭きな」

絹保「あ、申し訳ないです・・・」

婚后「一体何が・・・」



519: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 22:46:22.55 ID:0Odo74Jno

万彬「私には女性としての魅力が・・・」

当麻「しっかりしろ万彬!万彬は最高の女だ!自身を持て!」

婚后「湾内さんと泡浮さんを見ていると天国と地獄を見ているようです・・・」

当麻「上条さんのせいです・・・上条さんの馬鹿!無神経!」ゴンゴン!

婚后「上条さん!お行儀が悪いですわ!」

当麻「・・・そうだな。ごめん」



520: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 22:51:28.32 ID:0Odo74Jno

婚后「仕方ありませんわ、この婚后光子が解決して差し上げますわ」

当麻「ほ、本当か?頼む!婚后さんの力を貸してくれ」

婚后「では何があったのかお聞かせください」

当麻「実は・・・」



521: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 22:59:06.98 ID:0Odo74Jno

婚后「なるほど、良く分かりました」

当麻「本当か、光子ちゃん!」

婚后「み、みみみ光子ちゃん?!」

当麻「教えてくれ、どうしたらいいんだ?」

婚后「それは・・・」

当麻「それは・・・」



522: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 23:03:14.49 ID:0Odo74Jno

婚后「とにかく褒めれば良いのです。上条さんが思いつく限りの言葉で泡浮さんを褒めるのです」

当麻「そ、それで万彬は元気になるのか?」

婚后「私を誰だと思っていらっしゃいますの?この婚后光子に二言はありませんわ!」

当麻「おー」8888






523: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 23:08:29.41 ID:0Odo74Jno

当麻「早速万彬を褒めるぞ」

婚后「でも絶対にというわけでは・・・」

当麻「絶対大丈夫だ、光子ちゃんがあれだけ自身たっぷりに言ってくれたんだ。きっと元気になってくれるさ」

当麻「じゃあ行ってくる」

婚后「ど、どういたしましょう?」





524: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 23:10:50.82 ID:0Odo74Jno

当麻「絹保、ちょっといいか?」

万彬「・・・なんです?」

当麻「耳、貸してくれるか?」

万彬「はい・・・」

当麻「万彬」

万彬「?」

当麻「愛してる」

万彬「あ、あ、あい?」

当麻「俺は万彬の事をいつも愛してるぞ」



525: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 23:15:27.34 ID:0Odo74Jno

当麻「朝起きる時も万彬を愛してる」

当麻「俺が仕事をしてる時も愛してるぞ」

当麻「朝ごはんを食べてる時も、歯磨きしてる時も、着替えをしてる時も、顔を洗ってる時も、学校についても」

万彬「はっ、はっ・・・」

当麻「授業中でも、友達と喋ってる時も、下校してる時も」

当麻「風呂で体を洗ってる時もだ」

万彬「ふぅ、ふぅ・・・」



526: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 23:20:26.96 ID:0Odo74Jno

当麻「愛してる愛してる愛してる愛してる」

当麻「万彬、万彬、愛してるぞ万彬」

当麻「俺の万彬、俺の可愛い万彬」

当麻「万彬の髪の毛一本一本を愛してるぞ」

当麻「万彬を構築してる細胞の一つ一つを愛してるんだ」

万彬「・・・」プシュー

当麻「万彬、ごめんな」

万彬「い、いえ・・・」



527: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 23:26:54.95 ID:0Odo74Jno

当麻「ご飯食べれるか?」

万彬「はい!」パクパクパクパパク

当麻「良かった、すっかり元通りだ」

当麻「光子ちゃんがいなかったらダメだったよ」

婚后「・・・」

当麻「光子ちゃん?」

婚后「わ、私に出来ない事などありませんわ!また困ったことがあればいつでも相談に乗ってあげますわよ?」

当麻「頼りになるなあ光子ちゃんは」

婚后「ところで、そ、その光子ちゃんというのはその」

当麻「ン、ダメか?俺と光子ちゃんの仲じゃないか」

婚后「私と上条さんの仲・・・ですか?」

当麻「俺達兄弟の相談相手だよ」

婚后「そう・・・ですわよね」



528: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/01/31(月) 23:30:42.38 ID:0Odo74Jno

当麻「というわけだからまたトラブルがあったらよろしくな、光子ちゃん」

婚后「構いませんが・・・」

当麻「さーて、俺も早く食わないとな」

当麻「ようし、食った食った。じゃあ今日は早めに帰ってくるからな」

絹保「お兄様、お気をつけてくださいね」

万彬「お兄様、先ほどの言葉ですが・・・とても嬉しかったです!」

当麻「おう、じゃあ行ってくる」

絹保万彬「いってらっしゃいませ」





534: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/01(火) 23:01:56.18 ID:XL3QPLU/o

当麻「あー、今日は飯がうまいな」

土御門「カミやんの癖に幸せそうな顔をしてるんだにゃー」

当麻「そうかー?へへっ」

青カビ「カミやん何かあったん?」

当麻「うぇっへっへ」

青髪「やっぱ遠慮しとくわ」

姫神「もしかして、妹さんと関係ある?」

当麻「姫神いたのか、ずっと気づかなかったぞ」

姫神「ふふふ、もう。慣れてるから」







535: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/01(火) 23:23:00.88 ID:XL3QPLU/o

姫神「それで。妹さんとはどうなの?」

当麻「ああ、まあまあうまくやってる」

姫神「そう。妹さんの写真。見せてもらってもいい?」

当麻「ああ、ほら」

姫神「君、この画像は・・・」

当麻「え?」

姫神「自分で見てみるといい」

当麻「何が問題・・・」

当麻「・・・問題だ」







536: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/01(火) 23:35:34.83 ID:XL3QPLU/o

土御門「カミやんどうしたんだにゃー?」

青髪「どうしたんや?」

当麻「見せる画像を間違えた」

姫神「間違えたどころでは済まないと思う・・・」

当麻「反省してます・・・」




538: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/01(火) 23:54:44.20 ID:XL3QPLU/o

当麻「じゃあこっちを・・・」

姫神「可愛い妹さん」

当麻「だろ?しかもめちゃくちゃいい子だからもうたまんない」

姫神「・・・シスコン」





544: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/02(水) 21:37:18.25 ID:9Gu5a8eYo

当麻「あー、早く放課後にならねえかな」

土御門「カミやん用事かにゃー?」

当麻「朝妹と色々あってさ、早めに帰ってあげようかと思ってさ」

姫神「シスコンじゃなかった。重度のシスコンみたい」

青ピ「カミやんがここまでになるとは。ボクもまだまだやねー」

土御門「カミやん、いい漢になったぜよ」

当麻「俺に限ってそんな事ねえだろ」






545: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/02(水) 21:47:32.29 ID:9Gu5a8eYo

土御門「いやいや、カミやんこそ男の中の男、キングオブブラザーなんだにゃー」

当麻「男は全然関係ねーじゃねえか。それに嬉しくもなんともねえよ」

土御門「細かい事は気にしなくていいんだにゃー」

青ピ「全く理解できんやけど・・・」




546: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/02(水) 21:55:59.76 ID:9Gu5a8eYo

・・・・・

小萌「じゃあ、みんな気をつけて帰るんですよー」

当麻「さようならー」

小萌「あ、上条ちゃん、ちょっと待ってほしいのです」

当麻「なんですか?」

小萌「朝のメールの事ですよー」

当麻「あ、あれですか」

小萌「メールは削除しておいたので安心してほしいのです」

当麻「先生ありがとうございます!」

小萌「いえいえなのです。今度から気をつけてくださいねー?」

当麻「分かってますよー。じゃあさようならー」

小萌「さようならなのです」





547: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/02(水) 22:06:43.20 ID:9Gu5a8eYo

当麻「早く帰らないといけない気がする」

土御門「カミやん待つんだにゃー」

当麻「なんだ土御門?」

土御門「カミやんと妹さんに贈り物だにゃー」

当麻「本か?」

土御門「三人でゆっくり読むといいんだにゃー」

当麻「ああ、ありがとな」





548: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/02(水) 22:20:19.00 ID:9Gu5a8eYo

当麻「風よりも早く走れ!早く早く!絹保たちの所に行くんだああ」

御坂「あ、ねえ、アン」

びゅーん

御坂「・・・」

御坂「また無視された・・・」





549: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/02(水) 22:27:54.10 ID:9Gu5a8eYo

当麻「ただいまー!」

万彬「お兄様本当にお早かったのですね?」

当麻「ぜぇーっ、ぜぇーっ、走って、はぁーっ、来たから、げほっ」

絹保「お兄様、お水をご用意しますからお座りになってください」

当麻「助かるよ」





550: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/02(水) 22:36:39.55 ID:9Gu5a8eYo

絹保「お兄様、お水です」

当麻「命の水・・・ごきゅごきゅ、ぷはー」

当麻「生き返ったー」

万彬「お兄様たくさん汗をかかれていますから拭いて差し上げますね」

当麻「悪いな」



551: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/02(水) 22:43:24.51 ID:9Gu5a8eYo

当麻「ところで土御門、俺の友達の、前に二人も俺の寮で会ったただろ?」

絹保「ええ、覚えております」

万彬「その方がなにか?」

当麻「三人で読めって渡された本があるんだけど一緒に読まないか?」



552: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/02(水) 22:47:12.26 ID:9Gu5a8eYo

絹保「本ですか?どのような内容なのですか?」

当麻「いやどんな本か見てないんだ」

万彬「それなら一緒に読みましょう」

当麻「そうだな、じゃあ・・・」ごそごそ

シスタープリンセス

当麻「シスター」

絹保「プリンセス?」

万彬「聞いたことの無い作品ですわ」

当麻「まあ読んでみるか」

・・・・・・・




557: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/03(木) 19:07:52.34 ID:E531iIWxo

当麻「へえ、みんないろいろ個性があるなあ」パラパラ

絹保「お兄様ならどの妹と暮らしたいですか?」

当麻「そうだなあ、みんな可愛いから決められねえな」

万彬「12人全員と一緒にお暮らしになりますか?」

当麻「全員と共同生活か・・・。みんなで協力して生活するならそんなに大変じゃないかもな」





558: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/03(木) 19:21:58.19 ID:E531iIWxo

絹保「お兄様、お兄様はわたくしたちが12人いたらどうされます?」

当麻「絹保と万彬が12人・・・なんか心当たりがある」

絹保「お兄様?」

当麻「ん、なんでもねえ。絹保と万彬ならまあ大丈夫じゃないか?別の心配はあるだろうけど」

絹保「別の心配とはどのような?」

当麻「まあ二人は気にしなくても・・・いや、気にしてほしいか?」



559: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/03(木) 19:29:01.10 ID:E531iIWxo

当麻「「すんげえロリっ子・・・」

絹保「とても可愛いですわね」

当麻「他には・・・春歌ちゃん!」

万彬「どうされました?」

当麻「春歌ちゃんが可愛い!」

当麻「春歌ちゃんと結こ・・・妹にほしいな」

絹保万彬(お兄様の理想の女性ですのね・・・)



560: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/03(木) 19:37:55.78 ID:E531iIWxo

・・・・・・

当麻「じゃあこんなところかな。二人ともどうだった?」

絹保「わたくしお兄様の事、今よりももっと尊敬しました」

万彬「お兄様の事今までよりも大好きになりました!」



561: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/03(木) 19:53:46.67 ID:E531iIWxo

当麻「よ、よかったな」

絹保「お兄様はいかがでしたか?」

当麻「んーそうだなあ」

当麻「妹っていいなあって思った。もっと大事にしないとな」

絹保「それなら・・・」

万彬「もっと愛してくださいね、お兄様?」

当麻「あ、うん」





564: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 21:30:37.68 ID:wMZWQ8/xo

カリカリ

当麻「バイト中とはいえ宿題は無くならねえなあ」

当麻「上条さん頭悪いから勉強しても頭よくならねえし」

当麻「しなかったらしなかったでもっと頭悪くなるし」

当麻「はぁ・・・」



565: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 21:35:00.91 ID:wMZWQ8/xo

当麻「こうか?いやなんか違う」

当麻「だー!」

当麻「疲れたー」



566: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 21:37:17.89 ID:wMZWQ8/xo

絹保「お兄様どうされたのです?」

万彬「お疲れになられてるようですが何をされているのですか?」

当麻「学校の宿題。全然進まなくてさ」



567: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 21:40:13.75 ID:wMZWQ8/xo

絹保「範囲をお見せいただけますか?」

当麻「いいけど」

万彬「もしかしたらお手伝いできるかもしれません」

当麻「分かるのか?」

絹保「見てみなければ分かりませんが・・・」

万彬「あ、これはこの間習った所です」

当麻「上条さん中学生以下ですか・・・」



568: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 21:45:53.38 ID:wMZWQ8/xo

万彬「お兄様、ここはこうやって」

当麻「待った!上条さんのためにもうちょっと分かりやすく」

万彬「でしたら、こうなってますよね?なので・・・」

当麻「ふむふむ」

万彬「こうすると、これが答えです」

当麻「なるほどなー」

万彬「いかがでしたか?」

当麻「万彬の説明が分かりやすかったから覚えられそうだな」



569: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 21:49:17.21 ID:wMZWQ8/xo

絹保「お兄様、他に、他に分からない所はありませんか?」

当麻「ある」

絹保「でしたら、わたくしが教えて差し上げます」

当麻「二人は宿題ないのか?」

絹保「もう済ませてあります」

万彬「宿題は早めに終えるようにしていますので」

当麻「そうか。じゃあ二人に教えてもらおうかな」

当麻(もうプライドなんているもんか)






570: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 21:55:18.72 ID:wMZWQ8/xo

当麻「えっとここなんだけど」

絹保「はい、そこはですね」

当麻「万彬ここは?」

万彬「はいそれは」

当麻「絹保、合ってるか?」

絹保「正解です」

万彬「お兄様、少し間違えています。ここは」

当麻「あ、そうか。こうだな」

万彬「そうです。これが正解です」






571: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 21:56:53.30 ID:wMZWQ8/xo

絹保「正解です」

当麻「よっしゃ」

万彬「正解ですわ」

当麻「ノッてきたー」

当麻「上条さん天災。やれば出来る子」




572: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 22:10:00.64 ID:wMZWQ8/xo

当麻「あー、終わった・・・」

当麻「もう一生分の頭を使ったな」

絹保「お兄様、休憩しましょう。休憩の後また続きをいたしましょう」

当麻「そうだな」

絹保「今日わたくし達クッキーを焼いてきたので召し上がりませんか?」

当麻「二人の手作り?じゃあもらおうかな」

万彬「クッキーですからお紅茶でよろしいでしょうか?」

当麻「ああ」

万彬「では入れてきますね」




573: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 22:15:05.41 ID:wMZWQ8/xo

当麻「いただきまーす。こっちが万彬ので」

絹保「これがわたくしのです」

当麻「まずは万彬のからもらおうかな」

当麻「ぽりぽり」

万彬「味見はしたのですが・・・」

当麻「ん、うまい!売ってるのより断然うまい!」

万彬「お兄様の為に作りましたから・・・作って良かったです!」



574: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 22:25:47.63 ID:wMZWQ8/xo

絹保「お兄様、わたくしのも・・・」

当麻「じゃあ」もぐもぐ

絹保「・・・」バクバク

当麻「・・・」モグモグ

当麻「うん、絹保のもめちゃくちゃうまいぞ」

絹保「本当ですか?」

当麻「ああ」

絹保「本当に、本当においしいですか?」

当麻「本当に、本当に本当にうまかった」

絹保「あ、あんしんしました・・・」ヘナヘナ

当麻「そんなに緊張してたのか」



576: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 22:50:11.93 ID:wMZWQ8/xo

当麻「んー、うまい」ボリボリボリボリ

絹保「そういえばそろそろバレンタインデーですね」

当麻「そうだな」ボリボリ

絹保「お兄様はその、わたくしがお兄様に作ったら、受け取ってくださいますか?///」

当麻「もちろん」

万彬「お兄様、わたくしのも、受け取ってくださいますか?///」

当麻「ああ、いいぞ」

絹保万彬「チョコレートとクッキーどちらがお好きですか?」

当麻「どっちも好きだけど?」

絹保「では少し練習しないといけませんね」

万彬「がんばって作りますね」

当麻「楽しみにしてるよ」






577: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/04(金) 23:03:43.52 ID:wMZWQ8/xo

当麻「ごちそうさま」

万彬「では続きがんばりましょうね」

当麻「うへぇ」

絹保「一緒にやれば早く終わりますから。頑張りましょう」

当麻「そうだな。頑張ろう」





581: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/05(土) 15:06:22.29 ID:6Tjne++po

当麻「嫌です、嫌です、もう勉強嫌なんです!」

絹保「お兄様、もう終わりました。終えられたのですよ」

当麻「勉強やりたくないです!」

万彬「お兄様、お外の空気をお吸いになって気分を落ち着けてください」

当麻「そうさせてもらう・・・」


絹保「お兄様お勉強アレルギーになられなければよいのですけど」

万彬「詰め込み過ぎもよくありませんし」



582: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/05(土) 15:44:38.13 ID:6Tjne++po

当麻「フー、いい気分転換になったな」

当麻「ん、あんな所に女の子が・・・」

当麻「おい、大丈夫か?」

学生「かみじょうさま・・・」

当麻「大丈夫か?なにかあったのか?」

学生「足を挫いてしまって歩けなくなってしまいました・・・」

当麻「そうだったのか、じゃあ保健室まで運ぶか」

学生「お手数おかけします」

当麻「けが人はおとなしくな」

当麻「抱っことおんぶどっちがいい?」

学生「あの・・・赤ちゃんを抱き上げるときのような感じでしていただけたら・・・」

当麻「赤ちゃん?こんな感じか?上条さんよく分からないんですが」

学生「ええ、よろしくお願いします」






583: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/05(土) 15:54:32.60 ID:6Tjne++po

学生「上条様、私、重くありませんか?」

当麻「そんなことねえよ。結構軽いぞ」ふわっ

学生「もうおろして下さっても構いません、後は自分で・・・」

当麻「無理しなくていいよ。けが人はおとなしくしてないとな」

学生「すみません・・・」

学生(上条様とこうすることが出来るのは運命でしょうか///)



584: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/05(土) 16:00:52.33 ID:6Tjne++po

当麻「もう着いた」

当麻「じゃあそこのベッドに」

学生「ありがとうございました」

当麻「足、まだ痛むか?」

学生「少し・・・」

当麻「どこかに湿布あるといいんだけど・・・お、あった」

当麻「じゃあ湿布貼るから足を伸ばして靴下脱いでくれるか?」

学生「はい」

当麻(パ、パンチラ!)

学生「出来ました」

当麻「じゃあこれで・・・」

当麻「少し休んだら部屋に戻ろうか」

学生「上条様は命の恩人です、ありがとうございました」

当麻「命の恩人ってほどではないぞ」



585: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/05(土) 16:06:19.39 ID:6Tjne++po

学生「私にとっては命の恩人です」

当麻「照れるな・・・」

学生「上条様、一生に一度のお願いがあるのですが聞いてくださいますか?」

当麻「ん?」

学生「バレンタインデーの事ですが・・・私上条様のために作りますから、受け取ってください」

当麻「へ?」

学生「義理とかそういうのではなくて・・・その、受け取ってください///」

当麻「断る理由なんてないからな。ありがたくもらうよ」

学生「上条様、2月14日忘れないでくださいね」

当麻「楽しみに待ってる」





586: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/05(土) 16:12:34.17 ID:6Tjne++po

当麻「そろそろ部屋に戻ろうか」

学生「ええ、そうします」

当麻「じゃあ・・・」

学生「帰りは一人で大丈夫です」

当麻「危なくねえか?」

学生「一人で歩けますからご心配なさらないでください」

当麻「本当に大丈夫なのか?」

学生「はいこの通り・・・っ!」

当麻「ダメじゃねえか。ほら」

学生「上条様にまたご迷惑を」

当麻「いいよこれぐらい、じゃあ部屋の場所教えてくれるか?」

学生「はい、ここをまっすぐ・・・」





587: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/05(土) 16:18:34.38 ID:6Tjne++po

「まあ、上条様に抱っこされて。羨ましい」

「わたくしもけがしたらしてくださるのかしら?」

学生(ちょっと優越な気分です)

当麻「ここか?」

学生「はい」

当麻「じゃあベッドまで」


当麻「お疲れ様」

学生「それは上条様ですわ」

当麻「じゃあなんかあったら呼んでよ。絹保と万彬の部屋にいるから」

学生「はい、ありがとうございました」





588: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/05(土) 16:28:26.97 ID:6Tjne++po

当麻「さてと、部屋に戻るか・・・」

「「「「「「「上条様ー」」」」」」」

当麻「な、なんだあ?」

「「「「「「「上条様、わたくしたちも看病してください!」」」」」」」

当麻「君たちどこかケガしてるのか?」

「「「「「「「これからケガするかもしれませんので予約をしにきました」」」」」」

当麻「保健室の先生がいなかったらな」

「「「「「「「あとバレンタインデー真心をこめて作りますから受け取ってください!」」」」

「「「「私のも」」」」「「「わたしのも」」」

当麻「俺なんかに?じゃあありがたく受け取るよ」

「「「「「「調理室ー」」」」」」」

当麻「なんだかあわただしかったけど」


絹保「廊下が騒がしいと思い見にきたら・・・」

万彬「お兄様・・・」





593: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/06(日) 16:47:19.83 ID:3DHrTKjno

当麻「特にすることもないし戻るかな」

当麻「・・・ん?」

壁・))

当麻(・・・なにしてるんだ?」

当麻「おい」



当麻「絹保さーん、万彬さーん」





594: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/06(日) 16:54:15.00 ID:3DHrTKjno

絹保「・・・」

万彬「・・・」

当麻「部屋にいたんじゃなかったのか?って言うかなんで隠れてたんだ?」

絹保「それは・・・」

当麻「言いにくいなら言わなくてもいいぞ?」



595: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/06(日) 17:10:43.14 ID:3DHrTKjno

万彬「廊下が騒がしかったので気になって様子を見に来たのです。そうしたら」

万彬「お兄様が・・・お兄様が」

当麻「俺が?」

万彬「お兄様がみなさんにバレンタインデーの話をされてて」

当麻「ああ、見てたのか」



596: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/06(日) 17:22:37.42 ID:3DHrTKjno

当麻「みんなにたくさんもらったら食べきれるかな?」

絹保「・・・」

万彬「・・・」

絹保「お兄様、いただくのは自由ですけれども」

絹保万彬「わたくしたちのは本当に食べていただけるのですか?」





597: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/06(日) 17:29:26.18 ID:3DHrTKjno

当麻「食べないなんて上条さん言いましたか?」

絹保「おっしゃっていませんが、しかし心配になります」

万彬「わたくしたちのを忘れられてるのではと・・・」

当麻「忘れるわけねえだろ」

絹保「お兄様嬉しそうにされてたではありませんか」

当麻「そりゃまあもらえたら嬉しいさ」



598: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/06(日) 17:48:27.15 ID:3DHrTKjno

当麻「嬉しいけど、二人の事を忘れてなんかいないから安心しろ」

絹保「証明・・・してくださいますか?」

当麻「信じてくれないのか?」

絹保「信じていますけれどその、万彬さん?」チラッ

万彬「ええ、何かしていただければと///」

当麻(何かしてほしそうにこっちを見てる。何をしたらいいのかサッパリ分からないんだが何かしたほうがいいよな)

絹保万彬「んー///」

当麻(目を瞑ってどうしたんだ?うーん女の子ってわからねえな))



599: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/06(日) 17:57:58.54 ID:3DHrTKjno

当麻(ううん、何をしてほしいんだ?ううん、ううん)

当麻(分かった、あれだな)

当麻「二人のしてほしい事分かったぞ」

絹保万彬「何をしていただけるのです?///」

当麻「二人とも目を瞑ってくれ」

絹保万彬「はい」

当麻「じゃあ行くぞ」

おでこごっつん

絹保「ぁ///」 万彬「温かい///」
当麻「これがしてほしかったんだろ?こないだ見てたテレビでやっててさ。いやーテレビ見てて良かった」

絹保「本当は違うのですけれど///」

万彬「嬉しいです///」





603: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/07(月) 18:53:45.34 ID:Z6e84t5Po

絹保「はぁ・・・」

万彬「どういたしましょう・・・」

当麻「溜息なんかついてどうした?」

絹保「お兄様、実は・・・」

万彬「少し困った事に・・・」

当麻「困った事?」

絹保「調理室が・・・」

当麻「調理室が、どうした?」

絹保「調理室が使えなくなってしまい練習が出来ないのです」



604: インデックスの事完璧に忘れていました 2011/02/07(月) 19:01:00.47 ID:Z6e84t5Po

当麻「なんで使えなくなったんだ?」

絹保「生徒のみなさんが調理室に一度に入ったらどうなります?」

当麻「全員が一片に入ろうとしたらそりゃなあ」

絹保「そういった訳でして」

万彬「わたくしたちも練習をしたいのですが場所がなかなか見つからず・・・」




605: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/07(月) 19:09:23.07 ID:Z6e84t5Po

当麻「・・・二人ぐらいならできる所があるぞ」

絹保「そのような場所があるのですか?」

万彬「そのような場所があるのですか?」

当麻「俺の寮」

絹保「あっ!」

万彬「すっかり見落としていました!さすがですお兄様!」

当麻「褒めるな褒めるな」









606: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/07(月) 19:11:20.93 ID:Z6e84t5Po

当麻「じゃあ材料持って行こうか」

絹保「はいお兄様」

万彬「行きましょう?」





607: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/07(月) 19:16:03.30 ID:Z6e84t5Po

当麻「荷物俺が持とうか?」

絹保「いえ、重たくありませんから自分で持ちます。お心遣いありがとうございます」

当麻「そうか?じゃあ万彬、持とうか?」

万彬「わたくしも、自分で持てますから大丈夫です」

当麻「じゃあ一緒に持たないか?それならいいだろ?」

絹保「それって」

万彬「カップルみたいで憧れます///」





609: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/07(月) 19:25:15.33 ID:Z6e84t5Po

お子様「ねーねー、なんでお兄ちゃん彼女が二人いるのー?」

お子様「浮気してるんだよー」

お子様「浮気いけないんだよー」

当麻「浮気じゃなーい!」

当麻「・・・最近はませた子が増えたなあ」

絹保「わたくしたちがカップルに見えるのでしょう」

当麻「どこをどうみたらカップルに見えるんだ?大体二人も女の子を連れてる男いるかよ」

当麻「まあ学園都市なら仕方ないけど」




610: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/07(月) 19:52:27.22 ID:Z6e84t5Po

万彬「お兄様はそのように見られることについていかがですか?」

当麻「ありえねえよwww」

絹保「・・・」

万彬「・・・」

当麻「急に黙ってどうした?上条さん言っちゃいけないような事言いましたでしょうか?」

絹保「いえ何も仰っていません」

万彬「正直なお言葉ありがとうございました」

当麻「なんで冷ややかな応対をされるのでせうか?」



611: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/07(月) 20:00:22.09 ID:Z6e84t5Po

当麻「はい着きました」

絹保「万彬「お邪魔いたします」

当麻「なんか二人に手伝える事あるか?」

絹保「では味見をしていただけますか?」

当麻「味見だけで良いのか?」

絹保「お兄様のお口に合うものを作りたいですから」

当麻「食うのは任せろ」

万彬「ではお兄様はゆっくりされていてください」

当麻「ほーい」





615: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/08(火) 21:36:05.94 ID:5CFJVWIGo

当麻「ちょっと見学しようかな」

絹保「・・・」

万彬「・・・」

当麻「へえ、二人とも上手だな」

絹保「・・・緊張しますね」

万彬「ええ・・・」






616: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/08(火) 21:42:26.01 ID:5CFJVWIGo

じー

絹保「お兄様、そのように見られてはわたくし、集中できません///」

万彬「見ないでください、お兄様///」

当麻「エロス」



617: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/08(火) 21:54:30.16 ID:5CFJVWIGo

当麻「仕方ねえな、じゃあ待ってるから何かあったら呼んでくれ」


万彬「お兄様に見つめられると何といいましょうか、非常にドキドキします」

絹保「わたくしも、見つめられるとあがってしまいます」

絹保「でももっと見つめてほしいのですけれど見ないでほしかったり・・・」

絹保「このような気持ちになるのは初めてです・・・」

万彬「わたくしたちどうしてしまったのでしょう」

当麻「カゼ引いてんじゃないのか?体温計持ってこようか?」

絹保「結構です、お引取りください」

当麻「絹保がグレたー」



618: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/08(火) 22:05:07.33 ID:5CFJVWIGo

・・・
絹保「味も形も問題ありませんね、」

万彬「最初にしては良く出来ましたね」

当麻「腹減ったー、食べさして」

絹保「あ、お兄様、それはわたくしの食べかけ・・・」

当麻「いただきー」

万彬「ああ!」

当麻「うん、うまうま」



619: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/08(火) 22:17:34.74 ID:5CFJVWIGo

当麻「ごちそうさん、うまかったぞ」

絹保「わたくしの食べかけだったのですが」

当麻「え、そうだったのか?」





620: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/08(火) 22:31:55.78 ID:5CFJVWIGo

当麻「わ、悪い、食欲に負けて食べちまった!ごめん許して、このとおり!」

絹保「いえ食べられて困るわけではありませんから」

絹保「少し驚きはしましたけれど・・・」







621: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/08(火) 22:34:18.48 ID:5CFJVWIGo

万彬「点数をつけるなら100点満点で何点いただけますか?」

当麻「うーん、100点だな」

万彬「もう少し考えていただけますか?」

当麻「考えろったって100点しかねえだろ。うまいもんはうまいんだから」

絹保「ふふふっ、お兄様らしいですわね」

万彬「仕方ありませんね」






622: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/08(火) 22:39:26.52 ID:5CFJVWIGo

絹保「でもどうせならもう少しムードのある場所でいただきませんか?」

当麻「ムード?そんなのいいだろ?」

絹保「さあ行きましょう」

当麻「こら押すなって」




623: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/08(火) 22:49:57.99 ID:5CFJVWIGo

当麻「なんでベッドなんだ?」

ぎゅー

当麻「こら、密着されたら食べれないだろ」

絹保「お兄様、あーん」

万彬「あ~ん」

当麻「妙に色っぽいんですけど」

絹保「お兄様、ムード、ですわ」

当麻「上条さんよくわかんないけどすごくデンジャー臭がするからやめー!」





624: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/08(火) 22:53:27.75 ID:5CFJVWIGo

絹保「ふふ、バレンタインデーのデモンストレーションはこれぐらいにしておきましょうか」

万彬「お兄様の慌てられていた顔、好きですわ」

当麻「・・・本気にしちまったじゃねえか」





627: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/09(水) 22:55:02.52 ID:Kr3LTglPo

当麻「ポッキーがあるな。食べるか?」

絹保「いただきます」

万彬「ありがとうございます」

当麻「ウサギにエサあげてるみたいで癒されるな」





628: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/09(水) 23:01:56.46 ID:Kr3LTglPo

当麻「ほら、まだあるから」

絹保「あ、はい」

万彬「お兄様はお食べにならないのですか?」

当麻「見てるだけでお腹いっぱいになりそうだからいい」





629: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/09(水) 23:17:54.74 ID:Kr3LTglPo

当麻「ほら、まだあるからな。どんどん食べろよ」

当麻「ポッキー、ポッキー、ポッキーゲーム」

当麻「なあ、ポッキーゲームしないか?」

絹保「ポッキーゲームですか?」

万彬「あのポッキーゲームですよね?」

当麻「ああ、そのポッキーゲームだけど」



630: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/09(水) 23:21:28.19 ID:Kr3LTglPo

絹保「はい、やります!やらせてください!」

万彬「早くしましょう」

当麻「二人ともやる気だなあ」

当麻「んじゃ端っこ加えて」

当麻「まず絹保としようか」

当麻「よーいスタート」




631: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/09(水) 23:25:42.65 ID:Kr3LTglPo

かじかじかじかじ

当麻(そろそろ離さないとヤバいかな?だがここで離したらチキンだと思われちまうな)

絹保(もう少しでお兄様とき、キス///)

絹保(変な事を考えてはお兄様にご迷惑が)

ポキッ

当麻「折れたな。俺の勝ちっと」

当麻(兄貴の面目が保たれたってとこだな)







633: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/09(水) 23:30:31.10 ID:Kr3LTglPo

当麻「次は万彬とだな」

万彬「絶対に負けません」

当麻「お、強気だな。よーし、スタート」

カリカリカリ





634: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/09(水) 23:36:38.04 ID:Kr3LTglPo

当麻(ちょっと大胆に攻めてみるか)

万彬(!!)

当麻(万彬びっくりしてるな?作戦成功)

万彬(わたくしだって負けません!><)

当麻(うわっ、早い!このままじゃキスしちまう!どうするどうする?)

当麻(くそ、仕方ねえ、事故る前にこっちから負けてやる!)

ポキッ

万彬「わたくしの勝ちでよろしいのですか?」

当麻「ああ、負けだ負け」



635: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/09(水) 23:57:08.88 ID:Kr3LTglPo

絹保「さっきは負けましたから2回戦させてください!」

当麻「また負けんじゃねえか?ww」

絹保「絶対に負けませんからお願いします」

当麻「じゃあ勝負してやろうか」

当麻「スタート!」





636: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/10(木) 00:05:51.01 ID:Y/wYYuD7o

当麻(さて、お手並み拝見)

ガリガリガリガリガリガリ

当麻(なにぃぃ?!)

絹保(負けません!><)

ガリガリガリ

当麻(と、止まれえええええ)





637: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/10(木) 00:10:43.84 ID:Y/wYYuD7o

絹保(・・・)

当麻(良かった、思いが通じた)

当麻(後一口二口で大事故だったな)

絹保(お兄様の唇が目の前に///)

絹保(どうしましょう)

当麻(絹保口をもそもそさせて・・・ま、まさか)

ポリ

当麻(ひいいいいい)

ポキ

絹保「・・・」

当麻(この年になってチビりそうだったぞこの子悪魔ちゃんめ)

絹保(ちょっと残念です)





641: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/10(木) 22:36:17.45 ID:z9zE3zCfo

絹保「とりあえず寮に帰りましょうか?」

万彬「そうですわね、帰りましょう」

当麻「一つ提案があるんだがいいか?」

絹保「なんでしょう?」

当麻「いつも二人には色々してもらってるからどこか遊びにいかないか?」

万彬「どこかといいますと?」

当麻「特に決まってないから二人で相談して決めればいいよ」

絹保「どこにいたしましょう?」

万彬「この間開店したばかりの喫茶店はいかがでしょう?」

絹保「高級なケーキや紅茶をいただけるお店ですね」

当麻「食べる所じゃないほうがいいんじゃないか?ほ、ほら、もう少し思い出に残る方が」

絹保「そうかもしれませんね」

当麻(高級とかNG過ぎるわ)




642: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/10(木) 22:47:47.05 ID:z9zE3zCfo

万彬「では映画館はいかがでしょうか?」

当麻(万彬ナイス!)

絹保「いいですね、映画館にしましょうか」

万彬「お兄様、映画館はいかがでしょう?」

当麻「いいよ、じゃあ映画館な」



643: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/10(木) 22:52:20.97 ID:z9zE3zCfo

当麻「二人と映画館に行くのは初めてだな」

絹保「そうですわね」

当麻「で、何を見るのか決まってるのか?」

絹保「まだ決めていません。いい作品があるとよいのですけれど」



644: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/10(木) 23:06:25.19 ID:z9zE3zCfo

当麻「どうだ、何かあった?」

絹保「正直あまり・・・」

当麻「しょうがないな、また別の機会にしよう」

万彬「それしかありませんね」



645: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/10(木) 23:20:33.16 ID:z9zE3zCfo

絹保「お兄様見てください、写真館があります」

当麻「へえ、こんな所にあったのか」

万彬「お兄様、ここで写真撮りましょう」

絹保「いいですね、お兄様、写真撮りましょう?」

当麻「二人がいいなら寄ってみようか」






646: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/10(木) 23:28:16.62 ID:z9zE3zCfo

当麻「こんにちは」

店員「おやおや若いお客さんが来たね。それにお嬢ちゃんもご一緒で。写真かい?」

当麻「なんかオススメあります?」

店員「そうだなあ、ウエディングはどうだい?」

絹保「わたくしウエディングドレス着てみたいです!」

万彬「お兄様、わたくしも///」

店員「じゃあお兄ちゃん真ん中でお嬢ちゃんたちが両隣でいいかな?」

絹保万彬「はい!」



647: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/10(木) 23:36:26.78 ID:z9zE3zCfo

店員「お兄ちゃんモテモテだねえ」

当麻「いや、その」

店員「じゃあこれに着替えてね」

当麻「はあ・・・」

店員「お嬢ちゃんたちはもう選び始めてるから待たせちゃダメだぞ」


絹保「どれも素敵ですわね」

万彬「これは少しウエストが・・・」



648: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/10(木) 23:49:20.54 ID:z9zE3zCfo

絹保「あ、これにいたしましょう・・・サイズもぴったりです。万彬さんはいかがです?」

万彬「大丈夫です、それでは参りましょう」

店員「ふふ、まだダメよ。しっかりお化粧しましょうね」

絹保「お化粧までしてくださるなんて」

万彬「本格的ですわね」



649: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/10(木) 23:57:14.16 ID:z9zE3zCfo

店員「はい、終わりました。じゃ写真がんばってね」

絹保「ありがとうございました。万彬さん、とっても綺麗です」

万彬「絹保さんこそお人形のようですわ」

絹保「本当ですか?」




650: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/11(金) 00:00:50.82 ID:zX4dVh4Fo

絹保「お兄様、お待たせしました」

万彬「少し着替えに手間取ってしまいまして」

当麻「」

万彬「お兄様?」

当麻「綺麗になったなあ」

絹保「お化粧していただきましたから」

万彬「早く撮りましょう」

当麻「じゃあお願いします」





651: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/11(金) 00:03:58.79 ID:zX4dVh4Fo

店員「お嬢ちゃんたちもうちょっとお兄ちゃんに寄って~、そうそう」

当麻「うぅ・・・」

当麻(胸元についつい目が。こら、俺の目玉、動くんじゃない!)

店員「お兄ちゃんあんまり胸を見ちゃダメだぞ」

当麻「見てません!」



652: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/11(金) 00:11:52.24 ID:zX4dVh4Fo

店員「じゃあ撮りますよー」

カシャ

店員「次は二人ずつで撮ろうか」

絹保「ではわたくしから」



653: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/11(金) 00:17:07.60 ID:zX4dVh4Fo

店員「お嬢ちゃん、お兄ちゃんに抱きついてくれるかな?」

絹保「はい」

当麻「ふふ」

店員「お兄ちゃんは腰の辺りに手を当てて」

当麻(なんかやらしい気分になってきたぞ・・・邪心退散退散!)

店員「じゃあ撮りまーす」

店員「じゃあ交代しようか」





654: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/11(金) 00:23:08.87 ID:zX4dVh4Fo

万彬「結婚式をしているようで幸せな気分で・・・す!」

万彬(お兄様そこは腰ではなくてお尻・・・)

当麻「きてよかったか?」

万彬「は、はいとっても」

店員「お兄ちゃんお尻触っちゃ写真撮れないよ?」

当麻「す、すみませんです!手が滑ってしまっただけです」

店員「撫で回してたような気がするんだけど・・・まあいいか。じゃ撮ります」

店員「はい、完了です、じゃあ着替えてお支払いをお願いしまーす」




655: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/11(金) 00:33:55.78 ID:zX4dVh4Fo

店員「ありがとうございましたー、またご利用ください」


当麻「二人ともお化粧落とさなかったのか?」

絹保「もう少し気分を味わいたいですから」

万彬「お兄様と本当に出来たらいいですわね」

当麻「何を?」

万彬「・・・結婚式です///」

当麻「出来るの?!」

絹保「出来ましたか?」

万彬「さあ・・・」

当麻「え、出来るの?出来ないの?どっちなんですかー?」




659: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/11(金) 23:33:21.15 ID:j+Dd/kOxo

当麻「絹保と万彬って好きな男っているのか?」

絹保「好きな殿方、ですか?」

万彬「何故そのような事をお聞きになられるのですか?」

当麻「ここって女子校だろ?だから男っていないからさ、そういうのがいるのかな~って」



660: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/11(金) 23:36:48.57 ID:j+Dd/kOxo

絹保「殿方はお一人いらっしゃるではありませんか」

当麻「え、どこにだ?」

絹保「わたくしの目の前に」

当麻「俺?ああ、いたか」



661: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/11(金) 23:47:47.67 ID:j+Dd/kOxo

絹保「殿方はお兄様お一人だけなのですからもう少し意識されたほうがよいかと」

当麻「そうかあ?」

絹保「そのほうがよいと思いますけれど」

万彬「お兄様が将来この寮のどなたかとご結婚されるかもしれませんから」

当麻「それはないだろ。だってここお嬢様学校なんだから上条さんみたいな庶民と結婚しようなんて物好きいないだろ」



662: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/11(金) 23:54:05.22 ID:j+Dd/kOxo

絹保「ご謙遜なされているのかもしれませんがみなさんに同情します」

万彬「まさかお兄様は同棲愛車の方なのですか?」

当麻「な、何いってんだ!」

万彬「ち、違うんです!わたくしは決してお兄様がそういった方でもお兄様を失望したりはしませんから!」

当麻「だから違うって!俺はそっちのシュミはねえよ!俺は女が好きだ!」








663: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/11(金) 23:57:28.42 ID:j+Dd/kOxo

万彬「そうですよね、違いますよね。お兄様に誤った認識をしてしまいそうになりました」

当麻「いや誤解されなかったから別にどうでもいいんだけどな」

当麻「で、さっきの話だけど」

絹保「います、でよいのでしょうか?」

万彬「わたくしもまだはっきりとは・・・」



664: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/12(土) 00:03:21.22 ID:RbwkwyCGo

当麻「やっぱいるのか。で、どんな奴なんだ?」

絹保「その方には妹が二人いるのです」

絹保「妹の面倒を嫌な顔をせずに見る方で」

絹保「周りの人にも妹にも尊敬されている方です」

万彬「ただとても恋愛に鈍い方なのです」

当麻「ん、もしかして二人とも同じ奴が好きなのか?」

絹保「そうかもしれませんね」

当麻「誰だそいつ、思いっきり右手で殴りたくなってきた」



665: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/12(土) 00:07:43.58 ID:RbwkwyCGo

絹保「とても痛いと思いますよ?」

当麻「そいつボクシングとかやってるのか?」

絹保「いえ、そういう意味ではありません」

当麻「まあ大丈夫だ。こう見えても打たれ強い方だと思うから」

絹保(遠まわしでは通じませんね)

万彬8お兄様に気持ちを伝えるのは難しいですわね)



666: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/12(土) 00:15:21.03 ID:RbwkwyCGo

絹保「でも伝えようか迷っているというか」

絹保「今までの生活を壊したくないという気持ちもあります」

万彬(同じ事を考えているのですね絹保さんも)

絹保「告白したら今までのように暮らせないかもしれません」

絹保「だから不安なのです」

当麻「二人とも色々考えてるんだな」



667: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/12(土) 00:22:01.89 ID:RbwkwyCGo

当麻「まあ、なんだ?二人ともがんばれ」

当麻「きっとなんとかなるさ」

当麻「なるようになる、ってな」

絹保「お兄様にそういわれると安心します」

万彬「お兄様のお力でしょう」






668: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/12(土) 00:23:49.13 ID:RbwkwyCGo

当麻(さて今日は二人が好きな奴をぶっ飛ばす事だけを考えて寝るか)



678: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 22:23:55.44 ID:gdO4ygsZo

絹保「わたくしたちこれから調理室に行くので何か御用がありましたらいらしてください」

万彬「場所お分かりになります?」

当麻「知ってるけど何をするんだ?」

絹保「バレンタインデー、です」

当麻「ああ、なる。でも俺の部屋じゃなくていいのか?」

絹保「大丈夫だと思います。きっともうみなさん作業が終わっていらっしゃるでしょうから」

当麻「そうだといいけどな」




679: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 22:27:37.26 ID:gdO4ygsZo

当麻「さて俺は二人がいたから見れなかった」

当麻「お宝本を読ませていただこうかしら」

当麻「どれ・・・ああ、うわあ、いいのかこれ」

当麻「すごい・・・」

絹保「お兄様」

当麻「ああ!な、なんだ?」

絹保「今お背中に隠されたものはなんでしょう?」

当麻「いやたいしたものじゃねえよ。二人とも忘れ物か?」

絹保「いえ、やっぱりお兄様のお部屋をお貸しください」

当麻「ほいほい」







680: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 22:35:30.67 ID:gdO4ygsZo

絹保「お兄様、作っている時だけお外でお待ちいただけないのでしょうか?」

当麻「なんかワケありか?」

絹保「ワケありというか・・・」

万彬「愛情を込めて作るのが恥ずかしいというか」

当麻「二人がそうしてほしいならそうするよ」



681: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 22:42:52.14 ID:gdO4ygsZo

当麻「じゃあ外で待ってるから」

絹保「申し訳ありません」

万彬「戦場に行きましょう」

当麻「女の戦場か」



682: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 22:53:34.28 ID:gdO4ygsZo

万彬(料理は愛情、作る相手への愛を込めて)

絹保(お兄様、好き、好き、大好き)

万彬(お兄様、お兄様、愛しいお兄様)







683: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 22:59:21.43 ID:gdO4ygsZo

当麻「ちょっとだけ、ちょっとだけ覗き見しようか」

当麻「どれ・・・」

当麻「な、なんだこの空気!俺なんかが入っていい領域じゃない・・・」

当麻「外で待つか・・・」



684: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 23:10:19.03 ID:gdO4ygsZo

絹保「・・・」

万彬「・・・」

絹保「なんだか頭がボーっと・・・」

万彬「甘い香りがしますから・・・」



685: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 23:18:08.42 ID:gdO4ygsZo

万彬「少し外の空気を吸いましょうか・・・」

絹保「お兄様のお顔が見たいですわ・・・」

万彬「わたくしも・・・」

ガチャ

絹保万彬「お兄様?」

当麻「ん、すげえ甘い匂い・・・」




686: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 23:22:31.98 ID:gdO4ygsZo

当麻「二人とも涎出てるぞ」ふきふき

絹保「ちょっと香りのせいでボーっとしてしまいまして」

万彬「換気も兼ねてお兄様のお顔を拝見しに来ました」



687: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 23:29:13.34 ID:gdO4ygsZo

当麻「シャキっとしたか?」

絹保「とても清清しい気分です」

万彬「外に出て正解だったようですね」

当麻「さっきみたいな顔もっかい出来ないか?」

絹保「なぜですか?」

当麻「また見たくなった。あの顔みながらご飯三杯はいけると思う」

絹保万彬「絶対しません!」

当麻「ですよねー」



688: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 23:40:03.71 ID:gdO4ygsZo

絹保「後は焼くだけですのでもう少しだけお待ちください」

万彬「失礼いたします」

当麻「がんばってな」





689: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 23:52:23.86 ID:gdO4ygsZo

絹保「生地が焼けるのを見ていますとまるで自分のようです」

万彬「どういう意味ですか?」

絹保「お兄様の事を考えるだけで胸が焼けてしまうのです」

万彬「絹保さんはそれほどお兄様を思っていらっしゃるのですね」

絹保「わたくしにとっての初恋ですから」

万彬(絹保さんには負けられませんね)



690: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 23:55:18.80 ID:gdO4ygsZo

当麻「お、いい匂いがする。もうそろそろかな?」


絹保「わたくしのは終わりましたから万彬さんの番ですね」

万彬「上手に焼けますように」





691: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/14(月) 00:02:52.04 ID:PaFfmd/9o

絹保「万彬さんはお兄様のどのような所が好きなのですか?」

万彬「わたくしは・・・いつでも優しくしてくださって甘えたい時には、いえ、いつもですわね。甘えさせてくださる所とか時々ドキドキさせてくださったり・・・そんなお兄様が好きです」

絹保「わたくしたちもやはり兄弟ですわね、同じ方を好きになって好きな所も同じなんて」

万彬「いつまでも仲良くしてくださいね?」

絹保「こちらこそよろしくお願いします」





692: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/14(月) 00:07:19.25 ID:PaFfmd/9o

ちーん

絹保「焼きあがったようですね」

万彬「良かった、綺麗に焼けているみたいです」

絹保「お兄様のご加護かもしれませんね」

万彬「お兄様には感謝、ですわね」






699: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/14(月) 23:25:01.58 ID:dR/E3PwEo

当麻「ううん・・・インデックス・・・もう食材がない、ない・・・」

絹保「お兄様、起きて下さい」

万彬「遅刻なさいます、起きて下さい」

当麻「うん・・・おはよう」

絹保「お兄様、受け取ってください!」

万彬「愛を込めて作りました!」

当麻「ん、ああ、そうだったな。ありがたくもらうよ」




700: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/14(月) 23:37:14.81 ID:dR/E3PwEo

当麻「じゃあ一個ずつ食べちゃおうか」

当麻「うんうん、おいしいよ、万彬のもなかなか・・・」

当麻「どっちもおいしいなあ、バレンタインデーに限らず作ってほしいよ」

絹保「かしこまりました。それと・・・包みの中に手紙があるので読んでもらえますか?」

当麻「ん、これか・・・」

当麻「I love you・・・」



701: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/14(月) 23:42:51.43 ID:dR/E3PwEo

当麻「万彬も手紙ある?」

万彬「」コクリ

当麻「愛しています、か」

ギュッ

当麻「俺も二人の事を愛してるからな」

絹保「はい」

万彬「お兄様」





702: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/14(月) 23:53:39.29 ID:dR/E3PwEo

当麻「なんだ万彬?」

万彬「念のために聞きますがお兄様はわたくし達の言葉をどのように受け取ったのですか?」

当麻「そりゃもちろん、家族として愛してるって事だろ?」

万彬「ああ・・やっぱりそのようにとられていましたか・・・」

絹保「悪気はないにしてもやっぱりひどいです・・・」





703: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/14(月) 23:58:35.59 ID:dR/E3PwEo

当麻「なんかテンションが落っこちてるみたいだな」

絹保「当たり前です・・・告白のつもりで作ったのですから」

万彬「このような時ならお兄様だってそう受け取ってくださると思っていたのです」

当麻「二人ともなんの話をしているのかよくわからないんだけど」

絹保「それなら直接言わせてください」

万彬「わたくしもお兄様に申し上げます」



704: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 00:01:23.43 ID:NIMcbst8o

絹保「わたくしは」

万彬「わたくしは」

当麻「うん」

絹保「お兄様が」

万彬「お兄様が」

当麻「はい」

絹保「特別に好きです!」

万彬「特別に好きです!」

当麻「そうかあ」

当麻「・・・なんだってー!?」





705: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 00:10:59.97 ID:NIMcbst8o

当麻「いや、待て、これは夢だ、きっと夢だ、ほっぺをつねったら痛くな、いってえ!」

絹保「毎日毎日お兄様と一緒に過ごす度にお兄様の事を好きになって・・・」

絹保「胸の中がお兄様でいっぱいになりました」

絹保「でもお兄様に告げる事も出来ず」

絹保「だからこの機会に告白しようと・・・」

万彬「わたくしも何をしてもお兄様の事ばかり考えてしまって・・・」

当麻「悩んでたのに悪かったな、気づいてやれなくて」





706: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 00:25:05.65 ID:NIMcbst8o

絹保「受け取っていただけませんか?わたくし達の気持ちを」

万彬「これ以上を望みません。我侭な妹ですがお願いします・・・」

当麻「二人の気持ち、ちゃんと受け止めるよ」

絹保「嫌いに・・・ならないでくださいね?」

当麻「誰が誰を嫌いになるって?」

絹保「お兄様がわたくしを・・・」

当麻「二人の事を嫌いになる訳がないだろ」

当麻「二人は俺の大事な妹なんだぞ?」

絹保「お兄様・・・」

万彬「お兄様の事、好きになってよかったです」



707: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 00:28:01.23 ID:NIMcbst8o

絹保「お返事は・・・」

当麻「ああ」

絹保「無理、ですよね・・・妹では」

万彬「・・・」

当麻「少し、少しだけ考えさせてくれないか?」

絹保「え?」

当麻「真剣に考えるから。少しだけ時間をくれないか?」

絹保「お願いします」

万彬「ちゃんと考えてくださいね?」

当麻「任せろ。じゃあ朝ごはん食べに行こうか」

絹保「はい!」

万彬「はい!」



713: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 21:49:11.59 ID:2s7iNqiMo

当麻「やばい、学校に遅れる!」

当麻「じゃあ俺行くから!」

婚后「お待ちになって、上条さんお渡ししたいものが・・・」

当麻「じゃあ帰ってきたらちゃんと受け取るから!今は無理だ、また後でな!」

婚后「このわたくしがヤケドしてまで作って差し上げたのに後回しにするなんて!とんでもないお方ですわ、全く!」

絹保「お兄様も悪気があってやっている訳ではないのです」

万彬「お気持ちはよく分かりますから落ち着いてください」

婚后「わたくしは怒ってなどいませんわ!」




715: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 21:54:44.31 ID:2s7iNqiMo

学生「上条様に手渡しするのは少し恥ずかしいですわね」

学生「こっそり上条様のお部屋に置いておきましょうか」

ポイポイポイ

学生「あら、こちらにおいておけばよいのかしら」

ポイ

「「「「「「こちらでよろしいのですね」」」」」」

ポイポイポイポイポイ



716: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 22:09:21.38 ID:2s7iNqiMo

絹保「あら、みなさまわたくしたちの部屋にお越しになるなんて珍しいですわね」

万彬「それにしても人が多くありませんか?」

絹保「誰もいなくなったようですから部屋に戻りましょうか」

万彬「そうですわね、少しお掃除でも・・・」ガチャ

万彬「こ、この包みの山は一体・・・」

絹保「きっとチョコとかクッキーとかだと思います・・・お兄様への」



717: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 22:18:01.18 ID:2s7iNqiMo

絹保「とりあえずお兄様の机の上に移動させましょう」

万彬「机の上だけでは収まりそうにありませんね・・・」



718: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 22:31:25.36 ID:2s7iNqiMo

姫神「君、いつもお世話になってるから。あげる」

当麻「ありがたやー」

吹寄「上条当麻、貴様姫神さんからもらったからって鼻を伸ばしてるんじゃないわよ」

当麻「いいじゃねえかよ、少しぐらい」

吹寄「貴様に朝食べたチョコの残りをあげてもいいわよ」

当麻「吹寄さんお優しいですね」

吹寄「別に、貴様の為に作ったわけじゃないから勘違いするんじゃないわよ!」

当麻「へいへーい」




719: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 22:51:42.60 ID:2s7iNqiMo

土御門「妹がいるのに義理チョコをもらってニヤニヤしやがるとは許せんぜよ」ガシッ

当麻「いてえ!ニヤニヤしねえから離せ」

土御門「仕方がないにゃ」



720: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 23:03:24.26 ID:2s7iNqiMo

当麻「なあ、土御門がもし妹に好きって言われたらどうする?」

土御門「カミやんもしや・・・」

当麻「たとえば!たとえばの話だ」

土御門「そうだな・・・イエスだにゃー」

当麻「血の繋がってる妹でもか?」

土御門「関係ないぜよ。好きだったら関係ないと思うんだにゃー」

当麻「なるほどな」





721: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 23:13:09.94 ID:2s7iNqiMo

当麻「じゃあ俺約束があるから帰るわ」

土御門「妹とかにゃー?」

当麻「いや妹の友達と」

土御門「困った兄貴を同情するんだにゃー」

当麻「誰に同情してんだよ?」

土御門「カミやんの妹に決まってるぜよ・・・」





722: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 23:15:59.82 ID:2s7iNqiMo

当麻「じゃあまた明日なー」

土御門「妹を泣かしたら月に代わってお仕置きぜよー」

当麻「やなこったー」





723: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 23:26:33.67 ID:2s7iNqiMo

当麻「早く光子ちゃんのを受け取らないと・・・」ガチャ

当麻「ただいま帰ったぞー・・・ってなんじゃこりゃー!」

絹保「お帰りなさいませ・・・」

万彬「もう、クタクタです・・・」

当麻「なんなんだ、この山は?」

絹保「すべてお兄様宛のお菓子です」

当麻「これ全部俺にか・・・」

当麻「今日一日でこれを全部食べるのは不可能だぞ」

当麻「二人とも一緒に食べてくれたり・・・してくれるか?」

絹保「お兄様の為に作ったものをわたくしが頂くわけにはいきませんから。申し訳ありません」

当麻「そんなあ!」

万彬「そういえば先ほど婚后さんがお兄様をお探しでした」

当麻「ああ、そういえばそうだった・・・」








724: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 23:33:50.65 ID:2s7iNqiMo

コンコン

「どうぞ」

婚后「上条さん、お帰りに・・・」

婚后「・・・これは一体」

当麻「ちょっとしたドッキリみたいな」

婚后「まあよろしいですわ。このわたくしが直々に来て差し上げたのですから今度こそ受け取って頂けますわね?」

当麻「朝は悪かった。急いでたもんだから」

婚后「別に気にしてませんからよろしいですけれど」

絹保「とても怒っていらして」

婚后「もうよいのです!」






725: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 23:36:58.87 ID:2s7iNqiMo

当麻「光子ちゃんのはどこにあるんだ?」

婚后「廊下にありますので・・・」





726: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 23:41:30.77 ID:2s7iNqiMo

婚后「持ってきましたわ」

当麻「おい、まさかそれ・・・

婚后「おほほ、このわたくしが作った特製、額縁サイズのクッキーですわ!」

当麻「そ、そうなんだ・・・あ、あのさそれ、一緒に食べないか?」

婚后「いいえ、これは全てわたくしがあなたの為に作った物ですから上条さん一人で召し上がってよろしいんですのよ。それではごきげんよう」

絹保「ではわたくしも・・・」

万彬「お兄様・・・ごめんなさい!」

当麻「待って、待ってくれー!」



728: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 23:48:15.13 ID:2s7iNqiMo

当麻「・・・食べよう」

当麻「おいしい。おいしいけど悲しい」


万彬「お兄様には少し反省をしていただきたいですわね」

絹保「でもよかったのでしょうか?少し可哀想な気もします」

万彬「謝りましょう」

絹保「そうですわね」





729: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 23:51:03.76 ID:2s7iNqiMo

絹保「お兄様?」

当麻「二人とも戻ってきてくれたのか!」

絹保「お兄様を見捨てるようなことをして申しわけありません」

万彬「それだけをいいたくて・・・」

当麻「気にするなって」





730: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 23:56:22.61 ID:2s7iNqiMo

当麻「俺がんばるから俺の事見守ってくれるか?」

当麻「みんなが俺の為に作ったお菓子だから、ちゃんと食べたいんだ」

絹保「はい、わたくしお傍で見守らせていただきます」

万彬「最後までお供いたします」

当麻「二人がいればなんでもできる気がする」





731: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/15(火) 23:57:47.75 ID:2s7iNqiMo

当麻「俺これを全部食べ終わったらいいたい事があるんだ」

当麻「だから食べ終わったら・・・」

絹保「待っています」

万彬「お兄様」

当麻「うわああああ」



737: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 17:36:42.98 ID:EeIS4aflo

当麻「おろ?小さいし少なめだな。もっとでかくていっぱい入ってるもんだと」

絹保「少な目の方が喜ばれるのではないでしょうか?」

当麻「そうかもな」

当麻「かなり覚悟をしたんだが大丈夫そうだな」

当麻「うんうん、みんな上手だなあ。お嬢様って料理が下手なイメージがあるんだがそうでもないのかもな」



738: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 17:46:57.10 ID:EeIS4aflo

当麻「二人も食べるか?」

絹保「先ほども言いましたが遠慮しておきます」

万彬「わたくしも遠慮します」

当麻「おいしいのになあ」

絹保万彬(お兄様を好いている方がお兄様のために作ったものをいただくのはよくありませんし気分のよいものではありません・・・)





739: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 17:52:06.22 ID:EeIS4aflo

当麻「ちょっと口が渇いてきたからお茶くれるか?」

万彬「淹れてきます」

当麻「ちょっと肩が凝ったな」

絹保「お揉みしましょうか?」

当麻「頼む」

当麻「ああ、キモティー」







740: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 17:59:18.93 ID:EeIS4aflo

万彬「お兄様、どうぞ」

当麻「おいしー。献なんとか的な妹を持って幸せだなあ」

絹保「これからもお兄様お一人に尽くしてまいります」

万彬「なんでも申しつけください」

当麻「二人もヤリたい事があったら言ってくれよ?」




742: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 18:06:54.22 ID:EeIS4aflo

当麻「さてここで問題だ・・・」

当麻「婚后さんのこれは一体なんだ」

絹保「少し大きいですわ」

当麻「少しってもんじゃないだろ。デカすぎだろこれは」

当麻「しかしこれがラストなんだ。やらなきゃ男がすたるってもんだ」

当麻「・・・この緑色はなんだ?」

絹保「ゴーヤ・・・でしょうか」

当麻「なんで入れたんだ?」

万彬「お兄様の為にだと思いますが・・・」

当麻「料理したことないんだろうな・・・」




743: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 18:13:04.40 ID:EeIS4aflo

当麻「うう、綿処理してない・・・」

当麻「でも半分くった」

当麻「ラストおおおおお」バクバクバク

当麻「お茶・・・」

万彬「お兄様どうぞ」

当麻「強敵だった・・・」

絹保「お兄様、お話、聞かせていただけますか?」

万彬「お返事・・・いただけるのですよね?」

当麻「ちょっと休みいれさせてくれ・・・」





744: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 18:27:02.49 ID:EeIS4aflo

当麻「もういいかな」

絹保「話してくださいますか?」

当麻「まあそうあせるなって」

当麻「二人はその、なんだ、好きか?俺を男として」

絹保「お兄様としても殿方としても大好きです」

万彬「なぜ聞かれるのです?」

当麻「確認だ、確認」






745: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 18:31:48.76 ID:EeIS4aflo

当麻「じゃあさ、もし二人のうちどっちを好きになったら二人はどう思う?」

絹保「それは・・・」

万彬「・・・」

当麻「だよな、それは普通だと思うぞ」

当麻「どっちも複雑だよな。という事で提案がある訳だが」

絹保「?」

万彬「?」








746: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 18:35:49.12 ID:EeIS4aflo

当麻「まずこいつを見てくれ」つお宝本

絹保万彬「っ!!!キャーーー!!!」

当麻「し、しまったあ!」





747: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 18:42:20.11 ID:EeIS4aflo

絹保万彬「どういうおつもりですか!あ、あ、あのような破廉恥な本をお見せするなんて!」

当麻「いや、これには手違いが・・・」

当麻「ま、まあ落ち着いて聞いてくれ。二人とも「ハーレム」って知ってるか?」

絹保「一夫多妻の事ですよね」

当麻「そこでだ、二人とも俺の事を好きだって訳だろ?片方が振られたら二人にとってもあまりよくないし、俺もそうはなってほしくない」

当麻「だから、二人とも俺の彼女にするってのはどうだ?」

絹保万彬「・・・」

当麻「あれ、もしかして引いちゃってる?」




748: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 18:45:08.13 ID:EeIS4aflo

絹保「・・・良いかもしれませんね」

万彬「たしかに、これならお互いに傷つきませんわ」

万彬「お兄様らしいお考えでしょう」

当麻「それって褒めてるって事でいいのか?」

万彬「一応そのつもりです」

当麻「そうだといいんだけど」




749: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 18:48:46.94 ID:EeIS4aflo

絹保「ではお兄様、お付き合いをしてくださるのですか?」

当麻「待て待て、その話はまた別の話だ」

当麻「言っていいか?」

万彬「はいお兄様」

絹保(お兄様と・・・///)

当麻「二人とは・・・まだ付き合えない」

絹保「・・・え?」

万彬「付き合えないとは・・・何故なのですか?お兄様はわたくしが嫌いなのですか?」

当麻「まあ話を聞けって」





750: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 18:52:44.52 ID:EeIS4aflo

当麻「二人はまだ中学生だろ?まだ時間があるんだから」

当麻「もしかしたら俺より好きな奴が出来るかもしれないだろ?」

絹保「お兄様以外に好きにはなりません!」

万彬「わたくし、お兄様が好きなのです」

当麻「じゃ、じゃあさこういうのはどうだ?」



751: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 18:56:56.46 ID:EeIS4aflo

当麻「二人が中学を卒業して、二人がまだその気があればって事で?」

絹保「・・・お兄様がその時他の女性とお付き合いしている可能性があるのではないですか?」

万彬「それにまだお兄様がわたくしを女として好きだと聞いていないのですが・・・」

当麻(う、たしかに俺時々女として意識をする時はあるけど女として好きとは一度も言わなかった・・・)



752: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 19:09:19.95 ID:EeIS4aflo

万彬「お兄様、わたくしたちをどのように思っているのかお聞かせくださいますか?」

当麻「・・・正直、二人の事を女の子として見れてないかも知れない」

万彬「・・・」

絹保「・・・」

当麻「でもさ、一緒に風呂入ったりすると女の子として見ちゃう時があるから心配しなくても・・・って俺は何言ってんだか」

絹保「ふふ」

万彬「今のうちに女を磨いてお兄様にそう見られるようにがんばりましょう」

絹保「そうですわね」

当麻「納得してもらたのか?それならいいけど」



753: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/16(水) 19:15:10.50 ID:EeIS4aflo

当麻「まあそういうことだから分かってもらえるか?」

絹保「お兄様のお考えが分かりましたからわたくしは何も言う事はありません」

万彬「卒業まで待ちます。ですから・・・他の方を好きにならないでくださいね?」

当麻「がんばります・・・」





760: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/17(木) 19:47:49.06 ID:8N2IClqJo

絹保「お兄様、先ほどのいやらしい雑誌ですけれど、始末して差し上げます」

当麻「それは自分でやるから気にしなくていいぞ」

絹保「あのような雑誌を読んでいてはお兄様に有害ですわ」

万彬「それにお兄様は未成年ですしお持ちになるのはよくないと思います」

万彬「・・・今気づきましたがこの本どちらでお買い上げに?未成年には売ってくださりませんよね?」

当麻「・・・拾った」



761: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/17(木) 20:00:35.90 ID:8N2IClqJo

当麻「不良に追いかけられて隠れてた所にあったからその・・・持って帰った」

絹保「拾ったものでしたら始末してもよろしいでしょう?」

当麻「分かった・・・」



762: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/17(木) 20:12:46.49 ID:8N2IClqJo

絹保「では早速始末して参りますので」ニコ

万彬「少しお待ちください」ニコ

当麻(怖すぎる・・・目が笑ってない・・・)

・・・・・・

絹保「終わりましたよ」

万彬「これでもう大丈夫ですわ」

当麻「ありとうな・・・」




763: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/17(木) 20:21:55.80 ID:8N2IClqJo

当麻「あーあ・・・」

絹保「お兄様そんなにあの本が気になるのですか?」

当麻「・・・男ってそういうもんだからな」

絹保「・・・お見せしましょうか?わたくしの裸・・・」

当麻「いやいい!そこまで言われたらもうどうでもいい!」

当麻「だからしなくていい!」




764: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/17(木) 20:34:18.22 ID:8N2IClqJo

絹保「そうですか・・・」

絹保「お兄様、お休みはご予定はありますでしょうか?」

当麻「ないけど?」

絹保「遊園地のチケットを3枚ほどいただいたので一緒に行ってくださいませんか?」

当麻「遊園地か・・・行こうか」

絹保「では何時に出発しましょう?」

当麻「8時ぐらいでいいんじゃねえか?」

万彬「お兄様、バナナはおやつに入るのでしょうか?」

当麻「遠足か!」



765: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/17(木) 20:40:16.53 ID:8N2IClqJo

当麻「じゃあ今日はもう寝るか」

絹保「あ、少しお待ちください」

万彬「写真写真・・・」

当麻「ん?二人とも何かやる事があるのか?」

絹保「枕の下に写真を入れるとその方の夢を見れるそうですから試してみたいのです」

万彬「お兄様の・・・写真を///」

当麻「いい夢見れるといいな。じゃあおやすみー」

絹保「おやすみなさい」

万彬「おやすみなさい」



771: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 18:25:37.90 ID:+d5Xklpdo

当麻「おい、遊園地行くぞ」

絹保「んん、お兄様・・・スしてください」

当麻「ゆ・う・え・ん・ち」

バッ

絹保「お兄様、デートですわ!」

当麻「うわ、びびった!」






772: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 18:31:08.05 ID:+d5Xklpdo

当麻「万彬、置いてっちまうぞ?」

万彬「おにいさま・・・むにゃむにゃ」

当麻「万彬起きろ、デートするんだろ?」

万彬「デート!早くお出かけいたしましょう!」

当麻「今度からこうやって起こすか」



773: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 18:53:13.62 ID:+d5Xklpdo

当麻「二人ともよく眠れたか?」

絹保「はい」

万彬「眠れました」

当麻「写真のやつは効果あったか?」

絹保「はい///」

万彬「効果テキメンでした///」

当麻「どんな夢をみたんだ?」

万彬「お兄様と抱き合ってゴロゴロと・・・」

絹保「いいな」

当麻「ふ、ふーん!絹保はどうだったんだ?」

絹保「わたくしはお兄様と・・・お兄様と///」

当麻「俺と、なんだ?」





774: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 18:59:54.62 ID:+d5Xklpdo

絹保「お兄様と・・やっぱり言えませんわ///」

当麻「言いたくなければ言わなくていいぞ」

絹保「いえ、言いたいのですけれど口にするのも恥ずかしいのです///」

当麻「どういう夢だよ」





775: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 19:12:04.47 ID:+d5Xklpdo

当麻「まあとにかく着替えて出かけようか」

・・・・

当麻「じゃしゅっぱーつ!」





776: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 19:19:08.50 ID:+d5Xklpdo

当麻「まずはコーヒーカップにしようか」

絹保「目が回ったら介抱よろしくお願いしますわね」

万彬「わたくしもたぶん耐えられませんのでお願いいたします」

当麻「俺も自身なくなってきた・・・」

・・・・・・

絹保「きゃああああああ」

万彬「おにいさまあああああ」

当麻「うおわああああ」



777: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 19:22:26.20 ID:+d5Xklpdo

絹保「おにいさま・・・」@@

万彬「おにいさま、抱きしめてください・・・」@@

当麻「ちょっとキツかったから休もう」





778: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 19:25:08.82 ID:+d5Xklpdo

当麻「治まったか?」

絹保「はい、なんとか」

当麻「二人ともジェットコースターは無理そうだな」

万彬「今日は回避いたしましょう・・・」




779: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 19:31:03.33 ID:+d5Xklpdo

当麻「じゃあ次はお化け屋敷行こうか」

絹保「お兄様、手をつないでいただけますか?」

万彬「離れないように手をつなぎましょう」

当麻「ちょっと力入りすぎてないか?」

絹保「絶対に、絶対に、離さないでくださいね?」

万彬「決して、決して、怖くなどありませんわ」

当麻(怖いんだな)



780: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 19:33:41.34 ID:+d5Xklpdo

当麻「さーてお化けさんはどこかしらーっと」

グギギギギ

当麻「二人とも怖いからって力みすぎだぞ」

絹保「お、お兄様、も、もう少し近づいても、よ、よろしいですか?」

当麻「いいって言う前からくっついてるじゃねえか」

パキッ

万彬「きゃあ!」

当麻「ただの木の枝だぞww」



781: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 19:37:37.71 ID:+d5Xklpdo

お化け「グゴガアアアアアア」

絹保万彬「イヤアアアアアア!!」ギュウ

当麻「うわっ!」

お化け「ガアアアア」

絹保「お兄様!」

万彬「お助けください!」

当麻「こ、こら、そんなにくっつかれたら歩けないぞ」

絹保「で、でも・・・」

万彬「体が勝手に動いてしまうのです・・・」






782: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 19:40:50.39 ID:+d5Xklpdo

当麻「こうしたら・・・」ギュウ

絹保「あっ・・・」

万彬「お兄様?」

当麻「安心したか?」

絹保「はい、とても」

万彬「お兄様に守られているようですわ」

当麻「怖くない、怖くないぞ」

お化け(早くどっか行ってくれ)



783: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 19:44:58.14 ID:+d5Xklpdo

絹保「お兄様」

万彬「お兄様」

当麻「なんだ?」

絹保「大好きです」

当麻「そ、そう」

万彬「わたくしも大好きですわ」

当麻「こんな時に言わなくてもいいだろ・・・」

お化け「・・・」

当麻「ほら、お化けの人も早く行けって」







784: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/18(金) 19:47:05.96 ID:+d5Xklpdo

・・・

絹保「お化け屋敷楽しかったですわね?」

当麻(二人がベタベタくっつくから驚けなかったな。お化けさんごめん・・・)

万彬「次はどこにいたしましょう?」






789: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 14:58:47.31 ID:EyD8WowUo

当麻「フリーフォールか。あれやってみようぜ」

当麻「わくわくしてきたな」

きゃあああ

絹保「まぁ・・・」

万彬「・・・」



790: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 15:06:24.46 ID:EyD8WowUo

当麻「俺たちの番だな」

当麻「おー高いなあ」

絹保「お兄様は怖くないのですか?」

当麻「まだ怖くないな」

万彬「お兄様はお強いですわね・・・」

当麻「そろそろ落ちる頃かな」

ビューーーン

絹保「やあああああ」

万彬「落ちてますわああああ!」

当麻「いてええええ!手が砕けるううう!離せえええ!」






791: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 15:21:23.99 ID:EyD8WowUo

当麻「いだだだだ!」

絹保「ふぅ・・・」

万彬「もう終わりですか?」

当麻「いたた、二人ともすげえ怪力だな」





792: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 15:32:45.37 ID:EyD8WowUo

当麻「時間的に最後は観覧車だな」

絹保「観覧車ってカップルで乗るイメージがあります」

当麻「一人で乗るのは勇気がいりそうだな」

当麻「じゃ入ろうか」





793: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 15:39:14.75 ID:EyD8WowUo

絹保「座り心地よくありませんわね」

万彬「クッションになるものがあると良いのですが」

当麻「そうだな」

当麻(なんとなく向かいに座ってしまった)



794: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 15:41:25.32 ID:EyD8WowUo

絹保「建物が小さく見えますわね」

当麻「そうだなあ」

万彬「お兄様、こちらにいらっしゃいませんか?」

当麻「いやいいよ、せまくなっちゃうからな」

万彬「そうですか・・・」





795: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 15:44:46.12 ID:EyD8WowUo

万彬「ではそちらに行っても構いませんか?」

当麻「いいけど狭くなるぞ?」

万彬「お兄様のお傍にいられるなら関係ありません」

当麻「じゃあおいで」

絹保「お兄様、わたくしもお隣失礼させてください」

当麻「じゃあ絹保もこっち来な」



796: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 15:47:09.43 ID:EyD8WowUo

当麻「暗くなってきたけど寒くないか?」

絹保「お兄様とこうしていれば温かいですわ」

万彬「温かい」



797: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 15:49:24.39 ID:EyD8WowUo

当麻「楽しかったか?」

絹保「ええとても」

万彬「また来ましょう」

当麻「そうだな、1年に一回は行きたいな」




798: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 16:21:33.72 ID:EyD8WowUo

・・・・

絹保「・・・」

万彬「・・・」

当麻「・・・」

当麻(会話が続かねえな)



799: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 16:25:29.67 ID:EyD8WowUo

絹保「お兄様、あちらの方々・・・」

当麻「ん?ああカップルだな」

絹保「キスされてますわ・・・」

万彬「まあ///」

当麻「興味心身にじろじろ見るのはよくないぞ、プライベートなんだから」

絹保「失礼いたしました///」

万彬「じろじろは見ていませんわ///」




800: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 16:32:36.91 ID:EyD8WowUo

絹保「・・・」

万彬「・・・」

当麻「・・・」

絹保「お兄様目を閉じてくださいませんか?」

当麻「こうか?--」

絹保「///」

万彬「///」



801: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 16:34:35.81 ID:EyD8WowUo

絹保「んー」

万彬「んー」

チュッ

当麻「え、なになに?」

絹保「ほっぺにキス、ですわ///」

万彬「ほっぺにするのにも勇気がいるものなのですね///」

当麻「Fooooooo!!!」






802: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 16:36:48.61 ID:EyD8WowUo

絹保「今日は思い出の遊園地デートになりましたわね」

当麻「そ、そうだな」

万彬「お兄様、お顔が赤いような・・・」

当麻「ちょっと血行が良くなりすぎてるだけだ」



803: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 16:40:27.01 ID:EyD8WowUo

当麻「じゃあお土産買って帰ろうか」

絹保「三人で同じキーホルダーを買うのはいかがでしょう?」

万彬「いいお考えですわ。お兄様もそうしましょう?」

当麻「そうだな、じゃあミッツ買おうか」

・・・・・



804: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/19(土) 16:41:49.41 ID:EyD8WowUo

当麻「今日は楽しかったな・・・」

絹保「Zzz」

万彬「Zzz」

当麻「嬉しそうな寝顔してるな」

当麻「・・・妹にキスされちゃったな」

当麻「ううん///」

当麻「寝るか」



811: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/20(日) 20:14:48.32 ID:srI3gO9ao

当麻「きぬほー?まあやー?デートするぞー」

絹保「どちらに行くのですか?」

万彬「どちらに行くのですか?」

当麻「おはよう」

絹保「お兄様、どちらでデートするのですか?」

当麻「二人を起こすための嘘だ。悪いな、はっはっは」

絹保「むっ」

万彬「むっ」



812: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/20(日) 20:33:10.98 ID:srI3gO9ao

・・・・・

絹保「」ぷいっ

万彬「」ぷいっ

当麻「・・・」

当麻「なあ、謝るから許してくれよ」

絹保「知りませんわ」ぷいっ

万彬「デートを軽く扱った罰ですわ」ぷいっ

当麻「はぁ・・・」



813: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/20(日) 20:48:13.26 ID:srI3gO9ao

当麻「つちみかど~」

土御門「どうしたんだにゃー?」

当麻「妹が口聞いてくれないんだよ~。どうしたらいいんだー?頼む、助けてくれよー」

土御門「何があったのか聞かせてほしいぜよ」

当麻「それがな」



814: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/20(日) 20:51:42.40 ID:srI3gO9ao

・・・・・

土御門「・・・」

当麻「それで口聞いてくれねえんだよ。どうしたらいい?」

土御門「カミやん」

当麻「うん?」

土御門「なーにやってるんだにゃー!」

当麻「な、なんだよ!」

土御門「んなこと言ったら怒るのも無理ないにゃ」



815: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/20(日) 21:02:57.98 ID:srI3gO9ao

当麻「じゃあどうしたら許してくれるんだよ?」

土御門「謝罪して許してもらってデートに誘って彼女たちのハートをグッと掴むんだにゃー」

当麻「さすがだな、じゃあ行ってくる!」

土御門「がんばるんだにゃー」





819: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/21(月) 18:05:55.13 ID:JiElGkMzo

当麻「ただいま」

当麻「まだ戻ってきてないのか」

当麻「よし謝罪の練習しておこう」

当麻「えー、絹保、万彬、朝は悪かったこの通りだ」

当麻「お詫びにプールで一緒に泳がないか?」

当麻「これで大丈夫だろう。早く来ないかな」



820: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/21(月) 18:34:20.21 ID:JiElGkMzo

ガチャ

当麻「絹保、万彬、朝は悪かった!この通りだ!」

当麻「お詫びにプールで一緒に泳がないか?」

婚后「プール?あなたの頼みでしたら行って差し上げてもよろしくてよ?」

当麻「やっちまったあ!」

婚后「やってしまったとはどういった意味での発言なのか教えていただけますこと?」

当麻「絹保と万彬に謝るためにいったつもりだったんだ・・・」

婚后「そうでしたの・・・」

当麻「これじゃあもう仲直りできねえよ・・ウワーン」

婚后「・・・お二人とももうよいのではなくて?」

「ええ」

絹保「お兄様、もういいですわ。わたくしこそお兄様と口を利かなかったを許してくださいますか?」

万彬「お兄様、申し訳ありませんでした」

当麻「二人が謝る事なんかねえよ、全面的に俺が悪いんだから」

絹保「いいえ、わたくしが悪いのです・・・」

万彬「わたくしだって・・・」

当麻「それならさ、俺と一緒にプールに行こう。それでチャラにしようぜ」

絹保「お兄様はそれでよろしいのですか?」

当麻「もちろん。っていうか来てくれるのか?」

絹保「ぜひともお兄様と行きたいですわ」

万彬「いつですか?今日ですか?」

当麻「じゃあ明日行こうぜ」





821: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/21(月) 18:44:52.34 ID:JiElGkMzo

婚后「仲直りできたようでよかったですわ。それでどちらのプールに行くご予定ですの?」

当麻「一応近くの市民プールにでも・・・」

婚后「市民プールなんて他の客がいて騒がしいですわ。ここはわたくしにいい方法がありますわ」





822: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/21(月) 18:53:54.34 ID:JiElGkMzo

ピッピッ

婚后「もしもし?婚后光子ですわ。少々お願いしたい事があるのですけれど・・・」

婚后「・・・では、そういうことで」

当麻「なあ、一体何をしたんだ?」

婚后「明日になってのお楽しみですわ」

当麻「?・・あ、そうだ、よかったら光子ちゃんも一緒に行かないか?」

婚后「わたくしも?」

当麻「俺と二人が仲直りできたのも光子ちゃんのおかげだ。だから一緒にどうだ?」

婚后「わたくしお邪魔では?」

絹保「婚后さんも一緒にいらっしゃいませんか?」

万彬「お兄様の言うとおりですわ」

婚后「そ、そういうことにしておいてあげますわ!」



823: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/21(月) 18:56:22.87 ID:JiElGkMzo

婚后「で、ではわたくしこれから用事ありますので失礼いたしますわ」

当麻「ありがとなー」

婚后「///」





828: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/22(火) 17:58:29.55 ID:PLXpe45+o

当麻「忘れ物ないか?」

絹保「確認いたしました」

当麻「じゃあ行こう」

当麻「・・・と思ったけど光子ちゃんは?」

万彬「ちょっと準備があるそうなので先に行ってほしいと」

当麻「じゃあ先に行こうか」





829: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/22(火) 18:13:53.81 ID:PLXpe45+o

当麻「せっかく一緒に行くんだし泳ぎとか教えてくれるか?」

絹保「お兄様は泳げないのですか?」

当麻「泳げるけど二人って水泳部に入ってるから少し教えてもらおうかと思ってさ」

絹保「では手取り足取り教えて差し上げますわ」

当麻「よろしく頼むな」

万彬「お兄様ならきっとすぐに上達されますわ」



830: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/22(火) 18:20:18.35 ID:PLXpe45+o

当麻「ここがプールだな」

当麻「・・・あれ?今日貸切になってるぞ?」

絹保「お兄様、お調べにならなかったのですか?」

当麻「いやだって大丈夫だとばかり・・・」

万彬「お兄様、よく見てください」

当麻「どれだ?」

万彬「貸切をした方のお名前が・・・」

当麻「上条当麻様ご一行の貸切・・・」

当麻「なんだってー!俺何にもしてねえぞ、どうなってるんだ?」




831: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/22(火) 18:30:32.70 ID:PLXpe45+o

当麻「とりあえず中に入って話を聞いてみるか」

当麻「あの、上条と言いますけど」

「いらっしゃいませ、本日は貸切ですのでお時間までお楽しみください」

当麻「はぁ」

絹保「着替えて待ちませんか?」

当麻「そうだな、そうするか」





832: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/22(火) 18:37:42.29 ID:PLXpe45+o

当麻「あった、更衣室」

当麻「じゃあ中で落ち合おう」テクテク

絹保「お兄様、そちらは女性の更衣室ですわ」

当麻「おっとっと」

万彬「とても自然な形で入ろうとなさいましたね」

当麻「いやわざとじゃなくて本当に入ろうとしてた」







833: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/22(火) 18:46:05.31 ID:PLXpe45+o

当麻「本当に誰もいないんだな」

当麻「誰もいないといえば・・・」

当麻「一度は誰もいない所で素っ裸でウロウロしたいよな」

ウロウロウロウロ

当麻「よし」

当麻「じゃあ二人を待たせちゃ悪いし行くか」

当麻「とっとっと、素っ裸で行く所だった」




834: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/22(火) 18:52:46.40 ID:PLXpe45+o

当麻「おーい待った?」

絹保「いえ、わたくしたちも今来た所ですわ」

当麻「二人の水着はやっぱりそれか」

万彬「これしかありませんし気に入っていますから」

当麻「そうだな、よく似合ってるぞ」

絹保「お兄様、わたくしは似合っていますか?」

当麻「ああ、絹保もいいと思うぞ」



835: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/22(火) 18:56:03.39 ID:PLXpe45+o

当麻「っていうかここ・・・市民プールだよな?」

絹保「いかがなさいました?」

万彬「なにかお気づきになられたのですか?」

当麻「なんかすんごい高級感があるしそこら辺にはないようなビーチチェアとかあるし・・・」

絹保「たしかに・・・」



836: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/22(火) 19:08:42.05 ID:PLXpe45+o

婚后「驚きましたこと?」

当麻「光子ちゃん?もしかしてこれ光子ちゃんがやったのか?」

婚后「ええ、わたくしがこちらの土地を購入して家の者が内部に少し手を加えましたの」

当麻「へ、へえ・・・」

婚后「そんなことよりも、いかがですの?このわたくしのパーフェクトボディは?」

当麻「でけえ・・・ビリビリとは全然違うな」

婚后「おほほほ、いくらでも見ていいのですのよ?」

絹保万彬「お兄様!」

当麻「あ、うん・・・」



842: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/23(水) 21:23:15.07 ID:bYVnuKvLo

当麻「そろそろ泳ごうか」

絹保「そうですわね」

婚后「わたくしはこちらで飲み物でも飲んで待っていますわ」

当麻「泳がないのか?」

婚后「疲れますから」

当麻「じゃあ泳ぎたくなったらおいで」




843: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/23(水) 21:26:19.27 ID:bYVnuKvLo

当麻「二人は背泳ぎ出来るか?」

絹保「ええできますわ」

万彬「それほど難しくはありませんわ」

当麻「じゃあ背泳ぎ教えてくれるか?」

絹保「背泳ぎですわね。かしこまりました」

万彬「それではまず仰向けになって浮く事からはじめましょう」



844: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/23(水) 21:36:31.06 ID:bYVnuKvLo

絹保「わたくしがお兄様のお体を支えますのでお兄様はお力を抜いてください」

当麻「こうか?」

万彬「お兄様、足が曲がっていますわ」

当麻「これでいいか?」

万彬「ええ」

絹保「では離しますわ」

当麻「お、初めてにしては・・・うわ、沈む!」






845: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/23(水) 21:43:30.06 ID:bYVnuKvLo

絹保「お体を水平にしてください」

当麻「こう?」

絹保「ええ、そうです」

当麻「おお、浮けた」



846: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/23(水) 21:51:14.71 ID:bYVnuKvLo

絹保「では、そのまま少し泳いで見てください」

当麻「こんな感じだったよな・・・お、泳げる泳げる」

万彬「飲み込みが早いですわね」

当麻「二人の指導がいいからだな」

絹保「後は足が下がるのを直しましょう」



847: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/23(水) 21:59:08.98 ID:bYVnuKvLo

絹保「わたくしと万彬さんで足を支えますから気になさらないでください」

当麻「じゃ遠慮なく」

バシャバシャバシャ

絹保「お兄様、曲がっています。・・・そうです、それでいいのです」

当麻「おりゃー」

ボヨン

絹保万彬「!!」

当麻「今俺どこ蹴った?」

絹保「胸です、わたくしたちの・・・」

万彬「わざと蹴られましたか?」

当麻「上条さんワザとやるようなことはしねえです絶対!」



848: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/23(水) 22:05:51.09 ID:bYVnuKvLo

当麻「い”い”っ!つったー!」ぶくぶく

絹保万彬「お兄様!」

当麻「うぐぐぐ沈むう!助けてー!」じたばた

万彬「落ち着いてくd、きゃあ!どこをおさわりになられているのですか!」

当麻「いたいたい!」

絹保「そんなに抱きつかれたら支えられませんわ!」



849: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/23(水) 22:11:18.18 ID:bYVnuKvLo

婚后「大変ですわ、ここはわたくしが!」スタタタ

婚后「今助けますわ!」ドバーン

婚后「っ!あ、足が・・・」

当麻「光子ちゃん!」ばしゃばしゃ

当麻「光子ちゃん、大丈夫か!ほら、俺に捕まって!」

婚后「上条さん・・・」

婚后「助けるつもりが助けられてしまうなんて情けないですわ・・・」

当麻「その気持ちだけでいいよ」








850: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/23(水) 22:14:52.78 ID:bYVnuKvLo

婚后(ああ、上条さんとこんなに抱き合う時がくるなんて・・・)

当麻「近い近い!非常に近い!爆弾が目の前にぃ!)

当麻(しかも駅弁状態になっちゃったし・・・)

当麻「婚后サン?もう足大丈夫?」

婚后「い、いえ、まだ痛みが・・・」

当麻「そ、そう・・・」

婚后(つい嘘をついてしまいましたわ・・・)



851: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/23(水) 22:19:05.96 ID:bYVnuKvLo

婚后「上条さん・・・」

当麻「どうした?」

婚后「もう少しこのまま・・・よろしいでしょうか?」

当麻「まあ病人だしいいよ」

婚后「ありがとうございます」


絹保万彬「うーん・・・」



856: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 20:50:41.91 ID:HZSrc5D6o

絹保「・・・」むーっ

万彬「・・・」むーっ

当麻(ちょっと怒ってるぞ・・・ちゃんと処理しないと好感度が下がっちゃいそうだな)

当麻「光子ちゃん、プールから上がって休もう?」

婚后「そうですわね」

当麻「じゃあ向こうまでこのまま運ぶぞ?」

婚后「よろしくお願いしますわ」

絹保万彬「・・・」

当麻(背中にグサグサ刺さるっ!)



857: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 21:01:01.39 ID:HZSrc5D6o

当麻「お姫様どうぞ」

婚后「ありがとうございます」

当麻「足はもう大丈夫か?」

婚后「おかげさまで大丈夫ですわ」

当麻「もう無茶はしちゃだめだぞ?」

婚后「ええ」

当麻「俺はもう少し泳いだらまた戻ってくるから、それまでおとなしくしてるんだぞ?」

婚后「ご心配ありがとうございます」

当麻「いいんだよ、光子ちゃんは俺にとって妹みたいなもんだから」

婚后「妹・・・ですか」

当麻「じゃあ行ってくるなー」

婚后(妹・・・。妹もいいのかもしれませんわね)



858: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 21:15:40.48 ID:HZSrc5D6o

当麻「おまたー」

絹保「婚后さんとどのようなお話を?」

当麻「うん?いや光子ちゃんは俺にとって妹みたいなって話をしただけだけど?」

絹保「妹ですか?」

当麻「ああ、常盤台のみんなは妹みたいなもんだよ」

絹保「そうですか」

万彬「みなさんお兄様の妹・・・。ではわたくしたちは?」

当麻「特別な存在、かな?」

絹保「特別っていいですわね」

万彬「ええ」





859: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 21:34:14.76 ID:HZSrc5D6o

当麻「休憩しようか」

絹保「のどが渇きましたわね・・・」

婚后「もしもし、飲み物持ってきてくださる?」

「みなさま、お飲み物をご用意いたしました」

当麻「ど、どこから・・・これ飲んでも大丈夫か?」

婚后「もちろんですわ、外国から取り寄せた高級フルーツ牛乳ですわ。女性には胸の発達が促進される効果もあってセレブに人気の・・・」

絹保「いただきます」ごくごく

万彬「いただきます」ごくごく

婚后「ふふふ」ごくごく

当麻「なんちゅう高級なものを・・・。ところで男が飲んでも胸がでかくなるのか?」

ぶーーー

当麻「あ、悪い変な事いっちまって」



860: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 21:42:58.03 ID:HZSrc5D6o

当麻「あー、少し疲れたな」

絹保「とてもがんばられましたから」

当麻「少し横になろうかな」

絹保「わたくしもお隣に・・・」ぴた

万彬「わたくしも失礼させていただきます」ぴた

当麻「こいつ重さに耐えられるのか?」

婚后「1000人乗っても大丈夫ですわ、乗れませんけれど。あの、わたくしもそちらにいってよろしいでしょうか?」

当麻「妹だしいいぞ」

婚后「お二人とも失礼しますわね」ぴた

当麻「うぎゃー、妹まみれだああ」





861: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 21:59:46.06 ID:HZSrc5D6o

当麻「なんか汗かいてきたからお風呂入りたいな」

婚后「あちらに温泉がありますわよ?」

絹保「プールと温泉が一緒にあるなんて珍しいですわね」

婚后「本物の温泉ではありませんけれど本物に限りなく近いですわ」

当麻「もうなんでもありだな」

婚后「混浴も出来ますからご一緒しませんか?」

絹保「一緒に入りましょう?」

万彬「早く行きましょう」

当麻「腕が折れるー」





862: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 22:05:49.96 ID:HZSrc5D6o

当麻「ほんとに入るの?光子ちゃんもいるのに?」

婚后「わたくしだけ仲間はずれにするおつもりですか?」

当麻「そうじゃないけどでもなあ」

婚后「わたくしがいいと言っているのですからいいのです」

当麻「じゃあ」



863: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 22:11:22.91 ID:HZSrc5D6o

当麻「温泉だなあ」

絹保「温泉ですわね」

万彬「温泉です」

婚后「極楽ですわ」

当麻「おっさんみたいなこというなあ」

婚后「な、お、おっさん!」



864: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 22:18:08.92 ID:HZSrc5D6o

当麻「今日はありがとな楽しかったよ」

絹保「わたくしも楽しかったですわ」

万彬「みなさんで一緒にいるのはいいですわね」

婚后「今度は御坂さんたちも呼んで来ましょうか」

当麻「俺がいたらこないんじゃないか?」

婚后「きっときますわよ」









865: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 22:19:32.68 ID:HZSrc5D6o

絹保「絶対に来てくださると思いますわ」

万彬「そう思いますわ」

当麻「なんで分かるんだ?」

絹保「女の勘ですわ」

婚后「ですわね」

当麻「女の勘って便利だな」



866: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 22:22:08.28 ID:HZSrc5D6o

当麻「もう帰らないと寮監さんに怒られちゃうな」

絹保万彬婚后「!!!」ガクガクガク

当麻「ど、どうした?」

絹保「寮監に・・・」

万彬「怒られたら・・・」

婚后「早く帰りますわ!」

当麻「あんなに慌ててどうしたんだ?」



867: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 22:31:02.33 ID:HZSrc5D6o

・・・・・・

当麻「あんなに急いで帰らなくても良かったんじゃないか?」

絹保「お兄様には寮監の恐ろしさが分かっていないからそう言えるのですわ」

万彬「規則をやぶったのが見つかったら・・・怖くて口にも出せませんわ」

当麻「そ、そうなんだ・・・まじめな人っぽいしな」



868: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/24(木) 22:33:18.60 ID:HZSrc5D6o

婚后「ではわたくしは自分の部屋に戻りますわ」

当麻「今日はありがとな、また一緒に遊べたらいいな」

婚后「そうですわね、ではごきげんよう。・・・お兄様」

当麻「ああ!」

絹保「お兄様?」

万彬「お兄様と呼ばれましたわね」

当麻「第3の妹、ってとこだな」



873: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/25(金) 19:14:26.06 ID:zg4sno6Oo

絹保「お兄様、今日はお父様とお母様がいらっしゃるので外出はなさらないでください」

当麻「はいはい、父さんと母さん・・・今日?」

絹保「はいお昼です」

当麻「俺にはなんの連絡も無かったぞ?つうか昼って・・・」



絹保「



874: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/25(金) 19:25:58.39 ID:zg4sno6Oo

刀夜「三人とも元気にしてるか?」

詩菜「あらあら、三人はとっても仲良しなのかしら」

当麻「父さんに母さん!なんで前もって連絡してくれないんだよ」

刀夜「そっちのほうが面白いじゃないか」

当麻「こっちに都合があったらどうするつもりだったんだよ・・・」

刀夜「こうしてあえたんだからいいと思うぞ」

当麻「なんでそうなるんだ」





875: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/25(金) 19:37:00.83 ID:zg4sno6Oo

詩菜「絹保さん万彬さん元気にしてたかしら?」

絹保「はいお母様」

万彬「お兄様のおかげで元気にしています」

詩菜「当麻さんは刀夜の悪い所を受け継いでるから二人をいつも困らせてるのかしら?」

絹保「いえ、お兄様はとてもお優しくてむしろわたくしがお兄様を困らせてしまったり・・・」

万彬「お兄様はとてもよくしてくださいますから困らせるなんていうことは・・・たまに」



876: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/25(金) 19:49:24.15 ID:zg4sno6Oo

詩菜「あらあら、具体的に教えてもらえるかしら?」ひそひそ

絹保「例えば・・・」ひそひそ

万彬「このような・・・」ひそひそ

詩菜「あらあら、当麻さんには少し矯正をする必要があるのかしら」

刀夜「・・・当麻、少し男だけで話をしようか」

当麻「なんだよ父さん?」

刀夜「特に意味はないんだ、別に身の危険を感じたとかそういうわけじゃないぞ!」

詩菜「今日はこれからみんなでご飯を食べに行く予定じゃなかったしら?」

刀夜「みんな一緒にご飯を食べに行こう」

絹保「はいお父様」

万彬「はじめてお兄様と家族でお食事をするのは」

当麻「そういやそうだな」





877: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/25(金) 20:10:18.00 ID:zg4sno6Oo

当麻(うわ、あのお姉さん際どいなあだがそこがいい)

刀夜(なかなか・・・)

絹保「さきほどからあちらの女性を・・・」

万彬「見つめていらっしゃいますわね・・・」

詩菜「」ニィィ

当麻「!?」

刀夜「!?」

当麻刀夜「か、母さん?」チラ

詩菜「刀夜さんも当麻さんも素敵な女性は見つかったのかしら?」ニィィ

当麻刀夜「ごめんなさいごめんなさい」

当麻(こ、怖すぎる・・・)



878: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/25(金) 20:25:38.31 ID:zg4sno6Oo

当麻「」ガタガタ

詩菜「あら、当麻さんどうしたのかしら」

当麻「足が勝手に震えて・・・」

詩菜「あらあら。それじゃあお母さんが手を貸してあげようかしら?」ニコ

当麻「い、いい!」

詩菜「当麻さんは反抗期かしら。じゃあ絹保さんと万彬さんに手を貸してもらったらどうかしら」

当麻「お願いしていいか?」

絹保「もちろんですわ」

万彬「一緒に歩きましょう」

刀夜「母さん、足が・・・」

詩菜「」ニィィ

刀夜「母さん、その手に持ってる石ころは?」

ヒュンヒュンヒュン

刀夜「母さん、悪かった許してくれー!」ひょいひょい





879: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/25(金) 20:39:02.54 ID:zg4sno6Oo

当麻「」ブワッ

刀夜「」ブワッ

詩菜「あらあら。二人ともなみだ目になってるけど怖いものでも見たのかしら?」

当麻「なんにもみてない!」

刀夜「ああ、なんにもみてない!」

詩菜「もう着いたわ。人もあまりいないからのんびりしましょう?」





880: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/25(金) 20:54:10.64 ID:zg4sno6Oo

絹保「お兄様、もう少しくっついてもよろしいでしょうか?」

当麻「ちょっと近くないか?」

万彬「お兄様、服装乱れていませんか?」

当麻「ボタンが一個ずれてるぞ」

刀夜「この間あったばかりだというのにもうそんなに仲良くなったんだな」

詩菜「すっかりお兄ちゃんらしくなってお母さん頼もしいわ」



881: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/25(金) 21:01:41.54 ID:zg4sno6Oo

・・・・・・・

詩菜「ではいただきましょうね」

当麻「いただきまーす」

絹保「いただきます」

万彬「いただきます」

当麻「うまい」

絹保「お兄様、あーんしていただけますか?」

当麻「ここでか!」

絹保「こっそりと・・・お願いできますか?」

当麻「一回だけだぞ。ほら」

絹保「幸せですわ」

万彬「お兄様、わたくしにもしてください」

当麻「ほれ、あーん」

万彬「これ以上の幸せはありませんわ」

詩菜「あらあら。二人とも身も心もお兄ちゃんに奪われちゃったのかしら」

当麻「ごふっげほっ!」

詩菜「あらあら。当麻さんは嘘を隠せないみたいね」





886: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/26(土) 16:21:54.77 ID:cxI69iMro

詩菜「それじゃあ本題に入るけど絹保さんと万彬さんは当麻さんの事をどう思っているのかしら?」

絹保「お兄様の事を、ですか?」

詩菜「当麻さんをお兄ちゃんとして好きなのかそれとも男の子として好きかしら?」

絹保「そのようなこと、お父様とお母様に申し上げてよいのですか?」

詩菜「三人は私の子供よ。だからなんでも話していいのよ?」

絹保「わたくし、お兄様の事を殿方として好きですわ」

万彬「わたくしもお兄様の事が好きです。お兄様としても殿方としても」

詩菜「あらあら。それじゃあこの話は寮に戻ってからにしましょうか」

刀夜「そうだな」





887: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/26(土) 16:37:02.50 ID:cxI69iMro

帰宅

刀夜「お茶を飲みながら話の続きをしようか」ずーっ

詩菜「絹保さんと万彬さんは当麻さんとABCのどこまでいったのかしら?」

刀夜「か、母さん、そういう話は・・・」

当麻「ABCってなんだ?マイケルジャクソンの?」

絹保「ABC・・・?」

万彬「ABC・・・」

絹保(Aは「遊ぶ」?Bは・・・「バス」、一緒に入浴でしょうか?ではCは「cookie」クッキーですわね)

絹保「全部しました」

刀夜「ブフーッ」

詩菜「あらあら、刀夜さんアニメみたいに吹いちゃって」

当麻「なあ、ABCってなんの話?」

詩菜「うふふ、なんでもないのよ、気にしないで」



888: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/26(土) 17:16:12.75 ID:cxI69iMro

詩菜「いつから好きになったのかしら?」

絹保「お兄様と一緒に暮らすようになってからですわ」

万彬「デートをしたり一緒にお風呂に入ったりして仲を深めていく内に好きになりました」

詩菜「若いわねえ。お母さんにもそういう時期があったわ」



889: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/26(土) 17:26:00.28 ID:cxI69iMro

詩菜「告白はしたのかしら?」

絹保「はいしました」

詩菜「絹保さんもかしら?」

万彬「私も告白しました」

詩菜「当麻さん、返事はきちんと返したのかしら」

当麻「ちゃんと言ったよ。もうちょっと待ってくれって」

詩菜「あらあら、意外と大人な対応ね」

当麻「そういうもんじゃないのかな」




890: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/26(土) 17:51:36.95 ID:cxI69iMro

刀夜「二人はよっぽど好きなんだな」

詩菜「当麻さんのことをを見つめっぱなしですから」

刀夜「さて、父さんたちの結論、もちろん絹保と万彬のお母さんもだけど」

絹保「」シャキッ

万彬「」シャキッ

刀夜「特にどうこう言うつもりはないよ、まだ保留みたいだしな」

刀夜「それに初対面のお年頃の男の子と女の子の兄弟が一緒になったらそういうこともあるとは思っていたから」








891: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/26(土) 18:06:41.81 ID:cxI69iMro

絹保「それはつまり・・・?」

万彬「お兄様とお付き合いをしてもよいということでしょうか?」

刀夜「三人が本気なら止めないよ。それが幸せならそれでいいんじゃないか?」

絹保「お父様、お母様、ありがとうございます」

万彬「本当に、本当にいいのですね?嬉しいですわ」

当麻「あんなこと言っちゃってほんとにいいの?」

詩菜「当麻さん、浮気したらオシオキしちゃおうかしら?」ニィィ

当麻「ウンウン!ゼッタイシナイ!」



892: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/26(土) 18:11:37.37 ID:cxI69iMro

刀夜「それじゃそろそろおいとましようか」

当麻「もうちょっとゆっくりしていけばいいのに」

刀夜「もともと長居するつもりじゃなかったからな。それじゃあ三人とも元気にしてるんだぞ」

詩菜「仲良くしているのよ」

絹保「はいお母様、お父様」

万彬「ありがとうございました」

当麻「寮の前まで送っていくよ」

刀夜「じゃあそうしてもらおうか」





893: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/26(土) 18:16:41.99 ID:cxI69iMro

刀夜「それじゃあ当麻、二人のことは頼んだぞ」

当麻「分かってるよ」

詩菜「病気には気をつけるのよ?」ニコ

当麻「うん」

詩菜「それから・・・」

詩菜「女の子に目移りしたらダメよ?」ニィィ

当麻「」ブンブン

詩菜「それじゃあまたね」

当麻「気をつけてね」





894: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/26(土) 18:27:28.89 ID:cxI69iMro

当麻「部屋に戻るか

・・・・

絹保「今日はお会いできてよかったですわ」

万彬「お付き合いはだめといわれたらどうしようかと思いましたけれど」

当麻「学園都市補正もあると思うけどな」

当麻「そういえば二人は母さんと会ったことあるのか?」

絹保「ええ、こちらに来た際にはお会いしていますわ」

万彬「とてもよくしてくださいます」

当麻「そうだったのか」



895: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/26(土) 18:29:36.08 ID:cxI69iMro

当麻「ちょっと疲れたな」

絹保「お兄様、耳かきして差し上げましょうか?」

当麻「いいのか?」

絹保「もちろんですわ」

万彬「片耳づつ交代ですわ」





896: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/26(土) 18:35:05.72 ID:cxI69iMro

当麻「じゃあ耳かきしてもらおうかな」

・・・・・・

当麻「ああ、気持ちよかった」

絹保「それはなによりですわ」

当麻「なんか疲れちゃったしこのまま寝ちゃいたいな」

万彬「ここで寝たら風邪を引いてしまいますわ。・・・今日はわたくしのベッドにいらっしゃいませんか?」

当麻「そうしよう。絹保もいいよな」

絹保「いつでも一緒ですから」

当麻「それじゃベッドにダーイブ!」





902: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 19:13:24.25 ID:Cskd9S06o

当麻「暇だな」

絹保「お兄様、お暇でしたらわたくしたちとデートいたしませんか?」

万彬「映画館にでも行きましょう」

当麻「デートねえ、まあ丁度いいか」

絹保「お兄様、お支度を急いでください」

万彬「わたくしたちすでに着替えましたので」

当麻「二人とも準備がいいな」



903: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 19:38:22.48 ID:Cskd9S06o

・・・・

当麻「で、どんなのを見るんだ?」

絹保「ピューマの休日という映画を・・・」

当麻「なんか安物のパクリ映画っぽい気がするなあ。しかも動物かよ」

絹保「恋愛作品だそうです」

当麻「恋愛映画?妹と恋愛映画ってどうなんだ?」

万彬「わたくしたちと恋愛をしているのですから気にされる必要はないのではないでしょうか?」

当麻「そこは気にするべきなんじゃないか?」



904: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 19:47:43.97 ID:Cskd9S06o

当麻「・・・客全然いないぞ」

絹保「あちらの方に女の子がいますわね」

当麻「世の中には変わり者がいるんだな」

万彬「席はどこでしょう?」

当麻「そこみたいだな」





905: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 19:57:20.74 ID:Cskd9S06o

当麻「お、始まる」

ニギニギ

当麻「どうした?」

絹保「手を繋ぎたいのです、構いませんか?」

当麻「もちろん」

万彬「わたくしも」

ニギニギ


絹旗「なんなんですかあのカップルだかなんだかよく分からない人たちは」




908: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 20:08:29.50 ID:Cskd9S06o

チュッチュッチュッ

当麻「なんなんだこの映画は」

絹保「・・・」

万彬「まぁすごい・・・」

当麻「さっきからチューしかしてねえじゃねえか」


絹旗「なかなか超深い作品ですね、期待以上ですね」



909: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 20:14:36.28 ID:Cskd9S06o

絹保「お兄様、キスしていただけますか?///」

万彬「わたくしにも・・・お願いいたします///」

当麻「キス食べてみたいな。天ぷらがおいしいみたいだけど」

絹保「そのキスではなくてチューする方のキスです」

万彬「お分かりなのに知らんぷりされましたね?」

当麻「こういうところでできるわけねえだろ、女の子がいるんだから」ひそひそ

絹保「こういうところでするのがカップルですわ」

当麻「まだ付き合うっていってねえぞ?」

万彬「今しても何年か経ってからしてもそれほど変わらないですわ」

当麻「まあそうかも知れないけどさ・・・もういいや」



910: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 20:19:14.40 ID:Cskd9S06o

当麻「んー」

絹保「んー」

チューーーーーーー

絹保「わたくしのファーストキスですから、いつまでも覚えていてくださいね?」

当麻「忘れられるわけがないだろ」



911: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 20:23:41.55 ID:Cskd9S06o

万彬「お兄様、んー」ーзー

当麻「はいはい、んー」>з<

チュー

万彬「夢に出てきそうですわ///」

当麻「俺も」


絹旗「あそこの人たちは映画を超冒涜していますね」

絹旗「上映中にキスなんて信じられない行為です、最悪です、近頃の若い人は映画の見方を知らないんでしょうか全く!」





912: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 20:33:37.08 ID:Cskd9S06o

チュッチュッチュッ

当麻「もう終わっちゃったのか」

絹保「以外と面白かったですわね」

万彬「まだ入ったばかりの感覚ですわ」

当麻「そうだな、また来ようか」

絹保「お兄様、手を繋いだまま帰りましょう」

万彬「手を離したら罰ゲームですわ」

当麻「二人こそ離したら罰ゲームだぞ?」

トコトコ

絹旗「期待していたのに超集中力が途切れました、あの人たち今度会ったらマナーを一から刻み込んであげます」



913: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 20:42:33.68 ID:Cskd9S06o

bbbbb

当麻「ん、メールだ」

絹保「どなたからですか?」

当麻「母さんからだ」

絹保「なにかあったのでしょうか?」

当麻「当麻さんもうキスしたかしら?だって」

絹保「していしまいましたね」

万彬「それもたくさん///」

当麻「しちゃった、っと」

bbb

当麻「返信はやいな、映画館で堂々とするなんて当麻さんなかなかやり手なのかしら?」

当麻「映画館に母さんいたか?」

絹保「いえそんなはずは・・・」

万彬「お母様たちはお帰りになったのではないのですか?」

当麻「聞いてみようか。なんで知ってるんだ?」

当麻「・・・なになに、おいとまするとは行ったけど家に帰るとは言ってない、だと・・・」






914: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 20:50:33.73 ID:Cskd9S06o

詩菜「三人とも映画館は楽しかったかしら?」

絹保「お母様!」

万彬「楽しかったというか恥ずかしかったというか」

当麻「帰ったんじゃないの?」

詩菜「事件は次の日に起こるのが定番よ」

当麻「事件てなんだよ」

詩菜「子供の成長が見られてお母さん幸せ」

当麻「と、父さんは?」

詩菜「買出し中よ。特売セールをやってたからお願いしちゃったの」

当麻「そうなんだ」







915: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 20:54:37.27 ID:Cskd9S06o

詩菜「お母さんたちがデートをしたときと同じ作品をやってたから予約しておいたんだけど三人が同じ映画をみるなんてやっぱり親子かしら」

当麻「そうかも・・・」

絹保「運命ですわね」

万彬「やっぱりわたくしたちは赤い糸で結ばれているのですわ」

当麻「赤い糸ねえ」

詩菜「それじゃあそろそろ刀夜さんの荷物を持ってあげないと、それじゃあ今度こそまたね」

当麻「気をつけてね」

絹保「お気をつけてください」

万彬「またいらしてください」




916: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/27(日) 20:58:57.10 ID:Cskd9S06o

当麻「まさか見られてるなんてな」

絹保「油断していました」

万彬「まだいらっしゃるかもしれませんわね」

当麻「そこか!」

猫「ニャー」

当麻「なんだ猫か驚かすんだから・・・」








923: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/28(月) 23:13:47.39 ID:95yi9dzlo

絹保「お兄様、わたくしたちと一緒に喫茶店に行きませんか?」

当麻「たちって絹保と万彬と?」

絹保「あと御坂様と白井さんとですわ」

万彬「ご一緒にいかがですか?」

当麻「うーん、行ってもいいけど二人はいいって言ってるのか?」

絹保「いいそうですわ。わたくしもお兄様に是非きていただけたらとても嬉しいのですけれど」

当麻「じゃあちょっと待ってろ、支度するから」


当麻「待ったか?」

御坂「遅すぎよ、女を待たすんじゃないわよ」

当麻「女って時間にうるさいんだよなあ」

白井「これだから類人猿は」ヤレヤレ

当麻「はいはい、さっさと行こうぜ」




924: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/28(月) 23:28:05.73 ID:95yi9dzlo

御坂「アンタ達ってホントに仲いいわね」

絹保「お兄様を嫌うなんて出来ませんわ」

万彬「世界で一番大好きな方ですわ」

白井「それほど思っているならさっさと付き合ってしまえばいいですわ」

白井(そして黒子はお姉さまと、ヒヒヒ)

御坂「ちょっと黒子、何言ってんのよ!」



925: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/28(月) 23:37:20.22 ID:95yi9dzlo

絹保「ですって」

万彬「白井さんいい事を仰いますわね」

当麻「本気にするなよ、冗談で言ってるんだから」

白井「70%本気ですわよ?」

当麻「残りの30%はなんだんだ?」

白井「わたくしの願望のためですわ」

当麻「願望?」



926: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/28(月) 23:43:06.71 ID:95yi9dzlo

白井「大きな声ではいえませんが、おねえさまああああ」

御坂「な、な、何すんのよ!」

白井「くんかくんか、ハァァァお姉様いい匂いですのおおお」

御坂「やめろっていってんでしょーが!」ビリビリビリ

白井「痺れますのおおおお!これがお姉様からのご褒美ですのねええええ!」

絹保「・・・」

万彬「・・・見ていられませんわ」

当麻「なんなんだこれは」



930: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/01(火) 20:36:42.02 ID:Zu9AVRV5o

当麻「おいもうやめろ、うちの妹になんてものを見せるんだ、やめろやめろ」

御坂「見せたくてやってるんじゃないわよ、つい・・・」

当麻「白井大丈夫か?大丈夫そうだけど一応聞いておくけど」

白井「ご心配には及びませんわ、慣れていますもの」

当麻「いつもやってんのか?」

御坂「いつもじゃないわよ、たまに・・・」

当麻「たまにやってるんだな」

御坂「何よその目は!」






931: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/01(火) 20:44:29.89 ID:Zu9AVRV5o

御坂「大体アンタは」

当麻「はいはい、ビリビリも白井も少しおとなしくしような」よっこいしょ

御坂「何すんのよ、さっさと下ろしなさいよ!」

当麻「さもないとなんだって?」

御坂「さもないと・・・やっぱなんでもない」

白井「離さないとセクハラで訴えますわよ?」

当麻「俺を挟んでビリビリもいるんだけどな」

白井「ま、まあおとなしくしてあげてもいいですわ!」

白井「フフフ、むしろ好都合ですわ。こうしていれば触りたい放題」

当麻「声に出てるぞ」

御坂「くーろーこー!」





932: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/01(火) 20:53:02.56 ID:Zu9AVRV5o

当麻「白井はビリビリが本当に好きだな」

白井「当たり前ですわ」

当麻「がんばれよ」

白井「何をですの?」

当麻「だからビリビリと結ばれるようにだよ」

白井「べ、別に貴方に言われなくてもがんばっていますわ」

御坂「アンタ余計な事言うんじゃないわよ」

当麻「余計な事ってなんだよ、白井は本気なんだぞ?」

御坂「わ、分かってるわよ。・・・なんで私が怒られなきゃ」

当麻「別に怒ってねえよ」

御坂「怒ってるわよ」

当麻「怒ってねえって」

御坂「ぜーったい怒ってる!」



933: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/01(火) 21:03:43.56 ID:Zu9AVRV5o

当麻「それはともかく、妹たち」

御坂「誰が妹よ!」

白井「貴方の妹になった覚えはありませんが」

当麻「俺より年下なんだから妹でいいだろ、もう他人じゃないんだからさ」

御坂「変な言い方するんじゃないわよ///」

白井「か、勘違いしないでほしいですわね///」

当麻「はいはい」

絹保「お兄様、またですか」

万彬「またですわね・・・」



934: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/01(火) 21:06:53.84 ID:Zu9AVRV5o

当麻「もうついたぞ、後は自分で歩け」

御坂「アンタが勝手に担いだんでしょうが」

白井「全くですわ」



935: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/01(火) 21:13:59.12 ID:Zu9AVRV5o

御坂「じゃあ私オレンジジュース」

白井「わたくしも同じものを」

絹保「わたくしは紅茶で」

万彬「わたくしも紅茶を。お兄様は?」

当麻「んじゃ俺コーヒー」



936: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/01(火) 21:18:42.70 ID:Zu9AVRV5o

当麻「んじゃ兄弟の杯だな」

御坂「ドラマの見すぎじゃないの?今時そんなの流行らないわよ?」

当麻「こういうのは気分だよ気分」

御坂「・・・まぁいいけど」

白井「仕方なくですわよ?」

絹保「もうしなくていいですわ」

万彬「その通りですわ」

当麻「なんか機嫌を損ねる事言ったか?」

白井「言ったかもしれませんわね」

当麻「なんて言った?」

白井「教える程親切ではありませんわ」



937: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/01(火) 21:34:59.85 ID:Zu9AVRV5o

絹保「お兄様、わたくしコーヒーを飲んでみたいですわ」

当麻「飲むか?」

絹保「はい、是非いただきます!」

万彬「その次はわたくしに飲ませてください!」

当麻「全部飲むなよ?」

絹保「いただきます・・・」

当麻「どうだおいしいか?」

絹保「ぅぅぅ・・・苦いですわ」

当麻「絹保にはまだ早かったかな。万彬どうする、止めておくか?」

万彬「いえ、飲みます、飲ませてください!」

万彬「・・・」><

当麻「無理するから・・・、ほら」



938: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/01(火) 21:49:45.91 ID:Zu9AVRV5o

万彬「ありがとうございます、もう平気です」

当麻「無茶しなくても良かったのに」

万彬「無茶ではなくてその、飲みたかったから飲んだのです」

当麻「あんまりうまいもんじゃなかったのにか?」

万彬「お兄様のですから///」

当麻「そ、そうか」




939: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/01(火) 22:10:12.73 ID:Zu9AVRV5o

当麻「頑張ったしおでこにチューしてやるか」

ちゅっちゅっ

御坂「ああっ!何してんのよ!」

絹保「御坂様たちがいるのに恥ずかしいですわ///」

万彬「ありがとうございますお兄様///」

当麻「可愛いなあもう!」ギュー

イチャイチャイチャ

御坂「ちょっと、私たちを放置してんじゃないわよ!」

当麻「いや、悪い、ほんと」

白井「いいではありませんか兄弟仲がいいことにこしたことはありませんし」



940: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/01(火) 22:24:53.22 ID:Zu9AVRV5o

御坂「ねえ、さっきの事だけど」

御坂「本気で言ってるの?妹とかなんとか・・・」

当麻「本気に決まってるだろ、俺が冗談を言うと思ったのか?」

御坂「じゃ、じゃあお兄ちゃんって・・・呼ばなきゃいけないの?」

当麻「別に無理して呼ばなくていいんだぞ」

御坂「無理ですって!いいわよ、呼んでやるわよ、お兄ちゃん///」

当麻「お前もそういう風にしてりゃ可愛いのになあ」

白井「お姉様がそうされるならわたくしもそうしましょうか。・・・お兄様」

当麻「よろしくな」



947: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/03(木) 20:28:58.19 ID:UrqRV+15o

御坂「これから用事があるから先に帰るわね」

白井「わたくしもジャッジメントの仕事がありますのでこれで」

当麻「もう行くのか?」

白井「ええ、ではごきげんよう」

御坂「お金は後で返すからー」

当麻「がんばれよー」








948: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/03(木) 20:44:28.64 ID:UrqRV+15o

当麻「忙しいんだな二人とも」

万彬「そうですわね・・・」

絹保「・・・」

当麻「二人ともなんか暗くなってるような気がするんだけどどこか痛いのか?」

絹保「特にどこも悪くはありません・・・。あえて言うなら胸が痛いですわ」

万彬「わたくしも胸が痛みます」

当麻「どうしたんだ?」

絹保「お兄様がわたくし達だけのお兄様ではなくなってしまったような気がして・・・」

当麻「そんなことねえよ、俺の妹は二人しかいねえんだから」



949: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/03(木) 21:09:03.52 ID:UrqRV+15o

絹保「婚后さんや御坂様がお兄様と呼ばれたらわたくし達だけのお兄様ではなくなってしまいます・・・。そう思うと胸が・・・」

当麻「そんなに深刻に悩んでたのか・・・」

万彬「お兄様、わたくし達だけのお兄様でいてくださいませんか?」

絹保「お願いします」

当麻「分かった、分かった。もうしない。約束だ」

絹保「本当にわたくしたちのお兄様でいてくださるのですか?」

当麻「男の約束に二言はない。絶対にしない」

絹保「お兄様のこと、信じています」

万彬「絶対に、ですわ」

当麻「ごめんな、悪い兄貴で」

絹保「いいえ」

万彬「お兄様はとても素敵なお兄様ですわ」

・・・・・







950: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/03(木) 21:19:18.34 ID:UrqRV+15o

御坂「・・・盗み聞きするつもりはなかったんだけど・・・聞こえちゃったわね」

白井「お二人もつらかったのですわね」

御坂「やっぱり今まで通りの方がいいわね」

白井「そうですわね」

御坂「じゃ私今日は遅くなるから」

白井「ではわたくしは裸で待っていますわ」

御坂「服着てなさいよ?絶対によ?」






951: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/03(木) 21:25:49.04 ID:UrqRV+15o

当麻「んじゃお会計お会計・・・」

当麻「さて、帰るか」


当麻「二人とも、さっきの約束だけどさ」

当麻「誓いのキスで・・・いいか?」

絹保「十分以上ですわ///」

万彬「破らないでくださいね」

当麻「分かってるよ」

ちゅっ

ちゅっ

当麻「通行人の目が痛いよー痛いよー」





956: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/04(金) 21:25:11.21 ID:rdpfboF1o

当麻「そういや今日は女の子の日だな」

絹保「なんていう事を仰るのですか!」

万彬「いくらお兄様でもそのようなことは」

当麻「何の事を言ってんだ?今日はひな祭りだろ」

万彬「え?あ、そ、そうでしたわね」

絹保「ちょっと勘違いをしていました、お恥ずかしいですわ///」



957: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/04(金) 21:31:04.72 ID:rdpfboF1o

当麻「どんな勘違いをしてたのかは聞かないでおくぞ」

万彬「そうしていただけるとありがたいですわ」

絹保「顔から火が出てしまいそうです」



958: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/04(金) 21:42:44.35 ID:rdpfboF1o

当麻「という訳で今日は女の子の日だから二人のしてほしい事をしてやりたいんだけどなんかあるか?」

絹保「してほしい事ですか・・・いろいろありますね」

万彬「どれかひとつになんて決められません」

当麻「ゆっくり考えな」



959: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/04(金) 21:58:58.85 ID:rdpfboF1o

絹保「何がいいでしょうか」

万彬「お兄様に抱きしめていただくのはいかがでしょうか?」

絹保「普段とは違う何かがあるといいのでは?」

万彬「抱き合ってゴロゴロ転がるというのは?」

絹保「いいですわね、それにいたしましょう?」



960: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/04(金) 22:07:57.22 ID:rdpfboF1o

絹保「お兄様、決めました。お兄様と抱き合ってゴロゴロ転がりたいですわ」

当麻「目が回りそうだな。それに二人一緒にやったら転がらなさそうだけどな」

絹保「一人ずつ交代ですれば問題ないですわ」

当麻「そうだな。じゃあどっちからする?」

絹保「万彬さんお先にどうぞ」

万彬「いえ、絹保さんこそお先に」

絹保「いえでも」

万彬「しかし」

当麻「ずっとループさせるつもりか?」

絹保「ではわたくしが先に」



961: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/04(金) 22:34:24.24 ID:rdpfboF1o

当麻「こういう時は俺が下になるんだっけ?」

絹保「そうだと思いますけれど」

当麻「やっぱりそうだよな。絹保おいで」

絹保「お兄様」

当麻「転がってる時に頭打たないように抑えてあげないとな」ぽふ

絹保「はい///」

当麻「じゃあいくぞ?」

ゴロゴロゴロゴロ





962: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/04(金) 22:43:48.88 ID:rdpfboF1o

絹保「お兄様、大好きです」

当麻「俺も絹保が大好きだ」

ゴロゴロ

コンコン、ガチャ

寮監「湾内、泡浮、いるか?」

絹保「え、りょ、寮監!?」

当麻「なんだ?なんなんですか?」

寮監「お楽しみ中だったようだな」キラーン

絹保「こ、これはその、スキンシップというか」

寮監「後で出直す」

バタン



963: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/04(金) 22:47:45.31 ID:rdpfboF1o

絹保「おにいさま~・・・」

当麻「泣くな絹保、嫌なことは忘れような。俺が忘れさせてやる」

ゴロゴロゴロ

当麻「じゃあいいか?」

絹保「はい、万彬さんいいですわ」

万彬「ありがとうございます、お兄様、エスコートよろしくおねがいいたします」

当麻「エスコートったってあんまりすることはないんだけどな」



964: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/04(金) 23:16:20.42 ID:rdpfboF1o

当麻「やっぱり細身だよな万彬も」ふにふに

万彬「手つきがいやらしいですわ」

当麻「ごめんつい手が勝手に」

万彬「いえ」

当麻「じゃあもうちょっとくっついてくれるか?」

万彬「////」





965: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/04(金) 23:28:33.89 ID:rdpfboF1o

当麻「ゴロゴロ~」

ゴロゴロゴロ

万彬「お兄様、もっとしていただけますか?」

当麻「誰か来てもしらねえぞ」

ゴロゴロニャンニャン

万彬「お兄様愛しております」ギュギュー

当麻「ぐえええ、首が絞まるううう」





973: 990あたりで立てます 2011/03/05(土) 19:50:30.91 ID:Zj5niAHMo

当麻「絹保って動物にたとえると子犬っぽいよな」

絹保「そうですか?」

当麻「純粋に甘えてくるっていうのかな。とにかく子犬みたいで可愛いよ」

絹保「そうでしょうか///」

当麻「ちょっとわんわん!って言いながら甘えてみろよ」

絹保「するのですか?」

当麻「いつものことなんだから気にするなよ」

絹保「なんだか意地悪されてる気分ですわ」




974: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/05(土) 20:11:13.97 ID:Zj5niAHMo

絹保「わんわん!」

当麻「結局やるんだな」

絹保「わん!」

当麻「おーよしよし、いい子だなー」

絹保「わんわんわん!」

当麻「こらー突き飛ばすなーははは」

万彬「絹保さんばかりずるいですわ!わんわん!」

当麻「ぐふっ・・・鳩尾に入った・・・ぅ・・・」

万彬「わたくしのせいです、申し訳ありません!」

当麻「怒ってないから・・・ただちょっとパワフルだったぞ」



975: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/05(土) 20:48:53.81 ID:Zj5niAHMo

万彬「でもわたくしが飛び込んだりしなければ・・・」

当麻「暗い顔するなよ、死にやしないんだから」



976: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/05(土) 21:00:12.33 ID:Zj5niAHMo

当麻「ところで二人とももう一つやってみたい事があるんだがいいか?」

絹保「はい、いいですわ」

万彬「どのような事ですか?」

当麻「ちょっとうつ伏せになってくれるか?」

絹保「いいですけれど」

万彬「ナニをなさるのです?」



977: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/05(土) 21:13:20.57 ID:Zj5niAHMo

当麻「うつ伏せの女の子を抱っこしたいんだ。じゃあ万彬から」

当麻「よっ・・・あれ?」

万彬「お兄様どこを触っておられるのですか!」

当麻「どこだかわかんない」

万彬「胸です、わたくしの胸です!」

当麻「悪い気が付かなかった。つうか持ち上げられないんだけど」

万彬「もう小さくありませんから」

当麻「横からじゃないと無理か。ふんっ!」

当麻「持ち上がった持ち上がった」

当麻「思ってたのとちょっと違うけどなんかいいな」

当麻「じゃあ俺のベッドまで運ぶぞ」

万彬「落とさないでくださいね?」

当麻「上条さんがそんな不手際する訳」ズルッ

当麻「うわっ、とっとっとっ!」

万彬「きゃー!」

ポン

当麻「・・・びびった」

万彬「わたくしのほうが驚きましたわ!」

当麻「すまん」










978: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/05(土) 21:18:31.27 ID:Zj5niAHMo

当麻「絹保はおんぶして運ぶよ」

絹保「よろしいのですか?」

当麻「おんぶなら危なくないからな」

絹保「重くはないと思うのですが・・・」

当麻「うっ!」

絹保「あの、重かった・・・ですか?」

当麻「重くはない。重くはないけど当たってるのが気になるというか」

当麻「別の意味の危険が」



979: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/05(土) 21:26:09.34 ID:Zj5niAHMo

当麻「うわあ!」よろよろ

絹保「お兄様大丈夫ですか?」

当麻「ダメだな、危ない。一旦降りてくれ」

絹保「やはり重かったのではありませんか?」

当麻「重くてよろけた訳じゃないよ」

当麻「安全に運ぶならやっぱ駅弁だな」

絹保「駅弁とは?」

当麻「俺の首に腕を回して」

絹保「こうですか?」

当麻「そうそう、で足を俺の腰の所に巻きつけてくれ」

絹保「これでいいですか?」

当麻「おっけーおっけー。やっぱこっちの方が安定するかもな」






980: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/05(土) 21:30:02.98 ID:Zj5niAHMo

絹保「これならこのまま寝てしまっても問題ありませんね」

当麻「寝るなよ?絶対に寝るなよ?」

絹保「冗談ですわ」

当麻「やりすぎると腰を痛めそうな感じがする」

当麻「ご到着でーす、降りてくれ」

絹保「わたくし駅弁というものが気に入りましたわ」

当麻「そりゃ良かった・・・」

当麻(なんか腰に違和感が)

万彬「お兄様、わたくしもしてほしいですわ」

当麻「「いや今はちょっとまずい」

万彬「どこか悪いのですか?」

当麻「腰がちょっと・・・」



981: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/05(土) 21:34:38.97 ID:Zj5niAHMo

当麻「あー、仕事の時間だ。じゃあ行ってくる」

万彬「そうですか、無理なさらないでください」

絹保「わたくしに出来ることがあれば仰ってください」

当麻「ありがとな、行ってくる」





982: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/05(土) 21:42:34.26 ID:Zj5niAHMo

当麻「っつー、なんか痛くなってきた」

寮監「上条君、どうかしたか?」

当麻「あ、寮監さん、ちょっと腰が・・・」

寮監「腰?」

当麻「はい、ちょっと腰を使いすぎたみたいで」

寮監「私生活が乱れているんじゃないか?見直すべきだ」

当麻「たしかに・・・」

寮監「若いからといって節度のないふしだらな生活を送っているとそういうこともある。気をつけるんだな。仕事に影響が出ないようにしてくれ」

当麻「ふ、ふしだら・・・」






995: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/07(月) 20:48:01.11 ID:oOkPI2G7o

当麻「ちょっと俺用事があるから買い物に行ってくるな」

絹保「わたくしもついていってもよろしいですか?」

万彬「わたくしも連れていってくださいませんか?」

当麻「ごめん、今日はちょっと一人で行きたいんだ」

絹保「そうですよね、たまには一人でいたい時間もありますわよね」

万彬「お帰りになるまで部屋でおとなしく待っていますわ」

当麻「ごめんな」



996: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/07(月) 20:52:04.58 ID:oOkPI2G7o

当麻「二人にはいえねえよ、どこに行くかなんて」

当麻「俺だってまだ怖いんだ・・・」

萌えー!萌えー!

当麻「なんか妙な雰囲気だな、魔術とも科学とも違う」

当麻「・・・ここか」

当麻「・・・」ごくり

当麻「行くぞ、俺、勇気を出せ」



997: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/07(月) 20:57:12.66 ID:oOkPI2G7o

うぃーん

当麻「どこにあるのかな?」

当麻「聞くのがかなり恥ずかしい・・・」

当麻「どこかなー?」きょろきょろ

当麻「あー?、見あたらねえなどこだ?」

当麻「ここでもない」

当麻「ここも違う」

当麻「どこにあるんだ?」



998: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/07(月) 21:02:35.16 ID:oOkPI2G7o

当麻「やっぱり店の人に聞くほうが早いんだろうな」

当麻「でも店の人に買いたいものが分かるから恥ずかしいんだよな」

当麻「男があんなもの買うの見られたら笑われるに決まってる・・・」

当麻「だが聞かなきゃ手に入らないし・・・はぁ、不幸だ」

店員「何かお探しですか?」

当麻「え、えっとあの、」

当麻(言え、言うんだ、言わないとダメだ)

当麻「耳ください!」

店員「はい?」

当麻「猫耳と犬耳ください!」

店員「はい、こちらになりますねー」

当麻(あれ、笑われなかった。なんでだ?)



999: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/07(月) 21:15:49.12 ID:oOkPI2G7o

当麻「じゃあ一つずつください」

店員「ありがとうございますー」

・・・・・

当麻「か、か、買ってしまった」

当麻「勇気を出して入ったのにこんなにあっさり買えていいのか?」

当麻「それよりも二人がつけてくれるかどうかがまず問題だけど」




1000: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/07(月) 21:31:32.01 ID:oOkPI2G7o

当麻「・・・ただいま」

絹保「お帰りなさいませ、お兄様」

当麻「ただいま」

万彬「もう少し遅くなると思っていましたがお早いですわね」

当麻「男の買い物は早いからな」

絹保「お兄様、その袋は一体何が入っているのですか?」

当麻「え、うん・・・可愛いのが」

絹保「お兄様がお使いになるのですか?」

当麻「いや俺じゃない」

絹保「どなたかへのプレゼントですか?」

当麻「二人に、さ」

絹保「わたくし達に?」

万彬「どのような物かお見せいただけますか?」

当麻「ああ、ちょっと待て」





湾内泡浮「お兄様!」上条「え?」 2に続く



元スレ
SS速報VIP:湾内泡浮「お兄ちゃん!」上条「え?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1293424210/