SS速報VIP:果南「グッバイマイマリー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514056596/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 04:16:36.65 ID:y5zO4xUg0

鞠利の大学卒業と同時に内浦から東京に出てきてはや2年の月日が流れた


そして都会の乗り換えも慣れた6月の正午

今年のラブライブの派手な中吊り広告をボーッと流し込んでいた

駅から2分自動施錠のワンルーム
ドアを開けるといい匂いが漂っていた

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514056596




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 04:17:06.49 ID:y5zO4xUg0

今日はパスタか……!

鞠利が茹で上げたパスタはいつも決まって柔らかいけれど好きだ、なんか好きだったんだ

お互いお金がなくて
よく行った500円の飲み放題
薄めで頼んだレモンハイ、たった2杯でほっぺ赤かった
酔っ払った鞠利はとても可愛かった、デザートはツマミになるんだって得意げに2つ頼んでた

首都高は私たちに見向きもしないまま、流れて
同じように季節も流れてた




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 04:18:02.18 ID:y5zO4xUg0

果南「鞠利、結婚しよう」
鞠利「かな~ん??そのためにはちゃんとお金貯めなきゃね?」
果南「もう!!そんな現実的なことじゃなくて気持ちで答えてよ!鞠利!」
鞠利「イッツジョーク♩」

なんてやり取りは日常茶飯事
でもそろそろ本気でしたいと思ってる、じゃなかればなんのために内浦から駆け落ちしてきたんだ

今日は仕事も軌道に乗り始めたし、真面目に将来の話でもしてみよう




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 04:18:32.62 ID:y5zO4xUg0

果南「鞠利!ただいまー!」

あれ?いない?


ずっと一緒にいたいと思ってたんだ、でも思っていただけだったんだ、どういうことかわかんなかった

合鍵で開けても鞠利はいなかった。

私の荷物がまとまり、手紙が置いてあった




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 04:21:20.39 ID:y5zO4xUg0

どうしたらよかった?

そんなこと私にはわかってた、鞠利にもらったものだけ持っていた

寝る前に必ず化粧を落としてた鞠利のことだ。きっとしっかりゴッソリ私のことも綺麗に落としてくれているんだろう

ストロー噛むようにイライラしてばっかりの
私の小ささが私を見離した

結果次第だって思ってたのに、あと1年で変わってたのに
果南「もうどうしたらいいかわかんないよ……」

今日も合鍵で開けても鞠利はいなかった

「イッツジョーク♩」って出てくる気がしてやまなかった



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 04:22:05.16 ID:y5zO4xUg0

私が写真を見ている間に鞠利は
結婚しちゃったりするんだろうか?

隣になぜか花束とタキシードで決め込んだ、私がいるんじゃないかって思ってしまっている




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 04:22:41.40 ID:y5zO4xUg0

もうちゃんとしようと思ってたんだ、でも思っていただけだったんだ

どうしたらいいか本当はわかってたんだ
合鍵をポストに入れて去ったんだ

「ありがとう、さよなら」と書かれた手紙は持って帰らなかった



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 04:23:47.46 ID:y5zO4xUg0

果南「ありがとうは私のセリフだよ、鞠利。
そしてグッバイマイマリー」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/24(日) 04:24:21.69 ID:y5zO4xUg0

終わりです、クソ駄文ごめんなさい


元スレ
SS速報VIP:果南「グッバイマイマリー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514056596/