SS速報VIP:二宮飛鳥「ミッドナイトは渋滞中」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517579850/



1: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 22:57:30.91 ID:vG4Upm/S0


P「……進まないなぁ」

飛鳥「…」

P「…ありゃ」

飛鳥「……」

P「寝ちゃったか」

飛鳥「…起きてる」

P「おっとぉ」

飛鳥「返事を考えていただけさ……よし。決めた」

P「ほう、じゃあ改めて」



P「進まないな」

飛鳥「そうだね」

P「塩対応…」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1517579850




2: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 22:58:30.58 ID:vG4Upm/S0


飛鳥「仕方ないだろう。何度目だい、そのセリフ」

P「ごめん覚えてない」

飛鳥「5回目。正直、もう聞き飽きた」

P「数えてんのかい…」

飛鳥「他にすることがないから」

P「それもそっか」

飛鳥「やれやれ…」

P「……悪かったよ、今日は本当に」

飛鳥「…キミの所為じゃないさ」





3: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:00:11.00 ID:vG4Upm/S0


P「だって、車で送るって言っちゃったのは俺だし」

飛鳥「いつも通りじゃないか」

P「一度事務所に戻ってれば、歩いて帰れたかもしれないでしょ」

飛鳥「同じだよ。君のことだ、どうせ寮まで送ると提案してくれただろう」

飛鳥「『夜中に独りで歩かせるなんてダメだ』、なんて言ってね」

P「…む」

飛鳥「そしてボクはそれを受け入れる。所謂いつもの流れってヤツさ」

飛鳥「だから、誰かが悪いなんてことじゃない」

P「…まさか路線事故で渋滞することになるとは思わなかったなぁ」

飛鳥「敢えて言うならば……これがセカイが示した、せんた、くぁ…」

P「はは、欠伸出てるぞ」

飛鳥「……セカイの選択、といったところ、かな」





4: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:02:00.17 ID:vG4Upm/S0


P「疲れてるだろうし、寝てても良いって言ってるのに」

飛鳥「車の中で寝たところで、取れる疲労なんて大したものじゃない」

P「目瞑るだけでも大分違うもんだぞ?」

飛鳥「…それに、キミが退屈だろう」

P「俺のことより自分のことをだな…」

飛鳥「そっくりそのままお返しするよ。キミだって疲れてる」

P「俺は大丈夫だけど」

飛鳥「ならボクも大丈夫だ」

P「…そーかい」

飛鳥「ああ」

P「……進まないなぁ」

飛鳥「6回目」

P「っとと」




5: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:03:17.08 ID:vG4Upm/S0


P「駄目だな、愚痴みたくなってしまう」

飛鳥「仕方ないさ。こんな状況なんだから」

P「よし決めた、これから『進まない』禁止」

飛鳥「ふふ。なら、何とか気を紛らわせないと」

P「…とは言っても。もう一通りやっちゃったんだよな」

飛鳥「しりとりなら、先程済ませてしまったね」

P「決着も付かないし、30分もったのは頑張った方だと思う」

飛鳥「またやるのなら受けて立つけれど」

P「遠慮しとく。お前の語彙力にゃ勝てん」

飛鳥「…そう」フフ



6: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:04:18.06 ID:vG4Upm/S0


P「車のナンバープレートで算数対決やんのも飽きたし」

飛鳥「此処から見える数字は、あらかた狩り尽くしてしまったよ」

P「掛け算でやってみる?」

飛鳥「……2ケタ? 4ケタ?」

P「4」

飛鳥「勘弁してくれ…」

P「だろうな」

飛鳥「ボクだけ電卓を使っていいなら考えるけど」

P「ずるいから却下」

飛鳥「冗談さ。最悪の場合に備えて、充電は温存しておかないと」

P「おぉー、偉い」





7: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:05:39.82 ID:vG4Upm/S0


P「ラジオでもかける? さっきお前さんが消しちゃったけど」

飛鳥「…結果は同じだと思うよ」

P「また止める?」

飛鳥「恐らく。ココロ揺さぶる電波には、今日は出会えそうにない」

P(つまんなかったから消したってところかな)



飛鳥「キミと交わす言葉の方が、今のボクには心地良いんだ。だから…」

P「……そうですか」

飛鳥「あぁ、そうだ」

P「んじゃいっか」

飛鳥「…ふふ」

P「お、ちょっと動いたかな……」




8: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:12:23.29 ID:vG4Upm/S0


――


P「気のせいだった」

飛鳥「残念」



飛鳥「…そうだ、」

P「んー?」

飛鳥「今日の反省会。今此処でやってしまうというのはどうだろう」

P「ほう」

飛鳥「次に会うのはきっと来週だ。その時まで温めておくのも構わないけれど」

P「あー……そっか、言われてみれば」

飛鳥「こんな時間だからこそ、有効に活用しない手はない」

P「確かに。ナイスアイデアかも」

飛鳥「決まりだね。…どうだったかな、今日の撮影は」

P「んー…」





9: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:13:08.63 ID:vG4Upm/S0


P「前に注意されてたカメラ意識しすぎってのは、大分克服できてたと思う」

飛鳥「ふむ」

P「話し方ちょっと上ずり気味だったのも、あんまり気にならなくなってきたし」

飛鳥「…そう」

P「回数こなしてきて、空気にもだんだん慣れてきてるんだろうな。良い傾向だと思うよ」

P「もちろん最終的に評価してオッケー出すのは向こうだから、俺から満点はあげられないけど。あれだけやれればきっと大丈夫だな」

飛鳥「進歩はしていると。そう捉えても良いんだね」

P「おうよ」

飛鳥「…よかった」




10: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:14:04.60 ID:vG4Upm/S0


P「慣れないことだらけだろ? ドラマの撮影自体初めてだし」

飛鳥「…演じる難しさなら、身に染みているところさ」

飛鳥「求められているのは画や表情だけではない……ましてや、自分でもない架空の登場人物の思考をトレースしながら、だなんて。手強い作業だな…」

P「うんうん。それを皆でやってるんだから、俳優さん達ってすごいよな」

飛鳥「簡単に済まないとは覚悟していたけれど。…いざ始まるとやはりね」

P「チョイ役で良かった、なんて思ってたり」

飛鳥「素人がいきなりメインキャストになんて、配役されるハズないだろう…」

P「そりゃそうだけど。もしそうだったら、とか思ったりしない?」

飛鳥「……実は、少しだけ」

P「うむ。素直でよろしい」




11: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:15:03.06 ID:vG4Upm/S0


P「俺も初めてのことばっかで、本当はちょっと落ち着かないんだわ」

飛鳥「…へぇ」

P「ドラマに出演なんて、ウチの事務所じゃ初めてだろ? 現場の雰囲気とか対応とか、正直まだよく分かってなくって」

P「何というか……うん、落ち着かない。うまく仕事進むのか不安でどぎまぎしてるっていうか……うーんと」

飛鳥「…地に足付かない?」

P「あぁそうそう、それそれ」


P「だからさ、撮影中の飛鳥が堂々としてくれててすごく助かってるんだ」

飛鳥「…」

P「今回に限った話でもないけど……実際にカメラ向けられて立派に撮影こなしてるの見てると、なんか安心するっていうか」

P「あっちは問題ないな、後は俺が頑張るだけだなって。そしたら…、」




12: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:16:06.19 ID:vG4Upm/S0


P「…って、すまん 話逸れた。俺のことじゃなくって、今は

飛鳥「ボクも、」

P「?」

飛鳥「……その。キミが見ていてくれるから、ボクも助かってる」

飛鳥「撮影中周りが良くしてくれているのも、勿論理由の1つだろうけど。…だけど、それ以上に」

飛鳥「馴染みのない役者ばかりな、慣れない環境だとしても。想像していたよりも、自分が萎縮していないのは」

飛鳥「きっと……きっとキミが居てくれるおかげなんじゃないかと。そう思ってる」

飛鳥「1人だけど、独りじゃないんだ…って」

P「…そっか」



P「じゃあ、お互い様ってところだな」

飛鳥「…うん」

P「今は今後に向けての経験値稼ぎ、ステップアップの時期ってことにするか。お互いに」

飛鳥「……ああ。お互いに」





13: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:24:26.36 ID:vG4Upm/S0

――


P「明日は、何時発?」

飛鳥「朝イチ……のつもりだったんだけど。この様子だと、どうなることやら」

P「だよなぁ」

飛鳥「あまり深夜にならないことを願いたいね」

P「……ごめんな」

飛鳥「…だから、謝らなくても良い。大丈夫だよ」

飛鳥「身支度なら明日起きてからでも十分だ。極端に離れた距離でもないし、なるようにしかならないんだから」





14: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:25:24.00 ID:vG4Upm/S0


P「折角ゆっくり帰省させられると思ったのに」

飛鳥「ああ、我儘を聞いてくれて感謝してるよ。突然実家に顔を見せたいだなんて…」

P「なーに。年末からずっと忙しくて、今年の正月家に帰せなかったろ?」

飛鳥「そうだったかな」

P「スケジュール管理もこっちの仕事。これくらいはしてやらないと」

飛鳥「…自分で言うのもなんだが、よく2日もオフが取れたね」

P「そこは、色々調整しました」

飛鳥「フフッ。そうか、ありがとう」

P「……けどなぁ」

P「明日に合わせて、頑張って丸々2日スケジュール空けたってのに。なんか勿体無いっていうかさ」

飛鳥「だからこそこれだけ余裕が持てるんだ。ものは考えようだよ」

P「飛鳥がそう言うなら良いけど」





15: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:26:15.53 ID:vG4Upm/S0


飛鳥「それに。帰省なら、先日もLIVEのついでに帰ったろう? そんなに大袈裟に扱うものでもないと思うけど」

P「…いやいや、それとこれとはまた違うだろ。仕事とか関係なく」

飛鳥「どうして?」

P「大事な日だから」

飛鳥「それは……偶然明日なだけであって、ボクは別に、」

P「丁度良いからこそ、明日に合わせて休みにしたんだっつーの。余計なお世話とは言わせんぞ」

飛鳥「そこまで思ってはいないよ…」

P「祝ってもらえるうちが華なんだぞ? そこら辺分かってるのか?」

飛鳥「よく、理解らないけれど」

P「こういうのはタイミングが命なんだから、ありがたく祝われてこい」

飛鳥「…そんなものかな」

P「そんなものなの」





16: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:27:14.89 ID:vG4Upm/S0


飛鳥「…理解ったよ」

P「おう」

飛鳥「キミが言うのなら、そういうことにしておこう」

P「折角の機会なんだから、親御さんとちゃんとゆっくり羽伸ばしてくること。いいな」

飛鳥「了解」



飛鳥「ボクは……。いや、このペースならあるいは…、」

P「? なにブツブツ言ってんの」

飛鳥「何でもない」





17: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:42:59.97 ID:vG4Upm/S0


――


P「…ようやくまともに動くようになったかな」

飛鳥「ああ」

P「この分だと、日跨ぐまでには帰れるかも」

飛鳥「…ああ」

P「…」


P(…き、気のせいかな。なんかさっきから機嫌悪いような……眠いだけだろうか)





18: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:44:07.58 ID:vG4Upm/S0


P「…眠いなら寝てっても」

飛鳥「眠くない」

P「そ、そっか」

飛鳥「もうすぐ着くだろう。問題無い」

P「そっかそっか……うん」

飛鳥「…」

P「…あ、腹減ってない? お菓子くらいならあるけど」

飛鳥「いや、結構」

P「夕飯から何も食べてないだろ?少しは」

飛鳥「要らない」

P(あかん)






19: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:46:15.60 ID:vG4Upm/S0


P(ど どうしよう、急に不機嫌になるなんて聞いてないぞ……座りっぱなしでストレス貯まってんのかも…)



飛鳥「食べるのなら、ボクも持ってるんだ。…ほら」

P「……あれ」

飛鳥「撮影の合間に差し入れで貰った……どうかしたのかい」

P「あ、いや。思った程じゃなかったなといいますか…」

飛鳥「何が」

P「機嫌……というか、何というか」

飛鳥「? おかしなことを言うね」

P「あ、いや。やっぱり何でもないデス…」

飛鳥「そう」





20: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:48:20.96 ID:vG4Upm/S0


P「…なに貰ったの?」

飛鳥「コレを」

P「豆?」

飛鳥「豆だね」

P「…まめ」

飛鳥「ああ」

P(鳥に豆……はとぽっぽ……)


飛鳥「…今、また変なことを考えていなかったか」ジト

P「考えてません」

飛鳥「本当か」

P「ホントウデス」

飛鳥「……まあいいよ」





21: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:49:40.98 ID:vG4Upm/S0


P「なんで落花生?」

飛鳥「明日が節分だから、というチョイスらしい」

P「あー……なるほど、そっちもあったか」

飛鳥「本来なら、撒いた後に食べるものなんだろうけど」

P「今ここでばら撒くなよ?」

飛鳥「しないよそんなこと…」

P「冗談」

飛鳥「……妙なことを考えるキミの煩悩も、鬼とまとめて払っておいた方が良いかもしれないな」

P「待って待って、なんか節分の趣旨変わってない?」

飛鳥「108回ほどぶつけてあげよう」

P「そんなに無いから」

飛鳥「おや、少しはあると認めるのかな」

P「勘弁してください…」

飛鳥「冗談さ」フフ





22: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:51:00.12 ID:vG4Upm/S0


飛鳥「1人ずつ、ちゃんと年齢分包装したらしい。律儀なものだね」ポリポリ

P「はは、丁度いいかもなぁ」



P「…あれ? 詰めた人、明日のこと分かってるのかな」

飛鳥「さあね」

P「1個足りないとかだったりして」

飛鳥「ふふ、それは困るな。年を取れないじゃあないか」

P「足りなくなる前に食べきった方がいいかも」

飛鳥「そうだね、そうしよう」




23: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:52:49.98 ID:vG4Upm/S0


P「うちの実家じゃ、豆は炒ってから食べてたっけ」

飛鳥「ふぅん」ポリ

P「フライパンでぱちぱちってさ」

飛鳥「そう言えば、聞いたことがあるような……元々そういうものなのだろうか」

P「かもね。明日調べてみようか」

飛鳥「文化も風習も、時代と共に移ろい往くものだからね…」

P「でも豆まきはしなかったんだよなぁ。親が掃除めんどくさいからって」

飛鳥「はは、其処は同じだな」

P「そっちも?」

飛鳥「ああ」

P「やらなかった分、昔は何となく豆まきに憧れてたっけ」

飛鳥「それは理解らない…」

P「そっすか…」




24: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:54:05.99 ID:vG4Upm/S0


飛鳥「…不思議なものだ」

P「うん?」

飛鳥「本来在るべき姿も目的も。知らないままに…或いは忘れてしまいながらも、習慣だけが根強く残っていく」

飛鳥「そんな中身の無い行為なんて、行事の形骸化・世俗に踊らされているだけに過ぎない。そうは思わないかい」

P「それは、確かにそうかもだけど」

飛鳥「今食べているのだってそうだ。記号化され、定例化された趣旨も理解らないアクションに、一体何の意味があるのだろう。節分だって、何だって…」

P「…」

飛鳥「暦で決められているから。カレンダーがこの日を指していたから。そんな決め事ばかりの曖昧な世の中さ」

飛鳥「そんな明日、ボクは別に特別だなんて思ってはいないのに。先も言いかけたけれどね」




25: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:55:15.03 ID:vG4Upm/S0


P「けど、祝ってくれる人がいるんなら受け取るべきだと思うぞ」

飛鳥「ああ、それも理解ってる。ボクが言いたいのは、単なる形式的なモノにどれだけの意義があるのかということ」

飛鳥「豆だろうが恵方だろうが、やりたければ好きにすればいいし、おめでたいのならば、祝えばいい。そこは否定しない」

飛鳥「差し出されたものを拒否する程、無粋なことをするつもりもないからね」

P「まぁ、実際そうやってもぐもぐしてるしな」

飛鳥「フッ。素直なものだろう?」

P「自分で言うのか…」




26: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:55:59.94 ID:vG4Upm/S0


飛鳥「…だが。それだけなら、特別という言葉はやはり相応しくないように思うよ」

飛鳥「特別であると決められているものも、この世には多くあるのだろう。…けれど、」

飛鳥「ボクが本当に想うスペシャルは……どこにでも転がっている出会いや偶然、何気ない幸せ。そんな日々の中でこそ見出せるものだと思っているから」

P「…見つけるの、大変そうだな」

飛鳥「そうでもない。例えば…今こうしてキミと話している時間、とか」

P「……け、けっこう近くに落ちてるのな」

飛鳥「案外そんなものさ」

P「そう思ってくれるんなら、ありがたいことだけど」




27: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:57:05.34 ID:vG4Upm/S0


飛鳥「"節分だから"なんてあやふやな理由で頂いたコイツでも、おかげでこんな時間が過ごせている。それだけで、何か意味のあるもののように思えてくるんだ」

P「それが不思議、か。なるほど」

飛鳥「……なんて。ぽりぽり食べながら語る内容でも無かったかな」

P「ははは。豆の存在意義考察しながら食ってるのなんてお前くらいだろうね」

飛鳥「違いない」フフ

P「飛鳥らしくて良いんじゃない? そうこなくっちゃな」

飛鳥「…そうか」

P「さ、そろそろ着くぞ。食べ終わったか」

飛鳥「ああ。これで最後……おや?」

P「降りる準備しとけよ」

飛鳥「…そうだね」





28: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:57:32.06 ID:vG4Upm/S0


P「……っし、到着。あー、もう12時なるところだ…」

飛鳥「…このタイミング。お膳立ても完璧か」

P「ほんと悪いな、こんな夜中まで…」

飛鳥「プロデューサー」

P「? どうし…、」



飛鳥「はい」

P「んむっ」

飛鳥「余った1粒。キミにあげよう」





29: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:58:33.16 ID:vG4Upm/S0


P「ひょ、いきなひくちにいれるな…」

飛鳥「ふふ。ちゃんと年齢分食べたのに、1つ余ってしまったよ。気の利くスタッフさん達みたいだね」

P「だからっておまえ、」

飛鳥「特別サービス、食べながらでも聞いてくれ」



飛鳥「何てことのない2月3日。扉が開くのはもう眼の前だ」

飛鳥「節分だろうが誰かに祝われようが、ボクにとってはどうということでも無いけれど。それでも、向けられる言葉は誠意を持って受け入れよう」

P「…」もぐ

飛鳥「けれど、どうせだったら最初の一言は」

飛鳥「…最初だけは、キミからが良い。聞かせてはくれないだろうか」

P「…そっか」

飛鳥「…我儘、かな」

P「そんなことないよ。ちょうど日付も変わる」





31: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/02(金) 23:59:59.87 ID:vG4Upm/S0




P「誕生日おめでとう、飛鳥」

飛鳥「…あぁ、ありがとう」



飛鳥「……ふふ、フフフッ! 嬉しいな、これ以上ない贈り物だ」

P「そうかい」

飛鳥「キミが一緒に居てくれて、1番に祝ってくれたのなら。ボクにとっても、特別な今日になりそうだよ」

P「なら良かった」

飛鳥「ジャストのタイミングで、日付も変わってくれた。今日はツイてるな」

P「それは多分渋滞のおかげだ」

飛鳥「フフ、そうかも。災い転じて何とやら…」

P「…」





33: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/03(土) 00:01:40.38 ID:YqtczHuH0


P「…ほ、ほら。もう満足したろ、降りた降りた」

飛鳥「なんだ、余韻に浸る時間くらいくれたって良いじゃないか」

P「なんか急に恥ずかしくなってきたんだよ」

飛鳥「ボクは気にしないけど。もうちょっとだけ、このまま…」

P「良いからさっさと降りる!」

飛鳥「……仕方ないな」

P「渡したいものもあるけど、今持ってきてないんだ。また次にな」

飛鳥「ふふ、楽しみにしておくよ」

P「明日に備えて、もう寝とけ。いいな」

飛鳥「理解ったよ。それじゃあ」




34: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/03(土) 00:03:22.50 ID:YqtczHuH0


P「今日はお疲れ様」

飛鳥「お互いに、ね」

P「明日……じゃない、今日か。気を付けて行くんだぞ。ご両親にも、よろしくね」

飛鳥「ああ」

飛鳥「……次は、直接伝えに来るといい」ポソ

P「なんだって?」

飛鳥「何でもないよっ」


バタン



P「えっ ちょ、飛鳥ー? 最後何て言ったんだー?」





35: ◆uMEAzbBMSc 2018/02/03(土) 00:04:22.33 ID:YqtczHuH0


飛鳥「…」

飛鳥「…本当に、不思議だよ」


飛鳥「キミが隣にいてくれるだけで、ボクの全てが特別になる」

飛鳥「これまでも、きっとこれからも。…だから」

飛鳥「……ありがとう。ふふっ」




おしまい



元スレ
SS速報VIP:二宮飛鳥「ミッドナイトは渋滞中」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517579850/