SS速報VIP:安部菜々「大宮サンセット」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514325493/



1: ◆Spitz/dbKQ 2017/12/27(水) 06:58:14.16 ID:p2Z72T7I0


いわゆるモブ視点です。苦手な方は注意してください。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514325493




2: ◆Spitz/dbKQ 2017/12/27(水) 07:00:00.72 ID:p2Z72T7I0

 
俺の恋人はかわいかった。嘘でも、誇張でもない。
なにしろおっぱいは大きかったし、身長はちっちゃかった。笑った時や怒った時、トレードマークのポニーテルがぴょんと跳ねた。

でも、それを知っているのは俺だけだった。

アニメが好きなこと。部屋がとっ散らかっていること。酒を買うとき、2回に1回は年齢確認をされること。

そういうことも含めて、彼女のかわいさを知っているのは俺だけだったのだ。




3: ◆Spitz/dbKQ 2017/12/27(水) 07:01:18.32 ID:p2Z72T7I0

 
 比較的大型の駅の、へんてこなモニュメントの前。
 いつものように、彼女はその小さな体を丸めて立っていた。

「待った?」

「いえ、さっき来たばかりですから」

 そう言いながら、手をすり合わせるのをやめた彼女の耳は真っ赤だった。
 ういやつめ。きっと、仕事が終わってから約束の時間までずっとここにいたのだろう。

「ほら、お詫びのしるし」

 そう言って、さっき買ったばかりの暖かい缶の紅茶を手渡してやる。
 彼女はミルクティーが好きなんだけど、最近はカロリーを気にしだしていたから、きっとこれでよかったはずだ。

「あぁ、あったまりますねぇ」

 にぎにぎと手を温めて、それからプルトップを開けた彼女は、中身に一口口をつけてからほう、と息を吐いた。

「じゃ、行こうか。菜々」

「はい」

 俺達のデートは、いつもこんな感じで始まった。
 夏には冷たい飲み物を。冬には暖かい飲み物を。春と秋には俺の軽い謝罪から。

 兎角、彼女は時間よりも早い時間にいた。そんなことを今でも覚えている。




4: ◆Spitz/dbKQ 2017/12/27(水) 07:02:51.24 ID:p2Z72T7I0

 
 葉っぱの抜け落ちた木の、そのみすぼらしくなった体にグルグルと電飾が巻かれている、そんな季節。
 俺たちは外のきらきらとした光をたまに見守りながら、いつもは食べない、高価で大きな鶏に口をつけていた。

 世間的には大きなイベントの日で、それに乗じてこうして食事をしているのだけれど、俺たちの会話はいつもとあまり変わらなかった。

 俺の職場の出来事とか、彼女の好きなテレビの話とか。それに、彼女の好きなアニメの話とかも。

「やっぱり、年末は歌番組がたくさんあっていいですねぇ」

 ショートケーキが運ばれてきたころ、彼女はそう言って軽く微笑んだ。

「なあ」

 少し、語気が強くなっていたのかもしれない。
 呼びかけると、彼女はこちらに目を向けて、ちょっとしゅんとしたような表情になった。

「仕事の件、考えてみてくれたか?」

「……うん」

「……ごめん。べつに急かしているつもりはないんだけど。でも、菜々の仕事っていつまでも続けられるものじゃないし。俺の職場も、春には求人出すって話だからさ。だから……」

「うん」

 うん、うんと。
 怒られた子供みたいに、彼女は俯いたまま数回頷いた。
 
 会話はそれきりで、次に彼女が口を開いたのは食後のコーヒーを半分ほど減らしてからのことだった。

「あのね」

「うん」

「もう少しだけ、続けたいんです。もう少し」

「うん」

 でも、ありがとう。
 そう言って、彼女は悲しい目で微笑んだ。




5: ◆Spitz/dbKQ 2017/12/27(水) 07:03:59.56 ID:p2Z72T7I0



 もしかしたら、この時強引にでも引っぱるべきだったのかもしれない。

 彼女が、どうしてメイド喫茶で働いていたのか知っていたのだから。
 休みの日に、電車で1時間もかけてどこに行っていたのか知っていたのだから。

 きっと、このままじゃいけないってお互いわかっていた。

 彼女のかわいさをわかっている俺は、きっと引き留めるべきだったのだ。





6: ◆Spitz/dbKQ 2017/12/27(水) 07:04:51.83 ID:p2Z72T7I0


 その日は、唐突にやってきた。

「スカウト、されちゃいました。……はは」

 いつもの場所で、いつもより真剣な表情をした彼女と待ち合わせた日のことだ。
 彼女は、いつもの喫茶店で大きく深呼吸をした後で、そう言って反応を窺うようにこちらを覗き見た。

「おめでとう」

 そう返した俺のことを、彼女はどう思ったのだろうか。
 甲斐性なしだと思ったかもしれない。そんなもんかと、拍子抜けしたかもしれない。

 それでも、その時はそう言うことしかできなかったのだ。

 好きになった人の、期待外れの日がようやく終わったのだから。

「アイドルになった菜々のこと、応援するよ」

 その言葉の意味するところは、お互いにわかっていた。

 ごめんなさいと、ありがとうを繰り返して泣きじゃくる彼女の頭を撫でながら。
 ああ、もうこいつを抱きしめることはできないんだな、なんてどこか他人事のように思った。

 冷血だって? とんでもない。その日は眠れなかったし、暫くは何も手につかなかったさ。

 駅のモニュメントの前で、いるはずのない彼女の姿を探すのをやめたころには、彼女の姿をテレビで見かけるようになっていた。




7: ◆Spitz/dbKQ 2017/12/27(水) 07:05:39.54 ID:p2Z72T7I0




 音楽に疎かった俺がライブに行った。もし、過去の自分に言ったら驚かれるだろうか。

 そんなこともあるだろう、と呆れられるかもしれない。それでも、それが元カノのライブだと言ったら大層驚かれることだろう。

 ライブの始まるほんの数時間前、彼女から久しぶりに連絡を受けた俺は、生で見る、大分キャラクターの違う彼女を見てうろたえることになった。

「お久しぶりですっ!」

「久しぶり。にしても、はは……」

「な、なんですか?」

「17歳ってお前……。それに、なんだよウサミン星って。正気じゃないぜ」

「い、いいじゃないですか! ずっとやりたかったんですよ!」

 照れ臭くなって、二人で笑った。

 頑張れよ、と言った。頑張ります、と言われた。

 そして、ライブで楽しそうに歌う彼女の姿を見て、これでよかったんだと、チクリとする胸に右手を添えた。
 



8: ◆Spitz/dbKQ 2017/12/27(水) 07:07:16.82 ID:p2Z72T7I0


 俺の恋人はかわいかった。嘘でも、誇張でもない。

 小さいくせにおっぱいはでかいこと。笑った時や怒った時、トレードマークのポニーテルがぴょんと跳ねること。

 今ではたくさんの人が知っている、彼女のかわいさと。

 アニメが好きなことだったり、部屋がとっ散らかっていることだったり、酒を買うとき、2回に1回は年齢確認をされることだったり。

 みんなが知らないことですら、もっともっとたくさんの人が知ってしまえばいいんだと、今では思っている。


 おわり



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/27(水) 07:09:25.23 ID:p2Z72T7I0


おわりです。読んでいただいてありがとうございました。
元ネタはスピッツのアルバム色色衣から「大宮サンセット」です。

https://www.youtube.com/watch?v=k0CZEzWsnL4





元スレ
SS速報VIP:安部菜々「大宮サンセット」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514325493/