SS速報VIP:【ガルパン】ダージリン「聖グロ日日是好日」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515936614/



1: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:30:15.42 ID:9/qDHr/Go

※聖グロ短編4本詰め


* 最終章はまだ見てません

* 一部ゆるゆり注意


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515936614




2: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:30:47.74 ID:9/qDHr/Go


【オレンジペコの秘密です!】


オレンジペコ「…」カキカキ

ダージリン「…」ズズズ…

オレンジペコ「…」カキカキ

ダージリン「…ふぅ。ペコ、もう一杯頂けるかしら」

オレンジペコ「…」カキカキ

ダージリン「オレンジペコ?」

オレンジペコ「えっ? あ、はい、ただいま」パタパタ

ダージリン「(ずいぶんと熱心に、ノートに何か書いていたわね)」

ダージリン「(…あのノート、何かしら)」

ダージリン「(いや、人のノートを勝手に見るのも…うーん…)」

ダージリン「…」

ダージリン「(いえ、大丈夫でしょう。ペコだし)」




3: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:31:24.10 ID:9/qDHr/Go


オレンジペコ「お待たせしまし…」

ダージリン「」←ノート見ようとしてる

オレンジペコ「ぴゃっ!? だ、ダージリン様!?」ババッ

ダージリン「あっ」

ダージリン「(ペコがこんなに素早く動くの初めて見たわ…)」

オレンジペコ「か、勝手に見ないでください!!」

ダージリン「ご、ごめんなさい」

オレンジペコ「もう…あ、お紅茶淹れましたよ」

ダージリン「ありがとう」

オレンジペコ「ふぅ、私も飲もう…」

ダージリン「…ところでペコ」

オレンジペコ「はい」

ダージリン「その…勝手に見ようとしたのは謝るわ」

ダージリン「ただ、何を書いていたのか教えてくれないかしら」

オレンジペコ「えっと…」

オレンジペコ「絶対に笑ったり、人に話したりしないでくださいよ?」

ダージリン「えぇ、約束するわ」

オレンジペコ「(信用しきれない…)」




4: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:31:55.74 ID:9/qDHr/Go


オレンジペコ「…その、実は最近、詩を書くのが楽しくって」

ダージリン「作詩…いいじゃない」

オレンジペコ「すみません。夢中になってて…」

ダージリン「いえ、そうやって打ち込めることがあるのは良い事だと思うわ」

オレンジペコ「あ、ありがとうございます」

ダージリン「…やっぱり、少しだけ見せてくれない?」

オレンジペコ「だ、ダメです!」

ダージリン「どうして?」

オレンジペコ「それは、その…やっぱり、ちょっと恥ずかしくて…」

ダージリン「いえ、いいのよ。もしよければ、いつか見せて頂戴」

オレンジペコ「は、はい」


ダダダ…

ローズヒップ「おはようございます!ダージリン様ァー!!」バァーン!!

ダージリン「廊下は走らない。ドアは静かに明けなさい。はしたないわよ」




5: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:34:07.72 ID:9/qDHr/Go


ローズヒップ「あ、オレンジペコさん!」

オレンジペコ「はい?」

ローズヒップ「クラスの学級日誌がないんですけど、間違えて持って行ってませんこと?」

オレンジペコ「あ、ごめんなさい。たぶん鞄の中に…」

ローズヒップ「あ、このノートですわね!!」←ポエムノートをひったくる

オレンジペコ「えっ」

ダージリン「えっ」

ローズヒップ「…あ、あれ!?なんですのコレ!?」←聖グロ一の早口

ローズヒップ「詩集ですわ!誰が書いたんですの?」←聖グロ一の早口

ローズヒップ「あ、もしかしてオレンジペコさん!?いいと思いますわ!」←聖グロ一の早口

ローズヒップ「ほら、ここの(自主規制)ってフレーズ、特にいいと思いますわよ!!」←聖グロ一の早口

オレンジペコ「」

ダージリン「」




6: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:34:46.36 ID:9/qDHr/Go


オレンジペコ「…っ…っ…!」プルプル

ローズヒップ「あれ?ペコさん?どうしたんで…」

オレンジペコ「うっ…うぅ~…!!」

オレンジペコ「ろ…ローズヒップさんのバカァー!!」


メ゛ゴォッ(装填手が本気でグーパンした時の音)


ローズヒップ「お゛ぐぅぅえ゛っ」

バタッ


オレンジペコ「うわぁあぁーーん!!」タタタ…

ローズヒップ「」←気絶

ダージリン「」

ダージリン「」

ダージリン「えっと…ローズヒップはここに座らせておいて…と…」

ダージリン「…ふぅ」

ダージリン「…見なかったことにしておきましょう」




7: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:35:18.10 ID:9/qDHr/Go


【ダージリン様の休日事情です!】


ダージリン「…ふぁぁ…」

アッサム「ダージリン、寝不足ですか?」

オレンジペコ「大きなあくびでしたね」

ダージリン「…ん、えぇ。ちょっと、昨日夜更かしをしてしまって」

アッサム「夜更かしするような用事でもあったんですか?」

ダージリン「…えっと…クラスの友人と、少し遅くまで遊んでしまって」

オレンジペコ「え?ダージリン様って友達いたんですか?」

アッサム「えっ」

ダージリン「えっ」

オレンジペコ「あっ」




8: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:35:45.20 ID:9/qDHr/Go


ダージリン「ぺ、ペコ…?な、なんっ、なんでそういう…そういう事…」ウルウル

オレンジペコ「あっ、違っ、違うんですダージリン様。いやその…」

アッサム「いや、まぁ…確かに、ダージリンからクラスの友人の話なんて聞いたことがなかったですね」

ダージリン「アッサム!? 貴女まで何を言い出すの!?」

アッサム「友人と遊んでいたという話も疑わしいんですが…また夜中までネットゲームでもしていたのでは?」

ダージリン「そそそそそそそんなワケななななないじゃないの。まったくこれだからローズヒップはもうもうもう」

オレンジペコ「(うわぁわかりやすい…)」

アッサム「(わかりやすいわね…)」




9: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:36:18.49 ID:9/qDHr/Go


アッサム「…では、昨日は何をしていたんですか?」

ダージリン「えっ?」

アッサム「もう少し具体的に聞きたいんですが」

ダージリン「えっ…と、それは…その…」

ダージリン「(えーっと、えーっと…確か、今どきのJKが良く言ってるのってえーっと…)」

ダージリン「あ、そうそう。昨日はザギンでチャンネーとシースーの後、クラブでフィーバーしてたわ」

アッサム「ちょっと、ちょっと待ってダージリン」

ダージリン「チョベリグよ」

オレンジペコ「はぁぁ?」

ダージリン「あ、あとクラスの友人とパコってきたわ」

アッサム「オラァ!!」ペチン

ダージリン「痛ったぁい!」ヒリヒリ




10: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:36:56.97 ID:9/qDHr/Go


アッサム「ダージリン!貴女、自分が何を言っているかわかってるんですか!?」

ダージリン「わ、分かってるわよ」

ダージリン「あ、パコとペコって似てるわね。ふふふ」

オレンジペコ「ドラァ!!」ペチン

ダージリン「あぁん!」ヒリヒリ

オレンジペコ「ダージリン様!!これ以上失望させないでください!!」

ダージリン「な、何で怒られてるのかしら、私…」

アッサム「さっきから本当に意味が分かって言っているのですか!?」

ダージリン「えっと」

アッサム「貴女の部屋の金庫に入っている薄い本に書いてあるでしょう!!」

ダージリン「な、何で知っているの!?」

ダージリン「えっ…え?そういう…そういう意味なの?」

オレンジペコ「やっぱりわかっていなかったんですね…」




11: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:37:37.20 ID:9/qDHr/Go


アッサム「それで?本当は何をされていたんですか?」

ダージリン「昨日は、その…」

ダージリン「…よ、夜中まで、ディ●ディア・ファイ●ルファンタジーやってました…」

アッサム「やっぱり」

オレンジペコ「やっぱり」

ダージリン「え?」

アッサム「なんで、友人と遊んでいるなんて嘘を…」

ダージリン「い、いいじゃない。少しくらい見栄を張ったって」

オレンジペコ「見栄を張ってそれって、本当に友達がいないんですか?」

ダージリン「ぺ、ペコ…!もうやめて…!」ウルウル

オレンジペコ「あ、す、すみません」

アッサム「でも、ダージリンがクラスで誰かと話しているところって、殆ど見たことが…」

ダージリン「ウッ」(心停止)

オレンジペコ「…あれ?ダージリン様?」




12: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:38:18.44 ID:9/qDHr/Go


【おみまい作戦です!】


アッサム「……ごほっ、ごほっ」

アッサム「…うー…」ボーッ

アッサム「(…熱、下がってないわね…)」

アッサム「(…ハァ、ダージリンに体調管理を徹底するように話しておいて、私が風邪を引くなんてね)」

アッサム「…」

アッサム「(静かね…もう少し寝ていようかしら)」


ピンポーン…


アッサム「…?」

アッサム「はいはい…」ガチャッ

ローズヒップ「おはようございます、アッサム様ー…」ボソボソ

アッサム「…ローズヒップ?」





13: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:38:52.13 ID:9/qDHr/Go


アッサム「…何でそんなに小声なの?」

ローズヒップ「アッサム様が風邪をこじらせたと聞いて…」

ローズヒップ「あまり大きな声を出してはならないと、オレンジペコさんに…」ボソボソ

アッサム「だからって、そこまで小声で話さなくても…もっと普通でいいわよ」

ローズヒップ「わっかりましたわー!!!!!!!!」

アッサム「」キーン

ローズヒップ「では、お邪魔しますの!!!!!」

アッサム「え?」

ローズヒップ「スポーツドリンクとかいろいろ買ってきましたので!とりあえず上げてくださいまし!」

アッサム「…お見舞いに来てくれたの?」

ローズヒップ「初めからそう言っていますわ!」

アッサム「(言ってない気がする)」




14: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:39:49.51 ID:9/qDHr/Go


ローズヒップ「とりあえず飲み物と…あ、まずは汗を拭いて着替えるべきですわ」

アッサム「そうね、それじゃあ…」

ローズヒップ「あ、お着換えこれでいいですわね?はい、拭くので上脱いでくださいまし」

アッサム「え、いや、そのくらい自分で…」

ローズヒップ「いいから任せてくださいませ!」ゴシゴシ

アッサム「ん…」

ローズヒップ「あ、あと台所も貸していただきますわ!」

アッサム「構わないけれど…」

ローズヒップ「わかりましたわー!あとでお粥を用意しますので!」

アッサム「でも今、あまり食欲が…」

ローズヒップ「少しでも食べておかないと、治るものも治りませんわ!では、すぐに用意しますので!!」




15: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:40:25.42 ID:9/qDHr/Go


アッサム「…ごちそうさまでした」

ローズヒップ「お粗末様でした、ですわー!」

アッサム「ローズヒップ、お粥なんて作れたのね」

ローズヒップ「ダージリン様よりは家事ができる自信はありますので!!」

アッサム「(告げ口するべきかしら…)」

アッサム「ごほっ…」

ローズヒップ「後の片づけはやっておきますから、アッサム様はお休みになってくださいまし」

アッサム「いえ、いいわよ。あとは良くなったら私がやっておくから、貴女はもう帰りなさい」

ローズヒップ「…?」

アッサム「正直少し心細かったし、凄く助かったわ。ありがとう」

アッサム「でも、あまり長居するとあなたにまでうつしてしまうわ」

アッサム「だから、貴女はもう…」

ローズヒップ「…わかりましたわ、アッサム様!」

ローズヒップ「でしたら、思う存分私にうつしてくださいませ!!」

アッサム「…え?」




16: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:41:28.25 ID:9/qDHr/Go


ローズヒップ「風邪はうつせば治ると言いますし、私にうつしてくれて結構ですわ!」

ローズヒップ「ナントカは風邪を引かないと言いますし、私の心配は無用ですの!」

アッサム「でも…」

ローズヒップ「…私は、私が風邪をひくより、アッサム様が風邪で苦しんでいる方が辛いですわ」

アッサム「あ…」

ローズヒップ「私にうつして良くなるのでしたら、思う存分うつしてくださいまし!」

ローズヒップ「今日は、アッサム様が良くなるまでずっと傍にいますわ!」

アッサム「バカね…」

アッサム「…本当にうつっても、知らないわよ」

ローズヒップ「望むところですわー!」

アッサム「…ありがとう、ローズヒップ」



・・・つぎのひ



ローズヒップ「ぶぇーっくしょい!ちくしょっ!」

ダージリン「ローズヒップ、はしたないわよ」

アッサム「ローズヒップ、風邪?」

ローズヒップ「うーっ…」

アッサム「…仕方ないわね。今度は私が看病してあげるわ」




17: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:42:19.57 ID:9/qDHr/Go


【隊長、がんばってます!】


ダージリン「…では、本日の練習はここまで。各自解散にします」

ダージリン「ペコは私といらっしゃい」

オレンジペコ「はい、ダージリン様」


「…ダージリン様、今日も華麗ですわ…」ヒソヒソ

「オレンジペコさん、ダージリン様の寵愛を受けて羨ましい…」


ダージリン「(ふふ、ペコも幸せ者でしょうね)」


「でも、ペコさんもご自身の努力があるからこそ、ダージリン様のお隣にいられるのよ」

「ダージリン様の欲しい時にお紅茶を用意して、格言にも返しているのね」

「そうね…つまり、ダージリン様の気持ちを汲んで、ダージリン様の話す格言をすべて知っていて…あら?」

「どうしたの?」

「…ペコさんって、ダージリン様よりも優秀なの?」

「ちょっ…!やめなさい…!」


ダージリン「」

ダージリン「…は?」




18: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:43:02.88 ID:9/qDHr/Go


・・・べつのひ


オレンジペコ「…おはようございます」ガチャッ

ダージリン「あら、おはよう。オレンジペコ」

オレンジペコ「ダージリン様、お早いですね」

ダージリン「えぇ、ちょっとね」

オレンジペコ「今、お紅茶を…」

ダージリン「今日は私が淹れたわ。どうかしら」コトッ

オレンジペコ「え?ダージリン様が?」

ダージリン「いけなかったかしら?」

オレンジペコ「いえ、頂きます」ズズッ

オレンジペコ「…おいしい…」

ダージリン「でしょう?」ドヤァ

オレンジペコ「あ、でもこの紅茶なら、今日のお茶菓子はこっちの方が合いそうですね」

ダージリン「え?」

オレンジペコ「どうですか?ダージリン様?」

ダージリン「…え、えぇ。こちらの方が良いわね。ありがとう、ペコ」




19: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:43:53.42 ID:9/qDHr/Go


・・・またべつのひ


ダージリン「…ねぇペコ、こんな格言を知っている?」

ダージリン「Aiは祈ったりしない。やるのは勝つための計算だけだ」

オレンジペコ「サイバース世界のAi、通称イグニスですね」

ダージリン「えっ」

オレンジペコ「えっ?」

ダージリン「…お、おやりになるわね」

オレンジペコ「は、はい?わ、私何かまずかったですか?」

ダージリン「ペコは、格言を良く知っているわね…」

オレンジペコ「(今のって格言なのかなぁ…)」

ダージリン「何でもないわ。ティータイムにしましょう」

オレンジペコ「はい、ダージリン様」




20: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:46:28.63 ID:9/qDHr/Go


・・・またまたべつのひ


オレンジペコ「…」

ダージリン「…」ズズッ

オレンジペコ「あ、あの」

ダージリン「何かしら?」

オレンジペコ「ダージリン様、最近どうされたんですか?」

ダージリン「どういう意味かしら?」

オレンジペコ「これまでは私が紅茶を入れていたのに、ご自身で淹れるようにしたり…」

オレンジペコ「妙な格言を仰ったり…」

ダージリン「…」

オレンジペコ「あの…私、何かダージリン様の気分を害するようなことを…」

ダージリン「…逆よ、オレンジペコ。貴女は優秀だわ」

ダージリン「…もしかしたら、私よりも…」

オレンジペコ「え?」

ダージリン「ペコが、本当は私をどう思っているか…とか、ちょっと考えすぎてしまって」

ダージリン「紅茶を淹れてみたり、ペコの知らなそうな格言を言ってみたり…」

ダージリン「ペコが自分より上かもしれないと思ってしまって、おかしなことをしてしまったわね」

ダージリン「…ごめんなさいね」




21: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:47:09.20 ID:9/qDHr/Go


オレンジペコ「…ダージリン様。私はずっと、ダージリン様を尊敬していますよ」

オレンジペコ「美味しい紅茶も、格言も、ダージリン様に少しでも近づきたくて、一緒にいたくて」

オレンジペコ「私、そのためにいっぱい勉強したんですから」

ダージリン「ペコ…」

オレンジペコ「…ダージリン様。私、普段のダージリン様が好きです。大好きです」

オレンジペコ「これからも、もっといろんなことを教えてほしいんです」

ダージリン「…ダメな先輩ね、私。後輩の気持ちもわからないんですもの」

オレンジペコ「ダージリン様…」

ダージリン「…ふふ、やっぱり私、いろいろと考えすぎてしまったのね」

ダージリン「…紅茶を淹れてもらえるかしら、ペコ」

オレンジペコ「はい、ダージリン様」



おしまい




22: ◆o8JgrxS0gg 2018/01/14(日) 22:47:54.46 ID:9/qDHr/Go

ダジペコとかペコヒップも良いけど、僕はアサロー推しです
あと二度も騙され子さん出せなくてごめんなさい


※格言元ネタ:遊戯王VRAINSより




23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/14(日) 22:56:45.58 ID:PFO3giXMo

乙よかった



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/14(日) 23:04:12.64 ID:KijsLOqvO


ローズヒップは、末っ子とはいえ大家族だから、何だかんだ家事なんかはそこそこ出来そう


元スレ
SS速報VIP:【ガルパン】ダージリン「聖グロ日日是好日」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515936614/