1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 23:08:53.54 ID:RecGA0MT0

男「……え?」

美少女「私じゃ、駄目……ですか?」

男(正直ガッツポーズして大声をあげて叫びたいほど嬉しい…嬉しい……が)

「え?今の聞いた?美少女ちゃんって男の事が……」

「趣味悪いよね…さすがに男は……」

「…うわ、男の奴……マジかよ……」

「…アイツだったらまだ○○のがマシだろ…」

男(教室で告白するのだけは、やめてもらえないだろうか。)

男(やっぱ可愛い子ってどこか抜けてるんだなぁ……この子の場合は特別…。)



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 23:18:38.29 ID:RecGA0MT0

男「………。」

美少女「その、返事は……」

男(え?今ここで?今ここで言うの?えー…?)

男「う、うん。じゃあ付き合お」

  チッ  ハァ…… アー チッ ハァ…… チッ

男「……っ」

男(男性陣よ、あらぶるでない。いや、気持ちは分かるよ。気持ちは…。)

男(でも言いにくくなるからマジやめろ、マジ)

美少女「…男くん?」

男「え、…あ、うん?」

美少女「へ、返事は?」

男「え、えーと…」

男(そうだ!クラスの前では振ったことにしといて、後で屋上にでもよんでOKしよう!)

男(そうしよう!)



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 23:31:57.58 ID:RecGA0MT0

男「ご、ごめん。俺…美少女ちゃんとは……。」

美少女「え……?」

男「そ、その……ごめん……。」

美少女「…は、はい……わ、分かりました……。」

男「その、後で」

女「アンタ、ふざけないでよ!!」

男(……え!?)

女「アンタッ!美少女がどんな思いで告白したと思ってんのよ!!」

美少女「や、やめて…」

女2「美少女は優しすぎるんだよ、こんな奴…もうほっとこ、ね?」

男(おいおいおい、話が違うぞ、おい)

「うわー、アイツ、断りやがった…サイテー…」

「男の癖になんなんだよ、アイツ…自信過剰すぎ、キモッ…」

男(おいおいおい!おまえさん達どうした!さっきの舌打ちはどうした…!)

 ウワー ナイワー ウワー サイテー ウワー ウワー



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 23:40:16.69 ID:RecGA0MT0

 それから俺は、クラス中、いや、学校中から目の敵にされた。
計画していた逆告白作戦も、結局実行できなかった。

「男ー、アンタ何してんのー」

男「……」

「最近学校行ってないんでしょー?」

男「……」

「何があったのー?お母ちゃんに言ってみなさい」

男「……」

「もうっ、いっつもこんな調子じゃ大学、行けないわよ!本当にこの子はもうっ……」

男「うるっせえよ!ババア!!」

「やっと喋ったと思ったらなに!!その口の聞き方は!!」

男「うるせえ!!ババア!!」

「ほんっとうにこの子は……!!」


俺、ニート歴5日目、千里の道も、一歩から



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 23:45:32.43 ID:RecGA0MT0

母の襲撃から2日後、ついに奴が動き出した。

「男、出てきなさい。」

男(親父か……。はぁ……。)

「お前、もう一週間も録に外に出ていないんだろ?」

男「……。」

「たまには、外の空気、吸ったらどうだ」

男「……。」

「……お前にも悩みがあるんだろう。」

男「……。」

「母さんには、迷惑かけるんじゃないぞ」

男「……。」

 ああ、神よ。俺は、俺は、どうすりゃいいんだ。
2歩目



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 23:52:36.41 ID:RecGA0MT0

「アンタ、幼馴染ちゃんが来てくたよ」

 幼馴染とは、俺の幼馴染の事である。
幼稚園、小学校、中学校と一緒だったが、高校で別々に。
幼馴染はこのへんの私立のお嬢様学校に入学した。
今でも月2で顔を合わせるくらいには仲が良い。

どうやら俺の異変に気付いて、わざわざ訪ねてきたらしい。

「男、何か学校であった?」

男「……



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 00:11:37.94 ID:M0RQxSdB0

男「……。」

「おばさん、心配してるよ?」

男「そんなの、しらねえよ……。」

「もう何日、外にでてないの?」

男「…二週間ぐらい……。」

「ねえ、部屋、入っていい?」

男「……。」

「久しぶりに、話しよ?ね?」

 少し部屋を片付け、俺は鍵を開けた。



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 00:17:12.07 ID:M0RQxSdB0

幼馴染「それで、今回はどうしたの?」

男「……。」

 中学の時も一度、俺は軽い引きこもりになった事がある。
正直、その時立ち直れたのは、幼馴染のお陰と言っても過言ではない。

男「今回はさ…その……。」

幼馴染「うん。」

男「告白、されてさ……。」

幼馴染「え、男が!?」

男「…おう。」

幼馴染「ど、どんな子に告白されたの!?」

男「…学校1の美少女……。」

幼馴染「えぇぇぇ!?」

やめろ、そんなに驚くでない。やめろ。



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 00:23:39.49 ID:M0RQxSdB0

幼馴染「…な、何で男が告白されたの!?その子に!!」

男「…え?…いや…分かんないけど……」

幼馴染「それで、男は何て答えたの!?」

男「…正直、めちゃくちゃ嬉しかった。嬉しかった。」

男「…けど、クラスの男共がすげえ舌打ちとかするのよ…んで、一旦断った振りして付き合おうと思ったのよ」

幼馴染「…ふむふむ。」

男「それで断った振りして、その子を放課後、別に場所に呼ぼうと思ったらさ」

男「取り巻きみたいな女子共にめちゃくちゃキレられてさ」

男「男共もなんかすげえ「うわ…コイツ何なの……」ってムードでさ。」

男「結局、学校ですげえ居辛くなって……付き合おうと言う事も無く……今に至る。」

幼馴染「……。」

幼馴染「転校したら?」

男「ええ!?」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 00:29:22.42 ID:M0RQxSdB0

幼馴染「ほら、この近くに偏差値55ぐらいの公立高校あったじゃん。彼処に転校しなよ。」

男「えー…?たかがこれぐらいでかー……?」

幼馴染「でも、今のままじゃ男、行きづらいんでしょ?」

幼馴染「安心してよ。男が転校した後、私も

「学校、行く事にする。」

幼馴染「……は?」

男「いや、やっぱ……告白のまともな返事もできないまま転校とかできないし……」

幼馴染「いや、しときなさい。絶対後悔しないから、大丈夫だから。」

男「…せめて、せめて……告白の返事をしてからにするわ……。」

幼馴染「…え?」

男「いや、やっぱりここは男として」

幼馴染「いや、無理しなくていいよ。普通に放置しちゃっても大丈夫だって!全然セーフだって!」

男「いや、意味が分からない。」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 00:36:39.04 ID:M0RQxSdB0

男「……。」

「アイツ、きやがったよ……。」

「あんな事しといて、よく来れるよな……。」

男(クソ…!!言うだけ言いやがれ!!)

男「あ、あのさ……。」

美少女「…う、うん?」

女「ちょっとアンタ、今更よく美少女の前に顔出せたわよね!」

女2「ホント!ホント!!美少女の気持ちを踏みにじった癖に…!」

女「美少女、コイツの話なんか聞かなくt」

男「うるっせええよッッ!!黙ってろよッッ!!」

女「……ッ」

男「放課後、校舎裏で待ってるから…。」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 00:42:17.29 ID:M0RQxSdB0

美少女「お、お待たせ…男くん……」

美少女「そ、その……みんな、ああいう事言ってるけど、私は…」

男「好きだッッ!!!」

美少女「…え?」

男「好きですッッ!!付き合ってくださいッッ!!!」

美少女「で、でも…この前は……」

男「あれ、嘘だから!!」

美少女「え…?」

男「いや、その…流石にみんなの前じゃ…言い難かった…というか…」

男「本当はあの後、告白するつもりだった…。」

美少女「…そ、そういえば……」

男「だから、本当は大好きでした。」

男「駄目かもしれないけど…付き合ってください!!」

美少女「……。」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 00:46:52.66 ID:M0RQxSdB0

幼馴染「…え?」

男「という事で、彼女ができた。お前のお陰だ、ありがとう。幼馴染。」

幼馴染「……えぇっと……?」

男「この前デートの時に一緒に撮った写真があるんだけど、見る…?」

幼馴染「転校は……?」

男「いや、する訳ないだろ。」

幼馴染「……。」

幼馴染「…ば、ばかっ…。」

男「……え?」

幼馴染「…もう二度と、相談にのってあげないんだからっ…!!」

男「……え?……え?……」

幼馴染「もう、帰る!!」

男「ちょ、ちょちょちょちょ、ちょっと待て!!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 00:53:46.76 ID:M0RQxSdB0

 この世は天秤だ。

母「あんた、幼馴染ちゃん泣いてたけどなんかしたの?」

父「女子を泣かす様な男に育てた覚えはないぞ、男!!」

 何かを勝ち取ったなら、必ず何かを奪われなければならない。

男「おい!だから、待てよ!!なんでそんなに怒ってるんだよ…!」

幼馴染「…お、怒ってなんかないわよ…!!」

男「言いたい事があるなら言えよ!俺だって、自分の初恋の話を言ったんだから!!」

幼馴染「……。」

幼馴染「あ…アンタが、ス――」

 それでもそんな世の中で、俺は生きている。

男「え…えーと……その……」

 そしてこれから先、どんな事があっても俺は生きていくだろう。




美少女「昨日、男くんが女の子と話をしているのを聞いたんだけど……」

どんな事があっても。



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 00:55:52.65 ID:M0RQxSdB0

終わり

なんか、最近全然SSを仕上げた事がなかったから迷走しまくった。
まぁこれからクソSSを書いて調整するので、「あ…コイツ、もしかして……」と
思ったらあまり期待しないでください。おやすみなさい。



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/10(火) 00:56:48.41 ID:WD1QgSSE0




元スレ
美少女「男くん、大好きでした!付き合って下さい!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378735733/