1: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:25:22.04 ID:z0Yrp76u.net

同棲かなまり



2: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:27:41.13 ID:z0Yrp76u.net

鞠莉「んん…もうちょっと…」

果南「だーめ、ホラ、仕事遅れちゃうよ?」

鞠莉「…いきたくない」

果南「…具合悪いの?」

鞠莉「元気…」

果南「じゃあ起きて」

鞠莉「…起きたらハグしてくれる?」

果南「はぁ…いいよ、ホラおいで」

鞠莉「んん…」ノソノソ

鞠莉「ん」ギュ

果南「おはよう、鞠莉」

鞠莉「…おはよ」



3: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:29:30.10 ID:z0Yrp76u.net

果南「もう、相変わらず寝起きは別人みたいにテンション低いんだから」ホッペプニプニ

鞠莉「いいじゃん…」ギュッ

果南「よくないよ、毎朝起こすの大変なんだから…」

鞠莉「最初からハグしてくれれば起きるのに…」

果南「はいはい…朝ごはん作っといたから早く食べて支度しよ」

鞠莉「やだ、もうちょっとこのままがいい」ギューッ

果南「もう…あとちょっとね」ギュッ



4: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:30:20.81 ID:z0Yrp76u.net

果南「戸締りオッケー、鍵持った、鞠莉も準備できた?」

鞠莉「…うん」

果南「…やっぱり具合悪いんじゃないの?大丈夫?」

鞠莉「っ、元気よ…」

果南「じゃあホラ、行くよ、遅れちゃう」

鞠莉「………」

果南「…もう!なんなの今日は!私遅れちゃうから先行くからね!」

鞠莉「ま、待って!」ギュッ!

果南「離して!なんで今日はそんなに甘え…!」

鞠莉「行っちゃ…やだ…」ポロポロ

果南「…鞠莉?」

鞠莉「っぐ、ぐす…」ポロポロ

果南「……ハァ」

果南「しょうがない、今日はお休みかな」



5: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:33:29.61 ID:z0Yrp76u.net

果南「はい…はい…明日にはきっといけると思いますので、はい…すみません…」ピッ

鞠莉「………」ウデギュー

果南「会社には私から言っといたから、明日はちゃんと行くんだよ?私も今日はお店閉めるから」

鞠莉「…わかった」

果南「それにしてもどうしたの?なんか嫌なことあった?」

鞠莉「……」ムス…

果南「話してくれなきゃわかんないよ?」

鞠莉「…えっちしたい」

果南「はぁ!?」

鞠莉「えっちしてくれたら教えてあげる」

果南(こりゃ重症だな…今日はわがまま聞いてあげようか)

果南「…いいよ、お風呂…はさっき入ったか、じゃベッド行こうか」

鞠莉「抱っこして」

果南「はいはい」オヒメサマダッコ

鞠莉「~~~っっっ♡♡♡///」

果南「鞠莉真っ赤っか」

鞠莉「う、うるさい…///」カアァ



6: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:34:49.63 ID:z0Yrp76u.net

鞠莉「んっ…」ポスッ

果南「鞠莉…」ノシッ

鞠莉「果南…」チュ…

果南「ふ…ん…ちゅ、ちゅる…♡」

鞠莉「ん…ひたぁ♡れろ…ちゅ…♡」

鞠莉「は、ぁ…♡ちゅ…ちゅぷ…♡…ん」チュル♡

果南(めっちゃかき回される…///)

鞠莉「ちゅう…ぢゅ…っ、ず…♡」

果南(舌…っ、吸われ…♡)

果南「んんっ…///」

鞠莉「ぷぁ…♡」ツー…

果南「はぁ…♡はぁ…♡」

鞠莉「果南…触って…我慢できない…」

果南「…っ」ゴクリ



7: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:35:58.90 ID:z0Yrp76u.net

果南(なんなの今日の鞠莉、やたら甘えてきたと思ったらキス激しいし、しかも…)

鞠莉「かなぁん…はやく…♡」ハーッ♡ハーッ♡

果南(こんなん見たら私も無理だよ!)ガバッ

果南「うわっ、鞠莉すご…もうこんなに濡れてる…」クチュ…

鞠莉「んふ、っ…♡」

果南「こんなに糸引いて…見て…」ネチョー♡

鞠莉「い、言わないで…っ///」

果南(普段から濡れやすいけど…今日は一段とすごいな…)クチュックチュッ♡

鞠莉「ああぁ…そ、っこぉ…♡やば…♡♡」キュンキュン♡

果南「知ってるよ…このザラザラしたとこ…気持ちいい?」

鞠莉「きもちい…♡あたま、まっしろになっちゃいそ…♡」

鞠莉「だいすき…」

果南「~~~っっ!!」キュンキュン♡

果南「鞠莉…舐めるよ…」

鞠莉「……」コクン



9: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:37:15.88 ID:z0Yrp76u.net

果南「ず…ずず…っ♡れろ…こちゅ…♡」

鞠莉「やあぁ…入って、くる…♡かなんのべろぉ…♡」

果南「すごいよ…いっぱい濡れてて溺れちゃいそう…鞠莉の味がいっぱい…」

鞠莉「だっ///だからそういうことは…ひんっ♡い、言わないでいいから…ぁ♡」

果南「ふふ…かわいい…♡ずちゅ…ちゅ♡」

鞠莉「ぁ、…ふ、ん…♡なか…なめられるの…好き…///」

果南「ふぅん…じゃあここを触りながら…」クニッ♡

鞠莉「はっっ~~~ぁ…!」ピクピクッ♡

果南「軽くイっちゃった?すご…中からネバネバしたのがいっぱい…♡」グチュッグチュッ

鞠莉「ま…まっへ…♡イったばっからから、ぁ…♡」

果南「…だーめ、待たない♡」グチュグチュグチュグチュッ♡

鞠莉「んやあぁ…無理ぃ♡死んじゃ♡しんじゃうから、っふ♡やああああぁぁっっっ♡♡♡」ビクビクッ!ビクッ!



10: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:37:59.91 ID:z0Yrp76u.net

果南(鞠莉…あんなにのけ反って…そんなに気持ちよかったんだ…)

鞠莉「はぁーっ♡はぁーっ♡」クテー

果南「鞠莉…も、もう私も我慢できない…」

果南「あの薬…どこ?」

鞠莉「はぁ…♡そ、そこの戸棚に…」

果南「えっと…」ゴソゴソ

果南「あった…♡」

果南「…ごくっ」

果南「くっふ…あぁ…♡きたきたぁ…♡」ムクムクッ

果南「はぁ…♡はぁ…♡鞠莉、おまたせ…♡」ギンギンギンギン!!!

鞠莉「っっっ♡♡♡」ゾクゾクゾクゥ♡

鞠莉「きて…♡かなぁん…♡」

果南「ま、鞠莉っっ!!」ズニュ…ズブズブズブ…♡



11: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:39:28.27 ID:z0Yrp76u.net

鞠莉「んっっ~~~っ♡♡♡き、たぁ♡おっき…♡」キュンキュンキュンキュン♡

果南(っ…し、締め付けすご…♡)

果南「うご、くよ…」

鞠莉「ま、まって…」

果南「…?」

鞠莉「このまま裸で抱き合って繋がったままお話したい…今日は一日中繋がってたい…」

果南「鞠莉…」

鞠莉「お願い…」ダイシュキホールド

果南「…いいよ、その代わりなんで今日はそんなに甘えんぼなのかちゃんと教えてね?」

鞠莉「うん…」ギュッ



12: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:40:12.78 ID:z0Yrp76u.net

鞠莉「…あのね、嫌な夢見たの」

果南「夢?」

鞠莉「うん…果南が私を捨てて浮気しちゃうの…ダイヤと…」

鞠莉「二人がえっちしてて、私はそれを見てるだけ…夢の中だから自由に動けなくて止められなくて…」

果南「……」

鞠莉「果南がどっか行っちゃうんじゃないかって…怖かった…」ウルウル

果南「…そっか」

鞠莉「お願い…どこにも行かないで…」

果南(鞠莉…こんなに怯えてるの初めて見た…かも)

果南(…まったく、世話がかかるんだから)



13: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:42:14.30 ID:z0Yrp76u.net

果南「心配しなくても私はどこにも行かないよ、鞠莉が逃してくれないでしょ?」

鞠莉「……そうじゃなくて」

果南「…?」

鞠莉「私のことが好きすぎて離れられないって言ってよ…」

果南「…ふふっ」

果南「そうだね、鞠莉のことがだいだいだーいすきだから絶対どこにも行かないよ」

果南「鞠莉なしの生活なんてありえない、鞠莉が私の全てだから」ギュッ

鞠莉「…ホントに?」

果南「…わかった、それなら」ピップルルルル

果南「あ、もしもしダイヤ?」

鞠莉「!?」



14: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:43:07.56 ID:z0Yrp76u.net

果南「私は鞠莉一筋だからね!一生鞠莉と一緒にいるって決めたんだから!」

ダイヤ『ちょ、いきなりなんですの?なにがなんだか「鞠莉に代わるね!」

果南「ホラ、鞠莉も言ってやんなよ」

鞠莉「……」コクン

鞠莉「ダイヤに果南はぜーーったい渡さないんだから!!もう私の果南に手を出さないで!」

ダイヤ『ま、鞠莉さん!?二人とも一体どうしたんですの?』

鞠莉「どうしたもこうしたも果南は私にゾッコンなの!わかった?」

ダイヤ『は、はぁ…』

鞠莉「わかればいいの!じゃあね!」ツーツー

果南「どう?スッキリした?」

鞠莉「…ありがと、果南、元気でた」ギュッ

果南「よかった…」



15: 名無しで叶える物語 2018/02/09(金) 02:44:38.48 ID:z0Yrp76u.net

果南「たまにはこういうのもいいね、私もずっとこのまま繋がってたい」

鞠莉「ふふっ、いいでしょ?」

果南「鞠莉がやりたいって言ったんじゃん」

鞠莉「なぁに?嫌だった?」

果南「そんなわけないじゃん」チュッ

鞠莉「んっ…///いきなりはズルい…」カアァ

果南(いつもの鞠莉に戻った…かな?)

果南「繋がったまま耳元で会話して…」

鞠莉「たまにちゅーして…んむ」チュー♡

果南「ん…鞠莉もいきなり…///」

鞠莉「おかえしだもーん」

鞠莉「こういうのも新鮮でいいわね♡」

鞠莉「ずっとこうしてたい…」

果南「…明日も仕事休んじゃおっか」

鞠莉「いいわね、賛成♪」

次の日も休んだ

おわりよ、普通の会話を入れたかったけどアタシの技量じゃ無理だったわね


元スレ
果南「鞠莉、朝だよ、起きて」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1518110722/