前作



1: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 19:15:28.79 ID:DjCwHd7d.net

花陽「.....?」

凛『かよちん!かーよちんっ!』

花陽「...!」

凛『かよちん、大好きにゃ!』

花陽「......!!」

凛『ほら、おいでかよちん!』タタッ

花陽「.....!」コクッ

凛『ほら、かよちん』

『はやくはやく!』

花陽「......?」



穂乃果『花陽ちゃん、こっちおいで!』


ーーー
花陽「ーーーっ!!」ガバッ

花陽「........あ.....夢.........」


わたしって、まだ

凛ちゃんのことを、諦められてないのかな。



2: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 19:19:00.04 ID:DjCwHd7d.net

わたし、小泉花陽です。

凛ちゃんに、振られました。

凛ちゃんは、前に穂乃果ちゃんに告白されたって言ってました。

.......それで、凛ちゃんと穂乃果ちゃんは無事に.........


わたし、凛ちゃんが穂乃果ちゃんのところに行っちゃったら...。


どうすれば、いいんだろう......。


パコンッ!

花陽「~~~ッぅう!?」ヒリヒリ

にこ「なぁーにボーっとしてんのよっ!」



5: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 19:26:09.67 ID:DjCwHd7d.net

にこ「ほら、もう練習よ!」スタスタ

花陽「は、はぁーい!」タタッ


「かよちん!かーよちんっ!」


花陽「え、へっ!?うぇ!?」ビクッ

凛「かよちん!一緒に行くにゃ~♪」

花陽「あ、凛ちゃん...!う、うん...っ!」


穂乃果「2人ともー!」タタッ

花陽「っ...」ビク

凛「あ!穂乃果ちゃん!」パァ

にこ「ちょっとぉ!2人じゃないわよっ!にこを抜かないでくれるっ?」

穂乃果「えへへ、ごめんごめん。あ、あのね凛ちゃん、今度ーー...」

凛「え?あっ、あれ?大丈夫!穂乃果ちゃんは?」

穂乃果「うん、私はもちろん行けるよ!じゃあ10時にね...」


花陽「.........あ、...」


...だってだって、2人は付き合ってるんだよ?

こんなこと、ごく普通のことで、当たり前で、いつもの事で...。

......。


「穂乃果ちゃん!」



7: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 19:31:38.58 ID:DjCwHd7d.net

穂乃果「ん?あ、ことりちゃんに海未ちゃんっ!」

凛「おっはよーにゃ!」

花陽「あ......っ」

ことり「えへへ、お菓子作ってきたよ。はい!」

海未「さっきからいい匂いがして堪らなかったですよっ」フフッ

穂乃果「お菓子!?やったぁ~~!ありがとうことりちゃーん!」ダキッ

花陽「......。」

ことり「もちろんみんなの分もーー」チラッ

ことり「......。」

花陽「...こ、とりちゃ.....。」

ことり「......あーっ!こめんねみんな、ことり、花陽ちゃんと衣装の相談してくるから...。」ダッ

花陽「...え?ちょ、ことりちゃっ!?」ズルズル

ことり「~♪」タッタッ



8: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 19:36:44.51 ID:DjCwHd7d.net

階段

花陽「...こ、ことりちゃん?衣装の相談って...」ハァハァ

ことり「ごめんね、花陽ちゃん...。それ、ぜーんぶウソっ!」テヘッ

花陽「.....え、えぇ!?じゃあなんで...」

ことり「えへへー。...花陽ちゃん、寂しそうだったから...。」

花陽「......さ、寂しそう?」


ことり「......花陽ちゃんって、凛ちゃんのこと好き?」

花陽「ぇへえっ!?そ、そりゃあ好きだよっ?」

ことり「ちーがーうーのー!そうじゃなくて、なんか、愛したる♡みたいな...。」

花陽「あ、ああああい.....っ///」ボッ


花陽「.........う、すき...。だよ。愛してる...。」ボソボソ

ことり「きゃあっ♡」

花陽「何がしたいノォッ!?//」カァァ



9: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 19:46:08.20 ID:DjCwHd7d.net

ことり「......いま、穂乃果ちゃんと凛ちゃんが付き合ってるのは、知ってるでしょ?」

花陽「あ......うん」ズキ

ことり「そかそか♪じゃあ話は楽だね!」

ことり「......いま、この話してて...辛くなったでしょ?」

花陽「...え、あーーそ、んな.....」

ことり「嘘つきっ♪」ツンツン

花陽「う、嘘なんて...。」


ことり「......ことりに、全部話してほしいな。」

花陽「.........ことりちゃんは?」

ことり「え......」

花陽「ことりちゃんは、どうなの......っ?」



10: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 19:58:17.17 ID:DjCwHd7d.net

ことり「......え、何が?」

花陽「...こ、ことりちゃんは、穂乃果ちゃんのこと...好きだったり.....。」モジモジ

ことり「う、うあーー.....もしかしてことりってわかりやすいかなぁ...?」カァァ

花陽「えっ?あっいや、花陽はちょっと勘が冴えてるだけっていうか...あっ、自慢じゃないよっ...?あの、だから別にみんなにバレてるわけではないと思う...よ?!」アワアワ

ことり「そ、そう...?......えへ、実は、ね...?ことり、穂乃果ちゃんのことが...好きなの...」

花陽「あ...っやっ、やっぱり?」エヘヘ

花陽「.....じゃっ、じゃあね?」スッ


花陽「........ことりちゃんは、辛くないの...?」

ことり「..........。」



11: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 20:11:05.61 ID:DjCwHd7d.net

ことり「.....ううん。全然!」

花陽「えぇっ!?でも、好きなひとが他の人と付き合ったりしたら...辛いと思うのに...,」

ことり「あっ、それってつまり、花陽ちゃんは辛いってことだね?やっぱりそうだったんだぁ♪」

花陽「あっ...//は、話そらさないで...っ//!」

ことり「えへへ、ごめんごめん...。」

花陽「こほん...。それで、なんで...ことりちゃんは、辛くないの?」

ことり「...んー。なんでだろぉ?ことりもわかんない♪」

花陽「えぇっ.....!気になるよぉ...。」

ことり「うーん...。でもね。」

ことり「ことりは、穂乃果ちゃんの幸せを願ってたから。」

花陽「......穂乃果ちゃんの...。」

ことり「うん。...大好きな穂乃果ちゃんには、幸せになってほしい...。」

ことり「たとえ、穂乃果ちゃんのその『幸せ』の中に、ことりがいなかったとしても...。」

花陽「......!」

ことり「.........え、えへへ。なんてね?嘘だよ♪」

花陽「...っえ、嘘なのっ!?えぇ~~」



12: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 20:22:04.15 ID:DjCwHd7d.net

ことり「んよーし!そろそろ練習行かなきゃ!にこちゃん達に怒られちゃうよぉ♪」タタッ

花陽「えっ!あ、ちょっ!?まってぇ~~~」ダッ

屋上

穂乃果「ことりちゃんの花陽ちゃん、遅いねぇ~」ヂューッ

にこ「ほんっと、やる気ないんじゃないのっ!?」プンプン

凛「うーん、どうしたのかにゃ~~」ヂューッ

海未「こらっ、あなた達!まだ休憩じゃありませんよ!」パンパン

穂乃果「うええ~~はい~~!」アセアセ

にこ「そ、そんなこと分かってるわよぉーっ!」アセアセ

凛「よっし!頑張るにゃぁ~~!!」スクッ

希「元気やねぇ」クスッ


海未「......」

ことり「はぁ、はぁ、遅れましたぁっ」ハァハァ

花陽「うぅ...遅れました...!」ゼェゼェ

にこ「あぁーっ!遅いわよあんた達!」

絵里「何してたのよ...」

ことり「えへへ♪ちょっと衣装の相談が...。」

穂乃果「あ。そういえばそんなの言ってたかも...。」テヘッ

真姫「あんたねぇ...。聞いてたなら教えなさいよ...」



14: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 20:27:37.03 ID:DjCwHd7d.net

凛「さびしかったにゃ~~かよちーん」ギュッ

花陽「.....えへへ、ごめんね凛ちゃん...。」

ことり「......。」



一年の廊下

花陽「ふぅ...。ん?ことりちゃん?」

ことり「えへへ、花陽ちゃん、いいかな?」.


ことり「今日、練習の時に花陽ちゃん、凛ちゃんに抱きつかれてたでしょ?」

花陽「ん?...あ、うん...。」

ことり「あの時、なんかまた寂しそうな顔してたよ?」

花陽「え......。あ.........あの、ね...?」

ことり「......うん...」



15: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 20:36:46.59 ID:DjCwHd7d.net

花陽「あの時、思ったの...」

花陽「凛ちゃんは寂しかったって言ってたけど......『...本当に?』...って」

花陽「本当に、寂しかったのかなって...。」

花陽「ついさっきまで、穂乃果ちゃんと仲良く話してたし......。」

花陽「きっとこれからはもう、穂乃果ちゃんがいればそれでよくなるんじゃない?......って」

花陽「...それで、花陽はいらなくなっちゃうんじゃな......い...かなっ...て........。」

ことり「......。」

花陽「............わたし、あろうことか、凛ちゃんを疑った....んだ.........。」


ことり「......大丈夫。」

花陽「ーーっ何が!?」バッ

ことり「それってつまり、凛ちゃんの幸せを願ってることになるよ?」

花陽「...へ?」

ことり「凛ちゃんは私がいなくても寂しくなくなっちゃう、とか...。凛ちゃんの幸せを考えてるからこそ思ったんじゃないかな...。」

花陽「.....そ、うかも...?」

ことり「...ふふ。だったら、ことりと花陽ちゃんは一緒だよ。」ギュッ

花陽「...っ一緒?」ドキ

ことり「うん、一緒。...だから、大丈夫。」

ことり「......それに、ことりは何にも...」ボソ

花陽「...?ことりちゃんいま何て...」

ことり「ん?何にも言ってないよ?...じゃあ、そろそろ戻るね♪ありがとう!」タタッ

花陽「あっ、う、うん...」



16: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 20:40:19.47 ID:DjCwHd7d.net

ーー放課後ーー

花陽「凛ちゃん、一緒に帰ろうっ!」タタッ

凛「あ、かよちん...!ごめんにゃ、今日は.....」チラッ

穂乃果「凛ちゃぁーん!」ブンブン

花陽「ーーあ、そっか...。」ズキ

凛「...ご、ごめんね。明日は一緒に帰るにゃ!ばいばーい!」タタッ

花陽「...うん。ばいばい!」


花陽「.....っ...」ジワ...

海未「花陽、今日は一緒に帰りませんか?」

花陽「っ!...う、海未ちゃ...?」ゴシゴシ

海未「.....。」ニコッ



17: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 20:50:10.79 ID:DjCwHd7d.net

花陽「ど、どうしたの?一緒に帰ろうなんて...」

海未「...いえ、少し話したいことがありまして。」


海未「......突然ですが私は、穂乃果のことが好きです。」ザアッ

花陽「......え、そ...」ドキッ

海未「...ですが、ことりも穂乃果が好きなんです。...多分、ことりから聞いているとは思いますが。」

海未「そして花陽は、凛のことが好きなのでしょう?」

花陽「えっ.....あ、う、うん...//」

海未「ふふ...。では花陽、今のことを聞いて、どう思いましたか?」

花陽「え?今のって...」

海未「私とことりが、同じ人ーー穂乃果を好きだということです。」



18: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 20:59:07.58 ID:DjCwHd7d.net

花陽「......仲良くしてるのが、すごい?」

海未「...そうですか。.....まぁ、同じ人を好きになると、ギスギスしそうですよね。」

花陽「うん...」

海未「でもこれが、私達にとっては普通...。なんですよね。」

花陽「......普通?」

海未「ええ。......私は、穂乃果のことが好きです。ですが、同時にことりのことも好き...。」

海未「きっとことりも、そう思っているはずです。...自分で言うのもなんですけど」

花陽「.....そう、なの...?」

海未「はい。私達にとっては、これが普通です。」

海未「.....というか、同じ人を好きになれるなんて、すごくないですか?」

花陽「すごい......?」

海未「だって、親友で、お互いのことが好きで、それでもまだ同じ気持ちを持っている......」

海未「素敵な事だと思います......。」



19: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 21:16:42.88 ID:DjCwHd7d.net

花陽「.........。」

海未「同じ気持ちを分け合うことは、同じ気持ちを持っている人にしかできないでしょう?」

海未「...ですから、花陽と同じで凛のことが好きな穂乃果とも、向き合ってみたら...」

海未「同じ気持ちをわかりあえるでしょう...?」

花陽「......!」ウルウル

海未「...花陽。いつまでも自分だけで考えていてはいけませんよ。」ナデナデ

海未「......あ、ちなみに...。ことりは、すごく悲しんでたんですよ?穂乃果と凛が付き合ったこと。」

花陽「...えっ!?そ、そうなの?」バッ

海未「...いや、ちょっと違いますね。ことりは、凛の背中を押していたんですよ。」

花陽「...あ、保健室行ってたのってそれ...?」

海未「ええ。....きっと、耐えきれなかったんです。」

海未「自分の気持ちを抑えて、凛の気持ちを押してあげて。」

海未「きっとそれが穂乃果にとっての幸せになると思ったのでしょう...。ことりは本当に、強くて優しい子です...。」

花陽「...うん...っ」

海未「...ですが、穂乃果と凛が付き合ったときは少しも悲しんでいませんでした。」

海未「穂乃果の幸せの為には、自分は最高の笑顔で祝福しなければならない...そう思ったんでしょう。」

花陽「.....ことりちゃんって、すごい...。」



21: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 21:20:20.38 ID:DjCwHd7d.net

海未「でしょう?そう思ってもらえて嬉しいです。」

花陽「......ありがとう、海未ちゃん。」

花陽「今日はもう、帰ろう!急いで!」タタッ

海未「...!ええっ」タタッ

花陽「...海未ちゃん、私、明日ことりちゃんに言わなきゃいけない事がある!」タッタッ

海未「.....そうですか。では私は...」タッタッ

花陽「......応援、しててくれる...?」タッタッ

海未「当たり前ですよっ!」タッタッ

花陽「...えへ、ありがとう!じゃあねっ...!また明日!」タタッ

海未「ええ!それでは...」

海未「......強くなりましたね、花陽も」



26: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 21:28:42.27 ID:DjCwHd7d.net

ーー次の日ーー

2年の廊下

花陽「......ことりちゃん、ことりちゃーん...」ボソボソ

クラスメイト「...ん?南さん、呼んできてあげよっか?」

花陽「え、あ、あ......お、お願い...します......」ボソボソ

クラスメイト「うんっ」タタッ


ことり「花陽ちゃん!ごめんね、気づかなくって...ん?」

花陽「...はぅあ.........」ズルズル

ことり「だ、大丈夫...?」


(チェックはしますが、誤字脱字あったら教えてください)



28: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 21:37:36.97 ID:DjCwHd7d.net

ことり「なぁに?話って」

花陽「あ、あのね...。ことりちゃんって、本当に穂乃果ちゃんのことが好きなんだね...。」

ことり「当たり前だよぉ!好きな人ってだけじゃなくて、親友でもあるんだから!」フンス

ことり「でもなんで、急にそんなことを?」

花陽「へへ...。いや、ことりちゃんって、穂乃果ちゃんのためにいっぱい頑張ってたんだってわかったから」

ことり「...えっ、それってまさか...」

花陽「え?あ、海未ちゃんにたくさん教えてもらったんだけど...。」

ことり「ぴあぁぁあああぁぁぁあぁ!!///」ジタバタ

花陽「ぴゃあっ!こ、ことりちゃん!?」ビクゥ

ことり「う~~~~~...海未ちゃんの裏切り者ぉ...///」カァァ

ことり「...きっと、保健室のこととか聞いたんだよね...?//」

花陽「あ、うん...」

ことり「うああああ///うみちゃんのばかぁぁぁ!!」ジタバタ



29: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 21:42:16.90 ID:DjCwHd7d.net

花陽「えへへ...。でも、海未ちゃんには本当に感謝してる。」

ことり「....へ?」

花陽「だって、ことりちゃんの強いとことか教えてくれたし、それに...私に勇気をくれた。」

ことり「え...?」

花陽「...まぁ、ということで...ことりちゃん...。」



花陽「私と、付き合ってくれませんか?」


ことり「.........え...っ」



30: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 21:46:24.67 ID:DjCwHd7d.net

ことり「ちょ...っちょっと待って!?こ、ことりと...なんて?!」

花陽「付き合ってくださいっ」

ことり「うええ!?う、嘘じゃないよねっ!??//」

花陽「うん、嘘じゃないよ」

花陽「海未ちゃんの話を聞いて、ことりちゃんのこと...なんだか、ね?」

花陽「ことりちゃんの幸せを、私と共有したいなって思ったの...。」

ことり「ふ、ふえぇえ...っ」

花陽「えへへ、こういうのもいいでしょ?」


花陽「...いちおう私もまだ、凛ちゃんに後ろめたさはあるけど...。」

花陽「それでも、今はことりちゃんの幸せを願ってるから...だからこそ」

花陽「ことりちゃんの隣で、ことりちゃんの幸せを願っていたいんだ。」

ことり「...っ!」

花陽「...だめ、かな?」



32: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 21:50:42.50 ID:DjCwHd7d.net

ことり「.....まって、なん、か...」フルフル

ことり「...泣いちゃい、そ......で.....っ」ポロポロ

花陽「...!ふふ」

ことり「ありがとう...こんなことりを......」ポロポロ

ことり「...ことりも、花陽ちゃんの幸せを隣で願っていたい......っ!」ポロポロ

花陽「!じゃあ......」


花陽「付き合って、くれますか?」


ことり「........っはい...っはいっ.....!!」ボロボロ

花陽「えへ.....うれ、し...っあれ.....」ポロポロ

花陽「あは......花陽も...っ」ポロポロ

ことり「花陽ちゃん...っ」ボロボロ

花陽「ことりちゃんっ...」ポロポロ



33: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 21:52:19.16 ID:DjCwHd7d.net

ことぱな「大好き、だよ.....っ!」ギュッ



おわりかもしれんよ



34: 名無しで叶える物語 2017/12/18(月) 21:54:34.64 ID:DjCwHd7d.net

「お月様」を回収してなかった...これは重大なミス


ここまでやんでくださってありがとうございます。
前のやつ
↓ ↓ ↓ ↓
凛「太陽のあなたに」


これも読んでいただけたら、このSSをより楽しめると思います。
また続編書くかもです。ではさよならっ


元スレ
凛「太陽のあなたと」  花陽「お月様のあなたが」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1513592128/