1: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 21:42:06.19 ID:o++eNT/r0

華「・・・・・・」

沙織「どうしたの華?ぼんやりしちゃって」

華「え!?」

華「い、いえ、別になんでもないですよ?」

優花里「練習で疲れてしまったのではないですか?」

みほ「最近、練習厳しいもんね」

麻子「・・・疲れる」



2: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 21:43:27.82 ID:o++eNT/r0

沙織「体調悪いのなら、ちゃんと言いなよ?」

みほ「うん、無理は良くないと思う」

華「ありがとうございます」

華「でも、本当に大丈夫ですから」

沙織「砲手って集中するから疲れそうだよねー」

優花里「特にサンダース戦の集中力は、お見事でした!」



3: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 21:44:59.08 ID:o++eNT/r0

華「そんな、わたしなんて///」

みほ「あの時も言ったけど」

みほ「勝てたのはやっぱり、華さんのおかげだよ」にこっ

華「・・・///」





華(わたしこそ)

華(わたしこそ、その笑顔にずっと助けられてきたんです)



5: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 21:51:40.77 ID:o++eNT/r0

沙織「じゃあ、元気づけに甘いもの食べてこっかー♪」

麻子「・・・なにが、じゃあなんだ」

優花里「もはや恒例ですねー」

沙織「女のコが甘いもの食べるのに、理由はいらないもん!」ぶーっ

沙織「ほら、いこいこー!」

ぎゅっ

みほ「う、腕を組むのはやめようよー」



6: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 21:53:12.00 ID:o++eNT/r0

沙織「気にしない、気にしなーい♪」

みほ「あ、あぅ///」

華「・・・・・・」

ズキッ

華(え?)

華(なんでしょう、この心の乱れは)

華(なにか、胸が締めつけられるような)

麻子「・・・・・・」



7: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 21:59:05.99 ID:o++eNT/r0

~後日~

沙織「華、今日は調子悪かったね」

華「・・・すみません」

沙織「せ、責めてるわけじゃないよ!?」

優花里「そうですよ、誰だって調子の悪い時はあります!」

麻子「・・・うむ、わたしも朝は調子が良くない」

沙織「麻子はいつもでしょ?」

麻子「・・・ぐっ」



9: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 22:08:31.16 ID:o++eNT/r0

みほ「やっぱり疲れてるんじゃないかな」

みほ「少し練習を休んでみるとか・・・」

華「わたしがいらないってことですか!?」

みほ「え?」

沙織「お、落ち着こうよ」

沙織「みぽりんはそんなこと言ってないじゃん」



10: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 22:14:01.47 ID:o++eNT/r0

華「!?」

華「ご、ごめんなさい!」

タタタッ

優花里「五十鈴殿ー!」

みほ「どうしたんだろ、華さん」

沙織「とりあえず、追いかけないと!」

みほ「う、うん」



11: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 22:20:03.09 ID:o++eNT/r0

華「・・・・・・」

麻子「・・・ここだったか」

華「冷泉さん・・・」

麻子「・・・みんな心配してる」

華「はい、申し訳ありません」

麻子「・・・え、えっと上手く言えないんだが」

麻子「心に迷いがあるように見える」



13: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 22:32:36.22 ID:o++eNT/r0

麻子「・・・よ、良かったら話して欲しい」

麻子「その、嫌じゃなければ///」

華「冷泉さん・・・?」

麻子「・・・こここ、こういうのには慣れてない」

麻子「正直、どうしたらいいのかわからない///」

華「・・・あ」

華「・・・・・・」くすっ

麻子「・・・わ、笑うな!」



15: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 22:37:55.29 ID:o++eNT/r0

華「ごめんなさい」

華「そうですね、話を聞いて頂けますか?」

麻子「・・・うん」

華「みほさんのことです」

麻子「・・・だろうとは思ってた」

華「気付かれていましたか」



16: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 22:41:05.37 ID:o++eNT/r0

華「わたしが自分の生ける花に力強さを求めていること」

華「もう知っていると思います」

麻子「・・・実家にお邪魔した時の」

華「・・・・・・」こくっ

華「わたしは、みなさんと戦車道をやるうち」

華「みほさんの中に、その力強さを見るようになったんです」



17: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 22:42:59.35 ID:o++eNT/r0

麻子「・・・確かに」

麻子「あの芯の強さは、どこから来るんだろうと思う」

華「最初は憧れだけだったんです」

華「でも」

華「自分ではどうしようもない感情があることに気付いて」

麻子「・・・なるほど」



19: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 22:50:50.70 ID:o++eNT/r0

華「でも、こうやって心が揺れるのは弱い証拠ですね」

華「力強さなんて、まだまだのようです」

麻子「・・・・・・」

みほ『華さーん、どこですかー?』

華「みほさん」

麻子「・・・言ってみるとか」

華「え?」

麻子「・・・気持ちをぶつけてみたらどうだろう」



20: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 22:52:26.87 ID:o++eNT/r0

麻子「・・・正直、恋愛感情なんてわからないし」

麻子「女同士なんていうのも、わからない」

華「・・・・・・」

麻子「・・・でも、立ち止まるとか逃げるとか」

麻子「力強さとは対極なんじゃないか」

華「気持ちを・・・ぶつける?」



21: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 22:56:01.30 ID:o++eNT/r0

華「みほさん」

みほ「・・・あ」

みほ「ここにいたんだー、探したよー」

華「すみません、ご迷惑をお掛けしました」

みほ「め、迷惑だなんて」

みほ「わたしこそ、なにか華さんを傷つけたんじゃないかって」

華「いいえ、そんなことはありません」

華「すべては、わたしの心の中の問題なんです」



23: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:01:07.08 ID:o++eNT/r0

みほ「心の中・・・?」

華「お話したいことがあります」

みほ「う、うん」

華「・・・・・・」

みほ「・・・・・・」

ドクン ドクン

華「あなたが好きです」

みほ「・・・え?」

華「恋愛の対象として、みほさんが好きです」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 23:04:43.87 ID:o++eNT/r0

みほ「あの・・・え?」

華「そうですよね、混乱させてしまいますよね」

華「わたしだって、さき程やっと気持ちに整理をつけたくらいですから」

みほ「えっと、なんて言ったら・・・」

華「ごめんなさい、困らせることもわかってました」

みほ「・・・・・・」

華「でも、言わないといけなかったんです」

華「そうしないと前に進めないから」

みほ「・・・華さん」



25: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:06:48.29 ID:o++eNT/r0

みほ「でも、わたし」

みほ「・・・わたしは」

華「・・・・・・」

みほ「ご、ごめんなさいっ!」

タタタッ

華「・・・みほさん」



27: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:14:13.69 ID:o++eNT/r0

華「・・・・・・」

ジャリッ

麻子「・・・すまない」

華「え?」

麻子「・・・わたしのせいだ」

華「違います」

華「さっき言った通り、わたしは前に進むことを選択したんです」

麻子「・・・前に」

華「きっかけはどうあれ、これはわたしの選択です」にこっ



28: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:16:13.09 ID:o++eNT/r0

~翌朝~

華「おはようございます」

みほ「・・・華さん」

華「昨日のことですけど・・・」

みほ「あ、わたし早く行って予習しないと」

みほ「ご、ごめんね、先に行くね」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

華「みほさん、お昼をご一緒しませんか?」

みほ「わ、わたし約束があって」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

華「あら、みほさんは?」

優花里「それがですねー」

沙織「みぽりん、体調悪くて練習休むってー」

華「そう・・・ですか」

麻子「・・・・・・」



30: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:19:10.91 ID:o++eNT/r0

沙織「あー、やっと終わったよー」

沙織「やっぱ車長は、みぽりんじゃないと無理ー!」

優花里「いやいや、なかなかでした!」

麻子「・・・それなりにはなっていた」

沙織「それなりってなによ、それなりってー」ぶーっ

華「・・・・・・」

優花里「五十鈴殿、危ない!」

華「!?」

ドシャッ



31: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:22:27.59 ID:o++eNT/r0

ガララッ

みほ「はぁはぁ」

沙織「みぽりん?」

みほ「は、華さんが・・・ぜぇぜぇ・・・ケガしたって」

華「わ、わたしなら大丈夫です」

みほ「え?」

優花里「軽い捻挫ですんだみたいです」

みほ「だ、だって、冷泉さんが」

麻子「・・・悪かった、ちょっと大袈裟だった」



32: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:24:31.01 ID:o++eNT/r0

麻子「せっかく来たんだ」

麻子「西住さんが、五十鈴さんを送って行ったらいい」

沙織「え、わたしが送るよー」

優花里「西住殿も体調がすぐれないのでは?」

麻子「・・・わたしの方が疲れてる」

麻子「沙織は、わたしを送っていくべき」

沙織「えー?」

みほ「・・・・・・」

みほ「沙織さん、わたし大丈夫だから」

みほ「わたしが・・・送って行くから」

華「・・・みほさん」



34: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:30:16.20 ID:o++eNT/r0

華「すみません、こんなことになって」

みほ「んーん」

華「・・・・・・」

みほ「・・・・・・」

華「あ、あの・・・」

みほ「ごめんね、華さん」

華「え?」

みほ「避けるようなことして」

華「い、いえ」

華「それはわたしが、あんなことを言ったから」



35: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:32:23.24 ID:o++eNT/r0

みほ「違うよ、わたしはまた逃げたの」

みほ「結局わたし、なにも変わってないんだよ」

華「・・・・・・」

みほ「・・・・・・」

華「そんなことありません」

みほ「華さん?」

華「少なくともわたしは、みほさんの中に強さを見ました」

華「実際、その強さに救われてもいますし」

華「その・・・憧れているんです!」

みほ「・・・あ、ありがとう///」

華「あ、いえ///」



36: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:38:45.34 ID:o++eNT/r0

華「あの、生意気なことを言ってしまって」

みほ「いや、そんな」

華「・・・・・・」

みほ「わたしこそ」

みほ「わたしこそ、華さんに憧れてるかも」

華「わたしにですか?」

みほ「華さんの家に寄った時ね」

みほ「お母さんに、ちゃんと気持ちを伝えたでしょ?」

華「・・・あ」



37: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:44:34.28 ID:o++eNT/r0

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

華『わたくしは、もっと力強い花を生けたいんです!』

華『でもわたくし、戦車道は止めません』

みほ『五十鈴さん・・・わたしも頑張る』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

華「あの時・・・ですか?」

みほ「・・・・・・」こくん

みほ「わたしもね、もっと強くならなきゃって思った」



39: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:50:25.46 ID:o++eNT/r0

みほ「だから、だからね」

華「は、はい」

ぐいっ

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ちゅっ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

華「!?」

みほ「・・・・・・」

華「み、みほさん!?」

みほ「これは、わたしの決意表明」

華「決意・・・表明?」

みほ「わたし、華さんとちゃんと向き合うよ」

みほ「華さんと一緒なら、強い自分になれる気がするから」





華「はいっ」にこっ



40: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:52:46.43 ID:o++eNT/r0

~後日~

沙織「もうちょっと急ごうよ!」

沙織「限定スイーツ、売りきれちゃう!」

華「そんなに急ぐと危ないですよ」

麻子「・・・また転ぶぞ」

沙織「転ばないもーん」

沙織「ほら、みぽりんも早く!」

にぎっ

みほ「わ、わかったから手を引っ張らないでー」



42: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/28(水) 23:56:53.07 ID:o++eNT/r0

麻子「・・・いいのか?」

華「冷静に考えたら」

華「沙織さんは、そういうのではないってわかってますから」

麻子「・・・なるほど」

華「でも、そうですね」

麻子「・・・?」

タタタッ

にぎっ

華「ほら、こっちの手がお留守です」

みほ「華さんまで!」



44: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/29(木) 00:01:37.84 ID:mpCwFbDK0

華「さあ、急ぎますよ」

みほ「わわっ!?」

沙織「さっき、自分で危ないって言ったばっかじゃん!」

華「売り切れてもいいんですか?」

沙織「絶対やだもん!」

優花里「みなさんばかり、西住殿とずるいです!」

優花里「わたしも負けていられません!」

みほ「すそは掴まないでー!」

麻子「・・・はぁ、これは大変だな」

沙織「麻子も早くー!」

麻子「・・・はいはい」



45: ◆1BrjSSUSHI 2012/11/29(木) 00:05:50.97 ID:mpCwFbDK0

another-003503-045
 

END



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 00:07:55.36 ID:Xk7r8uSX0

おつおつ



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 00:21:46.50 ID:odmDw4is0

おつ
みほ華良いね


元スレ
華「これは、わたしの選択です」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354106526/