SS速報VIP:幼馴染「男......大好きだ......こ、これでいいか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376559540/



1: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 18:39:00.90 ID:GNrJ8gpb0


幼馴染「......」


男「......」

俺の名前は男、読書中だ。

そんで俺の背中にもたれながら読書をしているこの美少女は


俺の幼馴染だ。

彼女の特徴を一つ上げるなら......それは


非常にクールなところだろう



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376559540




4: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 18:50:48.25 ID:GNrJ8gpb0



幼はクールだ


学校でも、家でもどこででも、ほとんどしゃべらない。

しかし、これには理由がある


それは以前、俺が幼に

「もう少し反応に色をつけたら?」と言った時のことだ


その時、幼はこう答えた。


幼「言わぬが花だ」


男「なんだそれ?」


幼「言葉に出して言うより、黙っていたほうが
  価値があるということだ」


男「......は、はぁ」


幼「ふむ、分かってない顔をしているな」



5: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 19:01:48.48 ID:GNrJ8gpb0


実際に俺はその言葉の意味を噛み砕けないでいた。


男「言葉に出した方が良いじゃないか?」


幼「ん、男は何故そう思う?」


そして俺が意見を言うと、幼は必ずこのように聞き返してくる


男「だって会話って凄い大事だろ?
  人と人とが分かり合うコミュニケーションだ」


そして俺は自分の考えを言う、しかし
幼はその俺の言葉に不思議そうな顔を浮かべることで答えた。


男「俺、変なこと言った?」


幼「......いや、男の意見は最もだな」


幼「ただ、私達の考えている、お互いの解釈に少しズレがあった」


男「ズレ?」



6: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 19:12:48.38 ID:GNrJ8gpb0


幼「私はな男......君との関係を......恋人である関係を凄く大事にしている」


男「お、おう......いきなりどうしたよ......」


幼「それでだ私はこう考えている」


言いながら幼は俺の手を握り締め、俺の肩にもたれてきた。


男「お、幼?」


俺は幼の行動に少し胸の動悸が早くなる。


それを知ってかしらずか幼は少し口元を
悪戯を企てている子供のように歪めたあと......


俺の肩にすりすりと自分の頬を押し付けた。










7: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 19:22:10.99 ID:GNrJ8gpb0


幼「たしかに、ここで男に好き......と言えば簡単だろう」


幼は続ける。


幼「でも、なんだかなぁ......安くなるんだ」


男「安く......」


幼「この気持ちをな......言葉にするとそれだけで
  価値がなくなってしまうようで、嫌なんだ」


そして幼は次に、俺を強く抱きしめてきた。
絶対離すもんか、そのくらい強い力で


でも俺にとっては、とても心地良い抱擁だった。


幼「だ、だから......私は言葉ではなく、態度で表現したい」


男「幼......」



9: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 19:32:32.80 ID:GNrJ8gpb0


俺はこの時、やっと幼の言う


俺たちの解釈のズレというものに気づいた。


幼の考えは、俺に抱いている感情を軽々しく言いたくない。

俺の考えは、もっと周りの人たちと会話をしたらどうか。


つまり、幼は俺のことを考えていたと言うことだ


幼「なぁ男......」


俺がそう考えていると突然、幼が顔をこちらへと向けた


その表情は少しばかり不安を帯びていた。


そしてそのまま...... 


幼「こんな面倒くさい私でも......」


幼「男が良かったら......もらってくれないか?」



11: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 19:39:02.65 ID:GNrJ8gpb0


幼はクールだ


しかし、それは俺への


ささやかな愛情だった。


幼「お、男......?」


だったら俺も......


男「幼」


チュ


幼「ぁ......」


態度でしめしてみよう。


男「貰うも何も、幼はお持ち帰りだ」ギュウ


幼「ん......全部あげるよ......男」ギュウ


意外に悪くも......無さそうだしな。



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/15(木) 21:14:40.91 ID:GNrJ8gpb0



幼はクールだ


だが、それは生まれつき口数が少ない、ということ。


そして俺に対する
ちょっと変わった愛情表現だということ。


幼「男......ん」


例えばこのように両手を差し出してきたら


男「はいはい」


抱きしめてほしいというサインだ


幼「ん......」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/15(木) 21:24:24.22 ID:GNrJ8gpb0


そして抱きしめられている時に


幼「............」クイクイ


俺の服を引っ張ればそれは


頭を撫でてほしいという名の、おねだりだ


男「そっかそっか、よしよし」


しかし、ただ撫でるだけではいけない


男「櫛はないから手で我慢してくれな?」


幼「......うん」


俺と幼の中では、撫でるという行為は


撫でるのと、幼の髪を櫛でとかすことを言う。



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/15(木) 21:33:37.07 ID:GNrJ8gpb0


男「おお、サラサラしてる」


俺は幼の頭を撫で、髪を手で優しくといてゆく


幼「すぅ......はぁ......ん」


すると、幼は大きくゆっくりと呼吸をし始める。


それは彼女が十分にリラックス
しているということ、と同時に


幼「すぅ......はぁ......」


俺の匂いを堪能している証拠でもある。



18: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 21:43:25.54 ID:GNrJ8gpb0


フェティシズム


からだの一部やらなんやらに
異常に惹きつけられることを言う


そう幼は匂いフェチだ。


それが発覚したのは数年ほど前だ


俺のTシャツに幼が幸せそうに顔を埋めていたのを
俺が見てしまった。以上だ。




19: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 21:49:56.90 ID:GNrJ8gpb0


男「(ふぅ......まぁ.......可愛いから許す)」


幼「ん......」クンクン


たしかに最初は俺もビックリしたが


その時に幼が言った......


幼「き、嫌いにならないで......男ぉ......」


自分のシャツに顔を半分埋めて
涙目でそんな風に言われたら
許すのが男性というものだろう。



21: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 21:59:41.43 ID:GNrJ8gpb0


幼「ん......」クイクイ


と、昔のことを思い出している内に

幼から満足したよ、というお知らせがきた


男「よしよし」


そして幼は俺からゆっくりと離れる。


幼「はぁ......」


男「すっきりした顔してるな」


幼「うん......」


男「あ、やばいもうこんな時間だ。晩御飯つくらないと」


幼「いいよ、私が作る」


幼「男は座ってて」



22: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 22:05:59.06 ID:GNrJ8gpb0


俺の幼はクールだ


男「え、でも」


幼「ううん......これはお礼だから」


男「......じゃあ、俺もお礼ということで手伝う」


匂いフェチで少し甘えん坊で
髪をイジられるのが大好きな......


幼「ふふ、分かった」


幼「男は味見係り......ね?」


ちょっと変わった幼馴染



27: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 23:45:26.45 ID:GNrJ8gpb0


幼はクールだ。がしかし......


幼「男、私の読みかけの本知らない?」


男「ん、すぐそこにあるだろ?」


幼「あ、本当だ......」タタタタタ


ちょっと抜けているところがある。

ガッ!!


幼「きゃ!?」


バタン!!


男「うぉ!?」



29: ◆SWYGzMGb56 2013/08/15(木) 23:55:29.58 ID:GNrJ8gpb0


この幼のプチ天然なところは


今に始まったことではない。


ある時は......


男「あまーい!!」


幼「......ふむ、甘い」


甘さ全開のおにぎりを作り


幼「男ぉ......」クイクイ


男「ん......どした?」


幼「私のめ、眼鏡が消えた......」


男「お、そうか......ほれ」スチャ


幼「.......あ、あれ!?」


幼が自分の額にかけてた眼鏡を忘れているので
俺がかけてやったりと


幼はちょっと天然な一面もある。



30: ◆SWYGzMGb56 2013/08/16(金) 00:01:31.30 ID:I41Q4L9d0


だが俺はその度に


幼の普段はお目にかかれない、一面が見れるので


特に気にしてはいない。


しかし当の本人は......


幼「............」


かなり落ち込む。


幼「............私は何だ?」


幼「私は何になろうとしているんだ?」


ご覧のありさまである。



31: ◆SWYGzMGb56 2013/08/16(金) 00:08:51.28 ID:I41Q4L9d0


俺はそんな体育座りで膝に顔を埋めて


自分の中で葛藤を続けるこの丸っこい幼馴染を
もうしばらく見ていたいと思う気持ちをしまい込み


幼を元気づけることにした。


男「ふぅ、まったくなぁ......」


しかし、この丸くなってしまった奴を
元気づけるのには少しコツがいる。


俺は最初ため息をつきながら
幼へと近づく、足音は少し音をたてるくらいが良し



32: ◆SWYGzMGb56 2013/08/16(金) 00:19:43.92 ID:I41Q4L9d0


男「本は忘れるし、おにぎりには砂糖いれるし」


幼「......」ピク


男「眼鏡を忘れる、何もないところで転ぶし
  幼はなんか.......抜けてるよな」


幼「......!!」


さて、誤解しないでほしいこれは幼を元気づけるために
こなさなければいけない、そう過程だ。


そして幼が俺の言葉に強い反応を示したので
次に移る。


男「でも......」  


次は幼の頭を撫でてやる
いつもより少しだけ乱暴に撫でるのが大事だ。


そして幼の耳元になるべく優しい声で

男「俺はそんな幼の抜けたところも......いいと思うよ」


俺の素直な気持ちをさらけ出す。



33: ◆SWYGzMGb56 2013/08/16(金) 00:27:10.60 ID:I41Q4L9d0


すると幼は、顔はあげずに返事をする。

幼「......ほ、本当か?」


男「うん、どんな幼も俺は受け入れる」


男「だから幼は落ち込まなくていいんだよ」


男「だって俺は幼の全部が......」


幼「............?」


男「そういえば、態度で示さないと駄目だったっけな」


幼「え......」



34: ◆SWYGzMGb56 2013/08/16(金) 00:37:34.20 ID:I41Q4L9d0


と、俺は大事なことを思いだしたので
急遽、路線を変更。


男「よしよし、幼~」


彼女を愛でる、という魅力的な選択肢を選んだ。


俺は丸っこい彼女を抱きしめる。


幼「お、男!!?」


男「あ......幼は温かいな......すぅ......はぁ」


そして俺は幼のぬっくい体温やら、いい匂いやらを楽しむ


幼「な......ちょ!! 男......はぁぁ......ぁぅ......」


俺のちょっかいから幼は逃げようと
俺の腕の中で身体を、もそもそ、とさせるが

男「はっはっは~抜けだせるもんなら、抜けだしてみろ~」


逃がさないようにしっかり抱きしめて
いるので逃げられない。




36: ◆SWYGzMGb56 2013/08/16(金) 00:52:04.38 ID:I41Q4L9d0


それがしばらく続く。


すると幼は諦めて、俺の背中に
手を回してきて、俺の真似をし始めた。


幼「すぅ......はぁ......男ぉ......」


そして俺の首のあたりから幼のうっとりとした
声が聞こえてきた。どうやら元気になったようだ。


男「よしよし、元気になったか」


役目は果たしたので俺は一度幼から離れようとする


が、しかし......離れられなかった。


男「あ、あのさ......一回離して......」


幼「うぅ......ダメだ......離れちゃ......許さないぞ、許すまじだ」


幼はすこし抜けている


しかし、そういう幼の一面も
俺にとっては魅力的だ。


男「いやホントに......」


幼「男が......悪い......責任......とってもらうからな」ギュウ


そして解放されたのは、それから二時間たった後だった。



42: ◆SWYGzMGb56 2013/08/16(金) 11:06:01.71 ID:I41Q4L9d0


幼はクールだ


だがそれは感情が外に表れにくいだけで


幼が冷たい人間だ、ということではない


実際、他人から見れば
俺と幼の関係は物凄く冷えているように見える。


いつ別れるのかと、言われてしまうほどだ。


幼「男ぉ......おはよう」


男「おう、おはよう幼」


幼「......ん、きて」



43: ◆SWYGzMGb56 2013/08/16(金) 11:09:04.60 ID:I41Q4L9d0



男「櫛持ってないぞ」


幼「ううん......手でされるほうが......良い」


男「そっか、いいよおいで」


だが、それは間違いだ。


俺と幼は二人は絶賛


愛を育み中である。


幼「ふぅ......ぬっくい」


男「ぬっくいなぁ」ナデナデ



44: ◆SWYGzMGb56 2013/08/16(金) 11:17:23.07 ID:I41Q4L9d0


見せつければ


良いってものではない


これが幼と俺と恋愛観だ。


互いが燃え上がるような恋愛も、いいかもしれない......でも 


男「......」ナデナデ


幼「すぅ......はぁ......ん」


こうやって静かに、ゆっくりと


このぬっくい存在と


同じ時間を過ごしてゆく方が


幼「......」クイクイ


男「お、よしよし」ポンポン


俺にとっては心地良いことこの上ない



45: ◆SWYGzMGb56 2013/08/16(金) 11:26:04.88 ID:I41Q4L9d0


それに

幼「お、男......」スリスリ


この俺の肩に擦りよってくる幼も


男「ん、物足りない?」


自分と同じ気持ちを抱いているようなので


幼「うん、やっぱりもう少し......構ってくれ」


男「......ん、無理」


幼「......い、意地悪しないでくれ......」ポス


男「適度がいいの、普通が一番、中道だよ、中道」






46: ◆SWYGzMGb56 2013/08/16(金) 11:37:06.39 ID:I41Q4L9d0


幼「............むぅ」


だが、俺は幼と短距離走をするつもりはない。


男「分かった分かった、これで我慢してくれ」


俺はその距離を


幼「ぁ......ん......う......ふむ......」


みんなが余りにも甘ったるくて


幼「......男ぉ......ちゅ......んん」


読めばそっ閉じするくらいに


深く、ゆっくりとした足取りで


このクールで甘えん坊で変わった
愛情表現をする幼馴染と......


男「なぁ......たまには口に出すのも......いいんじゃないか?」


幼「ぅ......でも......」





47: ◆SWYGzMGb56 2013/08/16(金) 11:44:57.76 ID:I41Q4L9d0


男「幼、大好きだ」


幼「ぁ......」


男「なぁ、悪くないだろ?」


手をつないで、同じ歩幅で......


幼「うん......良かった......な」 


幼「たまになら、いいかもしれないな......よし」


歩いていきたい


幼「男......大好きだ......」


幼「こ、これで......いいかな?」






57: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 13:23:02.77 ID:l2KONt8z0


ギャップ萌え、なんて言葉があるが


それは多分、俺の幼も該当していると思う。


幼「.......」ジー


幼はチョコレートが好きだ。特に......


幼「エンゼル」パカ


チョコボールが大好きだ。


幼「え、エンゼル......」シュン



58: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 13:28:21.62 ID:l2KONt8z0

~数年前~


ある日の休日、幼が突然こんなことを言った。



幼「キョロちゃんがほしいんだ」


男「え、どして?」


幼「アイツは私の心を奪っていったんだ」


男「言葉が小説チックだな」


幼「だから男、君も協力してくれ」





59: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 13:46:43.25 ID:l2KONt8z0

 
キョロちゃん、チョコボールという
お菓子の人気キャラクターだ


コイツを知らない人はいないだろう


しかし、意外にしられてないのは


キョロ缶、ではないだろうか?


男「キョロ缶?」


幼「そうだ、では説明しよう......チョコボール箱の
  このくちばしの黄色い部分からチョコを食べる」パカ


幼「ここにエンゼルがいたら......私の勝ちだ」ウキウキ


男「ごめん、もう一回」


俺はなんだかいつもより興奮している幼を
そのチョコボールを食べさせて落ち着かせ
ながら幼の言葉を整理していた。


このチョコボールには
(幼が手に入れた)銀のエンゼルというものを
五枚集めると、キョロ缶という


キョロちゃんの形をした缶が貰える
というチョコボール愛好家には
胸アツなプレゼントがある、と


幼は熱く語る。


幼「......だから男......食べて?」ポリポリ


男「そんなに欲しいのか......」



60: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 13:55:07.01 ID:l2KONt8z0


男「まぁ、いいけど......」


幼「おお......!! よしじゃあ食べるぞ!!」タタタタタ


ーーーーーー


ドサッ


男「......え」


すると幼は、家からチョコボールを沢山持ってきた


幼「600箱買ったぞ」


男「え......」


幼「今日の夕食はこれに決定だ」


男「え......!?」


幼「いただきます」 パカ ポリポリ


男「え!!?」


こうして、俺と幼の甘い戦いが始まった。




65: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 16:30:45.98 ID:l2KONt8z0


が、事態は予想もしなかった方向へ......


それはちょうど、俺が20箱目の
チョコボールを開けたときだった。


男「!! エンゼル出た~」


幼「ふむ、男もやっと出たか。あと3枚だな......」


男「でも俺のチョコボールのエンゼル、銀色じゃないな......金だ」


幼「!!?」



66: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 16:37:41.84 ID:l2KONt8z0


幼「き、金だと......!!」


男「ほれ、金のエンゼル」


そして幼は俺の持つ金のエンゼルを
まじまじと見つめ......


幼「お、おとこ~!!」


思いっきり抱き締められた。


幼「ああ、さすがだよ......もう言葉もでない......」


そして、これでもかと胸に頬を擦り付けてくる。


男「おおぅ......嬉しいのは分かったから説明してくれ」



67: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 16:51:28.80 ID:l2KONt8z0


幼いわく、さっき説明したキョロ缶の入手方法は
銀のエンゼルを五枚集める。だったが。


幼「ふふ、驚け男。これ一枚で
  銀のエンゼル五枚分だ!」


金のエンゼル一枚はキョロ缶と同じ価値

つまり......



男「え、ホントに?」


幼「これでキョロ缶が手にはいるぞ.....」


男「おお~やった~!!」


幼「勝ったぞ!! 私達の勝利だ!!」


開始早々に俺達の勝ちが決定した。


そして俺と幼はお互いに、この喜びを
分かち合うように抱き締めあった。


しかし......世の中はそこまで甘くはなかった。



68: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 16:57:11.68 ID:l2KONt8z0


男「なぁ......幼」


幼「ん?」


男「これで目的は果たしたよな?」


幼「ふむ......そうだな、やったな男」


男「でだ、この残りのチョコボールどうすんの?」


そう俺が懸念していたのは


この残り580箱のチョコボールを
どう処理するのかだ。



70: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 17:09:41.03 ID:l2KONt8z0


幼「ん? これか」


男「どうすんの?」


幼「たしかに......こんなに余るとは......ふふ」


だが彼女は笑った。


俺がそんな幼を不思議そうに見ていると
ふと幼と目があった。


すると幼は頬を淡く染め、俺に一つ微笑を浮かべる。


そしてゆっくりと話し始めた。







71: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 17:17:13.04 ID:l2KONt8z0


幼「実はな、私は最初のほうでコレを食べるのに飽きた」


男「おい、言い出しっぺ」


幼「はは、悪い悪い。でだ......私は考えた」


幼「どうしたら飽きないで食べられるか......」 


男「ほぅ......で、思いついたの?」


幼「......聞きたいか?」



73: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 17:26:27.31 ID:l2KONt8z0


男「いや、正直に言うと俺も飽きてきてた......」


幼「ふふ、分かった......じゃあ教えよう」


そう言うと幼は、手に持っていた
チョコボールの箱から、一個の丸いチョコを


幼「たくさん......あるから......な?」


少々すぼめた唇に嵌めて......


幼「......ん、ふぉとこ......」


俺に口移ししてきた。



75: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 17:36:39.97 ID:l2KONt8z0


男「......」


幼「......どうだ?」


男「.......甘いです」ポリ


幼「ふふ、そうか良かった......」


幼「でも私はくわえただけだから.....」チラ


男「やっぱり俺もするの?」


幼「うーん、そうだな。男は金のエンゼルを
  当ててくれたからな......」


幼「よし、今回は私からのお礼ということで.....な?」


男「お、おう......」


幼「たくさん......食べてくれ......」



76: ◆SWYGzMGb56 2013/08/17(土) 17:47:45.25 ID:l2KONt8z0


ギャップ萌えって言葉がある。


それは幼の魅力を表現するには。


実にピッタリな言葉だ。


~ 幼ちゃんて冷たくない? ~


~ なんで付き合ったの? ~


俺達への周りからの風当たりは強い。

だか、そんな風はどうでもいい


幼「男ぉ......ん......」チュ


男「......ん」


だってこれが、俺達の形なのだから.....


男「でも全部は無理じゃない?」

幼「......全部食べるぞ」


男「え......まじ......」









最終結果

銀のエンゼル 30枚

金のエンゼル 一枚




84: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 19:25:06.78 ID:D+fU02cl0


幼はクールだ。だがこれは


単に感情が外に出ないというだけで


実は内心、荒ぶっていることがある。


女「あの.......男君」


女「つ、付き合ってくれない?」


男「......え」






85: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 19:28:56.43 ID:D+fU02cl0


女「あ、えっと付き合うっていうのは」


女「私彼氏がいるんだけど、まだデートもしたことなくて......」


女「ほら、最初が肝心てよく言うし......」


男「つまり俺で予行練習したいと?」


女「う、うん」


女「駄目かな?」


男「いや、大丈夫だ。協力するよ」



86: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 19:33:40.66 ID:D+fU02cl0


女「あ、ありがとう!!」


ーーーーーーーーーーーー

~男の部屋~


男「ということだ」


幼「どいうことだ?」


男「今度の休日、女と出かけてくる」


幼「............」


男「幼そう、泣きそうな顔をされると......」


幼「わ、私はお払い箱か?」


男「今言ったじゃん」



87: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 19:39:10.42 ID:D+fU02cl0


幼「そ、そうだっな......」


男「俺も正直、幼とデートしたいよ?
  ただ女とは委員会一緒のせいか仲いいからな
  協力したい気持ちがある」


幼「むぅ......うん」


男「今回の埋め合わせはキチンとするからさ。な?」


幼「......分かった」


男「おう、ありがとな」





88: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 19:43:37.20 ID:D+fU02cl0


~休日~


女「男く~ん」


男「お、女じゃん」


女「ごめん、遅れた」ハァハァ


男「いいよいいよ、気にすんな」

男「落ち着いたら行こうか」


女「ふぅ、ありがとう男君」



89: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 19:51:09.62 ID:D+fU02cl0


男「さて、予行練習ってことだけど」


男「俺ってどんな感じに動けばいい?」


女「ううん、普通でいいよ。男君らしくしてくれれば」


男「おう、分かった」


ーーーーーーーーーーーー


こうして女との予行練習というなの
デートが始まった。


俺は女と仲がいいこともあって
デートは何の滞りもなく進んだ。


夢中になっていると時間があっという間に過ぎていく


まさしくそう言えるくらい女とのデートは
あっという間に過ぎていった。






90: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 19:55:02.73 ID:D+fU02cl0


女「今日はありがとう」


男「いやいや、俺も楽しませてもらったし」


男「おあいこだな」


女「ホント? 男君にそう言ってもらえると......嬉しいよ」


男「彼氏と、上手くいくといいな」


女「......あ、あのさそれなんだけど」


男「ん?」


女「私、彼氏いないんだ......」



91: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 19:58:13.36 ID:D+fU02cl0


男「............」


女「男君......」


女「私、男君のこと好き......」


女「だから......付き合ってください」


男「............」


男「......ごめんな、無理だ」


女「っ......どうして?」






92: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 20:06:19.49 ID:D+fU02cl0


男「俺には、幼がいる」


女「でも幼ちゃん、男君に冷たいじゃない
  みんなに素っ気ないし、男君への態度も」


女「本当に付き合ってるのか......疑うくらい」


男「......」


女「だから私は......」


男「女」


女「?」


男「幼はたしかに、冷たいような印象はある」


男「でもそれは上辺だけの話しだ」


男「俺の知る幼は、ちょっと面倒で
  甘えん坊で少し天然な、キョロ缶が大好きな女の子なんだ」


男「そんで俺はそんな幼が大好きだ」


女「............」


女「......そっか」



93: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 20:10:43.78 ID:D+fU02cl0


男「だからごめんな」


女「ううん、いいの」


女「私は男が笑顔なら......それで満足だから」


女「でも、ちょっと悔しいかな......」


男「......俺は幼しか見てないよ」


女「うん、顔に書いてる」


男「そうか」


女「今日は......ありがとうね」


男「ああ」


女「それじゃあ......」


男「ああ、またな」



94: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 20:14:33.04 ID:D+fU02cl0


タッタッタッタッタ


男「......」


男「幼」


男「いるんだろ? 出てこいよ」


.......ガサ


幼「............男」






95: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 20:22:02.58 ID:D+fU02cl0


男「......幼、俺はお前のことが好きだ」


幼「......ぇ」


男「誰が何て言っても.......俺は幼のこと好きだよ」


男「だから......泣くな」


幼「......おとこぉ!!」


ギュッ


男「よしよし」


幼「うぅ......怖かっだ......怖かっだ......」

幼「おとごが......どこかにいきそうで......」


男「うんうん」


幼「男が告白されたとき......怖がっだ......ヒック」


男「ごめんな、心配かけたな......」



97: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 20:26:58.99 ID:D+fU02cl0


俺の幼は


クールで面倒な女の子だ。


でも、それは外側を見ている人からの印象。


本当の幼は、泣き虫で甘えん坊
ちょっと天然で、キョロ缶が大好きな。


可愛い女の子だ。


終わり。



98: ◆SWYGzMGb56 2013/08/18(日) 20:28:25.03 ID:D+fU02cl0

これでこのSSは終わります!!
ありがとうございました!!
>>96 そういう子もいるから気をつけて



101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/18(日) 20:53:25.96 ID:NWnO0/Wt0

女さん、かわいそうだけれど相手が悪かったんですよ……
終わるのは寂しいけれど、乙でした!
クーデレ幼馴染最高でした!



106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 14:17:13.73 ID:hvpcG46Co

銀のエンゼル10枚くらいあるわ

かれこれ7,8年前から溜め込んでる


元スレ
SS速報VIP:幼馴染「男......大好きだ......こ、これでいいか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376559540/