過去作




SS速報VIP:グリP「胸キュンをプレゼント?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443977876/



1: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 01:57:57.14 ID:cR/TkHyI0


アイドルマスターミリオンライブ!のSSになります。

以前に同じタイトルで投稿し、後半も書くと予告したのですが諸事情により難しくなったため、

得手勝手ではありますが、一度完結させていただきます。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443977876




2: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 01:58:59.92 ID:cR/TkHyI0


グリP(以下P)「急になんの話ですか、音無さん」

小鳥「以前言ってましたよね?最近、アイドルのみんなの仕事が増えてきて頑張っているから、なにかご褒美をあげたいって」

P「えぇ。少し前じゃ考えられないくらい忙しくなって、コミュニケーションも全員と十分には取れていませんから。少しでも労をねぎらってやりたくて」

小鳥「すばらしい心がけです、プロデューサーさん。そこで胸キュンプレゼントですよ!胸キュンプレゼント!」

P「春香に怒られますよ…あと、もう少し俺にも分かるように説明をください」

小鳥「プロデューサーさん、壁ドンって知ってますか?」

P「えぇ、一時期話題になったやつですよね。男が女の子を壁際に追いやって逃げ場をなくす、みたいな」

小鳥「少し認識がズレている気がしますが、概ねその通りです。
そこで今回!壁ドンのような女の子が思わずキュンとしちゃうような行動を!
プロデューサーさんにはアイドルのみんなに対してやっていただきます!!」




3: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 01:59:44.49 ID:cR/TkHyI0


P「…誰が?」

小鳥「プロデューサーさんが」

P「…誰に?」

小鳥「アイドルのみんなに」

P「…何を?」

小鳥「胸キュン必至の行動を。…ってプロデューサーさん、難聴系主人公じゃないでしょう。
聞こえてますよね?」

P「貴女の言っていることが理解できなかったんですよ。それよりも、壁ドンとかってイケメンとか、好意を寄せてるヤツにやられてこそ
嬉しいんじゃないですか?だったら、冴えない俺なんかより、俳優つかまえて企画組んだほうがアイドル達も喜ぶんじゃないですか?」

小鳥「はぁ…これだから鈍感系主人公は」

P「なんですか、さっきからそのなんとか系主人公っていうの」

小鳥「そんなことはどうでもいいんです!」

P「えぇ…理不尽…」




4: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:00:30.53 ID:cR/TkHyI0


小鳥「というか、プロデューサーさんには拒否権がないんですよねー」

P「は?」

小鳥「実は、今日スケジュールに余裕のある娘に、『プロデューサーさんが渡したいものがあるらしいから事務所に来てほしい』って旨のメールを送っておいたんです♪」

P「えっ」

小鳥「当然プレゼントなんてまだ用意できてないプロデューサーさんは、代わりに胸キュン仕草をプレゼントするしかありません♪」

P「…マジですか」

小鳥「マジです♪」

P「……」

小鳥「大丈夫ですって!みんな、プロデューサーさんのことを慕ってるんですから!
しかも、普段より距離を詰めてみることで新しい一面を発見できるかもしれませんよ?」

P「…気は進みませんがこれもアイドルプロデュースの一環だと思ってやってみましょう」

P(気持ち悪がられたりしたら、立ち直れないな…)

小鳥「はい♪あとこれ、胸キュン仕草をリストアップしておきましたから、目を通しておいてください。
場所は会議室を使ってください。アイドルが来たら通しますから」




5: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:00:56.29 ID:cR/TkHyI0


ガチャ

小鳥「来ました!1人目のアイドルが来ましたから、早く会議室に入ってください!」

P「ちょっ、まだ心の準備が」

小鳥「人生とは常に不十分な手持ちの材料で乗り越えていくものです!あと!胸キュン仕草には自然な振る舞いから持ち込んでくださいね!」

P「いやっ、無茶ブリにもほどがっ」

小鳥「さっさと入るっ!」バタン




6: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:01:27.65 ID:cR/TkHyI0


翼「おっはよーございま~す!!あれ?小鳥さんだけ?プロデューサーさんは?」

小鳥「翼ちゃん、おはよう。プロデューサーさんなら会議室にいるわよ。なんでもプレゼントは、二人っきりで渡したいんですって♪」

翼「わぁ~!なんかドキドキしますね!それじゃあ小鳥さん!いってきま~す♪」

ガチャ

翼「おじゃましま~す、あっ、プロデューサーさんいた~!」

P「お、おう翼、おはよう」

P(翼か…じゃあコレにするか)




7: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:01:57.76 ID:cR/TkHyI0


翼「あれ?その手に持ってる用紙なに?あっ、もしかして新しい私の衣装ができたとか!?」

P「残念ながら違うな、まぁ立ち話もなんだから座るか」

翼「な~んだ、違うのか~。じゃあじゃあっ、プロデューサーさんの隣失礼しま~す♪」

P「いや、普通に正面に…いや、こっちのほうが都合がいいか」

翼「??」

P「いや、何でもない。あー、最近仕事のほうはどうだ?」

翼「えー、仕事の話~?小鳥さんから、プロデューサーさんが渡すものがあるって聞いたから来たのに~」ブーブー

P「まぁ、そう言うな。みんな仕事が増えてきて、現場につきっきりってこともできなくなってきたしな。これもいい機会だ。翼、アイドルは楽しいか?」

翼「う~ん、最初はみんなから注目されたいな~とか、モテたいな~って感じで、
アイドル始めたんですけど」

P「今はどうなんだ?」




8: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:02:28.96 ID:cR/TkHyI0


翼「すっっごい楽しい!」

翼「ダンスも歌も楽しいし、可愛くてかっこいい衣装も着られるし、友達もいっぱいできたし!ホント、アイドルやってよかった!」

P「…そうか、その言葉だけで、プロデューサーやってて良かったって思えるよ」

翼「うんうん!私も、プロデューサーさんが私たちの、私のプロデューサーさんでよかった!」

P「……..」

翼「……..?」ニコニコー




9: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:03:01.73 ID:cR/TkHyI0


P「…こんにゃろ」クシャクシャ

翼「わっ、もうそんなふうに乱暴に髪を触られたら髪型崩れちゃうよ~、ふふっ♪」

P「お前が恥ずかしいこと言うからだ」クシャクシャ

翼「あ~っ、プロデューサーさん照れてる~、可愛い~♪」

P「まだ言うか」クシャクシャ

翼「わ~♪」

P「……」ピタッ

翼「?? やめちゃうの?」




10: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:03:30.44 ID:cR/TkHyI0


P「…まぁ、俺も、翼のプロデューサーでよかったよ」ナデナデ

翼「........」

翼「えへへっ、顔がにやけちゃう、えへへへっ」

翼「…ねぇ、プロデューサーさん」ポスン

P「ん?」ピタッ

翼「私、絶対、ぜぇ~ったいトップアイドルになるから、それまでずっと、私のこと見ててね?」

P「......」

P「あぁ、当たり前だろ」ナデナデ

翼「えへへっ♪」




11: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:04:13.48 ID:cR/TkHyI0


髪クシャ…ふいに髪の毛をくしゃくしゃとなでること。



12: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:04:44.74 ID:cR/TkHyI0


翼「ん~、なんかすっごい満足しちゃった!ありがとね!プロデューサーさん♪」

P「いや、お礼を言われることでもないな。それより悪かったな、髪型くずれちゃっただろ」

翼「全然いいですよ~、むしろ、ペットみたいに可愛がられてる感覚で新鮮でした!」

P「なら、いいんだが」

翼「…ねぇ、プロデューサーさん」

P「ん?」

翼「また今度、良かったら今回みたいに二人っきりで甘えさせてね…ダメ?」

P「……」

P「その聞き方はずるいだろ...いいよ」

翼「えっへへ、女の子はずるい生き物なんですよ~♪
じゃあ、ダンスレッスンに行って来まーす♪」

P「あぁ、いってらっしゃい」

ガチャ   バタン




13: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:05:14.86 ID:cR/TkHyI0


小鳥「すごく乙女してましたね、翼ちゃん♪」

P「どこから見てたんですか…」

小鳥「まあまあ♪普段より距離を縮められたんじゃないですか?」

P「まぁ…確かに翼の本音を聞けて良かったですね」

小鳥「よろしい♪じゃあそろそろ次の娘が来る時間なので準備してくださいね?」

P「なにを準備すればいいんだか…」

ガチャ




14: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:05:56.20 ID:cR/TkHyI0


ひなた「おはようさん」

小鳥「あら、ひなたちゃんおはよう」

ひなた「おはよ、小鳥さん。えと、プロデューサーさんはおらんのかい?」

小鳥「プロデューサーさんなら会議室にいるわよ。プレゼントの準備でもしてるんじゃないかしら?」

ひなた「それは楽しみだなぁ。それじゃ行って来るべさ」

小鳥「はーい♪」

ガチャ

ひなた「プロデューサー、いるかい?」

P「おう、ひなた。おはよう」

ひなた「ん、おはよ、プロデューサー」

P「まあ、座ってくれ。あ、正面じゃなくて隣に座ってくれると助かる」

ひなた「そうかい?したっけ失礼するなぁ」

P「失礼なんてことないけどな」

ひなた「言葉のあやってやつだべさ」

P「それもそうか。それで本題なんだが…ん?




15: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:06:50.71 ID:cR/TkHyI0



ひなた「?? どうしたんだべさ、プロデューサー?」

P「いや、ひなた、少し元気ないか?」

ひなた「体調が悪いってほどじゃないけど、エアコンが少し苦手なんだわ」

P「そういうことならすぐに言ってくれ。じゃあエアコン切って、窓を開けるか」

ひなた「い、いいよぉ。したらプロデューサーが汗かいちゃうべさ」

P「いいんだよ、そんなの気にしなくて」

ひなた「んだけど…」

P「ひなた」

ひなた「!なんだべさ…?」

P「ひなたのそうやって周りを気遣えることはとってもいいことだ」

ひなた「うん…」

P「だけどな、自分を二の次にすることなんかない」

ひなた「……」

P「親元離れて1人で上京してきて、不安なこともいっぱいあっただろ」

ひなた「…うん」

P「どんな些細なことでも、困ったことは言ってほしい」

ひなた「…うんっ」





P「俺は、お前のプロデューサーなんだからな」ポンポン




16: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:07:49.56 ID:cR/TkHyI0

ひなた「!アタシ、もっと甘えていいんかい?」

P「当たり前だろ」

ひなた「わがまま言っちゃうかも知れんよ?」

P「お前はわがまま言うようになるくらいがちょうどいいさ。
わがまま娘を何人担当してると思ってんだ、1人くらい増えても変わらない」

ひなた「えへへ、それもそうだねえ」

ひなた「……」

ひなた「…早速なんだけど、お願いしてもいいかい?」

P「俺にできることならなんでも」

ひなた「あのぅ…」

P「うん」

ひなた「…ざ……ら」

P「すまん、もう1回」

ひなた「!膝枕っ、してほしいべさ...」





17: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:08:24.16 ID:cR/TkHyI0

P「……」

P「そんなことか、いいよ、ほら」ポンポン

ひなた「…いいんかい?」

P「なんでひなたが逆に引いてるんだよ、俺が恥ずかしくなる」

ひなた「じゃっ、じゃあ失礼して…」

P「……」

ひなた「......」

P「……」ナデナデ

ひなた「…!」ピクッ

P「すまん、嫌だったか?」

ひなた「いやっ、ちょっとびっくりしただけだべさ。…続けてもらっていいかい?」

P「もちろん」ナデナデ

ひなた「……」

P「……」ナデナデ

ひなた「...すぅ……すぅ…」

P「…いつもお疲れさま、これからも一緒に、頑張っていこうな」





18: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:08:51.86 ID:cR/TkHyI0


頭ぽんぽん…頭をぽんぽんと優しく叩き励ますこと。



19: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:10:02.75 ID:cR/TkHyI0


ガチャ

小鳥「寝ちゃいましたね、ひなたちゃん♪」

P「貴女は一体どこから見て…いや、それはもういいです。次の娘はすぐに来たりするんですか?出来れば、ひなたを起こしたくはないんですが」

小鳥「それは大丈夫です、さっき、プロデューサーさんは仕事の事情で少し事務所を離れているから、予定より少し遅く来てってメールしましたからっ」

P「無駄に準備がいい…まぁ、そういうことなら心配いりませんか」

小鳥「はいっ♪では、ひなたちゃんと和やかな時間を♪」




20: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:11:04.03 ID:cR/TkHyI0


小鳥「さて、次に来るアイドルは…あら、電話?はい、こちら765プロダクションです、って律子さん?どうしたんですか...
ってまたあずささんが迷子!?はい、はい、すぐにプロデューサーさんを向かわせます…じゃなくてっ!
プロデューサーさんは今事務所を離れられないので、私が向かいますね!では、また後で!」

小鳥「困ったわ…こんな時に事務所を離れないといけないなんて…まぁ、カメラは稼働中なワケだし、あとで確認すればいいわよね!
ということで、あとから来るアイドルのみんなに書き置きだけして…よし!行ってきまーす!」




21: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:11:41.14 ID:cR/TkHyI0


P「…なんだか電話があったみたいだけど、大丈夫なのか?」

ひなた「んむぅ、、」

P「あ、悪いひなた。起こしちゃったか」

ひなた「…えへへ、おはようさん、プロデューサー」

P「うん、おはよう。よく眠れて…はないか」

ひなた「ううん、そんなことなかったよぉ。プロデューサーの膝の上、とっても心地良かったべさ」

P「……うん、」

P「それならよかった。これからどうする?今日はホントならオフだっただろ」

ひなた「うん、でも、プロデューサーから元気をもらったから、レッスンにでも行ってくるよぉ」

P「そっか、そんなに頑張りすぎるなよ」

ひなた「そんときは、プロデューサーが甘えさせてくれるんでしょや?」

P「…もちろん」

ひなた「えへへっ、じゃあなんにも心配ごとなんてないべさ、いってきまーす」

P「いってらっしゃい」





22: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:12:38.36 ID:cR/TkHyI0


P「さて、次は誰が来ることやら」

P(というか、翼もひなたもプレゼントのことに関してはあまり言及してこないけどいいのか?)

P(また今度、なにかあげるか)

???「おはようございまーっす!ってあれ?小鳥さんもプロデューサーさんもおらへんやん!
せっかく言われた通り時間つぶしてきたのに~!」

P「この声は…」

???「あっ、なんか置き手紙ある、なになに…迷子になったあずささんを探しに行くために、ちょっと外します。
プロデューサーさんは、会議室にいます…っているんやないですか~!」

ガチャ

P「今日も元気だな…」



P「奈緒」

奈緒「ハイッ!おはようございます、プロデューサーさんっ♪」




23: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:13:17.76 ID:cR/TkHyI0


奈緒「小鳥さんから聞いたんですけど、プロデューサーさん、私にプレゼントがあるらしいやないですか~!
も~、プロデューサーさんったら太っ腹やなぁ!」

P「あぁ、その話なんだけど…って、その手に持ってる袋はなんだ?」

奈緒「あっ、すっかり忘れてましたわ~!これな、最近めっちゃ美味いって評判のたい焼きなんですよ!
プロデューサーの分も買って来たんで食べましょ食べましょ~♪」

P「ありがとな、いただくよ」

奈緒「ほな、立って食べるのもなんやしプロデューサーさんの横、失礼しますね~」ボスンッ

P「……奈緒」

奈緒「うん?どないしたんですか?」

P「その、な。お前、今日はミニスカートなんだから、もう少し気を使ってだな…」

奈緒「!!!」

奈緒「......…その、見え、ました?」

P「いや……その、下着は見えてない、」

奈緒「下着は、ってことは太ももとかギリギリのとこまで見られてるやんか~!は、恥ずかしぃ~!!」

P「...すまん」

奈緒「な、なんでプロデューサーさんが謝るんですかっ、悪いのはこっちやし…」




24: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:14:18.85 ID:cR/TkHyI0


P「......」

奈緒「......」

奈緒「あ、あーっ!せっかく買ってきたんやしっ、早よ食べましょっ!なっ、プロデューサーさん!」

P「……うん。そうだな、いただきます」

奈緒「うんうんっ、あんことカスタード、買ってきたんやけどどっちがええ?」

P「じゃあ、あんこのほうをもらうな」

奈緒「じゃっ、私はカスタード~♪んむっ、んん~!このたい焼きホンマに美味しいわ~!」

P「ホントだ、評判になってるだけあるな」

奈緒「あんこもええな~。プロデューサーさん、一口もらうで~、はむっ」

P「あっ」

奈緒「ん~!あんこも甘すぎず絶妙やな!って、プロデューサーさん、どないしたん?」

P「いや、、なんでもない」

P(女子高生の間ではこのぐらいのスキンシップは普通なんだろうか…)




25: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:15:06.51 ID:cR/TkHyI0


奈緒「あっ!プロデューサーさん、もしかして人に自分のもの食べられるの嫌いなタイプやった?
うわぁ~、勝手に食べても~たぁ~!」

P「別に大丈夫だ、」

P「……」

P「いや、間接キスとか、最近の娘は気にしないんだな。俺の自意識過剰だったみたいだ」

奈緒「間接キス……?」

奈緒「......」

奈緒「!!!」カァァァァッ

奈緒「あっ、あっ、ゴメンなプロデューサーさん、私、そんなつもりなくて、えっとやな…」

P「…いや、俺も無神経だった、悪い」

奈緒「......」

P「……」




26: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:15:56.03 ID:cR/TkHyI0


奈緒「あっ、あーっ!プレゼントッ!そういえば、プロデューサーさんからプレゼントもらってへんなー!
なっ、なんなんやろ、めっちゃ楽しみやなーっ!!」

P(…この雰囲気でやらないとダメなのか、、プレゼントを用意してなかった自分が恨めしい、)

奈緒「全自動たこ焼き器とかやったりして!いや、もしくは大穴で温泉ロケとか!?ほらほらプロデューサーさんっ、早よ言わんとハードル上がっていきますよ~!」

P(やるしかない…か)

P「よし」スッ

奈緒「??急に立ち上がってどないしたん?」

P「えーと、奈緒も立ってくれ」

奈緒「???あっ、立たへんと渡されへんもんとかそういうことやな!
え~っ、ますます分から...」スッ

グイッ

奈緒「えっ、、」

ドンッ

P「……」




27: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:17:21.68 ID:cR/TkHyI0


奈緒「えっ、ちょっ、ぷ、プロデューサーさん…?」

奈緒(えっ、えっ、えっ、ちょっ、顔ちかっ、これって壁ドンってヤツやんな、なんでこんなことになっとるん…)

P「……」

奈緒「も、も~、イヤやなぁ~、プロデューサーさんもっ、こんな気障なことして~。
似合わへんで~?」

P「……」

奈緒「ちょっ、ちょっと、なんでそない黙っとるん...」




P「奈緒」

奈緒「!!」

奈緒(うわっ、もうなんか顔も熱い、こんなん顔赤なっとんバレバレやし、心臓もドクンドクン言ってる)

P「いつもそうやって、無防備な姿を俺に見せてくれるけどな…」

スッ





P「俺だって、男なんだぞ…?」ボソッ

奈緒「ッッ!!!!」

奈緒(あっヤバいもう頭くらくらしてきたぜんぜん考えられへん)

P「奈緒…」クイッ

奈緒(あっ、あご持って、上向かされて、顔近い、このまま、キス、されるんかな)

奈緒(もう、どうでもええか…)



P「…悪い、度が過ぎたな」

奈緒「……ぇ?」




28: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:18:36.55 ID:cR/TkHyI0


~事情説明中~

P「―――ということが、今回の経緯なんだ」

奈緒「はぁ.........ハァッ!?」

P「!!!」ビクッ

奈緒「いやいや、フザケんでくださいよ。乙女の純情弄ぶマネしといて『これがプレゼントです』はないやろっ!!」

P「いや、、その通りだ。返す言葉もない」

奈緒「いーや、プロデューサーさんはなんにも分かってへん!いいわ、その性根私が叩き直したる!本気のいくで、目ぇつむりぃ!!」

P「ッ……」グッ

P(そりゃ、当たり前だよな。小鳥さんにハメられたとはいえ、奈緒には悪いことをした…)

P(……やけに遅いな、それだけ力をこめたのが来る、、)

P「!!」

奈緒「んっ……ぷはっ」

奈緒「――んふふ、な?本気の1発だったやろ?」

P「、、、」




奈緒「…本気にさせたんはPさんやからな」ボソッ

P「! 奈緒、」

奈緒「じゃっ、おおきにPさん、また明日からよろしくな~!」

バタン

P「……マジか、、、」




29: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:19:04.57 ID:cR/TkHyI0


壁ドン…異性を壁際に追い詰めて手を壁にドンと突く行為のこと。

あごクイ…相手の顎に手を添えて軽く引き、顔を自分に向けること。




30: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:20:23.70 ID:cR/TkHyI0


@後日

翼「プロデューサーさ~ん、また髪をワシャワシャ~って撫でてくださいよ~!
できたら、二人っきりがいいなぁ~、ダメぇ?」

未来「つ、翼!?またって何!?しかも二人っきり!?」

静香「ぷ、プロデューサー!ちょっとお話しがあります!!」



ひなた「プロデューサー、また、膝枕してくれるかい?
プロデューサーの匂い、なまら落ち着くんだわ」

亜利沙「ひなたちゃん!?そっ、そのプロデューサーさんとの膝枕の件、詳しく教えてください!!」



奈緒「なあなあPさん、今日の仕事終わりに時間あるか?よかったら2人でご飯行かへん?
めっちゃ美味しいお好み焼き屋さん見つけたんよ~」

風花「あ、あれ?奈緒ちゃん?プロデューサーさんのこと名前呼びしてたっけ?」

杏奈「なんか…心なしか…距離も、近い……」

奈緒「ん?ん~、なんちゅうかなあ、ちょっと本気でプロデューサーさんのこと射止めたろかな―思て」

風花「え!?」

杏奈「ライバル……」

風花「杏奈ちゃん!?」

P「…こんなことになるとは」




31: ◆FYwWevSszQ 2015/10/05(月) 02:24:10.07 ID:cR/TkHyI0


以上で一旦完結となります。

同じような話で瑞希、麗花、朋花を登場させようと考えております。いつになるか分かりませんが...

ヒマつぶしにでも読んでいただけたら幸いです。では。



33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/05(月) 02:47:19.94 ID:hVVPi3Pj0

おつでしたー


元スレ
SS速報VIP:グリP「胸キュンをプレゼント?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443977876/