1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 23:10:42.37 ID:ZHMzWRGz0


前作
杏「クチュクチュ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390738584/l50


でも別に前のやつ見なくても読めるかもしれない、自信ないけど

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406038232




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:18:49.99 ID:ZHMzWRGz0


ちひろ(おはようございます、ちひろです、最近は暑くてしょうがありませんね)

ちひろ(今日も私はいつものように、朝一番で仕事の準備をしに事務所に来ています)

ちひろ(プロデューサーさんが来る前に今日の予定を再確認しておくのは私の仕事です)

ちひろ(ええと……今日は……ふむふむ、午後からレッスンの子が多くて……)



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:22:59.77 ID:ZHMzWRGz0


ちひろ(……)

ちひろ(こうした作業をしばらくこなしていれば、じきにプロデューサーさんが……)

P「……」ガチャ

P「あ、ちひろさん……おはようございます」

ちひろ「おはようございます」

P「いやぁ、相変わらず早いですね」

ちひろ「朝のうちにしておきたいことが沢山あるので……ところでプロデューサーさん」

P「はい?」

ちひろ「その、頭に袋被らせたまま羽交い締めにしてる子って誰ですか……?」

P「ああ、これですか」

?「むー! むー!」

P「これはその……あいつです」

ちひろ「……ちょっとびっくりでしたよ」

P「流石に俺も他の奴らにこんなことしませんって、一歩間違えれば犯罪ですからね」

ちひろ「ふふ、もう犯罪ですよ?」

P「ははは」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:27:39.81 ID:ZHMzWRGz0


P「それじゃ早速仕事しましょうか……よいしょ」

?「……むー!」

ちひろ「膝の上に座らせて仕事って……暴れてますけど、邪魔になりませんか?」

P「いや、こうやって方向変えてやれば……」グイッ

ちひろ「……そ、その姿勢は微妙にまずいんじゃ」

?「……?」

P「まぁ、ごく一般的な対面座位ってやつです」

?「!?」

ちひろ「も、もう! そういうこと言うのはやめてください!」

P「あ……ご、ごめんなさい」

P「でもほら、コイツは静かになりましたよ」

?「……」

ちひろ(……どうすればいいかわからないんだろうなぁ)

P「さ、じゃあ仕事しましょう仕事」

ちひろ「少ししたら解放してあげてくださいね?」

P「絶対嫌です」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:30:36.19 ID:ZHMzWRGz0



…………



ちひろ「……」

ちひろ(こうして)

ちひろ(私達の日常は始まる)

ちひろ(いつも通りの……普通の日常)

ちひろ(もう少ししたら他のアイドル達も来て、プロデューサーさんは営業や皆のレッスンの付き添いに行って……)

ちひろ(そしてなんやかんやあって、プロデューサーさんが最終的に警察に捕まる日々)

ちひろ(……私はそんな日常をとても気に入っています)

P「……いやぁ、女の子を膝の上にのせてるとたっちゃうわ」

?「……!? ……!!?」

ちひろ(……)

ちひろ(気に入っています、うん)

ちひろ(そして、きっと今日もいつも通りーーーーーー)



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:35:08.55 ID:ZHMzWRGz0



…………



P「……」カタカタ

ちひろ「……」カタカタ

P「ちひろさん」

ちひろ「はい?」

P「少し、聞いてもらっていいですか」

ちひろ「なんですか?」

P「俺、おっぱい揉みたいんです」

ちひろ「……」

P「……」

ちひろ「……」カタカタ

P「……」カタカタ

?「……」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:37:32.50 ID:ZHMzWRGz0


P「いや、違うんですよ」

ちひろ「言い訳は聞きたくないんですが……」

P「言い訳じゃなくて、その、俺はおっぱい揉みたいんです」

ちひろ「はい」

P「それは誰のおっぱいでもいいってわけじゃないんです」

ちひろ「はい」

P「ちひろさんのおっぱいとかはどうでもいいんです」

ちひろ「しばきますよ?」

P「はい」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:39:39.00 ID:ZHMzWRGz0


P「いや、その……でも本当に俺は今揉んでみたいおっぱいがありましてね」

ちひろ「雫ちゃんなら頼めば……でもまぁ、その場合は死をもって償ってもらうことに……」

P「いやいや、雫のも揉んで見たいですが違いますよ」

ちひろ「え、じゃあ誰ですか?」

P「杏です」

?「!?」

P「杏のを揉みたいんです」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:42:43.77 ID:ZHMzWRGz0


ちひろ「……」

ちひろ「えと……その、杏ちゃんは……」

P「わかってます」

P「俺だってわかってますよ、無い物は触れることさえ出来な……ぐほっ!」

?「……」

ちひろ「……綺麗に鳩尾に入りましたね」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:45:26.74 ID:ZHMzWRGz0


P「うぐ……うぐぅ」

ちひろ「しかし、杏ちゃんのを揉みたい……ですか」

ちひろ「……んー、今悶絶してるプロデューサーには悪いんですが」

ちひろ「私がいたままこの話続けても何の進展もなさそうなので……私ちょっと外の用事済ませに行ってきますね?」

P「え、あ……」

ちひろ(いや正直、おっぱい揉みたいとかそんなこと言われても何も答えれる自信ないですし)

ちひろ(朝、袋被せて羽交い締めにしたまま女の子を連れてきた時点で今日のプロデューサーさん手遅れ過ぎて……)

ちひろ「ごめんなさい、しばらくしたら戻るので……それでは」ガチャ

ちひろ「……杏ちゃんも、ごめんね」

パタン

P「……」

?「……」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:49:32.16 ID:ZHMzWRGz0


P「……よいしょ」

?「……ぷはっ!」

P「……」

杏「……」

P「そういうことだ、杏」

杏「どういうことだ!」

杏「……って、なんだこれ……ち、近! 近い! ……とりあえず降ろして!」

P「ええー、心地良いのに」

杏「降ろせーっ!」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:52:12.94 ID:ZHMzWRGz0



…………



杏「今日はなんなのさっ、朝起きたらプロデューサーが家にいるし! そのまま拉致されるし!」

P「少し防犯設備の確認ついでにな、ちゃんと戸締りしてて偉かったな杏」

杏「戸締りしてたのに入るな!」

杏「……というかなんで入れたの、また針金?」

P「あ、それなんだが杏……実はな……」

杏「何?」

P「壊れた」

杏「はい?」

P「言い訳をさせてもらうとな、最初はちゃんと針金で開けようとしたんだぞ?」

P「でもなんか上手くいかなくて……だからその……そのな……」

杏「……」

P「壊した」

杏「何を……してるのさ……」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:55:09.42 ID:ZHMzWRGz0


杏「前そうやって鍵開けてきた時は壊さなくても出来たじゃんか……何で今回は壊すの」

P「杏と俺の間に……鍵なんて障害は必要ないだろ?」

杏「……」

P「……」

杏「失敗したの?」

P「うん……」

P「ま、まぁ鍵壊したのは謝る、だからほら……今後当分は俺が鍵代わりになるから」

杏「どういう意味さ」

P「俺が杏の家にずっといるよ」

杏「本当にごめんだよ」

杏「だいたいずっと家にいるって……今日朝起きた時プロデューサーが杏の布団にいたんだよ?」

P「うん」

杏「家に入れることになったら絶対毎日潜りこんでくるじゃんか」

P「そうするけど、別にいいだろ?」

杏「よくない、絶対よくない」

P「飴をやるから……」

杏「これはそういう問題じゃない!」



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/22(火) 23:59:07.81 ID:ZHMzWRGz0


P「なんだよー、昨日の夜は俺に抱きついてきたりしてたのに」

杏「杏寝てたし、起きたら抱きつかれてたのこっちだし」

P「朝はな」

杏「……ん?」

P「夜はもう、『プロデューサー……むにゃ……』とかありきたりな感じで抱きついてきてたぞ」

杏「……妄想でしょ」

P「妄想じゃないんだなぁこれが、お前は他にも…」

杏「妄想でしょ」

P「いやだから妄想じゃなくてな…」

杏「妄想だってば」

P「……」

杏「……」

P「……う、うん」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:01:42.36 ID:Lfehnjrt0


P「まぁそんなことより本題に入ろう」

P「とにかく俺が胸を揉みたいって話だ」

杏「他に頼めば何とかなる人いると思うけど……」

P「いや、俺は杏のを揉みたいんだ」

杏「……」

P「お前が……いいんだ」

杏「色々と最低だと思う……」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:04:03.54 ID:Lfehnjrt0


P「いいじゃん、揉ませろよ」

杏「いくないよ……はぁ、もういいや、なんか疲れたし」

P「揉ませてくれるのか!?」

杏「誰が揉ませるかっ!」

P「えー、頼むよー」

杏「……分かった、百歩譲って杏がプロデューサーにその……させてあげるとするよ?」

P「うん」

杏「どうするの、杏だよ?」

P「え、何が?」

杏「……胸はないと揉めないって……さっき自分でも言ってたじゃんか」

P「ああ、いや……うん」



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:06:33.76 ID:Lfehnjrt0


P「でもさ、杏」

P「ここで諦めてたら……俺は師匠に笑われちまう気がするんだよ」

杏「師匠?」

P「ああ、最高の師匠だ……彼女ならそう、山がなくても揉みに行くんだろうな、夢を求めて」

杏「……」

P「……」

P「な?」

杏「そんな感じのこと言われても、やっぱり揉ませるつもりはないけど」

P「そうか」

P「そこまで揉ませてくれないのなら……こうするまでだ!」

杏「えっ……わっ、わあっ!?」

杏「は、離せっ!」

P「ほい、離した」ストン

杏「……」

杏「ね、これ……さっきの……」

P「対面座位だ」

杏「対面座位言うな」



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:10:32.36 ID:Lfehnjrt0


P「……」

杏「……」

杏(ちょ、ちょっと待ってこれ、さっきよりさらに近い気がする……近すぎない?)

P「でだ、杏」

杏(プロデューサーの膝の上に乗せられただけだし、とりあえず降りて……)

P「俺はこの状態からな、お前を降ろさないように……ふんっ!」ガタッ

杏「!」

杏(杏の逃げ道を手で……!)

杏(ま、前はプロデューサー、後ろは机……横からも手で遮られて逃げられないって……どうすれば……!)

P「どうだ杏、これからお前はどう逃げる?」

杏(ぐっ……さっきからプロデューサーが何したいかわからない……)



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:13:15.15 ID:Lfehnjrt0


杏(……それに)

P「……」ジー

杏「……」

杏「……そ、その……プ、プロデューサー……?」

P「……」ジー

杏「……」

杏「……うん」

杏(や、やっぱりプロデューサーが近いしなんかめっちゃ見てくる……とにかく方向だけでも無理やり変えないと……)

P「……」

杏「……」

杏「……」モゾモゾ

P「……」

杏「……んっと」モゾモゾ

P「……」

杏「……ふぅ」

杏(よし、まだプロデューサーの膝の上だけど前に向けた……これからどうやって……)

P「後ろを向いたな?」

杏「え?」



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:15:47.16 ID:Lfehnjrt0


P「胸を揉む位置関係で! もっとも大切なこと!」

杏「なっ、なんで急にテンション上がってきてるの!」

P「それは暴れる相手を拘束出来る位置にいること! そして、それでいておっぱいを揉みやすい姿勢になること!」

杏「ちょ……なんだそれ! 襲う前提の話じゃんか!」

P「ええいうるさいっ! 黙ってろ! 行くぞ!」ペタンッ

杏「ひっ」

杏「む、胸……! 胸さわらないで!」

P「まずは……一揉みっ!」ギュッ

杏「痛っ!」

P「……ギュッ?」

P「……」

杏「……」

P「……」ギュッ

杏「痛いっ、痛いってば!」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:18:47.82 ID:Lfehnjrt0


P(なんなんだ、この音は、この擬音は)

P(俺はそう、確かに杏のを揉みたいと思ってた……だが胸がなければ揉むことも出来ないことも分かってた)

P(じゃあ……俺は何故こんなことを?)

P(……)

P(そんなの決まってる……実際やってみれば、杏も女の子だから……そんな淡い期待があったんだ)

P(そんな甘えが俺の中にあったんだ……)

P(……)

P(……やはり、ダメなのか)

杏「手を、手を離してよ!」



28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:21:59.05 ID:Lfehnjrt0


杏「手を、手を離してよ!」


P(俺はこんなとこで諦めてていいのか、こんなことで諦めるべきなのか?)

P(胸はもう揉めない……もう揉めない、揉めない、揉めない。 おれは……どうしたらいい? この痛みをどうしたらいい!? 指先がチリチリする。口の中はカラカラだ。目の奥が熱いんだ!)

「――――――諦めるのか?」

P「!?」

P(なんだ……頭の中に声が……!)

「お前は……『俺』はこんなことで諦めるやつなのか?」

P(この声は……俺の声……?)

「そう、『俺』はお前……お前の中に残る一欠片の良心」

P(……っ、良心……だと?)

P(馬鹿を言うなっ! 俺の中に最早一欠片の良心も残ってなどいない!)

「……お前はいつの日か、自分の全てをかなぐり捨ててアイドルにセクハラする欲望のみで生きてきた」

「あの時の薬が、などともう言い訳は聞かない……一人の犯罪者として生きる決意をした日から、確かにお前に社会的な意味での良心などないだろう」

P(……)



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:24:15.33 ID:Lfehnjrt0


「だが、違う」

「……セクハラにはっ! 背徳感という悦びがあるっ! セクハラをすることに喜びを感じるなら、それは貴様の良心が疼いてる証拠!」

P(……!)

「お前にはちゃんと、残っているんだよ……良心が」

「それならば分かるだろう? いいや、分からなければならない」

「胸を揉むこと……胸に触れること、それは……どういう意味だ?」

P「……」

P「……はは」

P「そうか……そうだったんだな」

P「……」

P「俺は生まれてきてから……今、初めて本当に大切なことに気付けた……そんな気がする」



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:25:22.26 ID:Lfehnjrt0



…………



杏「ブツブツ言ってないで! 早くやめてってば!」

P「……」

杏「き、聞いてんのかこの……」

P「……」サスッ

杏「っ!」

P「……」サスサス

杏「えっ、ちょっ……えっ」

P「……」サスサスサスサス

杏「な、撫でるな……胸、撫でるなぁ!」

P「……」ナデナデナデナデ

杏「うっ……んっ……」

杏「やめ、やめて……」



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:27:19.13 ID:Lfehnjrt0


P「……」サスサスサスサス

杏「……ううぅ」

杏(なんだろ……なんだろこれ、凄い胸撫でられてる)

杏(これ、物凄くいけないこと……女の子として、凄くいけないことされちゃってる気がする……)

P「……」サスサス

杏「……っ、プロデューサー……!」

杏(声は……出るのに、手が……動かない……ちょっと手を伸ばせば届くのに、プロデューサーを止めれない……)

杏(これ……ペロペロとか、ワシャワシャされた時となんか違う、違うよ)

P「……」ナデナデ

杏「んっ……だから、やめ……」

杏(あっちより……こんなの、全然、その……気持ち良くなんて、ないはずなのに)

杏(凄く……凄くダメな気持ちに……)

杏(それって、杏が今、女の子として大変なことされてるから……?)

杏(それとも……杏がそういう……だから……こ、こんなに?)

杏(……)



33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:30:29.53 ID:Lfehnjrt0


P(……そう)

P(俺の目はいつから曇っていた)

P(胸とは揉むもの……正しい、酷く正しいそれは男として逃れられない常識だ)

P(だけど、違う)

P(胸とは……心臓の……ハートの位置にある)

P(そんなものを激しく揉む? ……確かに正しい、だがそうじゃない)

P(女の子の胸に……ハートに触れる基本は、彼女達の心に触れるように……優しく、撫でるように……)

P「……」サスサスサスサス

杏「やっ、やめ…!」

P(そして、心とは……いつだって刺激が必要だ!)

P(だから……ここでっ! だからここで必要なんだっ! 俺の……俺のっ、欲望がっ!)

P(欲望こそが! 道を切り開くっ!)

P「……」ギュッ

杏「ふ……あっ……うあっ!」ビクン



35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:33:50.12 ID:Lfehnjrt0


杏「……は……ぁ…?」

杏(何……何なの今の……?)

杏(い、今の声って……本当に杏の声?)

杏(嘘だ……さっきまで痛かった、痛かっただけのはずなのに)

杏(……今のも、痛かった……けど)

杏(……)

P「……気持ちいいか、杏?」

杏「……っ!」

杏「そ、そんなわけあるかっ!」

P「いいんだ、それが正しいんだ……お前は女の子なんだから」

杏「違う、違うよっ……」



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:34:56.37 ID:Lfehnjrt0


P「強情なやつめ……もっとお前の心に直接触れないといけないのか……ふんっ!」ビリィッ

杏「えっ」

杏「……えっ」

P「可愛い胸だな……杏」

杏「み、見るな……見ないで……!」

P「わかった、女の子の胸を見ないこと……確かにそれは礼儀だ」

P「だけど、代わりに触れさせてもらう……俺は、もっとお前を感じたいから」

杏「……!」

杏(プロデューサーの手が……ゆっくり、ゆっくり近づいてくる……)

杏(……)

杏(さっきまでのを、直接、されるの?)

杏(……それって、どうなっちゃうのさ)

杏(……)

杏(そんなことされたら杏は……杏は?)



37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:36:50.15 ID:Lfehnjrt0



…………



ちひろ(……私が事務所に戻って来たその時)

ちひろ(杏ちゃんはソファーの上で寝ていて、プロデューサーさんは仕事をバリバリこなしていました)

ちひろ(普通のはずのその光景が、何故か私にはとっても異常な光景に見え……)

ちひろ「……」

ちひろ「何があったんですか?」

P「……何も」

ちひろ「え?」

P「あいつが、言ったんです」

P「それだけは待ってくれ、と」

P「泣きそうな声で……待ってくれ、と」

ちひろ「……もしかして、ついに一線を越えようとしたんですか」

P「……」

ちひろ「……」

ちひろ「そう、ですか」



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:38:38.55 ID:Lfehnjrt0


ちひろ「……」

ちひろ(いつも飄々としている杏ちゃんも、17歳の女の子)

ちひろ(プロデューサーさんとそういうことをするのは、そういう関係になるのは……まだ、彼女の心が許してくれない)

ちひろ(だからきっと杏ちゃんは……『待ってくれ』と)

ちひろ(これから先プロデューサーさんと……その決心がつくまで、待ってくれと)

ちひろ(もちろん……ただ単に嫌だったのかもしれない、怖かったのかもしれない)

ちひろ(でも、それだけじゃないと、私はそう思う……普段の杏ちゃんを見てると……そう思わずにはいられない気がするんです)

P「いやぁ……成長するまで待ってくれって言われても、あいつのおっぱいってこれから成長の余地あるんですかね」

ちひろ「えっ」

P「えっ」

杏「……zzZ」



39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:39:54.17 ID:Lfehnjrt0


ちひろ「プロデューサーさん、杏ちゃんは『おっぱいが成長するまで待ってくれ』って言ったんですか?」

P「いえ、『待ってくれ』とだけ……おっぱいが成長してから揉まれないと恥ずかしいって意味ですよね?」

ちひろ「……」

P「……ち、違うんですか?」

ちひろ「……」

P「……」

杏「プロデューサー……むにゃ……」

ちひろ「……」

P「……」

ちひろ「……もう、どうでもいいんで……とにかく杏ちゃんを待っておいてあげてくださいね」

P「……は、はい」




おわり



40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:41:49.51 ID:Lfehnjrt0

お久しぶりです、擬音シリーズです
続けて良かったのかこれ

自分でも忘れちゃったんだけど、このシリーズってこんな感じだよね……こんな感じだっけ?



42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 00:58:36.71 ID:Lfehnjrt0



おまけ1



P「愛海! ありがとう!」

愛海「ん? どうしたのプロデューサー?」

P「お前から教わったその精神で、俺は杏の胸を揉むことが出来たよ!」

愛海「なにそれ!? 落ち着いてよ、話がよくわかんないよ!」

P「お前ならきっと、山がなくても胸を揉む……そう思った瞬間、力が溢れてきたんだ」

愛海「いや、な、なんか……その……うん……やっぱりよくわかんない……」

愛海「で、でもプロデューサー、確かに私はおっぱい好きだし、おっぱいは大きさじゃないと思ってるけどさ」

愛海「……その、杏さんだよね……揉めたの?」

P「い、いや……揉んだぞ?」

愛海「モミモミ?」

P「ギュッギュッ」

愛海(……い、痛そう……って)

愛海「……それって結局、『揉めて』はないんじゃ」

P「……」

愛海「……」

P「……うおおおお! 杏うううう! おっぱいもませろおおおおおお!!」ダダダダッ

愛海「……」

愛海「雫さんのおっぱいでも揉ませてもらいにいこ」



43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 01:06:31.50 ID:Lfehnjrt0


おまけ2


早苗「……」

P「……」

早苗「何がダメかわかる?」

P「……その」

早苗「わかる?」

P「……」

P「……はい」



44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 01:07:04.52 ID:Lfehnjrt0


早苗「あたしはね……うん、Pくんの奇行は色々聞いてきたよ?」

早苗「というかあたし自身も被害あったことあるし、女の子の下着履いて外歩いてたのを捕縛したこともあるしね」

P「……」

早苗「だけど被害にあった皆からPくんのこと許してあげないと怒るって言われるし……匂いをかいだり歯を磨いたりとかよく分からないのが多かったから見逃してたことも多いけど」

早苗「……」

早苗「……胸を揉むのはダメでしょ」

P「……はい」

早苗「はぁ……楓さんの時のも大分アウトだったけど、またこういうことするなら本気で矯正しないとだめかなぁ……」

P「去勢!?」

早苗「……うんうん、そうしよう、Pくん、覚悟してね」

P「……」ガタガタガタガタ

早苗「まずそう、もちろんのことセクハラは禁止だし、健全なことでもボディタッチは禁止ね」

早苗「女の子の多い職場だから難しいかもだけど、今後は基本的にあたしがPくんの側にいるから、どうしてもの時は頼ること」

早苗「……」

早苗「……まぁ、その……もし、もし本当に我慢できなくなったらお姉さんなら……」

早苗「な、なんてね……あはは……」

P「……」ガタガタガタガタ

早苗「……なんでそんなに震えてるの?」



45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 01:12:54.08 ID:Lfehnjrt0



おまけ3



ちひろ「あ、杏ちゃん、またプロデューサーさん暴れてたから今日もよろしくお願いしてもらってもいい……?」

杏「……あのさ」

杏「ちひろさん、杏にプロデューサーの処理任せすぎでしょ」

杏「いつも自分ばっかり逃げて……酷いよ」

ちひろ「んと、その、杏ちゃんなら大丈夫かなって思っちゃって……」

杏「なんなのそれ」

ちひろ「理由は色々あるけど……まずはプロデューサーさんロリコンってことかしら」

杏「……杏にプロデューサーを処理させる理由にならないよ」

ちひろ「あはは……でも、その、プロデューサーさんってちっちゃい子にばかり手を出すから……」

ちひろ「本当に年齢の低いアイドル達はプロデューサーさんのこと信じきっちゃってるから危ないけど……その点杏ちゃんは要領良く処理してくれるし……つい……」

ちひろ「……それに、これが一番の理由なんだけど」

杏「?」

ちひろ「せっかくプロデューサーさんと杏ちゃんがイチャイチャ出来る時なのに、私がプロデューサーさんの相手したりすると邪魔になるかなーって……」

杏「よ、余計なお世話だっ!」

ちひろ「……」

ちひろ(半分、冗談ではあったんだけど)

ちひろ(……その反応はどうなの杏ちゃん)



47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 21:35:57.76 ID:Lfehnjrt0

童顔ロリ巨乳いきまーす



48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 21:36:32.20 ID:Lfehnjrt0


早苗「さ、じゃあ始めるわよPくんっ!」

P「……?」

P「始めるって……何をですか?」

早苗「言ったじゃないの、Pくんの矯正♪」

P「去勢……!」

早苗「も、もう、だから違うってば、矯正よ矯正」

P「あ、あぁ、なんだ……一瞬頭が真っ白になりましたよ」

P「……」

P「え、矯正ってマジだったんですか」

早苗「お姉さんはいつでも本気よ?」

早苗「とにかく、Pくんを真人間にするプログラム、始めるからね!」




49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 21:39:54.64 ID:Lfehnjrt0


P「プログラムなんて大袈裟な……ええと、なんでしたっけ、早苗さんが俺を監視するんでしたっけ」

早苗「うん」

P「でも早苗さん、既にレッスンとかライブいっぱい入ってますよ、どうするんですか?」

早苗「あ、それちひろさんに全部断ってもらったから」

P「」

P「ちょ、ちょっとどういうことですか!」

早苗「苦渋の決断だったんだからね? これで今後のアイドル活動が上手くいかなかったらあたし、この先どうすることもできないんだし……年齢的に」

早苗「それでもね、今大切なことはPくんをまともにすること、そう思ったの」

P「そんな……まだ早苗さんが頑張らなくても……」

早苗「まだって何なのかな」

P「俺はいけます!」

早苗「どこまで行くつもり?」



50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 21:42:55.02 ID:Lfehnjrt0


早苗「とにかくそういうことで、Pくんが仕事の最中、お姉さんはそこのソファーでPくんを監視してるからね!」

P「ええぇ……まぁ……はい、わかりましたけど……仕事中ですか……」

早苗「邪魔にならないようにいるから、心配はしないで大丈夫大丈夫」

早苗「でも、少しでも変なことしたり、そんな挙動が見えたら容赦ないから! 覚悟するように!」



51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 21:45:43.92 ID:Lfehnjrt0



…………



早苗「……」

早苗(それであれから大分時間経ったけど……)

P「……」カタカタ

早苗「……」

早苗(Pくん凄い真面目に仕事してるわね……)

早苗(……いつもこうだったら結構カッコ良いのに、もったいないわ)

P「……」カタカタ

早苗「……」

早苗(忘れがちだけど、こんなに沢山アイドルのいるプロダクションを一人で回してるプロデューサーなのよね)

早苗(仕事が出来て……優しくて、人望もまぁなんだかんだあって……)

早苗(……本当にあの変態だとは思えないんだけどなぁ)



52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 21:48:08.44 ID:Lfehnjrt0


P「……!」ポロッ

早苗(……あ)

早苗(何かのプリント机の下に落としたみたい)

P「はぁ……よいしょ」

早苗「……」

早苗「…………」

早苗「………………?」

早苗(あれ、出てこな…)


プ、プロデューサーサン……ダ、ダメ、ナンデスケド……!

ソレ、トッチャ……ダメ……ア、ソンナ……アッ……


早苗「……」



53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 21:50:07.69 ID:Lfehnjrt0


ナンデイッツモモリクボニ……ンッ……

アア……ン……ヒ、ヒドイン……デスケド……アウウ


早苗「……」

P「……よっ、と」

P「さ、仕事仕事」

早苗「……Pくん」

P「ん、どうしました早苗さん」

早苗「机の下で何してたの?」

P「プリント拾ってました」

早苗「そう……それじゃあ……」

早苗「その頭の上にある下着……誰の?」

P「……」

P「ファッション……です……」

早苗「……」

P「……」



54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 21:52:50.61 ID:Lfehnjrt0



…………



P「ちょ、早苗さん! 何俺を叩こうとしてんですか!」

早苗「当たり前でしょ……私Pくんにちゃんと自制するよう言ったのに……!」

早苗「それなのに堂々と変態行為するなんて許さないわよ!」

P「……」

早苗「ほら、Pくん頭だす! 一応あたしが監視しだしてからの初犯だからゲンコツだけで済ましてあげる」

P「……ふ」

P「ふふふふふふふ」

早苗「Pくん?」

P「証拠は?」

早苗「……証拠?」

P「俺が乃々にセクハラをしたという証拠はどこにある!」

P「元警察でしょう! 証拠も無しに俺をしばこうだなんでダメだろう!」

早苗「証拠もなにも現行犯逮捕じゃない……だいたい、あたしPくんが『乃々ちゃんに』セクハラしたとは言ってないんだからね?」

P「……」

早苗「……」



55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 21:55:37.28 ID:Lfehnjrt0


P「つ、机の下にいた俺の行動は早苗さんに見えなかったはず!」

P「だから現行犯逮捕できないもん! それに、乃々にセクハラは……その……違うもん!」

早苗「……はぁ」

早苗「分かった、分かった……それなら乃々ちゃんに話聞かしてもらうから」

早苗「机の下よね……よっこらせっ……と」

乃々「……!」

早苗「あ、いたいた……ねぇ乃々ちゃん」

乃々「は、はい……」

早苗「Pくんに何、されたの?」

乃々「……」

乃々「森久保は…」

乃々「森久保はプロデューサーさんに…」



56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 21:59:52.56 ID:Lfehnjrt0


P「森久保ぉ!」

乃々「ひっ……!?」

P「お前、それでいいのか!?」

乃々「な、何が……ですか……?」

P「俺とお前はそんなもんだったのか!」

早苗「こ、こら! Pくんは静かにしてなさい!」

P「いつも! いつも俺はお前から! パンツを貰ってきた!」

P「最初は嫌がってたお前も……段々と俺が要求するうちに俺好みの下着を履くようになってきた!」

乃々「お、大きい声でそんなこと言わないで欲しいんですけど……!」

早苗「だから静かにしてなさいってば!」

P「それを通して築いてきた信頼関係……それがあったはずだろう!?」

P「ここでお前がもし早苗さんに真実を言えば……俺はお前のパンツをきっと奪うことはなくなるだろう……」

乃々「……!」

P「いいのか、それで」

P「―――――それでもいいのか、乃々」



57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:02:02.98 ID:Lfehnjrt0


乃々「……」

早苗「もう、何馬鹿なこと言ってるの……乃々ちゃん、あんなの気にしないで……」

乃々「……」

乃々「森久保は……」

乃々「森久保は何もされて……ない、です……」

早苗「の、乃々ちゃん!?」

早苗「いいのよあんな変態気にしなくても! 真実を言ってくれれば!」

乃々「……」

早苗「……乃々、ちゃん」

早苗「……」

早苗「……」キッ

P「……」ニヤリ

早苗「いいわ……いいわPくん、そっちがその気ならあたしだって……」



59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:05:47.00 ID:Lfehnjrt0



…………



杏「へ? 被害にあった人の話を聞いてる?」

杏「……」

杏「あり過ぎて何言ったらいいかわかんない……」

杏「というかなんでこんなこと聞いてるの?」

杏「……あー、なるほど……プロデューサーをシメるのか」

杏「……んー」

杏「それならいいよ杏の話は……面倒いし」

杏「被害にあった子、他にもいっぱいいるからさ、多分他の子の話聞けばプロデューサーシメれると思うよ」

杏「……うん、まぁ頑張ってねー」



60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:08:13.38 ID:Lfehnjrt0



…………



小梅「どんなこと……ですか?」

小梅「最近は……そうだ……あ、あります……」

小梅「その、Pさんが使ってたマスク……わ、私、つけちゃって……」

小梅「その後……Pさんに……マスク越しに……キ、キス……」

小梅「……」

小梅「えっ……し、シメる? Pさんを……ですか?」

小梅「だ、だめ……そんなの、だめです……可哀想、です……」

小梅「私は大丈夫、だから……シメるなんて……だめ……」



61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:10:17.07 ID:Lfehnjrt0



…………



輝子「フ、フヒ? 被害……?」

輝子「あ、ああ……あれ、あれのことか……」

輝子「最近……して、くれない……」

輝子「……うん」

輝子「け、けど……だからな、最近は私からやってるぞ……」

輝子「……」

輝子「でも、P、逃げる……」

輝子「……」



62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:11:56.54 ID:Lfehnjrt0



…………



楓「被害……ですか?」

楓「私はあれ以来あんまり……」

楓「あ、でも一緒に飲みに行ったりすることが前より増えて……二人だけで行く時も……」

楓「え、危なくは……ないと、思います……よ?」

楓「……」

楓「……何してるか……ですか?」

楓「二人で……飲んでるだけです」

楓「飲んでるだけ……ふふっ……」



63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:13:14.92 ID:Lfehnjrt0



…………



蘭子「我が友Pのこと、か」

蘭子「友の魂は高いステージにある、限界を超えて……」

蘭子「なればこそ、我の力が必要になることは必然」

蘭子「……うむ、確かに暴走を起こした奴の魔力は幾千幾万もの世界を滅ぼす刃となりうる……我でも手を焼くほどな」

蘭子「だが、友である以上……我が止めなければならないのだ、たとえこの身が傷ついても」

蘭子「フフフ……これもまた、運命の悪戯よ」

蘭子「……」

蘭子「……え、い、意味……わからない……って……」

蘭子「……もう、いいもん」



64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:14:43.78 ID:Lfehnjrt0



…………



早苗「……」

早苗(杏ちゃんは結局面倒だからって教えてくれなかったし)

早苗(小梅ちゃんにはなだめられるし)

早苗(輝子ちゃんは逆に襲ってたし)

早苗(楓さんは……その、色々と先を越されてる気がするし)

早苗(蘭子ちゃんはちょっとよくわかんなかったし)

早苗(……)

早苗(他の子も……なんだかんだで教えてくれなかった……)

早苗(そりゃ、恥ずかしくて言いにくいならあたしも分かるから、無理に聞くつもりはなかったけど)

早苗(……皆そんな感じじゃなかったし)

早苗(……)

早苗(なんなの)



65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:15:43.22 ID:Lfehnjrt0



早苗(うちの事務所がPくんの行動に慣れ切ってる気がする……早くPくんに実力行使しとかないと本当に危険だわこれ)

早苗(……でも)

早苗(肝心の証言はとれなかったから……それで動くのは……)

早苗(……)

早苗(……仕方、ないのかな)

早苗(皆がそうなら……仕方ない)

早苗(あたしも……女、なんだから……!)




66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:17:04.09 ID:Lfehnjrt0



…………



P「……」カタカタ

早苗「……」ジー

P「……」

P(早苗さん、今日も監視か)

P(……もう、諦めてくんないかなぁ)

早苗「……」ジー

P(落ち着かないし……早苗さんの仕事も復活させたいし……)

P(なにより……)

早苗「……」ジー

P(……堂々とセクハラ出来ないのはなんだかんだ辛い)

P「……あ」カタカッ

P(打ち間違え……ああもうイライラする)

P(ずっと我慢してるから最近手が震えんだよクソッ……)

P(もう全部早苗さんが悪……)

P(……あれ?)

P(早苗さん、どこいった?)



67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:19:31.73 ID:Lfehnjrt0


早苗「……ふー」

P「おわっ……!」ゾワワッ

P「え、え……いつの間に早苗さん隣に? そこ、ちひろさんの席ですよ……?」

早苗「……Pくん、暑いねぇ」

P「え、ああ……は、はい……」

早苗「この時期ね、やっぱり女の子は色々と気になっちゃうんだ」

P「気に、なる?」

早苗「ほら、いっぱい汗かいちゃうからさ……」

P「そうなんですか」

早苗「……Pくん、あたし……透けてない、かな?」

P「……透ける?」

早苗「うん、暑くて今日は……の、ノーブラ、だから……」

P「……」

早苗「……な、何か言いなさいっ」

P「あ……す、透けてない! 透けてないです!」

早苗「そ、そう」



68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:20:44.27 ID:Lfehnjrt0


P「……」

早苗「……」

早苗「……P、くん」

P「……は、はい」

早苗「暑いから……薄着」

P「……」ビクッ

早苗「汗でスケスケ……」

P「……」ビクビクッ

早苗「それに……む、ムレムレ……」

P「……」ビクンビクンッ



71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:23:33.72 ID:Lfehnjrt0


P(なんだ……一体これはどういうことなんだ)

P(何故急にこんなセクスィーアピールしてくるんだ……酔ってるっていうなら騒ぐだけだから絶対違うだろうし……)

P(……)

P(……うん)

P(俺でも分かる……これは罠だ、手を出したら滅びの運命)

P(絶対に……手を出してはいけない……!)

早苗(……これは、やりすぎかなぁ)

早苗(で、でも……そう、これでPくんがあたしのセクシーさに誘われて手を出してきたら……シメる口実が出来るもんね)

早苗(……卑怯なことみたい……というか完全に卑怯だけど……Pくんを治すためなら……)

早苗(それに、もしこれで手を出さなかったらPくんもなんだかんだ頑張れば自制は出来るってことだもん)

早苗(その時はシメなくても……ゆっくり、ゆっくりPくんを治していけば……)

早苗(……)

早苗(……あれ)

早苗(手を出さなかったら……あたしに、魅力が、ないってことにも……なる?)

早苗(……)

早苗(あれ……?)



72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:25:48.09 ID:Lfehnjrt0



…………



P(出さない、俺は絶対に……!)

早苗「……」

早苗「Pくん……あたし、その……」

早苗「……どうなの、かな」

P(甘い声なんて出しても無駄だ、俺は手を出さないどころか早苗さんを見ないぞ!)

P(だ、だいたい俺はロリコンに矜恃を持ってるんだ! いくら童顔ロリだって言えど賞味期限切れなんかに……!)

早苗「……P、くん」

P(……!?)

P(泣きそうな……声?)



73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:27:59.02 ID:Lfehnjrt0


P(……)

P「……」チラッ

早苗「……」

P「……!」

P(え、え、え……なんか、なんで泣きそう……?)

P(俺、何もしてないのに! まだ何もしてないのになんで!?)

早苗「……」

P(いや、ええ、そんな……これ罠じゃないの……? 何が、何だか……)

早苗「……」

P(……い、いや)

P(罠とかそういうのは置いとこう、今はただ早苗さんが泣きそうだという事実……)

P(早苗さんの……女の人の、涙……)



74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:29:59.03 ID:Lfehnjrt0



ーーーー



いいかP坊、女の子は泣かしちゃいけねえ

男はなぁ、女の子の涙を止めるためにあるんだよ

勿論、泣かすなんてもっての他
そんなやつ男の風上には置けねえ

いいか、もし女の子が泣きそうだったらな、なんでもいい……何か女の子にしてやれ

ああ、なんでもいいんだ、『何かしてやること』が大切なんだ

その結果な、女の子を怒らせたっていい、呆れさせたっていい……笑かしたなら、それは最上さ

……え?

い、いや何でもとは言ったけど……スカート捲りは……どうだろう、うん……やめといた方が……お、おい! P坊! どこへ行く! 何をするつもりだ!?



ーーーー




75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:32:19.20 ID:Lfehnjrt0


P(……爺ちゃん)

P(……そう、だよな)

P(女の子が泣いてるんだ、俺がしないといけないことなんて……決まってるよな)

P(……)

P「早苗さん」

早苗「……な、なに?」

P「失礼……しますっ!」フニッ

早苗「わっ……!」



76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:33:57.65 ID:Lfehnjrt0


P「……」フニフニ

早苗「……んっ……!」

早苗(や、やった……Pくんがセクハラ、してくれた……!)

早苗(これで私にも魅力は一応……じゃ、じゃない……Pくんをシメることが!)

早苗「……ふふ、Pくん、この手は何かなー?」

P「……」フニフニ

早苗「……ぁ…ん……」

P「……」フニフニ

早苗「んっ……ちょ、Pくん、聞いてる?」

P「……」フニフニ

早苗「え、ええい……もう……あっ、手を……離しなさ…」

早苗「……!」

早苗(す、すごい真剣な目……こんな目、見たことない……)



77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:36:26.83 ID:Lfehnjrt0


P「……俺は、俺はですね」フニフニ

早苗「……」

P「胸なんて、揉んだことなかったんですよ……杏のしか」フニフニ

早苗「えっ……何の話……っ……」

P「柔らかい、です……」フニフニ

早苗「て、手をまず離しなさい!」ガシッ

P「……」

早苗「も、もう、現行犯で……逮捕だからねっ」

P「それでもいい」

早苗「へ……」

P「俺は、貴方が泣きそうな理由は分からなかったけど……泣きそうな貴方に何かしてあげたかった」

早苗「……!」

P「そして気付いたら……ロリコン、貧乳教徒として生きる俺が、俺がですよ」

P「早苗さんの胸に……触れていた」

早苗「……」

P「何故かは俺にも分からない……けれど」

P「今、俺は貴方の胸で人生が終わろうともいい……そんな気分、なんです」

早苗「……」



78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:38:52.65 ID:Lfehnjrt0



…………



P「……」フニフニ

早苗「あっ……ぴ、Pくん、もっと優しく……」

P「……凄い」モミモミ

早苗「す、凄いって……そんなこと言わないの!」

P「……」フニフニ

早苗「い……いい加減やめて……」

P「……」フニフニ

早苗「……んっ」

早苗(ああ……もう……)

早苗(なんで私、こんな……抵抗しないんだろ……)

早苗(……こう、悪い男とかに引っかかっちゃうのかなぁ)



79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:40:41.37 ID:Lfehnjrt0


早苗(……でも)

早苗(Pくんは真剣だった)

早苗(そして今も……あたしを真剣に求めてくれてる……)

P「……うへへ」モミモミ

早苗「んっ……!」

早苗(だから、しょうがないじゃない……)

早苗(そんな人を捕まえるなんて……あたしには……)

早苗「……」

早苗「……P、くん」

P「……どうしました?」

早苗「……あたしね、悪いこと見逃せないから警察官になったんだ」

P「……」

早苗「警察官だから悪いことを見逃せなかったんじゃない……片桐早苗だったから、見逃せなかった」

早苗「だからPくんのことも……あたしは……」



80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:42:20.55 ID:Lfehnjrt0


P「……」

早苗「……けど、もう、ダメみたい」

P「早苗さん」

早苗「……何?」

P「一緒に……堕ちていきましょう」

早苗「……堕ちる?」

P「ええ、堕ちてしまえばそんなことは考えなくてもいい」

P「ただ、俺と二人で何も考えず……どこまでも行くだけです」

早苗「……どこまでも」

P「……俺と行きましょう」

早苗「いいの……かな?」

P「いいんです」

P「今、この時だけ……一緒に……」

早苗「……」

早苗「今だけ……そうかぁ……」

早苗「……うん」

早苗「連れてってPくん……キミと一緒に……」



81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:44:36.67 ID:Lfehnjrt0



…………



五時間後



早苗「はっ、あっ……ああっ!!」

P「獣みたいな声あげてどうしました早苗さん! うおっうおおおおお!!」

早苗「ぴ、Pくんの方が獣っぽいよ……あっ! Pくん、どんどん上手に……!」

P「俺が上手にじゃない、早苗さんがどんどん悪い子になってるんですようへへへへへへ」

早苗「ぴ、Pくんも悪いんだからねっ、こんなっ……あっ……こんなぁ……!」

P「それなら……俺達どっちも悪いやつですね……」

P「でも、二人で悪いことなら、俺達は許される!」

早苗「んっ……ゆる、許すよ……だって、Pくんを許してあげないあたしは今……いない……!」

早苗「あ……でも、もしPくんが良い子になったら……シメるっ♪」







ちひろ「……」



82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:45:58.80 ID:Lfehnjrt0


ちひろ(……私が事務所に戻って来たその時)

ちひろ(早苗さんはソファーの上でひたすらセクハラされてて、プロデューサーさんはセクハラをバリバリこなしてました)

ちひろ(普通のはずのその光景は……)

ちひろ「……」

ちひろ(全然普通じゃない)

P「あははははははははは」

早苗「……あはっ♪」

ちひろ「……」ガタガタガタガタ



83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:47:03.52 ID:Lfehnjrt0



…………



早苗「……」ズーン

早苗「なんで、あたし……あんな……」

ちひろ「そ、その……早苗さん、落ち込まないで……」

P「いいじゃないですか、俺は本望でしたよ」

早苗「Pくん……」

ちひろ「……」

P「……さぁ、俺をシメて下さい」

P「煮るなり焼くなり何でもしてください」



84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:48:36.53 ID:Lfehnjrt0


早苗「……」

P「……」

早苗(シメる……?)

P(なんでも……?)

早苗(今更、あたしがPくんをシメるの?)

P(早苗さんに……なんでも……なんでもされる……)

早苗(あたしを救おうとしてくれたPくん、それに甘えてしまったあたし)

P(なにそれ凄い、なんでもって凄い気がする)

早苗(それなら、あたしにそんな資格は……)

P「……」

早苗「……Pくん」

P「はっ、はいっ! なんでも! なんでも来て下さい! 早くっ!」

早苗「あたしはやっぱりキミに、何もしないよ……できないよ」

P「え……」



85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:50:13.04 ID:Lfehnjrt0


早苗「うん、今回はきっと負けちゃったんだと思う」

早苗「あたしが、自分自身にきっと……」

P「……」

早苗「……だけど!」

早苗「諦めはしないからね! Pくんをまともな人間にするのはあたしの役割だから!」

早苗「……あたしがまた、自分に負ける時が来るかもしれなくても……それ以上に、何回でもPくんをシメてあげる」

早苗「だからPくん……」

P「おい」

早苗「……え?」

P「何勝手に一人で納得してんだ、早く俺になんでもしろよ」

早苗「いや……だから……」

P「ほら! 俺をシメろよ! シメて下さいお願いします!」

早苗「え……え……?」

P「おっぱい揉むぞこらあああああ!」モミモミ

早苗「やっ……! だめPくん! またっ……!」



86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 22:51:42.79 ID:Lfehnjrt0


P「俺を! 俺をなんでもしてくれよおおおおおお!」モミモミ

早苗「そ、そんなことされても……あっ、今回は絶対に……絶対あたしはPくんをシメないんだからぁ!」

ちひろ「……」

P「おらおらおらおらぁ!」

早苗「ああっ……あああっ……!」

ちひろ「……」





まゆ「……」

ちひろ「……」

まゆ「……ちひろさん」

ちひろ「」ビクウッ

まゆ「……」

ちひろ「……」ガタガタガタガタ




おわり



89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 23:06:28.29 ID:Lfehnjrt0



おまけ4



ちひろ「ひっ……ひいいっ……」

まゆ「この材料は大丈夫なんですか……?」

ちひろ「う、うん……健康には問題無いはず……」

まゆ「そうですか……今回こそ、お願いしますね……?」

まゆ「Pさんに早く……治ってもらわないと……」

ちひろ「……」

まゆ「今回もダメだったら……」

まゆ「まゆも、少しだけちひろさんのこと怒っちゃうかもですから……」

ちひろ「は、はいぃ……」



90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 23:08:19.15 ID:Lfehnjrt0


ちひろ「……」

ちひろ(プロデューサーさんは正直、戻らないと思う)

ちひろ(実は今までも何回か治そうと画策して、作り上げた薬をこっそり飲ましてたけど……効果はなかった)

ちひろ(あれはもう私の薬の限度を超えてる、ある意味あの状態がプロデューサーさん本来の姿だとしか言いようがない)

ちひろ(そ、それでも、あのPさんをどうにかしてまともにする薬を作らないと……わた、私は……)

まゆ「……まゆは、Pさんに戻ってもらいたいだけなんです……戻してあげたい」

まゆ「勿論、ちょーっとだけHなPさんも素敵ですけどねぇ……♪」

ちひろ「……」

まゆ「……うふふ」

ちひろ(私は……!)




91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 23:23:53.32 ID:Lfehnjrt0



おまけ5



乃々(……)

乃々(明日……何がいいかな……)

乃々(黒はこないだ怒られちゃったし……)

乃々(でも……白は今日はいてきたから……)

乃々(……)

乃々(こ、この、ピンクの……ちょ、ちょっと派手、だけど……)

乃々(……)



92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 23:26:04.40 ID:Lfehnjrt0



…………



P「おーい、乃々ー」

乃々「は、はい……」

P「ほら、これありがとうな」

乃々「え、これ……」

P「ああ、一週間分だ、ちゃんと洗ったから」

乃々「あ、ありがとうございます……」

P「おう、いいってことよ」

乃々(……)

乃々(……あれ)

乃々(ついお礼言っちゃったけど……何かが……何かが違う気が……)

P「でも」

P「その中に一個だけ、俺が気に入った奴で……使った後に洗ってないのがあるんだ」

乃々「!?」

P「さぁ! どれか分かるかな!?」

乃々「そんなこと……わ、わかるわけ……」



93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/23(水) 23:28:15.06 ID:Lfehnjrt0


乃々「……あ」

P「……」

乃々「……」

乃々「……」ゴソゴソ

乃々「……」

乃々「こ、これ……ですか……?」

P「おお! よく分かったな!」

乃々「……」

P「いやぁ流石は乃々だ、俺のことよく分かってるな」

乃々(……分かっちゃったの)

乃々(なんだか、不本意なんですけど)ズーン



94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/24(木) 00:33:07.68 ID:aWTYexDP0



おまけ6



幸子「Pさんっ!」

P「ん?」

幸子「皆色々されてるのに……なんでこんなにカワイイボクが何もされてないんですかっ!」

P「……お前、前も似たようなこと言って大変なことになったの覚えてるの?」

幸子「で、でも……なんだか仲間はずれみたいで……納得いかないんです!」

P「……仕方ないな」グイッ

幸子「えっ……」

幸子「Pさん、ち、ちか……んむっ!」

P「……」チュー

幸子「~~~~!?」

P「……」スッ

幸子「……ぷはっ」

P「……」

幸子「……」

幸子「え」

幸子「今、Pさん、ボクに……ボクと……キ……ス……?」



95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/24(木) 00:34:10.90 ID:aWTYexDP0


P「モゴモゴ」

幸子「へっ?」

P「……」ベリベリ

幸子「……ガムテープ?」

P「いてて……ああ、ガムテープ越しだ」

P「流石に俺もアイドルと本気でキスはまずいからな、はは、どうだびっくりしたろう」

幸子「……」

P「どうした?」

幸子「後ろ……」

P「後ろ……?」




杏「……」

P「……」



96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/24(木) 00:36:07.83 ID:aWTYexDP0


杏「……あっ」

杏「い、いや、見るつもりは……その、無くて……あのね……」

杏「幸子とっ……そんな、関係だって、杏は……あれ、あれだから……」

杏「……あれ、だから」

杏「……」

P「……」

杏「か、帰る……杏、帰るね……それじゃ……」ガチャ


バタン


P「……」

幸子「……」

幸子「……はっ!」

幸子「な、何ぼーっとしてるですかPさんっ! 早く! 早く追わないと……!

P「ああ……行ってくる」

P「うおっ、うおおおおおおお杏ううううう!」ガチャ



97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/24(木) 00:39:17.58 ID:aWTYexDP0


幸子「……」


< プロデューサー……オッテコナイデ、アンズハ……!

< ……ン、ナニソノカオ……ガムテープ……? ……モシカシテサッキ、モ……?

< ッテ、ナニ、ナニスルツモリダ! カオチカヅケテクルナッ!


幸子「……」


< ギャアアアアアアアアアアアアアア


幸子「……あ」

幸子(Pさんがつけてたガムテープが……)

幸子「……」



98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/24(木) 00:40:54.75 ID:aWTYexDP0


P「ふぅ、いい仕事したぜ」ガチャ

幸子「!」

杏「うう……ううう……」

P「……あれ?」

P「幸子、何してるんだ?」

幸子「……モ、モゴ! モゴモゴモゴ!」

P「……」

幸子「モ……モゴモゴ!」

P(何言ってるかさっぱりわかんねぇ)



99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/24(木) 00:42:41.52 ID:aWTYexDP0



おまけ7



「……キミが噂の子ね」

「……? なんか俺に用か?」

「ええ、用があるわ」

「女の子のスカートを捲り、泣き出してしまった女の子に対してそれでもスカートを捲り続ける悪ガキの少年」

「『モバ小学校の悪魔』……キミにね」

「……俺は女の子を泣かすつもりはなかったんだがな」

「説得力の無い……あたしは悪を見逃せないの、ましてや悪魔なんて絶対許せない」

「さぁ、今からお姉さんがキミをしっかり矯正してあげる」



100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/24(木) 00:43:43.17 ID:aWTYexDP0


「……あんた、年上だな」

「年上には興味はない、怪我しないうちに帰りな」

「ふん……女だからって舐めないでね、これでも武道の経験があるんだか……」

シュパッ

「ら……?」

「……!」バッ

「……言わんこっちゃない」

「いつの間にあたしのスカートを……!」

「良い、縞パンだったぜ」

「じゃあな」

「こ、こら……待ちなさい!」

「あたしは……諦めないわよ! いつか絶対キミをまともにしてあげるんだからー!」



101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/24(木) 00:45:23.90 ID:aWTYexDP0



ーーーー



早苗「……はっ!」

P「あれ、起きちゃいました?」

早苗「事務所のソファー……あ、あたし、寝ちゃってたの?」

P「ええ、なんだか唸ってたけど……どんな夢見てたんですか?」

早苗「……」

早苗「……忘れちゃった」




おわり



102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/24(木) 00:50:51.08 ID:aWTYexDP0

今更ですが、このシリーズ自由に書きすぎてるので不快になった方はごめんなさい
でもまた書いた時が来たらよろしくお願いします

読んでくれてありがとうございました
駄文失礼しましたー



105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/24(木) 02:15:37.36 ID:tHMjEyZSo

杏ちゃん可愛いにぃ!

あ、次も期待してます



元スレ
SS速報VIP:杏「モミモミ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406038232/