SS速報VIP:モバP「桃華のヘソを舐め尽くすまで俺は諦めない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1377603420/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/27(火) 20:37:00.71 ID:OslJRLOe0


櫻井桃華「…Pちゃま、今なんと?」

モバP「桃華のヘソを舐め尽くしたい」

桃華「ごめんあそばせ、もう少しゆっくりはっきりと言ってくださる?」

P「桃華の」

P「ヘソを」

P「舐め」

P「尽くしたい」

桃華「残念ながら、わたくしの耳に狂いはなかったようですわね…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377603420




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/27(火) 20:53:10.15 ID:OslJRLOe0


桃華「い、いきなり、なにをおっしゃいまして!!?」

P「お願いだ!舐めさせてくれえええええええええ!」

桃華「じょっ…常軌を逸していますわ!」

P「お願いだ!舐めさせてくれえええええええええ!」

桃華「先程と一語一句変わっていませんわよ!!?」

P「頼む!桃華のプロデューサーになってから決めてたんだ!」

桃華「け、警察を呼びますわよ!」

P「独房から出ても、俺は桃華のヘソを舐めに何度でも蘇る!」

桃華「ひ、ひぃっ!」

P「俺は桃華のヘソを舐めるために生まれてきたんだよおおおおおおお!」

桃華「変態が!変態がいますわ!このプロダクションにー!」






P「お願いだ…舐めさせてくれ…」ポロポロ

桃華「P、Pちゃま…」

桃華(だ、大の大人が本気で泣いてますわ…)





4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/27(火) 21:42:58.76 ID:QjbcCGNM0


桃華「…ひとまず、落ち着いてくださる?」

P「うん」

桃華「わたくしの話がきけないほど、憔悴なさってはいませんわよね?」

P「うん」

桃華「…これは、いわゆるドッキリというものでは」

P「ううん」

桃華「となると、Pちゃまがどなたかに弱味を握られ、いいえ、まさか、他の事務所に脅されて…」

P「ううん」

桃華「やはり、Pちゃまが自身が望んで、あのような戯言を?」

P「うん」

桃華「―本当に、本当の本当の本当に本気ですのね?」

P「うん!」

桃華「…お気持ちはよーくわかりましたわ」

P「やった!」

桃華「まだなんとも言っておりませんわ!」




桃華「…ですが、どうしても、Pちゃまのおっしゃることはわたくしには理解できませんの…」

P「うわあああああああ」ダー





6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/27(火) 21:58:45.38 ID:QjbcCGNM0

桃華「し、静まりなさって!」

P「頼む、一生のお願いなんだ!」

桃華「嫌と言ったら嫌ですの!」

P「―そういえば、一般庶民はお互いの信頼を確認し合うためにお互いのヘソを舐めあうという通例が」

桃華「刹那で嘘だと分かりますわ!」

P「お願いだああああ何でもするからああああああああああああ」

桃華「いい加減に、静まりなさい!」

P「うん」ピタッ

桃華「ふぅ…ふぅ…」




8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/27(火) 22:04:51.16 ID:QjbcCGNM0


桃華「いくらわたくしのプロデューサーの頼みとはいえ、それはお受けすることはできませんの」

P「うっ」

桃華「あのような言動は、殿方の発言とは思えませんわ」

P「ううっ…」

桃華「…金輪際、わたくしに近寄らないでくださる?」

P「へあっ」

桃華「…担当のプロデューサーも変えさせて頂きます」

P「へああああああああっ」

桃華「わたくしをアイドルへと導いて頂いたことは、忘れませんわ。それでは」

バタム


P「へあああああああああああああああ」




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/27(火) 23:55:51.41 ID:QjbcCGNM0


桃華(…)

桃華(…ばか。わたくしのばか…!!)

桃華(いくらPちゃまの発言が奇妙きわまりなくても、そんな些細なことでこれまでの全てが壊れてしまうような失言を…)

桃華(…Pちゃまは、わたくし専属のプロデューサーとして、日々つきっきりでプロデュースしていただきました)

桃華(お休みの日にはわたくしの好きな紅茶をご一緒に飲んでくださいましたし、この間は純白の花嫁衣装も…)

桃華(そんなPちゃまとの思い出が、このままだと無碍になってしまいますわ…!!)

桃華(…紛れもなく、多大な信頼を寄せていたのは、わたくし自身のほうでしたわ)

桃華(Pちゃまがわたくしをどんな目で見ているかは、分からなくなりましたが…)

桃華(…わたくしも、まだまだ子どもですわね)








11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 11:59:49.03 ID:Wx7DWCKR0



―――

グスグス…スンスン…


桃華「Pちゃま!?」ガチャ

P「うぇ?」

桃華「…こんなところにいらっしゃいましたのね」

P「も…も…か…?」

桃華「せっかくのお顔が涙で台無しですわよ、それと、仮眠室のベッドのシーツもずぶ濡れですわ」

P「ももがあああああああああああ」

桃華「お黙りなさい!」

P「うん」ピタッ

桃華「Pちゃま…先ほどの不用意な発言、お許しくださいまし」

P「え?」

桃華「わたくし…どうかしておりましたの」

P「じゃ…じゃあ…」

桃華「撤回します。改めて…よろしくお願いしますわ、プロデューサー」

P「桃華わあああああああああああ」ギュー

桃華「きゃっ!Pちゃま…いくらほかに誰もいないとはいえ…く…くっつきすぎですのよ…!」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:05:44.16 ID:Wx7DWCKR0


P「桃華ぬふあうえおおおおお」ギュー

桃華「いくら、ほ、抱擁を許したのはお母様、お父様のほかにPちゃまだけとは言えどっ」

P「桃華ぬぼわええええええええ」

桃華「これ以上は、Pちゃまの涙でわたくしの衣服が濡れてしまいますわっ…///」

P「よし泣き止んだ」

桃華「相変わらずの対応の早さ…」フゥ

P「だからもう少し、抱きつかせてくれ」

桃華「もう…」

P「桃華と俺はこれっきりだと…心が心じゃなかったよ」ギュー

桃華「わたくしも、あの程度のことで、これまでの関係を絶やすようなマネを…」

P「よかった…本当によかった…」

桃華「むしろ、あれぐらいの発言で簡単にわたくしのプロデュースをやめてしまうほどのPちゃまでも困りますわ」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:08:49.57 ID:Wx7DWCKR0

P「桃華のプロデューサーじゃなかったらこの仕事すぐやめるつもりだったよ…」

桃華「まったく、Pちゃまもこのようなお姿を晒して、恥はありませんの?」

P「桃華の前だけだよ、こんな恥晒し野郎でいられるのは」

桃華「どっちが子どもだか、分かったものじゃありませんわね…」

P「その分いつも桃華には甘えてもらっちゃってるしな」

桃華「ななな、何をおっしゃいますの!?わたくしがいつそのような!!?」

P「はは、もうどこにも行かせないぞ、桃華」

桃華「最初に原因を作ったのはどなたですか…ほんとに呆れますわ…」

P「それは桃華もおあいこだからな」

桃華「むぅ…」

ギュー



桃華「…そろそろ離してくださらない?」

P「うん」スパ



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:11:55.20 ID:Wx7DWCKR0

桃華「ところで…先ほどのPちゃまの発言については」

P「え?ヘソ?」

桃華「…ええ」

P「舐め尽くしたいよ?」

桃華「…撤回するということはなくって?」

P「え?あるの?」

桃華「…はぁ」

P「え?いいの!!?」

桃華「いくら心を許したパートナーといえど、あのような発言をいきなりされたら誰でもまいってしまいます」

P「だ、だよな…」

桃華「…お引き受けできませんわ」

P「うぶあああああああああああああ」ドバー



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:15:18.20 ID:Wx7DWCKR0

P「うぅ…俺の夢が…野望が…」

桃華「…本来なら、です」

P「…?」

桃華「その…Pちゃまが…どうしてもということであれば…」

P「!!!」

桃華「少しだけなら…その…」

P「どうしても!どうしてもどうしても!」

桃華「せっかちすぎますわ!」

P「はい」スッ

桃華「まぁ、わたくしとPちゃまの仲ですから…」

P「うんうん!うんうんうん!」

桃華「特別に、構いませんわ」

P「やったあああああああああああああああああああ!!」ガッツポ




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:17:56.89 ID:Wx7DWCKR0

桃華「ですが…条件がありますわ」

P「え?」

桃華「わ、私のヘソを、なめるということは…その…」

P「どうした、俺の舌じゃ不服か?」

桃華「そういうことではなく…つまり…戯れ事をするということは…」

P「ん?」

桃華「ですから…だから…その…最後まで…いくということに…」ゴニョゴニョ

P「え?どういうことだ?」

桃華「もう!察してくださいまし!」ポカッ

P「あでっ」





17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:21:24.97 ID:Wx7DWCKR0


桃華「わたくしが…口にしないといけませんか…?」

P「お、おお?おお」

桃華「わたくしも…いつかはこのときが来るとは覚悟をして参りましたわ」

P「ああ」

桃華「ですが、わたくしもこのような経験は始めてで、どうしたものか…」

P「俺もはじめてだが?」

桃華「そ、そうでしたの?とてもそうには見えませんけれど…」

P「むしろ、はじめて会ったときから桃華しかいないって決めてたし」

桃華「なっ!!」ボッ



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:30:01.52 ID:Wx7DWCKR0


P「桃華、大丈夫か?顔が赤いぞ?」

桃華「この期に及んで…そういう冗談はよしてくださいまし」プスプス

P「冗談…?」

桃華「ともかく!」プシュー

P「お、おう」

桃華「と…、ともかく、わたくしの、う゛ぁー…」

P「ヴァー?」

桃華「う゛ぁ…あぅ……じ……ん…を…」ゴニョゴニョ

P「え…」

桃華「その…、さ…ささげる手前、下着姿になるのですから、その、あ、明かりを…」

P「え、なんで下着姿になる必要があるんだ?」

桃華「何をおっしゃいまして!?」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:32:25.87 ID:Wx7DWCKR0


P「何をっつっても、俺は桃華のヘソを舐めたいだけだぞ?」

桃華「は、はい?」

P「それ以上でも以下でもない」

桃華「おへそを、な、舐める意外のことは?」

P「特別ないけど…」

桃華「…また冗談ですの?」

P「冗談も何も」

桃華「……はぁ」ドキドキ

P「あ、ヘソを舐め尽くしたいっていうのは本当だぞ」





20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:35:51.71 ID:Wx7DWCKR0

P「で、条件っていうのは結局?」

桃華「…何でもありませんわ。少し勘違いをしていましたわ」

桃華(わたくしったら、なんてことを…思い違いも甚だしいですわ!!)ドギマギ

P「そうか!無条件で舐め回させてくれるんだな!」

桃華「言葉遣いに気をつけなさいと言ったでしょう!!」

P「す、すまん」

桃華「私も、まだお子様かもしれませんけど…ひとりのレディーでもあるのですから、デリカシーというのを考えてくださいまし」

P「じゃ、じゃあ、桃華のおへそをお舐めあそばし仕っても…よろしくてよ?」

桃華「そういうことではなく!もうっ!馬鹿にしてますの?」

P「す、すまん!何か言葉遣いが間違ってたか?」

桃華「丁寧な言葉遣いも間違っているのは勿論ですが、Pちゃまの…自然な言葉で話してくださって構いませんから」

P「そ、それもそうだな」

桃華「どれほど一緒のときを過ごしてるとお思いですの…」




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:38:53.84 ID:Wx7DWCKR0





P「じゃあ、改めまして」

P「桃華…、今からお前のヘソを舐めるぞ。いいな?」

桃華「ふえっ!?」ドキッ





22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:40:48.38 ID:Wx7DWCKR0

P「今更駄目とは言わせないからな」

桃華「い、いま、すぐ?ここで?」

P「ああ」

桃華「そ、そうは言いましても、わたくしまだ心の準備が…」

P「これでいいか?」ギュッ

桃華「は、はぅ!」ドキドキ

P「…落ち着いた?」

桃華「こ…こんなの…逆効果ですのよ…」ドキドキドキ





23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:43:57.78 ID:Wx7DWCKR0

桃華「Pちゃま…もう少し…ムードというのを…考えてくださいまし…」

P「ムードか…」

桃華「その、なんにせよ…おへそを舐めるということは…結局のところ上は下着姿になるということですし…」

P「いや、その必要はない」

桃華「!?」

P「こう、ちょっと上着のすそを両手でたくし上げてくれるだけでいい」

桃華「ええ…ええ?」ドキドキ

P「それだけで、いい」





24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:48:41.91 ID:Wx7DWCKR0



P「じゃあ、お願いしてもいいか…?」

桃華「は、はい…」

桃華「こ…こうですの?」スイッ

桃華(これも…なんてはしたない格好…)カァー…


P「もっと近くで、みせてくれ」

桃華「…」スッ

P「かわいいおへそだな」ナデ

桃華「真顔で…言わないでくださる…」ドキドキ

P「そして…とてもきれいだ」

桃華「お母様から授かった、大切な体の一部ですから…」

P「…もう少し、いいか?」ナデナデ

桃華「Pちゃま、早くしてくださらない…?このままじゃ、お腹が冷えてしまいますわ」

P「…わかった」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:50:14.59 ID:Wx7DWCKR0





P「じゃあ、遠慮なく」

桃華「…やさしく、してくださいませ?」






26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:52:22.55 ID:Wx7DWCKR0


P「……」チュパ

桃華「ん…」

P「…」チュパ

桃華「ひ…うぅ…」

桃華(なんだか…すごくいけないことをしている気が…)

P「桃華…」チュゥ…

桃華「少し、くすぐったいですわ…」

P「…じゃあ、こう」チュルッ

桃華「んううう!」ピクッ

P「待て。あまり大きな声を出すな。ちひろさんに聞こえる」

桃華「そ…んな…ことを言われましても…」

P「続けるぞ」チュル

桃華「んっ…」

桃華(こんな…こと…気持ち悪いだけだと思っていましたのに…)

桃華(すごく…変な気持ちになりますわね…)ドキドキ

桃華(でも、これ以上は…)

桃華(限界ですわ…!!)

桃華「Pちゃま、そ、そろそろ…」

P「まだだ」

桃華「そ…んな…」


P「まだ俺は桃華のヘソを舐め尽くしていない」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 12:56:19.75 ID:Wx7DWCKR0


P「…続けるぞ」

桃華「あっ!」ピクン

P「…」ペロ

桃華「ひゃうっ!」

P「…」チュル

桃華「あ…ああ…」

P「…」

桃華「…んんっ!」ビクン

P「桃華?大丈夫か?」

桃華「だ…大丈夫も何も…ただ、おへそを舐めているだけではありませんか…」

P「そ…そうだったな」

桃華「大丈夫な…はずなんですけれど…」

P「…大丈夫な…はずないよな」

桃華「……それは…」

P「桃華…ごめん」

桃華「…何を謝る必要が。この遊戯は同意のもと…のはずですわよ」



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 13:10:02.53 ID:Wx7DWCKR0

P「これは俺の傲慢だ」

桃華「Pちゃま…」

P「俺は今、俺の欲望を満たすためだけに俺は動いている」

桃華「…」

P「この時間が終わっても、どうか、こんな、下劣な、背徳な、俺を許してくれ…」

桃華「…」クス

P「桃華…?」




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 13:12:31.11 ID:Wx7DWCKR0


桃華「確かに、不潔で…不貞で…まだ違和感がありますけど…」

P「…桃華…」

桃華「この先、Pちゃまがどんな破天荒なことをしたとしても、Pちゃまと…ど、どんな関係になったとしても」


桃華「Pちゃまが、わたくしのプロデューサーである事実は一生変わりませんから」ニコ

P「も…桃華ぁ…!」





31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 13:54:32.15 ID:Wx7DWCKR0


桃華「それに…Pちゃまは、少し勘違いをしていますわ」

P「え?」

桃華「…もう少しだけ…」

P「…?」

桃華「ですから!…もう少しだけ…この余興につきあってあげても、よろしくてよ?」

P「いいのか…?」

桃華「ムードも何もあったもんじゃ、ないですけど…」

桃華「今日は特別、ですの」



桃華「それに、Pちゃまは、私の特別なんですから」

P「桃華…!俺、どうかしてたみたいだ。その言葉で目が冷めたよ」

桃華「わたくしも、これ以上しおらしくなったPちゃまを、見たくありませんでしたから…」

P「今日は己の欲望に忠実に従うことにするよ」

桃華「へ?」

P「それにまだ全然舐め尽くしてないしな」

桃華「ま、待ってくださいませ。確かにつきあうとは口にしましたが、もう少し順序よくたおやかに…!」

P「問答無用」

桃華「あ、あぁ~!」



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 13:55:56.34 ID:Wx7DWCKR0



――

ちひろ「まぁ、あれだけ大きな声だったらいくらなんでも聞こえますよね」

P「大変深く反省しております」

ちひろ「私の一声で、早苗さんに伝えることもできるんですが…」

P「お願いです。お願いですからやめてください」

ちひろ「まぁ、Pさんが豚箱行きではこのプロダクションの信用にも関わりますし…」

P「ということは!ということは!」

ちひろ「まぁ、多少はね?」

P「ありがとうございます!ありがとうございます!」

ちひろ「その代わり、私の気が変わらないうちは馬車馬のように働いてもらいますよ」ニコ

P「」




33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 13:57:25.54 ID:Wx7DWCKR0

おわりれす



元スレ
SS速報VIP:モバP「桃華のヘソを舐め尽くすまで俺は諦めない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1377603420/