関連



1: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:14:29.62 ID:7Nnn0YVJ.net

―帰りのバス

曜「はぁ~、ようやく1週間が終わるね~。」ノビィ~

善子「そうね。」

善子「でもまあ練習漬けで放課後だけはあっという間だけど。」クスクス

曜「あはは♪」

曜「確かにそうかもね~♪」

善子「昔の私からしたら考えられないわね。」

善子「外に出てしかも身体を全力で動かしてるんだから。」

曜「私はあんまり変わらないかな~。」



2: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:15:40.75 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「それはわかるかも・・・。」

善子「曜さんが家の中でじっとしてるなんて姿想像できないわ。」

曜「それは失礼じゃないかな?」

曜「私だって家で静かに過ごしてる日もあるよ・・・、多分・・・。」

曜「いや・・・、病気以外はないかも・・・。」グヌヌ

善子「やっぱりね♪」

曜「昔からじっとしてられない身体なもんで・・・。」ポリポリ

善子「小さい時からそのテンションなのね・・・。」

善子「まあ曜さんらしいと言えばそうだけど・・・。」



3: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:16:11.13 ID:7Nnn0YVJ.net

曜「そうだ!」ピコン

善子「!?」

善子「どうしたの急に・・・。」ドキドキ

曜「明日だよ明日!」

善子「明日がどうしたのよ?」

善子「明日は練習ないから休日でしょ?」

曜「そう休日なんだよ!!」ガシッ

善子「だからなんなのよ///」

曜「よっ、しっ、こちゃ~ん♪」ズイッ



4: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:16:44.83 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「きゃっ///」

善子「(な、なんなの急に///)」

善子「(顔がめっちゃ近い///)」

曜「明日デートしよう♪」ミミモトササヤキ

善子「~~~っ///」ゾクゾク

善子「なんで耳元で囁くのよ///!!!」

善子「それくらい普通に言いなさいよ///!!」

曜「ええ~、だって周りに聞こえたら恥ずかしいじゃない///」

善子「なんで変なとこで照れるのよ!!」



5: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:17:18.99 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「いみわかんな 曜「しー♪」」クチビルピトッ

善子「(///!?)」

善子「(曜さんの指が唇に当たって///!?)」

曜「車内は静かにしないとダメだよ?」

曜「他の人に迷惑だヨーソロー♪」

善子「・・・。」コクコク

曜「えらいね♪」

曜「流石良い子の善子ちゃんだね♪」ナデナデ

善子「バカ・・・///」



6: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:17:53.74 ID:7Nnn0YVJ.net

曜「・・・。」ジー

善子「どうしたの自分の指なんて見て?」

曜「いやぁ~、さっきこの指で善子ちゃんの唇に触れたじゃない?」

善子「そうだけど・・・。」

曜「この指で自分の唇に触れたら間接キスになるのかな?って考えてたんだよね♪」

善子「そういうのは思ってても言うなぁ///!!!」

善子「バカじゃない///!!!」

曜「あははは、冗談だよ冗談♪」

善子「(この人は・・・///)」



7: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:18:47.24 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「(絶対にからかってるでしょ///)」

曜「で、どうかな?」

曜「善子ちゃん明日空いてる?」

善子「・・・空いてるわ///」

曜「本当!?」パァ~

曜「ありがとう~善子ちゃん♪」テヲギュッ

善子「そんなことくらいで喜ばないでよ///」

善子「だって私達コイビトドウシダシ・・・///」ゴニョゴニョ

善子「デートクライアタリマエダシ・・・///」ゴニョゴニョ



8: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:19:13.08 ID:7Nnn0YVJ.net

曜「ふ~ん・・・。」ニヤニヤ

曜「善子ちゃん照れてますなぁ~。」ニヤニヤ

善子「うるさい///!!!」

善子「私のことはいいの///!!!」

曜「えへへ~♪」

曜「やっぱり善子ちゃんからかうのはおもしろいね♪」

善子「ひどくない!?」

曜「あっ、そろそろバス着くね♪」

曜「詳しいことは帰ってから電話するから~!」



9: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:19:55.26 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「わかったわ。」

善子「21時くらいにしてくれたら取れるから。」

善子「待ってるわね♪」

ピンポーン

曜「次おりまーす!」

善子「言わなくてもいいの//!!!」

曜「じゃあね善子ちゃん♪」

善子「ええ、さようなら曜さん。」

曜・善子「「またね。」」



11: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:28:30.74 ID:7Nnn0YVJ.net

―善子の部屋

善子「お風呂も入ったし、後は曜さんの電話を待つだけね・・・。」

善子「今は20時10分か・・・。」

善子「うぅ・・・、なんだか緊張する・・・。」

善子「なんなの!ただの電話じゃない!!」

善子「このヨハネが緊張するなどありえないわ!」

善子「私は堕天使ヨハネ!」

善子「人間ごときに遅れを取るなどありえない!」

善子「しっかりしなさい!」



12: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:29:09.57 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「スーーーーーーーハーーーーーーーー。」

善子「スーーーーーーーハーーーーーーーー。」

善子「よし!!!」

善子「これで大丈夫よ!」ギランッ

善子「・・・。」チラッ

善子「まだ5分しか経ってない・・・。」

善子「はぁ~。」ベットニダイブ

善子「まだかな・・・。」スマホチラッ

善子「早く曜さんと話がしたい///」



14: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:29:46.95 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「うぅ///」

善子「うにゃ~~~///」ゴロゴロゴロ

善子「このじれったさなんなのよぉ~///」バタバタ

善子「はぁ・・・///」

善子「でもこの気持ち嫌いじゃないかも///」

善子「今まで電話を心待ちになんてしたことないもんね///」

善子「曜さん///」

善子「はぁ・・・」

善子「ため息ばっかりね・・・。」チラッ



15: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:31:02.53 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「まだ20時20分か・・・。」

善子「う~、そうだ!!!!」ガバッ

善子「明日着る服用意しないとっ!」スクッ

善子「ええっと・・・、流石にいつもの堕天使ファッションは止めておこうかな・・・。」ガチャッ

善子「う~ん・・・、どうしようかな・・・。」カチャカチャ

善子「曜さんはAqoursの衣装担当だからきっとオシャレしてくるだろうし・・・。」カチャカチャ

善子「いや、逆にボーイッシュで攻めてくるかもしれないし・・・。」カチャカチャ

善子「そうすると私は何を着ていけばいいかしら・・・。」

善子「一応流行りの服も用意はしてるんだけどなぁ。」



16: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:32:22.40 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「曜さんは可愛い系がいいのかしら?」

善子「それとも清楚系?」

善子「あまりセクシー系は好きじゃなさそうだけど・・・。」

善子「うぅ・・・・。」

善子「迷う~!!!」

善子「無難に纏めるのがいいかもしれないわね。」

善子「これなんてどうだろう?」カチャッ

善子「ええっと鏡鏡っと。」

善子「う~ん・・・、悪くはなさそうなんだけど・・・なんかいまいちね・・・。」ジー



17: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:33:26.22 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「トップス決めるより先にスカートかパンツにするかを決めたほうがいいかしら?」

善子「それだったらこっちにタンスにしまってるから・・・。」

善子「ええっと・・・どこだったかしら・・・。ゴソゴソ

善子「ああ~、これいいかも♪」

善子「いつも黒系が多いからちょっとキャメルかダークグレーってものいいわね♪」

善子「ここはスカートを止めてガウチョパンツってのもありだわ♪」

善子「でも、こっちのフレアスカートも捨てがたい・・・。」

善子「ああ!!決まらない!!」

善子「どうしたらいいのよぉ~!!!」



18: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:34:13.90 ID:7Nnn0YVJ.net

♪~~~~♪

善子「!?」ビクッ

善子「え?ええ?」チラッ

善子「ってもう21時じゃない!!」スマホトリアゲ

善子「スーハー・・・。」

善子「よしっ!」スゥー

善子「もしもし曜さん?」

曜『あっ、善子ちゃん?』

曜『こんばんわよーそろー』

善子「こんばんわ、って語呂悪いわよ。」



19: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:34:42.82 ID:7Nnn0YVJ.net

曜『えへへ~、それは言わないでよ!』

善子「はいはい。」

曜『約束どおりにかけたけど、今大丈夫?』

善子「ええ、大丈夫よ。」

善子「むしろ待ってたくらいだわ。」

善子「(部屋は服で散らかってるけど・・・。)」

曜『ふ~ん、善子ちゃん私の電話心待ちにしてたんだ♪』

曜『嬉しいなぁ~♪』

善子「だ、誰も心待ちにしてたなんて言ってないでしょ///!!」



23: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:36:28.21 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「普通よ普通に待ってただよけ///!!」

曜『ええ~、だったら私の電話待ってなかったの・・・。』

曜『それはそれで寂しいなぁ・・・。』

曜『私は善子ちゃんとの電話心待ちにしてたのに・・・。』シュン

善子「ワタシモ・・・シテマシタ・・・///」ボソボソ

曜『え?善子ちゃんなんて?』

善子「ワタシモココロマチニシテマシタ・・・///」ボソボソ

曜『聞こえないよぉ~そろ~♪』

善子「私も心待ちにしてたって言ったのよ///!!」



24: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:37:03.70 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「何回も言わせるなぁ~///!!」

曜『よしよし!』

曜『素直が一番だよ!』

善子「うぅ~・・・///」

善子「せっかくお風呂に入ったのに変な汗出てきたわ・・・///」

善子「もう1回入らないとダメじゃない・・・///」

曜『そのまま来てもいいんだよ?』

曜『善子ちゃんの汗の匂い私は大好きだから!』

曜『むしろそのままで来て!』



26: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:37:39.40 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「バカっ///!!」

善子「変態!変態!本当におかしいんじゃないの///!!」

曜『あははは~♪』

曜『まあまあ怒らない怒らない♪』

曜『半分くらい冗談だよ♪』

善子「半分は本気なのね・・・。」

曜『そうともいうね♪』

善子「はぁ~、なんだかどっと疲れたわ・・・。」ポスン

曜『それは大変だ!!』



27: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:38:03.95 ID:7Nnn0YVJ.net

曜『善子ちゃんが疲れきる前に先に予定決めよっか!』

善子「(ほとんど曜さんのせいだけど話が先に進まなそうだから黙ってよ・・・)」

曜『善子ちゃんどこか行きたいところある?』

善子「そうね・・・、普通に沼津のモールでウィンドウショッピングでもする?」

曜『それもありだね~。』

曜『でもせっかくの初デートだからもっとデートっぽくもしたいよね!』

善子「・・・///」

善子「そうね///」

曜『ウィンドウショッピングもするけど、映画でも見に行く?』



29: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:39:22.53 ID:7Nnn0YVJ.net

曜『実は見たい映画があるんだ~。』

善子「映画か~、私も見たいのがあったのよね。」

曜『それは奇遇だね!』

曜『せーのでタイトル言わない?』

善子「良いわね♪」

曜『じゃあいくよ!』

曜『せ~の♪』

曜・善子「「○○○!!」」

善子「!?」



30: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:39:58.64 ID:7Nnn0YVJ.net

曜『おお~、同じ映画だったんだね♪』

善子「本当ね♪」

善子「今流行の恋愛映画だったからどうしても見たくって・・・。」

曜『うんうん!』

曜『私も見に行きたかったんだよ!』

曜『なんかすっごく感動するらしいし、評判もいいんだよね♪』

曜『前から見たかったんだけど、タイミングがなくってね・・・。』

善子「私もなんとく見れなかったわ・・・。」

曜『なんか運命感じちゃうね!』



31: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:41:40.28 ID:7Nnn0YVJ.net

曜『やっぱり私達運命の恋人同士なんだよ!』

善子「そうかもね///」

善子「運命の恋人かもね///」

曜『えへへ~、何か照れるね///』

善子「ええ、でも嫌じゃないわこの気持ち///」

曜『うん///』

曜『それじゃあ明日は10時くらいに時計の前に集合でいい?』

善子「それでいいわ。」

曜『まずは適当にモール内うろついて、お昼を食べてから映画にしよう!』

善子「私はそれでいいわよ。」



32: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:42:40.38 ID:7Nnn0YVJ.net

曜『それでまたモール内うろついて・・・。』

曜『あっそうだ夕ご飯はどうする?』

曜『食べて帰る?』

善子「私はどちらでもいいけど・・・。」

善子「結構融通が利く家だから。」

善子「(本当は夜まで一緒にいたいけどあまり我侭言ったらだめよね・・・。)」

曜『ふふふ・・。』

善子「どうしたのよ?」

曜『善子ちゃんどっちでもいいなんて嘘付いたらダメだよ?』



33: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:43:28.95 ID:7Nnn0YVJ.net

曜『本当は一緒に食べて帰りたいんでしょ?』

善子「え///?」

善子「(嘘!なんで分かったの///)」

善子「(本当にこの人は私のことなんでも分かるのかしら///)」

曜『で、もう1回聞くけど。』

曜『善子ちゃんどうする?』

善子「一緒にいたい・・・///」ボソボソ

善子「出来ることなら夜まで一緒にすごしたいです・・・///」ボソボソ

曜『善子ちゃんは素直だから好きだよ♪』



34: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:44:57.98 ID:7Nnn0YVJ.net

曜『私も善子ちゃんとずっと一緒にいたいよ♪』

曜『それじゃあ夜もどこかで食べようか!』

善子「ええそうしましょ。」

曜『何か食べたいものある?』

善子「そうね・・・。」

善子「私、曜さんが食べたいものが食べたいわ。」

曜『へ?』

曜『私が食べたいもの?』

善子「ええ。曜さんが食べたいものよ。」



35: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:45:30.71 ID:7Nnn0YVJ.net

曜『私はうれしいけど・・・。』

曜『善子ちゃんはそれでいいの?』

善子「嫌ならそんなこと言わないわ。」

善子「曜さんがおいしいと思うものを一緒に食べたいの。」

善子「(だって好きな人がおいしく食べてる姿を見るととても幸せになれるから・・・。)」

善子「(それだけで普段食べているものが何倍もおいしくなる・・・。)」

善子「(不思議なものよね♪)」

曜『そっか♪』

曜『じゃあ私のとっておきのお店に連れて行ってあげる♪』



36: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:45:56.43 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「エスコートはおまかせできるかしら?」

曜『もちろんであります!』

曜『可愛い愛しの彼女のためにはりきっちゃうよ!』

善子「もう///」

曜『えへへ~♪』

善子「じゃあ決めることも決めたし、そろそろ切るわね?」

曜『そうだね!』

曜『また明日ね!』

善子「ええ、また明日曜さん。」



37: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:47:43.72 ID:7Nnn0YVJ.net

曜『おやすみなさぁ~い。』

善子「おやすみ。」

曜『愛してるよ♪』ブチッ

善子「なぁ~~///」

ツーツーツー

善子「もう///!!!」

善子「私も愛してるわよ///」ボソボソ

善子「~~~///」バタバタバタ

善子「本当に私らしくも無いわ///」



38: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:48:22.39 ID:7Nnn0YVJ.net

善子「はぁ~・・・///」

善子「あっ、そうだった・・・。」

善子「・・・。」キョロキョロ

善子「この部屋片付けてから寝ないとまずいわよね・・・。」ゴチャァ

善子「はぁ・・・。」

善子「まあ自分が悪いから仕方ないか・・・。」

善子「さっさと始めましょう。」

善子「日付変わるまでには終わらせたいわね・・・。」

善子「終わるかしら・・・。」



40: 名無しで叶える物語 2018/02/02(金) 22:50:05.39 ID:7Nnn0YVJ.net

―0時頃

善子「ようやく終わったわ・・・。」

善子「ええっと時間はっと・・・。」チラッ

善子「え!?」

善子「もうすぐ日付が変わるじゃない!」

善子「早く寝ましょう!」

善子「ええっと目覚ましは・・・、7時にセットでいいかしら・・・。」

善子「まあ9時に出れば大丈夫だからいけるか・・・。」

善子「よし、セット完了!」

善子「おやすみなさい。」カチッ



62: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:36:38.61 ID:eJQQGZGG.net

―翌朝

pipipipipi・・・

善子「うぅ・・・。」

pipipipipi・・・

善子「うるさい・・・。」

善子「今日は休みなのになんで目覚まし鳴ってるのよ・・・。」ガサゴソ

pipipipipiカチッ

善子「もうちょっと寝よう・・・。」

シーン・・・



63: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:37:14.49 ID:eJQQGZGG.net

善子「ってダメダメ!!」ガバッ

善子「今日は絶対に遅刻出来ないんだから!!」

善子「せっかく昨日夜遅くまで服とかアクセまで選んだのに、遅刻したら意味ないじゃない!」

善子「ゆっくりなんてしてられないわ!」

善子「ええっと・・・。」

善子「何からしようかしら?」

善子「顔洗って、服着替えて、髪をセットして・・・。」

善子「う~ん・・・。」

善子「とりあえず、ご飯食べてこようっと。」



64: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:37:46.46 ID:eJQQGZGG.net

―リビング

ガチャッ

善子「おはよう。」

善子ママ「おはよう。」

善子ママ「あら今日はお休みなのに早いのね。」

善子「今日は朝から出かける用事があるのよ。」

善子ママ「!?」

善子ママ「うそっ・・・。」

善子ママ「あの万年引きこもりで超インドア派のあなたが朝から外出!?」



65: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:39:09.47 ID:eJQQGZGG.net

善子ママ「休日なんて昼に起きてゲームして寝るしかやることのなかったあなたが・・・。」ジーン

善子ママ「よかったわね・・・。」ウルウル

善子ママ「あっ、でも今日は傘が持って出かけたほうが良さそうね・・・。」

善子「実の親なのに辛辣すぎない!?」

善子「私だってたまには朝から出かけるわよ!」

善子「たまにはね・・・。」

善子「(いや・・・、出かけた記憶ないわね・・・。)」

善子ママ「ふぅ~ん。」ニヤニヤ

善子「な、なによ。」



66: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:39:29.30 ID:eJQQGZGG.net

善子ママ「べつにぃ~、なんでもないわよ。」ニヤニヤ

善子「だったらその顔やめて!」

善子ママ「まあ朝ご飯食べてる間に話を聞くことにして、今日は何食べたい?」

善子ママ「パン?それともご飯?」

善子「今日はパンでいいわ。」

善子「どうせ私の分用意してなかったと思うし、軽めで。」

善子ママ「あら?遠慮しなくてもいいのよ?」

善子ママ「作るのは対して変わらないから。」

善子「ううん。」



67: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:41:16.40 ID:eJQQGZGG.net

善子「少し寝不足で食欲ないからやっぱりパンでいいわ。」

善子ママ「昨日夜遅くまでバタバタやってるからそうなるのよ・・・。」

善子「だって色々準備が必要だったんだもん・・・。」

善子ママ「ふ~ん。色々準備ねぇ~。」ニヤニヤ

善子「もう///!」

善子「時間が無いから早く作ってよ///!!」

善子ママ「はいはい♪」

善子ママ「すぐ準備するからそこに座ってなさい♪」

善子「はぁい。」



68: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:42:32.58 ID:eJQQGZGG.net

―――
――


善子ママ「はいどうぞ♪」

善子「軽めっていったのになんでこんなに豪華なの・・・。」

善子ママ「だって~、今日は善子の外出記念だから♪」

善子ママ「はりきっちゃった♪」テヘッ

善子「年齢的にきついからそれやめたほうがいいわよ。」

善子ママ「善子明日から1週間ご飯抜きね。」



69: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:43:34.90 ID:eJQQGZGG.net

善子「なんでそうなるよの!」

善子ママ「はいはい早く食べないと遅れるんじゃないの?」

善子「そうだった!」

善子「いただきます!」パンッ

善子ママ「あわてて喉をつまらさないようにね。」

善子「ふぁ~い。」モグモグ

善子ママ「で、今日は誰と出かけるの?」

善子ママ「彼氏でも出来たの?」ニヤニヤ

善子「うぐっ~~、~~~っ。」



70: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:44:11.80 ID:eJQQGZGG.net

善子ママ「あらあら早くこれ飲みなさい。」

善子「ゴクゴクゴク ぷはぁ~。」

善子「いきなりなんてこと聞くのよ///!!」

善子ママ「だって、朝早くに起きてオシャレして出ていくって言ったらデートしかないじゃない?



善子ママ「変なことは聞いてないと思うけど?」

善子「確かに変なことじゃないけど///」

善子ママ「それで誰なの?」

善子ママ「紹介しなさいよ♪」

善子「いや/// だからデートじゃないって///」



71: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:46:39.57 ID:eJQQGZGG.net

善子ママ「嘘おっしゃい!」

善子ママ「そんなに顔も真っ赤になって照れてるのにデートじゃないわけないじゃない!」

善子ママ「ほら!パパには黙っててあげるから♪」

善子「う~///」

善子「Aqoursの渡辺曜先輩と出掛けるの・・・///」

善子ママ「へ?Aqoursって善子がやってるスクールアイドルの?」

善子「///」コクン

善子ママ「ほ~そうなんだ♪」

善子ママ「その先輩のこと好きなの?」



72: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:47:07.75 ID:eJQQGZGG.net

善子「なんでそんなこと聞くのよ///!!!」ガタッ

善子ママ「いやだって聞く流れかな~って思ったから。」

善子ママ「それで?」

善子ママ「善子は渡辺先輩のことが好きなのかな?」ニヤニヤ

善子「~~~~っ///」

善子「はい・・・///」

善子ママ「ひゅ~ひゅ~♪」

善子ママ「熱いね~♪」

善子「からかわないでよ///」



73: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:48:13.32 ID:eJQQGZGG.net

善子ママ「それにしても善子の好きな子が女の子とはね~。」

善子「何よ///!悪い///!」

善子ママ「ううん。私は全然OKよ♪」

善子ママ「善子さえ幸せになってくれればそれでいいから。」ナデナデ

善子「ママ///」ウルウル

善子ママ「ただね。」ナデナデ

善子ママ「世の中そうじゃない人もいるの。」

善子ママ「きついこと言われたりすることもあると思う。」

善子ママ「辛くてその恋が間違ってたんじゃないかと思う時もある思うの。」



74: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:49:40.45 ID:eJQQGZGG.net

善子ママ「でもね、その時はお母さんが善子のこと守ってあげるから。」ギュッ

善子ママ「あなたはその恋を貫き通しなさい♪」ナデナデ

善子「うん・・・。」

善子「ありがとうママ。」ギュッ

善子ママ「さあさっさと食べないと遅れちゃうわよ!」セナカポン

善子ママ「精一杯オシャレして楽しんできなさい♪」

善子「うん♪」

善子ママ「今度絶対に会わせてよ?」

善子「それはまた追々ね・・・。」



75: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:50:19.70 ID:eJQQGZGG.net

―善子の部屋

善子「よしっ!」

善子「ご飯も食べて歯磨きも終わったし、顔も洗った。」

善子「後は身支度をするだけね。」チラッ

善子「あまり時間もないからぱぱっとしちゃいましょう。」スルスル

ガチャッ

善子ママ「善子ちょっといい?」ヒョコッ

善子「きゃぁ~~~///」

善子ママ「あら着替えてたのね?」



76: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:51:31.14 ID:eJQQGZGG.net

善子「部屋に入る前はノックしてっていつも言ってるでしょ///!!」

善子ママ「いいじゃない別に母親なんだから裸の1つや2つ見られても・・・。」

善子「私が良くないのよ///!」

善子「で、何か用事なの///?」

善子ママ「そうそう、私もこの後パパのところに出かけるんだけど、今日は帰ってこないから戸締

りだけはしっかりしてね?」

善子「わかったわ。」

善子「パパによろしく言っておいて。」

善子ママ「ふふふ、彼女さんのことは伏せておいて、元気にやってるって言っておいてあげる♪」

善子「余計なことは言わなくていいからね///!」



77: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:52:03.19 ID:eJQQGZGG.net

善子ママ「それじゃあよろしく♪」

バタンッ

善子「全く・・・デリカシーがないママなんだから・・・。」ヌギヌギ

ガチャッ

善子ママ「それと肝心なこと忘れてたわ。」

善子「って、全然反省してないじゃないの///!!」

善子ママ「おお~、完全に下着姿じゃない。」

善子「早く出てってよ///!」

善子ママ「こほん、善子今日はデートなのよね?」



78: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:52:55.37 ID:eJQQGZGG.net

善子「そうだってさっき言ったじゃない///!!」

善子ママ「そして今日の夜、家には誰もいない・・・。」

善子「それがどうしたのよ///」

善子ママ「善子!」ガシッ

善子「何!?」

善子ママ「ここは親であり教職者の立場として言います。」

善子ママ「善子も年頃の女の子だから仕方ないと思うんだけど・・・。」

善子「?」

善子ママ「曜ちゃんを連れ込んでエッチするのはまだダメだからね!」



79: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:54:18.13 ID:eJQQGZGG.net

善子ママ「せめてもう少しデートとか色々段階を踏んでからの方がいいと思うの・・・。」

善子ママ「だから・・・。」

善子「なぁ~///」

善子「何言ってるのこのバカママ///!!!」

善子「よりにもよって年頃の娘にそんなこと聞いてくるなんて///!」

善子「ありえないわよ///!」

善子ママ「いやぁ、一応念だけ押しておこうかなってね♪」

善子ママ「まあ雰囲気に流されたなら仕方ないけど。」

善子ママ「その時は曜ちゃんに責任を取ってもらわないとね♪」



80: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:55:13.25 ID:eJQQGZGG.net

善子「ほんとバカなんじゃないの・・・///」

善子ママ「それじゃあお母さんはここで退散するわ。」

善子ママ「あっそれとはいっ、これお小遣い♪」

善子「え?」

善子ママ「せっかくのデートなんだし楽しんでいらっしゃいな♪」

善子ママ「じゃ~ね~♪」フリフリ

バタン

善子「あ、嵐が過ぎ去ったみたい・・・。」

善子「でもうれしい。」



81: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:56:28.32 ID:eJQQGZGG.net

善子「ちゃんと応援してくれてるんだ///」

善子「変に固いところあるからダメだって言われるかもって思ってたけど///」

善子「ありがとうママ///」ギュッ

善子「さぁ~て!着替えましょう!」

善子「早くしないと本当に時間が無くなっちゃうわ。」

善子「ええっと、下着下着っと・・・。」

善子「昨日選んだのになんだか地味に思えてきたわね・・・。」

善子「やっぱりこっちの黒いのにしたほうがいいのかしら・・・。」

善子「って見せるわけじゃないんだからなんでもいいじゃない///」



82: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:57:12.72 ID:eJQQGZGG.net

善子「うぅ・・・///」

善子「ママが変なこと言ったから気になってきた・・・///」

善子「曜さんが見られるってことも想定したほうがいいのかしら・・・///」

善子「ああ~もう!!」

善子「迷うなヨハネ!」

善子「自分の感性に自信を持ちなさい!!」

善子「見えないところもオシャレするのが本当のオシャレよ!」

善子「そうよそうよ!」

善子「これにしましょう!」ガシッ



83: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:57:41.68 ID:eJQQGZGG.net

善子「・・・。」スルスル カチッ

善子「・・・///」

善子「ちょっと大胆すぎるかしら・・・///」

善子「いいわよね///」

善子「もしものこともあるし、これくらい攻めたっていいわよね///」

善子「うんうん。そうね///!」

善子「備えてあれば憂いなしよ///!」

善子「後は昨日用意したものに着替えてっと・・・。」スルスル

善子「よしっと♪」



84: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 20:59:22.39 ID:eJQQGZGG.net

善子「どうかしら?変じゃないわよね?」クルクル

善子「いざ着てみると自信がなくなってきたわ・・・。」

善子「う~ん・・・。」

善子「いっそ全部変えてみる?」

善子「いやいや、やっぱりこのままの方が・・・。」

善子「ああ~、どうすればいいのよ~!!」

ガチャッ

善子「!?」

善子ママ「早くしないと時間に遅れるわよ?」

善子「わかってるわよ!」



85: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:00:55.47 ID:eJQQGZGG.net

善子「ってノックまた忘れてるでしょ!」

善子ママ「全くこっちが心配してあげてるのに・・・。」

善子ママ「親の心子知らずとはよく言ったものね。」ヤレヤレ

善子「それとこれとは話が違うっていうか・・・。」

善子ママ「あら?まだ着替え中だったの?」

善子「うぅ・・・。」

善子「なんだか決まらないのよ・・・。」

善子「ママどうしよう・・・。」ウルウル

善子ママ「今でも十分可愛いじゃない♪」



86: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:01:27.76 ID:eJQQGZGG.net

善子ママ「何が不安なの?」

善子「分からないの・・・。」

善子「どれが一番いいのかわからないのよ・・・。」シュン

善子ママ「私は今のままでいいと思うわ♪」

善子ママ「だって♪」ギュッ

善子ママ「恋する乙女はこの世の中で一番綺麗で可愛いものなんだから♪」

善子ママ「自分に自信を持ちなさい善子!」ナデナデ

善子ママ「あなたは今世界一可愛いわよ♪」ナデナデ

善子「うん///」



87: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:01:56.28 ID:eJQQGZGG.net

善子「ありがとう///」

善子ママ「う~ん髪型はいつも通りにするのかしら?」

善子「ええ、そのつもりよ。」

善子ママ「お母さんがやってあげようか?」

善子ママ「少しアレンジしてあげる♪」

善子「ええ~、ママ出来るの?」

善子ママ「こう見えても昔は色々髪型いじってたのよ?」

善子ママ「可愛い善子をもっと可愛くしてあげる♪」

善子ママ「ほらそこに座って!」ポンッ



88: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:02:30.33 ID:eJQQGZGG.net

善子「わかったわ。」

善子「ママお願い♪」

善子ママ「任せてちょうだい!」

―――
――


善子ママ「はいっ!完成っと!」

善子ママ「どう?ちょっと束ねたり編み込んだりしたけど・・・。」

善子「わぁ~。」キラキラ



89: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:03:29.93 ID:eJQQGZGG.net

善子「いい!すっごくいいわ!」

善子「ママありがとう♪」ギュッ

善子ママ「気に入ってもらって良かったわ。」

善子ママ「ほらっ、そろそろ出かけないと遅れるわよ。」

善子ママ「集合15分前には着くように出かけること!」

善子ママ「それがマナーよ♪」

善子「わかったわ。」

善子ママ「忘れ物が無いようにしなさいね。」

善子「ええっと、財布持ったし、ハンカチもティッシュもある。」



90: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:03:47.88 ID:eJQQGZGG.net

善子「スマホも入れたし、念の為折り畳み傘も入れた・・・。」

善子「後は・・・。」

善子ママ「本当に念の為だけど、絆創膏も入れておきなさい。」

善子ママ「あなたそそっかしいから怪我するかもしれないし。」

善子「ありがとうママ♪」

善子「よし!これでOKっと!」

善子「それじゃあ行ってきます!」

善子ママ「いってらっしゃい♪」

善子ママ「気を付けて楽しんできなさい♪」

善子「わかったわ♪」



91: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:05:34.36 ID:eJQQGZGG.net

―ショッピングモール時計前

善子「ふー今日は何事もなく着くことが出来たわね・・・。」

善子「(本当に何もなくて良かった・・・。)」

善子「(あまり祈ったことないけど神様お願いします。)」

善子「(今日1日は不幸が降りかからないように守ってください・・・。)」

善子「あ、あれって?」

善子「曜さん!?」タタタタッ

善子「曜さんもう来てたの?」

曜「あっ、善子ちゃんおはヨーソロー♪」



92: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:07:29.88 ID:eJQQGZGG.net

曜「はやいね♪」

善子「って私の方が遅く来てるんだけど・・・・。」

善子「いつからここにいたの?」

曜「今来たところだよ!」フンス

善子「絶対に嘘ね・・・。」ジー

曜「うっ・・・、一度言ってみたかったセリフだったのに・・・。」

善子「それでいつから来てたの?」

曜「ええっと・・・、1時間前くらいかな・・・。」

善子「そんなに早く来てたの!?」



93: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:08:22.90 ID:eJQQGZGG.net

善子「だったら連絡してくれたら早く来たのに・・・。」

善子「曜さんごめんなさい・・・。」ペコリ

曜「ええ~!善子ちゃん謝らないで!」

曜「私が勝手に早く来たのが悪いんだから!」

曜「ほら顔上げて!」

善子「でも・・・。」ウルウル

曜「ほら私って用意がすぐ終わっちゃうんだよね~。」アハハハ

曜「終わったらなんかじっとしてらんなくって・・・。」

曜「外に飛び出しちゃったんだ♪」



94: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:08:48.04 ID:eJQQGZGG.net

曜「善子ちゃんはきっととびっきりオシャレして来てくれるって思ったから連絡するのも悪いかな

~ってね。」

善子「そうだったの・・・。」

善子「確かに用意に手間取ってたから連絡が来てもすぐにいけなかったのかもしれないわ。」

善子「それで///」

善子「どうかしら///?」ウワメヅカイ

曜「・・・。」ジー

善子「(ドキドキする///)」

善子「(どうしたのかしら///?)」

善子「(もしかして何かおかしいところでもあったのかしら///?)」



95: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:09:18.86 ID:eJQQGZGG.net

善子「(どうしよう・・・。)」

曜「すっ。」

善子「す?」

曜「すっ~~~~~~っごく可愛いよ善子ちゃん♪」ギュッ

曜「いつも可愛いけど、何倍いや何十倍も可愛いよ♪」

曜「今日の為に頑張ってオシャレしてくれたんだね!」

曜「すっごくうれしいよ♪」ニコッ

善子「ありがとう///」

善子「曜さんの為に頑張ってオシャレしたから褒めてもらえてうれしい///」



96: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:09:50.27 ID:eJQQGZGG.net

善子「すごくうれしいわ///♪」

曜「流石私の自慢の彼女だね♪」ミミモトボソボソ

曜「綺麗だよ善子ちゃん♪」ボソボソ

善子「~~~っ///」カオマッカ

善子「(全くこの人はいつもいつも///)」

善子「(本当にずるいわ///)」

曜「私ももっとオシャレしてきたら良かったかな~。」キョロキョロ

曜「いつもよりは気合入れたんだけど、善子ちゃんに比べたら見劣りするね・・・。」ニガワライ

善子「そんなことないわ!」



97: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:10:23.61 ID:eJQQGZGG.net

善子「私は曜さんのその恰好すっごく素敵だと思う!」

善子「コイビト・・・、の私が言うんだから間違いないわ!」

善子「胸を張っていいのよ!」

曜「えへへ~、善子ちゃんに褒めてもらえてうれしい///」

曜「昨日悩んだかいがあったよ!」

曜「ありがとう善子ちゃん!」

善子「いいのよ別に。」

善子「私たち恋人同士なんだから///」ゴニョゴニョ

曜「ふふふ、それじゃあいこっか!」テヲギュッ

善子「ええ、行きましょう♪」ニギリカエリ



98: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:49:59.29 ID:eJQQGZGG.net

―ショッピングモール内

曜「何見に行く?」

善子「そうね・・・。」

善子「曜さんは何か見たいものある?」

曜「そういえば今日善子ちゃんが着てる服ってどこで買ったの?」

善子「え? ああ、それならこのモール内にあるわよ。」

曜「そうなんだ。」

曜「なんかいつもと違って雰囲気のいい服だからちょっと見てみたいなって思ってね♪」

善子「それっていつもの服が悪いみたいないいかたね・・・。」ジトー



99: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:51:19.30 ID:eJQQGZGG.net

曜「いや、そんなことはないよ!」アセアセ

曜「いつものロリータチックなファッションもいいんだけど、今日のはええっとなんていうか・・

・。」アセアセ

曜「私も着てみたいし・・・。」アセアセ

曜「ええっと・・・、そのぉ・・・。」

曜「ご、ごめん・・・。」シュン

善子「ふふふ・・・。」

善子「あはははは~。」

曜「善子ちゃん?」キョトン

善子「冗談よそんなことで怒るわけないじゃない♪」



100: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:53:22.86 ID:eJQQGZGG.net

曜「え?」

曜「ええ~!!!」

曜「だましたなぁ~!」

曜「すっごく心配したのに!」

曜「ひどいよ善子ちゃん!」プンプン

善子「まさかあんなに必死で謝るなんて思わなかったから。」

善子「少し焦った曜さんを見るのも新鮮だったわ♪」

善子「今度から怒った振りしてからかおうかしら?」ニヤニヤ

曜「ぶー!」プンプン

曜「そっちがその気なら!!」



101: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:54:14.13 ID:eJQQGZGG.net

曜「罰として!」ダキッ

善子「///!?」

曜「腕組んで歩こう♪」

曜「えへへ~、善子ちゃん顔真っ赤だよ♪」フフン

善子「・・・バカ///」

善子「(私的にも罰になってないわよ///)」

善子「(ああ~、本当にこの人は///!!)」

善子「(はぁ・・・///)」

善子「(本当にもう///!!)」



102: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:54:52.80 ID:eJQQGZGG.net

―――
――


善子「(結局ここまでずっと腕組んだままだったわね///)」

善子「ここよ。」

曜「おお~、見た目からしてオシャレ感がすごいね♪」キラキラ

善子「まあ流行り物は一通り揃ってるし、小物も可愛いのがあるから重宝してるわ。」

善子「値段もそこまで高くないしね。」

曜「本当だ。」ピラッ



103: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:55:27.34 ID:eJQQGZGG.net

曜「これならそこまで財布に痛くないね♪」

善子「せっかくだから見ていく?」

曜「もちろん♪」

曜「ああ~、可愛い服がいっぱいあるから目移りちゃうよ♪」

曜「これなんて次の衣装に使えそうじゃない?」

善子「確かにシンプルなデザインだからこれを元にアレンジ効きそうね。」

曜「だよね!」

善子「これなんてどうかしら?」

善子「下をスカートにするかキュロットタイプにするかにもよるけど、合わせやすいんじゃない?」



104: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:55:59.09 ID:eJQQGZGG.net

曜「おお~、本当だ!」

曜「それもいいね♪」

曜「やっぱり雑誌で見るよりこうして実際見たほうがイメージが湧きやすいからね。」

善子「そうね。」

善子「それもあるけど、こうやって2人でみながらだから余計にいいのかもね。」

曜「ふふふ♪」

曜「今日はやけに素直だね善子ちゃん♪」

善子「た、たまにはいいでしょ///!」

善子「私だって今日くらい素直になるわよ///」



105: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:56:26.93 ID:eJQQGZGG.net

曜「おお~、本当だ!」

曜「それもいいね♪」

曜「やっぱり雑誌で見るよりこうして実際見たほうがイメージが湧きやすいからね。」

善子「そうね。」

善子「それもあるけど、こうやって2人でみながらだから余計にいいのかもね。」

曜「ふふふ♪」

曜「今日はやけに素直だね善子ちゃん♪」

善子「た、たまにはいいでしょ///!」

善子「私だって今日くらい素直になるわよ///」



106: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:56:48.78 ID:eJQQGZGG.net

曜「それじゃあ今から善子ちゃんを着せ替え人形にしちゃおうかな!!」

善子「ええ~!!」

曜「今の善子ちゃんも魅力的だけど、私の趣味でコーディネートしてみたかったんだよね♪」

曜「いいでしょ?」ワクワク

善子「はぁ・・・、嫌だって言ってもするんでしょ?」

曜「うん!」

善子「だったらいいわよ。」

善子「(ここならそんな変なのは無いと思うし。)」

曜「やったー♪」

曜「それじゃあ良いの選ばないとね♪」カチャカチャ

善子「程々にしてよね・・・。」



107: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:57:14.21 ID:eJQQGZGG.net

―お昼前

曜「あ~、堪能した♪」

曜「色んな善子ちゃんを写真に収められたので満足したであります!」

善子「それは良かったわね・・・。」

善子「(着替えるだけかと思ったら色々とポーズまで要求してくるとは思わなかったわ・・・。)」

曜「後で写真送ってあげるね♪」

善子「自分の写真なんていいわよ。」

曜「いらないの?」

善子「逆に自分の決めた姿の写真なんてほしいと思う?」



108: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:57:42.46 ID:eJQQGZGG.net

曜「・・・、いらないかな・・・。」

善子「でしょ?」

曜「だったら!」ダキッ

善子「ちょっとっ///」

曜「こっち見て善子ちゃん♪」スマホチラッ

善子「ええ~///」

曜「善子ちゃんヨーソローポーズしてね♪」

善子「ちょ、ちょっと///」

曜「3・2・1!」



110: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:58:16.21 ID:eJQQGZGG.net

曜「ヨーソロー♪」ケイレイッ

善子「よーそろー///」ケイレイッ

カシャッ

曜「ふふふ、良いのが撮れたであります♪」

曜「この写真ならほしいでしょ?」

善子「うん/// 絶対にほしい///」

曜「ならすぐに送ってあげるよ♪」

善子「(曜さんとのツーショット写真か・・・///)」

善子「(待ち受けに使おうかしら///)」



111: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:58:50.74 ID:eJQQGZGG.net

曜「待ち受けにしておこうっと♪」

善子「ええ~、曜さんも待ち受けにするの!?」

曜「もちろんだよ!」

曜「だってベストショットだよ?」

善子「私もしようと思ってたのに・・・。」

曜「おそろいでいいんじゃないの?」

善子「あっ、それもそうね・・・。」

曜「それじゃあお腹もすいたし、お昼ごはん食べに行こう!」

善子「ええ、行きましょう。」



112: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:59:20.09 ID:eJQQGZGG.net

―イタリアンレストラン

曜「おお~、おいしそうなパスタが来た♪」

善子「ここのパスタおいしいからきっと曜さんも気に入ってもらえるとおもうわ。」

曜「う~ん、いい匂い♪」

善子「いただきましょうか?」

曜「うん!」

曜・善子「「いただきます!」」

曜「あ~ん。」パクッ

曜「おいしい~♪」



113: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 21:59:45.93 ID:eJQQGZGG.net

曜「こんなにおいしいの食べたの久しぶりかも♪」

善子「それは良かったわ。」

善子「気に入ってもらえるかドキドキしてたもの。」

曜「善子ちゃんのお気に入りのお店だっていうからきっと激辛料理のお店かと思ったけど・・・。」

曜「普通にオシャレなレストランだったね。」

善子「私だっていつも辛いもの食べてるわけじゃないんだから!」

曜「まあまあ、このパスタに免じて許してよ♪」

曜「はい!あ~ん♪」

善子「またそんなことして///」



114: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:00:49.36 ID:eJQQGZGG.net

善子「だまされないんだからね///!!!」

曜「どうしたの善子ちゃん?」

曜「早くしないと私の腕が疲れちゃうよ?」

善子「だって他に結構客が入ってるし///」

善子「はずかしいわよ///」

曜「それくらいいいじゃん!」

曜「ほぉ~らっ!あ~ん!」

善子「分かったわよ///!!」

善子「あ~ん///」



115: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:01:14.46 ID:eJQQGZGG.net

善子「だまされないんだからね///!!!」

曜「どうしたの善子ちゃん?」

曜「早くしないと私の腕が疲れちゃうよ?」

善子「だって他に結構客が入ってるし///」

善子「はずかしいわよ///」

曜「それくらいいいじゃん!」

曜「ほぉ~らっ!あ~ん!」

善子「分かったわよ///!!」

善子「あ~ん///」



116: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:01:41.62 ID:eJQQGZGG.net

曜「目をつむったまま口をあけてる姿ってなんだかエロいね♪」

善子「余計なこと言ってると張り倒すわよ///!!」

曜「冗談だよ冗談♪」

曜「改めてはい!あ~ん♪」

善子「あ~ん///」パクッ

曜「どうだった?」

曜「私が愛情込めてあ~んしてあげたからおいしかったでしょ!」

善子「そうね///」

善子「いつもよりおいしかったわ///」



117: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:02:25.79 ID:eJQQGZGG.net

善子「(本当は恥ずかしすぎて味が全く分からないけど・・・///)」

善子「(ここは黙っておきましょう。)」

善子「(言ったらいつまでも食べさせられそうだし・・・。)」

曜「・・・。」ジー

善子「何?」

曜「本当は恥ずかしくて味なんてしなかったって顔してる・・・。」

善子「な、何言ってるの!」

善子「そんなことないわよ。」アセアセ

善子「とぉ~ってもおいしかったわ♪」ニコニコ



118: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:04:42.70 ID:eJQQGZGG.net

善子「(これで誤魔化せるはず!)」

善子「・・・。」ドキドキ

曜「・・・。」ジー

曜「まいっか・・・。」

善子「(助かった~。)」

善子「(これ以上恥ずかしいのは心臓に悪いわ・・・。)」

曜「後で・・・ふふふふ・・・。」ボソボソ

善子「(・・・、嫌な予感しかしないわね・・・。)」

善子「(聞こえなかったことにしましょう・・・。)」



119: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:05:23.05 ID:eJQQGZGG.net

善子「は、早く食べちゃわないと映画の時間に間に合わないんじゃないかしら?」

曜「うん?」

曜「あっ、本当だ!」

曜「あんまりゆっくりしてたらダメだね。」

善子「うんうん。」

善子「映画楽しみだから遅れるわけにはいかないものね♪」

善子「早く食べましょう!」

曜「なんだか誤魔化された気がするヨーソロー・・・。」ジトー

善子「そんなことないわよ。」メソラシ



120: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:06:04.44 ID:eJQQGZGG.net

―映画フロア

曜「事前に予約しておいてよかったね♪」

善子「ええ、やっぱり流行の映画だけあってほぼ満席だわ。」

曜「それにいい席座れたし、前の人も大きい人じゃないから安心して見られるね。」

善子「ふふ、なんだか怖いくらい幸運が続いてるからちょっとだけ心配かも。」

曜「善子ちゃん・・・。」

曜「・・・。」テニギリ

善子「曜さん?」

曜「今までは不幸が多かったかもしれない・・・。」



121: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:06:28.55 ID:eJQQGZGG.net

曜「だけど今は私がいるんだから不幸せも半分こ出来るよ。」

曜「幸せなことは2倍になるよ!」

曜「だからね?」

曜「不安や心配なんてもういらないんだから。」ギュッ

善子「曜さん・・・。」ウルウル

善子「もう!映画の前に泣かそうとしないで!」フキフキ

曜「えへへ~。なんだか急に伝えたくなっちゃって♪」

善子「でもありがとう。」ギュッ

善子「手を握ったまま映画観てもいいかしら?」



122: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:07:11.64 ID:eJQQGZGG.net

曜「もちろん♪」

善子「そろそろ始まるわ。」

曜「うん。」

―――
――


曜「よしよし。そんなに泣かないでよ。」ナデナデ

善子「・・・っ、だって・・・。」ポロポロ

曜「善子ちゃんって泣き虫さんだね。」ナデナデ



125: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:10:16.84 ID:eJQQGZGG.net

善子「いいじゃない・・・、グスッ・・・。」

善子「とっても・・・っ、感動したんだから・・・。」ポロポロ

曜「確かにいい映画だったよ。」

曜「私も思わず泣いちゃったもん♪」

善子「うぅ・・・、グスッ・・・。」

曜「あ~あ、せっかくのお化粧が崩れちゃうよ?」

曜「目も真っ赤になって・・・。」

善子「・・・いいのよ・・・。」ウツムキ

善子「しばらくしたら・・・、グスッ・・・直すから・・・。」



126: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:11:04.96 ID:eJQQGZGG.net

曜「これはしばらくダメな感じだね。」

曜「まあ時間があるからいいけどね!」

曜「善子ちゃん?」

曜「私にギュッする?」」

曜「そのほうが落ち着くでしょ?」ウデヒロゲ

善子「・・・ギュってしてる・・・。」ギュ~

曜「よしよし♪」ナデナデ

曜「善子ちゃんは本当に良い子だね♪」ナデナデ

善子「~~~///」ギュ~



127: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:11:48.60 ID:eJQQGZGG.net

―5分後

曜「もう泣き止んだかな?」カオノゾキコミ

善子「ええ///」

善子「ありがとう曜さん///」

善子「恥ずかしいところ見せたわね///」

曜「いいのいいの♪」

曜「善子ちゃんの泣き顔を見れるのも恋人の特権だからね♪」

善子「・・・///」

曜「さぁ~って善子ちゃんも元に戻ったことだし、またモール内ブラブラしようか!」



128: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:12:36.18 ID:eJQQGZGG.net

善子「ええ!行きましょう!」

曜「さっきは服を見たから次は何がいいかな?」

善子「そうね・・・、雑貨とかがいいかしら?」

曜「おお~、いつもの堕天使グッズが置いてるようなところかな?」ワクワク

善子「いえ、今日は普通の雑貨屋さんにしましょう。」

曜「あれ?どうして?」

善子「だって、曜さんがいってもきっとつまらないと思うし・・・・。」

曜「そんなことないけどなぁ~。」

善子「それに初めてのデートなんだから・・・///」



129: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:13:35.98 ID:eJQQGZGG.net

善子「ええっとなんて言ったらいいのかしら///」

善子「うぅ・・・///」

善子「なんかお互い楽しみたいじゃない///」

善子「そう思っただけよ///!」プイッ

曜「あはは♪」

曜「分かったよ善子ちゃん!」

曜「よぉ~し!それじゃあ雑貨屋へ!!」

曜「全速前進!ヨーソロー!」

善子「ヨーソロー///」



130: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:14:17.01 ID:eJQQGZGG.net

―雑貨屋

曜「おお~、このお店かぁ~。」

善子「曜さんも来たことあるの?」

曜「うん!最近はちょっと来てなかったけど結構好きなんだ~。」

曜「小物からちょっとしたアクセもあるし、なんたって全体的に可愛いん物が多いんだよね!」

善子「そうなのよ!」

善子「とにかく可愛いものがたくさんあるのがいいのよね!」

曜「でもそれって堕天使的にはいいの?」

善子「うぐっ・・・。」



131: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:14:49.94 ID:eJQQGZGG.net

曜「もっとこう禍々しいもののほうがいいんじゃないの?」

善子「そ、それはそうなんだけど・・・。」

曜「ふふ~ん、流石に堕天使ヨハネ様でも可愛いものには勝てなかったってことですか!」ニヤニヤ

曜「仕方ないよね~。」

曜「可愛いは正義だもんねぇ~♪」

善子「ほ、ほらヨハネって堕天使と人間のハイブリットだから!」

善子「あるときは堕天使、あるときは仮の姿である人間になるんだからその時に気分によって変わるのよ!」

善子「くくくっ、人間にはこの気持ちはわからないでしょう!」ギランッ

曜「ずいぶん苦しい言い訳だけど、まあいいや。」



132: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:16:11.50 ID:eJQQGZGG.net

善子「言い訳じゃないわよ!!」

善子「堕天使を蔑ろにするとひどい目にあうわよ?」

曜「はいはい。」

善子「スルー!?」

曜「せっかくの初デートだし記念になりそうなものでも買おうか♪」

曜「二人で見て回ろうよ!」

善子「いいわね♪」

曜「何がいいかなぁ~。」キョロキョロ

曜「う~ん・・・。」



133: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:16:31.50 ID:eJQQGZGG.net

善子「こんなのどうかしら?」

曜「キーホルダーかぁ。」

曜「いいんだけど・・・。」

善子「ピンとこない感じかしら?」

曜「ちょっとね~、もうちょっと特別感を出してみたくってさ!」

善子「それじゃあ・・・。」

善子「(このペアリング可愛いんだけど・・・///)」

善子「(まだ早いかしら///)」

曜「何見てるの?」ヒョコ



134: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:17:21.46 ID:eJQQGZGG.net

善子「べ、別に///!」

善子「ただ眺めてただけよ///!」

曜「あっ、かわいいペアリングだね♪」

曜「私たちのイメージからがそれぞれのリングに入ってるんだ!」

曜「いいねこれ!」

曜「確かにペアリングだったら特別な感じするし♪」

曜「どうする?これにする?」

善子「(うぅ・・・、本当はほしいけど・・・。)」

善子「もうちょっと見て回らないかしら?」



135: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:17:53.41 ID:eJQQGZGG.net

曜「うん?いいの?」

善子「ええ、他にもいいのがあるかもしれないし。」

曜「・・・うん、わかったよ。」

曜「他になにかないかなぁ~。」キョロキョロ

善子「そうね・・・。」

善子「あっ、あれなんてどうかしら!」

曜「どれどれ?」

善子「これよ!」

曜「写真立て?」



136: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:19:03.21 ID:eJQQGZGG.net

善子「ちょっと違うわ。」

善子「これはデジタルフォトフレームよ。」

曜「デジタルフォトフレームって?」

善子「え?曜さん知らないの?」

曜「聞いたことはあるような気もするんだけど・・・。」

曜「あまりわからないや・・・。」アハハ

善子「これにね例えばスマホに撮った写真をSDカードに入れて挿してあげると好きな写真をここに表示できるの。」

曜「おお~。すごいね!」

善子「しかも、好きな時に好きな写真を選べるから気分によって帰れたりもするしとても便利なものよ。」



137: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:19:33.38 ID:eJQQGZGG.net

曜「ほうほう。」

曜「確かにそれならいいかも・・・。」

曜「しかもこのフレームって水色のいるかがモチーフのものと♪」

善子「ちょっとかわいい黒を基調とした小悪魔チックのデザインのものがあるわね♪」

曜「私たちのイメージにぴったりだよ!」

曜「千歌ちゃんじゃないけど奇跡だね♪」

善子「これお互いのモチーフのものを持つってどうかしら?」

善子「私がいるかのものを持つから。」

曜「私はこの善子ちゃんデザインのものを持つってことだね!」



138: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:20:55.95 ID:eJQQGZGG.net

曜「それすっごくいいよ!」

善子「喜んでもらって何よりだわ♪」

善子「それじゃあお互いのものを買ってプレゼントしあいましょうよ!」

曜「うん!早速お会計しよう!」

―――
――


曜「いいもの買えたね♪」

善子「そうね。」



139: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:21:47.32 ID:eJQQGZGG.net

曜「これで善子ちゃんとの思い出の写真をいっぱい撮りまくっても大丈夫だ!」

曜「楽しみだなぁ~♪」

善子「私も楽しみね///」

曜「あっ、ちょっとトイレに行ってくるからここで待っててくれないかな?」

善子「ええ、良いわよ。」

曜「ごめんね!すぐ戻ってくるからね!」タタタッ

善子「(走っていくなんてよっぽど我慢してたのかしら?)」

善子「(それにしても写真飾るのが楽しみだわ♪)」

善子「(どの写真にしようかしら・・・。)」



140: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:22:18.58 ID:eJQQGZGG.net

モブA「ねえそこの君?」

善子「・・・。」ブツブツ

モブB「君だよ君。」

善子「え?私?」

モブA「さっきからここにいるけどこの後時間ない?」

モブB「よかったらご飯でも奢るけど?」

善子「い、いえ結構です・・・。」

善子「私人を待ってるので。」

モブA「いいじゃん!」



141: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:23:55.25 ID:eJQQGZGG.net

モブB「待たせるような奴放っておいたほうがいいよ?」ニヤニヤ

善子「だ、大丈夫だからですから・・・。」

モブA「君みたいな綺麗な子見てるとこっちは放っておけないんだよね。」

モブA「俺たちに付き合えよ!」ガシッ

善子「いや!」

善子「離してよ!!」

モブB「騒ぐなって!変に思われるだろ。」ズイッ

善子「(やだ・・・怖い・・・。)」ガタガタ

善子「(せっかく楽しいデートだったのに・・・。)」



142: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:25:09.05 ID:eJQQGZGG.net

善子「(なんでなんでこうなるのよ!)」

善子「(こんな日まで不幸になるなんて・・・。)」

モブA「黙っちまったな?」

モブA「無理矢理連れて行くか?」

モブB「そうするか?」

モブB「大人しくしとけよ?」

善子「(ヤダ!)」

善子「(助けて曜さん!!)」

善子「(助けて!!)」ギュッ



143: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:27:26.34 ID:eJQQGZGG.net

曜「はい、そこまで!」ガシッ



144: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:28:39.67 ID:eJQQGZGG.net

モブA「なんだ?」

曜「私の彼女に手出さないでもらえるかな?」

モブB「何々?君たち付き合ってるの?」

モブA「へぇ~、2人ともちょーかわいいじゃん。」

モブA「俺たちに付き合ってよ。」

曜「悪いけど、そんな時間ないから。」

曜「善子ちゃん大丈夫だった?」

曜「ほら行こう!」テニギリ

善子「・・・。」コクリ



145: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:29:14.10 ID:eJQQGZGG.net

モブA「おっとそのまま行かせると思った?」

モブB「悪いけど付き合ってもらうまで帰さないよ。」ニヤニヤ

曜「・・・ほんと諦めが悪いよね・・・。」

曜「よしっ!」

曜「すぅ~、助けてぇ~!!!」

曜「この人たち私たちに乱暴してくる~!!!」

ザワザワザワ

モブA「ちょっ、いきなりなんてことを・・・。」アセアセ

モブB「お、おい!人が集まってきたぞ。」アセアセ



146: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:30:32.37 ID:eJQQGZGG.net

警備員「お客様ちょっとこちらまで来てもらってもいいでしょうか?」

モブA「い、いや俺たち何もやってねぇし。」

モブB「そうそう。ちょっと話をしてただけだよ。」

警備員「そうなんですか?」

曜「嘘!私たちを無理矢理連れて行こうとしてました!」

警備員「こちらの方はそう言っておられますが?」

モブA「もういいだろ!おい!行くぞ!」タタタタッ

モブB「待てよ!」タタタタッ

警備員「おい!ちょっと待ちなさい!」



147: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:30:59.81 ID:eJQQGZGG.net

ザワザワザワ

曜「ふ~、なんとかなったね・・・。」

曜「善子ちゃん大丈夫だった?」

善子「・・・。」ガタガタ

善子「・・・、怖かった・・・。」ガタガタ

善子「本当に怖かった・・・。」

善子「何処かに連れていかれるんだと思った・・・。」

善子「曜さんが・・・っ、来てくれてなかったら・・・、私・・・私・・・。」ポロポロ

曜「ごめんね・・・。」ギュッ



148: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:31:34.20 ID:eJQQGZGG.net

曜「怖い目に合わせちゃったね・・・。」ギュ~

曜「もう大丈夫だからね。」

善子「うぅ・・・、グスッ・・・うわぁ~・・・。」

善子「曜さん・・・、曜さん・・・!!!」ギュ~

曜「よしよし。」

曜「大丈夫だよ。」ナデナデ

曜「何があっても私が守ってあげるからね。」ナデナデ

善子「・・・、うん・・・。」

善子「お願いっ、・・・っ守って・・・。」ギュ

曜「うん。」ギュ



149: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:31:59.35 ID:eJQQGZGG.net

―――
――


曜「すっかり遅くなっちゃったね。」

善子「ごめんなさい私のせいで・・・。」

善子「せっかくのデートだったのに・・・。」

善子「(やっぱり私何をやってもダメね・・・。)」

善子「(このままじゃ曜さんまで私の不幸に巻き込んでしまう・・・。)」

曜「えいっ!」チョップ

善子「いたっ!」



150: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:32:26.76 ID:eJQQGZGG.net

善子「いきなりなんなの!」

曜「またネガティブなこと考えてたでしょ!」

曜「黙ってたって善子ちゃんの顔を見たらすぐわかるんだからね!」

善子「だって・・・。」

曜「私がいるんだからね?」

曜「不安なことは何でも言ってほしい!」

曜「あっでも、ここではやめておこうか?」

曜「そろそろ人の目も気になってきたし・・・。」ニガワライ

善子「え?」キョロキョロ



151: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:32:51.15 ID:eJQQGZGG.net

ザワザワ

アノフタリズットダキアッテルワ

ツキアッテルノカシラ?

フフフ、イイメノホヨウネ♪

ザワザワ

善子「~~~っ///」

善子「そうね/// 移動しましょうか///」

曜「何処に行く?」

曜「何処かに食べに行くって雰囲気でもないし・・・。」



152: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:33:17.35 ID:eJQQGZGG.net

善子「それなら家に来ない?」

善子「今日お母さんがいないから都合がいいといえばいいし。」

曜「おお~、それはいいね!」

善子「あの・・・///」

善子「それでよかったらなんだけど///」

曜「うん?どうしたの?」

善子「泊まっていってほしいの///」

善子「ダメかしら///?」ウワメヅカイ

曜「もちろんだよ♪」



153: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:33:48.68 ID:eJQQGZGG.net

曜「あっでも、着替えとかどうしよう・・・。」

善子「服は貸せるけど、下着はちょっとね・・・。」チラッ

善子「多分合わないと思うわ・・・。」シュン

曜「う~ん、簡単な物そこで買ってくるよ!」

曜「服はできれば貸してほしいかな?」

善子「ええ、それなら大丈夫よ。」

曜「せっかくだから3セットくらい買って善子ちゃんの家に置いておこうかなぁ~。」

曜「今後のこともあるしね♪」

善子「私はかまわないわよ///」

善子「(そのほうが今後もお泊まりイベントあるかもしれないし///)」



154: 名無しで叶える物語 2018/02/03(土) 22:34:31.51 ID:eJQQGZGG.net

曜「じゃあ善子ちゃんの分も買って私の家に置いておこうか?」

曜「そのほうが私の家に急に泊まることになっても安心だよね♪」

善子「うぇ///!?」

曜「あれ?ダメだった?」

善子「だ、ダメじゃないわよ///!」

善子「私も買うわ///!」

善子「(曜さんの家にお泊まりかぁ///)」

善子「(ふふふ/// 楽しみね///)」

曜「それじゃあ行こうか!」

善子「ええ!行きましょう!」



163: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:03:39.67 ID:zRaRCVEX.net

―善子の家

ガチャッ

善子「さあ入って。」

曜「お邪魔します・・・。」

善子「誰もいないからそんなにかしこまらなくても大丈夫よ?」

曜「そうは言っても初めての家はやっぱり緊張するヨーソロー・・・。」

善子「本当は何とも思ってないでしょ?」

曜「そ、そんなことないよ!」

善子「それじゃあちょっと遅めだけどご飯作りましょうか?」



164: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:04:04.70 ID:zRaRCVEX.net

曜「そうだね~。」

曜「曜ちゃん特製チーズインハンバーグを作ってあげるよ!」

善子「それじゃあ私はサラダとスープ準備しましょうか。」

曜「後ご飯も炊いてね?」

曜「流石にご飯無いとさびしいから・・・。」

善子「分かってるわよ。」

善子「ちゃんと用意するわ。」

曜「あははは、じゃあ早速作っていくよ!」

善子「了解!」ギランッ



165: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:04:20.97 ID:zRaRCVEX.net

―リビング

曜「うん!我ながら上出来だよ♪」

善子「すごい・・・本当にお店で食べるハンバーグみたい♪」

善子「曜さん流石だわ!」キラキラ

曜「えへへ~。」

曜「今日は善子ちゃんに食べさせるものだから特に張り切っちゃったよ♪」

曜「善子ちゃんのサラダやスープもおいしそうだよ♪」

善子「私のは結構簡単な物だから・・・。」

曜「そんなことないよ!」



166: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:05:09.25 ID:zRaRCVEX.net

曜「私への愛情込めて作ってくれたんでしょ?」

曜「それだけで全然味が違うよ!」

善子「・・・///」

善子「褒めたって何も出ないわよ///」

曜「本当のこと言っただけなんだけどなぁ~。」

曜「まあいっか!」

曜「冷めないうちに食べよう!」

善子「そうね。頂きましょう。」

曜・善子「「いただきます!」」



167: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:05:30.73 ID:zRaRCVEX.net

ア~ン パクッ

善子「うぅ~ん!!!」

善子「何これすっごくおいしい!!」

善子「今まで食べたこと無いくらいおいしいわ♪」

曜「そう言ってもらえて良かったよ♪」

善子「本当においしい・・・。」

善子「ごめんなさいおいしいとしか言えないわ・・・。」

曜「善子ちゃんに喜んでもらうだけで私も幸せだよ♪」

曜「自分でも中々の出来だな~って思ってるだぁ~。」



168: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:06:32.32 ID:zRaRCVEX.net

善子「曜さんって何でも出来るのね。」

善子「羨ましいわ。」

曜「そんなことないよ。」

曜「これくらいなら善子ちゃんならすぐ出来るよ!」

曜「善子ちゃんお料理に興味あるの?」

善子「まあ作ること自体は嫌いじゃないわ。」

善子「でも家にいるといつもママに作ってもらうからついやらないのよね。」

曜「ああ~、その気持ちは分かるかも。」

曜「私はお母さんがいないときもあるし、自然に作るになったなぁ。」



169: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:06:58.66 ID:zRaRCVEX.net

善子「やっぱりそうなのね。」

曜「善子ちゃんさえ良かったら今度料理教えようか?」

曜「私のやり方で良かったらなんだけどね。」

善子「是非お願いしたいわ。」

善子「今日も2人で作ってる時すごく楽しかったから・・・。」

善子「また2人でやりたい・・・。」

曜「おお~、なんかその言い方エッチいね♪」

善子「何でそういうこと言うの///!!!」

曜「冗談だよ冗談♪」



170: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:07:26.23 ID:zRaRCVEX.net

曜「じゃあまた2人で料理しようか!」

善子「ええ、楽しみにしてるわ♪」

曜「私も楽しみだよ~♪」

曜「あっ!そういえばまだあ~んしてあげてなかったね!」

曜「善子ちゃんしてほしいでありますか?」ニヤニヤ

善子「へ?」

善子「べ、別にいいわよ///」

曜「本当にいいの?」ジー

善子「ええ///」



171: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:07:57.31 ID:zRaRCVEX.net

善子「大丈夫///」メソラシ

曜「ふ~ん・・・。」

曜「いいんだ・・・。」

曜「そうなんだ・・・。」

善子「なんなの///!」

善子「言いたいことがあるならはっきりいいなさいよ///!」

曜「いや善子ちゃんはもう2度とあ~んしてほしくないんだなぁ~って。」

善子「そこまでは言ってないでしょ///」

曜「曜ちゃんはとぉ~っても悲しいのであります・・・。」



172: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:08:20.84 ID:zRaRCVEX.net

善子「だってお昼も散々やったじゃない///」

曜「はぁ・・・。」

曜「寂しいなぁ・・・。」イジイジ

曜「せっかく食べてもらえると思ったのにな・・・。」チラッ

曜「善子ちゃんがそこまで嫌がるとは思わなかったよーそろー・・・。」チラッチラッ

善子「~~~っ///」

善子「分かったわよ///!」

善子「やってあげるわよ///!」

曜「何をやってほしいのかな?」



173: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:08:39.71 ID:zRaRCVEX.net

曜「曜ちゃんに分かるように言ってほしいなぁ~。」

善子「な、なんでそんなこと言わないとダメなのよ///」

曜「だって・・・。」イジイジ

善子「分かったからそれやめなさい///!」

善子「お願い曜さん///!」

善子「私にあ~んしてください///」

曜「仕方ないなぁ~♪」ニヤニヤ

曜「愛情こめてあ~んしてあげるよ♪」

曜「はい!あ~ん♪」



174: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:09:23.13 ID:zRaRCVEX.net

善子「あ~ん///」

パクッ

曜「相変わらずいい食べっぷりだよね♪」

曜「私も気持ちがいいよ!」

モグモグ ゴックン

善子「そう、それは良かったわ///」

曜「ほらまだあるよ!」

曜「あ~ん♪」

善子「あ~ん///」



175: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:09:43.03 ID:zRaRCVEX.net

曜「ふふふ、本当に可愛いね♪」

曜「いつまでもこうしていたいよ♪」

善子「私にばっかり食べさせてたら曜さんの食べる分なくなるわよ?」

曜「あっ、そうか!」

曜「その時は善子ちゃんのを貰おうかなぁ~。」

善子「マッチポンプってこのことを言うんじゃないのかしら?」

曜「そうかも!」

善子「このペースじゃ終わりそうもないから後は自分で食べるわ。」

曜「そうだね。」



176: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:11:43.92 ID:zRaRCVEX.net

曜「せっかくのご飯が冷めちゃうもんね♪」

善子「それじゃあ残りを頂きましょう。」

曜「はぁ~い!」

―――
――


曜「はぁ~、後片付けもやっと終わったね♪」

善子「お風呂もそろそろ沸きそうだわ。」

善子「曜さん先に入ってきていいわよ。」



177: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:12:16.50 ID:zRaRCVEX.net

曜「何言ってるの?」

曜「善子ちゃん何もわかってないね・・・。」ヤレヤレ

善子「・・・何なのよ?」

曜「それでは第1問!}

善子「いきなりクイズ!?」

曜「今日は私達何をやってましたでしょうか?」

善子「今日?」

曜「そう今日!!」

善子「デートデス・・・///」ボソボソ



178: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:12:50.43 ID:zRaRCVEX.net

曜「え?何々?」

善子「ダカラデートダッテバァ・・・///」ボソボソ

曜「聞こえないヨーソロー♪」ニヤニヤ

善子「うぅ/// デートよ!デート///!!」

曜「はい!正解!」

曜「善子ちゃんに1ポイント!」

善子「だから何なのよ///」

曜「それでは第2問!」

曜「私は今日善子ちゃんのお家に泊まる?泊まらない?どっち?」



179: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:13:21.93 ID:zRaRCVEX.net

善子「え?泊まるんじゃなかったの?」

曜「せいか~い!」

曜「善子ちゃんの家に泊まります♪」ウデギュ

曜「善子ちゃんに1ポイント入りました!」

善子「だから何を言いたいのよ///!!」

曜「じゃあ最後の問題ね♪」

曜「正解したらとぉ~ってもすっっっごいご褒美あげるね♪」

善子「ご褒美!?」

善子「(な、何かしら!?)」



180: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:13:56.15 ID:zRaRCVEX.net

曜「この後お風呂に入りますね?」

善子「ええ、そうよ。」

曜「善子ちゃんは1人で入りますか?それとも私と一緒に入りますか?」

曜「さあどっちが正解でしょう~♪」

善子「はぁ~///!?」

善子「曜さん何言ってるのよ///!!」

曜「この問題に不正解だった場合はとぉ~っても恐ろしい罰ゲームが待ってるよ?」ニヤニヤ

曜「あっ、ちなみに10秒以内に答えられなくっても不正解だから!」

曜「それじゃあ10・9・8~。」



181: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:14:38.03 ID:zRaRCVEX.net

善子「ちょっ!! ちょっと待って!!!」

善子「(こ、これ絶対に一緒に入るのが正解よね///)」

善子「(どうするのよ///!!)」

善子「(まだ付き合って1週間しか経ってないのにいきなりお風呂一緒に入るの///!?)」

善子「(あっ、ああああ~!!どうしようぉ~///)」

曜「4・3・2・・・。」

善子「(こうなったら///!!)」

善子「一緒に入ります///!!」

曜「ファイナルアンサー?」



182: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:17:21.57 ID:zRaRCVEX.net

善子「ファイナルアンサー///」

曜「・・・。」ジー

善子「(え?間違えたの!?)」

曜「・・・。」ジー

善子「なんなのよ!!!」

善子「何とか言ってよ!!!」

曜「・・・。」ジー

善子「・・・。」ウツムキ

曜「せいかぁ~い♪」ダキツキッ



183: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:17:44.35 ID:zRaRCVEX.net

曜「よく出来ました♪」ナデナデ

善子「イミワカラナイワヨ・・・///」

曜「正解した善子ちゃんにはご褒美があります!」

曜「そ・れ・は~♪」

善子「・・・///」ジー

曜「私が善子ちゃんの身体を隅々まで洗ってあげることです!」ドヤァ

善子「いや///!」

善子「それご褒美になってないからね///!!!」

曜「ちなみに不正解の場合の罰は、私が善子ちゃんの身体を隅々まで洗うでした!」ニヤニヤ



184: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:21:20.42 ID:zRaRCVEX.net

善子「同じじゃない///!」

善子「いらないわよそんなの///」

曜「ダメだよ♪」

曜「ちゃんとファイナルアンサーって言ったじゃん!」

曜「ほらほら観念してお風呂行こう!」ズルズル

善子「止めて!引っ張らないでぇ~!!」

曜「一緒にお風呂入るの楽しみだなぁ~♪」

善子「私は楽しみじゃなぁ~い!!」

曜「お風呂場まで全速前進ヨーソロー♪」



185: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:24:45.26 ID:zRaRCVEX.net

―お風呂場

曜「善子ちゃんなんで服脱がないの?」

善子「むしろ何で平気に服を脱げるのよ///!!」

曜「だって別に減るもんでもないし・・・。」

曜「もしかして恥らったほうが良かったとか!?」

善子「そんなことは言ってないけど///」

曜「それにしても善子ちゃん今日はすっごくオシャレな下着つけてるんだね。」

曜「そんなの持ってたっけ?」

善子「別にいいでしょ///」



186: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:25:47.96 ID:zRaRCVEX.net

善子「私だってこういうのの1枚や2枚持ってるわよ///」

曜「ふぅ~ん・・・。」ジロジロ

曜「それにしてもよく似合ってるね。」

曜「善子ちゃんはセクシー系の下着も似合ってるね♪」

善子「・・・///」

善子「ありがとう///」

曜「そ・れ・で早く脱ごうよ~。」

曜「私風邪引いちゃうよ~。」

善子「先に入ればいいでしょ///?」



187: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:26:16.63 ID:zRaRCVEX.net

曜「あんまり駄々っ子みたいなこと言うと私が脱がすよ!!」

善子「それは本当に止めて///!!!」

曜「だったら早く脱いでよ~。」

善子「うぅ///」

善子「わかったから///!

善子「自分で脱ぐから先に入ってて///」

善子「後で必ず入るから///」

曜「絶対だよ!」ガチャッ

曜「入ってこなかったら私泣くからね!」ビシッ



188: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:26:44.08 ID:zRaRCVEX.net

バタン

善子「はぁ・・・///」

善子「仕方ない/// 覚悟を決めましょう///」スルスル

善子「タオルで前を隠せば大丈夫よね///」

善子「うぅ/// 隠してもやっぱり恥ずかしい///」

曜『善子ちゃんまだなの~?』

曜『そろそろ泣いちゃうよ~♪』

善子「今行くわよ///」ガチャッ

ソロー



189: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:27:03.54 ID:zRaRCVEX.net

善子「おまたせ///」バタン

曜「おお~、なんかえっちいね!」

曜「隠したほうがなんだか余計にえっちいよ!!」

曜「いいねぇ~♪」

善子「ジロジロ見ないで///」

曜「善子ちゃんって本当にスタイルいいよね~。」

曜「羨ましいなぁ~。」

善子「そんなこと無いわよ///」

善子「スタイルは曜さんのほうがいいでしょ!」



190: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:28:29.63 ID:zRaRCVEX.net

善子「私は胸がそんなにないもの・・・。」バシャ

曜「それはそんなに気にしなくてもいいと思うけどなぁ~。」

善子「ある人はみんなそれを言うんだから!!」バシャ

曜「まあまあ、細かいとこは置いておいて早く湯船に入っておいでよ!」

善子「流石に2人で入るのきつくない?」

善子「うちの湯船そこまで広くないし・・・。」

曜「確かに向かい合わせはきついだろうね・・・。」

曜「だ・か・ら♪」

曜「私にもたれかかるように入ったらいいよ!」



191: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:28:49.05 ID:zRaRCVEX.net

善子「そそそそそんなの出来るわけないでしょ///!!!」

善子「密着しちゃうじゃない///!!!」

曜「ええ~なんで?」

曜「私が善子ちゃんを後ろから抱きしめるだけじゃん!」ブーブー

善子「それが恥ずかしいって言ってるの///!!」

曜「ほぉ~ら早く!」

曜「今日はこの曜ちゃんに甘えて来なさい!」リョウテヒロゲ

善子「(ああ~もう///!)」

善子「(両手なんて広げたから色々見えてるじゃない///)」



192: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:29:43.90 ID:zRaRCVEX.net

曜「あまりジロジロ見られると恥ずかしいヨーソロー///」モジモジ

善子「見てないわよ///!」

曜「じゃあ早くおいでよ!!」

善子「分かったわよ///」

善子「(もうどうにでもなればいいわ///)」

善子「お、お邪魔します///」チャプン

曜「いらっしゃぁ~い♪」ギュッ

善子「ひゃぁ~///」

曜「う~ん♪」



193: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:30:07.66 ID:zRaRCVEX.net

曜「善子ちゃんの身体柔らかいね♪」スリスリ

曜「抱き心地いいよぉ~♪」

善子「あばばばばば///」

善子「(あはははは///)」

善子「(背中に柔らかい物が2つ押しつぶされてる///)」

善子「(何これ///)」

善子「(私のと全然違うじゃない///)」

曜「善子ちゃん?」

曜「大丈夫?」



194: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:30:31.90 ID:zRaRCVEX.net

曜「顔どころか身体まで真っ赤っかだよ?」

善子「大丈夫よ///」ブクブクブク

曜「ふふふ・・・。」

曜「なんだか私ばっかり楽しんでて悪いような気がするよ・・・。」

善子「・・・そんなこと無いわ。」

曜「本当?」

曜「今日だって私結構善子ちゃんに無理なお願いばっかりやってたよ?」

曜「今もやってるんだけど・・・。」ニガワライ

曜「善子ちゃんは優しいからきっと私に合わせてくれてるんだろうなぁ~って思えてさ・・・。」



195: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:30:50.44 ID:zRaRCVEX.net

曜「そんなことばっかりやってる自分は恋人失格なんじゃないかなってね・・・。」ギュッ

善子「お願い曜さん。」

善子「そんなこと言わないで?」ウデギュッ

善子「私は曜さんがやってくれたこと全部嬉しかったし楽しかった。」

善子「確かに今も恥ずかしいし、心臓もバクバク言ってるんだけど///」

善子「私には全てが愛おしいの///」

善子「この瞬間瞬間全てが輝いた時になってる///」

善子「こんな想いが出来てるのは曜さんのおかげよ///」

善子「ありがとう///」



196: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:31:51.42 ID:zRaRCVEX.net

曜「こちらこそありがとう!」ギュ

曜「私も善子ちゃんのと時間全部愛おしいよ!」

曜「これからもずぅ~っと、い~っぱい2人で思い出を作ろうね♪」ナデナデ

善子「ええ、ずっと一緒にいてよね曜さん・・・///」

曜「えへへ~、なんかこうしてると新婚夫婦みたいだね♪」

善子「し、新婚って///」

曜「善子ちゃんはそう思わないの?」

善子「・・・はい///」

善子「・・・思います///」



197: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:32:23.48 ID:zRaRCVEX.net

曜「あ~もう!」

曜「なんだかもう善子ちゃんへの想いが爆発しそうだよ!!!」

善子「急にどうしたの?」

曜「いや・・・、もうちょっと我慢する・・・。」

善子「何を我慢するのよ・・・。」

曜「あっ、忘れてたけど善子ちゃんの身体隅々まで洗ってあげないと!」

善子「それは本当にいいです///」

曜「ダメダメ!」

曜「これも思い出なんだから!」ニヤニヤ



198: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:32:53.54 ID:zRaRCVEX.net

善子「いい話だったのになんか台無しになってるわよ・・・。」

曜「ダメなの?」ウルウル

善子「背中だけだったらいいわよ・・・。」

曜「仕方が無い・・・。」

曜「それで手を打つか・・・。」

曜「なら代わりに私の背中も流してね?」

善子「ええ、それならいいわよ♪」ザバァ

曜「早速洗いっこしようか!」ザバァ

善子「お手柔らかにお願いね///」



199: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:33:10.45 ID:zRaRCVEX.net

曜「任せてよ♪」ワキワキ

曜「さあさあ早く座って!」ポンポン

善子「分かってるわよ///」ストン

曜「そういえば善子ちゃん?」

善子「何よ?」

曜「いつまでタオルで前を隠してるつもりなの?」

善子「いいでしょ別に///」

曜「でもさ?」

曜「タオルが濡れて透けてるし、ぴったり身体に張り付いてるから逆にえっちいよ?」



200: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:35:13.69 ID:zRaRCVEX.net

善子「うぇ///」

善子「(ほ、本当だ///)」

善子「(気がつかなかった///)」

善子「うぅ・・・///」ハラリ

善子「これでいいんでしょ///?」

曜「善子ちゃん身体まで真っ赤になってるよ♪」

曜「本当に肌透き通るような白い肌だよね~。」ツツ~

善子「ひゃんっ///」

善子「ちょっと///背中を指でなぞらないでよ///!!」



201: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:35:49.81 ID:zRaRCVEX.net

曜「ごめんごめん♪」

曜「それじゃあ洗っていくね♪」サワッ

善子「きゃぁ~っ///」

善子「なんで素手で洗ってるのよ///!!」

曜「そのほうが感じが出るかなって思って・・・。」

曜「少しでも善子ちゃんを感じたい気分なんだよ♪」スリスリ

善子「うぅ・・・///」

善子「っくぅ・・・///」

曜「どうしたの善子ちゃん?」ナデナデ



202: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:36:19.42 ID:zRaRCVEX.net

善子「な・・・/// なんでも・・・///」

善子「ない・・・っ・・・ひゃんっ///」

善子「ちょっ/// 何処触ってるの・・・っんぅ・・・///」

曜「ごめんね・・・。」モミッ

曜「やっぱり我慢できないや・・・。」モミモミ

善子「・・・あぁん///」

善子「お願い/// んんぅ・・・///」

善子「はぁはぁ・・・、っやめて・・・///」フリムキ ウルウル

曜「~~~~っ///」ホホガシッ



203: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:36:43.82 ID:zRaRCVEX.net

曜「可愛いよ善子ちゃん///」

善子「んんっ~~。」

曜「・・・ぷはぁ・・・///」

曜「もっとしたい///」ガシッ

善子「・・・ちょっとまって/// んんぅ・・・///」

曜「ちゅ・・・れろっ・・・///」

善子「(な、何これ///)」

善子「(曜さんの舌が私の舌を吸ってるの///?)」

善子「(何も考えられない///)」



204: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:37:54.61 ID:zRaRCVEX.net

善子「(このまま曜さんに身を任せたい///)」メヲトジ

曜「ちゅぷ・・・んちゅ・・・///」

曜「・・・ちゅるるる・・・///」

曜「ふぱぁっ・・・はぁはぁはぁ・・・///」

善子「はぁぁは・・・曜さん・・・///?」ウルウル

曜「こんな気持ち始めてだ///」

曜「もうダメ///」

曜「善子ちゃんの全てを感じたい///」

善子「私も///」



205: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 14:38:22.47 ID:zRaRCVEX.net

善子「私も曜さんを全部感じたい///」

善子「でもここじゃなくてベッドに行かない///?」

善子「初めてはベッドの上がいいの///」

曜「いいよ。」

曜「それじゃあ行こうか?私のお姫様♪」オヒメサマダッコ

善子「きゃぁっ///」

曜「ふふ♪」

曜「本当に可愛い///」

善子「・・・///」ウツムキ



209: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:17:11.68 ID:zRaRCVEX.net

―善子の部屋

曜「はい♪」

曜「善子姫、到着したであります♪」ポスン

善子「・・・ハイ///」

善子「(今から曜さんと本当にしちゃうんだ///)」

善子「(もう!さっきから心臓がうるさすぎる///)」

善子「(曜さんの顔がまともに見れないじゃない///)」プイッ

曜「目をそらしちゃダメだよ♪」ホホニテヲソエ

曜「私の目を見て・・・。」ジー



210: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:17:41.83 ID:zRaRCVEX.net

善子「曜さん・・・///」ジー

善子「(透き通るようなアイスブルーの瞳。)」

善子「(私の心なんて全て見透かしてるみたい。)」

善子「(曜さんの顔がだんだん近づいてくるわ///)」メヲトジ

曜「私に全てを委ねてね。」ミミモトボソボソ

善子「・・・んっ・・・ふぅん・・・///」

曜「ちゅっ・・・んん・・・///」

善子「(曜さんの舌が私の口の中で暴れてる///)」

善子「(口の中全部舐め尽くされている感じ///)」



211: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:18:02.51 ID:zRaRCVEX.net

善子「(気持ちよすぎる///)」

曜「じゅ・・・ちゅる・・・んちゅ・・・///」

曜「ちゅぷっ・・・はむ・・・///」

善子「うぅ・・ん・・・///」

曜「れろっ・・・ちゅぅ~~・・・///]

善子「んんんっ・・・///」

曜「じゅる・・・じゅるるる・・・///」ゴクゴク

善子「・・・んぅふ・・・///」

善子「(曜ようさんに私の唾液を吸われてる///)」



212: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:18:29.50 ID:zRaRCVEX.net

曜「・・・っぷはぁ~///」

曜「はぁはぁはぁ///」

曜「善子ちゃんのつばおいしいよ・・・///」クチビルスリスリ

善子「はぁはぁ/// そ・・・そんなこと・・・はぁ・・・言わないで///」

曜「ねぇ善子ちゃん?」

善子「・・・何///」

曜「愛してる・・・。」

曜「私の全部をあげるから善子ちゃんの全部を頂戴・・・。」ササヤキ

善子「・・・私もよ///」



213: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:18:54.89 ID:zRaRCVEX.net

善子「私も愛してるわ曜さん///」

善子「私の全てを犠牲にしても曜さんに全てを捧げる///」

曜「善子ちゃん・・・。」ジー

善子「さあ来て///」

善子「曜さんの想い、私の身体に全てぶつけて///」ウデヒロゲ

曜「善子ちゃんっ!」ガバッ

善子「あっ・・・///」

曜「善子ちゃんが私の物だって証つけてあげる。」

曜「・・・。」ペロッ



214: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:20:30.38 ID:zRaRCVEX.net

善子「ひゃん///」

曜「首舐められるの嫌い?」ペロッ

善子「・・・きっ・・・らいじゃ・・・はぁはぁ・・・無いわ・・・///」

曜「そう・・・、それじゃあ・・・。」ペロッ

曜「はむっ・・・。」

曜「ちゅぅぅぅぅ~~~///」

善子「あぁぁぁ~~///」ビクッ

曜「はぁはぁ/// 善子ちゃん綺麗についたよ///?」アトスリスリ

曜「真っ赤になってる///」



215: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:21:24.38 ID:zRaRCVEX.net

曜「ふふふ綺麗な証だよ♪」ペロッ

善子「・・・はぁ・・・っうれしいっ・・・///」

善子「私・・・んぅ・・・曜さんのものに・・・っあ・・・なったのね・・・///」ポロポロ

曜「喜んでもらえて嬉しいよ。」ナミダペロッ

善子「曜さん///」ウルウル

曜「綺麗だよ善子ちゃん・・・。」モミッ

善子「んんぅ・・・///」

善子「胸は・・・小さいから・・・くぅん・・・あまり見ないで///」

曜「大きいかどうかなんて関係ないよ。」



216: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:22:17.91 ID:zRaRCVEX.net

曜「本当に嫌いなおっぱいだよ///」ペロッ

曜「はむっ・・・れろっ・・・ちゅぅ・・・///」

曜「おいひぃよ・・・///」レロッ

曜「よひこちゃんにょおっはい///」コロコロ

曜「ちゅゅ~~///」

善子「あっあっ・・・///」

善子「(曜さんが私の胸を舐めてる///)」

善子「(ダメっ、気持ちが良すぎる///)」

曜「んちゅ・・・れろぉっ・・・///」コリコリ



217: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:22:47.04 ID:zRaRCVEX.net

善子「ひぅ・・・///」

善子「歯を・・・ああぁん・・・立てないで・・・///」

曜「れろっ・・・んちゅっ・・・///」

曜「善子ちゃんのおっぱいおいしいかったよ♪」ギュッ ツマミッ

善子「あぁぁっ~~~///」ビクビクッ

曜「あれ?軽くイッちゃったかな?」ナデナデ

善子「はぁっ・・・お願いっ・・・曜さん///」

善子「・・・はぁはぁ・・っもっと・・・激しく///」

善子「もっと深く・・・っ最後まで・・・///」



218: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:23:24.28 ID:zRaRCVEX.net

善子「お願い///」ギュッ

善子「私のこと曜さんでいっぱい満たして///」

曜「分かった。」

曜「善子ちゃんの身体を私でいっぱいにしてあげるよ♪」クチュッ

善子「ひゃぁんっ///」

曜「ふふふ/// 善子ちゃんのここもうトロットロだね♪」クチュクチュ

善子「ふぁっん・・・んんんっ、・・・あっ///」

曜「どう気持ちいい?」クチュクチュ

善子「ああっ・・・、きっ・・・きもちっ・・・・ひぃんっ///」



219: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:24:18.60 ID:zRaRCVEX.net

曜「聞こえないよぉ?」グチュグチュ

善子「(こ、こんなのしゃべれるわけがないじゃないっ///)」

曜「善子ちゃんのクリトリスもうこんなに硬くなってるよ。」コリコリ

善子「あぁぁぁぁぁ~~~///」

善子「(あ、頭の中で電気が走ったみたい///)」

善子「(ダメっ!全身に力がはいらない///)」

曜「もう私の声もあんまり届いてないみたいだね・・・。」クチュクチュコリコリ

善子「ようさっ・・・んんぅ・・・っわたしっ・・・はぁんっ///」

善子「・・・んぅぅん・・・わたしぃ・・・もうっだめ・・・///」ギュ~~



220: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:24:49.56 ID:zRaRCVEX.net

曜「善子ちゃんの中、私の指を吸い付いて離さないよ・・・。」ボソボソ

善子「ああぁん・・・あぁっ・・・くぅ・・・///」

善子「(目の前がチカチカしてきた///)」

曜「そろそろかな?」グチュグチュ

善子「(一気に激しくっ!?)」

善子「あっ・・・はぁぁぁっ///!!!」

曜「イっちゃいなよ善子ちゃん?」グチュグチュグチュッ!!!

善子「あああああぁぁぁぁぁ~~~~~っ///」ビクッビクッビクンッ!!

善子「はっ、はっ、はぁ~~っ、はぁ~~っ・・・///」



221: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:25:23.76 ID:zRaRCVEX.net

曜「お疲れ様善子ちゃん♪」ナデナデ

曜「とぉ~っても可愛かったよ♪」ナデナデ

善子「私っ・・・はぁ・・・曜さんと1つになれた?」ウルウル

曜「もちろん♪」ギュッ

曜「全身で善子ちゃんを感じられたよ。」

善子「そうか・・・///」

善子「私曜さんと1つになれたのね・・・///」グスッ

善子「うれしいっ!」ダキッ

善子「曜さん・・・曜さん!!」ギュ~

曜「うんうん!」ナデナデ



222: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:25:48.68 ID:zRaRCVEX.net

曜「愛してるよ善子ちゃん♪」

善子「私もよ愛してるわ曜さん///」

チュッ

善子「(こうして私と曜さんの初デートは終わったわ。)」

善子「(少しだけ怖いこともあったけど、最後は曜さんと溶けるくらい1つになれた///)」

善子「(最初は少し恥ずかしい気持ちもあったけど・・・。)」

善子「(1つになれたことがとても嬉しい///)」

善子「(今日のも大切な思い出になりそうね!)」

善子「(ね?曜さん!)」

終わり



223: 名無しで叶える物語 2018/02/04(日) 21:28:13.78 ID:zRaRCVEX.net

というわけで終わりです
本当に書きたいシチュエーション全部書いたので少し長くなっちゃいました
上手いSS書くのって難しいですね
お目汚し失礼しました

P.S.エロは2度と書きません


元スレ
善子「初デートはシュガー&ビター」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1517577269/