1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 23:23:05.56 ID:31zZjpj40

御坂「な、なによ!そんな嫌そうな声出すことないじゃない!」

上条「いやだああああああああ!!!!ビリビリいやだああああああ!!!!」ヒィイイイイイイ

御坂「はあ!?ちょ…!」

上条「うわああああああああこないでええええええええええええ!!!!!!」コヒューコヒュー

御坂「こん…の!!正気に戻れぇえええええええええええ!!!」バチッ


ズギュン!!!


上条「お」ヒョイッ


御坂「!?」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 23:28:25.82 ID:31zZjpj40

御坂(え…よ、よけた?この至近距離で……いつもみたいに、右手で防いで…ない…?)

上条「」アワワワワワ

御坂「ちょ、ちょっとあんた今…」

上条「ッッ!!!!」ダッ

御坂「あ!こら待ちなさい!」

上条「あああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」ドヒュンッ

御坂「速っ!!?」


御坂「………なんなのよ、一体…」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 23:33:45.97 ID:31zZjpj40

上条「こ、ここまで来れば…!!」ゼエゼエヒューヒュー


上条「……けど、一体なんだったんだ?御坂をみた瞬間体の震えが止まらなくなって、思わず全力で逃げてきちまったけど…」

上条「…追ってきて……ないよな?…」キョロキョロ

上条「……一応、見つからないように路地裏を通って帰ろう…」テクテク



上条「……っ」ピタッ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 23:42:07.78 ID:31zZjpj40

路地裏

スキルアウトA「…気分悪りぃなおい」

スキルアウトB「簡単な仕事のはずが、まさか暗部組織が丸々一つ関わってやがるとはな…逃げるしかねぇだろ」

スキルアウトC「結局俺らタダ働きじゃねぇか!!!ああっ!!?」ガンッ

スキルアウトD「どっかに手頃なサンドバックちゃんいねぇかなあ!!」ドガッ


………

上条「」ブルッ

上条「…さ、寒気?……な、なんかよくわかんないけど、やっぱりこの道はやめておこう…」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 23:49:26.97 ID:31zZjpj40

上条「なんだろう…今日はやけに周りの空気がピリピリしているというか…」

上条「時々寒気もするし…風邪でも引いたか?早いとこ帰ろう」

……


上条「…ただいまー」ガチャッ

ドサッ

上条「はぁ、今日はなんだかいつもの倍以上疲れた気がする…」

上条「…あ、やべ、眠気が……せめて…着替えない………と……」

上条「……ぐぅ」



ドサッ



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10(火) 23:55:20.66 ID:31zZjpj40

上条「っ」ガバッ

上条「」スタスタスタ

上条「」ガラッ!

イン「…いたた…あ、ごめんね?起こしちゃったかn

上条「おい!!早く中に入れ!!!」

イン「ひっ!?」ビクッ

上条「早くしろ!!…っああもう!!!」グイッ

イン「うわっ!」ズルッ


ピシャッ!



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 00:01:59.87 ID:GW2XzGqp0

上条「……」

イン「…えと、えと、あなたは…」

上条「ちょっと黙ってろ…!!」

イン「…う、うん…」

上条「……だめだ」

イン「えっ?」

上条「ここじゃ駄目だ。もっと人の多いところに行かないと…」

イン「…あ、え?なんで、かな?ていうか、そもそもあなたいったい

上条「知らねぇよ!!黙ってついて来い!!」クワッ!!

イン「はいぃっ!!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 00:11:10.06 ID:GW2XzGqp0

1時間後

上条「くそっ!どうなってんだ!?人混みに入った瞬間に人々がバラバラに散っていきやがる…!」

イン「こ、これは人払いなんだよ。ていうかあなた走るの速いかも…もう限界…」ハァハァ

上条「人払い?それって…


上条「ッッ!!」ゾワワァッ


?「もういいかな?残念ながら悠長に追いかけっこしてる時間はないんだ。僕達にも、その子にもね」


イン「あ、あなたはっ!」


ステイル「随分と逃げ回ってくれたね。悪いことは言わない。早くその子をこっちに渡すんだ、少年」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 00:25:29.75 ID:GW2XzGqp0

上条「……」ブルリ

ギュッ

イン「……あ」

ステイル「うん?もしかして震えてるのかい?いやなに、その子を大人しくこちらに渡してくれさえすれば、一般人の君をどうこうする気はないよ。安心してくれ」

ステイル(なんだ?こちらから殺気を出した気つもりは無いが……無意識にもれていたのか?)


上条「」ブルブル

イン「…」


イン「…大丈夫。怖がらなくていいよ?私があの人について行けば、あなたはなんの被害も受けないんだよ」


上条「」ガチガチガチ


イン「よく分からないけど、私を助けてくれようとしたんだよね。ありがとう、あなたは凄く勇気のある人だね。手を引っ張ってくれたとき、驚いたけど、嬉しかったよ」


上条「」フー!フー!フー!


イン「……それじゃあ…」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 00:30:03.21 ID:GW2XzGqp0

グッ

イン「……?」

上条「…」ブルブル

イン「あの……手を、離して欲しいんだよ?」

上条「っ」ブルブルガチガチ

ギュッ!

イン「……」

上条「…い……くな…」ブルブルガタガタ

イン「…え…」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 00:44:10.45 ID:GW2XzGqp0

ステイル「…なんだというんだ、君は。その子をこちらに渡すのか、渡さないのか」

イン「…だ、だめ…ダメだよ…っ!!」


上条「…わた、さ、ない…!」ブルブル


ステイル「……ああ、もう、いい。元々不必要に走らされて苛ついていたところだ。少し痛い目を見てもらおう」ボッ

上条「っ!!!」ガタガタガタガタ

イン「だめ!早く逃げて!!」

ステイル「インデックスは白い教会を着ている。その辺の加減はしないよ」

上条「っ!!!!っ!!!!」ガチガチブルブルガチガチ

ステイル「少し熱いが…気絶してしまえば問題ないだろう!!!」ボウッ!!



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 00:45:22.07 ID:GW2XzGqp0

イン「い、いけない!はやく私の後ろに…


上条「っ!!」ドン

イン「……え…」ドサッ

ゴォオオオオ!!!

イン「だめっ!!……よけてぇっ!!!」




上条「ひ」ヒョイ

ステイル「!?」

イン「!?」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 00:53:12.46 ID:GW2XzGqp0

上条「あわわわわわわ」ダラダラダラダラ

ステイル「…恐怖で足がすくんでいると思ったが…う、うまくよけたじゃないか」

イン「……」

ステイル「だけど…これはどうだい!?」ボボウッ!!

イン「あっ!」

ステイル「八方から襲いかかる火の大槍だ!!素人がこれをよけることなど絶対に


上条「て」ヒョイ

ステイル「!?」

イン「!?」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 01:01:03.67 ID:GW2XzGqp0

上条「ひぃ、ひぃ!」ガタガタガタガタガタガタ

イン「す、すごい…脂汗ダラダラ流しながら綺麗によけてる…!」ドキドキ

ステイル「イノケンティウス!!イノケンティウース!!!」地面バンバン

イノケンティウス「ンギャーオ!!」

ステイル「行け!魔女狩りの王!とにかく奴に一撃当てろ!」キー!

イノケンティウス「任せろ」ゴアッ!!

イン「いけないっ!炎の範囲が広すぎる!!これじゃ絶対よけれない!!」


上条「お」ヒョイ

ステイル「!?」

イノケンティウス「!?」

イン「!?」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 01:10:12.87 ID:GW2XzGqp0

上条「やばいやばいやばいやばい死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ」ダラダラダラダラダラダラダラダラ

イン「今どうやってよけたの?ねぇ今のどうやって

ステイル「こ、こうなったら!!ここら一帯をまとめて吹き飛ばして

上条「やめろおおおおお!!!!」バキッ

ステイル「ごふぁっ!!?」ドサッ

上条「やめろ!!もうやめろ!!やめてよ!!!やめろ!!危ないだろ!!!やめろ!!!」ドカバキボコドカバキボコ

ステイル「へぶっ!!へぶっ!!へぶっ!!」


イン「も、もうやめるんだよ!その人のライフポイントはゼロなんだよ!」

上条「はあ……はあ…」

捨て犬「……」ピクピク

上条「………」

捨てイル「……ぉ

上条「やめろ!!!!」バキッ!!

イン「やめて!」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 01:16:50.85 ID:GW2XzGqp0

2時間後


捨て犬「」チーン

神裂「」チーン

イン「すごい…素手で聖人まで倒しちゃうなんて…」

上条「ひぃ!!ひぃ!!」ブルブルガチガチガタガタビクビク

イン「無傷のこの人が一番重症だし…」

上条「おんもこわい…おんもこわい…」ダラダラダラダラダラダラ

イン「……三人とも病院に連れて行くんだよ」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 01:13:36.03 ID:M0B61lgP0

どういう設定の上条さんなんや?



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 01:18:25.18 ID:GW2XzGqp0

>>57
危険の予兆が限界まで跳ね上がった上条さんという設定です



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 01:27:25.01 ID:GW2XzGqp0

なんやかんやでペンデックスさん起動

ペン「目標、上条当麻を目下最大の障害物と認識。直ちに迎撃体制に移ります」

神裂「っ!!?あれはドラゴンブレス!!よけなさい上条当麻!!」

ズアッ!!

上条「け」ヒョイ

ステイル「ぐああああああああああああああ!!!!!」

神裂「ステイルー!!!」

ペン「目標の無力化に失敗。直ちに体制を立て直し再びこ

上条「やめろ!!!!!!」ベチンッ!!

ペン「ひんっ!!」キュピーン



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 01:35:26.45 ID:GW2XzGqp0

上条「このっ!!!このっ!!!死んじゃうだろ!!!俺が死んじゃうだろ!!!やめろ!!!このっ!!!!」ペシッペシッペシッペシッ

イン「あうっ!あうっ!」

パラパラー

神裂「っ!?あの光の羽はっ!?いけないっ!!よけなさい上条当麻!!」

上条「お」ヒョイ

イン「ひゃうっ」ドサッ


神裂「……あ、よけたんですか」

上条「ここここわこわここここわかっっっっ」ブルブルガタガタピクピク

イン「た、助かったんだよ…」


捨て犬「」チーン



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 01:41:25.30 ID:GW2XzGqp0

イン(なんとか一件落着したかのように見えたけど、直後にとうまが引きつけを起こして、救急車で搬送)

イン(度重なる疲労とストレスで、今までの記憶を全て失ってしまった)

イン(もともと臆病なとうまは、今回のことでさらに内向的になってしまったので、助けてもらった私がとうまの世話をすることに)

イン(社会復帰するにはもう少し時間がかかりそうだけど、一緒に頑張ろうね、とうま)

イン(私たちの夏が、始まる)


第一部 完



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11(水) 01:46:19.81 ID:GW2XzGqp0

今日はこれでおしまいです

また近いうちに書きます


元スレ
御坂「ちょっとあんた」上条「げえっ!!!ビリビリ!!!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1386685385/