1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 20:40:48.35 ID:GNa8Tjty0

男「幼馴染っ…幼馴染っ…幼馴染っ…」

隣の家から私の名前を何度も求めるように呼ぶ声が聞こえた。
初めのうちは男くん大きな寝言だと思ってしらんぷりをしていたけれど、
気になって気になって仕方がなかったのでつい外をみてしまった。
カーテンどころか窓も閉めてない部屋には、必死におちんちんをしごいている男くんがいた。

幼馴染「はあ、なにやってるんだか…」

男くんが私をオカズにしていることに特に嫌悪感はなかった。
むしろ隣とはいえ私の部屋まで聞こえてくる男くんの喘ぎ声の大きさに焦りを感じた。
大声で注意してやろうかと考えているうちに、次第に男くんの手の動きが早くなってきた。
ここでおあずけさせてしまうのは可哀想かと思い、そのまま続けさせてあげた。

男「あぁぁぁっ!幼馴染っ、出るっ!」

私は勢いよく白濁液を吐き出すのを見届けると、男くんに気づかれないうちに窓辺から離れ、
特に体がむず痒くなるようなことはなくそのままぐっすり寝た。



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 20:41:45.35 ID:GNa8Tjty0

翌朝、私はいつものように男くんを起こしに行った。

ブザーを鳴らすとおばさんの声がいつも聞こえるのだが、今日は何も聞こえてこない。
不思議に思いもう一度ブザーを押してみたがやはり何も返事はない。
仕方がないので男くんの部屋に回ってみると、昨晩からのままなのか、窓が開きっぱなしだった。

男くんの部屋は1階にあるので、窓さえ開いていれば容易に入ることができる。
私はカバンを先に部屋の中に放り投げて、男くんの部屋に侵入した。

幼馴染「男くーん、朝だよー」

男「んーー… お、幼馴染!?」

幼馴染「おはようネボスケくん」

男「お、おおおお、おはよう…」

昨晩オカズにしたばかりで決まりが悪いのか、寝起き一発目で私の姿を確認した男くんはかなりキョドってて面白かった。
私はというと特に気にしてはいなかった。気にしたってしょうがないから。

幼馴染「ほら、早くしないと学校遅れちゃうよ」

男「お、おう」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 20:43:37.83 ID:GNa8Tjty0

幼馴染は普段からおとなしいが、学校での幼馴染はもっとおとなしい。
特に男子と話しているところなど、ほとんど見たことがない。無論、俺ともあまり話さない。
根暗というわけではなく、女子同士では普通に接している。

幼馴染は可愛い。長い黒髪が綺麗でスタイルもよく、男子から人気が高い。
俺も昨晩は両親がいないことをいいことに、あいつをオカズにこっそり抜いてしまった。
両親はしばらく家に帰ってこない。しばらくはオナニーライフを満喫ができる。
そう思うとむらむらしてしまい、授業中にも関わらず勃起してしまった。

先生「じゃあ、男と○○と××、前に出てこの問題を解いて」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 20:46:00.97 ID:GNa8Tjty0

うちの生徒の9割は部活に参加しているというが、申し訳ないことに俺と幼馴染はこの1割に貢献している。
なので俺たちはいつも一緒に空いた電車で帰っている。
が、今日は隣の駅の高校が完全下校らしく、電車はほぼ満員だった。

男「どうする?乗る?」

幼馴染「早く帰りたいから乗っちゃお?」

男「わかった…」

押して押してようやく2人とも入ることができたが、ギリギリだったので俺と幼馴染の体が密着してしまった。
大きな幼馴染のおっぱいの柔らかさに思わず勃起してしまいそうになったが、この状態ではどうしても幼馴染に感づかれてしまうので、
柔道選手や占い師の顔を思い浮かべて何とか沈めようとした。



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 20:49:21.46 ID:GNa8Tjty0

男くんと体を密着させると、なにやら男くんのおちんちんが少し固くなったようなきがした。
男の子だし無理もないか、と特に気にするつもりはなかったが、男くんはかなり気にしているらしく、真剣な顔で念じているようだった。
その様子がおかしかったので、男くんを少しいじめたくなってしまった。

幼馴染「男くん」

男「な、なに?」

幼馴染「ぎゅーっ」

男「!?」

男くんをきつーく抱きしめると、男くんのおちんちんがみるみる固く、大きくなっていくのをお腹で感じた。
電車の揺れで私の胸が男くんに押し付けられるたびに、びくんと震えるのも感じた。
最初は男くんも抵抗しようといていたが、動くと余計に気持ちよくなってしまうことに気づいたのか、そのうち顔を真っ赤にしてうつむきだした。



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 20:52:45.34 ID:GNa8Tjty0

電車から降りても俺のちんこは一向におさまらず、へっぴり腰で歩いていた。とても恥ずかしかった。

男「さっきは何で急に抱きついてきたんだよ…」

幼馴染「あら、いやだった?」

男「嫌じゃないけど…いや、嫌だよ!」

幼馴染「ごめんね、でも男くんが面白かったから」

何が面白かったのだろうととぼけた事を言いたいところだが、十中八九俺のちんこが面白かったのだろう。
幼馴染にあんまりお下品なところを見せたことがなかったので、とてもショックだった。

幼馴染「まあ落ち込まないでよ、でもほどほどにしときなよ?」

男「ほどほどって、何を?」

幼馴染「何をって…その…今晩もするんでしょ?」

男「」

一瞬で頭が真っ白になった。
すでに昨晩一番下品なところを見られていたのだった。
幼馴染は俺を軽蔑しただろう。そしておそらく今もなお軽蔑続行中である。
家に帰るまでほとんど無言だった。たまに幼馴染が話しかけてきたが空返事しかできなかった。



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 21:39:35.91 ID:GNa8Tjty0

体は正直なもので、夜中になると興奮が抑えきれなくなった。
今までオカズにしてきた幼馴染のおっぱいの感触をたっぷり味わってしまったんだ、しょうがない…
俺はいそいそとパンツを脱ぐと、ちんこをしごき始めた。

男「はぁはぁ、幼馴染ぃ…」

呻く様に幼馴染の名前を呼ぶ。
幼馴染の名前を呼びながらしごくと快感が格段に上がる。これがもうやみつきになってしまった。

男「やわらかいよ…幼馴染…」

夕方のことを思い出しながら自慰にふけった。
部屋の熱気と運動のせいで次第に体が熱くなってくる。
窓を開けて部屋の空気を入れ替え、再びしごき始めた。

男「幼馴染ぃ…はぁはぁ…気持ちいいよう…」

夢中になって自分のちんこをしごき続ける。幼馴染を求める声も知らず知らずのうちに次第に大きくなっていった。



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 22:12:22.51 ID:GNa8Tjty0

男「あっ、あっ、幼馴染ぃ…」

さっき窓をガラッと開ける音がしてから、男くんの声がずっと聞こえている。
またか…。
昨晩はもう出ちゃいそうだったから注意はしなかったけど、今日はそうはいかない。

私自身がオカズになることは特にかまわない、むしろどんどん使ってくれてもかまわないのだけれど、
やはりご近所の目があるし、大声を出されては困る。

窓から大声で注意しようとしたけれど、やはりなんとなく恥ずかしくてどうにもならない。
仕方がないので男くんにメールを送った。これでダメなら勇気を出して大声をあげなければならない。

幼馴染「だからほどほどにしときなさいって言ってるでしょ、っと」

メールを送信してからしばらくすると、男くんの声が止まった。
気づいてくれたみたいだ。
それにしても可哀想なことをしてしまったな。フォローしに行ってあげよう。



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 22:23:00.07 ID:GNa8Tjty0

しごくのに必死になっている最中、突然携帯の着信音が流れた。心臓が飛び出しそうになった。
どうせこんな時間に来るメールなど禄でもないものだと思いながらも、とりあえずメールを見た。

「だからほどほどにしときなさいって言ってるでしょ」

数時間前に注意され、へこんだばかりなのに僕はバカだった。
これは完全に怒っている。そりゃそうだ、2日も連続でオカズにされたのだから。
ちんこは完全に元気を失い、俺自身もまだ出していないのに後悔していた。

他にやることもない、寝よう。
明日、どんな顔をして合えばいいのか分からない。
明日なんか来なければいいのに、などと現実逃避まで始めるようになった。

ふと、コンコンと窓ガラスを叩く音が聞こえた。

幼馴染「男くん、起きてる?」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 22:54:19.24 ID:GNa8Tjty0

幼馴染だ。直接何か言いにきたに違いない。
俺の精神はズタボロだというのに、これ以上何か言われて正気を保っていられる自身がない。
当然寝た振りを続行するほかなかった。
しかし、幼馴染はかまわず部屋にあがってきたようだ。

幼馴染「男くん。その…途中で止めさせるようなことしちゃってごめんね」

男「…」

幼馴染「ご近所さんに聞こえちゃうし、やっぱり大声を出されちゃうと私も困る…」

そこまで大きな声を出していたつもりはなかったが、出ていたらしい。
そりゃあ幼馴染も気づくし、困って当然だった。死にたい。

幼馴染「でもね、別に私を、その…私のこと考えながらしても、私は別に気にしないよ。」

男「!?」

幼馴染「もっと使ってくれてもいいよ」

そんなことを急に言われても頭が追いつかない。
それでも本能的にちんこはおおきくなるし、何よりすごい心臓がどきどきした。



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 22:55:33.78 ID:GNa8Tjty0

俺はベッドから起き上がって幼馴染と向かい合った。

男「幼馴染、ごめん…」

幼馴染「いいよいいよ、男の子だもん。犯罪おかすよりずっと健全だよ」

幼馴染は笑ってくれたが、男の子的にはすごい恥ずかしいことである。
しかし、いざ本人公認となると異様な興奮を覚える。
幼馴染には悪いが、正直さっさと部屋を出て行ってほしかったが、まだ居座るようだ。


幼馴染「男くん、私の何を想像してたの?」

いたずらっぽく俺に聞いてくるがそんなの恥ずかしくて言えるはずがない。

男「何でもいいだろ、あんまり言いたくない」

幼馴染「もしかして帰りの電車のこと?」

俺はこのときどんな顔をしたのかわからないが、
とにかく幼馴染は俺の顔を見るとえへへと笑いながらニヤニヤしていた。



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 22:57:46.67 ID:GNa8Tjty0

幼馴染「これからまたするの?」

男「う、うん…」

幼馴染「そっか、またさっきと同じことを考えながらするつもり?」

男「そ、そうだよ…恥ずかしいから言わせないでよ」

とは言いつつも、ちゃっかりパジャマ越しの幼馴染のおっぱいを凝視していた。
プライドもへったくれもなかった。

幼馴染「そっか。まだ感触思い出せるの?」

男「へ?」

幼馴染「おっぱいの感触、もう一回知りたいかなーと思って」

幼馴染の顔がちょっと赤くなっていた気がした。



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 23:47:25.51 ID:GNa8Tjty0

どうですかと聞かれて、いえ結構ですときっぱり断れるなら、それは紳士か悟りを開いた僧侶だけである。
俺はもちろん断れるわけなかった。
幼馴染はベッドに腰掛けている俺の後ろに回ると、昼間のように「ぎゅー」と言いながらきつく抱きついてきた。
俺は背中でその感触を楽しんでいた。

長い間そうしていたが、突然幼馴染の手が俺のシャツの中に手を入れたかと思うと、
シャツを脱がせてきた。

男「な、なにすんだよ…」

幼馴染「生の方がいいかな、と思って…あ、恥ずかしいから後ろ向かないでねっ」

男「!!」

よく手名づけられた犬のように、俺は後ろを振り向くことはなかったが、
それでも幼馴染が自分のパジャマのボタンを一つずつ外していっているのがわかった。

んっ、と甘い吐息を漏らしながら、幼馴染はついに俺の背中に生おっぱいをくっつけてきた。
先ほどよりも恥ずかしそうに「ぎゅー」と言いながら抱きしめられた。

幼馴染「えへへ、どう?」

男「やばい、我慢できないよ。このまましてもいい?」

幼馴染「え、それはなんかルール違反だよ…」

ちょっと困ったような感じを醸し出していたが、こっちはそんな余裕はもうない。
俺はパンツに手をかけて、そのままおろした。



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/20(日) 23:48:27.30 ID:GNa8Tjty0

ついに全裸になってしまった。
恥ずかしいことは恥ずかしいが、何より興奮のほうがそれをはるかに上回っている。
ふと幼馴染の顔をのぞくと、幼馴染は俺のちんこを見て目をまん丸にしていた。

幼馴染「近くでこんなにまじまじ見るのって初めて…」

男「え、幼馴染彼氏いたことないのか?」

幼馴染「いないよー、だからちょっとドキドキしてる」

男「そうだったのか、俺てっきり…」

男子に人気が高い幼馴染のことだから、すでにこういうことは経験済みだと思っていた。
そしてそれゆえのこのリードだと思っていなのに、全くの見当違いだった。

幼馴染はしばらくちんこを見ながら、すごい、とか、びくびくしてる、とか呟いていたが、
一向に手を出してくれる気配はなかった。やはりオナニーのオカズになるという大前提は崩れないようだ。
それでもこんな状況でオナニーできるだけでも贅沢なのだ。俺はちんこに手を伸ばした。



168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 00:01:57.10 ID:o7je7f3B0

男「はぁ、はぁ」

ちんこをしごき始めた。やはり妄想でするより格段に気持ちよかった。
気持ちよすぎてすぐに出てしまいそうだったのでしごく速度を遅めているが、それでもギリギリだ。
幼馴染のおっぱいの柔らかさに加えて、幼馴染の胸のどきどきを感じるようになると、よりいっそう快感が増した。

幼馴染「ねえ、えっちっぽい声だしてあげようか?」

男「はぁ…はぁ…お願い…」

幼馴染は俺の耳元に口を近づけると、
こそこそ、「気持ちい?」とか、「我慢しなくていいよ」とか、頭がとろけそうなことを延々とささやき始めた。

男「幼馴染ぃ… 幼馴染ぃ…」

部屋にささやき声としごく音だけが響いている。



180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 00:12:45.49 ID:o7je7f3B0

幼馴染はちょくちょく俺の上半身を撫で回していたが、
お腹を一瞬なでられたときに俺が喘いでしまったのに気づくと、
今度はお腹ばかり集中的に撫でてきた。

男「幼馴染、そろそろいきそう…」

幼馴染「いいよ、いつでもいって」

いちいち神経にさわる言葉を発してくる。

耳元では幼馴染の甘い声、やさしくお腹を愛撫してくれる手、そして背中の豊満なおっぱい、
俺はもう限界だった。

幼馴染「はぁ はぁ」

男「あっ、あっ、幼馴染っ、幼馴染ぃぃっ!」


びゅーっ びゅーっ びゅーっ びゅっ びゅっ びゅっ…



199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 00:24:51.85 ID:o7je7f3B0

今までにないくらい濃くて、そしてすごい量の射精だった。

部屋に撒き散らしてもいいや、くらいの勢いだったが、
幼馴染は部屋を汚させまいと気遣ってくれたのか、射精する瞬間にベットに脱ぎ捨ててあった自分のパジャマを取って、
その中に射精させてくれた。
それもおそらく要因のなっていたのだろう。とにかくものすごい気持ちよかった。

男「ごめん、パジャマ汚しちゃって」

幼馴染「気にしないで、私がここに出させたんだから」

流石にそのパジャマを着ることはなかったが、僕の前では精液まみれのパジャマで自分の胸を隠していた。
その様子は実に官能的だったが、もう少し元気が残っているときに見たかったものだ。

その晩はそれで別れて、僕は満たされた気持ちのまま眠りについた。



375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/21(月) 23:53:35.93 ID:o7je7f3B0

別の日。

この日は下校時刻になると急に雨が降ってきてしまった。
俺は折りたたみの傘を持っていたので大丈夫だが、幼馴染はどうか知らない。
姿が見えたいので、おそらく持っていなかったのだろう。先に駅まで走って行ったに違いない。
今日はどうやら一人で帰ることになりそうだ。俺は小さな傘を開いて学校をあとにした。

あの晩から数日経ったが、またあのようなことをしてくれることはなかった。
それでも幼馴染は俺の夜の活動状況をしきりに聞いてくるが、実はあれから一度もオナニーをしていなかった。
またあんなことをしてくれるのではないか、という淡い期待から、その日のために精液を溜めることにしたのだ。
しかしそれを阻害するかのように頻繁に幼馴染の夢をよく見る。夢精してしまわないか大変心配である。

学校から少し歩いたところに小さな店がある。
(よくそこでアイスクリーム等を買うのだが、老いた店主が気まぐれのせいか開店日は不定期である。)
そこで雨宿りをしている幼馴染を見つけた。大方駅に着く前に雨が本降りになってしまったのだろう。
声をかけようと思ったのだが、幼馴染の周りには同じクラスの男子が3人ばかりいて、どうもかけづらい雰囲気だった。



410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/22(火) 00:39:15.76 ID:Sit5WcYp0

イケメン1「あ、幼馴染さんじゃん。どうしたの、こんなとこで?」

幼馴染「あー、傘忘れちゃってね。駅までダッシュしてたんだけど、雨が本降りになってきちゃって」

雰囲気イケメン「ダメじゃんwww」

イケメン2「駅までだけど入れていってあげようか?」

幼馴染「えー、悪いよー」

イケメン2「いいっていいって!」

幼馴染の顔には笑みが浮かんでいたが、どことなく困っているようにも見えた。
俺が幼馴染に近づいていくと、幼馴染は俺の存在に気づいたらしく、助けを求めるかのように俺の名前を読んだ。

幼馴染「あ、男くんー!傘入れてって!」

男「え、俺の傘小さいよ」

幼馴染「つめればいいでしょ、ほら」

グイグイと幼馴染がひっついてくる。わき腹に密着してくる柔らかい感触が懐かしい。
たまらず勃起してしまったが、今日はポロシャツなので悟られることはないだろう。
雰囲気イケメンがうらやましそうに俺を見てくる。ざまあ見ろ

イケメン「あ、じゃあね。幼馴染さん」

幼馴染「また明日ー」




418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/22(火) 01:16:46.79 ID:Sit5WcYp0

幼馴染「いやー、助かったよ男くん。ありがと」

男「なんだ、あいつらのこと苦手なのか?」

俺も正直得意ではないけれど。

幼馴染「うん。ほら、あたしって私立の女子中学通ってたからさ。あんまり耐性が…」

幼馴染は公立の中学校に行った俺とは違い、中学受験をして私立の学校に通っていた。
女子校であったため、彼氏ができてもおかしくないような年でも男子と触れ合う機会がほとんどなかった。
なので、高校でまた一緒になってから唯一親しい男子といえば俺だけなのであった。
それでも俺だってこんなに四六時中一緒にいるのは3年ぶりだったため、正直最初はどきどきしていた。
今はかなり濃ゆい関係になってしまい、それはそれでどきどきするが。

幼馴染「そういえば昨日もまたしてないの?」

幼馴染は俺の一点を見つめながら言った。
ポロシャツで上から隠れていると思ったのにバレバレだった。

男「ああ」

幼馴染「どうしたの?もしかしてもう飽きちゃった?」

どこか残念そうな顔をする幼馴染。そんなにオカズにされてて嬉しかったのだろうか。



670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/24(木) 02:58:45.12 ID:xfHkd6XIO

家に帰るとついに興奮が抑えきれなくなった。
玄関でまずズボンを脱ぎ、廊下を歩きながらポロシャツを脱ぎ、リビングにつく頃には全裸になっていた。
ソファに勢いよくダイブすると竿を握り上下に動かしだした。

男「幼馴染…幼馴染のおっぱい…」

我慢できずにまた幼馴染の名前をつぶやきだす。
俺はあの日のことを思い出しながらオナニーをした。

男「幼馴染ぃ…幼馴染ぃ…!」

幼馴染「ごめん、お邪魔してます…」

突然の声に心臓が止まりそうになった。
見ると、リビングの入り口で赤い顔をして目をそらしている幼馴染が立っていた。

オナニーを見られた。
あの晩だって見られたが、あれはオナニーであってオナニーではない別物だ。今回とは違う。
こちらも羞恥の余り顔を隠した。



673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/24(木) 03:00:31.96 ID:xfHkd6XIO

男「なんで勝手に入ってきてるんだよ」

幼馴染「ごめんね、実は家に入れなくて…」

鍵を家に置き忘れてしまい、そのまま母親が外出してしまっただそうだ。
連絡も取れないし、いつ帰ってくるか分からないので俺の家にしばらくいさせてもらおうと思ったのだという。

男「それでもピンポンくらいしろよ…」

幼馴染「したよ!でも全く返事ないし、まさか死んでるんじゃないかと思って…」

見るといつの間にかインターホンの電源が入っていた。
まわりの音が聞こえなくほど夢中になっていたのだと思うと自分で呆れ返ってしまった。

幼馴染「別にまだ飽きてたわけじゃなかったんだね」

よかった…とぼそっと呟いたのが聞こえた。
本当にオカズにされて嬉しいのだろうか?
そんな幼馴染の姿を再び興奮してきた。幼馴染のむちむちな太ももを凝視しながら竿を上下にさする。



675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/24(木) 03:01:43.56 ID:xfHkd6XIO

幼馴染「あっ…」

突然オナニーを再開したので驚いているようだ。
それと、俺の視線に気づいたのか、スカートを少し持ち上げて太ももをさらに見せ付けてくれた。
ずっと持ち上げる際に力の加減が難しいのか、たまに淡い黄色のパンツがちらちら顔を覗かせる。
その度にちんこがビクン震えた。幼馴染もそれに気づいているようだ。

幼馴染「ねえ」

男「くっ…はぁ…はぁ…なんだ?幼馴染…」

幼馴染「今日は太ももの柔らかさを体感させてあげようか?」

男「!!」

このまま果ててしまうと思っていたが、これは願ってもいなかった展開だ。



677: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/24(木) 03:02:34.18 ID:xfHkd6XIO

幼馴染は床にコロンと寝転がると、足を正常位の時のようにM字に浮かせた。
可愛いパンツが丸見えだ。感触を味わう前にすでに眼福であった。

幼馴染「ほら、おまたの上に頭乗っけていいよ…」

男「い、いいのか?」

幼馴染「恥ずかしいんだからはやく…」

待ってましたといわんばかりに、むしゃぶりつくように幼馴染のパンツの上にダイブした。
もちろんうつ伏せだ。

幼馴染「!? う、うつ伏せじゃなくて仰向けになってもらうつもりだったんだけど…」

ま、いっかと呟くと、俺の顔をぱふぱふと太ももで軽くしめてきた。
負けじと幼馴染のパンツの臭いをかいだり、口をもぐもぐ動かした。
幼馴染はやんっ、とかルール違反だよっ、とか言っていたが、本気で止めるつもりはないらしく、ぱふぱふし続けてくれた。

我慢できずにちんこに手を伸ばす。体だけ横にしてオナニーを再開するが、どうもやりづらい。
それでもこの状況は過去最高なのでやめるわけにはいかない。



679: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/24(木) 03:03:24.16 ID:xfHkd6XIO

しかしやはりこの状態ではしづらく、果てる前に力尽きてしまいそうになった。
ペースダウンしてしまったのは幼馴染もわかっていたらしかった。

幼馴染「男くん、疲れちゃった?」

男「うん、ちょっと…」

幼馴染「この体制じゃね…それにしても男くんおまたばっかりにがっつきすぎだよぉ…」

照れてるのかちょっと怒ってるのか分からない表情だったが、
俺のちんこをますます元気にさせる言動であったのは間違いなかった。

幼馴染「はあ、仕方ない…恥ずかしいけど」

急に何の話だ?と言おうとするが、幼馴染はいつの間にかスカートを脱ぎだしていた。
吃驚して何も言えない所に、顔にスカートを投げられ「こっち見ないでよ?」と言ってきた。
なにやらまだするすると音がする。まさか…
突然俺の太ももの上に幼馴染が乗っかってきた。その瞬間むにゅっとした柔らかい感覚が太ももに伝わる。

スカートを顔からどかすと、そこには何も履いていない幼馴染が俺の太ももにまたがっていた。
残念ながらブラウスとカーディガンが邪魔をして幼馴染の大事なところは見えないが、逆にそっちの方がそそる光景でもあった。



680: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/24(木) 03:04:08.44 ID:xfHkd6XIO

幼馴染は俺の太ももの上で腰を動かし、むにゅんむにゅんと自分の股間を当ててくる。

幼馴染「どう、これ。いい?」

男「やばいよ、すごい柔らかくて…!」

今までにないくらいの速さで竿を上下する。このままではすぐ出てきてしまいそうでもったいないが、
もはやそんなことを考えてる余裕はなかった。
幼馴染の甘い息遣いと柔らかい感触で頭がどうにかなりそうだった。
上気した顔で俺を見下ろしてくる。もしかして少し感じているんだろうか。

ビクン!

竿が震える。出そうであったが何とか堪えて、竿の上下運動を再開する。
これの繰り返しを続けているうちに絶頂がそこまできていた。



681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/24(木) 03:04:58.63 ID:xfHkd6XIO

男「やばい、出る!」

幼馴染「へっ!?ちょっと待って!」

私は突然の出来事であたふた慌てだす。こんなところで出しちゃったら大変なことになっちゃう。
床がドロドロになるだけならまだしも、このままだとソファやテーブルを汚させてしまう。
実際汚すのは男くんだし、だいたいここは男くんちなんだけど…
あたりを見回したがティッシュやタオルは見当たらない。どうしよう、このままでは…

男くんが恍惚とした表情でおちんちんを上下にこすっている。かわいい。
…じゃなくて、こんなこと考えてる場合じゃない!

男「出るっ、幼馴染ぃ…!」

幼馴染「だめっ、まだ我慢してて!」

ぱっと私の前に脱ぎ捨てた自分のパンツが目に飛び込んでくる。
条件反射のようにパッと手に取り男くんのおちんちんにあてがう。

幼馴染「いいよっ、思い切り出してっ」

男「あっ、あっーー!で、出るーっ!」

ビュルルルルルルルルル、ビュルルルルルルル、ビュルル、ビュク、ビュク、ビュク…



682: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/24(木) 03:06:19.67 ID:xfHkd6XIO

幼馴染「うわあ、すごいいっぱい…」

男「はぁ…はぁ…」

また幼馴染の服に射精してしまった。しかも今回はパンツだ。
幼馴染には本当に悪いことをしたと思ったが、反面すごい満足感と達成感があった。

幼馴染はさらに自分のパンツでざっと俺のちんこを拭いてくれた。
こういう心遣いがとても可愛い。また少し大きくなってしまった。
それを見て幼馴染はくすくすと笑っていた。

幼馴染「しばらくは休まなきゃだめだよ?」

俺の太ももの上からようやく離れると、俺の太ももと幼馴染の股の間に糸が引いてるのが一瞬見えた。
幼馴染があわてて手をわしゃわしゃと動かしてごまかしていた。

2回戦を始めようか、という気分にもなってきたが、久しぶりに盛大に出したせいか、睡魔が襲ってきた。
俺はそのまま眠ってしまった。



894: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 01:36:54.28 ID:WJj4ljl8O

目が覚めるとソファの上だった。しかしなぜかズボンを脱いでいた。
いや、逆だ。全裸だったはずなのにポロシャツとパンツをいつの間にか着ていた。
おそらく幼馴染が着せてくれたのだろう。というかそれしかない。
いろんなことであいつにお世話になりっぱなしだ。明日お礼を言っておかないとな。

時計を見ると7時を回っていた。通りで暗いはずだ。
先ほどの激しい運動のせいで汗をすごいかいた。

男「飯食う前に風呂に入るか」

廊下に出るとすぐさま異変に気づいた。いい臭いがするのだ。
おまけにエコーがかかった女の歌い声が聞こえる。
幼馴染だ。
脱衣所に入り、風呂場にいると思われる幼馴染に声をかける。

男「幼馴染?」

幼馴染「ふぇ!?男くん!?」

男「ああ、てっきりもう帰ったと思ったよ」

幼馴染「ごめんね、お母さんもお父さんも今日帰ってこないみたいで… 男くんなかなか起きないから勝手にお風呂借りちゃった」



895: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 01:38:31.66 ID:WJj4ljl8O

可愛いから許すが、お風呂借りちゃった、とはどういうことなんだろう。まさか泊まるつもりなのだろうか。
家に入れないんだから誰かの家に泊まることになるのだろうが
、異性である俺の家でいいのだろうか。
ちなみに俺の両親もしばらくは帰ってこない。なんてベタな展開なんだと思いながらも、内心ドキドキしていた。

幼馴染「あ、男くんもいっしょにお風呂入る?」

思考が追いつかないうちにドアが開いた。
と同時に幼馴染が使おうとしてたと思われる、まだ未使用のタオルが顔に飛んできた。
視界が塞がれているうちに、幼馴染によってタオルをきつく結ばれ、目隠しされてしまった。

男「なにするんだ」

幼馴染「誰も裸見せてあげるなんて言ってないでしょ」

男「俺はどうなんだ!」

幼馴染「私はもっとすごいの見せ付けられちゃったから別に気にしないけど…」

疑問が残るやりとりであったが、そうこうしているうちに服に手をかけられる。

幼馴染「あ、またおっきくなってる!」

何日もしてなかったんだし、あれだけじゃ満足するはずないよね、と微笑みながら先っぽをつんとつつかれた



898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 01:40:12.17 ID:WJj4ljl8O

幼馴染がシャコシャコと俺の頭を洗ってくれている。
当然のように背中におっぱいをおしつけてくれている。そのせいでさっきからちんこがびくんびくんいっている。
その気になれば目隠しを取ることなど容易なのだが、俺がチキンなおかげで目隠しを取ることはなかった。
むしろ今にも股間に伸びようとしている右手を左手でおさえてたので不可能だった。

頭流すね、という言葉のあとに頭にお湯が流れた。
目隠しで水をかぶるというのはいささか恐怖だが、背中をもぞもぞと動かして幼馴染のおっぱいの感触を確認することで堪えることができた。

シャンプーを流し終えたところで、幼馴染が突然俺の前にやって来たのを感じた。
次は体を洗うと思っていたのだが、違うのだろうか。それとも前から洗っていく主義なのか。
勢いよく天井を見上げている息子をまじまじと見られていると思うとやはり恥ずかしい。

シャコシャコとタオルで泡立てる音が止んだ。
さあいつでも来い、と無駄に心構えをした。

しかし幼馴染は俺の膝の上に突然乗っかってきたと思うと、そのまま俺に抱きついた。正面から。

もうなにがなんだかわけがわからなくなった。俺の胸にはおっぱいの感触が、ギンギンな息子には幼馴染の下腹部の感触がした。
そして幼馴染は耳元で囁いた。

幼馴染「お背中お流ししますねっ」

心臓が張り裂けそうだった。
幼馴染の心臓の鼓動の速さもも肌を伝って感じた。



900: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 01:41:36.50 ID:WJj4ljl8O

幼馴染は俺の背中をタオルで撫でる様に洗った。
そりゃあ従来の背中の洗い方と比べたらこうなってしまうのは仕方ないが、いかんせんこの洗い方は心臓に悪い。
ときどき抱擁をとくと上半身の前の方を洗ってくれるが、そのおかげで幼馴染も石鹸でぬるぬるになってきた。
背中を撫でられるたびにぬるぬるおっぱいが俺の胸で暴れるのである。
それでもちんこに刺激を与えられることはない。まさに生殺しだ。

男「なあ、俺もお前の背中洗っていいか?」

幼馴染「ふぇ…!?い、いいよ…」

目隠しされているせいで表情は見れなかったが、すごい恥ずかしそうな声を出していた。
俺の意図していることが分かったのか、俺を洗ってくれているタオルとは別のタオルに石鹸を泡立ててくれた。
それを俺が手に取ると、二人で無言で抱き合い、背中を洗い合った。



902: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 01:42:31.30 ID:WJj4ljl8O

長い時間、二人で飽くことなく背中を洗い合った。
私もだいぶ興奮してきてしまったようで、息が荒くなっていた。
お留守だった男くんの左手は、最初は背中にあったのに、次第に南下して今はお尻を撫でている。
普通なら止めているが、私も理性が飛びかけているのでそんなことはしなかった。むしろもっとそうしていて欲しかった。

男くんの息がさらに荒くなってきた。
私のおなかに違和感を感じたので見てみると、男くんが一生懸命私のおなかにおちんちんをすりすりしていた。
そんなおまたに近いところを責められたせいなのか、はたまた男くんのかわいいしぐさを見たためか、ついに私の理性がぷつんと音を立てて切れてしまい、
次の瞬間には男くんを押し倒していた。

幼馴染「男くん、ここもちゃんと洗わなきゃだめだよ?」

私を体を180度くりんと回転させた。私の前にはおとこくんのおちんちんが、男くんは見えないだろうが目の前には私のおまたがある。いわゆるシックスナインの体勢だ。
持っていたタオルを男くんのおちんちんの上に乗っけて、その上から私の手を置き、動かす。



903: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 01:43:24.07 ID:WJj4ljl8O

男「お、幼馴染!」

幼馴染「ほら、男くんも私の洗ってよ」

男「!!! いいのか?」

幼馴染「はやくっ」

男くんは左手でぺちぺちと私のお尻を叩きながら位置を確認していた。
お尻の割れ目を見つけると、指でつつーと下までなぞりおまたの場所を探していた。私はそのこそばゆさに嬌声をあげてしまった。
ようやく見つけたと思うと、左手で私のおまたを弄り続けている。甘い声が漏れるにストッパーがかからない。

幼馴染「だめっ、男くんっ…洗ってくれないと私も洗うのやめちゃうよ…?」

もちろんそんなつもりなどないけど、こういうときはこう言ってあげるのが一番効くのだ。多分。
男くんはタオルで私のおまたを洗い出した。私も男くんのおちんちんをタオルで洗い続ける。
お互い快感で身を震わせていた。



904: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 01:44:27.10 ID:WJj4ljl8O

幼馴染がこんなことをしてくれるなんて夢にも思ってなかった。
柔らかくてぬるぬるのタオル、それで竿を洗ってくれている幼馴染、下腹部で暴れるおっぱい、そして幼馴染の股間を洗っている俺、
全てが俺を身も心も快感で満たしてくれている。

幼馴染は暇をもてあましている左手で俺の太ももを撫でてくれている。ならば俺もと空いている左手でお尻を撫でた。
幼馴染の尻は程よい大きさで柔らかい。やみつきになってしまいそうなくらいだ。

幼馴染「あんっ、あんっ、きもちいいよ男くんっ、もっと洗ってっ」

かわいらしい喘ぎ声をさっきから止めてくれない。かくいう俺もさっきから喘ぎ声が漏れ出している。
幼馴染はどんな顔をしているのだろう、そしてモザイク越しでしか見たことのない女の股間とはどんなのもなのだろう。
目隠ししているのが悔やまれる。取ってしまえばいいのだが、あいにく両手が塞がっている。
まあこれも目隠しプレイだと思えばそれはそれで興奮するのでよい。



905: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 01:45:12.95 ID:WJj4ljl8O

その内幼馴染の腰のくねりが激しくなった。喘ぎ声も大きくなってきている。

幼馴染「あっ、男くんっ、だめっ」

どうやらそろそろイきそうみたいだ。
洗う手を速めてやると、快感で腰が引けてしまうのか、ひょいと逃げてしまいそうになる。
お尻を撫でていた左手で幼馴染の腰をがっちりロックする。それでも逃げようとしている幼馴染にスパートをかけてやる。

幼馴染「男くんっ わたしっ わたしっ!」

幼馴染も洗う速度をあげてきた。俺も徐々に絶頂がせまってきた。
お互いの息遣いは最高に荒くなっていた。

幼馴染「あん、男くんっ おとこくんっ」

男「幼馴染っ!」

幼馴染「あああぁぁぁぁぁっ!!」

幼馴染はついに腰を痙攣させ始めた。イってしまったようだ。
それでもなお俺は左手でがっちりロックし、洗い続けてやる。

幼馴染「だめっ、ああぁぁっ!」

女はイってる時間が男より何倍も長いという。幼馴染のイキっぷりに俺はもう我慢することができなかった。

びゅるるるるるるるるるるる、びゅるるるるる、びゅるるる、びゅる、びゅる



906: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 01:45:56.40 ID:WJj4ljl8O

また布の中に射精してしまった。クセになってしまいそうだ。
風呂には二人の満足感満ち溢れる荒い息だけが響いていた。

幼馴染「気持ちよかったね」

男「ああ、最高だった…」

幼馴染「でも男くん、まだ大きいまんまだよ」

男「あ…」

幼馴染「もういっかいしよっか?」

そう言いながらこの後に2回やった。
行為が終わったあとの幼馴染は完璧に意気消沈であった。俺と目を合わせてくれない。
おそらく正気に戻ったのか、急に恥ずかしくなってきてしまったのだろう。

幼馴染には俺のTシャツと、中学の時に使っていた体操着を貸してやり、俺の部屋で寝てもらうことにした。
一緒に寝ることを誘われたが、賢者たる俺は暑苦しい夜に二人で寝ることなど考えられなかったので、一人ソファで寝た。



907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 01:46:47.61 ID:WJj4ljl8O

次の朝、幼馴染の両親が帰ってきたらしく、すでに幼馴染は帰る準備をしていた。

幼馴染「男くん、いろいろありがとね」

男「いや、それはこっちのセリフだよ」

幼馴染「っ!」

幼馴染の顔がかぁと赤くなった。本当に可愛い奴だ。

幼馴染「それと、謝らなきゃいけないことがあるの…」

引き続き顔を真っ赤にしながら、俺と目を合わせずに小さな声で言った。

幼馴染「その…男くんの枕汚しちゃった…」

俺はその晩、枕を使って床オナをした。



922: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 02:19:54.60 ID:WJj4ljl8O

終わりです。
この後にセックスさせてやりたかったけど、残りレス的に無理でした。

1週間もの間読んでいただきありがとうございました。



930: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 02:34:05.78 ID:ZJEyamQg0

世話になった
>>1



958: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/06/26(土) 10:38:53.26 ID:TOL5czxGO

胸が熱くなるエロさだな
おつかれ


元スレ
幼馴染「いいよ、オカズに使っても」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1277034048/