SS速報VIP:女の子「僕はサンタクロースを信じている!」~建設的なサンタクロース存在論~
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514127994/



1: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:06:34.93 ID:7P1BiQGz0

約6000文字

ジャンル……雑学多めのほっこり系?

────

────────

クリスマス前

男の子「お前、小学生にもなってサンタ信じてるのかよ!」

女の子「?」

小学校の帰り道、同じクラスの男の子が変なことを言って話しかけてきた。

男の子「学校でサンタに何を頼むか話してたけどさ、サンタなんていないんだぜ!」 

どうやら友達とクリスマスプレゼントの話をしていたのを、聞かれていたみたいだった。

女の子「サンタさんいるよ? 毎年プレゼントもらってるよ?」

男の子「バカだな。サンタのふりして親がプレゼントを用意してるんだよ!」

女の子「信じてない子はプレゼントもらえないから、男の子君の所には来てないだけなんじゃ?」

男の子「あっそ、じゃあサンタがいるって証明しろよ! 証拠をだせ! 証拠!」

女の子「……」

わたしは黙ってしまった。証拠なんてない。

男の子「ほら一生懸命考えてみろよ。どうせないけどね!」

女の子「……そうだ! 証拠ならある!」

わたしは去年のクリスマスを思い出した。

男の子「へえ、言っとくけど、町でサンタの恰好してる人を見たってのは無しだぜ!」

男の子「あれも普通のおっさんが、白髭つけて赤い服着ているだけなんだからな!」

女の子「違うよ、ビックリするんだから!」

男の子「ほ~ん」

女の子「わたし! 外国のサンタからもらった手紙を持ってる!」

わたしは自慢げに言った。

男の子「ぷはは、そんなもん証拠になるかよ!」

女の子「なんで?! ちゃんと英語だったよ?」

男の子「英語なんて大人なら書ける人いるだろ!」

女の子「ちゃ、ちゃんと、こーにん?のサンタクロース協会から来てて、外国の郵便局のハンコもついてた!」

男の子「だ~か~ら、そんなの外国に手紙を出して、外国の大人が英語で手紙を返せばいいだけだろ!」

女の子「!?」

男の子「公認だか協会だか言ってるのだって、本当はサンタのフリだけで、空飛ぶソリも赤い鼻のトナカイもいないんだよ!」

女の子「……」

男の子「終わりか? やっぱりサンタがいる証拠はないんだろ。サンタなんていないんだよ!」

確かにそうかもしれない。証拠なんてない。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514127994




2: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:08:12.96 ID:7P1BiQGz0

女の子「で、でもお母さんは──」

男の子「お前の母ちゃんは嘘ついてるんだよ!」

女の子「っ!?」

女の子「……」

お母さんが嘘つくなんて考えたこともなかった。

お母さんはいつも言ってた。

嘘をつくのはいけないことだって。

お母さんはいつも言ってた。

良い子にしていればサンタさんが来てくれるって。

お母さんは──

男の子「!?」

男の子「お前、泣いてるのかよ!?」

いつの間にかわたしの瞳からは涙が溢れていた。

女の子「……おっお母さんは……うっ嘘つきなんかじゃないぃ……」

男の子「」

男の子「な、泣いたって何も変わらないぞ!」

男の子「サンタがいる証拠はない。サンタなんていないんだ」

女の子「……うぅ……」

男の子「と、とにかく、そういうことなんだからな!」

男の子「じゃあ、俺こっちだから」

男の子はそう言うと逃げる様に、さっさと帰っていった。

女の子「……」

女の子「……」

女の子「……帰ろ」

────────

────



3: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:10:43.31 ID:7P1BiQGz0

────

────────

男の子と別れてから、ずっと考えながら歩いていた。

やっぱりサンタさんはいないのかな。

サンタさんがいる証拠なんてない。

あの手紙も誰かがサンタさんのフリして書いたものなのかな。

じゃあやっぱりお母さんも嘘をついていたのかな。

世の中の大人はみんな嘘をついているのかな。

だとしたら、わたしは──

女の子「!」

わたしはいつの間にか信号のない交差点を、左右も見ずに渡りだしていた。

?「危ない!」

誰かの腕がランドセルを背負っている肩を掴み、歩道に引き戻された。

そしてわたしが歩こうとしていた場所を車が通り抜けた。

危なかった。

わたしは顔をあげて、助けてくれた誰かの顔を見上げた。

女「ちゃんと見て渡らないと危ないよ」

10代後半ぐらいのきれいなお姉さんだった。

女の子「……」

女「?」

この人だ。わたしの悩みの答えをくれる人は。

大人は嘘をついてるのかもしれない。

子供では答えが分からない。

大人でも子供でもないこの人なら、きっとわたしに答えをくれる。

女の子「……」

女「どうしたの?」

そう思ったらお礼を言うのも忘れて、たずねていた。

女の子「……サンタさん……」

女「ん?」

女の子「サンタクロースはいるんですか!?」

女「えぇ!?」

────────

────



4: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:13:01.52 ID:7P1BiQGz0

────

────────
女「どうして急にサンタクロースがいるのか、なんて聞いたのかな?」

わたしはお姉さんに連れられて、近く公園のベンチに座っていた。

女の子「さっき──」

わたしはお姉さんに全部を話した。

男の子にサンタさんがいないって言われたこと。

わたしはいると思っていたこと。サンタさんがいる証拠がないこと。

大人は嘘をついているのかもしれないこと。

大人でも子供でもない人なら答えを教えてくれると思ったこと。

女「なるほど、それで僕なんだね」

僕? 女の人なのに???

女の子「はい。いきなりごめんなさいです」

女「いいさ、初対面でこんな面白い質問されたのは初めてだ」

女の子「それでサンタさんはいるんですか?」

私は早く答えが欲しかった。

女「そう焦らないで、僕の答えを聞く前に答えてほしい」

女「これは僕なりの答えで、君の答えにはならないかもしれない。それでもいい?」

女の子「お姉さんの答えが、わたしの答えにはならない???」

女「僕の答えで君は納得してくれるかもしれない。でもその男の子は納得しないかもしれない」

女「かもしれないばかりで申し訳ないけど、世界には答えが一つだけの問題は少ないんだ」

初めは男の子に言い負かされて、悔しかった気持ちが大きかった。

でも今は少し違う。

見ず知らずの子供の話を、真剣に聞いてくれる優しいお姉さん。

このお姉さんが、いったいどんな答えをもっているのかすごく気になった。

女の子「それでも、お姉さんの答えが聞きたい」

女「わかった」



5: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:16:29.37 ID:7P1BiQGz0

女「結論から言おう。僕はサンタクロースがいるって証明できない」

女の子「! それじゃサンタさんはいないの?」

女「そうじゃない。同様にサンタクロースがいないっていう証明もできない」

女の子「どういうことなの?」

女「勘違いしやすいのだけどね」

女「君は言っていたね。サンタさんがいる証拠が無いと、でもだからと言ってそれがいない証拠にはならないんだ」

女「同様にいない証拠がないことが、いる証拠にはならないんだ」

女「だから結論は、サンタクロースはいるかもしれないし、いないかもしれない」

女の子「えっと?」

なんだかふわっとした答えだった。

本音を言うとサンタクロースがいるという、しっかりとした証拠が欲しかった。

女「なんだか期待外れって感じだね」

女の子「え!? その……はい、ちょっぴり」

女「じゃあこれはどうかな?」

女の子「?」

女「僕はサンタクロースがいたっていう証拠を知っている」

女の子「え!?」

いる証拠はないけど、いた証拠はある!?



6: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:18:43.26 ID:7P1BiQGz0

女「君は最も有名なサンタクロースの起源」

女「言い換えると最初のサンタクロースじゃないか、と言われている人が居たことは知っているかな?」

女の子「しらないです」

女「彼は聖ニコラウスと呼ばれた神父さんだったんだ。お墓も残ってる」

女の子「セントニコラウスさん? サンタクロースさんじゃないの?」

女「聖ニコラウスは大雑把に西暦300年くらいの人だからね」

女の子「今は西暦2017年だから1700年前の人?」

女「そうだね。そんなに昔だから当然、テレビもカメラも印刷機もない」

女の子「じゃあどうしていたってわかるの?」

女「口から口の口頭で伝える。本に書いたものを書き写す」

女「そうして人から人へ伝えられているうちに、訛っていったんだろうね」

女の子「……セントニコラウスさんがサンタクロースさんになった」

すごい。

すごい。

すごい。

サンタさんは本当にいたんだ。

女「そうだね。さてこの人が何故サンタクロースになったのかというと」

女の子「うんうん!」

女「貧しい家の煙突にコインを投げ入れたんだ」

女の子「煙突!」

女「そしてたまたま干してあった靴下にコインが入った」

女の子「靴下!」

女「彼はそれを何回も誰にも気づかれることなく、コッソリと行っていたみたいなんだ」

女の子「物語のサンタさんと同じだね!」

女「最初のサンタクロースだからね」



7: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:22:30.35 ID:7P1BiQGz0

女の子「あれ……でも待って……その人はもう死んじゃってるんだよね」

女「そうだね」

女の子「……じゃあ今のサンタさんは? それに空飛ぶソリとか、赤い鼻のトナカイもやっぱり嘘なの?」

女「彼のお話にはまだ続きがある。彼は奇跡を起こしたという伝説があるんだ」

女の子「奇跡?」

女「船に乗っているときに嵐にあって、船が沈んじゃいそうになったとき」

女「天気を操って船を守ったんだ」

女「そして溺れて死んでしまった人も、蘇らせたという伝説がある」

女の子「……」

女「いくら何でも信じられないって顔してるね」

女「でもこれも証明の話と同じなんだよ。奇跡が起きたっていう証拠はないけど、起きなかった証拠もない」

女の子「うーん?」

女「もし、もしもだよ。奇跡が本当に起こっていたとする。すると天気を操ったり死者を蘇らせたりしたんだから」

女の子「!」

女の子「空を飛べたかもしれないし! 赤い鼻のトナカイと友達だったかもしれない!」

女「ふふ、そうだね」

女「彼は生きている間は、誰かの笑顔のために働いていたんだ」

女「なら死んでしまってからも、もしかしたら子供たちの笑顔のために、またコッソリ働いているのかも」

女「空飛ぶソリで赤い鼻のトナカイも連れてね」

女の子「……」

そうかもしれない。

人を蘇らせることができるのなら、クリスマスの夜だけ自分が蘇って働いているのかもしれない。

でも。



8: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:26:12.74 ID:7P1BiQGz0

女の子「……それは奇跡を信じたらっていう話だよね?」

女「そうだね。君は奇跡を信じる? いや正確にはどちらを信じたい?」

女の子「……どっちを信じたいか???」

女「そう。人間はみんなきっと、信じたい方を信じているんだ」

女「神の子が死んでから蘇ったっていう奇跡。預言者が神の声を聴いたという奇跡とかね」

女「本当かどうかはわからない。でもみんな信じたいことを信じているんだ」

女の子「……信じたいことを信じる」

女「誰かを傷つけたり、困らせたりしない限り、それはみんなもってる権利なんだよ」

女「日本の一番大切な法律にもそのことは書かれているしね」

女の子「……そうなんだ」

わたしは何を信じるのか?

じゃなくて、何を信じたいのか?

女の子「……わたしサンタさん信じる!」

女「そう」

女の子「だってサンタさんいたほうが楽しいし、面白いから!」

女「そうだね。きっとそうだ。それに世界には君と同じ考えの人がたくさんいたのだろう」

女の子「どうして?」

女「だって、そうでしょ。つまらない話を、人から人に何回もすると思う?」

女の子「あ!」

女「サンタクロースがいたらいいな」

女「サンタクロースみたいに、誰かを笑顔にしたいなってみんな思っているんだ」

女「最初のサンタクロースが死んじゃった後ずっとね」

女「だからクリスマスになると赤い服を着たり、プレゼントを配ったりする人がいるんだよ」

女「仮に奇跡が起きてなくて、サンタクロースも空飛ぶソリも赤鼻トナカイも嘘だったとしても」

女「サンタクロースがいたらいいなって、思っている人がたくさんいることは事実だよ」

女「きっと君のお母さんもね」

女の子「うん! ありがとうお姉さん!」



9: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:27:59.55 ID:7P1BiQGz0

そうだ。

お母さん。

私はベンチから立ち上がった。

公園でかなり時間を使ってしまった。

早く帰らないと、きっと心配してる。

女の子「ごめんなさい。お姉さん。わたし帰らなくちゃ」

女「そう。送っていこうか?」

女の子「大丈夫」

私は公園の出口に向かって歩き出そうとする。

女「待って! 最後に必殺技を教えてあげよう」

女の子「必殺技?」

女「また男の子にサンタクロースはいないって言われた時の必殺技だよ」

そういってお姉さんは、子供のようにニヤリと笑った。

────────

────




10: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:29:36.23 ID:7P1BiQGz0

────

────────

クリスマス当日 女の子の家

わたしの枕元には、綺麗なリボンの巻かれたクリスマスプレゼントがあった。

ベットから飛び起きて、プレゼント箱を抱えて母のいる台所へ走った。

女の子「お母さん! サンタさんが来てくれた!」

母「あら良かったわね。でも朝は、まず最初におはようでしょ」

女の子「おはよう。お母さん」

母「はい。おはようございます」

母「あら、プレゼントまだ明けてないの? いつも朝一番に開けてたのに?」

女の子「う、うん。お母さんと一緒に開けたくて」

母「そう。ちょっと待ってそっちに行くから」

お母さんが台所から料理を中断して、こちらにくる。

そして二人でプレゼント箱のリボンを丁寧にほどいていく。

女の子「……お母さん」

母「な~に?」

女の子「ありがとう」

母「?」

母「リボンをほどいてるだけなのにどうしたの?」

女の子「なんとなく言いたくなったの」

母「???」

お母さんは私の「ありがとう」の意味をよくわかってないみたいだった。

そしてわたしもなんで「ありがとう」って言いたくなったのか良く分からなかった。

────────

────



11: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:32:51.26 ID:7P1BiQGz0

────

────────

一方その頃 男の子の家

男の子「母ちゃん! 俺のクリスマスプレゼント無いのだけど!?」

母ちゃん「はぁ? アンタ貰えると思ってたの?」

男の子「なんで!?」

母ちゃん「母ちゃん聞いたんだよ」

男の子「?」

母ちゃん「アンタが女の子を泣かしてたのを、ベランダから見たって近所の人にね」

男の子「」

母ちゃん「はぁ~、情けない。情けない。女の子は泣かす。サンタは信じてない。いらないでしょアンタには」

男の子「そんな母ちゃん!?」

男の子「俺、サンタ超信じてる。信じてるから」

母ちゃん「……いまので確信した。アンタ何もわかってない」

男の子「?」

母ちゃん「サンタ信じてないのは問題じゃないの。女の子を泣かしたことが問題なの!」

男の子「!」

母ちゃん「きちんと反省するまでプレゼントはおあずけだよ!」

男の子「そんな~、母ちゃん」

母ちゃん「黙らっしゃい!!!」

母ちゃん(自分で女の子に謝るまでお預けだよ!)

母ちゃん(あまり時間がかかる様なら、拳骨して無理矢理にでも謝らせるからね!)

────────

────




12: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:35:58.18 ID:7P1BiQGz0

────

────────

クリスマス後 学校の教室

「プレゼント何だった?」「アタシはテディベア」

教室の中はクリスマスプレゼントの話題で持ちきりだ。

わたしも教室の椅子に座り、話に加わる。

男の子「だっせー、サンタなんてまだ信じてるのかよ」

来た。

場の空気が一気に悪くなる。

男の子「サンタがいるって証拠を出せよ。証拠は出せないだろ。サンタなんていないんだよ」

わたしは立ち上がって、男の子に向き合う。

今だ。

必殺技だ。

勇気を出すんだ。

お姉さんはなんて言ってた。

女の子「君はサンタのいる証拠を出せ出せっていうけど、なら君はサンタのいない証拠は出せるのかい?」

男の子「うっ」

周りのサンタを信じてる子たちも、一斉に声を挙げる。

「そうだよ!」「いないっていうなら証拠だしなさいよ!」「証拠!」「証拠!」

なんだかお姉さんみたいな話し方になってしまったが、なんとか言えた。

男の子「うぅっ」




13: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:37:48.73 ID:7P1BiQGz0

ここでさらに畳み掛ける。

女の子「サンタのいない証拠の出し方、教えてあげようか?」

男の子「あるのか!」

食いついた。お姉さんすごい。

女の子「まずこのクラスでクリスマスプレゼントを全員分、誰からもらったか正確に調べる」

男の子「ふむふむ」

女の子「次はこの学校全体を調べる」

男の子「え!?」

女の子「さらに次は日本中のクリスマスプレゼントを調べる」

男の子「ええ!?」

女の子「さらにさらに次は世界中の──」

男の子「無理に決まってるだろ! そんなの!」

女の子「そうだね。まず無理だね」

男の子「ぐぬぬぬ」

お姉さんが言ってた。これは悪魔の証明だと。

女の子「いる証拠はない。でもいない証拠もない」

女の子「だから結論はサンタクロースはいるかもしれないし、いないかもしれないだよ」

男の子「ぐぬぬぬぬ」

男の子「なんだよ、お前ら、何ムキになってんだ」

女の子「……」

周り「……」

そうだね。ムキになっているね。

だって

わたしは

いや

僕は


女の子「僕はサンタクロースを信じている!」~建設的なサンタクロース存在論~

終わり

────────

────

読んで頂き本当にありがとうございました。




14: ◆2oYpLZIXqc 2017/12/25(月) 00:40:34.90 ID:7P1BiQGz0

タイトル詐欺しました。すみません。

存在論は存在とは何かを考えるものであり、特定の事物が存在するかどうかは含まれません。

正確な意味よりタイトルのインパクトをとりました。

また神の子、預言者、ニコラウス、日本国憲法、悪魔の証明なども適当に書いてます。

間違いがあれば申し訳ありません。特定の宗教を侮辱する意図もありません。


よろしければこのお姉さんがヒロインのSSもどうぞ

女「君も僕の体がほしいのかい?」男「えっ!?」~私と僕と欲張りショートケーキ~
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498900345/


女「どうせ若い女が好きなんでしょ!?」男「」~私と僕と欲張りショートケーキ2~
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499434314


ちなみに小説は思う様に書けてません。

読んで頂き、重ねてありがとうございました。


元スレ
SS速報VIP:女の子「僕はサンタクロースを信じている!」~建設的なサンタクロース存在論~
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514127994/