1: 書き溜めはない、途中で投げ出すかも 2013/01/31(木) 19:54:07.79 ID:XMBWSrD70

―みほの部屋―

みほ「さて…試合に向けて作戦を考えないと…」

みほ「次は…お姉ちゃんだもんね…」

みほ「……」

みほ「お姉ちゃん…私のことどう思ってるのかな…」

ピンポーン

みほ「?」

みほ「こんな時間に誰だろ?」

みほ(とりあえず覗き穴で用心用心と…)

みほ「!?」

みほ「お姉ちゃん!?」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 19:57:49.33 ID:XMBWSrD70

まほ「みほ、私だ」

まほ「…開けてくれないか」

みほ「……」

みほ「わかった」

ガチャ

まほ「ありがとう、みほ」

みほ「……」

まほ「すまないな、いきなり」

まほ「みほと…」

まほ「みほと試合前に一度だけ話がしたかったんだ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 20:02:21.80 ID:XMBWSrD70

みほ「…」

まほ「…」

まほ「学校」

みほ「え?」

まほ「学校は楽しいか?」

みほ「…うん、楽しいよ」

みほ「友達も出来たんだ」にこっ

まほ(黒森峰にいたころはこんな表情なんてしなかったな)

まほ「そうか、よかった」にこっ



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 20:08:02.65 ID:XMBWSrD70

まほ「戦車道…まだやってたのか」

みほ「うん…」

みほ「本当はやめるつもりだったの」

みほ「だけどなんかやることになっちゃって」

みほ「でも…それでみんなとも仲良くなれたんだ」

まほ「そうか」

みほ(お姉ちゃん…)

みほ(やっぱり私のこと…怒ってるのかな…)

みほ「ねえお姉ちゃん…」

みほ「私が戦車道続けてたから…怒ってるよね」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 20:12:03.41 ID:XMBWSrD70

まほ「…」

まほ「怒ってなんかいないさ」

まほ「憶えているか、みほ」

みほ「え?」

まほ「昔…みほが小学生のとき」

まほ「私はみほに『自分の戦車道を見つけなさい』って」

まほ「そういったんだ」

みほ「…うん、憶えてる」

みほ(エミちゃんたちと試合したときだ…)



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 20:18:02.17 ID:XMBWSrD70

まほ「みほがこっちにいたときの戦車道は西住流の戦車道」

まほ「みほの戦車道じゃなかった」

まほ「私は…みほの戦車道を尊重したい」

みほ「お姉ちゃん…」

まほ「だが…お母様はそう思われてはいないようだ」

みほ「…うん」

まほ「…勘当すると仰っていた」

みほ「……うん」

まほ「だが、何があってもみほは私の妹だよ」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 20:29:34.09 ID:XMBWSrD70

まほ「私は謝りにきたんだ、みほ」

まほ「去年の大会の後、私はみほを慰めもせず」

まほ「ただ放っておいた」

まほ「そしてみほは転校した」

みほ「…うん」

まほ「辛い思いをさせたな」

まほ「私は…もうみほは戦車道をやらないでいいと思っていた」

まほ「普通の女子高生としてすごすのがみほの幸せだとな」

まほ「また戦車道をやってるみほを見て、初めはビックリしたよ」

みほ「あはは…」

まほ「でも…転校先で楽しそうに自分の戦車道をするみほを見て」

まほ「私は…とても嬉しく思えたよ」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 20:36:44.49 ID:XMBWSrD70

まほ「ごめんね、みほ」

みほ「…」

みほ「ううん」

みほ「謝るのは私のほうだよお姉ちゃん」

みほ「自分のことだけ考えて転校して」

みほ「お姉ちゃん一人に重荷を背負わせちゃった」

まほ「みほ…」

みほ「お姉ちゃんは謝る必要なんてないよ」

みほ「お姉ちゃんが私のこと嫌ってなくて」

みほ「そして私のことをそんなに大事に思ってくれて」

みほ「私…すごく幸せだよ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 20:45:07.60 ID:XMBWSrD70

みほ「お姉ちゃん…」

ぎゅっ

みほは昔のようにまほに抱きついた

みほ「ありがとうお姉ちゃん」

まほ「…」ナデナデ

みほ「えへへ、なんか懐かしいね」

まほ「うふふ、そうだな」

まほ(試合前にみほと話せてよかった…)

まほ(こんな姉を許してくれてありがとうみほ)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 20:54:15.39 ID:XMBWSrD70

みほ「ねえ、お姉ちゃん」

みほ「せっかくだから今日は泊まっていってよ!」

まほ「え?」

みほ「久しぶりにお姉ちゃんと一緒にいたいの」

まほ(…エリカ達にところに帰るのは○日だから)

まほ(一応大丈夫かな)

まほ(それに…私もみほと話がしたい)

まほ「ああ、そうするよ」

まほ「よろしくな、みほ」

みほ「うんっ!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 21:03:11.64 ID:XMBWSrD70

ビリリッ!!

まほ「なっ…!?」

まほ(なんだ…痺れて…)

まほ(スタンガン…?)

まほ(みほ…?)

バタッ…

まほ「…」

みほ「……あはは」

みほ「おやすみ、お姉ちゃん」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 21:08:58.55 ID:XMBWSrD70

――――――――――――――――…………

まほ「……」

まほ「ん…わたしは…」

まほ(そうだ…みほにスタンガンを…)

まほ「え…?」

まほの両手が手錠で拘束されていた

あまりのことにまほは混乱せずにはいられなかった

みほ「あっ、起きた?お姉ちゃん」

まほ「みほ…」

まほ「どういうこと…?」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 21:15:17.35 ID:XMBWSrD70

みほ「ねえ、お姉ちゃん」

みほ「私、お姉ちゃんのことダイスキだよ」

みほ「子供の頃からずっと」

みほ「だけど去年のことで私のことなんて嫌いになっちゃったって」

みほ「そう思ってたんだ」

みほ「でも…そうじゃなかった」

みほ「お姉ちゃんは私のこと大切に思っててくれたんだね」

みほ「嬉しい…嬉しいよ…」

まほ「み…みほ…?」

まほ(なんだかみほの様子がおかしい…)

まほ(…怖い)



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 21:22:10.89 ID:XMBWSrD70

まほ「う、うん…」

まほ「私もみほのこと好きよ」

まほ「だからこの手錠外して…」

みほ「ダメ」

みほ「これからいっぱいお姉ちゃん愛するんだから」

みほ「これなーんだ」

まほ「それは…」

まほ(たしかみほが好きなぬいぐるみの…)

まほ「ボコられ…熊?」

みほ「正解!」

みほ「よく知ってたねお姉ちゃん、嬉しいな~」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 21:28:46.22 ID:XMBWSrD70

みほ「かわいいでしょ?」

みほ「私のお気に入りなんだー」

まほ「そうなの…」

まほ(包帯ばっかりで…)

まほ(正直あまりいい趣味とは思えないけど…)

みほ「お姉ちゃんもこういうふうにしたいの」

まほ「へ?」

みほ「きっとすっごく可愛いと思うんだ~!」

みほ「あっ、心配しないでお姉ちゃん」

みほ「ちょっと傷つけて包帯巻くだけだからね」

まほ「…」ゾクッ



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 21:37:16.06 ID:XMBWSrD70

みほ「さてと…」

そういいながらみほは包丁を手に取った

まほ「や…やめてみほ…」

まほ「やっぱり私のことが許せないの…?」

みほ「違うよ、お姉ちゃん」

みほ「お姉ちゃんが大好きだからするの」

みほ「あはは…私って病んでるかな?」

みほ「叫んでもいいよお姉ちゃん」

みほ「でもお姉ちゃんって優しいから」

みほ「そんなことできないよね?」

みほ「こんなところ見られたら私タダじゃすまないし」

まほ「うっ…」

みほ「そんなお姉ちゃんが大好き」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 21:43:35.91 ID:XMBWSrD70

まほ(私のせい…?)

まほ(黒森峰のときに私がみほに冷たくしたから…)

まほ(そのせいでこんなに…)

みほ「いくよ、お姉ちゃん」

みほ「ちょっと我慢してね~」

サクッ

まほ「ぐっ…」

みほ「痛い?痛いのお姉ちゃん?」

みほ「そんなお姉ちゃんもかわいいな~」

みほ「あっ、血が…」ペロ

みほ「えへへ…」

みほ「お姉ちゃんの味がする」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 21:48:50.13 ID:XMBWSrD70

みほ「ケガしちゃったね…」

みほ「ごめん…ごめんねお姉ちゃん…」

みほ「手当てしないとね…」

恍惚した表情でみほはまほに包帯を巻いていく

まほ(みほ…)

まほ(いったいどうしちゃったの…)

みほ「できた!」

みほ「かわいい」

みほ「かわいいよお姉ちゃん!」

みほ「今度は足だね」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 21:55:19.79 ID:XMBWSrD70

みほ「このくらいの深さでいいかな」

サクッ

まほ「あう…」

みほ「傷口はちゃんと舐めないとね~」

ペロペロ

まほ「はあっ…」

みほ「くすぐったいかなお姉ちゃん?」

みほ「かわいいな、もう」

まほ「ううっ…」

みほ「包帯巻かないとね」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 22:02:13.43 ID:XMBWSrD70

みほ「よしっ、オッケー」

みほ「わぁ…!」

みほ「お姉ちゃん…綺麗…」

まほ「こんなの…」

まほ「こんなのおかしいよみほ…」

みほ「それはわかってるよ」

みほ「でもお姉ちゃんが大好きだから」

みほ「これが私の愛情表現なの!」

まほ「…」

まほ「……」

みほ「あれ?泣いてるのお姉ちゃん?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 22:07:50.80 ID:XMBWSrD70

みほ「ご、ごめんねお姉ちゃん」

みほ「痛かったよね?」

みほ「もう私の名前をお姉ちゃんに彫って終わりにするから…」

みほ「だからもうちょっと我慢して?」

みほ「ねっ?ねっ?」

まほ「違うのみほ…」

まほ「これは…後悔の涙」

まほ「みほをこうなるまで追い詰めたことに後悔する涙」

まほ「ごめんねみほ…」

みほ「お姉ちゃん…」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 22:13:42.95 ID:XMBWSrD70

まほ「私が黒森峰のときにみほに冷たくしたのは」

まほ「みほを戦車道から遠ざけるためだった」

まほ「でも…違う」

まほ「ただ私はお母様から逃げていただけだった」

まほ「ごめんねみほ…」

みほ「…」

まほ「彫って」

みほ「え」

まほ「みほの名前を私に彫って」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 22:20:01.25 ID:XMBWSrD70

みほ「い…いいの?」

まほ「うん」

まほ「みほに刻んでほしいの」

まほ(これは…戒め)

まほ(私のしたことを忘れないために)

みほ「…わかった」

みほ「彫るね、お姉ちゃん」

みほは器用に針を持ち出した



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 22:26:51.25 ID:XMBWSrD70

まほ「ッ…」

みほ「ご、ごめんお姉ちゃん!」

みほ「でも嬉しいな」

みほ「お姉ちゃんの体に私の跡を残せるなんて」

みほ「お姉ちゃんからして欲しいなんて!」

みほ「もう少しだからね」

みほ「辛抱だよお姉ちゃん」

まほ「…」こく

まほ(やっぱりみほはおかしいままだ)

徐々にまほの胸に文字が刻まれていく



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 22:34:35.87 ID:XMBWSrD70

みほ「……」

みほ「これで…いいかな」

みほ「うん!キレイに彫れた!」

まほ(胸が痛い…)

まほ(みほ…それでも私は姉としてみほを…)

西住みほ

そうまほの胸には刻まれていた

みほ「私上手に彫れたよお姉ちゃん!」

まほ「……うん」

まほ「とても綺麗な字だよ、みほ」

みほ「えへへ」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 22:45:35.63 ID:XMBWSrD70

みほ「手錠外してあげるねお姉ちゃん」

カチャカチャ

みほ「ごめんね…お姉ちゃん」

みほ「私のこと嫌いになったよね」

みほ「だけどね…お姉ちゃんが来て…」

みほ「お姉ちゃんの話聞いてたら我慢できなくて…」

まほ「いいよ、みほ」

まほ(みほがおかしくなったのは私のせいか…それとも元から…?)

まほ(いや…きっと私のせいなんだ)

まほ(どんなみほも受け入れないといけないんだ)

まほ「こんなことでみほを嫌ったりしない」

まほ「私もみほが大好きだから」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 22:54:16.55 ID:XMBWSrD70

みほ「ホント!?」

まほ「ああ、ホント…ッ!」

みほ「大丈夫お姉ちゃん!?」

みほ「痛い?痛いんだよね」

みほ「その痛みで…私のこと忘れないで」

みほ「いつでも私を感じて」

まほ「みほ…」

まほ「ごめん…ごめんね」

泣きながらまほはみほを抱きしめることしか出来なかった



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 22:59:51.33 ID:XMBWSrD70

―数日後―

エリカ「あっ、隊長」

エリカ「おかえりなさい、もう休暇はよろしいのですか?」

まほ「ああ」

エリカ「!どうしたのですかそのおケガは!?」

まほ「…なんでもない」

まほ「大した傷でもないさ」

エリカ「そんな…どう見ても…」

まほ「気にするな、今は大会のことだけに集中しろ」

エリカ「は…はい」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 23:08:57.43 ID:XMBWSrD70

まほ(歩くたびに傷が痛む)

まほ(みほ…私は…)


沙織「みぽりん最近元気だね!」

沙織「なんかいいことでもあった?」

みほ「うん!ちょっとね!」

みほ(お姉ちゃん今私のこと考えてるのかな)

みほ(きっとそうだよね、うん)

みほ「…」

みほ「お姉ちゃんダイスキ」





70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 23:15:02.66 ID:g0ttGHByO

乙乙


元スレ
みほ「お姉ちゃんダイスキ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1359629647/