SS速報VIP:瑞鶴「提督の様子がおかしい?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518528238/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 22:23:58.91 ID:+NGb5TSo0

漣「ええ、そうなんでごぜーます」

瑞鶴「別に、いつもの事なんじゃないの?」

漣「ハロウィンやクリスマス、その他諸々の奇行を起こしてきたご主人様が…さらに酷いことになってるんですケドも…」

瑞鶴「ふーん…んで、どんな様子なの?」

漣「見てもらった方が早いんでちょっと来てもらえます?」

瑞鶴「あー、うん」



漣「ご主人様ー、入りますよー」ガチャリ


日向「オラァ!」ドスッ

提督「さまふっ!」バタッ

漣「あー、鳩尾かぁ…」

瑞鶴(痛そう)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518528238




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 22:28:23.23 ID:+NGb5TSo0

瑞鶴「あー、ねえ、日向さん、何かあったの?」

日向「ん?ああ、ついさっきの話なんだがな…」



日向『君、一体何を見ているんだ?その、【たぶれっと】とやらで』

提督『大本営からのまぁー…情報って感じか』

日向『そうか… 何か飲み物を淹れてくるが何か希望はあるか?』

提督『希望を言うなら、彼らは新しい生活をm…日向『青汁がいいのかそうか』

提督『普通に緑茶でお願いします』

日向『承ったっと…』スタスタスタ


日向『あっ…という間にすぐに沸く、文明の利器だな』コポコポコポ

<うわあああああああ

日向『!?』ダダダ

日向『どうした!』



提督『びっくりするほどユートピア!』

提督『びっくりするほどユートピア!』


日向『』


日向「という事があってだな」

漣「だからご主人様は全裸で…」

瑞鶴「タブレットで何を見ていたのかわからないの?」

日向「恐らく大本営からの情報じゃないかとは思うんだがなぁ…」

漣「今とりあえず弄ってますが…パスワードが掛かっていて見られませんねぇ…」

瑞鶴「提督さんが落とした拍子にロックが掛かったのね…」



提督「……」ムクリ

日向「起きたか、せめて服くらい来たらどうだ?」

提督「うっひょおおお!!」ダダダダダダ

漣「ああっ!ご主人様がパンツ履いて出ていった!」

瑞鶴「一体何を見たのよ…」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 22:32:55.35 ID:+NGb5TSo0

日向「とりあえず私はここで代わりに仕事をしているから、二人はあのバカを追ってくれないか?」

瑞鶴「了解です、ほら漣行くわよ」

漣「ウッス」


【廊下】

漣「見つかりませんなぁ…」

瑞鶴「逃げ足が速くて見失っちゃったものねぇ…」

<きゃあぁぁぁぁぁ!


瑞鶴「この声は…蒼龍さん!」

漣「方向的に脱衣場です!」

瑞鶴「あの野郎遂にやりやがった!」

【脱衣場】

瑞鶴「先輩!」ガチャ

蒼龍「ああ、二人とも」

漣「一体何が…」

蒼龍「さっき提督が…」


蒼龍『いいお湯だったなぁ~ 』

蒼龍『さて、そろそろ部屋に戻ろっと』


提督『……』

蒼龍『きゃぁぁぁぁぁって…あれ?提督、なんでこんな所にいるんですか?脱衣場ですよ?』

蒼龍『というか服着てくださいよ』

提督『DAISUKE!』シャキーン

蒼龍『様子が若干おかしい…のかな?』

提督『ゲッダン☆ゆーれるまーわるせつなーいきもちぃぃ!』

蒼龍(狂っちゃった…?いやいつもの事か)

蒼龍『とりあえず黙らせておこうかなっ!』ピュン

提督『エピタフッ!』サッ

蒼龍『避けた!?』

提督『フゥーハハハハハ』ダダダダダダ

蒼龍『逃げた!?』


蒼龍「と、いうわけなのよ」

漣「ご主人様の社会的信用なくなりそうですわぁ…」

瑞鶴「元からあってないようなものでしょ」

蒼龍「違いない」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 22:37:26.14 ID:+NGb5TSo0

蒼龍「さて、問題は【なぜ提督が狂ったのか?】ということよね」

漣「ですねぇ…」

瑞鶴「大本営からの情報を見てたら狂った…らしいですね」

蒼龍「…と、なるとその情報を1度見てみたいね」

漣「でも、タブレットはロックがかかってますぞ?」

蒼龍「大淀さんがいるじゃないのよ」

瑞鶴「大本営との関わりがある大淀さんならその情報を知ってる可能性が高い…と」

漣「なるへそ」


漣「なら行きますか!」

瑞鶴「うっし!」

蒼龍「頑張ってね」

漣「行かないのかよ!」

蒼龍「モンハンワールドやるんだよ!」

瑞鶴「買ったばかりなんですか?」

蒼龍「そうりゅうこと!」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/13(火) 22:42:18.98 ID:+NGb5TSo0

【廊下】

瑞鶴「さて、大淀さんはどこかなっと…」

漣「中々いませんねぇ!」

漣「おや…?」

瑞鶴「どうしたの?」

漣「『窓の下を見て』…」

漣「『ご主人様が大淀さんを追いかけてるぞ』急いでる…」

漣「『廊下を全力疾走だ』」

瑞鶴「いずれあいつを爆撃してやるけど、今持つべきものは『友』より『敵』ね………」

漣「『どうやら見つけてくれちゃったようですぞ』ご主人様ありがとう、3キュー4ever」

瑞鶴「……よく考えたら普通に提督も捕まえたら良くない?」

漣「あっ…」


瑞鶴「とりあえず行くわよ!」ガシャーン

漣「ああ…窓ガラスが」

漣「後で怒られても知りませんからねッ!」パリーン

スタッ

スタッ

ダダダダダダ




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/14(水) 22:20:40.90 ID:ZxAKdQJ70

【鎮守府外】

大淀「いきなりさっきから何なんですかッ!」ダダダダダダ

提督「ミッ!はミシシッピ川のミィーッ!」ドドドドドド

大淀「最近デスクワークばかりで動いてないから疲れるんですよ畜生!」

大淀「工廠の方にできるスポーツジムの会員になる事を真剣に考えました畜生!」

提督「ホホホイッ!ホホホイッ!」ドドド

大淀「もうやだぁぁぁぁ!」ダダダ

「待ちなさい!」

「御用改めでござる!」

提督「ホワァット!?」

「「とおぉぉぉう!」」ピョオオン

提督「ぐふっ」ドスッ

漣「ご主人様確保!」

瑞鶴「良し!」

大淀「あぁ…何かわからないけど助かった…」ゼェハァ ゼェハァ



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/14(水) 22:47:54.35 ID:ZxAKdQJ70

大淀「一体全体何があったんですか?」

漣「ご主人様が発狂してしまいまして…」

瑞鶴「大本営からの情報をチェックしてたらいきなりああなったらしいのよ」

大淀「そんな発狂するような情報があったかな…?」ペラ

大淀「……!もしかして…」

漣「心当たりがあるんですか?」

大淀「戦艦武蔵の改二実装の情報を見たんじゃ…?」

瑞鶴「というと?」

大淀「大本営が戦艦改二の情報を出した時、一部では伊勢型なのではないのかと言われていたんですよ」

瑞鶴「それに期待して…外れて…発狂って訳ね」

漣「まあ…うん、なんというか…何も言えねぇ…」

大淀「とりあえず連れて行きますか?」

瑞鶴「そうね、それがいいわ」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/14(水) 22:52:23.26 ID:ZxAKdQJ70

【部屋】

日向「なるほど、そういう訳か」

瑞鶴「ええ、まあ多少大目に見てあげても…」

日向「私や伊勢の事を考えてくれていたのは嬉しいが…罰は罰だ」

漣(まさか)

日向「責任を持って私が罰を与えておこう」

提督「……ん?」

提督「俺は一体何を…」

大淀「……頑張ってくださいね」

提督「えっ」

日向「さて、こっちへ来い」ガシッ

提督「待て、いい年こいて横抱きとか恥ずかしいんだが」

漣(恥という概念があったのか)

日向「……」ガチャリ

提督「ちょっと…ヘルプ!ヘルプ!」

提督「ヤッダーバァアァァァァアアアアア!」
バタン
瑞鶴「終わったわね…」
漣「モンハンワールドでもやりましょうか」

瑞鶴「そうね…」

提督…真っ白に燃え尽きたところを発見された

日向…いつにも増してツヤツヤしていた

漣…モンハンをやろうとは言ったがPS4を持っていなかったので瑞鶴よ部屋にお邪魔した

瑞鶴…モンハンで蒼龍と共闘した
蒼龍…気がついたら休みの殆どをモンハンに消費していたことに気づいてふて寝した。

To be continued...



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/14(水) 22:53:29.10 ID:ZxAKdQJ70

以上です、依頼出してきます。


元スレ
SS速報VIP:瑞鶴「提督の様子がおかしい?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518528238/