1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/04(月) 23:42:02 ID:VQGxEPUE


千早「歌ですか?」

P「お前はそればっかりだな……」

千早「違うんですね……」

P「まあ歌じゃないけど、声の仕事だよ」

千早「声?……番組のナレーションとかですか?」

P「違うぞ、声優だ」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/04(月) 23:42:43 ID:VQGxEPUE


千早「声優?」

P「ああ、声の仕事だろ?千早の綺麗な声が選ばれたんだよ」

千早「き、綺麗だなんて」

P「はは、照れるな照れるな」

千早「そ、それで、何の声優なんですか?アニメ?吹き替え?」

P「ああ、ゲームの声優だよ」

千早「ゲーム?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/04(月) 23:43:29 ID:VQGxEPUE


P「うん、ゲーム」

千早「キャラクターの名前とか分かってるんですか?」

P「おう、分かってるぞ。セックス・ピストルズだ」

千早「セ、セセセ……セク……!!???」

P「ジョジョの奇妙な冒険っていう」

千早「な、なんて仕事引き受けたんですか!!」

P「うえぇ!?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/04(月) 23:44:36 ID:VQGxEPUE


千早「そ、そんな卑猥なゲームに出るわけないでしょう!」

P「お、落ち着け!なんでそうなるんだ!?」

千早「だって!!セ、セッ…ス……///」

P「……?」

千早「///」

P「!! ああ、セックス・ピストルズか!」

千早「大声で言わないでください!!」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/04(月) 23:46:02 ID:VQGxEPUE


P「キャラクターの名前だから変な意味じゃないぞ?」

千早「そ、そんな名前を付けるゲームなんてまともじゃありません!」

P「はぁ……ジョジョの奇妙な冒険って知ってるか?」

千早「聞いたことあるような無いような……」

P「そのゲームの原作の漫画だよ」

P「その漫画はキャラクターのスタンド……って言っても分からないか」

千早「?」

P「うーん、まぁキャラクターの名前に洋楽のバンド名とかを使ったりするんだ」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/04(月) 23:46:49 ID:VQGxEPUE


P「セックス・ピストルズってのはイギリスのパンクロック・バンドだよ」

千早「へえ……」

P「千早なら知ってると思ったんだがなぁ」

千早「す、すみません……洋楽は好きなのしか聞かないので」

P「とにかくそういう事だ。まあ卑猥な方には考えるな」

千早「抵抗はありますけど……分かりました」

P「っていうか、まだオファーの段階だから」

P「断ってもいいんだぞ」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/04(月) 23:47:43 ID:VQGxEPUE


千早「……その漫画を読んでみてから決めていいですか?」

P「ああ、まだ返事は急がなくていいみたいだからな」

千早「プ、プロデューサーは持ってるんですか?そのじぇじぇじぇの……」

P「そりゃ朝ドラだ。ジョジョの奇妙な冒険な」

P「俺はジョジョ世代とはちょっとズレてるが、好きだったから持ってるよ」

千早「じゃ、じゃあプロデューサーの家に行ってもいいですか!?」

P「きゅ、急に声が大きくなったな……まあいいけど」

千早「///」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/04(月) 23:48:32 ID:VQGxEPUE


P「それじゃあ今日の帰りにでも」

響「ちょっと待ったー!」

千早「!?」

P「おうどうした響」

響「話は少し聞かせてもらったぞ!」

響「プロデューサーがアイドルを自宅に入れていいのか!?」

千早(くっ!)

P「いや、漫画を貸すだけだぞ」

響「え?」

千早「えっ!?」

P「ど、どうした?違うのか?」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/04(月) 23:49:27 ID:VQGxEPUE


千早「わ、私はプロデューサーの家(のベッドの上に寝転ん)で読ませてもらおうと……」

P「駄目駄目!自分の立場考えろって!」

千早「くっ……!」

響「なぁんだ、違うのか」

響「ところで、何の漫画貸すんだ?」

P「ああ、ジョジョの奇妙な冒険だ」

響「おっ!ジョジョかー!自分も好きだぞ!」

P「仲間だなー」

響「千早も興味を持ったのか!?」

P「いや、千早はだな……」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/04(月) 23:50:26 ID:VQGxEPUE


響「ええ!?ジョジョの対戦ゲームに出るぅ!?」

P「声優としてな」

千早「まだ決まってはいないわ」

P「千早が決めてないだけだけどな」

響「いいないいないいなぁー!」

千早「」ビクッ

響「自分も出たいぞ!『やれやれって感じだわ……』とか言いたいさー!」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/04(月) 23:52:47 ID:VQGxEPUE


P「今回は千早だけだ、ごめんな」

響「そっかぁー……」

響「で、どのキャラだ!?1・2部はアニメのままだろうし……」

響「女キャラと言えば……まさかジョリーン!?それともトリッシュ!?裏をかいてエルメェス・由花子・FF辺りか!?」

千早「……セ、セク……ス・…ズよ」

響「え?聞こえないぞ!」

千早「セッ……クス・ピス……ズよ」

響「聞こえないぞ!」

千早「セックス・ピストルズよ!!!!」

響「」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/06(水) 00:30:06 ID:saGriDt.


響「そ、そっか!セックス・ピストルズかぁ!」

響「中々マニアックなとこだなー!」

響「あは、ははは……」

千早「我那覇さんのその反応……」

千早「やっぱり、まともなキャラクターじゃないのね……」

響「そ、そんなことないぞ!可愛いから!」

千早「可愛い?女性なの?」

響「い、いや、可愛いっていうのはその……マスコット的な意味で」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/06(水) 00:30:44 ID:saGriDt.


千早「マスコット?人間じゃないの?」

響「うーん……スタンドだからなぁ」

響「そ、そこら辺は実際に漫画を読んだ方が早いと思うぞ」

千早「……そうね」

千早「あんまり期待はしない方がいいみたいだけれど」

P「良い経験になると思うけどなー」

千早「そ、それは……」

P「ま、そこは千早の自由だからな。強要はしないよ」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/06(水) 00:31:22 ID:saGriDt.


千早「分かりました」

P「じゃあ仕事終わったら事務所に戻ってこいよ?」

P「俺んちでジョジョ貸して、家まで送ってくから」

千早「ば、晩御飯も一緒に食べませんか?」

P「お?いいぞー、千早も俺に心開いてくれるようになったなー」

千早「///」

響「……くっ」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/06(水) 00:32:16 ID:saGriDt.


翌週


真美「あ→!千早お姉ちゃんがジョジョ読んでる!」

亜美「ほんとだ!意外だYO!」

千早「あら、あなた達も知ってるの?」

真美「くく……貴様は今まで読んだジョジョの回数を覚えているのか!?」

千早「ふふっ、ディオね」

亜美「千早お姉ちゃんも漫画なんて読むんだね→」

千早「仕事の一環よ」

真美「仕事?どゆこと?」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/06(水) 00:32:59 ID:saGriDt.


亜美「えぇ→!?ジョジョの声優→!?」

真美「マジで!?誰だれ!?」

亜美「ジョリーン!?」

真美「由花子!?」

千早「……セックス・ピストルズよ」

双海「……へ、へぇ→!」

千早(我那覇さんと似たような反応ね……)

千早「ところで、そのキャラクターはいつ出てくるのかしら?」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/06(水) 00:33:36 ID:saGriDt.


亜美「へっ?ちょっと失礼」

真美「ふむふむ、これは四部最後の仗助VS川尻戦ですねぃ」

亜美「次の5部に出てくる、ミスタって奴のスタンドだよ!」

千早「やっぱり……スタンドだったのね」

千早「ところで、二人はどのキャラクターが好きなの?」

亜美「アミはね→!やっぱりジョセフだね!」

千早「イカサマとかトリックが好きなところが似てるわね」

亜美「千早お姉ちゃんは次に『バスト?そんなもの必要無いわ……』と言う!」

千早「……。」

真美「」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/06(水) 00:34:19 ID:saGriDt.


千早「真美は?」

亜美(あ、あれ!?スルー!?)

真美(馬鹿……)

真美「真美はね→!やっぱり仗助かな!」

千早「あら、あんまり共通点が見当たらないけど」

真美「強いしカッコいいじゃん!グレートですYO!こいつぁ!」

千早「結構有名なのね、ジョジョって」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 22:06:02 ID:.HMB0Iug

翌週

千早「……。」

真「おっ、千早!おはよう!」

千早「タタミカケロー!」

真「!?」

千早「パスパース!」

真「!!???」

真「……!!!!????!?!!」

千早「あら、おはよう真」

真「お、おはよう!?」

千早「?」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 22:07:26 ID:.HMB0Iug



~~~

真「あ、ああ!例のジョジョね!」

千早「そうよ、今日の午後からレコーディングなの」

真「びっくしたよー」

千早「ごめんなさい、まだ自分でもどんな風にしたらいいか掴めなくて」

真「真面目だなぁー」

千早「ふふ、私あまり漫画は読まないのだけれど、案外のめり込んじゃうものね」

真「ボクは少女マンガしか読まないからジョジョは知らないなぁ」

真「父さんにはたくさん男物の漫画渡されたけど、読んでないし」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 22:08:37 ID:.HMB0Iug


P「おう千早、喉の調子はどうだー?」

千早「おはようございます。万全ですよ、プロデューサー」

真「おはようございます!」

P「はいおはよー、真は今日雪歩の番組にゲスト参加だったな」

真「はい!って言っても、もう準レギュラーみたいなものですけど」

P「千早は午後からだろ?どうした?」

千早「早く来ちゃいけないんですか?」

P「そういうわけじゃないけど」

千早「ア、アドバイスが欲しいんです!」

P「またか!?そう言われてもなー、正解があるわけじゃないし」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 22:09:15 ID:.HMB0Iug


千早「で、でも」

P「……はいはい、朝の仕事が終わったら、午後までついてやるから」

千早「はい……!!」

真(……いいなぁ)

真「!!」

真「プロデューサー!ボクも今後について深く語り合いたいので、今から時間とれますか!?」

P「やだ」

真「えぇー!?」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 22:10:02 ID:.HMB0Iug


午後

P「じゃあ行くぞ?」

千早「は、はい!」

P「そんな緊張するなって」

千早「だ、だって……こういうレコーディングは初めてですし……」

P「ベストをつくせたらそれでOKだ。お前なりのピストルズを演じたらいいんだよ」

千早「……わかりました。頑張ります」

P「おう、自信持っていこうな」

ぴろし「よろしくお願いしまーす」

P「よし、行って来い」

千早「はい……!!」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 22:20:22 ID:.HMB0Iug

数か月後

亜美「いけぇー!ジョセフぅ!!」

響「ああー!ガードしくじったぞ!」

真美「ひびきん基本がなってないYO!」

響「くそー!なんで自分の攻撃は当たんないんだ!?」

真美「亜美はコキガマスターだからね」

亜美「またまたやらせていただきましたァん!」

響「うがー!自分のジョニィがぁ!」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 22:21:06 ID:.HMB0Iug


亜美「ふっふっふ!貧弱貧弱ゥ!」

響「コキガずるいぞ!自分はまだ使えないんだからな!」

真美「でも1ラウンドとったじゃん!ひびきんがコキガ覚えたら勝てないだろうね→」

響「え?そ、そうかな」テレテレ

双海(ちょろ)

小鳥「なんで私のPS3を事務所に……」シクシク

真美「ピヨちゃん泣かないの!」

小鳥「じゃあ私にもさせてよ!!」

真美「え→……ピヨちゃんプッチ神父しか使わないんだもん」

亜美「うざ過ぎるんだよね」

小鳥「ひどい……」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 22:22:06 ID:.HMB0Iug


亜美「じゃあ双海姉妹の頂上決戦といきますか!」

真美「負けないYO!」

千早「……あら、またジョジョ?」

亜美「ち、千早お姉ちゃん!?」

千早「ふふ、頂上決戦に私を呼ばないなんて」

真美「うあうあ……」

千早「私も混ぜてもらえるかしら?」

真美「……頂上決戦は亜美に譲るYO!またねぃ!」ダダダダダ

亜美「ちょっと真美!?」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 22:23:22 ID:.HMB0Iug


千早「ふふ……腕がなるわね」

亜美「」

響「あははは……」

千早「プロデューサー!」

P「ん?どうし……げ、またジョジョかぁ?」

千早「私たちの出番ですよ!出番!」

P「うげー、いい加減ミスタ以外の奴使わせてくれよ」

千早「駄目です!私たちは一心同体なんだから!」

P「はいはい……」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 22:25:00 ID:.HMB0Iug


亜美「ま、また兄ちゃんが勝つまでやらされるの?」ヒソヒソ

P「仕方ないだろ、ああなった千早は止められん」ヒソヒソ

P「上手く抜くんだぞ」ヒソヒソ

亜美「千早お姉ちゃんするどいから毎回バレてるじゃん……」ヒソヒソ

千早「プロデューサー!私を使って負けるなんて許しませんからね!」

P(……本体ミスタなんだけどなぁ)

P「はぁ……」




ROUND1! FIGHT!

P「うおおおお!!」

千早「タタミカケロー!」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 22:25:46 ID:.HMB0Iug

imas-003454-029




30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 22:46:24 ID:SMPJljK6

ちーちゃんかわいい
乙乙


元スレ
SS深夜VIP:P「千早―、新しい仕事が来たぞ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1383576122/