SS速報VIP:光「OEN!」杏「ODEN?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403619903/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 23:25:03.38 ID:32mVhAME0

シンデレラジオの外伝です
例によって、今回だけでも見れるのでよければどうぞ


本編
杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第64回」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403358626/


外伝
輝子「ジメジメ雨の日に」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402580042/


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403619903




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:27:38.17 ID:32mVhAME0

光「違う!応援!」

杏「あぁ。こんな暑い時におでんとか何を言い出すんだと思っちゃったよ」

光「全然言ってなかったよね!?」

杏「うん、まぁ。で、応援がどうしたの?」

光「実はアタシ、今度のトークバトルショーで応援係に任命されたんだ!」

杏「おー、やったじゃん」

光「ありがとう!アタシの応援でみんなが全力で戦うことが出来れば良いな!」

杏「がんばれー」

光「それで、何かカッコいい応援の必殺技とかないか色々考えてるんだけど…」

杏「応援の必殺技…?」

光「杏さん、何か無いかな!」

杏「それを杏に振る?」

光「い、いやー、事務所に来たら杏さんがいたから…」

杏「誰か他の人が帰ってくるの待てば?」

光「むむむ…」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:29:29.00 ID:32mVhAME0

光「じゃあ、杏さんがみんなを応援するとしたら、どんな応援にする?」

杏「えー、みんなを応援ねぇ…うーん」

光「……」ワクワク

杏「杏の代わりに頑張ってー。あと残った飴は杏のところに持ってきてね…とか?」

光「えー!?飴!?」

杏「いやー、だってあの飴美味しそうじゃんー?杏も食べたいなーって」

光「ダメだよ!アレは頑張ってトークバトルする人の為にある飴なんだから!」

杏「でも使い切らなかった分は回収してるじゃんー?それちょっとぐらい杏にくれても…」

光「そういう問題じゃ…って、飴じゃなくて応援の話!」

杏「あ、気付いた」

光「もう、杏さんってばー!」

杏「ごめんごめん。まぁでも、やっぱり杏に聞くのは無理があると思うよ」

光「むぅ、そっか…!」

杏「自分で色々考えて、他の子に試してみれば?」

杏「それで上手くいったのを採用すれば」

光「なるほど!それはグッドアイデアだ!よーし、それじゃあ早速行って来る!」

杏「お、おう。無理すんなよー」

光「ありがとー!」

杏「…大丈夫かな」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:30:39.57 ID:32mVhAME0

―レッスン場―

麗奈「ふー…ちょっと休憩」

麗奈「ごく……あー、水が美味しいわ」

光「麗奈ー!麗奈ー!」

麗奈「あ?何よ光、何か用?」

光「とうっ!」シュバッ

麗奈「!?」

光「応援戦隊!ガンバレンジャー!」

麗奈「……あれ、アタシもしかしてバカにされてる?」

光「違う!応援してるの!」

麗奈「じゃあ、このイラっとした気持ちは何なのかしら」

光「なんでだよー!」

麗奈「大体、戦隊ってアンタ1人じゃない」

光「うっ…あ、後で仲間が増える予定だ!」

麗奈「ふーん…どうでもいいけど」

麗奈「で、結局何の用なのよ?レッスンの邪魔しに来ただけ?」

光「違うってばー!」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:32:21.19 ID:32mVhAME0

麗奈「ふーん、応援の必殺技ねぇ」

光「色々、応援の必殺技とか名乗り口上とかやってみて、良いのを探してるんだ!」

麗奈「応援に必殺技と名乗り口上がいるの?」

光「いる!池袋博士とはぁとさんは持ってるんだよ!」

麗奈(あの二人の必殺技って…)

麗奈「まぁ、やるのは勝手だけど、少なくともさっきのはナシでしょ」

光「うーん、ダメかぁ…」

麗奈「応援する側なのに戦隊とかどう考えてもおかしいじゃない」

光「なるほど、戦隊はダメ…と」メモメモ

麗奈「ちょっ、アンタ相変わらず字が汚いわね…」

光「立ちながらだから書きにくいの!」

麗奈「ノートだって大概じゃない」

光「うっ」

麗奈「はいはい、そろそろレッスンに戻るから他に用がないなら帰りなさい!」

光「あー、じゃあ最後に1個だけ!」

麗奈「何よもう」

光「麗奈が魔女っ娘で応援すr」

麗奈「叩くわよ」

光「うわあ、撤退だー!!」

麗奈「はぁ…休憩してたのに疲れた」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:33:09.53 ID:32mVhAME0

美玲「シュッシュ…!ふふんッ、今日もウチのツメは絶好調だな!」

光「美玲ー!」

美玲「ん、なんだ?光?」

光「とうっ!」シュバッ

美玲「おぉ!?」

光「仮面ライダーチアー、参上!」

美玲「な、なんだ!?やるのか!?」

光「えっ」

美玲「ヘヘッ、一番調子の良い時を狙ってくるとは良い度胸だな!」シュッシュ

光「いや、違」

美玲「負けないぞー!ガオーッ!」

光「わー!?」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:34:10.08 ID:32mVhAME0

美玲「なんだ、宣戦布告じゃなかったのか」

光「どう見てもヒーローの登場だったじゃないか!」

美玲「そ、そうなのか。ウチ、そういうのよく分かんないし…」

光「うーん、そっか…!」

美玲「よく分かんないけど、応援ってもっと分かりやすい方がいいんじゃないのか?」

光「なるほど…もっと分かりやすく」メモメモ

光「でも、どうしてもカッコいい必殺技みたいなのが欲しくて!」

美玲「それはいいと思うぞ。ウチだって、これだけは譲れないっていうこだわりがあるしッ」

美玲「分かりやすくてカッコいい応援にすればいいんだ!」

光「分かりやすくてカッコいい応援…!なるほど、ありがとう!」

美玲「フフン、頑張れ!」

光「ありがとう、美玲!ちなみに、美玲がみんなを応援するならどんな応援にする?」

美玲「えっ…ウチが…応援…!」

美玲「うーん…うーん……うーーーーーーん………」

光「あ…ご、ごめん、無理しなくて大丈夫だから!」

美玲「…うん」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:36:15.18 ID:32mVhAME0

―事務所―

光「そろそろ誰か戻って来たかな!」

フヒヒ…

光「む!この声は…」

輝子「キノコーキノコーボッチノコー♪フフ…今日も良い感じのジメジメだ…」

光「輝子さん発見!」

輝子「フヒッ!?ひ、光か…」

光「キノコ見てるの?」

輝子「フヒ…そうだよ。今が…一番大事な時期だからな…」

光「あ、湿気的な意味で?」

輝子「そう…今の内に、たくさんジメジメして…夏を乗り切る…」

光「なるほど、キノコも頑張ってるんだね!」

輝子「そうだな…フヒ」

光「よし、じゃあアタシがキノコを応援しよう!」

輝子「フヒ…応援?」

光「とうっ!」シュバッ

輝子「!?」

光「キノコ狩りの女、南条光!」デッデデーン

輝子「フヒ!?か、狩っちゃダメ…!」

光「あ、そうだった!」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:37:31.50 ID:32mVhAME0

輝子「な、なるほど…トークバトルの…応援…」

光「そう!カッコいい応援の必殺技を探してるんだ!」

輝子「カッコいい応援…」

光「輝子さんはいいアイデアある?」

輝子「わ、私は…応援とか…向いてないよ…」

輝子「するのも…されるのも…得意じゃない…フヒ」

光「うーん、そっか…!輝子さんにも喜んでもらえる応援…!」

輝子「あ、いや…私の事はお気遣いなく…他の人の為に頑張って…フフ」

光「そういうわけにはいけないよ!輝子さんだって大切な仲間なんだし!」

輝子「う…そ、そうか…仲間か…わ、悪くない響きだな…フヒ…フヒヒ」

光「なるほど、輝子さんは『仲間』がキーワードなんだね!」

輝子「キ、キーワードかどうかは分からないけど…嫌いではない…フヒ」

光「うん、ありがとう!仲間…確かに重要な言葉だ!」メモメモ

輝子「あ、あと…キノコ要素があると…私的に嬉しい…フヒッ」

光「キノコ要素…!?わ、わかった、一応メモしておくね…!」メモメモ

輝子「フフ…ヨロシク」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:39:09.60 ID:32mVhAME0

小梅「あ…そろそろ…来るかも…?」

紗南「えっ…ほ、本当に?」

光「二人とも何して…って…うわ!?」

小梅「あ…ひ、光さん…えへへ…ホラーゲームだよ…」

光「ホラーゲーム…だと…!?」

紗南「小梅ちゃん全然怖がらないんだよー!」

ガッシャーン!!

紗南「うわー!?ホントに来たー!?」

光「わああああああ!?」

小梅「わぁ…ゾンビ…沢山…」

紗南「ひぇぇ!こ、こんな数どうしろっていうのさー!」

小梅「えへへ…頑張って…」

光「う、うわー!うわー!」

紗南「小梅ちゃん代わってー!」

小梅「え…で、でも…私…操作するのは…得意じゃない…」

紗南「もう無理ー!怖いー!」

光(ハッ…こんな時こそ、アタシが二人を応援してあげないと!)



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:39:47.67 ID:32mVhAME0

光「ふ、二人とも!逃げちゃダメだ!こういう時こそ協力して…」

ガシャーン!!

光「わああああああ!?」

紗南「逃げちゃダメって、こんな数どうやって…!」

光「そういう意味じゃなくて!ええと、何て言えば良いんだ…!」

小梅「か、完全に…囲まれてる…」

紗南「もう無理ー!」

光「あわわわわわ!!」

紗南「光ちゃんパス!」

光「えー!?アタシ!?」

小梅「が、頑張って…」

光「いや、アタシが応援する側で…うわー!?ゾンビ怖いー!?」

紗南「ほら、早く撃って!撃って!」

光「操作方法が分からないよ!うわー!」

小梅「とりあえず…目の前の…ゾンビを…」

紗南「こうなったら、自爆覚悟で手榴弾を…!」

光「必殺技!必殺技!」

小梅「必殺技は…な、ない…」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:40:39.72 ID:32mVhAME0

紗南「ふー…なんとか切り抜けたね…!」

小梅「アイテム…殆ど使い切っちゃった…」

紗南「弾もすっからかんだ…」

光「」

小梅「ひ、光さん…大丈夫…?」

光「はは……ははは……」

紗南「光ちゃん…!?」

小梅「目から…光が消えてる…」

紗南「光(ひかる)から…光(ひかり)が…!」

光「ハッ…!うおおお!!闇落ちなんてしてる場合じゃない!」

小梅「わぁっ…」

紗南「復活した!」

光「くっ、今回は負けてしまったけど…次こそは!」

小梅「え…えっと…何の…話…?」

紗南「そういえば光ちゃん、あたし達に何か用だったの?」

光「気にしないでくれ!アタシはもっと強くなって帰ってくる!それじゃあ!」

紗南「えっ…ええー?」

小梅「な…なんだったのかな…?」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:41:38.84 ID:32mVhAME0

光「ただいまー!」

杏「おー、おかえり。どうだったー?」

光「何人かに試して、教えてもらった事をメモにまとめてきたよ!」

杏「ほほう」

光「これがそのメモなんだけど…」

――――――――――――――――――――――――――――――――
・戦隊物はダメ

・わかりやすく

・仲間

・キノコ

・ゾンビに勝つ
――――――――――――――――――――――――――――――――

杏「………なにこれ」

光「う、うーん」

杏「このメモから導き出されるカッコいい応援の必殺技とは」

光「ううう…ぜ、全然分からない…!」

杏「杏よりはマシかもしれないけど、相手を間違えてる感が…」

光「くっ、やっぱり池袋博士に改造してもらうしか…!」

杏「杏は止めないよ」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:42:28.08 ID:32mVhAME0

―数日後―

光「応援ロボだよ。自動で応援してくれるすごいやつだよ」ガシャーンガシャーン

晶葉「うーむ、改造しすぎたか…」

麗奈「光ー!?」


おしり



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/24(火) 23:43:25.12 ID:32mVhAME0

なんだかよく分からない話になってしまった

なんじょーくん再登場&強SRおめでとう!
あと、ちょっと早いけど紗南ちゃんお誕生日おめでとう!

見てくれた人ありがとう



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 23:45:08.34 ID:UionU+9ho

いつも楽しませてもらってます乙です
ナンジョルノおめでとう


元スレ
SS速報VIP:光「OEN!」杏「ODEN?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403619903/