SS速報VIP:みく「Pチャンのバカッ!! もう知らないにゃ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398440186/



1: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 00:36:26.37 ID:srpDn24r0

P(何があったかというと、端的に言えばみくと喧嘩をして家から出て行ってしまったのだ。)

P(原因は些細なことで、お互い感情的になって口論になってしまったことだろう。)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398440186




2: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 00:39:26.02 ID:srpDn24r0

-------------------------------------------------------------------------

みく「Pチャンって好きな人いないの?」

P「ノーコメントだな。特に今は仕事が順調で恋人とかはあまり考えてる時間がないな。」

みく「じゃあじゃあ~、みくがPチャンの恋人になってあげよっか?」

P「みく、お前はアイドルなんだ。冗談でもそういうことは言わないでくれ。」

みく「冗談ってどういうことにゃ、みくは本気だよ!」

P「ならなおさらだ。冗談でも本気でも、こんなことは絶対に言うな。」

みく「…Pチャンのバカッ、鈍感っ、ホモッ!」

P「おい、言葉が汚いぞっ!アイドルなんだから普段から言「あーもう、うっさいにゃあ!」」




みく「Pチャンのバカッ!! もう知らないにゃ!!」

----------------------------------------------------------------------------------




3: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 00:44:32.77 ID:srpDn24r0


P(みくの言いたいこともよく分かっているつもりだ。)

P(しかし、彼女はアイドルだ。個性を出すにしても、最低限の節度を持たなければならない。)

P(みくの好意は本物であることぐらいは分かるし、俺はプロデューサーだから受け入れないこともみくは分かっているだろう)

P(俺が本心を伝えられないのに、みくのやつ自分だけ言いたいこと言いやがって…)



P(言葉か…、そういや今日のあさんとそんな話をしたな。)




4: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 00:46:48.08 ID:srpDn24r0


----------------------------------------------------------------------------------


のあ「貴方、言霊って信じる?」

P「どうした、藪から棒に。」

のあ「いいから答えなさい。」

P「そうだな・・・、半々ってところだな。」

P「言葉を発するだけでそれが力を及ぼすとは思えないが、発することで心境に変化を与える部分があるとは思う。」

P「要は有言実行だな。それは経験から感じることはあったな。」

のあ「そう、なかなか興味深い意見ね。」

P「それはどうも。」




5: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 00:48:44.10 ID:srpDn24r0


のあ「でもね、言葉というのはあなたが思うよりもずっと強力な力を持っているのよ。」

のあ「古代では【言】と【事】は同一概念で、放った【言】葉が本当の【事】として起こると考えられていていたわ。」

のあ「言った【言】は本当の【事】。それが人を幸せにすることでも、」




6: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 00:49:52.24 ID:srpDn24r0









それが人を呪うことでも











7: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 00:52:07.17 ID:srpDn24r0


ガチャ

みく「たっだいまにゃー。」

アーニャ「ただいま戻りました。」

みく「お腹すいたのにゃー。今日のお弁当は何かにゃ?」

のあ「鮭、おかか、ちりめんじゃこのおにぎりよ。」

アーニャ「Выглядит вкусно・・・、おいしそう、ですね」

みく「にゃあああああああ、なんでにゃあああああああ!」

-----------------------------------------------------------------------------------




8: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 00:54:01.81 ID:srpDn24r0


P(言葉)




Pチャンの恋人になってあげよっか


                    みくは本気だよ



P「そんな【言】、頼むから言わないでくれよ…。」





9: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 00:56:03.00 ID:srpDn24r0






それが人を呪うことでも





P「そんな【事】言うんだったら、もういっそ猫にでもなっちまえよ、お前…。」

P「そうなったら、俺だって本心を言えるんだからさぁ…!」




10: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 00:57:07.25 ID:srpDn24r0







ニャー






P「…え?」





11: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 00:58:10.59 ID:srpDn24r0


P「猫…、何で俺の部屋に。どうしてこんな所に猫がいるんだ。」

P「というかお前…、みくなのか?」


ニャー


P(はっきり言って事態が飲み込めない。一体どうしてこうなったんだ。)




12: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 01:00:07.04 ID:srpDn24r0



チロチロ


P(猫になってしまったみくを撫でていると、その手をみくは無邪気に舐めてくる。)

P「本当に猫になっちまったのか、みく?」


ニャー


P(僅かに後悔の念はあるが、何故か不思議とこの状況を心地いいと感じている。)

P(このままみくが猫のままなら、アイドルというものに囚われずに接することができるからかもしれない。)



P「このままのほうが、いいのかなぁ…。」






13: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 01:01:23.32 ID:srpDn24r0


P(もういっその【事】俺も猫になってしまったほうが、みくと本当に上手くやっていけるのではないか。)

P(それならお互いに言いたい【言】が伝えられるだろしなぁ…。)


ニャー


ゴロゴロ



P「・・・。」






14: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 01:03:25.84 ID:srpDn24r0



P「でもやっぱり、みく、お前に直接言いたいよ・・・。」

P「俺が悪かったからさぁ・・・、頼むよ・・・。」



P「なぁ、どうしたら人間に戻ってくれるんだよ・・・。」グスッ

P「お願いだよ、戻ってくれよ・・・!」ウルウル



ニャー



P(俺があんな【事】言わなければ・・・、こんなことにならなかったのに・・・。)

P「ごめんよ・・・、ごめんよ・・・、みく。」グスッ

P「本当に、ごめんよ・・・。」




15: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 01:04:12.58 ID:srpDn24r0





ガチャッ




みく「Pチャン・・・?」



P「みく・・・?」





16: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 01:05:14.49 ID:srpDn24r0


P「みくううううぅぅぅぅ!」ダキッ

みく「ぴ、Pチャン!?」

P「みく、こめんよ・・・、ごめんよ・・・!」

みく「みくの方こそゴメンにゃ・・・。」




P「みく、俺な、お前に伝えたい【言】があるんだ。」

みく「うん・・・。」

P「俺も、みくのことが・・・」





17: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 01:05:52.92 ID:srpDn24r0








ニャー










18: ◆FRhnJ/mi7E0B 2014/04/26(土) 01:14:51.88 ID:srpDn24r0

短いですが、これで終わりです。


題材は、スキマスイッチの「猫になれ」です。

先日jewelriesのカバー曲について考えていたら、懐かしいこの曲を見つけたので、みくにゃんで書いてみようと考えたのがきっかけです。

スキマスイッチは自分の青春でもあるので、SSを書いてる間はとても懐かしい気分になりました。



初のSSなのでややお見苦しい部分もあったかと思いますが、みくにゃん、そしてスキマスイッチの良さが伝わると幸いです。

みくにゃん総選挙22位おめでとう。

そして、このSSに目を通していただいた方、ありがとうございました。



元スレ
SS速報VIP:みく「Pチャンのバカッ!! もう知らないにゃ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398440186/