SS速報VIP:二宮飛鳥「レッツパーリィー……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397479082/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 21:38:03.03 ID:5DbLTDmI0



美羽「パジャマパーティー!いえい!」

蘭子「深き夜の狂宴よ!」

晶葉「何で私まで……」

美羽「もぅ、のってないなぁ」

晶葉「…そういうわけでもないが……」


晶葉「それなら、あいつに言うべきじゃないのか?」



飛鳥「…………」ウトウト


飛鳥「………よんだかい?」



美羽「あ、飛鳥ちゃん…」

晶葉「全く、呆れる…」


蘭子「深淵の闇に墜ちるにはまだ早いっ」ブンブン

飛鳥「あうあう」ガクンガクン


美羽「疲れてるのかな…」

晶葉「知らん」


飛鳥「……ばたん、きゅ」ボフッ

蘭子「ぁう!?ごめ……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397479082




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 21:49:03.06 ID:5DbLTDmI0

蘭子「あと…えと……」

飛鳥「あ…この膝枕……結構……」モゾモゾ

蘭子「ええ……」

美羽「これ…飛鳥ちゃん?」

晶葉「なんとなく夜に強そうなイメージはあったんだがな……」

飛鳥「今日は偶々さ…」

飛鳥「そもそも、先入観で人を語るのは愚かじゃないかな」

美羽「あ、やっぱり飛鳥ちゃんだ」

晶葉「取り敢えず、そいつ膝から下ろしていいぞ」

蘭子「……済まぬ」

飛鳥「あぅ」ボスッ



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 22:09:46.74 ID:5DbLTDmI0

晶葉「ほら、体くらい起こしておけ」グイッ

飛鳥「あたま、重…」グラ

蘭子「して、幽界と繋がりし彼の者は」

美羽「あれ?えと…」


飛鳥「…小梅」

美羽「へ?」

晶葉「大方、”とっておき”でも選別しているんだろう」

美羽「ああ!こういうのにホラー映画は定番だよね」


蘭子「っ」

飛鳥「……、」


晶葉「どうかしたか?」

飛鳥「いや…」

蘭子「……些細な事よ」



晶葉「ふーん……」

美羽(なんだろう、悪い顔してる)





6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 22:29:58.75 ID:5DbLTDmI0

飛鳥「…晶葉って結構髪長いよね」

晶葉「ああ?ああ、まぁ二つに結えるんだら当然だな」

蘭子「我も……!」
飛鳥「蘭子はいいとして」

蘭子「ぇ……」

美羽「大丈夫、悪意はないはず」


飛鳥「もうちょっと弄くってもいいんじゃないかな…?」ズイ

晶葉「む、そうか?」

飛鳥「そうだよ…ただでさえそういう方には疎いんだから…」ズイ

晶葉「…………」


美羽「ほら、蘭子ちゃんはお洒落だってことだよ」

蘭子「む、そうか…」


飛鳥「結構髪は綺麗じゃないか…」スッ…スッ…

晶葉「っ……」

飛鳥「例えばこういう風に……」

晶葉「ええい、止めろ!」バッ

飛鳥「…ぅ…何かしたかな…?」

晶葉「何かやらしいぞお前!」

飛鳥「えぇ……」

晶葉「怖いんだよ、今のお前」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/14(月) 23:59:19.83 ID:5DbLTDmI0

美羽「何か飛鳥ちゃん猫みたい」

飛鳥「猫…?」

美羽「いつも飄々としてて、かと思いきや今みたいにおねむだったり」

蘭子「己が道を往く者ね」

晶葉「野良猫だな、首輪は似合わんだろう」

飛鳥「……」


飛鳥「……にゃん」スリ…

美羽「ひぅ!?」ビク

飛鳥「ふふ……にゃーん…」スリスリ


晶葉「俗に言う深夜テンションか」

蘭子「大胆…」

晶葉「絶対に後悔するぞ」

美羽「テンションとかいいから助けてよぉ!」









10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 18:14:11.33 ID:tm4si19G0

飛鳥「…動物に例える……キミたちはなんだろうね…?」ギュー

美羽「飛鳥ちゃん止めてよぉ……」

飛鳥(楽しい)


晶葉「ふん……蘭子は犬っぽいな」

蘭子「地獄の番犬……!」

美羽「子犬みたいな所あるよね!」


蘭子「こぃ……ぬ…」

晶葉「こういう所だな」


美羽「晶葉ちゃんは……」




飛鳥「……たぬき」

蘭子「貍…?」

飛鳥「あれ…ネコだっけ……」

美羽「猫…?」


晶葉「……あのな」


晶葉「いくら何でもタイムスリップしたり物の質量を自由に変えたりは出来ないぞ」

飛鳥「……ばれた」


美羽「え、何?」

蘭子「超越せし科学を持つ蒼き者よ」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 19:36:58.24 ID:tm4si19G0

晶葉「美羽は……」

美羽「みうさぎピョーンピョン♪」

飛鳥「………」

蘭子「…………」


飛鳥「……あ、ごめん、不意打ち過ぎて……」

美羽「いいもん、前やった時は受けたもん」

蘭子「わ、私の瞳は確かに感じ取ったぞ」

晶葉「あー……ウサギって事でいいな?」

美羽「自称したら変かな?」

晶葉「いやいいだろう、私も適当な表現が見つからんし」



飛鳥「…うさぎってさ……」

美羽「?」

飛鳥「確か一年中……」
晶葉「止めろ!」

晶葉「いらんこと言おうとしただろう!」


美羽「……なんかさっきから置いてかれ気味…?」

美羽「蘭子ちゃん何のことだか分かる」

蘭子「へ!?」

美羽「知ってるの?」

蘭子「え……ぁ…いや、その……」

美羽「むぅ…なんだかなぁ……」



蘭子「ぅ………///」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 22:26:49.49 ID:tm4si19G0

美羽「てゆーか飛鳥ちゃん…」

飛鳥「なんだい…」

美羽「そろそろ離れてよぉ…」

飛鳥「いいじゃないか…あったかいよ…美羽の背中……」

美羽「褒めても無駄ー!」

飛鳥「このまま一緒に寝ようよ…」ギュ

美羽「おーもーいー!」

蘭子「飛鳥……」ツン ツン

飛鳥「…ぅ…なにさ、美羽の替わりになってくれるのかい…」

蘭子「むぅー!」グニィー…

飛鳥「…いふぁい」


晶葉「くくく…蘭子、その辺にしておけ」

飛鳥「むぇ?」



   ガラガラ


小梅「お、おまたせ……」

美羽「いや、全然!大丈夫だよ!」

晶葉「いい顔だな」

小梅「え、へへ…うん…」

晶葉「ああ、本当にいい顔だ…」



飛鳥「…………」ギュー

蘭子「…………」



晶葉「くくく……」

小梅「よく、わからないけど…楽しそう、…」





17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 18:16:18.49 ID:1dtGK3HP0

美羽「どんなの持って来たの?」

小梅「どれも好きだから…ま、迷ったけど……」

小梅「こ、こういうときは……スプラッタなのより…和風ホラーが……」

晶葉「ほう?」

小梅「おトイレ…行けなくなっちゃうかも…!」

美羽「怖そう…」



飛鳥「こ、怖いなら無理に見なくてもいいんじゃないかな?」

美羽「え?」

蘭子「そ、そう!俗人の心はあまりにも脆弱!」

美羽「えー?見ようよ」

晶葉「まさか怖いのか?」ニヤニヤ

  「「まさか!」」


小梅「じ、じゃあ……見よ?」マジマジ

蘭子「ぁぅ……」

美羽(断れないよなぁ……)



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 18:31:18.57 ID:1dtGK3HP0

小梅「あ……でも…」

飛鳥「なんだい!?」

小梅「晶葉ちゃんが……み、見たがるのは……」

晶葉「意外か?」

小梅「うん……」

美羽「幽霊なんて思い込みだーっ、とか言いそうだよね」


晶葉「滑稽だとは思うが…」

晶葉「実証もせずに否定したりはせん」ウィーン

晶葉「固定概念に囚われていては発展など望めんしな」カシャ

晶葉「無論、ロボット開発に利用できそうなら徹底的に研究してやるさ」ポチ

美羽「へー…」

小梅「か、かっこいい…ね…」

晶葉「そうか?」

晶葉「ほら、始まるぞ」


  デッデデデー


飛鳥「………」ボフ

美羽「飛鳥ちゃん?」

飛鳥「眠いんだよ、ボクは」

飛鳥「ああそうだ、眠いんだよ」

小梅「あ……えと……」

晶葉「布団をかぶっても音からは逃げられんだろ」

小梅「そうだ、ね……」

蘭子「………」ボフ

美羽「蘭子ちゃん?」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 19:42:03.03 ID:1dtGK3HP0



  デーレーデーレー デッ デデデ


小梅「………」ウキウキ



飛鳥「………………」

蘭子「………………」


 
 イヤァ……  アァ……


美羽「………」ゴクリ

晶葉「……くく…」



  ヒィ…  ハァ…


飛鳥「…………」モゾリ



飛鳥「…………」チラッ


   <ギャアアアアァァァァァァア!!!

飛鳥「あ゛あ゛あ゛あああぁぁぁあああっ!?」ビクッ

蘭子「ひあああぁあっ!?」ビクッ

美羽「うわあっ!?」

晶葉「何だっ!?」




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 16:42:01.39 ID:xjEezOlw0






美羽「はぁー、怖かったー」

晶葉「まぁ、そうだが……」



飛鳥「」

蘭子「」


晶葉「予想以上というか、何と言うか……」

小梅「………♪」テカテカ

美羽「小梅ちゃん的には、大成功?」

小梅「びっくり…してくれて…う、嬉しい……」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/18(金) 17:35:03.05 ID:rfK1CQYk0


美羽「そうだよね、見てるだけで分かっちゃうもん」

晶葉「なかなか恐ろしい奴だ」

飛鳥「……たまったもんじゃないよ」

晶葉「目は覚めただろう?」

飛鳥「…うるさい」



蘭子「…………ぁの」

小梅「ど、うしたの……?」

蘭子「…その……えと……」

晶葉「何だ?」

蘭子「…誰か…い、…共に………」

美羽「共に?」



蘭子「…と、トイレ……」
飛鳥「しょうがないなぁ!」

小梅「飛鳥、ちゃん…?」

飛鳥「しょうがないなぁ蘭子は!」

飛鳥「早く!一緒に行こう!」グイッ

蘭子「あうっ!?」


   ガラガラ


美羽「ああ、行っちゃった」

小梅「だ、大丈夫……?」



             キャァァァァァァァァ!!>



晶葉「大丈夫じゃないな」

小梅「わ、私、行ってくる……!」

美羽「あ!小梅ちゃん!」


  ガラガラ


美羽「みんなもうちょっと落ち着こうよ…」

晶葉「良くも悪くも我の強い……」


             ダ、ダイジョウ…>
       お゙あ゙あ゙あ゙あぉぁぁぁ!!>



美羽「やっぱりそうなっちゃうか……」

晶葉「わざとじゃないよな?」



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/18(金) 18:40:40.24 ID:rfK1CQYk0





  ガラガラ


美羽「おかえりー」



蘭子「ぅぅ……」ギュー

飛鳥「………」ギュー

小梅「………♪」



晶葉「とてつもなく情けない光景だな」

美羽「満足そうだね、小梅ちゃん」

小梅「え、へへ……」

晶葉(やっぱりわざとじゃないか)



晶葉「まったく…ちびるわけでもあるまいに……」

飛鳥「っ…………」



蘭子「飛、鳥……?」

飛鳥「…………」

晶葉「おい、まさか……」

飛鳥「うるさいな!?」



小梅「…そんなに……び、びっくりしたんだ……♪」

美羽「こ、小梅ちゃん…」



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/18(金) 19:17:39.81 ID:rfK1CQYk0

晶葉「もう十四にもなるんだぞ……?」

飛鳥「怖かったんだよぉ……しょうがないじゃないかぁ……」

晶葉「キャラがぶれてきてるぞ」

蘭子「幾ら刻を重ねようと人の心はあまりに脆いもの……」

小梅「ご、ごめんなさい…やりすぎた、かも……」


小梅「あの子も…心配してる……」

晶葉「”あの子”?」


飛鳥「…………」


飛鳥「…………」ギュッ

美羽「またわたし?」



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/19(土) 08:42:51.05 ID:EX9YexZQ0

美羽「もうダメーっ!」グイーッ

飛鳥「今回は!本当にぃ!」

蘭子「わ、災いはもたらさぬのであろうな?」ビクビク

小梅「う、ん……悪い子じゃ、ないから…」

晶葉「良かったじゃないか」

飛鳥「そうは言ってもさ…」



飛鳥「っ!?」ゾワッ

美羽「何っ?」

飛鳥「肩、肩が……重い…っ」ガクガク

蘭子「ひっ……」

飛鳥「悪い子じゃないんだよね!?じゃあ何なのさこれは!?」

飛鳥「小梅ぇ!!」



小梅「………」ゾクゾク

晶葉「いい加減止めてやれ…」





29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/19(土) 11:39:14.20 ID:EX9YexZQ0

小梅「……わかった…」

晶葉「そう残念そうな顔をするんじゃない…」


飛鳥「ぁ……」スッ…

美羽「今度は何?」

飛鳥「楽になった……」

蘭子「こ、ここ、こっち来ない?」

小梅「大丈夫、…あ、あの子も、やりすぎたって……」

飛鳥「やっぱり小梅の差し金じゃないかぁ!」

小梅「ご、ごめんなさい……」



美羽「とてもじゃないけど、謝ってる顔には見えない……」

晶葉「新しい玩具を買って貰った子供のようなとてもいい表情をしているな」







30: すまないが、オチに行かせて貰おう。 2014/04/19(土) 12:18:40.83 ID:EX9YexZQ0






美羽(もう皆寝ちゃったかな?)

美羽(今日はなんだかんだ楽しかったなぁ…)

美羽(皆の…特に二人の新しい一面も見れたし…)

美羽(またやりたいな…)



  ツンツン


美羽(ん?)


  ツンツン


飛鳥「美羽ぅ……」ウルウル



飛鳥「こわい……」

美羽(っ!!)ズキューン



美羽(あれ、ちょっと、かわいい……?)

美羽(…………)



美羽「………」ギュッ

飛鳥「………」


飛鳥「ありがとう……」



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/19(土) 12:38:02.45 ID:EX9YexZQ0





  ガチャ


P「おはよう」

晶葉「ああ…助手か、おはよう」

P「どうした、何か疲れ切ったような顔してるぞ」

晶葉「そうか?…そうなんだろうな」

P「いったい何があったってんだ……」

晶葉「……あれだ」




小梅「体が動かない……後ろから聞こえる声から逃げることも出来ずその人は……」

飛鳥「止めてくれぇ!ボクが何をしたって言うんだぁ!」ダッ

小梅「に、逃げちゃ……」

飛鳥「追いかけて来るなぁ!」


  ギュッ


飛鳥「ぅ……?」

美羽「飛鳥ちゃん、怖かったよねー」ナデナデ

飛鳥「ぅ…」

美羽「辛かったら無理しなくていいんだよー」ナデナデ

飛鳥「美羽ぅ……」




P「」


P「なんだあれ」

晶葉「私に聞くな…」



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/19(土) 12:40:16.97 ID:EX9YexZQ0

終わり

前の作品に比べてネタが全然出てこんかった…

次に会うときは飛鳥ちゃんがキス魔になってるか、アイドルがスーパーロボットに乗ってると思います


元スレ
SS速報VIP:二宮飛鳥「レッツパーリィー……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397479082/