1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 23:45:37.63 ID:h4RzPgWE0

幼馴染「マジふッざけんなッ!」

幼馴染「明るく、世話焼きで気配りもできて、純愛派で一途。」

幼馴染「クラスでも人気者の場合が多く、尚且つ容姿もそこそこ悪くない。」

幼馴染「さらに、主人公と小さい頃からの中で一番友好度も他ヒロインより高い。」

幼馴染「なのに、なかなか報われない!」

幼馴染「1結ばれる:9振られる の確率ぐらいで報われない!下手したらもっとひどい!」

幼馴染「ゲス女、ヤンデレ、NTRはもう幼馴染の専売特許と言ってもいいほど!」

幼馴染「これはひどいッ!!」

幼馴染「なので、このスレだけでも幼馴染こと私が幸せになろうと。」

幼馴染「ここはつまり、そういうスレです。」

幼馴染「まぁ、とりあえず、何故か私は片思い設定にされてるので、隣の男が好きです。何故か好きです。」

幼馴染「まぁつまり、その隣の男とチュッチュッラブラブのハッピーエンドまで辿り着くのが私の幸せという事に。」

幼馴染「でも本気を出すと女子力高すぎるので、マジで大人気ないので、ここは安価を使います。」

幼馴染「とりあえず、第一目的としては男に、私を異性として見せる事です、これがないと始まらない!」

幼馴染「では早速、>>4をする!」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 23:46:47.31 ID:4yAemm9c0

就寝



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 23:51:43.24 ID:h4RzPgWE0

幼馴染「就寝……?」

幼馴染「ん?どうしたのかな?」

幼馴染「もっとアクティブに行動させてもいいのよ?ん?」

幼馴染「……まぁ、とりあえず、ここは百歩譲って寝よう。」

幼馴染「まあ?幼馴染という存在自体がラゴコメ物のエース的存在だから?」

幼馴染「1日の待機ぐらい?ハンデというか?なんというか?」

幼馴染「って、事で寝ます、やばいほど寝ます。」

幼馴染「皆さん、おやすみ!良い夢を!」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 23:57:15.29 ID:h4RzPgWE0

チュン チュン チュン

幼馴染「おはよう、いやー、やっぱり朝は氣持ちいい!」

幼馴染「ん?まだ数分しか立ってない?」

幼馴染「ラブコメと言ったら朝チュンじゃないですか!やだー!!」

幼馴染「まぁ、最近徹夜も多い中、ぐっすり睡眠を取ったのはプラスかな?」

幼馴染「お肌がツルツルしてない事も無いような、あるような。」

幼馴染「チート存在幼馴染のチート差に更に美貌というチート要素が加わり、磨きがかかってしまった……。」

幼馴染「ああ、私は、なんという罪なヒロインなんだろうか……。」

幼馴染「という事で、今から学校に登校するんですけども。」

幼馴染「幼馴染と言えば、「不法侵入目覚まし」じゃないですか!」

幼馴染「という事で、今から家に突撃してきます!いえーーー!!!」

幼馴染「ついでに>>24もしようかな」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/27(金) 23:59:18.52 ID:vv+YT2wY0

放火



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 00:05:05.04 ID:vs4xW2vf0

幼馴染「いや、大分、乙レスが多いですけど……。」

幼馴染「これ、創・作・物・で・す・か・ら!!残念ッ!!」

幼馴染「…はい。」

幼馴染「放火、就寝、就寝、帰宅、脳姦……。」

幼馴染「碌なのがない……。まぁ、就寝が終身じゃないだけマシですけど……。」

幼馴染「つって安価だしたら、終身って書奴ーwwwwwwwww」

幼馴染「…はい。」

幼馴染「放火ってっと、あれですよ?犯罪行為ですよ?」

幼馴染「そこんところ、大丈夫ですか?」

幼馴染「っ…やばい!もう7時だ!!」

幼馴染「ってことで話はここまで!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 00:08:31.81 ID:vs4xW2vf0

幼馴染「おっはよーー!!」

男「ん…んぅ……。」

幼馴染「おきろーー!!おーい!!」ユサユサ ユサユサ

男「……うるさい…。」

幼馴染「うるさいじゃない、おきろーー。おーい。」ユサユサ ユサユサ

男「…てか、毎日毎日なんで起こしにくんだよ……、鬱陶しい……。」

幼馴染(そう設定で決められてるからだよ!察しろ!!)

幼馴染



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 00:14:27.99 ID:vs4xW2vf0

幼馴染「んー、私が好きでやってるんだからいいじゃんー!」

男「…まぁ、お前が居ないと何故か、毎回遅刻しちゃうからいいんだけども…。」

幼馴染「その度に、女の子と偶然ばったりであって、校門まで会話すんでしょ?」

男「…なんで分かった。」

幼馴染「いや、定番だからさ!」

男「…は?」

幼馴染「まぁ、こまかい事は気にするな!さ、着替えろ!着替えろ!!」

男「…分かった。」

男「……。今何時?」ヌギヌギ

幼馴染「ん、7時10分くらい。」

男「ギリ、間に合うか。ありがとな。」

幼馴染「いいやー、礼には及ばないさー!」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 00:23:02.75 ID:vs4xW2vf0

幼馴染「さ、いこっか。」

男「おう。」

幼馴染「てかいっつも思うけど、結構、食べるの早いよね。」

男「まぁ、早食いは慣れてるからな。」

幼馴染「ふーん。」

友「お、また2人か?いっつもお前ら、仲良いよなー。」

幼馴染「まぁねー!」

男「なんだよ、羨ましいのかよ。」

友「まぁな、幼馴染って響きがいいんだよなー、憧れる。」

男「そうか?」

友「お前は近くに居すぎて、有り難みが分かってないだけだ。」

男「ふーん。」

幼馴染(ちなみに、放火してないとか思ってる人とか居るかもしれない。)

幼馴染(だけど、きっちり放火はしたのさ。私の愛の導火線にねっ!)キリッ



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 00:27:03.22 ID:vs4xW2vf0

幼馴染(ま、こっからは暇なんだよね。)

幼馴染(流石に教室となると、男も男で友人と話始めるし。)

幼馴染(幼馴染の特殊スキル「図々しさ」で無理矢理割り込む事もできるけど……。)

幼馴染(如何せんリスクが高すぎる。これ以上好感度を下げる訳にもいかない!)

幼馴染(昼休みも男は普通に教室でだべりながら友人と食べてるし、割り込む隙はない。)

幼馴染(まぁ、動けるとしたら放課後くらいかな。)

幼馴染(さて、放課後行動安価。)

幼馴染(>>51する!)



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 00:32:14.23 ID:oYVE/adx0

可哀想だから普通の安価で行く

ケーキ屋に強制付き添いさせる



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 00:39:09.72 ID:vs4xW2vf0

幼馴染(ケーキ屋に強制付き添い……。)

幼馴染(まぁ、ベタと言えばベタだけれども…。)

幼馴染(それでも、まぁ、良いかもしれない。)

幼馴染(男の事だから、面倒臭がりながらも承諾してくれるだろう…。)

幼馴染(ってか、これって私、ケーキ食べれるって事だよね!?ラッキー!)

幼馴染(早く放課後になんないかなーー!!)

男「……。」(なんか楽しそうだな……。)

友「で、どう思うの?」

男「な、何が?」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 00:48:29.51 ID:vs4xW2vf0

幼馴染「ねっ!男っ!」

男「ん?」

幼馴染「今から、暇でしょ?」

男「まぁ、暇だな。大体の奴らは部活行ってるし。」

幼馴染「だったらちょっと付き合ってよ!」

男「…は?何に?」

幼馴染「いいから!いいから!!」

男「今日だけな、特別。」

幼馴染「流石、男は物分かりがいい!」

男「物分かりがいいんじゃなくて押しに弱いんだよ……。」

幼馴染「そういう所、嫌いじゃない!」

男「はぁ……。」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 00:59:20.92 ID:vs4xW2vf0

男「結局、ケーキ買わされただけかよ……。」

幼馴染「まぁ、いいじゃん!」

幼馴染「男も、最近、ケーキ食べてないでしょ?」

男「…まぁ、そうだけど……。」

幼馴染「それに割り勘したんだからいいじゃん!いいじゃん!」

男「…で?どうすんの、こっから。」

幼馴染「とりあえず、適当にスーパーでジュース買って、私の家で食べようよ!」

男「…お前の家?」

幼馴染「何か不満?」

男「いや…最近行ってなかったな、って。」

幼馴染「まぁ、放課後にこんな風にダベる事も全然ないしねー。」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 01:06:42.81 ID:vs4xW2vf0

男「…おじゃま、しまーす…。」

幼馴染「そんな固くなんなくて良いって、誰も居ないんだし。」

幼馴染「さ、部屋行こー!」

男「…お、おう。」

幼馴染「というか、男は普段、女の子の家とか行かないの?」

男「まぁ、彼女いないしな…。」

幼馴染「ふーん、じゃあまだ童貞?」

男「…悔しいながら。」

幼馴染「へー。」

男「なんだよ。」

幼馴染「いや、以外だなーっと思って。」

幼馴染(まだ誰にも先手を打たれてない!この勝負、勝った!!)



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 01:18:10.30 ID:vs4xW2vf0

幼馴染「どう?私の部屋?」

男「…なんつーか、綺麗だな。」

幼馴染「まぁ、私も女の子だしねー、やっぱり、そういう所はちゃんとしないと。」

男「…そうか。」

幼馴染「以外だった?私が几帳面で。」

男「まぁ、うん…。」

幼馴染「というか、ケーキに手が付いてないじゃん、食べなよ。」

男「お、おう…。」

男「……。」モグモグ

幼馴染「美味しい?」

男「…うん。」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 01:34:27.53 ID:vs4xW2vf0

幼馴染「というか、口数もなんか少なくなってない?」

男「…そうか?」

幼馴染「うん、元々、男はそんなに喋らないけど…。」

幼馴染「なんか今は、どことなくぎこちない感じ。」

男「…意識は、してないんだけどな。」

幼馴染「もしかして、私の事、女と意識したりー?」

男「…っ、ん、んな事ねーよ!!」

男「だ、誰がお前なんかを…・。」

幼馴染「お、何時も通りにもどったー。」

男「最初っから俺はいつもどおりだ、誤解すんな!」

幼馴染「…はいはい。」

幼馴染(お、これはなかなか傾いてきてるか…!?)

幼馴染(というか、案外、女性として見ててくれたんだなー。ありがたい。)

幼馴染(第一目標はクリアしたとして、次はアタックあるのみ!)

幼馴染(とりあえず>>72をする!)



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 01:43:03.66 ID:Y2YVSPWz0

告白



75: 先に書いとくが、IDが真っ赤とか、別に気にしないからな 2013/09/28(土) 01:52:25.60 ID:vs4xW2vf0

幼馴染(告白……まだ少し押しが弱い気がするけども……。)

幼馴染(私のキャラなら最悪誤魔化せるし、やらないよりはマシかな…。)

幼馴染「あのさ。」

男「ん?」

幼馴染「男って、彼女居ないんだよね…?」

男「さっきも言っただろ、それが?」

幼馴染「…作ってみる気はないの?」

男「……。」

男「どうした?急に。」

幼馴染「ない?ある?」

男「…まぁ、欲しいっちゃ、欲しいけど…。」

男「それが?」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 02:03:46.82 ID:vs4xW2vf0

幼馴染「私と付き合ってみる気はない?」

男「…は?」

幼馴染「は、じゃなくて。真剣に。」

男「……。」

男「…えと…付き合うって、彼氏彼女…だよな?」

幼馴染「もちろん。」

男「……。」

男「…悪い、考えさせてもらえないか?…俺、こういうの」

幼馴染「ごめん!冗談だって冗談!」

男「は?」

幼馴染(そしてさり気なく)

幼馴染「いや、…その、なんていうか…。」

幼馴染「と、ともかく!さっき言ったのは嘘!気にすんなっ!以上っ!」

幼馴染(まじっぽさを混じらせる!)

男「お…おう。」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 02:15:32.44 ID:vs4xW2vf0

男「……。」

男「てか、お前は居るのか?」

幼馴染「何が…?」

男「恋人ってか…好きな男。」

幼馴染(居ますけどね、半径1m以内に今ここに、居ますけどね。)

幼馴染「さぁ?どうなんだろうねー。」

男「なんだよ、俺は教えたんだから教えてくれてもいいだろ。」

幼馴染「まぁ、ヒントは十分あるし、後で考えて見たら?」

男「…ヒント?それってもしかして…」

幼馴染「はい、ヒントのヒントおしまい!」

男「……。」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 02:25:11.47 ID:vs4xW2vf0

男「もしかして、お前…さ。」

幼馴染「…うん?」

男「俺の事…」

幼馴染「はいはい、おしまい!おしまい!」

幼馴染「そろそろ門限じゃないの?食べるの、急いだ方がいいんじゃない?」

男「…っ、わかった……。」

男「…あのさ。」

幼馴染「うん?」

男「俺も冗談、一ついい?」

幼馴染「どうぞ。」

男「…返事を延長させてくれって言ったのは、別にお前の事が嫌いだからとかそういうんじゃないから。」

男「ただ……。」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 02:34:55.37 ID:vs4xW2vf0

幼馴染「じゃあさ、恋人ごっこしてみる?」

男「…え?」

幼馴染「今決められないなら、途中でやめればいいよ。」

幼馴染「男が不満足なら、途中でやめちゃえばいい。」

幼馴染「だから、一回だけでも、形だけでもやってみない…?」

男「…でも、俺は……。」

幼馴染「もう、分かんない?」

幼馴染「私は男と一緒に居れるのが、一番の幸せなの。」

幼馴染「私の事を考えるなら、私の言うとおりにしてよ、ね?」

男「……。」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 02:36:14.62 ID:vs4xW2vf0

幼馴染「子供の頃の約束、覚えてる?結婚しようって奴。」

幼馴染「それを守る気があるなら新郎、誓いのキス…。」

幼馴染「……。」

幼馴染「やっぱり…そうだよね……。私は所詮、幼馴染だよね…?やっぱり私は」

チュッ

男「…誓います。」

男「お前を、死ぬまでずっとずっと幸せにする事を……。」



おしまい



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 02:38:16.12 ID:wGUnpXyvP

最近は幼馴染というだけで負けフラグ



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 02:40:01.41 ID:vs4xW2vf0

>>84
だって完璧のステータスですもん。
「あ…こいつらくっつくな……。」ってのが分かりきってるから。
あえて変化球だしたり、いじめたくなるんだと思うわ。

まぁ、久しぶりに書いたにしては良い方だった。
おやすみなさい。



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 02:42:21.36 ID:IJ6+Lq7d0

なるほど一理あるな
乙!


元スレ
幼馴染「私が報われないという風潮wwwwwwシネwwww」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380293137/